「時雄はその蒲団を敷き、夜着をかけ、冷めたい汚れた天鵞絨の襟に顔を埋めて泣いた」

フランス全土で15日、マクロン政権に抗議する大規模デモが5週連続で行われた。パリでは前週と同じ約8000人の治安部隊が警戒に当たった。
 マクロン政権は5日、デモの引き金となった燃料税引き上げについて、2019年の実施断念を表明し、10日にはマクロン大統領が最低賃金引き上げなどの譲歩策を示したが、対応が不十分だとする人々がデモを継続している。
(中略)
デモは毎週末にパリで大規模化する一方、郊外や地方では毎日、地道に行われている。パリの北約80キロ・メートルの町ボーベでは14日、黄色のベストを着た約30人が幹線道路付近に集まった。
 勤務先の休憩時間を利用し、毎日参加しているという飲食店員のシクラ・アナイスさん(28)は「まじめに働いている人間が食べていけないなんて、国の恥だ。政府は私たちの声を聞いてほしい」と憤った。月給は約1200ユーロ(約15万円)で、月の後半は娘に食べさせるため自分の食事を抜くこともあるという。

<まじめに働いても食べていけない…「国の恥だ」 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181216-OYT1T50012.html

いづこも同じ資本主義社会の夕暮れですなぁ。。。

以下、「フランス」「ガソリン高騰」「燃料課税引き上げ」「抗議デモ」を含む投稿。

デビュー50周年の今年、ロンドンで管弦楽団と共演した新アルバム『カーペンターズ・ウイズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』をリリース。それを記念して作曲・楽器演奏・プロデュースを担当する兄のリチャード・カーペンター(72)が9年ぶりに来日し13日には東京・銀座の山野楽器で開催されたイベントに登壇した。

<カーペンターズ新アルバム発表! 兄リチャードのピアノにファン涙 – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/181216/ent1812169588-n1.html

リチャード 齢(よわい)七十二!

あゝこの歌は “I Need To Be In Love”(1976)青春の輝き。
リチャード・リン・カーペンターは1946年10月15日、妹カレン・アン・カーペンターは1950年3月2日生まれ。
まさに団塊世代の儚くも美しい「青春の輝き」を今一度 掬し、華麗に、また味わい深く荘厳した趣き。

妻は「ユミコ」と名乗り、一時は仕事もしていたが、県警が調べても身元を特定できなかった。免許証や住民票もなく、「無戸籍状態」だった。
(中略)
起訴状によると、昨年10月下旬ごろ死亡した氏名不詳の女性(妻)の遺体を遺棄したとされる。一部白骨化し、死因は分からなかった。
 被告によると、妻とは33年前、北九州市戸畑区にあったキャバレー「太陽」で出会った。妻には4歳ぐらいの子どもがいたが、数年後に駆け落ちしたという。妻の言う通りなら1963年11月27日生まれで、死亡時は53歳だった。
 春日署は、キャバレー関係者や区役所に聞き込むなど「手は尽くした」(署幹部)。キャバレー関係者は「似た人がいたかも」と話したが、身元は特定できなかった。取り調べの最終日、捜査員は被告にこう声を掛けたという。「奥さんのことは分からなかった。ごめん」
(中略)
2人は大野城市に移り、パチンコ店に住み込みで働いた後に、事件現場のアパートに引っ越した。妻は「奥田ユミコ」として食品加工会社などで働いた。給料は妻の銀行口座に振り込まれていた。不可解なことは多かったが「詮索はしなかった」。
 一昨年ごろ、妻は仕事を辞め、被告の年金で暮らしていた。妻は一度も病院に行ったことはなかったが、昨年、目が少しずつ見えなくなり衰弱していった。ズボンや下着を脱がせてあげないと用も足せなかった。
 病院に連れて行くため「昔の住所を言ってくれれば身分証作ってくるけぇ。借金してもいい」と何度も説得した。だが、かたくなに拒まれた。
 その年の10月下旬。野菜ジュースを飲ませると「あぁ、おいしい」とつぶやいたのが最期になった。
(中略)
=2018/12/16付 西日本新聞朝刊=

<死体遺棄容疑で逮捕された男 死亡した内縁関係30年の妻の身元知らず – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/15746635/

北九州なら、密航者だったのかもしれないね。

荼毘に付せなかったのは「死亡届(死亡診断書)」が無いからか。

自分の履歴書に嘘を書いても私文書偽造罪にはならないが、会社の就労規則に「採用条件の要素となるような経歴を詐称した場合」という一項があれば懲戒解雇もあり得るそうだ。
また新たな就職先で「履歴書に過去に受けた懲戒処分を記さなかった場合」とあれば同じことが繰り返されるかもしれない。
もっともパートやバイトで、学歴が取り沙汰されることは先づなかろうが。

以下、「What Am I」「Who Am I」「私は誰」「記憶喪失」「記憶」「思い出」「思い出す」「忘れる」「忘れられる権利」を含む投稿。

以下、「Remember」「Remind」「Memories」「Memory」「Forget」「Forgot」「Forgotten」「Remember Me Baby」を含む投稿。

首都圏の私立中高一貫校の「学校勢力図」が激変しつつある。中学受験塾代表の矢野耕平氏は「存亡の危機にあったような学校が、校名変更などで一流校になるケースが相次いでいる。
(中略)
存亡の危機に瀕していた私立中高のなかには、大きく様変わりした事例もある。例えば「渋谷女子」「順心女子学園」「東横学園」「戸板」「日本橋女学館」といった女子校は、今ではすべてが共学となり、それぞれ校名を変え、「渋谷教育学園渋谷(東京・渋谷区)」「広尾学園(東京・港区)」「東京都市大学等々力(東京・世田谷区)」「三田国際学園(東京・世田谷区)」「開智日本橋(東京・中央区)」となった。
5校は、校名を変える前の偏差値は30~40台だったが、いまは50~60台後半となっている。校名にあわせて教育内容を大胆に変えたことで、人気校へと変身を遂げたのだ。

<親世代とは大違い”首都圏名門私立”の凋落 偏差値が大逆転した「巣鴨と本郷」 – プレジデントオンライン より一部引用>
https://president.jp/articles/-/27009

おれの行ってたガッコはさして変わってないようだ。
校舎が立派になってるから経営的にも順調なんだろう。

男子校・女子校から共学になるってのは、大きな賭けだね。
高校で共学とかって、どんな感じ?

児童養護施設で暮らす子どもたちの大学進学を後押ししようと、青山学院大(東京都渋谷区)は、全国的にも珍しい、施設出身者を対象にした推薦入試制度を導入した。今春、第一号で入学した桜井彩子さん(19)=仮名=は願う。「誰もが夢をみてもいい社会にしたい。制度が広まればうれしい」
(中略)
 「夢じゃないよね?」。昨年11月、桜井さんは合格通知を手に、施設職員らと泣きながら喜んでいた。
(中略)
 桜井さんは小学2年の時に両親が離婚。生活保護を受けながら、母親と姉、弟の一家四人で暮らした。だが、6年後の2014年、母親が大腸がんで突然亡くなってしまった。
 二カ月後、姉、弟と一緒に神奈川県内の児童養護施設に入所。慣れない集団生活や母親がいない現実を受け入れられず、気がおかしくなりそうだった。
 でも、涙一つ見せずに自分と弟を支えてくれる姉の隣で、泣き虫のままではいられない。施設が併設する中学校から奨学金で一般の高校へ進み、将来について真剣に考え始めた。
 得意の英語を磨き、世界に羽ばたく女性になりたい。でも、金銭的な支援がなければ進学はかなわない。児童福祉法は入所対象の「児童」を18歳未満と規定しており、高校卒業とともに原則として施設を退所しなければならない。
 そんな時、施設職員が見つけてくれたのが、青山学院大の新しい入試制度。合格すれば学費が免除され、給付金も受けられる。
 「人生はあきらめたら、そこで終わる」。学習支援のボランティアで施設に来ていた男性にも励まされた。この男性は偶然にも青山学院大の卒業生。そんな縁もあり、推薦入試に応募すると、見事に合格した。
 「みんなと一緒に勉強できる環境にいられることが、うれしい」。大学へ入学し、そう実感している。

<東京新聞 「誰もが夢見てもいい社会に」 施設出身者、推薦入試で青学大に (TOKYO Web) より一部引用>
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018121690065953.html

思わず貰い泣きした。
税金はこういう人たちのために使われるべきだな。
青学も善いことをした。

以下、「学校」「School」「卒業」「入学」「学校生活」「教師」「Teacher」関連の投稿。

2018/12/11
 「当て字」と聞いて、すぐに思い浮かぶのは「夜露死苦(よろしく)」のように、読みだけを利用した変わった漢字表現ではないでしょうか。しかし、「麦酒(ビール)」のように意味を踏まえたものや、「浪漫(ロマン)」のように定着しているものも少なくありません。
(中略)

Q:兎角
A:とかく。「兎に角」で「とにかく」。

Q:左右
A:とかく。「兎角」同様、「とかく」と読む。

Q:素敵
A:素的。「素敵」は昭和以降に広まった当て字で、より古いのは「素的」、さらにさかのぼると平仮名表記が多かったという。

Q:寿司
A:酸し。「酸っぱい」という意味の「酸し」に由来し、江戸時代から「寿司」が使われるように。「鮓」「鮨」は「寿司」より古くからある書き方。

Q:面妖
A:名誉。読み方は「めいよ→めいよう→めんよう」と変化していったとされる。

Q:四股名
A:醜名。古語では「あだ名」「自分の名前をへりくだっていう表現」という意味があり、「四股名」は江戸時代から使われるようになったという。

Q:無鉄砲
A:無点法。一説には、漢文に「レ点」などの訓点を打たない(つまり、読みにくい)「無点法(むてんぽう)」から変化した言葉とされる。

Q:藪医者
A:野巫医者。一説には、呪術で治療を行う人物を表す「野巫(やぶ)」が語源。

Q:口説く
A:「くどくど」の「くど」。「くどくど」の「くど」と同じ語源を持つ語とされる。古語の「くどく」には「くり返し言う」「恨みがましく言う」などの意味が。

Q:時計
A:土圭。古代中国の方角などを測る道具「土圭」が由来。江戸時代までは、こちらの表記が使われていたという。

Q:普段
A:不断。もとは「不断」。しかし、「日常、いつも」などを意味するときは「普段」が使われるように。

Q:布団
A:蒲団。田山花袋の小説も「蒲団」表記。

Q:卑怯
A:比興。もとは「他のものに例えて、面白く表現する」などの意味もあったという。

Q:気配
A:気這ひ/けわい。「けはい」という読み方は、当て字「気配」から定着したとされる。

Q:試合
A:為合。「~し合う」が語源とされる。

Q:兄貴、姉貴
A:「兄君(あにぎみ)」「姉君(あねぎみ)」。音変化に合わせて、「君(ぎみ)→貴(き)」と使う感じが変わったといわれる。

(中略)

Q:三太九郎
A:サンタクロース。このほか、明治期は「ナンタクローズ」「サンタクロス」など、さまざまな表記があったという。

Q:剣橋
A:ケンブリッジ。「剣」はそのまま「ケン」、橋を英語の「ブリッジ」に。

Q:ポン酢
A:オランダ語の「pons」。もとは「かんきつ類の果汁」を指す外国語。

Q:煙管
A:キセル/khsier(クシェル)。もとはカンボジア語で「管」を意味する言葉だったとか。「喜世留」のように、読みを合わせた漢字表記もあったという。

Q:提宇子
A:deus(デウス)。キリシタン用語。ラテン語などで「神」を表す言葉。「泥烏須」「大臼」といった表記も。

Q:襦袢
A:ジバゥン。和服用の下着を刺す言葉だが、もとはポルトガル語に漢字を当てた語。

主要参考文献
・デジタル大辞泉
・大辞林第三版

<「瓦斯」「型録」「剣橋」ってどう読むの? 意外と知らない当て字表現(ねとらぼ)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000032-it_nlab-life

酒の「あて」は感じでどう書くんだろうと調べたら

アテ【当て】(名)酒やビールのさかな。
または、食事の副食物。
<牧村史陽編『大阪ことば辞典』講談社学術文庫 1984年 より一部引用>

2018/08/15
近畿地方で使われる言葉で「つまみ」や「肴」と同様の言葉です。
「あて」という言い方は、酒席に「あてがう」料理からきています。
(中略)
「肴」を「あて」という読み方をする場合もありますが、「あて」という言葉は漢字で使用することがほとんどありません、
「あて」を漢字で表現するとすれば「宛て」となりますが、通常はひらがなかカタカナで表現するのが一般的です。「あて」という言葉は方言の1つであるため、どこでも通じる言葉ではありません。

<肴の読み方と意味・例文6つ・定番の肴・つまみ/あての漢字 – ビジネス用語を学ぶならtap-biz より一部引用>
https://tap-biz.jp/business/business-terms/1022246

厳密には「宛て」、おおまかには「当て」が正解のようだ。

[表記] あてる(当・中・充・宛)
「当てる」は”ぶつける。触れさせる。命中させる”の意。「ボールを壁に当てる」「布団を日光に当てる」「矢を的に当てる(この場合「中てる」とも書く)」
「充てる」は”ふりむける。充当する”の意。「貯金を建築費に充てる」「後任には課長補佐を充てる」
「宛てる」は”届け先(宛て先)とする”の意。「先生に宛てた手紙」

<当てる・中てる・充てる・宛てる(あてる)とは – コトバンク より一部引用>
https://kotobank.jp/word/当てる・中てる・充てる・宛てる-197340

宛行・充行という言葉もあるけれども、
字義からすれば酒のアテに「充て」を宛てるのは間違いということになる。

皇太子さまが来年5月1日の新天皇即位後に改元の政令を公布された場合、1日中の施行は困難で、改元は翌2日にずれ込むとの見解を政府がまとめたことが分かった。即位後の公布を主張する自民党保守派にこの見解を伝えた。政令の決定時期は「皇位継承前でも問題ない」として新元号を事前公表する方針を堅持する。関係者が15日、明らかにした。
 新天皇即位後の公布では来年5月1日の即位と同時に改元ができず、国民生活にも影響を与えることを明確にし、保守派の理解を求める狙いがあるとみられる。

<新天皇公布なら改元は5月2日 政府見解、保守派に伝達 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/446718679834428513

「保守派」って、具体的に名を出せよ。
現実を無視する連中に政治が振り舞わされるようでは 政府の責任が果たせないじゃないか。

以下、「平成」「元号」「新元号」「改元」「西暦」関連の投稿。

2018/12/15
 在日朝鮮人のいわゆる帰還事業でかつて北朝鮮に渡り、その後脱北した5人が金正恩(キム・ジョンウン)政権に対し損害賠償を求めている裁判が、早ければ来年1月にも日本で初めて開かれる。
(中略)
 脱北後に日本国籍を取得した川崎さんをはじめとする脱北者5人は、「北朝鮮が『地上の楽園』だと偽った『帰還事業』に参加して人権を抑圧された」として、北朝鮮に対して計5億円の賠償を求める訴訟を起こした。川崎さんらは1960-70年代に北朝鮮へ渡ったが、2000年代に脱北した後、日本に定着した。原告は訴状で、北朝鮮では十分な食料の配給を受けられず、出国を禁じられたと主張した。かつて、在日朝鮮人脱北者が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を相手取って訴訟を起こしたことがあるが、当時は証拠不十分などを理由に棄却された。
 今回の訴訟は、日本の裁判権が外国政府に及ぶかどうかや時効の問題を、裁判所がどう判断するかがカギだった。原告側は、日本で2009年に制定された「外国等に対する我が国の民事裁判権に関する法律(対外国民事裁判権法)」に基づき、未承認国の北朝鮮は外国に該当せず、北朝鮮が原告らをだまして連れて行った後、出国を許さなかったのは一種の拉致であって、民法上の不法行為の時効は適用されないと訴えた。日本の裁判所は原告側の主張に一理あるとみて、正式な裁判を開く判断を下した、と伝えられている。

<脱北者が北朝鮮に損賠請求、早ければ来月日本で裁判開始 – Chosun Online 朝鮮日報 より一部引用>
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018121580002

『キューポラのある街』で北朝鮮へ帰るサンキチ一家が川口駅から品川発の臨時列車に乗り目指したのが新潟港だった。
映画では割愛されてるが、早船ちよの原作では「北鮮派」の帰還を非難する民団のようすも描かれている。
“労働者の天国” と聞かされて意気揚々と帰還した彼らを待ち受けていたのが “この世の地獄” だった何とも哀れな話だ。

それにしても日本の裁判所がいかなる判決を出そうとも 北朝鮮が応じるとは考えにくい。
むしろ当時の経緯と体験を正確に記録し、後世に残すことのほうが、よっぽども有意義なんじゃないか?

以下、「キューポラのある街」を含む投稿。

2018/05/10
金氏の増加する国際社会への関与は、それぞれの外国訪問で違う交通手段がみられることで、より広い世界に金氏の移動手段への関心を呼び起こしている。
(中略)
金氏による今週の訪中は、同氏が権力を掌握して以降、確認された初めての海外への空旅だ。しかしメディアは、北朝鮮国内の旅行に以前からプライベートジェットを利用していると報じている。
(中略)
金正恩氏の父、金正日(キム・ジョンイル)氏と祖父の金日成(キム・イルソン)氏は空旅を避けた。報道によると、空を飛ぶことへの恐怖が理由という。 金正恩氏にそのような問題はないとみられ、KCTVは2015年、金氏が「自国製の」軽飛行機を操縦したり、AN-2型軍複葉機の操縦席に座ったりする動画も放送している。
(中略)
金正恩氏が今年3月に中国の北京を訪れた時には、同氏の父親である金正日氏が2011年12月に死去するまで海外旅行に使っていたのと同じものと考えられている「特別列車」を利用した。
金正恩氏が訪中に用いた「深緑の車体に黄色い横線が入った列車」の動画は、中国のSNS「新浪微博」で広く拡散し、金正日氏の電車との比較に拍車をかけた。
韓国の保守系日刊紙、朝鮮日報は2009年11月、金正日氏の武装列車は約90両の車両からなると報じた。列車には会議室や来客向けの接見室と寝室があり、会議用に設置された衛星電話やテレビもある。
(中略)
KCNAが2013年5月、金氏が軍運営の漁場を視察した際の写真を公開した際、NKニュースは背景にあるヨットに気づいた。
約700万ドル(7億7000万円)と見積もられるこのヨットが、金氏所有のものかどうか、そして高級品に関する国際的制裁にもかかわらずどのようにして輸入されたのかも、明確には確認されなかった。
(中略)
米ワシントンを拠点とする放送局ラジオ・フリー・アジアは2015年6月、調査員が北朝鮮の平康(ピョンガン)郡にある金氏の湖畔の別荘に新しいヘリパッドがあるのに気づいたと報じた。
米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係大学院の米韓研究所で働くこの調査員は、このヘリパッドが金氏の家族か訪問者によって使われたかもしれないと示唆した。

<列車、船、飛行機 金正恩氏はどのように旅しているのか – BBCニュース より一部引用>
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44064308

独裁的権力者が国富を私物化し贅沢三昧。
まぁよくある話だね。

来年、皇太子さまが新天皇に即位された後、国内移動の飛行機や新幹線は貸し切りとせず、一般客を乗せることも検討されていることが関係者への取材で分かった。
これまで天皇皇后両陛下の移動では、警備上の理由などから新幹線は全車両を貸し切り、飛行機は機体ごと貸し切りとなっていたが、費用がかかることを皇太子さまが気遣われているという。

<移動”貸し切りしない” 皇太子さまが検討(日本テレビ系(NNN))- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181215-00000000-nnn-soci

明年、憲法の定める「天皇」に即位し、同時に神道においては日本最高位の祭祀王となる皇太子殿下。
海外へは当然ジェット機であるが、国内では新幹線が多くなりそうだ。

 


Source: 東京新聞(TOKYO Web)

15~19時、新宿または渋谷の上で、高度を下げつつ着陸態勢に入る。
それ以外の時間帯は現行と同じ東京湾側から着陸する飛行経路。

騒音はどれくらいだろうか。
それによっては地価に影響するだろう。

9・11のWTCのようにツインタワーではないけれども、
第一・第二本庁舎に分かれている都庁へジェット機が突っ込む幻想が、ふと脳裏をかすめた。

The Everly Brothers – Trains And Boats And Planes 汽車とボートと飛行機と
from the album “The Hit Sound Of The Everly Brothers”(1967)Warner Bros. Records W 1676

Dionne Warwick – Trains And Boats And Planes(1966/06)汽車とボートと飛行機と

Billy J. Kramer And The Dakotas – Trains And Boats And Planes(1965/05/14)汽車と船と飛行機

Burt Bacharach and His Orchestra & Chorus – Trains And Boats And Planes(Single:1965/04)

recorded February 8, 1965
from the album “Burt Bacharach ‎- Hit Maker!”(1966)Kapp Records KL-1428
from the album “Burt Bacharach ‎- Plays His Hits”(1966)Kapp Records KS-3577
1st Recording Of “Trains And Boats And Planes”
As with so many other Burt Bacharach-Hal David tunes, it would be Dionne Warwick who subsequently turned out the most successful hit single

 

長距離の移動手段。何に乗るか。
国内であれば、おれは列車かな。

David Allan Coe – The Ride(1983/02/28)

Pawnee Drive – Ride(1969/05)

This is a B-side single to “Break My Mind” and is written by Austin Roberts. The 45 was
released in 1969 by Forward Records and the catalog # is F-103. This group is from California.

Lloyd Green – Ride Ride Ride(1967)
冒頭、E.シュトラウス作曲『バーンフライポルカ』のファンファーレ
2度目の引用。

以下「旅」を含む投稿。

以下、「鉄道」「列車」関連の投稿。

以下、「海」「海洋」「海底」「海景恐怖」「船」「舟」「船舶」「ボート」「ヨット」「遭難」「沈没」「タイタニック」「Titanic」「ポセイドン・アドベンチャー」などを含む投稿。

以下、「ジェット機」「飛行機」「飛ぶ」「Fly」関連の投稿。

浦上のカトリック信徒たちへの「流罪」処分の時期とほぼ並行して、明治政府は太政官布告、通称「神仏分離令」「神仏判然令」と呼ばれるものを発した。
これがいわゆる「廃仏毀釈」運動の火付け役となったのである。
近世宗教史を専門とする歴史学者の圭室文雄によれば、「神仏分離政策の目的の最大のものは、日本における国家公認の宗教を江戸時代の仏教から神道に転換させることであった。そのために、身分的には僧侶より神官の地位を引き上げる必要があり、一方では寺院の経済的基盤である寺領を削減し、檀家制度にかかわる神社を中心とする氏子制度を作り、寺と檀家との関係を断ち切ることであった」(*1)という。
明治政府は、もとより仏教そのものの排斥を狙っていたわけではなかった。神社から仏教色を一掃して「神仏習合」の慣習を禁止し、神社を天皇と国民をつなぐ中継地にすることが、明治政府の意図だった。
しかし、このような当初の意図を超えて、寺請制度のもとで江戸幕府に仕える立場だった寺院に反感を持つ地方の神官や、国学者などが扇動し、過激な「廃仏毀釈」運動へと発展していった。
地域ごとに多少の温度差やタイムラグ(地方によっては幕末期から活発化している)はあったものの、明治政府の号令を受けて全国で寺院や仏像・経巻などの仏具の破壊が次々と行われ、多くの寺院が廃寺・合寺の憂き目に遭い、短期間の間に膨大な数の文化遺産が消滅したのであった。同時に僧侶の還俗も進められ、生活に困窮する関係者が続出した。

仏像の顔面に弓を射込んだ
天台宗総本山、比叡山延暦寺の鎮守神であった日吉山王社(現日吉大社・滋賀県大津市)のケースを取り上げよう。
ここでは、諸国の神官出身の「志士」たちからなる武装した一隊が、大津裁判所から伝達されている明治政府の「御趣意」に従え、と寺院側に詰め寄った。
何回かのやりとりのあと、押しかけた一隊は実力行使にでて、神域内に乱入して土足で神殿にのぼり、錠をこじあけ、神体として安置されていた仏像や、仏具・経巻の類をとりだして散々に破壊し、積みあげて焼き捨てた。
仏像にかえて、「真榊(まさかき)」と称する金属製の「古物」がもちこまれて、あたらしく神体に定められた。日吉社は、本殿のほか二宮社以下七社からなりたっていたが、同様の処置は七社のすべてにたいしてもなされた。焼き捨てられた仏像・仏具・経巻などは一二四点、ほかに金具の類四十八点が奪いさられた、と報告されている。
そのなかには、大般若経六百巻が一点に数えられている例もあり、五十人の人足を動員しての半日余の作業だったことも考慮すると、全体としてはきわめて厖大な破壊行為がなされたことになる。(*2)
また、この時、一隊の指導者は、仏像の顔面に弓を引いて命中させ、大いに快哉を叫んだという。

<天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録 明治維新150年の光と影(2)(真鍋 厚) – 現代ビジネス より一部引用>
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53392

国体カルトと競合する一切の宗教的権威を斥ける流れは、大日本帝国滅亡の日まで続いた。

永らく仏教に圧倒され続けてきた「神道」による、これは紛れもない「革命」であり、その憎悪は韓国人の反日感情とも通底するところだろう。

セルフ・ネグレクト――。一般的には聞きなれない言葉かもしれないが、特殊清掃の世界ではまるで日常用語のように使用されている。
(中略)
セルフ・ネグレクトの特徴として、ゴミ屋敷だけでなく、必要な医療やケアを拒否するケースが多い。ニッセイ基礎研究所が地域包括支援センターへ行ったアンケートによれば、「孤立死(孤独死)」事例の約5割に医療や福祉の拒否が見られた。
(中略)
孤独死の危険が高いのは、団塊ジュニア、そして、ゆとり世代だ。30~40代の働き盛り、まさに就職氷河期世代で、非正規でずっと生きてきた人も多く、職場の人間関係も乏しい。金銭的に苦しいため、結婚もできない。まさに、この人たちは孤独死予備軍である。

<30~40代の「孤独死」が全く不思議でない事情(菅野久美子) – 東洋経済オンライン より一部引用>
https://toyokeizai.net/articles/-/254447

新聞を取ってると何かあればそれが溜まるので傍からも分かる。
あとはポストがチラシで満杯になってるとか。

人が死ぬことは、これはもうしかたがない。
重要なのは死亡を早期発見することだね。

孤独死ともなれば、集合住宅の場合は大家・管理組合・他の入居者だって多少なりとも被害を被るわけだから、「隣は何をする人ぞ」と多少は気にしたほうがいい。

以下、「死」「葬式」「孤独死」「安楽死」「尊厳死」「自殺」「人身事故」「心電図」を含む投稿。

2018/12/14
 俳優の梅宮辰夫が12月13日、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。激変ぶりが現在ネットで騒然となっている。
 この日の放送で梅宮は、10月に週刊誌にて報じられた芸能界引退騒動について言及。引退は「ありえない」と断言。普段は神奈川・真鶴に暮らしており、仕事のたびに使っていた東京の自宅を売り払ったために、「そういう記事になってしまった」と明かした。
(中略)
ネットでは、梅宮さんが『痩せすぎて別人になった』と話題に。9月8日発売号『週刊新潮』で、今年7月に『十二指腸乳頭部がん』で手術。幸い早期発見でき、医者からは3カ月で完治すると言われていると報道され、7日には娘のアンナさんが都内で会見。「体重が10キロ落ちたけど大丈夫」と説明し、ネットでは安堵の声が上がっていたんですが……。心配の声ばかりが聞こえています」(芸能ライター)

<梅宮辰夫、がん手術後のテレビ出演で見せた”激ヤセぶり”が話題! なぜかロバート秋山竜次へも心配の声が!|日刊サイゾー より一部引用>
https://www.cyzo.com/2018/12/post_186795_entry.html

がんの人の激ヤセでは岡晴夫が思い出される。
最晩年は鬼気迫る風貌だった。

2018/12/15
15日午前10時35分ごろ、埼玉、群馬両県境の利根川に架かる解体中の旧上武大橋にダンプカーが衝突、橋桁の一部が落下し、ダンプカーが下敷きになった。埼玉県警深谷署によると、男性運転手が閉じ込められ、消防などが約9時間後に救出したが、現場で死亡が確認された。

<東京新聞 解体中の橋桁落下、男性死亡 埼玉・群馬県境、下敷きに (TOKYO Web) より一部引用>
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018121501001783.html

「約9時間後に救出した、現場で死亡が確認された」
どういう手順だったんだろ。
巨大で重い橋げたを動かせない以上、「つっかえ棒」をしてトラックを壊したんだろうかね。

以下、「橋」「吊橋」「吊り橋」を含む投稿。

米フェイスブック(FB)は14日、ソフトウェアの欠陥が原因で、最大約680万人の利用者の画像データが外部に流出した恐れがあると発表した。
 米CNNテレビなど米メディアは、FBが問題の発生を当局に速やかに報告しておらず、欧州で巨額の罰金の支払いを命じられる恐れがあると報じている。
 FBによると、9月13~25日に、利用者が閲覧を許可していなかったり、投稿を検討したりした画像データを、876の事業者が見られる状態になっていた。
(中略)
ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、FBが9月下旬に欠陥を発見したが、欧州当局に報告したのは11月だったと報じた。
(中略)
 欧州は個人情報を厳しく管理するため5月に、「一般データ保護規則」を導入した。企業は情報流出を把握した場合、72時間以内に関係当局に報告する義務がある。

<閲覧許可ない画像も流出か、巨額罰金の支払いも 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181216-OYT1T50020.html

本当に公開したくないなら、ネットに上げるなど以ての外。
送付にもネットを利用すべきじゃない。

以下、2015年以降の「Facebook」「フェイスブック」関連投稿。

寝具業界きっての名門・西川グループ。同じルーツを持つ西川産業(通称・東京西川)と西川リビング(通称・大阪西川)、京都西川の3社が、2019年2月1日に合併し、「西川株式会社」(以下、新西川)になる。3社は1941年の分社化以来、約80年ぶりに再統合する見通しとなった。
3社の売上高を合計すると約700億円。ピーク時に比べれば低迷はしているが、それでも寝具専門メーカーとしては最大手とみられる。
新西川のトップには創業家の娘婿で、東京西川の社長を務める西川八一行(やすゆき)・15代当主が就く予定だ。

<ふとんの「西川」3社、約80年ぶりに統合のワケ 東洋経済オンライン より一部引用>
https://toyokeizai.net/articles/-/255394

人間には布団が必要。となれば市場は世界規模だ。

夢みるように眠りたい – CMバージョン
1987年公開

夢見るように眠りたい(A面)

夢見るように眠りたい(B面)

以下、「睡眠」「Sleep」を含むの投稿。

以下、「Counting Sheep」「ひつじが一匹」を含む投稿。

追加記事

2018/12/19
Facebookには「位置情報サービスのオン/オフを設定する」という項目があり、多くのユーザーはこの項目をオフにすることで、自身の位置情報をFacebookに知らせないように設定できると考えています。しかし、実はこのFacebookの位置情報サービスをオフにしても、FacebookがIPアドレスなどの情報を利用してユーザーの位置情報を取得し、特定の地域に向けた広告表示に役立てていることが判明しました。

<Facebookは位置情報サービスをオフにしているユーザーの位置情報も入手している – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20181219-facebook-location-related-illusion-control/

(2018年12月19日)

追加記事

2018/12/26
千葉県のマンションに住む60代の男性は、孤独死してから半年間にわたって発見されなかった。男性の傍らには、犬と猫7匹が一緒に息絶えていたという。
死後半年と聞くと特殊なケースと思われるかもしれないが、高断熱や気密性の高いマンションでは、訪問者でもない限り、長期間遺体が見つからないことも多い。長期間遺体が放置されてきたこともあり、すさまじい光景だったようで、物件を買い付けた不動産屋はその臭いに卒倒しかけたという。
この男性は、独身で一人暮らし。仕事はしておらず、親の遺産で生活していたようで、貯金は2000万円ほどあり、経済的には特に不自由ない生活を送っていた。
だが近所や親族との付き合いはなく、人間関係がほとんどなかった。
その結果として男性は、孤独死という事態を迎えたのである。
男性が住んでいた3DKのマンションを訪ねると、正面玄関は、ヨーロピアン風の黒いライトが所々に設置されており、クリーム色の重厚な外観は、まさに高級マンションそのものである。
部屋の前に立つと、室内にこもったムッとするような熱気が玄関に押し寄せてくる。真冬なのに部屋の空気は生ぬるく、注意深く嗅覚を働かせると、甘ったるい腐臭が鼻をつく。部屋の中に充満するほこりっぽい熱気とともに、フワッとしたなんとも言えない異様な臭いが漂っている。不動産屋に聞くと、専門の業者をもってしても、1回の清掃では完全に臭いを消し去ることはできなかったという。

<30~40代がいずれ迎える「大量孤独死」の未来 – 東洋経済オンライン より一部引用>
https://toyokeizai.net/articles/-/255831

(2018年12月26日)

追加記事

2019/01/21
 こういう場合、数値を高めに発表しているとは思えない。影響の拡大を避けるために、控えめに表現していると考えるのが自然だ。
 77デシベルという数値は、間近にいる人との会話も成立しないレベル。遮音性の低い住居内では、テレビの音声も聞き取れなくなるだろう。窓を開けているマンションの中も同じ。
 つまり、大井町駅周辺のマンションでは、飛行経路の変更後は大いに騒音に悩まされる可能性がある
 現在、大井町駅の周辺ではいくつかの新築物件が販売されている。そのうちのあるデベロッパーが販売する物件の1つでは、交通スペックを「京浜急行線『鮫洲』駅徒歩××分」と表示している。実のところ、その物件はJR京浜東北線「大井町」駅の方がかなり近い。
 その物件に住む人の多くはJR大井町駅を使うはずである。にもかかわらず、わざわざ京浜急行線の最寄り駅を交通スペックの筆頭に表示している。
 そういうイレギュラーな表示をしなければならないほど、飛行経路の変更が深刻な影響をもたらす…とその物件の売主が考えているのではないか。

<【マンション業界の秘密】羽田の「新進入路」は市場が抱える爆弾!? 2020年めどに品川区内に騒音被害発生か – zakzak より一部引用>
https://www.zakzak.co.jp/eco/news/190118/eco1901180015-n1.html

(2019年1月21日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です