我関せず「円」

夢の中で何かを考えることはあるが、まづ知恵は回らない。
感情も極めて大ざっぱなもので、
夢を見てるときの脳はたぶん3~5歳児のレベルじゃないかと思う。
ゆうべ、そうした漠然とした感情をハッキリ感じる夢を見た。

最初の夢。
木造のひどく古ぼけたアパートを訪ねるおれ。
これまた木でできている外階段を上がると中古レコードを扱う店がある。来た目的はそこなのだが、アパート1階にはおれの古くからの知り合いが1人、そしてなぜかウエスターン歌手で俳優の小○○也が入居していて、その2人が通りがかかったおれを笑顔で見つめている。
おれはスターの小○○也に話しかけてみた。興奮ぎみで「小○○也さんですね、お会いできて光栄です」みたいなことを言おうとして、緊張のあまり言い間違え、心中(しまった!)と感じている。

気にいってくれたのか、小○○也は自室におれを招いてくれた。
そこはなんと中華料理屋の厨房で、テーブルの上には熱々のスープといくつかの具が入った中華用の丼が7、8個置かれている。おれは驚くとともに、大いに興味をそそられた。
手慣れた手付きで丼に麺やらトッピングやらを乗せてゆく小○○也。
だがよく見ると、その手には右も左もほとんど指がなかった。

この場面でおれの感情はまったく動いていない。きっとトイレに行かせるための、「覚醒夢」としてのショッキングな絵ヅラなのだろうが、そうだとしたら「不発」だったことになる。
映像的にはかつて見たハンセン氏病患者の方のイメージが記憶部位から抽出されたものと考えられる。小○○也とハンセン氏病はまったく関連がないという前提であるからこそ「衝撃」たりえたのだが、そのインパクトをおれはなぜかスルーしたようだ。
このとき目が覚めて いったんトイレへ行ったどうか、あとから思い返してみたがまったく憶えていない。行ったかもしれないし行かなかったかもしれない。

次の夢。
4人乗りの軽自動車を運転しているおれ。運転にはまるで自信がなく、不慣れで下手くそである。
夜、交通量の多いクネクネした2車線の道を走りながら繁華街へ向かっている。
とにかく不安なのだ。なにしろどこをどういじれば動くのかさえ分かっていない。
このパターンの夢はこれまでもけっこう見ている。
やがて繁華街の広い大通りへ出た。というか、ようやくたどり着いた感じ。

歩道橋の手前で停車すると、おれが来るのを今か今かと待っていた老若男女7、8人がバタバタと乗り込んできた。どうやらどこかへ連れて行く約束をしていたようだ。
こんな大人数ではこの車に入りきらないという不安と、おれの技量ではたぶん事故を起こしてしまうだろうという不安が大きく膨らみ、誰かに運転を代わってもらいたいと感じている。

場面変わって、昭和30年代終わりころの民家。
台所には下拵えの途中である食材がそのまま放置されている。見たところ傷んではおらず使えるようだ。
家主はどこへ行ってしまったのか、姿が見えぬ。どうもここは民宿であるらしい……という気がしてきた。きっとそうなのだろう。ならばおれたちは客だったのか?
おれとともにここへ来た連中はなかなか有能であるらしく、手分けして掃除や調理をてきぱきとこなしている。

たくさんの料理が並んでる座敷のテーブル。
宴会だ。楽しい。男たちはジョッキでビールを飲んでいる。女性陣は料理を口にし、その出来を褒め合っている。
誰かが「このままここで民宿をやろうじゃないか」と言い出し、座がワーッと盛り上がった。
素晴らしい! 素晴らしい! おれの胸にも熱い感情がこみ上げてきた。何かとても躍動的で明るい未来が待ち受けてる気がして、おれは嬉しくなった。

――と、ここで目が覚めた。時計を見たら午前7時23分。
どうも寝過ごしてしまったようだ。
涼しかったからか、久々に楽しい夢だったからか。

以下、「夢」「Dream」を含む投稿。

2018/08/18
 福島市の第三十六回福島とうろう流し花火大会は十七日、県庁裏の阿武隈川河畔で開かれた。約三千発の花火が川面を照らす中、市民は先祖や東日本大震災の犠牲者らの霊に鎮魂の祈りをささげた。
(中略)
 大震災と東京電力福島第一原発事故から七年五カ月余。来年は新しい元号となる。復興「成就」の願いと「平成」最後の花火大会を記念し、灯籠の一カ所を「成」と並べた。
 法要を営んだ後、色とりどりの花火が次々と打ち上げられた。訪れた人は夜空を眺めながら、亡き人をしのんでいた。

<慰霊、復興「成」就願う 福島とうろう流し花火 _ 県内ニュース 福島民報 より一部引用>
http://www.minpo.jp/news/detail/2018081854445

今年2018年の旧盆の送り日(盆明け=8月16日)は木曜日だったが、お盆休みの週末ということで、17日(金)と18日(土)、全国各地で、灯籠流しや花火大会が催された。

最近は若向けのヒットソングを流しながらの花火大会が増えてるけど、
あれだけはちょっと止めてほしい。せっかくの風情が台無しだ。

2018/06/15
政府は2019年5月1日の新元号への切り替えに伴う行政システムの内部時間に関し、各府省庁共通の対応指針をまとめる。将来の方向として、システム時間は元号を使わず西暦で管理するのが柱だ。改元に伴うシステムの改修費や、海外や民間のシステムと接続する際の負担を減らす。19年5月1日以降も免許証などの書面上では元号の使用を続ける
政府が新元号への円滑な移行に関する会議で今夏にも「各省共通の考え方」を決め…

<行政システムの時間は西暦、書面上は元号で 政府指針 – 日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31770180U8A610C1PP8000/

文字どおりのダブルスタンダード。

 政府が来年5月1日の新天皇即位に伴う改元を巡り、中国の古典(漢籍)から採用することが慣例となっている元号の出典に関し、日本の古典も選択肢に入れて検討していることが分かった。平成改元の際も中国文学や東洋史学に加え、ひそかに国文学の専門家へ新元号候補の考案を委嘱していた。古事記や日本書紀といった作品が候補になるとみられる。関係者が18日、明らかにした。

<新元号、日本古典も選択肢 政府、漢籍に加え出典検討 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/403594521537004641

こいつぁクリビツでげす! 中国の古典典籍はもう「ネタ切れ」なのかしらん?
いっそのこと「続平成」「新昭和」「第二明治」「大正 PartII」みたいに、使い回すというのはどーお? ダメか。

以下、「平成」「元号」「新元号」「改元」「西暦」関連の投稿。

2018/08/18
 はごろもフーズは国分グループ本社と協力し、主力商品「シーチキン」と国分の「コンビーフ」を混ぜ合わせた「K&K シーチキンコンビーフ」を商品化した。国分から20日に発売される。内容量は80グラムで参考小売価格は360円(税別)。
 シーチキンは最も売れている「シーチキンLフレーク」(キハダマグロ油漬け)を使用。「ありそうでなかった組み合わせ」(国分)で、それぞれの食材のうまみを生かしたという。
 シーチキンの商標登録から60周年、国分の「K&K」ブランドの商標登録から110周年になることを記念した。

<新商品:シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180818/k00/00e/020/317000c

系列でもなく資本提携もない、まったくの別会社同士らしい。
面白い企画。
こういうことをやってしまうフットワークの良さが日本企業にしちゃ珍しい。
ただしシーチキンもコンビーフも脂がスゴイよね。

19日午前7時35分ごろ、北海道南富良野町のJR石勝線のトンネル付近で、帯広発札幌行き5両編成の特急列車が線路に進入してきたヒグマと衝突した。けが人はない。列車に大きな損傷はなく、安全確認のため10分ほど停車し、運転を再開した。

<北海道で特急とヒグマ衝突 南富良野町のJR石勝線 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/403738533379982433?c=39550187727945729

で、そのクマはどうなった?

以下、「熊」「クマ」「くま」「Bear」「テディベア」「Teddy Bear」を含む投稿。

 

毛細血管が消えて、経済的壊死が可視化されてる感じ。

以下、「JR北海道」を含む投稿。

ホワイトソックスのお膝元シカゴで「史上最高」の呼び声高い好投手が発掘された。その投手とは…なんと修道女だった。18日(日本時間19日)に本拠地で行われたロイヤルズ戦の始球式に登場した修道女が、見る者を押し黙らせるような驚愕のピッチングを披露した。
 始球式に登場したのは、シスター・メアリー・ジョー。地元マリアン・カソリック高校を記念する試合となったこの日。同校に務めるシスター・メアリー・ジョーが始球式のマウンドに上がった。左手にグラブをはめ、右手にメジャー公式球を持ったシスターはマウンド上の定位置に立つと、まずは右手に持ったボールを肩に向かって転がし、二の腕で弾く”曲芸”を披露。ボールを掴むと、その体勢からホームへノーバウンドでストライク投球してみせた。
 MLB公式ツイッターでは、英語で修道女を表す「Nun」と「Unbelievable」をかけて「NUNbelievable(信じられない)」という言葉とともに動画を公開。するとファンから驚愕のコメントが多数寄せられた。

<【MLB】スーパー修道女現る 始球式でストライク投球 ファン驚愕「これは最高だ!!!」(Full-Count) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00183720-fullcount-base

まるで映画のよう。
しかしまた、こんなタフそうな人がなんで修道女になんかなったんだろ?

 

○を「エン」と読ませるキラキラ商標。
ルビが添えられてるのは、正しく憶えてもらわないと意味がないからだね。

 

この通貨記号「₺」は2012年3月にトルコリラを表す新たな通貨記号としてトルコ中央銀行が発表したもので、同年 Unicode 6.2 に収められている(₺)。

●世界の主要通貨の通貨記号/略表記

トルコリラ /TRL
スイスフラン Fr/CHF
ノルウェークローネ Kr/NOK
イギリスポンド £/GBP
ドル $, セント ¢/USD
ユーロ €, ユーロセント ¢/EUR
日本円 ¥/JPY
中国元 (人民元) ¥/CNY
韓国ウォン ₩/KRW

フランスはユーロ以前はフラン ₣/FRFだった。
ちなみにWindowsの機種依存文字でというのがある。

日本円と中国元の通貨記号が共通、というのはなんかヤだナー。

Serge Gainsbourg – Le poinçonneur des Lilas(1959)

Georges Brassens – Les lilas(1957)

高 英男 – リラの花咲くころ(1953/04)
“Les Lilas”
『雪の降る町を』のB面。

以下、「リラの花咲く頃」を含む投稿。

 

President Trump: Fake news is the enemy of the people

Fox Business
2017/02/24 に公開
President Trump talks about the ‘dishonest media’ at CPAC.

●Google翻訳

ロシアとのサミットは、人々の真の敵である偽のニュースメディアを除いて、大成功を収めました。 私は、テロリズムの阻止、イスラエルの安全保障、核保有など、議論された多くの事柄の実施を開始できるように、第2回会合を楽しみにしています。

●Google翻訳

彼らは、メディアが人々の敵であるかどうか、私の娘Ivankaに尋ねました。 彼女は正しく言った。 それは人々の敵である、メディアの大きな割合ですFAKEのニュースです!

August 2, 2018/08/02 5:30 PM
Thursday morning, when Axios’ Mike Allen asked Ivanka Trump if she thinks the media is the enemy of the people, she responded, “No, I don’t.”
Elaborating, she explained, “No I don’t. I mean I certainly – I certainly have – I can share my own personal perspective. I’ve certainly received my fair share of reporting on me personally that I know not to be fully accurate. So I know I have some sensitivity around why people have concerns and gripe especially when they’re sort of feel targeted but no I do not feel that the media is the enemy of the people.”
Thursday afternoon, White House press secretary Sarah Sanders declined to contradict Mr. Trump’s past comments describing the press as the enemy of the people.
Mr. Trump has called the “fake news” media the enemy of the people multiple times since taking office. The president’s critiques on the media seemed to intensify surrounding his heavily criticized meeting with Russian President Vladimir Putin in Helsinki, Finland.

<Trump says only “FAKE NEWS” is the “enemy of the people” – CBS News より一部引用>
https://www.cbsnews.com/news/trump-says-only-the-fake-news-are-the-enemy-of-the-people/

トランプ大統領もバカではないので、
「フェイク・ニュースを流すマスコミは国民の敵だ」
といい、それとは別に
「ロシア疑惑はフェイク・ニュースだ」
というふうにして、二段構えで言っている。

が結局、おれへの批判はフェイク・ニュースであり、おれを批判するマスコミは国民の敵だ、と言ってるに等しいわけで、反トランプ論調のメディアに痛烈なパンチをお見舞いした格好。

2018/08/17
自身に批判的な記事を「フェイク(偽)ニュース」と非難し、一部メディアを「国民の敵」と断じたトランプ大統領に抗議するため、全米の350を超える新聞社が16日、報道の自由を訴える社説を一斉に掲載した。
 ボストン・グローブ紙が全米の新聞社に呼びかけて実現。各紙は共通して報道の自由の必要性を主張したが、具体的な表現はそれぞれの判断に委ねられた。ニューヨーク・タイムズ紙は「誤った報道を正すことはわれわれの仕事の核心部分にある。ただ、気にくわない真実をフェイクニュースと主張し、記者を国民の敵ととがめるのは民主主義にとって危険だ」と批判。合わせて約70紙の主張も抜粋して紹介した。
 米国の日刊紙は1300紙程度あるとされ、掲載を見送ったサンフランシスコ・クロニクル紙はキャンペーンの趣旨には賛同するものの、報道機関の独立性が重要と説明した。
(中略)
 米国ではトランプ氏のメディア敵視の姿勢に非難が集まる一方、メディアの信用低下も加速している。とくに共和党支持者の間で著しく、米調査機関ピュー・リサーチ・センターの昨年6月の調査によると、メディアが自国にマイナスの影響を与えていると答えた共和党支持者は85%となり、2010年の68%から大幅に増えた。

<トランプ米大統領の「国民の敵」発言に反撃 350超の新聞社が一斉社説 メディアの信用度低下も加速 – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/smp/world/news/180817/wor1808170024-s1.html

●Google翻訳

FAKE NEWS MEDIAは対抗裁判所です。 私たちの偉大な国にとっては非常に悪いです…しかし、私たちは勝利です!

●Microsoft翻訳

偽のニュースメディアは野党です。それは私たちの偉大な国にとって非常に悪いです…。しかし、我々は勝っている!

“the opposition party” を Google は「対抗裁判所」と、Microsoftは「野党」と訳した。
前掲の産経ニュースは、
「フェイクニュースメディアは野党だ。私たちの偉大な国にとってとても悪い。だが、われわれは勝利する!」
としており、とうぜん訳としてはそっちだろう。
つまりは、民主党に与するメディアがフェイク・ニュースを流し、共和党大統領である自分の追い落としを図っている、おれは被害者だけど負けない、とトランプは吠えているわけだ。

ベトナム戦争時、メディア報道が反戦の世論形成に成功し、米軍撤退という流れができたことを、民主党・共和党の首脳らは、輝かしき成功体験あるいは苦い教訓を含んだトラウマとして深く心に刻んでいて(同じ党内でも主戦・反戦入り乱れていた)、プロパガンダの有効性・重要性を今も強く認識しているはずだ。
さらにはかつてのリベラルな学生がメディアの幹部となったり、政治権力の側に入りネオコンとしてメディアを掣肘する立場となっていることも、トランプ発言の背景にあるだろう。

●Microsoft翻訳

私はマスコミの真の自由よりも私たちの国のためにもっとしたいと思うことは何もありません。事実は、マスコミが書いて自由であり、それが欲しいものを言うことですが、それが言うことの多くは、政治的な議題を押すか、単に人々を傷つけるしようとして、偽のニュースです。正直勝ち!

●Microsoft翻訳

…..検閲は非常に危険なもの & 警察には絶対に不可能です。あなたは偽のニュースを除草している場合, CNN のように偽のものはありません &, & まだ私は彼らの病気の行動が削除されることを求めていない.私はそれに慣れると塩の粒で見て、またはまったく見ていない..

大統領が自分に批判的なメディアを名指しで指弾するという、品格のない三流国に堕したアメリカ(とうぜん股分の日本も)。
パクス・アメリカーナの終焉をいかにも象徴している気がする。

 東京都は老朽マンションの連続した建て替えを促す制度を、2019年度にも創設する。不動産会社が老朽マンションを買い取れば、別の場所に建てるマンションの容積率を上乗せする。買い取った物件の跡地にマンションを建設する場合にも、別の老朽物件を買えば容積率を積み増す。企業主導で旧耐震基準のマンションを建て替え、災害に強い都市を目指す。

<老朽マンション、玉突き建て替え 都が容積率上乗せ:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34322660Z10C18A8MM8000/

「不動産会社が老朽マンションを買い取れば」
管理組合がデベロッパーに売り飛ばすッちぅこと?
供給過多で売れ残ってる時代に、メリットがあるからって、買うかねえ?
区分所有者や住人はどうなるんだ?

以下、「マンション」「建て替え」「老朽化」を含む投稿。

2018/08/17
国連人権理事会が任命した特別報告者は16日、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う除染作業について、「延べ数万人の作業員が被ばくなどの危険にさらされたという情報がある」として、日本政府は作業員の安全を守るための対応を急ぐべきだとする声明を共同で出しました。
国連人権理事会が「特別報告者」に任命した独立の専門家3人は16日、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う除染作業について、現地から寄せられた情報などをもとに共同で声明を出しました。
この中では「作業員にホームレスなどが含まれているという情報が寄せられている」と指摘したうえで、「被ばくのリスクや対策を正しく理解しないまま作業しているおそれがあり、深く憂慮する」としています。
そして「延べ数万人の作業員が被ばくなどの危険にさらされたという情報がある」と指摘して、日本政府は作業員の安全を守るための対応を急ぐべきだとしています。
特別報告者の1人で、有害物質に詳しいバシュクト・トゥンジャク弁護士はNHKの取材に対し、「去年から日本政府と書面でやり取りをして説明を求めてきたが懸念は払しょくされなかった。現地調査を行って真偽を確かめたい」と話しています。
(中略)
今回の声明を受け、ジュネーブ国際機関日本政府代表部は「政府として真摯(しんし)に対応してきたにもかかわらず、特別報告者が一方的な情報に基づいて声明を出したことは遺憾だ」とするコメントを出しました。
そのうえで「いたずらに不安をあおり、混乱を招くとともに、風評被害に苦しむ被災地の人々をさらに苦しめかねない」と指摘して、特別報告者に抗議したことを明らかにしました。

<福島第一原発の除染作業員の安全守る対応を 国連特別報告者 NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180817/k10011580141000.html

「被ばくなどの危険にさらされた」
被曝してるのか、してないのか、第三者の厳密な調査を直ちに実施すべし。

 

たしかに怖い。
何だよコレ、よしてくれよ。
夢に出てきそうだ。

追加記事

2018/08/20
トルコとカタールの中央銀行は、金融危機時に互いの通貨を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」を締結した。急激な通貨安に見舞われたトルコにカタールが差し伸べた事実上の支援策となる。
 発表によると、トルコが危機に陥った場合、カタールが資金供給を続けて金融システムの安定を確保する。金融不安による国外への資金流出や、為替市場での投機的な動きに備える。
 トルコの通貨リラは、米国とトルコの対立を背景に10日に急落。13日のアジアの外国為替市場で、史上最安値となる1ドル=7リラ台前半まで一時売り込まれた。20日は6リラ近辺で取引された。
 カタールはトルコに対する150億ドル(約1兆7000億円)の直接投資も表明している。

<トルコ金融危機にカタールが救いの手 金融危機時の「通貨交換協定」締結 – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180820/soc1808200019-n1.html

(2018年8月20日)

追加記事

2018/08/25
 編集部ではまずサイネージ広告を管理しているチケットショップを特定。お店に対してなぜこの広告が表示されているのか、広告主は誰なのか、いつから表示されているのかなどを聞いてみましたが、いずれに質問に対しても「あの広告については何も答えられないので……」と言葉を濁すばかり。うーん、謎は深まるばかりです。
 手詰まり状態に陥りながら、あらためてネットの声を検索したところ、画像は「リングの貞子」なのではという声や、新宿という土地柄「貞子のパチンコ」の宣伝なのではないかという声がいくつかあるのを発見しました。
 「貞子のパチンコ」とは、恐らくパチンコメーカーの藤商事が出している「CR リング」シリーズのこと。早速藤商事に問い合わせると、「動画がTwitterで話題になっている旨は把握していますが、当社が出している広告ではありません」とのことでした。
 またパチンコメーカーの高尾からも「CR 貞子3D」という機種が出ているので、こちらにも問い合わせてみましたが、「当社が出しているものではありません」とのことでした。

<「こわすぎ」「なんの広告?」 新宿西口のサイネージ広告に出現する“女の目”が謎すぎるしホラーすぎると話題に – ねとらぼ より一部引用>
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/25/news039.html

(2018年8月25日)

追加記事


Source: シカ侵入で運休 頭抱えるJR北 2018/8/30(木) 8_05 – Yahoo!ニュース
(2018年8月30日)

追加記事

2018/12/31
 建て替えできないマンションは、ひたすら老朽化する。鉄筋コンクリート造の物件に一体どれくらいの年数、人間が住み続けられるのかを日本人は現在進行形で実験している。
 私が知る限り、これまでの最長記録は84年だ。現在、築40年以上の分譲マンションは全国に72万9000戸あるという。この数は減ることがない。増え続けていく。
 単純計算では、20年後には築60年の老朽物件が約72万戸になるはずだ。築60年というと、相当に傷みも進んでいる。それでも、きちんとメンテナンスをしていれば、まだ人が住める状態ではあると想像する。
(中略)
日本のほぼすべてのマンションは鉄筋コンクリート造である。残念ながら鉄筋コンクリートには寿命がある。各建物の施工精度にもよるが、多くの物件はおそらく100年は持っても200年は無理だろう。
 ということは、あと50年後には人が住めなくなるマンションが70万戸ほど出てくる、ということになる。どうなるのか。
 区分所有法は、建て替えについて割合と詳しく定めているが、老朽化して人が住めなくなった場合については言及していない。

<【マンション業界の秘密】マンションは「天寿を全う」できるか? 分譲マンション建て替えが増えないワケ – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/181231/eco1812310001-n1.html

(2018年12月31日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です