ささやささ

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)では、今年の干支の「辰」年から来年の干支の「巳」年に変わる年末年始に、ゆく年くる年の干支の名がそのまま駅名になっている有楽町線辰巳駅で、両方の干支をデザインした記念撮影ボードと記念スタンプを設置いたします。また、ご希望のお客様には特製のスタンプ用紙をご用意いたします。
この年末年始に豊洲、お台場エリアへお出かけの際には、ゆく年くる年の記念づくりに辰巳駅にもぜひお立ち寄りください。

<平成24年12月18日 ゆく年くる年の干支の名が駅名の有楽町線辰巳駅に記念撮影ボード&記念スタンプを設置! より一部引用>
http://www.tokyometro.jp/news/2012/pdf/metroNews_20121218tatsumiyukutoshikurutoshi.pdf

 砥部町の県立とべ動物園で28日、年末恒例の「干支(えと)送り」があり、今年の辰(たつ)に見立てたグリーンイグアナから、来年のヘビのボアコンストリクター「カイト」(6歳、メス)にしめ縄が引き継がれた。
http://digital.asahi.com/area/ehime/articles/OSK201212280122.html

イグアナ ≒ トカゲ ≒ 竜・龍 ≒ 辰

ブリーフ一丁でイグアナ演(や)ってたタモリの、今となっては歴史的な痴態が頭をよぎった。

梅木いとし – セーメケ節
アルバム『タモリ3 戦後日本歌謡史』

昭和39年オリンピック開会式
アルバム『タモリ3 戦後日本歌謡史』

昭和45年万博会場にて~興奮する関係者の声
アルバム『タモリ3 戦後日本歌謡史』

三波信夫 – 世界の国からさようなら
アルバム『タモリ3 戦後日本歌謡史』

2012/12/25
京阪電気鉄道は2013年1月16日から3月17日まで、大津線にてイベント列車「おでんde電車」を運行する。
「おでんde電車」は、2010年1月に初めて登場した完全予約制のイベント列車で、今回が4シーズン目の運行。居酒屋風に飾り付けた電車内で、おでんやおつまみ弁当、ビール、日本酒の熱燗などを提供する。期間中、月曜を除いて1日1便を運行(ただし2月11日は運行)。18時26分に浜大津駅を出発した後、坂本駅と石山寺駅にトイレ休憩のために停車し、20時2分に浜大津駅に帰着する。
参加料金は、おでん盛り合わせとおつまみ弁当、あられ、飲み物3本が付いて1人3,000円。飲み物は缶ビール、日本酒、缶チューハイ、焼酎、茶、ジュースの中から選べる。酒類やおつまみの持ち込みも可。有料で飲み物の追加注文もできる。
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/25/089/

いいですねぇ、おでん列車。熱燗でキュ~ッとね・・・

デュークエイセス – 電車唱歌

東京地理教育 電車唱歌

「どのくらい待ったことがありますか?また、最大どのくらい待てるでしょうか?」と質問しています。
「待ち合わせている相手にもよるでしょうが、私の場合は最大1時間ちょっと待ったことがあります。当時は携帯はありませんでしたし、ポケベルも無かった頃です。相手は後の我が女房殿」(in_go-ingさん)
昔は外での連絡手段と言えば公衆電話くらいでしたよね。それも自宅にかけるしかないわけで、一人暮らしの友達が遅れてくれば連絡なんて取れないわけです。だから待ち合わせは時間と場所を正確に決めて、『○分以上遅れたら先に行くから』なんて言われた記憶があります。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw305181

初めての場所で待ち合わせするときは早めに行ってあれこれチェックするようにしています。

Paul Whiteman and his Orchestra – Linger Awhile(1923)
タイトルは「しばし佇む」「しばらく(その場で)待つ」の意。2度目の引用。

The lyrics (unheard here) of this song hit were written by Harry Owens.

Johnny Hamp and his Orchestra – By A Rippling Stream(Waiting For You)(1932)
vocal: male trio

Earl Burtnett and his Drake Hotel Orchestra – Waitin’ At The Gate For Katy(1934)
vocal: Biltmore Trio
from the movie “Bottoms Up”

Will Osborne and his Orchestra – The Gentleman Awaits(1938)
タイトルは「紳士は待って」の意。

平野愛子 – 君待てども(1948)

Frankie Laine – Waiting At The End Of The Road(1949)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Lucky Millinder and his Orchestra – I’m Waiting Just For You (1951)
vocal: Annisteen Allen and John Carol, recorded February 28, 1951

This recording by the Millinder band climbed all the way to #2 on Billboard’s R&B chart and registered on the’pop’ listings as well. Both the 1951 Rosemary Clooney cover and Pat Boone’s 1957 revival of the song are also available here on the MusicProf78 channel.

Rosemary Clooney – I’m Waiting Just For You(1951)
with Stan Freeman, Mundell Lowe, Terry Snyder & Frank Carroll, recorded August 1951

Stan Freeman’s harpsichord is prominent on Rosie’s cover of the Lucky Millinder hit. Both the Millinder original and the 1957 Pat Boone revival of the song can also be found here on the MusicProf78 channel.

Pearl Woods – I Can’t Wait(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Pat Boone – I’m Waiting Just For You(1957)
orchestra & chorus conducted by Billy Vaughn
Pop Chart Peaks: Music Vendor 16, Cash Box 24, Billboard 27

Originally a 1951 record hit for the Lucky Millinder band, this ballad was issued on the flip side of Boone’s “Why Baby Why.”

島倉千代子 – 待ち保けさん(1958)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mary Swan – I’ll Wait For You(1958)

LaVern Baker – I Waited Too Long(1959/03)
orchestra & chorus conducted by Chuck Sagle

Pop Chart Peaks: Billboard 33, Music Vendor 36, Cash Box 41 – R&B Chart Peak: 5
Top-5 R&B hit written by up-and-comers Neil Sedaka and Howard Greenfield.

Joey Brooks – I Have Waited(1959)

Tommy Ellsworth and his Rockin’ Jesters – Wait For Me(1959)

The Wagnon Sisters – Baby, Wait For Me(1959)

Mark Taylor – I’m Waiting Just For You(1959)

Lori Knight – While We’re Waiting(1959)

Johnny Gentle – Darlin’ Won’t You Wait(1960)

<参考>
Darling Won’t You Wait(Cover)
zoeparm

Dino and The Suspicitions – Want Your Love

The Deans – I Don’t Want To Wait(Just For Saturday Night)(Mohawk:1961, Laurie:1961/11)
シェレシュワッワッ
3度目の引用。

Tracy Pendarvis – Don’t Wait On Love(1962/02)

Gene McDaniels – Somebody’s Waiting(1962/10)
Composer: Randy Newman
Producer: Snuff Garrett
2度目の引用。

The Chanteers – I Waited(1962)

Prince Preston with The Belvederes – Wait For Me(1962)

Paulette & The Cupids – He’ll Wait On Me(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Chuckles – I’ll Wait(1964)

The Kinks – Tired Of Waiting For You(UK:1965/01/15, US:1965/02/17)ウェイティング・フォー・ユー

produced by Shel Talmy
Pop Chart Peaks: Cash Box & Record World 5, Billboard 6 – UK Chart Peak: 1
Following “You Really Got Me” and “All Day And All Of The Night,” this was the third consecutive top-10 U.S. hit for the Ray Davies-led British group.

Stu Phillips & The Hollyridge Strings – Girl Don’t Come
from the album “Stu Phillips – Feels Like Lovin'”(1965)

Out of Los Angeles, talk about an amazingly talented cast of characters, this lavishly orchestrated production is the creation of the genius that is Stu Phillips.
In 1964 while working at the west coast office of Colpix Records as the head of Artists & Repetoire, Phillips freelanced as an orchestrator/producer/arranger at Capitol records. His first project was a session with the Four Preps on a tune entitled,’A Letter To The Beatles’. That tune was his inspiration to create an albums worth of instrumental Beatles tunes arranged with a new modern sound. Credited to the’Hollyridge Strings’, the concept was a huge success. By 1965, Phillips had left Colpix and recorded exclusively for Capitol. The popularity of the Hollyridge Strings Beatles collection eventually led to other LP’s that featured the hits of the Beach Boys, Elvis Presley, the Four Seasons, Nat’King’ Cole and also a wonderful Christmas album. (Arrangers, Perry Botkin, Jr. as well as Jimmie Haskell also provided orchestral arrangements for supsequent Hollyridge Strings LP’s.)
Recordedat the Capitol Tower in Hollywood in the spring of 1965 and issued in July, the’Feels Like Lovin’ LP showcased the talents of L.A.’s’Wrecking Crew’ on the basic rhythm track with the addition of the Hollyridge Strings and beautiful vocals by the Ron Hicklin Singers. Although not a big seller, Stu Phillips has said that it was his favorite album during his tenure with Capitol Records.

L.C. Cooke – I’ll Wait For You(1965)
サム・クックの弟。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Golden Earring – Waiting For You(1966)

The Hustlers – She Waits For Me

This is a B-side single to “The sky is black” and was written by Baron, Rivera.
The 45 was released in 1967 by Orlyn Records and the catalog # is UK5M-1950.
The group hails from the US.

The Delfonics – Ready Or Not Here I Come(Can’t Hide From Love)(1968/11)

Lenny Welch – Wait Awhile Longer(1968)

The Banana Splits – Wait Till Tomorrow
2度目の引用。

This is an A-side single to “We’re The Banana Splits” and is written by Ritchie Adams, Mark Barkan.
The 45 was released in 1968 by Decca Records and the catalog # is 32391.
This group never actually existed.

Vinnie Canale – Waiting(1969)

Alfreda Brockington – I’ll Wait For You(1969)

Bente Lind & The Lunick Group – I’ll Die From Wanting You
Recorded 1965 but first published by Swedish Triola Records 1992.
2度目の引用。

Arthur Adams – Can’t Wait To See You(1971)

五木ひろし – 待っている女(1972/05)

  ※(略)

 

Karen Wyman – Somebody Waiting(1973)

中沢京子 – 待ちわびて

  ※(略)

 

テレサ- テン – 待ちわびて

  ※(略)

 

日野美歌 – 待ちわびて

  ※(略)

 

小林明子 – 待ちわびて

  ※(略)

 

The I Love You So’s – I Can’t Wait(For The Day After Tomorrow)
Published 2009 by Vampirette Music.

GReeeeN – 春を待ちわびて(2012)

  ※(略)

 

Eva Eastwood & The Major Keys – Waiting For You(2012)

『ゴドーを待ちながら』は2幕劇。木が一本立つ田舎の一本道が舞台である。
第1幕ではウラディミールとエストラゴンという2人の浮浪者が、ゴドーという人物を待ち続けている。2人はゴドーに会ったことはなく、たわいもないゲームをしたり、滑稽で実りのない会話を交わし続ける。そこにポッツォと従者・ラッキーがやってくる。ラッキーは首にロープを付けられており、市場に売りに行く途中だとポッツォは言う。ラッキーはポッツォの命ずるまま踊ったりするが、「考えろ!」と命令されて突然、哲学的な演説を始める。ポッツォとラッキーが去った後、使者の少年がやってきて、今日は来ないが明日は来る、というゴドーの伝言を告げる。

<ゴドーを待ちながら – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%92%E5%BE%85%E3%81%A1%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89

Samuel Beckett: En attendant Godot(Waiting for Godot)
Act 1 Lucky’s Scene
This 1987 television text production of Samuel Beckett’s “Waiting for Godot” was done in Paris by the San Quentin Drama Workshop: Bud Thorpe as Vladimir, Lawrence Held as Estragon, Rick Cluchey as Pozzo, Alan Mandell as Lucky, and Louis Beckett Cluchey as Boy.

2012/12/05
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは14年五輪開催地のソチで明日7日に開幕する。この日は公式練習が行われ、男子の高橋大輔(26=関大大学院)、小塚崇彦(23)、羽生結弦(17)、町田樹(22)、女子の鈴木明子(27)が五輪会場で初滑りした。
(中略)
前日4日に現地入りした際には、出場6人中4人が日本男子という戦国時代ぶりに、「僕は『鳴くまで待とう』くらいの状況です」と一言。「順位にとらわれず、世界での立ち位置を冷静に確認したい。最後に良い結果が出れば」と、最後に乱世を平定した徳川家康に自分を重ねていた。
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20121206-1056168.html

2012/12/26
 米大リーグ移籍を目指し、プロ野球日本ハムから海外フリーエージェント(FA)権を行使した田中賢介内野手が26日、札幌市でチャリティートークショーに参加した。現時点で移籍先は未定と言い「いい選手から契約は決まっていく。最後になるのは仕方ない。じっくり待とうかなという感じ」と淡々と語った。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121226/bbl12122620240012-n1.htm

人事を尽くして天命を待つ、という諺。
出典は南宋初期の儒学者 胡寅の『読史管見』にある「人事を尽くして天命にまかす」だそうです。

いくら努力しても、最後の最後は自分ひとりじゃどうしようもないことって、世の中にはたくさんありますよね。
何かを待つのは楽しくもあり、また辛いものでもある。結果が出るまでの間、自分を信じ、可能性を信じ、あれこれ考えては一喜一憂する。周りの者も腫れ物に触るような気の使いようで、ひたすら吉報を待っている。
受験や審査などはまさにそれです。
あるいは特に当てはないけれども機会やチャンスをただひたすら待ち続けている、待ち侘びている人たちも大勢います。

待ってられないので、超自然的な方法で開運・招福しよう、結果を得ようとするのがいわゆる現世利益(げんせりやく)の呪術です。
神道系はまさにこれでして、引き寄せる、受けるという傾向はいかにも農耕民族らしいものといえます。
狩猟民族の呪術はというと、パワーを自身に憑依させ世俗の権力を掴み取ろうとする Pull ではなく Push の攻撃・能動型。中世の密教秘法にはそうしたものが多かったそうですよ。

退職金や年金受給開始のように、ある程度結果が分かっていることを待つ場合もあります。期待度が高い分、何かの理由で当てが外れると、これはとてつもないショックですね。

あなた、今、なんか待ってます?

両国橋の場
雪の降る師走の江戸、俳諧の師匠宝井其角は両国橋で笹売りに身をやつしている赤穂浪士の大高源吾に偶然出会う。源吾は「子葉」という俳号をもつ其角の門人でもあった。久しぶりに会った源吾は武士を捨ててひっそりと暮らしたいという。気の毒に思った其角は、松浦侯より拝領の羽織を源吾に譲り、何かあればいつでも相談に乗る旨を告げる。しかし風流の心得を忘れてはいないだろうかと、「年の瀬や 水の流れと 人の身は」という発句を源吾に向けると、源吾は「明日待たるゝ その宝船」という付句を返して立ち去る。飄然と去ってゆく源吾を見送りながら、其角は源吾の詠んだ付句の意味を測りかねる。

<松浦の太鼓 – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B5%A6%E3%81%AE%E5%A4%AA%E9%BC%93

討ち入りを待ち望む松浦侯と、俳句を通じて交流がある宝井其角・大高源吾などの絡み。
It is about conversations between lord Matsuura, who is expecting a raid, and Kikaku TAKARAI and Gengo OTAKA, with whom Matsuura is acquainted through Haiku.

討ち入りの前夜、大高は煤払竹売に変装して吉良屋敷を探索していたが、両国橋で宝井其角と出会った。
When Otaka disguised himself as a merchant selling bamboo sticks for house cleaning in order to spy on the Kira residence the night before the raid, he bumped into Kikaku TAKARAI in Ryogokubashi.

俳諧の師匠宝井其角は偶然両国橋で笹売りに身をやつしている赤穂浪士の大高忠雄に出会う。
Kikaku TAKARAI, a master of Haikai (seventeen-syllable verse), came across Tadao OTAKA, Ako Roshi (lordless samurai of Ako domain), who spent his time selling bamboo grass on the Ryogoku-bashi Bridge.

俳諧のたしなみのある源吾は其角の門人として「子葉」と名乗っていた。
Gengo, who had knowledge of Haikai, called himself `Shiyo,’ as a disciple of Kikaku,

源吾は武士を捨てひっそりと暮らしたいと語る。
Gengo told Kikaku that he wanted to quit samurai to live quietly.

其角は早速「年の瀬や水の流れも人の身も」と発句し、大高はこれに「あした待たるるこの宝船」と返し、仇討ちをほのめかす。
Kikaku straightaway started the poem by saying ‘the end of the year, the flow of water and even people’s lives are,’ and Otaka completed and hinted at the revenge by saying ‘waiting for the treasure ship to come the next day.’

源吾は槍の先に付けた短冊を差し出す。
Gengo held out tanzaku (long, narrow card on which Japanese poems are written vertically) which was attached onto the end of the spear.

源吾は「明日またるるその宝船」と脇句をつけて立ち去る。
Gengo continued the line adding wakiku, the second half lines in Waka poem, `Asita mataruru sono takara bune’ (I expect a ship of fortune coming tomorrow), and left there.

飄然と去る源吾を見送りながら脇句の意味を測りかねて考え込む其角であった。
While Kikaku saw off Gengo, he was in deep thought, wondering what Gengo’s wakiku meant.

松浦鎮信(天祥)は其角に俳句を師事してもらうほどの風流な大名。
Shigenobu MATSUURA (Tensho) is daimyo (Japanese feudal lord) elegant enough to have lessons of Haiku from Kikaku.

俳諧をよくして俳人宝井其角と交流があり、これをもととして「松浦の太鼓」の外伝が作られた。
He excelled at Haikai (humorous renga poetry) and mixed with Kikaku TAKARAI, a haiku poet, on the basis of which the side story of ‘Matsura no Taiko’ (The drum in Matsura) was produced.

この日も其角を招いて句会を催していた。
On that day too, he invited Kikaku and held a kukai (a haiku gathering).

だが、源吾が別れ際に詠んだ「明日またるるその宝船」の句のことを思い出して侯に告げた。
Kikaku was reminded of the wakiku, which Gengo recited, `Asita mataruru sono takara bune’ and told 侯 about it before Kikaku leaves.

だが、其角が昨日の両国橋の件を話すと、侯の機嫌が悪くなる。
However, 松浦侯 turned grouchy when Kikaku talked to him that he had come across Gengo on the Ryogoku-bashi Bridge.

其角は源吾の妹、腰元のお縫が殿の勘気を被っていることを知り、「気に入らぬ風もあろうに柳かな」と俳句で松浦侯を諌める。
Kikaku, who learned Shigenobu was peeved at Gengo’s younger sister, Onui, and recited the haiku, `Kini iranu kazemo aroka yanagi kana’ (treat the things calmly as if willows were blown by various winds) to caution him.

其角も必死にとりなすが侯の怒りは増すばかり。
Kikaku made efforts to calm down him, but 侯’s anger increased.

やむなく其角はお縫を連れ帰ることとなる。
kikaku ended up having to take back Onui.

気の毒に思った其角は松浦侯拝領の羽織を与えた。
Kikaku, who felt sorry for Gengo, gave him a haori (a Japanese half-coat) which he had received from 松浦侯.

おどろく其角らを尻目に太鼓の数を数える侯の顔は喜びに輝く。
侯’s face beamed with joy counting the number of drums, not caring about Kikaku and Onui, who were amazed,

助太刀じゃと火事装束に身を固めた侯は馬に乗り、六尺棒をかかえた其角を連れて表に打ち出そうとするのを家臣たちにご短慮遊ばしますなと止められている。
候, who put fire to costumes to support them, and rode on a horse, was about to depart with Kikaku who carried Rokushaku-bo (quarterstaff), but his vassals stopped him by saying that it was a rash act.

侯は「仇討じゃ、仇討じゃ」と興奮するも、ふと其角とお縫に気づいて「これ、余が悪かった」と詫びる。
While 侯 was excited saying `revenge, revenge,’ he noticed Kikaku and Onui were there, and apologized to them by saying `I was wrong,’

同じくうれし涙に頬を濡らす其角は「子葉どの、何か辞世の句は」と望んだ。
Kikaku, who was moved to tears of joy, asked Gengo by saying, `Mr. Shiyo, what’s your death haiku?’

笹や 笹笹 笹や笹 笹はいらぬかすす竹を 大高源吾は橋の上 あした待たるる宝船
Gengo OTAKA sells bamboo grass on the bridge and waits for the day of a raid.

なお、塾名の「蘐園」とは塾の所在地・茅場町にちなむ(隣接して宝井其角が住み、「梅が香や隣は荻生惣右衛門」の句がある〉。
Incidentally, the school’s name ‘Kenen’ is associated with its location, Kayabacho (Kikaku TAKARAI lived adjacently and there is a poem that ‘Fragrant of plum trees, next door is Soemon OGYU’).

<英語例文検索 ~ビジネスメールや英文の手紙の文例~ – Weblio辞書 より一部引用>
http://ejje.weblio.jp/sentence/
<Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス より一部引用>
http://alaginrc.nict.go.jp/WikiCorpus/

永野桃勢 – 笹や節

豆千代 – 奈良丸くずし

  ※(追記:この動画は削除されました)

 

津田耕次 – 奈良丸くずし

松平純子 – 両国橋

  ※(略)

 

由紀さおり – 両国橋

  ※(略)

 

 NHK大阪放送局は29日、関西地方で30日夜に放送予定だった特別番組「漫才祭り2012冬」を延期すると発表した。出演者の漫才師オール阪神さんが近く行われる市長選の特定候補の応援を表明したため、不偏不党の立場から判断したという。関係者は「このようなケースは聞いたことがない」としている。
 阪神さんは28日、来年1月13日投開票の大阪府泉大津市長選に出馬表明した元市職員の記者会見に同席。自らのいとこでもあるこの男性の選挙を支援すると言明した。芸能人による政治家への応援は珍しくなく、放送日は市長選告示前だが、NHKは「選挙時期が近いことなどを総合的に勘案した」としている。
 番組は西川きよしさんらの司会で、オール阪神・巨人ら7組の人気漫才コンビが出演。既に公開収録を済ませている。延期後の放送日は未定。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20121229/enn1212292314006-n1.htm

選挙期間中も民放キー局で、金満カルト集票法人とその政治部の広告塔タレントが出続けていたし、あろうことか集票法人の信者向け機関紙のCM、番組が放送されていた。
なるほどテレビが衰退するはずだと思ったよ。

2012/12/17
ベトナムは「チャイナプラスワン戦略」の選択肢なのか
(中略)
 ファストフードではKFCは進出済みであり、ハンバーガーでは韓国資本のロッテリアがかなり前から進出を果たしています。コンビニでは、意外なことに、ファミリーマートやミニストップなどの日系コンビニが既にベトナム市場へ進出しています。遅ればせながら、業界の最大手であるマクドナルドとセブンイレブンは、これからベトナム進出を計画しているようです。数年後には、ベトナムの各都市にも、赤や緑の看板が目立つようになるのかもしれません。
 ただし、スターバックスにとっては、統治時代にフランスが持ち込み、ベトナム人の日常に深く浸透している「ベトナムコーヒー」と言う強敵がいます。
(中略)
 ここ数年の中国華南地域、華東地域で深刻度を増していた労働力不足、賃金上昇のリスクヘッジとして「チャイナ・プラスワン戦略」が生まれました。2012年9月に発生した反日運動後は、あらためて多くの注目を集めています。リスクヘッジという観点からは、あまり動きの良くない日系企業も、ここに来て海外戦略の見直しを迫られているようです。
 なぜ脱中国ではなく、プラスワンなのでしょうか。確かに中国市場の先行きは不安視されています。しかし、絶対的な市場規模が巨大なことに加えて、多少鈍化しているとはいえ7%台後半のGDP成長率(2012年度予測)を放り出して、中国市場から撤退する日系企業はほとんど無いでしょう。加えて、既に多くの日系企業がそれなりの規模の事業投資を実行しており、いまさら引き返せないという現実もあります。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1212/17/news014.html

日本人の感覚により近いのは中国人ではなくベトナム人でしょう。
代理戦争の側面があったにせよ、彼らはフランスに勝ち、アメリカに勝って、独立を成し遂げました。その自信があるので、今に至る中国との緊張関係においても一歩も退く気配がない。こういうところはなかなか見上げたものだと思います。

The Afro-Blues Quintet Plus One – Spartacus

The Afro-Blues Quintet Plus One – Liberation(1966)

The Afro-Blues Quintet Plus One – Afro-Rock

The Afro-Blues Quintet Plus One – Monkey Time
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Afro-Blues Quintet Plus One – Together

以下、「ベトナム」「ベトナム戦争」を含む投稿。

追加記事

 親日性が高いとされるベトナムでは、日本製品への信頼も高い。1990年代、ドイモイ(刷新)政策を受けてベトナムの自由経済化が進んだ際、日本から輸入したバイクが大流行。丈夫さ、使いやすさが評価され、バイクがすべて「ホンダ」と呼ばれた時期があったという。
 文化面でも日本食が身近になっており、日本食を提供するレストランや総菜店のほか、回転寿司や鍋料理が流行している。
 ベトナムでは食の安全にかかわる問題が後を絶たない。食肉の重量水増し、見た目をよくするための着色など、さまざまな問題が浮上し、消費者側も敏感になっている。政府開発援助(ODA)やバイクだけではなく、食も日本への信頼を高めているのかもしれない。
 「基本的に新しいもの好きな国民性に、品質の高い日本製品が受けている」。昨年ベトナムに渡航した女性会社員はこんな感想を話した。
 ベトナムの歴史を振り返ると、1975年のサイゴン陥落でベトナム戦争が終結するまで長い戦乱にあったが、日本と同じように戦後にベビーブームが起きており、30歳前後の人口が一番多く、65歳以上は5・5%。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130103/ecn1301031428001-n1.htm

 韓国軍のベトナム戦争参戦は昭和39年(1964年)に始まっていた。当初は、医療支援団や教官等、約270名をサイゴンの南のプンタウに派遣。翌1965年2月に、米軍が北爆を開始、次いで米海兵隊が3月にダナンに上陸。それに続き、10月から、韓国軍は1万数千名を派兵して本格的に参戦した。
 以後、1965年から73年までの間、韓国軍の戦闘部隊約30万名がベトナム戦争に参戦。この過程で、韓国軍は戦死者4960余名、負傷者10余万名を記録。一方、韓国軍が殺傷したベトナム人は4万1450名(公式統計のみ)に上る、と表題記事は伝えている。
 韓国軍の派兵は、米軍に次いで多かった。その理由は、「派兵規模」に応じた「補助金と対米移民枠」を得られたからであった。いわば、韓国にとっては、あからさまな国益を兼ねた参戦であり、しかし、その残虐ぶりは、後に自国のジャーナリズムが報じるようになり、「住民虐殺」と「韓越混血児(ライタイハン)」が問題として問われることになった。

<韓国とベトナム戦争について! 博士の独り言 より一部引用>
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-571.html

ベトナム戦争では韓国のように兵士こそ送らなかったが、米軍をバックアップした国として、やはり贖罪ということを考えない訳にはいかない。
まずは食材で贖罪、、、か。
(2013年1月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です