文明との相性

長年の取材に基づいてみると、確かに「妻は愛人に会いに行く」ケースは多い。
妻たちは夫の浮気を疑ったり証拠を握ったりしたとき、まずはショックを受ける。その後、怒りがわいてくるのが一般的なのだが、この怒りをどこに向けるかが問題。
長年連れ添った夫をかばいたいのか、あるいは自分のプライドを守りたいのか、本来なら夫に向けるべき怒りを、相手の女性に向けてしまいがちなのだ。

<妻はなぜ、夫の愛人に会いに行くの? – 楽天WOMAN より一部引用>
https://woman.infoseek.co.jp/news/love/allabout_29635

2018/06/01
もしも突然、夫の不倫相手から電話がかかってきたら、どうしますか? もしくは、夫の不倫に気付き、不倫相手に電話をしたくなってしまったら、どうしますか?
「そんなドラマみたいなこと、あるはずがない」「ウチに限って、そんなことあり得ない」と思っている人は要注意。実際、夫の浮気について夫婦相談に訪れる女性たちも「浮気や不倫の問題は、私たち夫婦とは関係ない世界で起きる出来事だと思っていました」と、ため息まじりに語る人も多いからです。

<夫の不倫相手に絶対にやってはいけない対応|ニフティニュース より一部引用>
https://news.nifty.com/article/item/neta/12101-29394/

2018/05/27
「結婚して15年、14歳と12歳の子どもがいます。5歳年上の夫は社員10人ほどの会社を経営していて、私も経理や総務の仕事を担っているんです。夫が自分の親から継いだ会社ですが、つい3年ほど前、夫に愛人がいることがわかりました」
 たまたま夫が無防備にテーブルに置いていたスマホを見てしまったことから、ことが発覚。長年つきあっているような様子がわかったため、アキエさんはショックで体調を崩し、2週間も入院するほどだった。
 夫のヨウジさんは平謝りしていたが、退院してきたアキエさんが「すべて聞かせてほしい」と問い詰めると、態度を一変させて逆ギレした。

<夫に20年も愛人が…ショックで入院した45歳妻を、さらに苦しめた真実|ニフティニュース より一部引用>
https://news.nifty.com/article/item/neta/12194-852541/

自然と調和する生活(太陰太陽暦的生活)もそうだが、人間の本能・本性も文明生活とは相性が甚だ悪い。
なので文明が発達すればするほど、それが原因の病気になったり、不幸を感じたりすることにもなる。
つまり文明とは良くも悪くも人間本来の在りようを制限するものなんだね。
それが極点に達したとき、種(シュ)としてのヒトの滅亡が当然の帰結として訪れるわけだ。
そろそろかなり仕上がってきてると思うよ、おれは。

Jack Jones – Wives And Lovers(1963/09)
orchestra conducted by Pete King

Jack’s highest-charting Billboard’pop’ single was this Burt Bacharach-Hal David tune which was’inspired by’ but did not appear in the current motion picture “Wives And Lovers.”
(Debuted late’63) 1964 Pop Chart Peaks: Cash Box 12, Billboard 14, Music Vendor 14

 東日本旅客鉄道(JR東日本)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、北海道旅客鉄道(JR北海道)は6月5日、スマートフォンなどによりインターネット予約サイトで東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の指定席または、自由席を予約し、交通系ICカード(Suicaなど)を新幹線自動改札機にタッチして利用できる新たな新幹線IC乗車サービスを、2019年度末を目標に導入すると発表した。

<JR東日本・JR西日本・JR北海道、新たな新幹線IC乗車サービスを導入 – CNET Japan より一部引用>
https://japan.cnet.com/article/35120343/

交通系ICカードはチャージするタイプなので、比較的安全かもしれんね。

 共通ポイントの先駆け「Tポイント」が転機を迎えている。ファミリーマートで使えなくなる可能性が出てきたからだ。伊藤忠商事がユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)を子会社にするのを機に独自ポイントの模索に乗り出した。顧客データを巡り、共通ポイントの大再編時代が始まる。

<Tポイントからファミマ離脱か 乱戦、共通ポイント:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30629220X10C18A5000000/

ポイントカードとは個人情報と商品購入履歴を紐づけるツールである。
その情報がどう使われるか?

グーグルにある自分のデータをダウンロードするためのツールは、「グーグル・テイクアウト(Google Takeout)」と呼ばれ、ブラウザからアクセスできる(google.com/takeout)。このページでダウンロードしたい情報を選ぼう。全部を選ぶこともできるし、一部(グーグル・マップのうちロケーション履歴、Gmailの特定の相手とのやり取り、YouTubeの視聴履歴、グーグル・フォトにアップロードした写真、など)を選ぶこともできる。
(中略)
「マイ・アクティビティ(myactivity.google.com)」にアクセスして、「広告」の全履歴と、アンドロイドに関する全データを削除することにした。ついでに、グーグルの音声アシスタントの使用履歴と、グーグル・ニュースとグーグル・クローム経由のウェブ閲覧履歴も削除した。

グーグルが握っているあなたの「個人情報」 The New York Times 東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/amp/223696

ネットはとうに個人の動向を監視する最強ツールとなっている。
この流れに対抗するテクノロジーに期待したい。

2018/06/06
フェイスブックは5日、かつてユーザー情報などを共有していたスマートフォンのメーカー数十社の中に、米情報当局が「脅威」と位置付ける中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が含まれていたことを明らかにした。
同社は携帯端末用のフェイスブック・アプリがまだなかった時期に、端末上で同様のサービスを利用できる仕組みの開発を支援するため、米アップルや韓国サムスン電子など約60社のメーカーと提携してデータへのアクセスを許可していたことが分かっている。米紙ニューヨーク・タイムズが最近報道した内容を、同社も認めていた。
その提携相手にファーウェイやレノボなど、中国の4社が含まれていたことが新たに分かった。
ファーウェイをめぐっては、同社のスマートフォンなどが中国政府のスパイ活動に使われる可能性があるとして、米当局が懸念を示してきた。ファーウェイ側はこの可能性を繰り返し否定している。
(中略)
フェイスブックは4月、メーカーとの提携契約を縮小していく方針を示していた。
5日には半数以上の契約をすでに打ち切ったことを明らかにし、ファーウェイとの契約も今週中に停止すると発表した。

<CNN.co.jp フェイスブック、ファーウェイなど中国4社との情報共有認める より一部引用>
https://www.cnn.co.jp/tech/35120384.html

金を払って、そのうえユーザー情報までをあげてたのか。
盗人に追い銭とはこのことやね。
いまさらアカウントを消してもムダだ。

以下、2015年以降の「Facebook」を含む投稿。

官尊民卑の検察だ――。神戸製鋼所の品質データ改ざん事件で、東京地検特捜部と警視庁は5日、虚偽表示容疑で品川区の東京本社や製造所など関係先5カ所を家宅捜索した。特捜部などは任意で調べを進めていたが、全容解明には強制捜査が必要と判断。不正の動機など実態解明に鼻息が荒い。大阪地検が、文書改ざん問題で、佐川前国税庁長官らを不起訴にしたばかりのタイミングで、民間会社への強制捜査。立憲民主党の枝野代表は「官尊民卑の検察なら、いらないと言わざるを得ない」と語った。

<露骨な官尊民卑…神戸製鋼の強制捜査で見えた検察の正体|日刊ゲンダイDIGITAL より一部引用>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230617

では官尊(かんそん)にちなみまして、
素敵な canção(カンサァォ/葡語で歌の意)でも ど~ぞ。

Padre Zezinho – Canção para Meu Deus Remasterizado(1973)

José Ribeiro – Canção Dos Namorados(1972)

Moacyr Franco – Memórias De Uma Velha Canção(1970)

Bubby – Canção Para Um Ser Só(1969)
『時には母のない子のように』(1969/02/21)のカバー。

Madalena Iglésias – Canção Para Um Poeta
Festival RTP da Canção 1969

Paulo Sérgio – A Última Canção(1968)

Marília Maura – Esta É Minha Canção(1967)

Roberto Carlos – Nossa Canção(1966)

Madalena Iglésias – Ele e Ela
Festival RTP da Canção 1966

José Ricardo – Canção Da Serra(1965)

Geraldo Vandré – Pequeno Concerto Que Virou Canção(1964)

Elizeth Cardoso – Canção do Amor Ausente
Composed By Baden Powell, Vinicius De Moraes
from the album “Elizeth Interpreta Vinícius”(1963)

Orlando Silva – Terminarei tua Canção(1962)

Ana Lúcia – Canção Para Ninar Meu Bem
from the album “O Encanto e a Voz de Anna Lúcia”(1961)

Sonia Delfino – Canção Que Virou Você(1960)

Mario Augusto – Canção do Hula pula(The Hula Hoop Song)(1959)
2度目の引用。

Elizeth Cardoso – Canção do Amor Demais(1958)

Cauby Peixoto – Canção Do Mar(1957)

Olivinha Carvalho – Canção Do Mar(1956)

Dolores Duran – Canção da Volta(1955)

以下、「Sing」「Song」「歌」を含む投稿。

週刊新潮 2018年6月14日号掲載
 2015年に野球賭博問題で巨人軍を解雇された笠原将生元投手(27)が、東京・新宿歌舞伎町のホストクラブで働いていた。そこで見せたのは、古巣のユニフォームを着てのドンチャン騒ぎ……。

<野球賭博で巨人をクビ「笠原将生」がホストになっていた Gユニフォームを着て接客 デイリー新潮 より一部引用>
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06061200/

これはすぐに球団から 当人へ クレームが行ったろうね。
では New York Giants の文字が入ったユニフォームだったら、新潮も黙過したか。扱いは違ってたかも。

以下、「野球」「Baseball」「野球中継」「竹脇昌作」「小西得郎」「佐々木信也」「早慶戦」「高校野球」「草野球」を含む投稿。

2018/06/06
平成30年6月6日に、地理院地図で閲覧できる「起伏を示した地図」でより多くのコンテンツが利用できるようになりました。今回公開する地図は、陰影起伏図(全球版)、日本全国の赤色立体地図およびデジタル標高地形図25面の追加です。

<地形が直感的にわかる地図を公開します|国土地理院 より一部引用>
http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/release_thematic_maps_20180606.html

国土地理院は6日、ウェブ地図サービス「地理院地図」において、日本全国の「赤色立体地図」を公開した。
 赤色立体地図とは、地形の立体表現手法の1つで、傾斜量を赤色の彩度で、尾根谷度を明度にして調整する。従来の地形表現手法にあった方向依存性などの欠点を克服し、1枚の画像でさまざまな地形を詳細に立体表現できるのが特徴だという。
(中略)
 地理院地図で赤色立体地図を表示するには、地図画面左上にある「情報」ボタンから「起伏を示した地図」→「赤色立体地図」を選択すればよい。地図のスクロールはもちろん、マウスポインターのある位置を中心としてマウスホイールによるズームイン/アウトも行えるため、日本全国の地形を眺めながら詳しく見たいエリアを見つけてスムーズに表示できる。

<日本全国の「赤色立体地図」が見放題、国土地理院がウェブで公開 – INTERNET Watch より一部引用>
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1126179.html

赤色立体地図ってのは、なかなか不気味なもんだねぇ。

以下、「地図」「Map」「Atlas」を含む投稿。

以下、「Red」「Rouge」「赤」「赤い」を含む投稿。

 おりに入れられ、泡立つ洗剤液に沈められる猫、足で踏みつけられる猫。自称「動物虐待愛好家」らが集うネット上の掲示板には、痛々しい動画が投稿されている。「鍋に入れて水から沸騰させてみるとかどう?」「ただいま両手両足の肉球を焼いたところです 爆鳴き止まらん」。新たな動画が投稿されるとそれに刺激されたようにコメントが相次ぎ、数日間で1千件に上ることも。「神」「芸術作品」と投稿者をたたえる書き込みもみられる。
 「こんな動画を、子どもでもスマホで見ることができてしまう。PTSD(心的外傷後ストレス障害)になった人もいる」。日本動物虐待防止協会の藤村晃子代表理事は危機感を抱く。虐待動画を見つけると、警察や掲示板の運営会社に通報。運営会社が自主的に削除するケースも多いが、すぐ新たな動画が投稿される「いたちごっこ」が続く。「興味本位でまねをする人も出てくるおそれがある」

<肉球焼く・洗剤液に沈める…猫の虐待動画、止まらぬ投稿:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL5G438QL5GPTIL00J.html

世も末である。完全にイカれてるね。
情操教育の基本は「家庭」。育て方が間違ってるんじゃないか?
そして学校。点数で競わせ、成績でのみ評価する教育も間違いだ。
人としての矜持を教えずして、何が教育か。

2018/06/05
窪田氏は、昔も今も『力で言うことを聞かせないと、秩序維持ができない』のが日本人の国民性であると述べる。では、どうしてそのような結論となってしまうのか。そして、本当にそのような国民性は今も引き継がれているのだろうか。
(中略)
平成も終わりが近づいているが、来るべき新しい時代は、あらためて昭和をいい形で終わらせ、一人々々が自分で思考し、哲学し、教養を涵養し、そして新しい世界を切り開いていける時代にしていく必要がある。

<教養のない実務家が跋扈する時代を終わらせるべき時 – 風観羽 情報空間を羽のように舞い本質を観る より一部引用>
http://ta26.hatenablog.com/entry/2018/06/05/082459

「力で言うことを聞かせないと、秩序維持ができない」のは「日本人の国民性」というより人間本来の性質だと思う。そこから教育、教養の深化、人格の陶冶、社会性の獲得等によって、多少はマシなレベルに上げることは可能だろう。

誰にでも、王様(最高権力者)になって富を独占し他人を奴隷のように使いたい、そういう卑しくも猛々しい欲望が深層心理にあって、その傾向が時代によって、民族によって、国民によって、経済状況によって、または前の時代からの経緯によって、強くなったり弱くなったり変化するわけで、

例えば21世紀の現代でも民主主義になったら混乱して収拾がつかぬから全体主義・強権政治・独裁体制で統治するしかない国のほうが多いのは、そうした国が多少はマシなレベルに上げる努力をしてないか、不足していることによると考えられる。

人間性を開花させ、薫陶しゆく教育がなされなければ、大日本帝国や中共中国のように、国家もまた狂ってゆかざるを得ない。あゝそれなのに それなのに日本の自公政権や文科省は……
もはや申すまでもなかろう。

 

権利ビジネスではむしろ民放より率がいいんじゃないか?

以下、「テレビ」「TV」を含む投稿。

追加記事

(2018年6月8日)

追加記事

2018/06/08
ウォールストリート・ジャーナル電子版などは7日、米議会の一部議員が、米IT大手グーグルが中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と結んでいる提携について、個人データの共有状況などの調査を始めたと伝えた。
 米フェイスブックが、利用者データへのアクセスを認めた携帯端末メーカーの中に華為など中国企業が含まれていたことが判明し、米議員は米IT企業と中国企業の関係に疑念を深めている。

<米議員がグーグルと中国企業の関係調査 個人データ共有? – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180608/soc1806080013-n1.html

2018/06/09
ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は8日、米交流サイト大手のフェイスブック(FB)が、広告主である日産自動車など一部企業に、利用者の友人や電話番号、関係の親密度の分析結果といった個人情報へのアクセスを特別に認めていたと報じた。関係者などの話として伝えた。
 アクセスを許可した企業はフェイスブックの広告主などで、日産やカナダ・ロイヤル銀行など「少数」の企業という。ただ、企業側が情報を何に利用していたかなどには言及していない。

<フェイスブック:広告主に個人情報許可 日産など特別に – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180609/k00/00e/020/265000c

(2018年6月8日)

追加記事

<2018/07/03
Facebookはアプリ開発者やテクノロジー企業のアプリケーション開発などのため、同社のユーザーデータにアクセスすることを許可していましたが、一部のアプリがユーザーデータを不正利用していたことを受けて、2015年5月にアクセスを禁止すると発表しました。Facebookが2018年6月29日にアメリカ議会に提出した文書によると、同社はアクセスを禁止すると公表した後も61の企業に対して、ユーザーデータへのアクセス期限を6カ月間延長していたとのことです。

<Facebookが「61の企業とユーザーデータを共有した」ことを認める – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180703-facebook-shared-user-data-61-companies/ より一部引用>

(2018年7月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です