タンパ・レッド、ジョッシュ・ホワイト、ともに黒人ながら肌の色はかなり違う。

今しがたお客さんが帰っていった。
元気そうだ。
十歳年上だけど、たぶんおれより長生きするんじゃないか?

 テニスの大坂なおみ選手(21)をアニメにした日清食品のCMについて、米ニューヨーク・タイムズ紙が「肌が白いと日本で批判されている」と指摘し、同紙の取材に対し、日清食品は配慮が不十分だったと謝罪したと報じた。
 白人のように描くことはホワイトウォッシュと海外で呼ばれているが、日清では、「そのような意図はない」とJ-CASTニュースの取材に答えたうえで、騒動を受けてCMの公開を停止することを明らかにした。
(中略)
 特設サイト上で2019年1月11日、「修行開始篇」の動画がアップされ、続いて14日には、「いざ、グランドスラム篇」が出た。CMを見ると、大坂選手は、錦織選手とほぼ同じような肌の色で描かれ、その多くが白っぽくなっている。
 その後、16日になって、ハフィントンポスト日本版の記事で、CMの大坂選手キャラはホワイトウォッシュではないかと批判も出ていると報じられ、「その意図はなく、大坂選手側にも確認済みだ」とする内容の日清のコメントも載せられた。
 そして、今度は、ニューヨーク・タイムズが22日、「薄い色の肌で大坂選手を描いた広告への反発が起きて謝罪」のタイトルでサイト上に英文記事をアップした。
(中略)
米IMGの本社からは、IMGジャパンと企画が共有されていなかったと日清に連絡が入り、「CMの動画を削除してほしい」と依頼があった。このことについて、日清の内部で話し合い、CM動画が論議になっており、大坂選手のアスリート活動への支障になるなど、会社の方向性と異なる状況になったとの結論に至ったという。

<NYタイムズ、大坂なおみ「アニメCM」を批判 日清に取材すると「公開停止へ」(J-CASTニュース)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000016-jct-soci

凄まじい人種差別が続いた外国の歴史と現状を知らずして、外人も見るようなものを作っちゃいけないね。

Tampa Red – It Hurts Me Too(1941)Remastered
SP盤 “Tired Of Your Reckless Ways” のB面。
2度目の引用。

Josh White – Timber
from the album “Josh At Midnight”(1956)
2度目の引用。

以下、「人種差別」「嫌悪」「憎悪」「Hate」を含む投稿。

 東京都は23日、豊洲市場(江東区)の開場に伴い閉鎖した築地市場(中央区)の跡地について、国際会議場や展示場の機能を持つ国際的な交流拠点を核として、再開発する方針の素案を公表した。都が跡地を民間に貸し付けて段階的に開発する。跡地の購入費として中央卸売市場会計に5400億円の税金を投入し、豊洲市場の運営赤字などに充てる考えも示した。
(中略)
 跡地は、2020年東京五輪・パラリンピックで車両基地として活用した後、再開発する。素案によると、全体の完成時期は40年代を想定。23ヘクタールの敷地を四つのエリアに分け、核施設として会議場や展示場を整備する。隣接する浜離宮恩賜庭園や隅田川など水に囲まれた立地をいかして船着き場を造るほか、ホテルやレストランを誘致。新たな地下鉄など交通インフラの整備も打ち出した。
 跡地は、一般会計から独立した中央卸売市場会計の所管になっている。都は一般会計から5400億円を支出して市場会計から跡地を買い取る。これにより、跡地には中央卸売市場を整備できなくなるが、一般会計に移すことで柔軟な開発が可能になる。
 一方、市場会計は潤うことになり、年100億円近い豊洲市場の赤字に対応でき、50年間は市場会計の事業を継続できるとした。

<東京新聞 築地跡地、国際会議場に 都が素案 民間に貸与、再開発(TOKYO Web) より一部引用>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019012302000266.html

豊洲市場は年100億の赤字を生む存在なのか!

5400億円の税金を投じて再開発し、元を取り返して 儲かるまでに、どれほどの歳月が必要なんだろ?

これから首都圏で壊滅的な直下型地震が起きる。復興資金はできるだけ多くプールしておいたほうがいい。
東京への人口流入はそれまでは減らないだろうが、以降は不明だ。
国全体の人口は激減を続けているし、経済規模も増大へ転じる要素は見当たらない。
この再開発計画がベストな選択かどうか、よくよく検討したほうがいい。

 鶏卵価格が年明けから15年ぶりの安値となり、養鶏業者の経営を圧迫している。供給過多で需要が追い付いていない。飼料高も重なり、生産者からは価格低迷はいつまで続くのかとの悲痛な声が上がる。
(中略)
 背景には潤沢な生産量がある。15年の高値を受け、大規模経営体を中心に増産に転じた。日本種鶏孵卵(ふらん)協会によると18年1~11月の採卵用ひな餌付け羽数は前年同期比で385万羽(4%)増。生産量換算では、1日当たり192トン増えることになる。
 全農たまごは「底の見えない相場下落の可能性」と懸念し、生産者に対し、1月中旬に計画生産を要請した。

<鶏卵安値 農家経営圧迫 「利益残らない…」 飼料高で二重苦(日本農業新聞)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010003-agrinews-ind

そんな安いのか!
さっそく買いに行こう。
目玉焼き・ベーコンエッグ、卵焼き、卵かけご飯、かけうどんのトッピング、そんな感じかな。

以下、「卵」「鶏」関連の投稿。

 判決後、元 CEO は破産の申立を行ったが、2件の不動産は3人の子供のための信託財産になっていると主張したため、破産管財人が裁判所に確認を求めていた。元 CEO は証拠として1995年付の文書と2004年付の文書を提示したが、フォントを手がかりに文書の偽造を鑑定する「フォント探偵」こと Thomas Phinney 氏の証言によると、1995年の文書は Microsoft の「Cambria」フォントが使われており、2004年の文書では Calibri フォントが使われていたという。これらのフォントは2007年に Windows Vista/Office 2007とともに出荷されるまで一般に出回っていなかったものだ。
 さらに、Cambria は2002年にデザインされたもので、1995年の文書作成時にはそもそも存在しない。Calibri も2002年にデザインされているが、2004年時点でこのフォントを使用できたのは Microsoft 関係者のみだと Phinney 氏は証言する。また、文書では等幅ライニング数字が使われているが、Calibri で等幅ライニング数字がデフォルトになったのは2005年11月であり、2004年の文書で使われているはずがないとのこと。
 裁判所は Phinney 氏の証言を採用し、元CEOが資産を債権者から守るために2件の文書を偽造したと断定している。

<当時存在していなかったフォント使用で偽造文書発覚 再び – 財経新聞 より一部引用>
https://www.zaikei.co.jp/article/20190122/490320.html

偽造文書を証拠として提出するとは、不穏当●●●(笑)

以下、「フォント」「Font」「書体」を含む投稿。

 渋谷駅東口で1月20日、立体的歩行者動線「アーバン・コア」の供用が始まり、縦移動の不便が大幅に解消された。
 地下3階の東横線・副都心線「ヒカリエ改札」と1階を結ぶエスカレーターも、仮設エスカレーターからアーバン・コアに移動。JR「南改札」への乗り換えが、より便利になった。
 迂回(うかい)などが多かった仮設通路と前日までつながっていた、渋谷ヒカリエ2階に通じる歩道橋もアーバン・コアと直結。渋谷ヒカリエ側から通路を歩いてきた歩行者は1階または3階に向かうエスカレーターで上下移動し、JR線・銀座線に乗り換える。
 3階では、頭上に開放的なガラス張りの吹き抜け空間が広がり、今秋開業予定の商業施設に沿って緩やかにカーブを描く空間を通ってJR線、銀座線に向かう。
 アーバン・コアには地下2階~地上2階を結ぶエレベーターも備え、バリアフリーにも対応する。

<渋谷駅東口 新アーバン・コア供用開始で縦移動の不便解消 – シブヤ経済新聞 より一部引用>
https://www.shibukei.com/tv/762/

2018/08/24
渋谷の駅と街、地下と地上を簡便に結び付け、歩行者のスムーズな移動を実現する仕掛けといえる。
「谷」地形である渋谷駅周辺は、「縦動線」に大きな課題を抱えている。たとえば、通勤や通学などで日々渋谷を使う人なら分かると思うが、JR山手線や東京メトロ銀座線から東横線・副都心線を乗り換える場合、なんと7、8階建てのビルの上り下りに相当する労力がかかる。この電車の乗り換えなどに伴うバリアを克服し、縦動線の移動をより簡便にするのが、アーバンコアだ。
(中略)
渋谷駅周辺には、既にアーバンコアが2つ存在している。
(中略)
1つ目は2012年に開業した「渋谷ヒカリエ」の地下3階から4階までをつなぐエスカレーターホールだ。
この筒状の吹き抜け空間こそが、アーバンコアの第一号である。

▲渋谷駅周辺動線 立面図(画像提供=東京急行電鉄株式会社)
<「アーバンコアって、何だ?」 渋谷の「谷地形」を克服する仕掛け|渋谷文化プロジェクト より一部引用>
https://www.shibuyabunka.com/blog.php?id=996

固有名詞なのか、新しい普通名詞のつもりなのか。
アーバンコアという言葉自体にエスカレーターホールと結びつく要素がないので、聞いただけじゃ何のことやら。

ラッシュ時の混雑は避けられず、エスカレーターを歩いて昇る状況は予想どおり。
狭い日本の狭い街「渋谷」にある狭い「渋谷駅」の、土地有効活用の成果ではあるが、他にやりようがないからこうなっただけ、という気もする。

以下、「渋谷駅」を含む投稿。

2019/01/23
伝説の美人ハーフタレントであるマギー・ミネンコが、きょう23日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話 2時間SP』(19:00~20:54)で、21年ぶりにテレビ出演を果たす。
今回は滝沢カレンが、ハーフタレントの礎を築いた第1号を探すため、自らハーフの大先輩たちを突撃調査。JJモデルの先輩・梅宮アンナに紹介されて向かったのは、80年代にキャンペーンガールとしてデビューし、バラエティで活躍したマリアンだ。
さっそく滝沢は「日本語と英語どっちが話しやすいですか?」と尋ねるが、「今は日本語」というマリアンの答えに、「明日は違うんですか?」と全く噛み合わない滝沢節をさく裂させる。
続いてマリアンが紹介したのは、70年代に活躍したハーフタレントのシェリー。当時視聴率30%を超えるバラエティ番組『うわさのチャンネル!!』で人気を博したシェリーは、自分の前に番組に起用されていたマギー・ミネンコに遺恨があるという。
スタジオにはそんな伝説的美人ハーフのマギー・ミネンコが、21年ぶりにテレビ出演。17歳でハーフタレントとしてバラエティの第一線でブレイクするに至った事情や、実は『紅白歌合戦』に内定していたことなど、今だから話せる裏話を次々に暴露する。滝沢の自由すぎる質問にも注目だ。

<伝説のハーフタレント マギー・ミネンコ、21年ぶりテレビ出演 – マイナビニュース より一部引用>
https://news.mynavi.jp/article/20190123-760674/

マギー・ミネンコ – 燃えるブンブン(1974/03/25発売)
作詞:橋本淳、作編曲:鈴木邦彦

1970年代初頭に活躍したプラバー・シェスが真理アンヌの妹だったことをたった今知った。
60年代初頭に活躍したポール・聖名子がシリア・ポールの姉なのか妹なのかは今も知らない。

以下、「ベターハーフ」「ニューハーフ」「人名のハーフ」を除く「ハーフ」を含む投稿。

暴力脱毛、兵隊やくざ脱毛、手錠のままの脱毛、新網走番外地 吹雪の大脱毛、脱毛特急、脱毛山脈、暁の脱毛、メル・ブルックスの大脱毛

 年も明けた1月最初の三連休の土曜日、挨拶がてら「大年」に行こうと南武線の鹿島田駅に降り立った。南側は横須賀線「新川崎駅」に続くエリア。こちらも早々と高層マンションなどの開発が進んでいるが、北側(多摩川方向)のエリアは昔ながらの下町風の商店街が続いている。駅から歩くこと10分少々。飲食店などがなくなってきた旧川崎街道沿いの東芝工場の前に「大年」はぽつんと営業していた。
(中略)
「大年」は七十路の女将さんが1人で切り盛りしているカウンター6席程の小さな店である。今年で創業39年になるそうだ。

<立ち食いそばの聖地・川崎にある『ポツンと一軒家』系そば「大年」- 文春オンライン より一部引用>
http://bunshun.jp/articles/-/10488

神奈川県川崎市幸区下平間345

立喰そば『大年』

いいねーいいねー (*^_^*)
近所にこういう蕎麦屋があると嬉しんだけどなぁ。。。
毎日通っちゃうかも。

以下、「川崎」関連の投稿。

以下、「そば」「うどん」「そうめん」「スパゲティ」「パスタ」「即席ラーメン」「カップ麺」を含む投稿。

2019年1月20日にオープンしたティラミス専門店「ティラミスヒーローズ」が、お店のコンセプトや名称、ロゴの権利を日本で取得していた問題で、運営会社は22日ホームページで次のように発表し、シンガポールに本店を置く「ティラミスヒーロー」の日本法人(株式会社ティラミスヒーロー)にロゴの使用権を渡すことを発表した。その内容は以下の通りだ。

・ティラミスヒーローズの発表
「「THE TIRAMISU HERO」 のロゴ(登録番号第6073226号)に関しましては、シンガポールの日本側運営会社に対し、その使用権をお渡しする所存でございます。皆さまにお騒がせ致しまして誠に申し訳ありませんでした」(ティラミスヒーローズの発表より)

「ティラミスヒーロー」が2012年にシンガポールで誕生し日本でも営業販売を行っていたにも関わらず、そのロゴの商標をヒーローズが取得してしまっていた。そのため「ティラミスヒーロー」は元祖でありながら名称とロゴの変更を余儀なくされていた。

<『ティラミスヒーローズ』がロゴの使用権を元祖(ティラミスヒーロー)に渡すことを発表「誠に申し訳ありませんでした」- ロケットニュース24 より一部引用>
https://rocketnews24.com/2019/01/22/1166823/

お詫び・返上で幕引きは正解だ。
国際問題になるような不祥事はイカンね。

脱毛というと、若者がするものというイメージが強かったものだが、近年では身だしなみとしてVIOの脱毛が定着しつつある。実際、全国に19院を展開する医療脱毛専門院『リゼクリニック』では、45才以上の患者数は過去8年間で15・6倍に増加。特に2~3年ほど前から増加しているという。
 そこで、同院では30~50代の男女450人を対象に、働き世代の老後や介護、ムダ毛に関するアンケート調査を2018年12月20日~24日の間で実施。そのリアルな声を紹介しよう。
 実は、介護経験者の65・2%が「介護に備えた介護脱毛は必要」だと回答している。「介護をしていて大変だったことは?」との問いに、ダントツで63・8%の人が「排泄の介助」と答えていることも、介護脱毛の必要性につながっていると読み取れる
(中略)
医師の大地まさ代さんは、こう語る。
「『介護脱毛』は、親などの介護を経験し、清拭の際にムダ毛があることで大変な思いをしたことから、自身が介護を受けるときは子や介護士などの第三者に迷惑を掛けたくないという思いやりから生まれたブームでもあります」
 増加している背景には、ここ数年で脱毛サロンの数は格段に増え、同時に広告などで脱毛について知る機会が多くなったこと。また、価格競争で手ごろな値段で施術が受けられるようになったことによって、一昔前は自己処理が主流だったムダ毛に対するイメージが変化し、脱毛に対する大衆の垣根がかなり低くなったこともあるという。
「今まで介護経験を通じて毛がない方が良いと思っていても、自己処理で済ませていたり、なかなか金銭面で機会のなかった方が手軽に受けられるようになったというのが理由の一つだと思います。また日本の高齢化が進む中で、近年メディアで介護の問題が扱われることが増えたことも、患者様に自身の介護問題を考えるきっかけを与える要因となっていると感じます」(大地さん、以下「」同)
『介護脱毛』には、介護がしやすくなるだけでなく、医学的に見てもメリットはあるという。
「デリケートゾーンは、拭き取ったつもりでも毛や皮膚の間に排泄物が残りやすい部位で、炎症や感染症を引き起こすこともあります。高齢で介護を必要とする状態の方は免疫力が低下している場合も多く、またオムツなどでは菌の増殖が増え、より感染症のリスクは高くなります。そのため、トイレでの排泄介助や、オムツの交換の際に、介護者はより丁寧に清拭をする必要があります。脱毛により、感染症や皮膚トラブルのリスクが軽減され、オムツ交換の際の臭いが軽減されたり、清拭が楽になり、介護する側や介護される側、双方にメリットが大きいと考えられます」
 いまや、「脱毛は若い人がするもの」との認識から、シニアにも必要な準備になったようだ。それは介護をしてくれる人への思いやりでもあり、また自身の健康や心身の快適さのためにも、早いうちから準備をしておくとよいかもしれない。

<【アンダーヘア脱毛】介護経験者のミドル世代がする理由│NEWSポストセブン より一部引用>
https://www.news-postseven.com/archives/20190122_853630.html

「爺ちゃんもそろそろ介護脱毛しとかないとねぇ」
「い、いやじゃ、わしゃいやじゃ~」
「もう予約しちゃったから」
「ひぃいいぃ」

抜くんでしょ、毛を。
なんかすごく痛そう。
思わず股間を抑えたよ。

以下、「Shaving」「剃る」を含む投稿。

韓国統一部の当局者は22日、北朝鮮に対するインフルエンザ治療薬「タミフル」の支援について、さらに時間が必要だと明らかにした。
 同当局者は記者団に対し「準備の問題で時間がかかっている」と説明した。
 政府は今週初めにタミフル20万人分と民間企業が寄付した迅速診断キット5万個を陸路で運び、北朝鮮側に渡す計画だったが、ずれ込むとみられる。

<北へのタミフル支援 「さらに時間必要」=韓国統一部 – Chosun online 朝鮮日報 より一部引用>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/22/2019012280096.html

 淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」で入所者と職員合わせて74人がインフルエンザに集団感染し、今月11日から21日にかけて71歳~99歳の男女7人が死亡しました。洲本保健所によりますと、今月11日に99歳の女性が死亡した後に立ち入り調査した際、感染拡大を防ぐため入所者や職員全員に予防薬としてタミフルを投与するよう助言しましたが、施設側は職員にしか投与していませんでした。
(中略)
京都府南丹市の介護老人保健施設「シミズふないの里」でも、入所者と職員あわせて26人がインフルエンザに感染し、83歳の男性が死亡しました。この施設では全員が予防接種を受けていたほか随時予防薬として、入所者にタミフルが投与されていました。

<養護老人ホームでインフル集団感染7人死亡、予防薬は職員のみ投与 兵庫・淡路市 | MBS 関西のニュース より一部引用>
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190122/GE000000000000026226.shtml

体質・体調は一人々々、また日によって違うから、薬のはずが毒になることもあるし、その逆もあろう。
何によらず接種の強制はあまりに乱暴だし、医学知識の無い者、自分の体質をよく解ってない者に「自由意志」で決めさせるのも、役人の責任逃れというしかない。

2018/12/20
インフルエンザワクチンも永年、批判にさらされながら、半世紀にもわたって強制接種され続け、やっと任意接種になり、さらに感染予防効果は認められないことを厚労省も認め、「重症化防止を目的とする」に至りました。 しばらくはマスメディアも感染予防効果はないことを記事に書くようになっていましたが、最近はまたぞろ、ウイルスの流行の型とワクチンの型が合わないと流行を抑えられないような記述をみかけるようになっています。
型は関係ないのです。
 ウイルスの感染装置を破壊した不活化ワクチンを皮下注射しても感染予防効果は認められません。
 のどの粘膜に塗布すれば効くのですが、これがさっぱり承認されません。
そもそも生ワクチン以外のワクチンは、なかなか感染予防効果はでないのです。まさかインフルエンザの生ワクチンは使えません。ワクチンそのもの一発で感染しますから。
(中略)
 念のために申し上げますが、重症化防止効果がないと証明されたわけではありません。
 重症化防止効果が証明されていないと申し上げただけです。
 ですから、効くのかもしれない、でも証明はされていない、ということです。

<やっと厚労省も認めたインフルエンザワクチンに感染予防効果なし – リンパ球バンク株式会社 より一部引用>
http://www.lymphocyte-bank.co.jp/blog/immunity/やっと厚労省も認めたインフルエンザワクチンに/

さらにインフルエンザワクチンの問題点として挙げられる重い副反応については、厚生労働省でもギラン・バレー症候群、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、肝機能障害、喘息発作、血小板減少性紫斑病などの報告があるものの、その原因がワクチン接種かどうかは必ずしも明らかではないとしています。

<インフルエンザの予防接種は本当に効果があるのか?|DtoDコンシェルジュ 総合メディカル株式会社 より一部引用>
https://www.dtod.ne.jp/omoshiro/article08.php

2019/01/06
「欧米ではインフルエンザにかかっても、”基本的に薬はいらない”とされています。タミフルをのんでも、期待できる効果は”1日早く熱が下がるだけ”ですから。そのため、アメリカの医療専門のホームページには、『病院に行くと他の病気に感染するリスクが高いから家で寝ていなさい』と書いてあるほどです。
 日本では学校や会社から半ば強制的に病院に行くように言われ、検査でインフルエンザだとわかると、タミフルや新薬を処方されます。非合理的な慣習としか言いようがありませんが、病院や製薬会社にとってはビジネスなので、誰も正そうとしないというのが現実です」
 インフルエンザ予防のためにワクチン接種が推奨されているのは日本も世界も同じ。しかし、治療となるとまったく逆で、世界中のタミフルの約8割は日本で消費されている。タミフルが入院や合併症を減らす効果はないとの研究も発表され、2017年7月には、WHO(世界保健機関)の「必須医薬品」リストで、「保健システムに最低限必要な薬」から「補足的な薬」に格下げされた。
日本人は過剰医療の傾向が強く、先進諸国に比べて病院に行く回数がダントツに多い。病院に行くと必ずといっていいほど薬を処方されるので、当然、服薬量も多くなる。生活習慣の改善で解決できるようなことでも、検査でちょっとでも正常値を外れると、医師は”念のため”とすぐに薬を処方します。高血圧や糖尿病の薬のように、副作用のある薬をずっとのみ続けなければならないケースも少なくありません」(岡田さん)
(以下略)
※女性セブン2019年1月17・24日号

<過剰医療の傾向が強い日本、世界のタミフルの8割を使用│NEWSポストセブン より一部引用>
https://www.news-postseven.com/archives/20190106_841063.html

日本社会は風邪を許容しない。症状も許さないし、ましてやそれを理由に仕事を休むなど非正規には絶対許されない。
果たしてこれが文明的といえるだろうか?
インフルエンザウイルスは人間がそうであるように自然の一部である。そして罹患も極めて自然なことだ。
その自然を認めない不自然さには、この国の先細りムードがいかにも漂っている。

以下、「Sick」「伝染病」「インフルエンザ」「風邪」「マラリア」「デング熱」「鳥インフルエンザ」「SARS」「MERS」などを含む投稿。

中国・南方科技大(広東省深深圳)の賀建奎(が・けんけい)副教授がゲノム編集技術を使って双子を誕生させたと発表した問題で、広東省当局は、賀氏が実際に受精卵の遺伝子を改変した双子の女児を誕生させ、別の女性1人も妊娠中だとする調査結果を公表した。賀氏や実験に関与した関係者らについては立件に向けて公安機関に送致するとしている。国営新華社通信が21日伝えた。
 当局によると賀氏は2016年、許可を得ないまま外国人を含む研究チームを組織。17年3月から18年11月にかけて、倫理審査書を偽造して夫婦8組を募り、うち7組の受精卵に国が禁止する生殖目的での遺伝子改変を行った。

<ゲノム改変の双子誕生を確認 中国調査、別の女性妊娠も 副教授ら立件へ – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/world/news/190122/wor1901220002-n1.html

人ゲノム編集は各国競争の状態。日本も遅れまじと厚労省が解禁へ向け舵を切っている。

遺伝子編集は、原子力活用や惑星移住とともに、人類文明の掉尾を飾る出来事となるだろう。

以下、「ゲノム」「全遺伝情報」「ゲノム編集」を含む投稿。

「Recording Studio」は、Chromeに対応している音声認識API「SpeechRecognition API」を利用してマイクから録音した声を音声認識によってその場で文字に起こしてくれるウェブツールです。オンラインのブラウザ上で動作するのでダウンロードやインストールは不要で、開発したみずちさんが無料で公開しています。

<Google Chrome上でマイクから録音した声をリアルタイムで文字に書き起こしてくれる「The Recording Studio」 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190122-recording-studio-chrome/

「The Recording Studio」がChrome上で入力した声をリアルタイムで文字に書き起こす様子
gigazine
2019/01/22 にアップロード

かなりの精度。素晴らしい。

これで「文字起こし」という作業・仕事がこの世から消えたな。

以下、「文字」「入力」「音声入力」「Typewriter」「タッチタイピング」「タイプライター」「誤変換」等を含む投稿。

 

幻冬舎にはつくづくガッカリだ。
批判を受け付けない体質なのか。

2019/01/21
 南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降を目指していたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が現地時間の20日、登頂を断念し、下山した。ドクターストップをしたのは、エベレスト遠征でも同行した医師。標高6千メートルに入ってからの三浦さんの変化を見逃さなかった。

<登頂断念の三浦さん「鍛え直せば90歳でエベレストに」:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASM1P5SJKM1PPTIL03K.html

山へ入るというのは、それだけで危険なことなんだなぁ。
おれは富士山の五合目まではバスで行ったことがあるような気がする(確証はない 笑)
徒歩で登ったのは山好きの友人に従いてった秩父のハイキングコースくらいだ。

Taiwan News had reported that GiGi Wu was embarking on 25 days hike when she stumbled 65 feet down a ravine in the Yushan Mountain in Central Taiwan.
Due to the high fall, GiGi sustained injuries on her leg which made her unable to move. Soon after the incident, she used her satellite phone for telling her friends that she had fallen down. In that call, GiGi communicated that she got trapped 20 m down a ravine inside a national park making her unable to move.

<Bikini Climber GiGi Wu, wiki, bio, age, mountain, climber, dies, Taiwan, instagram – Wiki, Bio, Age, Net worth and Facts of Celebs より一部引用>
https://wikibioage.com/bikini-climber-gigi-wu-wiki-bio-age-mountain-climber-dies-taiwan-instagram/

「ビキニ・クライマー」として知られる台湾人女性が悲劇の死を遂げていたことがわかった。
ジジ・ウー(36)は、世界各国の山岳に登り、山頂に到着するとビキニ姿で写真を撮影することで名を馳せたクライマーだ。絶景をバックに撮影するビキニショットはSNSで人気を博し、多くのファンを獲得していた。
台湾ニュースによると、ウーは現地時間19日、3952mと台湾で最も標高が高い玉山へ挑戦中に20メートルほど滑落。脚を負傷して動けなくなり、救助を求めたという。現地は悪天候のため救助隊はヘリで近づくことができず、徒歩での救助をやむなくされた。事故からおよそ28時間後、隊員はウーのもとにたどり着いたが、彼女は既に死亡していたという。

<ビキニで登山する有名クライマー、山で凍死 – ニコニコニュース より一部引用>
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4706181

ジジ・ウー(36歳)は、台湾の南投県にあるマボラス山近くで、およそ20メートルの峡谷の下で死亡しているのを救助隊に発見された。
台湾の英字紙タイワン・ニュースによると、ウーは1月19日、滑落して怪我を負ったあと、衛星電話を使って救助を求めた。空中勤務総隊は、軍用ヘリのブラックホークを3度にわたって派遣したが、悪天候のためにウーを発見できなかった。
遺体が発見されたのは、徒歩による捜索が再開されたあと。ウーが持っていた遭難用ビーコンのそばで、南投県消防局の隊員に発見された。
ウーの死因は低体温症(凍死)とみられている。怪我で身動きが取れないのに、気温が1度くらいまで急降下したせいだ。

始めたきっかけは罰ゲーム
ウーは、台湾国内にある高い山々に登り、その山頂でビキニ姿になって自撮りした写真をインターネットで共有し、多くのファンを獲得してきた。
投稿を始めたきっかけは、友人との賭けに負け、罰ゲームとして山頂でビキニ姿になったこと、とウーは述べていた。ニュースチャンネル「フォーカス台湾」の報道によれば、ウーは4年間に100回ほど山に登り、少なくとも97種類のビキニを着たと話していたという。

<台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死 – ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト より一部引用>
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/01/post-11576.php

脱ぐのは山頂で写真を撮る時だけ。
登山・下山中はちゃんと服を着ていた。

以下、「Mountain」「山」関連の投稿。

以下、「ビキニ」「モノキニ」「ブルキニ」「水着」関連の投稿。

 

台湾には歌手のGigi Wu(吳申梅)もいる。もちろん別人

吳申梅 -思念無罪
喜歡音樂
2012/11/20 に公開

吳申梅 – 望春風
naomi morinaga
2016/04/17 に公開

吳申梅 – 咱攏要幸福
GIGI WU – True Happiness Indeed
詞:姚若龍、曲:蕭煌奇
吳申梅GiGi Wu
2017/12/28 に公開

吳申梅 – 媽媽麻吉
吳申梅GiGi Wu
2018/07/25 に公開

吳申梅で検索したらこんな動画があった。
いきなり日本の歌で始まっている。

台灣好歌聲 第70集 淑媚申梅家人超貼心 一個比一個誇張
xinjuan0318
2018/02/26 に公開
Time 1:08:35

以下、「台湾」関連の投稿。