コーリャ ずどんときた トロント トロント 銃(つつ)の音

都内で40度以上になるのは観測史上初。

<東京都内で観測史上初めての40度以上 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/393979917715752033

 日本列島は23日も高気圧に覆われ、東京都青梅市で40・8度、埼玉県熊谷市で40・7度、岐阜県多治見市で40・5度を観測するなど、東北から九州にかけての広い範囲で気温が上がった。気象庁によると今年一番の暑さで、都内で40度以上になるのは観測史上初。国内で40度に達するのは多治見市で40・7度を記録するなどした18日以来。

<猛暑、東京都青梅市で40・8度 今年最高、高齢者死亡も – zakzak より一部引用>
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180723/soc1807230020-n1.html

2018/07/21
京都の夏を彩る祇園祭の行事の一つで、来週24日に行われる予定だった花傘巡行について、主催する団体は、猛暑が続き熱中症が懸念されることから中止を決めました。暑さを理由に花傘巡行が中止されるのは初めてです。

<京都 祇園祭「花傘巡行」 猛暑で中止 NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011543361000.html

2018/07/21
 予定していた24日の予想最高気温は38度で、みこしに参加する子どもが通う小学校から熱中症を心配する声も上がったため、同神社は「花傘巡行を行うのは危険と判断した」という。
 花傘巡行は子どもや女性らが行列をつくり、今年は約800~1000人が午前10時から約2時間にわたり、市内中心部を約3キロ歩くことになっていた。

<祇園祭「花傘巡行」中止=熱中症の恐れ配慮―京都(時事通信) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000088-jij-soci

賢明なる判断。
京都の夏が蒸し暑いのは昔からだが、もうそういうのとはレベルが違う。

 

John Dillinger Killed – 1934 | Today In History | 22 July 18

British Movietone
2018/07/22 に公開
On July 22, 1934, bank robber John Dillinger was shot to death by federal agents outside Chicago’s Biograph Theater, where he had just seen the Clark Gable movie “Manhattan Melodrama.”

きのうは何の日?
アメリカの銀行強盗ジョン・デリンジャーがFBIの一斉射撃で死亡した日(1934/07/22)。

こんなふうに銃社会のアメリカでは伝統的に「逮捕」より「射殺」を択ぶ傾向が強い。

ジョン・ハーバート・ディリンジャー・ジュニア(John Herbert Dillinger Jr., 1903年6月22日-1934年7月22日)はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス出身のギャング、銀行強盗。1930年代前半アメリカ中西部で銀行強盗を繰り返し、FBIから「社会の敵ナンバーワン」( Public Enemy No.1 )に指名された。日本語では”デリンジャー”とも。
紳士的な立居振舞いと鮮やかな銀行強盗の手口で大衆及びマスコミの注目の的となり、禁酒法や世界恐慌の影響下にあったアメリカ社会でボニーとクライドと共に義賊として大衆にもてはやされた。
(中略)
1934年7月22日、ディリンジャーはガールフレンドのポリー・ハミルトンとアナ・カンパナスと共に、シカゴ近郊のリンカーンパーク(Lincoln Park, Chicago)にある映画館バイオグラフシアターで上映中のギャング映画『男の世界』(原題: Manhattan Melodrama)を観に出かけた。
(中略)
映画が終わり外へ出てきたディリンジャーは待ち伏せしていたFBI捜査官らに囲まれた。そして捜査官らの一斉射撃を受けその場に倒れた。一説によると、銃を抜く動作をせず「撃たないでくれ!Gメン!」と叫んだディリンジャーの背後から発砲したとの目撃証言もある。
5発発砲された弾丸のうち3発が彼に命中、その内の2発は彼の胸に当たり、1発が彼の心臓を損傷、これが致命傷となった。またもう1発の弾丸は彼の首から入り右目の下を貫通していた。ディリンジャーはアレクシアンブラザース病院(Alexian Brothers Medical Center)に担ぎ込まれたが、午後10時50分に死亡した。

<ジョン・デリンジャー – Wikipedia>

“Dillinger”(1945/03)犯罪王ディリンジャー(日本公開:1952/07)Trailer
主演:ローレンス・ティアニー

“Young Dillinger”(1965/04)ギャング王デリンジャー(日本公開:1965/07)
主演:ニック・アダムス

  ※(追記:この動画は削除されました

 

“Dillinger Is Dead”(1969)Trailer

In this magnificently inscrutable late-sixties masterpiece, Marco Ferreri, one of European cinema’s most idiosyncratic auteurs, takes us through the looking glass to one seemingly routine night in the life of an Italian gas mask designer, played by Michel Piccoli.

“Dillinger”(1973/07/20)デリンジャー(日本公開:1974/10/12)Trailer
主演:ウォーレン・オーツ

“Public Enemies”(2009/07/01)パブリック・エネミーズ(日本公開:2009/12/12)Trailer
主演:ジョニー・デップ

The Jamaican Survivers – Dillinger Is Back In Town(1978)
Belgium

カナダのトロントで22日、少女を含む14人が銃撃され、うち1人が死亡した。現地警察のツイッターによると、容疑者は死亡した。
(中略)
、事件は多くの人気レストランや店舗が立ち並ぶダウンタウン東部グリークタウン付近で、現地時間午後10時(日本時間23日午前11時)頃発生した。ニュースサイトが掲載した目撃者のコメントによると、銃声が25発聞こえたという。
トロントでは今年、銃絡みの犯罪が急増。警察が前週公表したデータによると、銃撃による死亡者数は現時点で前年比53%増の26人。銃撃事件は13%増加した。

<カナダのトロント中心部で発砲、14人撃たれ1人死亡 ロイター より一部引用>
https://jp.reuters.com/article/canada-shooting-idJPKBN1KD0HE

 トロント市警によると、午後10時(日本時間23日午前11時)ごろに通報があった。拳銃で撃たれた被害者14人のうち、女性1人が死亡、女児1人が重体だという。現場のダンフォース通りは武装した警官らによって封鎖されている。
 地元紙トロント・スターはマーク・ソーンダース市警本部長の話として、容疑者の男は「銃撃戦」の末に死亡したと伝えた。
 これに先立ち、グローバル・ニュースは警察筋の情報として、容疑者の男は警察に向けて発砲した後、自殺したと報じていた。
 地元メディアが伝えた目撃者の証言によれば、20発ほど銃声が響き、銃弾を再装填する音も数回聞こえたという。

<カナダ・トロントで発砲事件、2人死亡 13人負傷(AFP=時事)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000017-jij_afp-int

常態化しそうだね、カナダも。

Buffalo Springfield – For What It’s Worth(1966/12/23)
ザ・バッファロ・スプリングフィールド – フォー・ホワット
“There’s a man with a gun over there, Telling me I got to beware” という詞がある。

以下、「銃」関連の投稿。

 

不法投棄されてたのか???

以下、「バス」関連の投稿。

 札幌市厚別区。野幌森林公園の中にそびえ立つ「北海道百年記念塔」です。
 先人への感謝と 未来創造への決意を込め1970年に完成しました。当時、北海道は塔の設計を公募。299点の中から選ばれたのが井口健さんです。
 設計者 井口健さん(80):「設計する条件が、高さ100メートル、100年の耐久性が条件だった」
 総工費約5億円。半分は北海道民の寄付で賄われました。
(中略)
 完成から50年近くたつ記念塔は今、老朽化が進み、「残すか、壊すか」の議論の渦中にあります。
 北海道によると、再び展望台として使えるようにするには約28億6千万円、解体・撤去するには約4億1千万円かかります。
 北海道百年記念塔の建設をきっかけに、北海道各地の自治体でも、様々な記念塔の建設が相次ぎました。
(中略)
 「残すか、壊すか」で揺れる札幌市の「北海道百年記念塔」。道民の意見も分かれています。

<「解体か、存続か」 どうする_ “ご当地”記念塔 北海道各地で老朽化 3億円超で建設も 【スマホニュースUHB】(北海道ニュースUHB) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010000-hokkaibunv-hok

北海道百年記念塔 空撮
AceKasa0
2014/09/15 に公開

余裕ありゃこそ、贅沢もムダ遣いもできる。
今はもうそれどころじゃないはず。

7月6日 みんなのテレビ 特集「どこへ行く”記念塔”」
北海道ニュースUHB
2018/07/05 に公開

老朽化のため、残すか壊すかで揺れる、北海道百年記念塔。
 北海道には、同じような問題に頭を抱える自治体が…。
 どこへ行く、記念塔?

廃墟化した 「滝川市百年記念塔」 を訪ねました ♪
きたゆう
2018/04/10 に公開

稚内百年記念塔
謎のおっさんwoo channel
2017/08/20 に公開

平成29年8月19日、稚内の百年記念塔より空撮。

北海道 稚内市 稚内百年記念塔 2018/06/07
視聴回数 0 回
Kero4 TV
2018/06/24 に公開

それにしてもなんでまた揃いも揃って馬鹿デカいものばかり作るんだ?
原資は税金だろが。

2018/07/22
美食の街パリの駅構内で、日本の駅弁を販売する「小江戸へどうぞ」が人気を集めている。焼き魚や鶏の空揚げなど庶民的な弁当が並び、常連客は「日本にいるよう」と口をそろえる。経営するのは、高校時代の大阪留学でホストファミリーのお母さんが毎日作ってくれた弁当の味が忘れられないエステル・ミケルさん(43)。2015年に最初の店をオープン、現在は3店舗を構える勢いだ。
(中略)
 世界的な和食ブームで、パリにも数え切れないほどの日本料理店が存在する。ただ、にぎりずしと焼き鳥が同じ皿に載っていたり、フランス人好みの味にアレンジされたりした「日本風」レストランが大半だ。
 ミケルさんは「日本人が普通に食べている家庭料理を再現したい」とこだわり、レンコンや春菊などフランスでは珍しい野菜を積極的に取り入れる。調理スタッフは全員日本人だ。
 5~6種類の日替わり弁当のほか、そぼろ丼などの丼物も販売。価格は10~15ユーロ(約1300~2000円)と日本に比べればやや高いが、3店舗合計で多い日には250食が完売する。たい焼きや大福など手作りの甘味も人気だ。

<パリで駅弁、じわり人気=「日本にいるよう」:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072200192

1300~2000円か、、、その値段で美味くなかったらウソでしょ。

2018/04/14
 2020年東京五輪・パラリンピックに向けたドーピング検査員=キーワード=の応募が伸び悩んでいる。大会組織委員会と日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、2月末から2回に分けて計約160人を募集。しかし、締め切りまで約2週間となりながら、応募が5割程度にとどまっている。

<ドーピング検査員、足りない 20年へ160人募集、応募半分:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/DA3S13451485.html

大会ボランティアの活動とは
(中略)
ドーピング検査
競技を終えた選手に対して行うドーピング検査の検査員のサポート

<【東京2020】選手でなくても参加できる。オリンピック・パラリンピックのボランティアとは【バイトバイブル】 より一部引用>
https://www.coper.work/arubaito/article/detail/27655

「東京五輪のドーピング検査員の給与がタダ」なのではなくて、
その助手が「ボランティア(無給)扱い」なんじゃないの?

具体的には選手が小便をちゃんとカップにしてるか目視するとか、そのカップを受け取って、選手名や日付を記入するとか、集めた小便カップを載せたワゴンをすばやく検査場まで持っていくとか、、、そんなんじゃないかな?
おれはそーゆーの趣味じゃないけど(笑)

Google翻訳に「dog」という単語を19回入力し、入力言語を英語からマオリ語に変更しました。そして、入力した文章をマオリ語から英語に翻訳すると、「dog」という言葉しかないはずなのに「地球最後の時計は12時3分を指す。我々人類は世界中で文字と劇的な発展を経験しており、終末とイエスの再来に近づいています」と、予言じみた内容の文章に翻訳されました。
次に「ag」という言葉を21回入力し、入力言語をソマリ語にして英訳すると「結果として、ガーション族の子孫は15万人いる」と翻訳されたり……
「ag」の数を減らしてみると「その長さは100キュビットであった」と単語の数に応じて文章が変化することも明らかとなりました。
(中略)
「おそらく、Googleはこの問題を改善するために、多くの国で翻訳されている聖書をAIの学習に取り入れたはずだ」とコルバス氏は述べており、AIが聖書に書かれた内容をたくさん学習した結果として、本来訳す必要のない言葉を聖書に関連した文章に翻訳してしまった可能性が高いとしています。
MotherboardのライターはGoogleにこの現象について問い合わせを行いましたが、「GoogleがAIの学習に聖書を使用していたか」などは明かされなかったそうです。また、この問い合わせ直後からGoogle翻訳で同様の問題が発生しなくなっており、Googleが「誤翻訳のバグ」と認識して即座に修正を行ったものと考えられます。

<Google翻訳が突然「終末期」や「イエスの再来」などを予言してくると話題に – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180723-google-translate-spitting-out-prophecies/

聖書に「地球最後の時計は12時3分を指す」なんて言葉があるのかな?

Google翻訳はまだまだ使えない。
いつも一回翻訳したら、その語や文を逆に日本語へ再変換して確認するんだけど、
ぜんぜん違うことのほうが多い。

以下、「翻訳」「誤訳」を含む投稿。

以下、「事典」「辞書」「Dictionary」「ピジン」「ジャーゴン」関連の投稿。

Google担当者とのやり取りで、無料でAPI呼び出しが可能な回数がそれまでの「月あたり75万回」から「月あたり2万8000回」にまで減り、無料範囲を超えた後の従量課金制料金が従来の1000回あたり0・5ドル(約60円)から7ドル(約800円)にまで値上げされたことが知らされました。なお、先進国と発展途上国では物価に大きな違いがあるものの、Googleマップの利用料金には違いがないとのこと。
この値上げにより、In Der Apothekeのサービスを維持するための料金が大きく跳ね上がったそうです。これまで無料で利用できていたGoogleマップの利用料金が一気に5000ドル(約55万円)に増加し、それ以外の維持費用を上回ったとIn Der Apothekeは説明しています。

<Googleマップが値上げされても「避難先候補」となる代替オンラインマップは豊富に存在している – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180723-farewell-google-maps/

「月あたり75万回」も「月あたり2万8000回」もウチではありえないので、とりあえず問題はない。
地図を貼り付けるだけなら Googleマップ以外でもいいが、StreetView の魅力には敵わんからね。

OpenStreetMap 地図の貼り付け

大きな地図を表示

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた45人殺傷事件から、まもなく2年となるのを前に、23日、追悼式が行われた。
2016年7月26日未明、津久井やまゆり園で入所者19人が殺害され、職員ら26人が重軽傷を負った事件では、元職員の植松聖被告が殺人などの罪で起訴されている。
事件からまもなく2年となるのを前に23日、県主催の追悼式が行われ、犠牲者の遺族や元職員らが参列し、黙とうをささげた。
津久井やまゆり園家族会・大月和真会長「私たちはあなた方のことを決して忘れません。そして、この事件に決して屈しないという強い気持ちで毎日暮らしています」

<45人殺傷「やまゆり園」2年を前に追悼式|日テレNEWS24 より一部引用>
http://www.news24.jp/articles/2018/07/23/07399442.html

2018/07/22
 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者など46人が殺傷された事件から26日で2年になるのを前に、殺人などの罪で起訴された元職員・植松聖(さとし)被告(28)の手記などをまとめた本「開けられたパンドラの箱」が出版された。発行した創(つくる)出版(東京都)は「事件の風化が急速に進んでいる。植松被告の主張をどう否定するか、社会が問われている」と出版の理由を説明している。
 同社の月刊誌「創」は、これまでも死刑囚の手記などを公表し、議論を起こしてきた。篠田博之編集長(66)は昨年7月以降、手紙や面会で約70回にわたって植松被告とやり取りを重ね、障害者に対する独善的な考えや、「意思疎通が取れない人間を安楽死させるべきだ」との主張を同誌で紹介。被害者家族や障害者本人、障害者の親のインタビューのほか精神科医の対談の記事なども掲載し、事件はなぜ起きたのかや、再発を防ぐにはどうすればいいのかを問い続けてきた。

<やまゆり事件の被告手記、説明付きで出版 刊行に抗議も(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000041-asahi-soci

2018/07/21
 自民党の杉田水脈(すぎた・みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌への寄稿で、性的少数者(LGBTなど)について「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がないのです」などと書き、ネット上で炎上している。杉田氏はツイッター上で<全文を読んでから批判してほしい>と反論したが、性的少数者のみならず高齢者や子のない夫婦も否定するかのような内容で、批判が広がっている。

<LGBT:「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180722/k00/00m/040/028000c

問題とされた『週刊女性』2001年11月6日号「独占激白”石原慎太郎都知事吠える!”」などの記事による、石原の発言は以下の3つである。

  1. 「これは僕がいってるんじゃなくて、松井孝典がいってるんだけど、”文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものは「ババア」”なんだそうだ。”女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です“って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって…。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)。まあ、半分は正鵠を射て、半分はブラックユーモアみたいなものだけど、そういう文明ってのは、惑星をあっという間に消滅させてしまうんだよね。」
  2. 「この間すごい話をしたんだ、松井さんが。私は膝をたたいてその通りだと。女性がいるから言えないけど…。本質的に余剰なものは、つまり存在の使命を失ったものが、生命体、しかも人間であるということだけでいろんな消費を許され、収奪を許される。特に先進国にありうるわけだ。でね…、やっぱりやめようか(笑)。あれが実は地球の文明なるものの基本的な矛盾を表象している事例だな。」
  3. 「そして、他の動物、他の生命体とのかかわりの中で、人間が人間というものの存在を主張し過ぎたために、非常に横暴な存在になった。そして、彼が例を挙げたのは、ほとんどの動物は繁殖、種の保存ということのために生きて、それで死んでいくが、人間の場合にはそういう目的を達せない人でも、つまり、人間という尊厳の中で長生きをするということで、彼はかなり熾烈な言葉でいいまして、私はそのときに、なるほどなといいながら、しかし、それは政治家にはいえないから、あなたみたいな専門家じゃなきゃとてもいえませんなといって、そのときに慨嘆したんだ。(中略)私が思わずひざをたたいた所以の一つは、私の友人でもありました深沢七郎氏が書いたうば捨て山という、あの、要するに「楢山節考」という、年をとったそのおばあさんを、その部落の貧困のゆえに、あえて生きている人間を捨てに行くという、これは年をとった女の人が、他の動物の生存の仕方に比べれば、かなり横暴な存在であるという表現の、実は逆説的な一つの証左でありまして、私はいろんなことを思い合わせながら、その松井さんの話を非常に印象深く聞いたわけです。」

なお、この発言はG.C.ウィリアムズが提唱したいわゆるおばあさん仮説に基づくが、内容は全く異なる。発言の背景については松井孝典#石原慎太郎「ババア発言」についてを参照

<ババア発言 – Wikipedia>

こういう、人権無視・人命軽視、老人侮蔑・弱者軽賤が、永らく日本の政治を覆ってるわけだが、
それより、
「そうしてマサキリはさーっと振り下ろされて、皇太子殿下の首はスッテンコロコロと音がして、ずーッと向うまで転がっていった」などと書いた深沢七郎と右翼の慎太郎が「友人」とは解せぬ話。
「楢山節考」を引き合いに出すに当たって口が滑ったのか?

そもそもファシズム・独裁者に憧れる者にとって、天皇の存在や「敬神崇祖」「尊王愛国」のスローガンは道具でありアクセサリーでしかない。利用しやすいので使ってるだけで、本心では敬意なぞ微塵も持ち合わせていないのではかいか?
このあたりは戦前の国体カルト信者と、戦後の全体主義者との、似て非なる点だろう。

 日米開戦前日の1941年12月7日夜、東条英機首相が政府高官に開戦について語った内容が、メモとして残っていることがわかった。東条はこの日昼、開戦当日の予定を昭和天皇に説明したことにも言及。戦争に反対していた天皇が開戦を決意し、軍が一致して行動する状況になったことで「すでに勝った」と発言するなど、太平洋戦争に突入する前夜に高揚する東条の胸中を初めて伝える貴重な史料だ。
 メモは、当時の湯沢三千男内務次官(1963年死去)の遺品から見つかった。東条の言葉を便箋5枚に書き残したもので、「十六年十二月七日(日曜日) 午後十一時二十分」との日時も書かれている。

<東条首相、開戦前夜「勝った」…対面の高官メモ 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180722-OYT1T50129.html

日本が米国の属国になってしまったのも、これがあったからだね。
天皇自身も含め、日本人全体が国体カルトで正気を失っていた。
ごく少数だったが共産主義カルトの信者と、キリスト教信者と、底辺の虐げらし人々が「戦争をやめろ」などとうっかり口にして投獄されていた、そんな時代だった。

世の中には平成時代を回顧する機運がある。残念ながら、一般的なイメージは芳しくない。大きな災害が相次ぎ、不可解な事件が多く、政治は不安定で、経済もバブル崩壊後の「失われた20年」とか国内総生産(GDP)世界第2位を中国に譲ったとか、意気上がらない。
 どれも天皇に直接の責任はないのに、象徴のお務めを誠実に果たされてきた在位期間の評価がこれでは、何だかお気の毒な気がしていた。オウム事件の幕引きを平成の終わりに間に合わせたいというストーリーには、この際、忌まわしい記憶はあれもこれも平成に押しつけて厄介払いしようといわんばかりの思惑を感じる。
 時代の災厄を一身に背負い、払い清めることこそが「祭祀(さいし)王」たる「日本国総神主」の役目であり、元号を改める意義もそこにあると言えばそれまでだが、法務官僚があえてそれを広言し、マスコミが当たり前のように報じ、世間もそういうものかと聞き流している様は、思いがけないところで、この国はやはり「天皇のくに」なのだなと再認識させた。
 「平成時代の総括」という話法は、官僚のレトリックにすぎない。

<オウム処刑と天皇制 時の足音 伊藤智永 毎日新聞「政治プレミア」 より一部引用>
https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20180720/pol/00m/010/008000c

天皇制のデメリットというか、悪しき影響の一つとして、国民の主体性が醸成されないばかりかむしろ削がれる、ということがある。そのせいで本当の意味での民主主義が定着しなかった。
互いの意見を闘わせるなかで最善の結論を得るのではなく、多数決で数の多いほうの意見が何でも通るという形骸化した民主政治が、ダメ押しのように民衆を諦めの境地へ押しやっている。
皇室もエネーッチケーもカネ(予算、予算承認)に縛られて国家権力の道具にされているのであって、その軛を離れ独立採算となることが必要だとおれは思うね。

2014年に公開されたハリウッド版の「GODZILLA」の続編「Godzilla: King of the Monsters」について、特設サイトの開設に続いて、公式予告編の第1弾が公開となりました。

<「Godzilla_ King of the Monsters」予告編公開、ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラが対決 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180723-godzilla-king-of-the-monsters-trailer/

Godzilla: King of the Monsters – Official Trailer 1
視聴回数 6,564,783 回
Warner Bros. Pictures
2018/07/21 に公開

 

以下、「蚊取り線香」を含む投稿。

追加記事

2018/07/23 21:38(最終更新 2018/07/24 01:58)
 日本列島は23日も猛烈な暑さに見舞われ、埼玉県熊谷市で午後2時23分、観測史上最高の41・1度を記録した。これまで1位だった高知県四万十市の41・0度(2013年8月12日)を、約5年ぶりに更新した。また、毎日新聞の集計では、岐阜県多治見市で40・7度を観測した今月18日以降、23日までに全国で熱中症とみられる症状で亡くなったのは、少なくとも30都府県で94人に上った。この猛暑は2週間ほど続く見通し。
 気象庁によると、23日に全国で最高気温が40度を超えたのは、熊谷市▽東京都青梅市(40・8度)▽多治見市(40・7度)▽甲府市(40・3度)――の4市。東京都内では観測史上初めての40度超えとなった。
 また、この日は広島市安佐北区で36・0度、岡山県倉敷市で35・2度となるなど、西日本豪雨の被災地でも厳しい暑さが続いた。全国927の観測地点のうち、35度以上の猛暑日になったのは今年最高の241地点だった。熱中症の疑いで亡くなったのは、9府県の13人だった。

<猛暑:気象庁「災害と認識」熱中症死の疑い6日で90人超 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180724/k00/00m/040/113000c

(2018年7月24日)

追加記事

2018/07/24
警察によると、22日午後10時頃(日本時間23日午前11時頃)、トロント市東部のギリシャ人街の飲食店が立ち並ぶダンフォース・アベニュー沿いで男が拳銃を乱射。多くの市民でにぎわう通りを歩きながら発砲し、10歳と18歳の女性が死亡した。現時点で2人の身元は明らかにされていない。
容疑者は29歳のトロント在住の男で、警察と銃撃戦になった後、逃走し、その後死亡しているのが発見された。男の身元は現時点で明らかにされていない。警察によると男は銃撃により負傷していたが、死因はまだ特定されていない。

<カナダ・トロントの銃撃事件で2人死亡 容疑者も死亡 動機解明続く ロイター より一部引用>
https://jp.reuters.com/article/toronto-two-dead-0723-idJPKBN1KD2BD

重体だった少女は助からなかったようだ。可哀想に、、、
(2018年7月24日)

追加記事

(2018年7月26日)

追加記事

(2018年7月27日)

追加記事

(2018年7月29日)

追加記事

Godzilla: King of the Monsters – Official Trailer 2 – In Theaters May 31
3,830,579 回視聴
Warner Bros. Pictures
2018/12/10 に公開

(2018年12月11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です