帰らじのプーサン

視力は極めて悪い。
その代わり音のほうはふつうに聞こえる。
音楽好きとしてはずっとこのまま続いてくれればと思う。

亡父は補聴器が必要だったし、亡母は最後まで耳鳴りに悩まされていた。
あゝはなりたくない。

Michele Torr – Viens me le dire à l’oreille(1964)
タイトルは「(ここへ)来て私の耳に(直接)教えて」の意。

Jean Yanne – Pourquoi m’as-tu mordu l’oreille(1964)
タイトルは「なぜあなたは私の耳を噛んだの?」の意。

以下、「耳」「Ear」「聴覚」を含む投稿。

「サイズがない、いい色がないなど、ほとんど難癖に近いクレームが、特に中高年の女性から寄せられます。近隣店にしか在庫がないと告げると『今すぐ取ってこい』などと仰られて……。若者向けの商品ばかりで大人向けのものがない、などとも言われたことも。それなら『そういう店に行ってください』というのが本音ですが、当然言えるわけもなく」(アパレル店店員)
「お客様は神様」という概念を捨てきれない中高年世代。こちらは客だから、金を払っているから当然だと、相手や店、グレードに構うことなく要求しまくる。ファミレスやアパレル量販店など「安い分、サービスへの期待はしない」という一般市民らの感覚が理解できないからか、そうした店にも、過度なサービスを求めてくるのだという。
 こうした前近代的な感覚は、今やあらゆるところで散見され、現場を疲弊させている。東京都内の若者向け複合ビルに入る100円均一ショップ店長も、中高年客への対応に頭を悩ます。
「100円のシュークリームパックを購入された高齢女性客が『量が少ない』と開封したものを返品に来られました。一般のお客様であれば、間違って買っても『100均だし』と、ほとんどの方は返品には来られない。間違って買ったものならまだしも、数も見える商品でしたし、そもそも開封されていますし……」(100円ショップ店長)

<増える高齢者クレーマー、悩むサービス業の若者たち (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00000015-pseven-soci

永らく専業主婦をしていた女性が社会性の勘どころを忘れてしまうのは致し方ないとして、男がそんなんじゃ ちょっとナサケナイね。
団塊世代はかつて父親世代の「権威主義」を指弾・糾弾したけれども、何の事はない、自分たちがつまらん「権威主義」の体現者に成り果てたご様子。
現役時代の役職を引きずっているのか、それとも年寄りだから特別扱いして敬意を示せというのか、とにかく傍若無人で、何かと上からものを言いたがる。
もはや恐るゝもの 何もなし という感じか。
そういう年寄りにだけは、おれは成りたかねぇなぁ、、、

2016/08/19
英国には日本からすると驚くほど性差別(および人種差別や信仰差別)に対して敏感な人がおり、これが大きく報道されることは珍しくない。
(中略)
BBCにはケーキやパンなど焼くベーキングのスキルを競う、超人気娯楽番組「グレート・ブリティッシュ・ベイク・オフ」がある。
新しいシリーズが始まるので宣伝用の資料を作ったところ、男性出演者が抱えている容器に入ったアイシング(甘いペースト状のクリーム)がブルー、女性がピンクだったことでクレームがついた。男性だからブルー、女性だからピンクというのが性差別的だ、というのである。
「ベイク・オフ」は応募した一般の市民が参加する。番組には男性も女性も参加し、性差別がないことを楽しんできたという番組のあるファンは、ツイッターで「男性がブルーで女性がピンク?頭に来るわ」とつぶやいた。
「この番組は性によるステレオタイプがない番組のはずなのに、なぜ?」と別の人がつぶやく。「男性だからブルー、女性だからピンクなんて。馬鹿げている」。
野党・自由民主党の議員さえも「番組を楽しみにしている。だが、女性にはピンク、男性にはブルーと言うのは止めたほうがいいな」とツイートした。
BBCは間もなくして、アイシングの色を変えた。

<英BBC、慌てて対応 ―「男性はブルーで女性はピンク」に苦情殺到 性差別を記録するサイトも 小林恭子の英国メディア・ウオッチ より一部引用>
https://ukmedia.exblog.jp/25912232/

紅衛兵の吊し上げみたいなもんだ。

「ねばならない」「であるべき」に凝り固まった、炎のごとき教条主義者。
自分のイデア・ドグマ・主義・主張・信念・信仰 等々は 絶対正しい、反逆者は殲滅すべき極悪、みたいな?

まぁいつの時代、どこの国でも そういう人たちはいたんだろうね。

おれはといえば、どうでもよくない二、三の事柄以外は もうどうでもよくなった。
「人としての矜持」、ただそれだけでいい。
出来る限りのことはするけれども、個人としては非力だし、時間的にも金銭的にも肉体的にも限界がある。

以下、「男と女」「男性」「Man」「素晴しき男性」「女」「Woman」「悪女」「Bad Girl」「女性差別」を含む投稿。

姉・妹がいなかったこともあり「桃の節句」を身近に感じたことはこれまで一度もなかったし、たぶんこれからもなさそうだ。
それどころか「端午の節句」もそれらしいことをしてもらった記憶がない。
してほしいとも思わなかったし、そういうことをしたがる家族でもなかった。

以下、「ひなまつり」「人形」関連の投稿。

2018/01/19
飲むお酒の種類とお酒によって引き起こされる感情には関係があるのか。研究者たちが約3万人を対象に調べた。
その結果、スピリッツ(ブランデー、ウォッカなどアルコール度の高い蒸留酒)は攻撃的な感情と、赤ワインやビールはリラックスした感情と関連していることがわかった。

<ウォッカは、ワインよりあなたを魅力的にする?お酒が感情に与える影響を調べたら……(研究結果)- ハフポスト より一部引用>
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/19/alcohol-and-emotions_a_23337728/

2018/02/06
 そのコンセプトは「Nothing to hide(隠すことは何もない)」

<全てを包み隠さずお見せしたいから。ウォッカメーカー「アブソルート」の最新CMが本当にすべてをさらけ出している件|BIGLOBEニュース より一部引用>
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0207/kpa_180207_9427198672.html

ABSOLUT – The Vodka With Nothing To Hide
視聴回数 1,821,308 回
Absolut
2018/02/05 に公開

Amos Milburn And His Aladdin Chickenshackers – Vicious, Vicious Vodka(1954/08)
タイトルは「悪質な、悪質なウォッカ」の意。

そういえばウォッカやジンは1、2回くらいしか買ったことがない。
そのへんのは専らカクテルで使うのがいいのかもしれんね。
ウォッカベースのやつは有名どこがたくさんあるし。

以下、「カクテル」を含む投稿。

以下、「酒」「アルコール」を含む投稿。

 中国の会員制交流サイト(SNS)で「ディズニー」を意味する中国語の発信や検索が制限されていることが2日分かった。ディズニーキャラクターの「くまのプーさん」は、体形が似ているとの理由で習近平国家主席を指す隠語として使用されているため、当局が規制に乗り出したとみられる。
 短文投稿サイト「微博」で「ディズニー」と投稿しても、他の利用者がこの書き込みを閲覧したり、検索したりすることができなくなり、微博上では「ディズニーが敏感な言葉になった」と一部で話題になっている。

<中国のSNS「ディズニー」NGワード プーさんが理由? – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180303/soc1803030010-n1.html

この程度の器の男に支配されて 何とも思わんのか 大陸部中国人は。

そりゃそうと「プーさん」より「プーサン」だな、おれには。

1950年(昭和25年)7月から1953年(昭和28年)12月29日までの3年間、毎日新聞夕刊に4コマ漫画として連載された。映画化される(後述)など人気絶頂であったにもかかわらず、連載が短期間で終了したのは、横山が「ある幹部が事あるごとに描き直しを命じてくる」ことに嫌気が差し、出張先の電話口で「やめます」と口走ったためである。この電話の際、横山のそばにはたまたま朝日新聞社の扇谷正造がおり、その縁で横山の新聞漫画は翌年から朝日新聞『社会戯評』に移った。
『プーサン』は、1965年(昭和40年)9月に掲載媒体が週刊新潮に移って再開され、体裁が6コマに変わり、1989年(平成元年)7月まで長期にわたって連載された。
横山が「プーサン」の名に込めた意味は特になく、「パピプペポがおもしろい」と思い付き、「パーサン」「ピーサン」「プーサン」「ペーサン」「ポーサン」と順に口に出し、語呂の面白いものに決めただけだという。

<プーサン – Wikipedia>

東宝『プーサン』(1953/04/15封切)

市川崑の才能を一躍世に知らしめた一作。漫画家・横山泰三のマンガ「プーサン」「ミス・ガンコ」を原作に、現代社会と庶民の姿を風刺コメディの形で完成させた、市川崑の才気が光る傑作。補習学校で数学を教えている、善良だが世渡り下手の中年男・野呂米吉を中心に、気が強くてチャッカリ者の銀行員や、警官、医者、看護士、政治家などが数々の騒動を巻き起こす。
監督:市川崑
出演:伊藤雄之助、越路吹雪、藤原釜足、小林桂樹、小泉博、八千草薫、杉葉子

以下、「プーさん」を含む投稿。

ついでに、プサンの歌をど~ぞ。

조용필 – 돌아와요 부산항에(1972/02)
趙容弼 – 釜山港へ帰れ/回到釜山港

  ※(追記:この動画は削除されました

 

1972年2月、チョー・ヨンピルが『女学生のためのチョー・ヨンピル ステレオヒットアルバム』(여학생을 위한 조용필 스테레오 힛트 앨범) で発表した。
本国韓国ではチェウニをはじめ約60人の歌手がカバーしており、また釜山に本拠地を置くプロ野球チームロッテ・ジャイアンツのコンバットマーチとして、広く歌われている曲である。
三佳令二による日本語版の作詞では、釜山港で帰ってこない男性を待つ女性の心情が歌われているが、原詞では(日本へ)行ってしまったきり帰ってこない兄弟が歌われている。なお原題を直訳すると「帰ってこい釜山港へ」となり、訳題は倒置されている。

<釜山港へ帰れ – Wikipedia>

Cho Yong Pil Greatest Hits in Stereo (1972)

from the 2012 CD reissue of the same album. Cat. # VDCD-6510
01. 00:00 Will Dream
02. 03:36 Shadow in My Heart
03. 07:43 To My One
04. 10:27 Old Days
05. 13:29 Once There Was a Love
06. 16:31 No Work, No Love
07. 20:19 Please Return to Busan Port
08. 23:03 Lullaby of Love
09. 25:33 Tiny House (Over & Over)
10. 28:27 Even As Time Flies

 

 来年5月1日の改元を控え、鉄道大手の間で切符に記載する発行日や定期券の有効期限などを西暦表示に改める動きが広がっている。JR旅客6社はもともと、「平成」などの元号を記さずに年数だけを記載。これまで特に支障はなかったが、急増する訪日外国人が日本独自の表記に戸惑う恐れもある。各社は改元を西暦表示に変える「いいきっかけ」(JR西日本)ととらえている。

<切符の日付、西暦表示に=改元機に一本化の動き―鉄道大手 (時事通信) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000052-jij-bus_all

自然とこうした流れになるもんだね。
新元号の候補選定にもデジタル機材が使われてるはず。
業務に支障が出るから元号も皇紀も用いない ――戦前なら不敬罪か。

北朝鮮向けの軍事宣伝放送で、最近は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を名指しで批判しなくなった。韓国野党、自由韓国党の金学容(キムハギョン)議員が、韓国軍合同参謀本部から受けた説明として明らかにした。
 金議員によれば、同本部は北朝鮮住民が逆に反発することを懸念したと説明している。放送では先月、平昌(ピョンチャン)冬季五輪での南北合同での開会式入場や女子アイスホッケーチーム結成など、民族の一体性を強調した内容を流していたという。
 同放送で、北朝鮮の政治宣伝の偽りなどを指摘してきた脱北者は最近、韓国国防省から「厳しい発言が多い」という理由で契約更新を断られた。この脱北者によれば、最近の放送は「金正恩」と呼び捨てにせず、「最高領導者」と呼ぶほか、北朝鮮への批判よりも韓国の歌を流すケースが増えているという。

<「金正恩」呼び捨て控える? 韓国、南北境界の宣伝放送 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000038-asahi-int

皇民党の褒め殺し、ちぅのがあったっけね。

米原子力空母カール・ビンソンが5日、ベトナム中部ダナンに寄港する。米空母のベトナム寄港は1975年のベトナム戦争終結後初めて。南シナ海で中国と領有権を争うベトナムとの防衛関係強化を打ち出し、同海域の軍事拠点化を進める中国をけん制する狙いがある。
 トランプ大統領は昨年11月のアジア歴訪で「自由で開かれたインド太平洋」を目指す考えを表明。米国はかつて戦火を交えたベトナムに軍事力の象徴の空母を寄港させることで、新たなアジア戦略を着実に実行に移し、地域での影響力を堅持したい考えだ。

<米空母、ベトナム寄港へ 戦争後初、中国対抗鮮明に – 産経フォト より一部引用>
http://www.sankei.com/photo/daily/news/180303/dly1803030018-n1.html

歴史の大きな転換点。
大中華共栄圏の膨張をどう抑えるかに、今後のアジアの安全保障がかかっている。

以下、「ベトナム」「Vietnam」を含む投稿。

米哲学者で論客、マサチューセッツ工科大学(MIT)の言語学教授であるノーム・チョムスキー氏はRTスペイン語の番組で、米国の軍事戦略に関する見解を示した。
(中略)
チョムスキー氏は「全ての他国にはせめて何らかの形でこの接近しつつあり、実際に差し迫っている危機に関する問題解決への義務を負っている。そしてトランプ政権下の米国のみがそうした努力を拒否し、その代わり、自国内での炭化水素燃料採掘に優先順位を置き、この危機を深刻にするだけの方針を暴力的に遂行している」と強調する。

<チョムスキー「現在の米軍事戦略は世界を破滅に導く」 – Sputnik 日本 より一部引用>
https://jp.sputniknews.com/us/201803034634394/

アメリカの著名な大学教授、チョムスキー氏が、アメリカの軍事戦略の目的は、世界の消滅だとしました。
ロシア・スプートニクによりますと、チョムスキー氏はエクアドルのコレア元大統領と会談する中で、トランプ大統領の軍事戦略は、世界の滅亡に向かっているとしました。
また、トランプ政権は、気候変動に関する世界各国の意向に反して進んでいるとしました。
(中略)
チョムスキー氏はトランプ大統領の北朝鮮に対する発言により、朝鮮半島での戦争勃発の危険説が高まっているとしています。

<チョムスキー氏、「アメリカの軍事戦略の目的は、世界の消滅」 – Pars Today より一部引用>
http://parstoday.com/ja/news/world-i40641

002 2018/03/04(日) 00:20:25
この人、カンボジアでポル・ポト派の大虐殺は無かった、と言い切った過去がある。

003 2018/03/04(日) 01:12:28
賢いひとなんだろうけど、変なイデオロギーに
囚われすぎちゃってる。

<チョムスキー氏、「アメリカの軍事戦略の目的は、世界の消滅」 ニュース速報画像掲示板 明和水産 より一部引用>
http://bbs68.meiwasuisan.com/news/1520088329/l50

 すさまじい本だった。チョムスキー否定派の言うのも無理はない。ポルポト正当化と免罪、大虐殺への徹底的な難クセつけまくり(付記:部分的な引用を避けるためにここの記述を6/3に変更)。よくこんなものを出しておいて、恥ずかしさで首をくくらずにいられる、と思うほどのしろもの。
(中略)
問題はその書き方だ。文書全体として彼らは、自分の味方に都合の悪い部分(ポルポトがとんでもない虐殺をしている、という部分)は、証拠がない、出所があやしい、別の説がある、とさんざんネガティブなことを書き散らし、それに反対するものは、こっちのほうが信用できる、云々、という話をする。そしてたまにポルポトに都合の悪いニュースが、実はまちがっていることが示されたりすると、その件については嬉々として書き立てる。読んだ読者は、はっきりと「ポルポトに不利なニュースはすべて西側プロパガンダ機械のねつ造らしい」という印象を与えられ、「正しい規模はずっと小さい」というイメージを受ける。虐殺の話も、小さな虐殺があったと認めることで、大虐殺はそれとなく否定される構造になっている。
 ぼくは、こういう書き方は不誠実だと思う。ただのデマよりも悪質だと思う。

<Chomsky +Herman _After the Cataclysm Translator Comments より一部引用>
https://cruel.org/books/cataclysm/cataclysmtransnote.html

チョムスキーはメディアの研究をしてるだけあって、持論の展開にも種々の技法を用いてきた。ミイラ取りがミイラに、ということもあるのだろう。

それでもなお、トランプの的はずれな施政が世界を危機に陥れる という見解には同感だ。

以下、「チョムスキー」を含む投稿。

追加記事

(2018年3月9日)

追加記事

(2018年3月11日)

追加記事

(2018年8月9日)

追加記事

2018/11/01
改元まで半年となった1日、菅義偉官房長官は記者会見で、新元号の公表時期について「新たな元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくものとなるよう慎重な検討が必要だ。国民生活への影響を考慮しながら、今後適切に対応していきたい」と述べた。
 政府は改元の1カ月前の公表を想定し、情報システムの改修などを進めることを決めている。これについて菅氏は「各府省庁が連携し、鋭意準備を進めている」と説明した。

<新元号公表時期、慎重に検討=菅官房長官|ニフティニュース より一部引用>
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-116138/

情報システムを新元号に対応させるなど大間違い。数年かけて西暦一本にすべきだ。
すぐまた改元とかなったらどうするつもりか。
(2018年11月1日)

追加記事

(2018年1月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です