バーリバリのポーリポリ、チンチクリンの、、、ツンツルテン!

2018/06/09
 兵庫県姫路市の初夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」(22~24日)を安全に運営しようと、市や姫路署などは8日、市防災センター(同市三左衛門堀西の町)で、特攻服を着た若者の集団が歩きながら迷惑行為を繰り返す「徒歩暴走族」を想定した合同訓練を実施した。
 まつりでは約10年ほど前まで、一般客に対し威圧的に振る舞う徒歩暴走族が問題化。警察官に石や卵を投げるなどし、会場が混乱した年もあった。市は平成20年6月、特攻服を着た2人以上の迷惑行為などを禁じる条例を施行。22年以降、徒歩暴走族は確認されていないが、迷惑行為やけんかなどは後を絶たないという。
 訓練には市や姫路署などから55人が参加した。徒歩暴走族に扮(ふん)した警察官が「バーリバリ」と叫んで騒ぐ中、市職員が条例内容を記載した掲示や文書を提示。従わないことを確認した上で、取り押さえるまでの手順を入念に確かめた。

<徒歩暴走族を阻止せよ 姫路ゆかたまつり前に合同訓練 – 産経WEST より一部引用>
http://www.sankei.com/west/news/180609/wst1806090058-n1.html

やっぱり兵庫は「バーリバリ」なんだなぁ、、、

芦屋のお嬢様はお香々前歯で「ポーリポリ」さぁ。

で、おいらはお茶漬け「サーラサラ」と きたかァ?

 

榎本健一、宮城まり子 – チンチロリン・サンバ(1954/02)
作詞・作曲・編曲:三木鶏郎

  ※(追記:この動画は削除されました

 

以下、「歩く」「Walk」「走る」「Run」「ステップ」「Step」などを含む投稿。

 妻を脇差しで刺してけがを負わせたとして、熊本県警は19日、熊本市東区東本町の無職の男(77)を傷害容疑で逮捕したと発表した。妻が深夜までスマートフォンをいじっていたことをきっかけに口論になったとみられており、男は容疑を認めている。
(中略)
 同署の調べでは、男は酒を飲んで寝ていたが、夜中にスマートフォンをいじっている妻に気付いて立腹。「依存症だ」などと言って口論となり、かっとなって刺したという。使用された脇差しは登録証がついており、自宅で所有しているものだった。(吉備彩日)

<夜にスマホいじる妻を脇差しで刺した疑い 77歳夫逮捕:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL6M4K0LL6MTLVB00J.html

「脇差し」?
明らかに殺人未遂だね。
記者名「吉備彩日」に萌え!

引っ越すことになった。 仲介業者のお店に行って、いい感じの物件を見つけたので、速攻見積もりをしたのだが、めちゃ高い。 敷金、礼金、仲介手数料、鍵の交換…。賃貸借りるのに色々かかりすぎでは?と思ってた。

<物件契約時の初期費用を値切りしたときのメモ – お気持ちの表明 より一部引用>
http://mrtry.hatenablog.jp/entry/2018/06/19/134930

慣習優先の不動産業界を何とかすべきだね。
所管は国交省か? なぜちゃんとやらんのだ?

以下、「引っ越し」「引越し」「転居」「Moving」を含む投稿。

以下、「不動産」「賃貸」「家賃」「物件」「住宅」「家」「建築」等を含む投稿。

インドネシア・スマトラ島の日本人も多く訪れる観光地トバ湖で6月18日夕方、乗客多数を乗せた木造客船が転覆、沈没した。これまでに18人が救助され、1人の死亡が確認されたが、依然多数が行方不明となっている。同客船は乗客名簿もなく、救助された乗客や知り合い・身内が行方不明という訴えなどから約80人の行方がわからなくなっているが、最大で130人が乗船していたとの情報もあり、捜査当局は必死の捜索を続けている。
インドネシアでは客船やフェリーの転覆や沈没事故が多発しており、6月13日にも南スラウェシ州マカッサル沖でモーターボートが沈没、60~70人が行方不明となっている。
海外に向かう大型客船や長距離移動する船舶を除くフェリー、客船、渡船などはインドネシアでは乗客名簿を作成しないケースが多く、またライフジャケットなどの救助具も完備していないことがある。そしてなにより沈没の原因として最も多いのが「定員超過」で、船の設計上の想定を超える乗客が船体のバランスを悪くし、そこに強風や高波などの悪天候の条件が重なり、転覆、沈没する事故が後を絶たない。

<スマトラ島の観光地で客船沈没、行方不明者多数 インドネシア、船舶事故が多発する事情とは ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト より一部引用>
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10421.php

KM Sinar Bangun Tenggelam di Danau Toba, 1 Penumpang Tewas
KOMPASTV
2018/06/18 に公開

紫雲丸事故(1955/05/11)の悲惨な光景、その記録写真がフラッシュバックした。

以下、「海」「海洋」「海底」「海景恐怖」「船」「舟」「船舶」「ボート」「ヨット」「遭難」「沈没」「タイタニック」「Titanic」「ポセイドン・アドベンチャー」などを含む投稿。

 インドのモディ首相が就任して4年。この間、自国の歴史の書き換えが進んでいる。ヒンドゥー教徒以外はインド人ではないとの考えに傾き、神話と史実を混同する。イスラム教徒など少数者に対する排外意識を強めかねない。
 インド西部ラジャスタン州で一昨年、公立校の社会科教科書から初代首相ネールの記述が削除された。建国の父、ガンジーの暗殺も触れられていない。
 「ガンジーとネールは最も時間をかけて教わったものです。子どもたちにしっかり学んでほしいのですが」と同州アジュメールの主婦ミナ・カプールさん(45)は話す。
 ガンジーとネールは、モディ氏率いる与党インド人民党のライバル政党、国民会議派のメンバーだった。現在の会議派総裁は、ネールのひ孫ラフル・ガンジー氏が務める。
 人民党の支持母体でモディ氏の出身団体でもある「民族義勇団(RSS)」は、ヒンドゥー教の伝統による社会の統合を目指す。モディ氏自身は表立ってガンジーを批判しないものの、RSSは「ガンジーもネールもイスラム教徒に弱腰でヒンドゥー教徒を苦しめた」と非難する。

<ガンジーもタージマハルも… インドで進む歴史書き換え:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL5T1FBPL5SUHBI06J.html

ヒンドゥー教に限らず宗教で国をまとめようとするとロクなことにはならない。
普遍的価値観を中心に据えなければ今後の発展は望めないだろう。

インドはインドを超えられるか?
すでに近代的知性に生きるインド人は海外で活躍している。
残る大多数のインド人は悠久の歴史の中に漂うインド人である。
となれば、おそらくインドは変われない。

以下、「インド」を含む投稿。

以下、「Believe」「Trust」「信じる」「Believe It or Not」を含む投稿。

以下、「魔術」「Magic」「占い」関連の投稿。

Googleは人工知能(AI)を用いて医療分野に進出しており、AIに患者のデータを機械学習させることで心疾患で死亡する確率を予測させる研究も行われてきました。このような医療技術は2018年6月現在も改良が進められており、Googleのアルゴリズムがいかに現代医療のムダを削減し効率化しているのか、その取り組みをLos Angeles Timesがまとめています。

<Googleは患者がいつ死ぬかをAIを用いて正確に予測できる – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180620-google-ai-predict-die/

三遊亭圓生『死神』
Time: 22:06
2度目の引用。

柳家小三治『死神』
Time: 46:57

以下、「死」「葬式」「孤独死」「安楽死」「尊厳死」「自殺」「人身事故」「心電図」を含む投稿。

ゼネラル・エレクトリック(GE)がダウ工業株30種平均の構成銘柄から外れることが19日、明らかになった。長引く業績不振による時価総額の減少が除外につながったもようだ。これでダウ平均が作られた1896年のオリジナル銘柄が全て消滅した。26日からは、代わりにドラッグストア大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが加わる。

<GE、ダウ平均から除外 ドラッグストア大手と交代へ:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3199130020062018000000/

アメリカを代表する名門の大企業。
時代の流れである。

以下、「ゼネラル・エレクトリック」を含む投稿。

ヘイリー米国連大使は19日、国務省で、「米国は国連人権理事会(定数47)から公式に離脱する」と表明した。トランプ政権は、中国やキューバなどの人権侵害国が理事国入りしていると問題視し、組織改革を求めてきたが、「真剣に受け止められなかった」ことを理由に挙げた。また、人権理に反イスラエルの政治的偏見があると批判した。
 トランプ政権は昨年10月にも、「反イスラエル的姿勢」などを理由に国連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退を表明。今年5月には、イラン核合意離脱を発表したばかりで、国際機関や国際協調を軽視する姿勢が一層鮮明になった。
 人権理は先月、パレスチナ自治区ガザでのデモ隊とイスラエル軍の衝突に関し、国際調査団派遣を可決。イスラエルを擁護する米国は反対した経緯がある。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062000255

第二次大戦の連合国軍が対峙したのは日独伊という典型的なファシズム国家だったが、では「反ファシズム」「人権擁護」を旗印にしたかというと然に非ずで、自分たちの植民地や領土に手を突っ込んできた連中との、いわばヤクザの縄張り争いのようなものだった。

国連はその連合国軍が必要に迫られ作った、既得権益・領土を侵されぬよう利害を調整する機関であって、人権云々は副次的お題目に過ぎない。

アメリカのほとんどの政治家は党を問わず、資金面で直接・間接にユダヤ・マネーへ依存しており、そのさまは信濃町票で延命している自民党と大差ない状態だ。

「国連は有名無実の存在」とかなり前から云われていた。けっきょく大国のわがままが通るのであり、大事なことはいくつかある先進国首脳会議で決まることが多くなってきた。
こうした部分でもまた「戦後」の世界の在り方が転換点を迎えていることがハッキリ看取できよう。

将来的には世界は米・欧・中の3極と その他(有象無象)……に分裂し拮抗する構造となるのではないか。
ロシアはプーチン時代の後、中国の勢力圏に取り込まれると思われる。
日本はどうなるか。
どうなるのがいいと思いますか?

ユニセフ本部との協力協定に基づき、世界の子どもたちへのより大きなご支援につなげるために、お預かりする募金の約20%弱を、募金活動 (領収書/寄付控除申請書類の印刷・発送費や振込/決済に係る費用などを含む)、広報・アドボカシー活動、人材育成・学習活動など、日本国内での活動に関わる費用に充てさせていただいております。

<世界190の国と地域で活動するユニセフ・ファミリー より一部引用>
https://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_family.html

20%弱で、人件費(職員給与・ボーナス)も賄えるのか。すごいな。
友人に訊いたらテレビCMまでやってるそうだ。よほど金があるとみえる。

以前、この団体を名乗るところから封書が送られてきて、うちの名前と住所のシールが同封されていた。そんなものは誰も発注しておらず、まるで押し売りのようで気味が悪かった。
国連機関がかかる詐欺まがいのことをするはずもなく、破って棄てたことはいうまでもない。

カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案がカナダ国会で可決され、8~12週間以内に合法化が実現する見通しだと伝えた。国レベルでマリフアナの合法化が認められるのは、主要先進国では初となる。

<マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180620-OYT1T50077.html

マリフ「ア」ナとなっておりますが、そんなことより、きれいな空気もなかなか吸えない世の中で、酩酊する煙を肺に吸い込もうてぇ酔狂を許すという、これまた酔狂な政府もあったもんだ。

以下、「サイケデリック・ロック」「マリファナ」「ドラッグ」「薬物」「麻薬」「覚醒剤」関連の投稿。

追加記事

<参考>
Tragedy Of The Sea | British Pathé Gems Nº16
カサブランカのモロッコ漁民によるスペイン船遭難者の緊迫した救出の模様(1930年代の映像)

British Pathé
2018/06/21 に公開
Check out this Gem from our archive. A thrilling rescue of the survivor of Spanish coasting vessel by Moroccan fishermen in Casablanca in the 1930s.

(2018年6月21日)

追加記事

(2018年6月21日)

追加記事

2018/07/02
 カナダは1923年から大麻を規制しているが、既に2001年には医師の処方箋に基づく医療用大麻を合法化していた。
 今度は10月17日から嗜好用の大麻も合法化する、というわけだ。
 実際に数多く使用されている現実があり、国内の市場規模も42億~62億カナダドル(約3250億~4800億円)相当と推計されている。
 犯罪組織に牛耳られるくらいであれば、引き続き輸出入を禁じた上で、国内に政府公認の製造販売ルートを作った方がマシだと考えたわけだ。
 そこから税収を得られるし、ヤミ業者からの入手や未成年者への販売、1回の最大所持量などを厳しく規制できるからだ。
 既に隣国のアメリカではカリフォルニア州やコロラド州など9つの州で嗜好用大麻が合法化されており、大麻入りの炭酸飲料やコーヒーなども販売されている。
 それでも、国家レベルの合法化は、2013年の南米ウルグアイに続き2例目となる。
 大麻といえば何かとオランダが引き合いに出されるが、実は今も所持や使用は違法という建前になっており、一定量以下の自己消費であれば起訴しないといった政策的な取扱いが行われているため、処罰されていないにすぎない。
 その意味で、今回のカナダの合法化は、G7を筆頭とした先進国の中でもかなり思い切った政策と言える。

<カナダ大麻ドリンク 日本人が飲んだらどうなる(前田恒彦)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20180701-00087373/

(2018年7月2日)

追加記事

2018/07/05
私が上京したのは2009年6月のこと。当時23歳でした。
東京で初めて住んだのは、杉並区の閑静な住宅街にあるシェアハウス。北部屋の四畳半で、家賃7万円、さらに水道光熱費ネット代などを住人全員で折半、という条件でした。ですから毎月の支払いは8万円近くになります。
とはいえ、純和風の庭付き一戸建てで、平日は会社員のシェアメイトが出払ってしまうため、広いリビングとキッチンと庭が使い放題という、人にはけっこううらやましがられる物件でした。
しかしこの時から、高い家賃を払い続けるために、ほとんど毎日アルバイトをしなければならないという、つらい日々が始まります。
でもシェアメイトの会社員たちは、平然と私よりも長時間労働し、最安値の私の部屋よりもはるかに高い家賃を普通に毎月払い続けているのです。ですから、「余裕がなくてしんどい」なんておいそれとは口にできず、こんな家賃も払えない自分のほうがおかしくて、7万円の家賃なんて普通、いや安いほうなのだと思っていました。
それでも心のどこかでは納得がいかなくて、「なぜ生活するためだけにこんなに働かなければいけないんだろう」という疑問も、同時にくすぶり続けていました。

<家賃7万円がつらすぎて20代で隠居した男(大原 扁理) プレジデントオンライン より一部引用>
http://president.jp/articles/-/25350

シェアハウスで月8万弱は高い。だったら個室を借りたほうがいいに決まってる。
おれがいうのも何だが東京の家賃はまだまだ高い。せめて名古屋の相場まで下げるべきだね。

間もなく一部屋空くと思われる優良物件。

神奈川県横浜市鶴見区上末吉5丁目28番21号ボナール末吉 2階

(2018年7月5日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です