明日食う塩辛に今日から水を飲む/大きい大根は辛くない/山椒は小粒でもぴりりと辛い/「辛い+-=幸せ」の方程式 by TAKA/若いという字は苦しい字に似てるわ by アン真理子

 生産量が日本一の広島県産の養殖カキが3日、水揚げの解禁日を迎えた。今年は年間を通じて天候が安定しており、海が穏やかだったことから、十分な出荷量が見込まれる。冬に向け中身が厚く大きくなり、さらに濃厚な味が堪能できるという。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/04/kiji/K20161004013473380.html

 宮城県が導入した水産業復興特区の適用を受けた桃浦かき生産者合同会社(宮城県石巻市)が、今シーズンの生食用カキについて県漁協などが決めた出荷解禁の10日を前に出荷を始めた。県漁協や仲買人でつくる「県かき出荷協同組合連合会」は「フライングだ」と反発している。
 合同会社は、県の指針で定められた生食用カキの出荷解禁日の9月29日、予定通りカキの殻むきを始めた。むき身は「桃浦かき」として県内の量販店などに出回っており、出荷先は首都圏にも及ぶ。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161004_13010.html

この齢(とし)になっても食えないものがいくつかある。
その代表選手は「牡蠣(かき)」だ。
生もフライもダメ。
見た目も匂いも味も、それこそ生理的にまったく受け付けない。
もちろん口に入れたことはある。だが噛むことも呑み込むこともできなかった。

噛むといえば、噛み切れぬ「塩辛」や「ホルモン」も苦手だ。これは味よりも食感
の問題かな。

口に入れたことがないものでは「栄螺(さざえ)」がやはり食えない。
スポッと抜き出したときの あの格好、色彩。ダメだねぇ、あれは……

You’re Not The Only Oyster In The Stew
ncpianoplayer
2011/05/19 にアップロード
Street performers Malcolm & Friends in Chester, England on Thursday 5/19/11

Jazz Me Blues – You’re Not the Only Oyster In The Stew

Recorded in the early’80s. recorded by Leo Sullivan

Harry Reser and his Orchestra – You’re Not The Only Oyster In The Stew(1934)
vocal: Tom Stacks

Ozzie Nelson and his Orchestra – You’re Not The Only Oyster In The Stew(1934)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

“Fats” Waller and his Rhythm – You’re Not The Only Oyster In The Stew(1934)
vocal and Piano: “Fats” Waller

以下、「好き嫌い」「蓼食う虫も好き好き」「大好物」を含む投稿。

 全国一の生産量を誇る和歌山県産のぶどう山椒(さんしょう)を使った米菓「柿の種」が3日から発売された。2年前に限定発売されたが人気が高く、復活となった。
 亀田製菓(新潟市)がシリーズ50周年記念で、地域や期間限定発売したうち16種の人気投票を実施。2位に約400万票差の1318万票で1位となった。
 ピリッと辛く、爽やかな山椒の風味が売り。「ぶっちぎりの1位に和歌山の山椒の人気を思い知らされた」と担当者。消費者の採点は「甘口」だった?
161004_01
http://www.asahi.com/articles/ASJB352VXJB3PXLB00K.html

国内工場で生産した商品かどうかを確認してから、買う買わないを決めたいと思う。

高齢者は70歳以上――。こんな意識を持つ人が4割に上ることが、4日に閣議決定された2016年版の厚生労働白書に盛り込まれた調査でわかった。世界保健機関(WHO)が高齢者と定義している「65歳以上」とした人は半分の2割。少子高齢化に伴い働くお年寄りが増えたことも影響しているようだ。
 厚労省は2月にインターネットを通じて、40歳以上の男女計3千人を対象に調査を実施した。何歳から高齢者になると思うか聞いたところ、「70歳以上」が最も多い41・1%で、「65歳以上」が20・2%、「75歳以上」が16・0%、「60歳以上」が9・8%と続いた。とりわけ60代は半数近くが「70歳以上」と答えた。
http://www.asahi.com/articles/ASJ9Y6VLWJ9YUTFK01J.html

役所の作ったデータなので信用はできない。
それはともかく、おれは「65歳以上」ならば「高齢者」の括りでいいと思う。
個人差があるし、「高齢者」=「老いぼれ」ではない。
だからとて「倒れるまで働いて納税しろ」「年金はやらん」という政府の考えには反対だ。
人間は働くために生まれたのではない。
せっかくの人生である。大いに楽しめばよい。

遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ

<梁塵秘抄>

The Legend – Enjoy Yourself

This is a B-side single to “Portrait Of Youth” and is written is by B. Davis, R. Russ.
The 45 was released in 1968 by Megaphone Records and the catalog # is R 703.
This group hails from California.

The 3rd Evolution – Don’t Play With Me

This is an A-side single to “Gone Gone Gone” and is written by Mike Henderson. The 45 was released in 1966 by Dawn Records and the catalog # is 306. This group hails from Bronx, New York.

Nick Todd – Plaything(1957/08)
orchestra & chorus conducted by Billy Vaughn

Pop Chart Peak: Billboard 41
“Nick Todd” was actually Pat Boone’s younger brother Cecil.

Ted Newman – Plaything(1957/08)

Billboard Chart Peak: 45
Stalling short of the Billboard top 40 were this track and the soundalike cover version by “Nick Todd” (Pat Boone’s younger brother Cecil)

Miss J. M. Abreau – Play It Smart-Play It Hard
Composer: Norris

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 事実上停戦が崩壊しているシリア内戦を巡り、米国務省は3日、ロシアとの停戦に向けた協議を中止すると発表した。米ロが仲介した停戦は今年2月に続いて再度、名実ともに失敗に終わった。
 シリアではロシアがアサド政権を支え、米国などが反体制派を支援している。同省のカービー報道官は協議中止について、米国がロシアとの交渉努力を続けてきたことを強調。そのうえで「ロシアが約束を守らなかった。シリアの政権に停戦合意を守らせることができなかった」「ロシアとシリアの政権は軍事手段を選んだ」と述べ、ロシア側が合意を破ったとして批判した。
http://www.asahi.com/articles/ASJB424T2JB4UHBI00J.html

ロシア・中国は約束やルールを守らない。
ソ連の対日参戦などはまさにそれだ。
アメリカとて大差はなかろうが、ロシア・中国よりまだマシ。
そのロシアと北海道を鉄道で結ぼうというのだから、安倍首相の気が知れない。財界の要望だろうが、国防上あり得ない選択で、ここでもまた自公政治の矛盾が露呈している。

 小学館は4日、アマゾンジャパンが運営する電子書籍読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」から、小学館提供の170~180作品が削除されたことを明らかにした。同サービスを巡っては講談社が3日、自社の作品を削除されたとして抗議する声明を発表していた。
 小学館は「読者に対して十全な対応ができず、著作者に不安を与えている」としてアマゾン側に改善を申し入れた。
 小学館は「キンドル アンリミテッド」向けに最大635作品を提供していた。しかし現時点で、写真集約150作品と雑誌20~30作品の配信が停止されているという。同社広報室は「出版業界の発展を停滞させないよう、アマゾン社と話し合いを続ける」としている。
http://www.sankei.com/economy/news/161004/ecn1610040013-n1.html

外資企業に誠意や商道など希むべくもない。
それに日本支社が本社の指示に背いて独自の対応をしたら、日本支社長以下 担当者はみなクビだ。
外資というのはどこも、そういうファッショ体制、恐怖支配で成り立っているんだよね。

 大阪府は4日、昭和45(1970)年の国際博覧会(万博)のシンボル「太陽の塔」の内部公開について、募集定員(500人)を大幅に上回る約4万通の応募があったと発表した。当初の10月29日のほか、翌30日も定員800人で追加開催し、29日の落選者から抽選する。
 10月下旬から耐震補強工事が始まり、平成30年3月の一般公開まで内部に入れなくなる。府は「46年前の大阪万博当時の姿が見られる最後の機会」として、9月末まで募集していた。
 塔内の工事では、原生生物が人類へと進化する過程を表したオブジェ「生命の樹」や、行方不明となっている「地底の太陽」を復元する。
http://www.sankei.com/west/news/161004/wst1610040047-n1.html

建築物の維持には大金がかかる。それに見合う価値があるかどうか。
「太陽の塔」には、おれは「ある」と思う。
ただし将来、維持費が確保できなくなれば是非もない。そういうもんだ。

The Nocturnes – Fairground Man
fairground=催事会場、見本市会場

This is a B-side single to “Montage” and is written by Nicky Walker.
The 45 was released in 1968 by Columbia Records and the catalog # is DB 8493.
This group hails from the UK.

以下、「太陽の塔」を含む投稿。

2016/09/19
面妖なる「アンチエイジング・ビジネス」が米国で拡大している
MITの研究者が共同設立し、6人のノーベル賞受賞者を科学顧問にもつ栄養補助食品メーカー・Elysium。その輝かしい顔ぶれによってメディアの人気者となった同社のサプリメントの主原料は、人における効果が実証されておらず、自社で生成することもできない物質だ。
(中略)
共同設立者は、老化研究で有名なマサチューセッツ工科大学(MIT)の科学者。科学顧問は、6人ものノーベル賞受賞者たち。売っているのは、あなたの若さを保ってくれるかもしれない魔法のサプリメント──。
http://wired.jp/2016/09/19/the-weird-business/

元始、女性は太陽であった by 平塚らいてう
太陽の塔ではない。
が、美の維持にはそれなりにお金がかかる。

ノーベル賞を受賞したからといって、人格者かどうかは分からない。むしろ大金の動く「物欲しげな」プロジェクトに組み込まれてる人のほうが多いかもしれんね。

株式会社立ウィッツ青山学園高校(三重県伊賀市)をめぐる就学支援金詐取事件で、詐欺容疑で逮捕された同校運営会社「ウィッツ」(同)元監査役の馬場正彦容疑者(56)が、「うちは卒業証書を販売する商社だ」と言って生徒を勧誘させていたことが関係者への取材で分かった。
 関係者によると、馬場容疑者は東京地検特捜部の調べに対して容疑を認め、「私の認識が甘かった」などと話しているという。特捜部は、勾留満期の4日に馬場容疑者を詐欺罪で起訴する見通し。
http://www.asahi.com/articles/ASJB3543MJB3UTIL02V.html

「卒業証書を販売する商社」みたいな学校は世の中にゴマンとある。もちろん表立っては言わない。
この人はきっと正直なんだろうね。

35年前、2人のサラリーマンが東京でマンションを買った。1人は郊外の駅から離れた場所に広めの4LDK。もう1人は近郊の駅近で狭い2LDK。価格はそれぞれ4000万円前後と、あまり変わらなかった。
 35年後の今、彼らはすでに定年を迎えて年金生活を送り、住宅ローンも払い終えた。そして、それぞれに自宅の売却を考え、不動産会社に査定を依頼した。
 その結果、郊外の4LDKは800万円。近郊の2LDKは3200万円と評価された。何と査定額に4倍の差が生じている。なぜ、これほどの差がついてしまったのか。
 分譲マンションというのは、一戸建てなどに比べて換金性が高い。つまり、売りやすい不動産である。しかし、購入の選択を誤れば、数十年後には資産価値が数分の1になる。収入や学歴と同様に厳しい格差が生じるのだ。
http://news.infoseek.co.jp/article/04fujizak20161004019/

残酷な話やね。
今後はどうなんだろう。ますます一極へ輻輳するのか、少しは均衡化へ動くのか。
物件がどんどん余って、移民とかも入らなければ、さすがに全体として値下がりはするだろうけど、一億総貧乏で販売数も減って、庶民には手が出ない点だけは変わらないって気がする。

2016/09/07
アメリカのFDA=食品医薬品局は2日、トリクロサンやトリクロカルバンなどの成分を含む一部の抗菌せっけんやボディソープなどを販売禁止にすると発表しました。通常のせっけんより殺菌効果が高いという根拠がなく、人間の菌への抵抗力を弱めたり、ホルモン作用に悪影響を与えたりするリスクがあると指摘しています。日本では、こうした抗菌せっけんは「薬用せっけん」と呼ばれることが多く、これらは厚生労働省に効能や安全性について承認を得る必要がある医薬部外品として扱われています。アメリカで指摘された成分を使っている商品を、日本で販売している企業は、「厚労省の承認を得ていて問題はない」と回答しました。一方で、アメリカでの問題を受けて、該当する成分から別の成分に切り替えている企業もあります。厚労省は「今すぐに規制を設ける状況ではない」としていて、情報を収集して措置が必要かどうかを検討していく考えです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_117753/

2016/09/30
 厚生労働省は、アメリカで効果が確認できないとされた殺菌成分を含む薬用せっけんについて、別の殺菌成分へ切り替えるよう全国の製造業者に呼び掛けました。
 アメリカは9月2日、抗菌せっけんに含まれるトリクロサンなど19の殺菌成分について、効果や安全性が科学的に確認できないとして、同じ成分を含む製品の販売を来年9月までに禁止します。これを受けて、厚生労働省は30日、全国のせっけん製造・販売業者に対し、19の成分を含む国内の製品について別の殺菌成分へ切り替えるよう文書で促しました。せっけんの製造・販売業者からなる日本石鹸洗剤工業会も「消費者に安心して製品を使ってもらうため、切り替えを進めている」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000084593.html

2016/09/30
 韓国で起きた「殺人加湿器事件」を覚えているだろうか? 加湿器用殺菌剤が原因で、100人以上が死亡。去る5月2日には、その殺菌剤を販売していた英国系企業オキシー・レキットベンキーザー社の日本・韓国法人代表、アタ・シャフダー氏がソウルで謝罪会見している。謝罪する同氏に対して、遺族が平手打ちを食らわせるシーンも報道された。
 なんとも恐ろしい事件だが、その騒動がようやく一段落を見せつつあった最近、加湿器殺菌剤に使われていたものと同じ成分であるCMITとMIT(クロロメチルイソチアゾリノン/メチルイソチアゾリノン)が歯磨き粉に混入していたことがわかり、韓国内がパニックに陥っている。CMITとMITは塗料などに含まれていても皮膚炎などを誘発し、肺線維化を引き起こす可能性がある危険な化学物質に分類されており、それが毎日のように使う歯磨き粉にまで混入していたとなれば、その混乱ぶりは想像に難くないだろう。”殺人歯磨き粉”と呼ぶのは大げさだが、混入が明らかとなったのは、韓国最大の化粧品メーカー、アモーレパシフィックが販売していた歯磨き粉11種だ。
 しかも、問題となった歯磨き粉のうち「メディアン」と「ソンヨム」は、かなりの人気商品だという。複数のメディアによると、韓国の歯磨き粉の市場規模は約2,000億ウォン(約200億円)。ブランド別シェアを見ると、LG生活健康のペリオ(27・9%)が1位で、メディアンは20・1%の2位、ソンヨムも5・5%のシェアを誇る。つまるところ、韓国の歯磨き粉全体の25・6%に有害成分が含まれていたことになるわけだ。
 問題はそのことを、製造業者や管理当局すら知らなかったという点だ。

<韓国業界シェアNo.2メーカーが”殺人歯磨き粉”販売も、政府機関は「水ですすぐから問題ない」の大放言 – TOCANA より一部引用>
http://tocana.jp/2016/09/post_11059_entry.html

2014/01/14
椎名氏によると、加工肉には、冒頭で紹介したインジェクション肉の他に2つの種類があるという。
「細かな肉を集め、結着剤でくっつけて形を整える『結着肉』と、硬い肉の筋を抜いて酵素添加剤などを加えて柔らかくした『柔らか加工肉』です。とくに結着肉は相当な量が流通しています。サイコロステーキなどは、内臓や脂身、すね肉などの細かい端肉を結着剤で固めてカットした結着肉。激安の焼き肉店などで提供されるカルビやハラミなどにも多い。結着肉を焼いてみると、脂分が多いため異常に火が上がったり、肉がばらけるという特徴が見られます」
肉に使われる結着剤は、リン酸ナトリウム、カゼインナトリウム、増粘剤などの食品添加物。
(中略)
回転寿司店やスーパーなどで販売されるネギトロの軍艦巻きだ。マグロの中トロを叩いたものに刻んだネギが載ったもの—なんて思ったら大間違い。
安価なものの場合、キハダやカジキといったマグロの「赤身」が使われる。口に入れたときの滑らかな食感は、ショートニングという人工油脂や精製ラードが混ぜられているためだ。
「安いネギトロは全体の2割が、魚ではなく脂です。ただし、それだけでは味が薄くなってしまうので、化学調味料なども入っていて、美味しいと感じるように味が調整されているのです」(食品安全教育研究所代表・河岸宏和氏)
(中略)
肉のうま味をもっとも手軽に出せるのが、この牛脂。だが、ルーの中に入れると分離してギトギトになってしまうので、脂をルーと一体化させる乳化剤が投入される。カレーの場合、安いものほど牛脂や乳化剤が多く含まれる傾向が強い。
価格を安くするために、「カサを増す」という手法も多用されている。
「ハンバーグや肉まんの具、ミートボールなどでも、植物性たんぱく質、要は大豆などから作られたたんぱくが半分以上入ったものが普通です」(前出・河岸氏)
とくに顕著に表れているのがエビフライだろう。冷凍食品のものに多いが、エビパウダーで風味づけしたタラのすり身などでエビを覆い、衣をつけて揚げている。本体のエビにも「カサ増し」がされているものもあり、筋を切ってまっすぐにし、長く伸ばす加工が施されているという。中国など海外の工場で製造され、「のばしエビ」として輸入されている。
(中略)
「野菜は普通、切ってから3時間もすれば切り口から黄ばんできますが、カット野菜やカップに入ったサラダなどは、何時間たっても変色せず新鮮なままです。これは、殺菌剤のプールに浸してからパックされているためです」
食品に使われるのは、次亜塩素酸ナトリウム。高濃度だと漂白剤として使われる薬品だが、薄めれば殺菌効果のみで安全性は問題ないとされる。
(中略)
素人には加工しようがないと思われる食材にも、鮮度を保つための見えない技術が隠されている。たとえば米。加工食品用に米を炊く際は、炊飯添加剤が入れられており、冷めても柔らかくてうま味があり、時間が経っても黄色く変色しないご飯ができあがる。こうしたご飯は、おにぎりや弁当だけでなく、外食チェーン店でも使われている。
(中略)
いまや、ファミリーレストランや居酒屋などの外食チェーン店では、冷凍食品を電子レンジで加熱して提供するのは常識だ。
(中略)
外食に「本物」が少なくなってきた背景には、消費者が安くて旨いものを求め続けてきた結果という側面もあるだろう。「安くて旨くて健康にいい」なんて都合のいいものは存在しえないということを肝に銘じておくべきかもしれない。

<知らぬは客ばかりなり 外食産業実はこんなふうに作ってます(週刊現代) 現代ビジネス 講談社 より一部引用>
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37893

やけにソフトな食パン、やけに安いハンバーグ弁当、そういうのを食べるととたんに腹をこわすのはなぜか?
生体にとって受け付けがたい物質が使われてるからではないのか?
十年くらい前から、私はそう考えるようになった。

文明が発達するがゆえに人類は自らの首を絞める、ということをこれまで何度か書いている。
確かに悲観的見方かもしれぬが、もはや私の確信は揺るがない。
これからは特に、問題意識・批判精神・判断力に欠けた「騙されやすく信じ込みやすい善人」や「情弱」は長生きできないだろう。

以下、「食の安全」「有害物質」「有害化学物質」「加工肉」「結着肉」「油脂」「ショートニング」「リン酸」「トランス脂肪酸」「飽和脂肪酸」「アクリルアミド」「ホルムアルデヒド」「ダイオキシン」「ベンゼン」「六価クロム」を含む投稿。

2016-10-04
■「ワサビの辛さとトウガラシの辛さを言葉の上で区別できないのが問題」
という意見を見かけたので新しい言葉を考えよう。

Wikipediaによるとワサビとトウガラシの辛味成分は以下のようなものらしい。

ワサビやカラシなどの辛さ=アリルイソチオシアネート
トウガラシの辛さ=カプサイシン(コショウの辛さ=ピペリン)

この二つを区別すればいいわけだ。
(以下略)
http://anond.hatelabo.jp/20161004181850

日本人は外人がどうでもいいと思うようなことにも形容詞や名詞を宛てがってきた。
そのため該当する言葉がなかったり訳せなかったりする日本語が結構あるという。

「ワサビの辛さとトウガラシの辛さを言葉の上で区別できない」ということは、今の今まで気がつかなかった。なるほどそれぞれに用いる表現があってよい気がする。

大根おろしの辛さはどうだろう。個人的にはワサビ、トウガラシ、双方の辛さに通じるものがあると思うが、味覚にも個人差があるだろうから断定はできない。

あと、そのものズバリの表現がないからこそ、比喩が豊かになるということはある。

追加記事

2016/10/05
 レトルト食品や菓子類など国内で製造されたすべての加工食品について、主な原材料の原産国表示を原則的に義務づける素案を国がまとめた。5日の有識者検討会で提示する。年内に細部を詰め、早ければ来年にも新しいルールができる見通しだ。
 これまで加工食品全体の1~2割とみられる一部の食品にしか義務づけられていなかったが、消費者が食品を選ぶ際の判断材料となるよう全加工食品に広げる。
 現行のルールでは、魚の干物や野菜の漬物など加工度が低い22食品群・4品目に限り、食品中の重さが50%以上を占める原材料について原産国表示を義務づけている。
 消費者庁と農林水産省がまとめた新ルールの素案では、重さ50%に満たないものも含め食品中の重量1位の原材料について、原産国を表示。複数国産の素材を混ぜ合わせている場合は、重量の順に国名を上位3カ国程度まで記載する。
 例えばしょうゆ。現在は表示が義務づけられていないが、新ルール案では、原材料で重量が最も重い大豆について、原産国を表示する。また、複数国の大豆を混ぜて使っている場合、重量順に「アメリカ、カナダ、ブラジル」などと国名を表記する。
http://www.asahi.com/articles/ASJB45QYJJB4UCLV00Z.html

TPP可決で怒涛のように入ってくるので、あとは自分でチェックして自己責任でということ。
(2016年10月5日)

追加記事

(2016年10月20日)

追加記事

(2017年3月4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です