ペルーのROCK/POPS(13)

2015/12/07
 ペルーの町セロデパスコは、標高4300メートルほどの山間にあり、地球でいちばん高地にある町のひとつ。小柄だが精力的な女性国会議員、グロリア・ラモス・プルデンシオ氏は、人口は7万人のこの町の出身だ。
「子どものころ、アメリカ人が住んでいるベラビスタ地区を通り過ぎるとき、母に何度も訊ねたものです。『なんで米国人はすてきなうちをもってるの?』と。学校では、先生に訊きたがりやと呼ばれました」ラモス氏はそう振り返る。
 ラモス氏がこのところ訊きたいのは、どうすれば故郷の町を巨大な穴から救えるか、ということだ。
(中略)
セロデパスコは、世界でいちばん鉛の毒に汚染された町のひとつだ。

<巨大な穴にのみ込まれる町、ペルーの鉱山 ナショナルジオグラフィック日本版サイト より一部引用>
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/120400348/

深刻な公害を発生させておきながら、それを認めず平然としている企業と国。
日本もそういう国だったし、今だってそうだろう。
日本の採鉱はもはや国策が扱うようなものではなくなってしまったが、公害患者が置き去りにされている現実は変わらない。

 

We All Together
同じころの日本のニューミュジック系と非常に似た感じ。
地球の裏でも同じ時代の空気を吸っていた連中がいたようだ。

We All Together – Carry On’Til Tomorrow(1972)
2度目の引用。

We All Together – Walking In The Rain(1972)

We All Together – Some People Never Know(1972)

We All Together – Tomorrow(1972)
2度目の引用。

We All Together – Band On The Run(1973)

We All Together – Bluebird(1973)
2度目の引用。

We All Together – Lo más Grande Que Existe Es El Amor(1973)

We All Together – Soy tíMido(1973)

We All Together – Together Forever(1973)

We All Together – Nadie Me Ama Como Tú(1973)

We All Together – Symbol Queen(1973)

We All Together – We Live Too Fast(1973)

We All Together – Ozzy(1973)

We All Together – Silly Roadman(1973)

We All Together – It’s Us Who Say Good Bye(1974)

We All Together – Beautiful People(1974)