ピーター・オトゥール死去

Oscar-Nominated Actor Peter O’Toole Dead at 81
The star was best known for his role in Lawrence of Arabia
By Courtney Subramanian @cmsubDec. 15, 20133 Comments
Correction appended: Dec. 15, 2013, 11:00 p.m. E.T.
Critically acclaimed actor Peter O’Toole, known for his role in the 1962 film Lawrence of Arabia, has died, his agent confirmed to British press on Sunday. He was 81.
The eight-time Oscar nominee passed away on Saturday at a London hospital after suffering from a longtime illness, according to his agent Steve Kenis, the Guardian reports.
O’Toole announced his departure from the stage and silver screen last year.
<British Actor Peter O’Toole Dead at 81 | TIME.com>
http://entertainment.time.com/2013/12/15/oscar-nominated-actor-peter-otoole-dead-at-81/#ixzz2ndcQV6AF

‘Lawrence of Arabia’ Star Peter O’Toole Dies at 81
10:25 AM PST 12/15/2013 by Mike Barnes, Duane Byrge
Peter O’Toole, the wry, fun-loving star who played the dashing English adventurer and army officer T.E. Lawrence in the 1962 epic masterpiece Lawrence of Arabia for one of his eight best actor Oscar nominations without a win, has died, his agent told BBC News. He was 81.
The actor died Saturday at The Wellington Hospital in London after a long illness, his agent, Steve Kenis, said.
O’Toole announced in July 2012 that he was retiring from acting. “The heart for it has gone out of me: it won’t come back,” he said. He did, however, return with announced parts in Katherine of Alexandria and Mary, two films yet to be released.
http://www.hollywoodreporter.com/news/lawrence-arabias-peter-otoole-dead-665794

映画「アラビアのロレンス」で主役を演じた俳優のピーター・オトゥールさんが14日、病院で死去した。81歳だった。広報担当者が明らかにした。
2012年に引退を宣言し、最近は闘病生活が続いていた。最期は安らかだったという。
オトゥールさんはアイルランドに生まれ、10代の時にイングランドで舞台デビュー。テレビや映画に出演するようになり、アラビアのロレンスのT・E・ロレンス役で世界的スターとなった。
62年の同作品をはじめ、「ベケット」(64年)、「冬のライオン」(68年)、「チップス先生さようなら」(69年)などの作品でアカデミー賞の主演男優賞にノミネート。70年代にはアルコール依存症でしばらく舞台から遠ざかっていたが、「スタントマン」(80年)で復帰し、「ヴィーナス」(2006年)に至るまで計8回、主演男優賞にノミネートされながら、すべて受賞を逃した。
03年のアカデミー賞では名誉賞を贈られ、「その素晴らしい才能で、映画史上最も記憶に残る登場人物の数々を演じた」とたたえられた。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35041434.html

オトゥールではなくオートゥールと憶えていた。
特段好きな役者ではなかったが、イギリスの本格的な俳優の資質・実力・奥深さを十二分に感じさせる演技に毎度圧倒された。代表作の
アラビアのロレンス(Lawrence of Arabia, 1962)
ラ・マンチャの男(Man of La Mancha, 1972)
はともに劇場の大画面で見ている。
おしゃれ泥棒(How to Steal a Million|How to Steal a Million, 1966)
は、英語圏の人間にとってのイギリス人の見え方というものを、最初に私に気づかせてくれた。

Actor Peter O’Toole dies at age 81
公開日: 2013/12/15

『ラ・マンチャの男』のセルバンテス=ドン・キホーテ=アロンソ・キハーナにとっての見果てぬ夢は、
騎士道精神の体現と騎士道物語の実践。
その精神は赤穂浪士の主君に対する、まるで赤子の母親に対するような恋慕と忠誠に近いものがある。
騎士道物語においては、お姫様への永遠にかなわぬ恋情が隠されているように思えて、私は「なんだか無法松みたいだなー」と(笑)

“Man of La Mancha”(1972)
ラストシーン

<参考>
Little Free Rock – Age Of Chivalry(1969)
タイトルは「騎士道時代」の意。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

コーヒークリーム
ナトリウム(ソディウム)・アルミノケイ酸塩に発火作用がある。あまりコーヒークリームを火に直接投入する方も少ないと思うが、ガスコンロやガス台で不意にこぼしたら危険だ。
http://www.yukawanet.com/archives/4591103.html#more

ほとんどの喫茶店で出てくるコーヒークリーム。
あれは使わないほうが無難だ。

 食品添加物に詳しい安部司氏がこう語る。
「実は乳製品じゃないから腐らないんです。菜種油など植物性油脂を主原料に乳化剤、増粘多糖類、着色料などを加え、日保ちを良くするためにPH調整剤を加えたもの。植物油に水を混ぜ、添加物で白濁させミルク風に仕立てています。ほとんどの人が知らずに乳脂肪よりカロリーの高い植物性油脂を入れているのです」
 ちなみに、「安いショートケーキなどに使われる生クリームも同じ手法。植物性油脂と添加物で作られており、乳脂肪成分はほとんど入っていません」(食品問題に詳しいジャーナリスト・郡司和夫氏)
※週刊ポスト2013年6月28日号

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/22/015/

「クリームじゃないもの」であるだけではない。
あれを出す喫茶店は喫茶店失格と私は考えている。

Paul Hampton – Creams(1960)
作曲・編曲はバート・バカラック。2度目の引用。

Betty James – I’m A Little Mixed Up(1961)

Betty James – I’m Not Mixed Anymore(1962)

Patty & The Emblems – Mixed-Up, Shook-Up, Girl(1964/05)
conducted by Leroy Lovett
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Cash Box 28, Billboard 37, Record World 37
The only national chart hit for Patty Russell and her Camden NJ group.

The Stridells – Mix It Up(1969)

以下「揺れ」「Shake」「Shook Up」「ゆさぶり」「揺さぶる」「揺らす」「揺らせる」を含む投稿。

 食物アレルギーのある公立小中学生約4200人を対象とした文部科学省の抽出調査で、原因食品を取り除いた給食を提供されている児童生徒が61・1%にとどまることが16日分かった。28・1%は自分で原因食品を取り除いて食べており、10・8%は昼食に弁当を持参して対応していた。
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121601001532.html

やはり我々現代人は食べてはいけない物質が含まれたものを口にしてるし、吸ってはいけない粒子・気体を吸ってるし、自然界に単体では存在しない触れてはいけない化学物質に触れておりますからね。
不便で、質が悪く、腐りやすく、効率が悪くても、自然がいちばんです。
エコとかロハスとか意気込む必要もありません。自然をありのままに受け入れることが、すなわち自分も自然の一部になることですからね。
私の”太陰暦的生活の提唱”も多分にビンボーのすすめとなってしまうことは致し方ないんですが、人類が生き延びる途はそういう方向しかないと思ってます。

 人気漫画「黒子のバスケ」を巡る連続脅迫事件で2013年12月15日、大阪市東成区の職業不詳(36)が威力業務妨害の疑いで逮捕されたことを受け、インターネット上では早速さまざまな意見が飛び交っている。
 アニメーション監督の山本寛さんはツイッター上で容疑者の「ごめんなさい、負けました」という供述に言及し、「ああ、やっぱりお前らって『勝った負けた』なのね」との感想を投稿した。
http://www.j-cast.com/2013/12/16191790.html

勝負が成り立たないものに「勝ち負け」をいう人はけっこうおりますね。
例えば「ギャンブルでいくら勝った」とか彼らはいいますが、ギャンブルは胴元が圧倒的に勝つことがシステム的な前提で、ほんの一部の者が大衆の欲望を駆り立てるインセンティブの役目を担って特例的に過大な報酬を得ることになっておりますから、勝負でも何でもないわけです。ゲームだってそれを作った側がシステムだけでなくルールまでも作っている以上、対等であろうはずがない。
スポーツのフェアな試合なら勝ち負けもあるでしょう。出所後はそういう本当の勝負に挑んでもらいたいものです。

Earl Thomas Conley – I Can’t Win For Losing You(1986)

Hot Sauce – I Can’t Win For Losing(1971)

John & Eddy – I Can’t Win For Losing(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

水前寺清子 – どうどうどっこの唄(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

ベッドを前にして、寝る気まんまんの犬。
http://labaq.com/archives/51812668.html

Dog goes to sleep
アップロード日: 2007/11/13

都心でも先週末あたりから一段と寒さが厳しくなってきた。
布団に潜り込んでも、肩や向う脛が冷えてなかなか寝つけない。
布団を重ねると、さして重くもないのに、やっぱり疲れるしね。

そうそう一晩中扇風機をつけて、掛け布団なしに寝てたのはついこないだだったのに。
あれからまだ半年たってないよね。

 「ワイルドライフ・リザーブズ・シンガポール(WRS)」が運営する「リバー・サファリ」(80 Mandai Lake Road)は12月7日、ボートに乗りアマゾン川の探検体験ができるアトラクション「The Amazon River Quest」を始めた。
 リバー・サファリ開園当初から計画され、準備を進めてきた同アトラクションはアマゾン川ゾーンに位置する。アマゾン川と周辺の熱帯雨林を再現したアマゾン川ゾーンでは、アマゾン川周辺に生息する約30種類の動物を飼育。同アトラクションの開始でアマゾン川ゾーンが完成し、これまで部分的にオープンしていたリバー・サファリの全ゾーンがオープンした。
http://singapore.keizai.biz/headline/5668/

シンガポールの話である。
『アマゾン川と周辺の熱帯雨林を再現』というけれど、緯度からするとシンガポールの植物相や生息動物はアマゾンと大差ないイメージだ。

リヴィエラ、リビエラ(Riviera)
riviera は、もともとイタリア語で「海岸」「湖岸」「川岸」を意味する普通名詞である。

<リヴィエラ – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%A9

フランス語で「川」はrivière(リヴィエァ)
イタリア語でfiume(フィウメ)
スペイン語でrío(リィオ)
ポルトガル語でrío(リオ)
ドイツ語でFluss(フロス)

美空ひばり – 川の流れのように(1989)

  ※(略)

 

研ナオコ – さだめのように川は流れる

  ※(追記:この動画は削除されました

 

森進一 – さだめのように川は流れる

  ※(追記:この動画は削除されました

 

杏 真理子 – さだめのように川は流れる(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

講談 二代目神田愛山「赤穂義士銘々伝・大高源吾」

  ※(追記:この動画は削除されました

 

奥村チヨ – 川の流れのように(1971/08/05)
作詞:橋本淳、作曲:中村泰士、編曲:川口真

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Christie – Yellow River(UK:1970/04/10, US:1970/05/22)

The Tremeloes – Yellow River

1st Recording Of “Yellow River”
from the album “Silence Is Golden”(1985)英Meteor MTLP-002
Unissued until the 1985 LP “Silence Is Golden,” this sounds a lot like the hit 1970 Christie version, doesn’t it? When the initial Tremeloes recording of this ‘going-home-from-the-war’ tune was rejected for a single release by the UK group, the producer created a ‘new’ version using the same backing track but with the song’s composer Jeff Christie replacing the Tremeloes voice tracks with his own.

Classical M – Une Rivière Qui S’Égare(1970)

The Next Step – Rivers Of Hate

This is a B-side single to “I Said No” and is written by J. Hayes, D. Williams, G. Henry.
The 45 was released in 1967 by M.C.C. Records and the catalog # is 101067.
This group is from California.

Géraldine Gaulier – La riviere me disait(1966)

The Sunrays – Just’Round The River Bend(1966)
タイトルは「川の曲がりくねったあたり」の意。

Under the direction of Murry Wilson, this lovely harmonic ballad was issued as the flip side to’Hi, How Are You’ the sixth of the seven singles the SUNRAYS relased on the Tower label. Recorded at Hollywoods Gold Star Studios in September 1966, L.A’s’Wrecking Crew’ took Don Ralke’s arrangement and provided a beautiful musical backdrop for the dreamy vocals. This recording along with the unreleased,’Tired Of You’ and’Old Man Doubt’ show off the majestic living and breathing echo of Gold Stars legendary echo chamber

<参考>
Just Around The Riverbend – “Pocahontas”(1995)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Brenda Lee – Too Many Rivers(1965/05/17)

Pop Chart Peaks: Billboard 13, Cash Box 15, Record World 17
Brenda’s most successful single release of the year.

Les Cailloux – En montant la rivière(1964)

Ben E. King – River Of Tears(1964)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Johnny Cash – Big River(1964)

Patricia Carli – Le roseau et la riviere(1963)
フランス語で「葦と川」の意。

Johnny Cash – Big River
Grand Ole Opry, 1962

Walter Brennan – Old Rivers(1962/03)
with The Johnny Mann Singers, produced by Snuff Garrett
BGMと語り。2度目の引用。

Top 5 record hit was the most successful recording by the multiple-Oscar-winning character actor. At the time of this recording, Brennan was 67 and starring in the television series “The Real McCoys.”

Chase Webster – Moody River(1961/03)
orchestra & chorus conducted by Frank Slay
この曲のオリジナル。
‘Chase Webster’ was a pseudonym for songwriter Gary Daniel Bruce, who composed and introduced the song that soon thereafter was recorded in a similar arrangement by Pat Boone (a #1 hit). Also in circulation is a Webster re-make from some years later.

Teddy Vann – River Keep Moving(1962/05)

Pat Boone – Moody River(1961/04)涙のムーディー・リバー
orchestra conducted by Billy Vaughn

Three years after the end of his impressive 1955-1958 run of top hits and million-sellers, Pat returned to the #1 spot for the final time with this downbeat but catchy tune.

<参考>
Big Daddy – Dancing In The Dark(1983)
2度目の引用。

Si Zentner – Up A Lazy River(1961)

仲宗根美樹 – 川は流れる(1961)

  ※(略)

 

Jerry Butler – Moon River(1961)
arranged by Riley Hampton

Oscar-winning Johnny Mercer-Henry Mancini song hit from the Audrey Hepburn film “Breakfast At Tiffany’s.” During “Moon River’s” initial run, both this and the (also-posted) Mancini version sold well and received regular radio airplay.

Henry Mancini, his Orchestra and Chorus – Moon River(1961)

Six months on the singles charts for this memorable Oscar-winning Johnny Mercer-Henry Mancini song hit from the Audrey Hepburn film “Breakfast At Tiffany’s.” This track was also included in the movie’s soundtrack album which spent nearly two years on Billboard’s LP charts, including 12 weeks at #1. See also the popular Jerry Butler version of “Moon River.”

Roger King Mozian – Lazy River(1960)

Ethel Waters – Deep River(1960)

Mavis Rivers – Walkin’by the River(1960)

Bob Froggy Landers & The Cough Drops – River Rock(1958)

Jaye Sisters – Going To The River(1958)

中原美紗緒 – 河は呼んでいる L’eau Vive
フランス映画『河は呼んでいる』(1958)主題歌。

Guy Béart – L’eau vive 河は呼んでいる

Roberta Sherwood – Lazy River(1956/05)
orchestra conducted by Jack Pleis

Billboard Chart Peak: 57
Nightclub performer and occasional actress who first achieved national recognition in 1956 at the age of 43.

Harry Belafonte ‎- The Next Big River(1954)

Tennessee Ernie Ford – River Of No Return(1954)
声楽的発声の「帰らざる河」。どんなもんでしょう。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Fats Domino – Going To The River(1953)

Spike Jones and his City Slickers – The Blue Danube(1945)
vocal: Carl Grayson, Del Porter and The Boys In The Backroom

Tommy Tucker – Lazy River(1941)
vocal: Don Brown & Voices Four

Una Mae Carlisle – Walkin’By The River(1941)
2度目の引用。

Peter De Rose Orchestra – My River Home(1932)
vocal: Jim Harkins

Though famed songwriter De Rose is given lead label credit and some sources show him as the vocalist, he did not write this song, it was actually the band of Tom Berwick, and the vocalist is the same one identified on other recordings as Jim Harkins.

Dell Lampe and his Orchestra – My River Home(1932)
vocal: Elmer Feldkamp

Ray Noble and his Orchestra – Blue Danube(1932)
Johann Strauss II:The Blue Danube Op.314
ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ『美しく青きドナウ』

Herman Waldman and his Orchestra – Lazy River(1931)
with vocal quartet

Hoagy Carmichael and his Orchestra – Lazy River(1930)

recorded November 20, 1930
Here’s the very first recorded version of the Hoagy Carmichael-Sidney Arodin standard.

Rudy Vallee and His Connecticut Yankees – Weary River(1929)
vocal: Rudy Vallee

On the flip side of Rudy’s “Deep Night” hit was this also-popular title song from a 1929 First National film starring Richard Barthelmess.

Vincent Rose-Jackie Taylor & their Hollywood Orcnestra – Blue River(1927)
vocal: Irving Kaufman as “Frank Harris”
2度目の引用。

recorded in NYC October 27, 1927
For the flip side “Did You Mean It?”

以下、「川下り」を含む投稿。

追加記事

アメリカの五大湖は今、アジアン・カープ(コイ科の魚で中国から来た外来種)とか藻類とかが異常繁殖して困ってるんですが、さらに小さなプラスチックのビーズにも汚染されつつあります。石けんに入ってるビーズって、あのおしゃれな小物・雑貨売場にあるファンシーな石けんに飾りで入ってるやつ?と思いきや、もっと普通のボディソープとか歯磨き粉、あとスクラブ洗顔剤とかに含まれてるごく細かい粒状のビーズのこと。どれくらい細かいかって、ジョンソン&ジョンソンのClean&Clearってブランドのスクラブ洗顔剤だと、1本に33万個のビーズが入ってるらしいです。アメリカ人が購入する石けん類に含まれるビーズの量は、年間57万3000ポンド(約260t)に及んでいます。
最近の研究によると、こうしたマイクロビーズは家庭の排水口から流れていって海にたまり、五大湖にも流れ出ていくそうです。五大湖の魚は、マイクロビーズを餌と間違って食べてしまいます。プラスチックを食べるってだけならそこまで問題ないんですが、プラスチックビーズはポリ塩化ビフェニルとか殺虫剤といった毒性成分も吸収しています。Atlanticに掲載されたゴカイに関する調査では、小さなプラスチックの欠片がそれを食べる生物の毒物摂取源になっていることを示唆しています。つまり人間をきれいにするためのスクラブが毒薬に変わって、魚がそれを食べているんです。
そして困ったことに、そのビーズを除去する方法が今のところありません。というのは、スクラブは非常に小さいので、仮に水をフィルターにかけて除去するとしたら、湖の生物の食料となるプランクトンも一緒に濾し取ってしまいます。さらに下水処理システムにも、これらのビーズを捉える仕組みはありません。プラスチックビーズは非常に小さく軽いので水に浮きますが、下水処理システムは基本的に水に沈む重い物質を除去するべく設計されているからです。

http://www.gizmodo.jp/2013/12/post_13673.html

スクラブのビーズってプラスティックなのか!
そんなもん食ってちゃビョーキにならないほうがおかしいね。
(2013年12月24日)

追加記事

The Hub Caps – Go Riviera Go(2015)
Swedish

このリヴィエラはラスベガスのカジノホテルではなく、人名か?

(2016年11月11日)

追加記事

T.E. Lawrence Passes – 1935 | Today In History | 19 May 17

British Movietone
2017/05/18 に公開
On May 19, 1935, T.E. Lawrence, also known as’Lawrence of Arabia,’ died in Dorset, England, six days after being injured in a motorcycle crash.

(2017年5月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です