フランスのROCK/POPS(37)

2017/05/05
決選投票が気になるフランス大統領選挙だが、何といっても焦点は、極右政党である国民戦線の党首、マリーヌ・ル・ペン氏の動向だろう。今のところ世論調査では、独立候補のエマニュエル・マクロン氏が優位でありその勝利は揺るがないと予想されている。だが、本当にそうなるのだろうか。私たちは、昨年2度も衝撃的な『ありえない』結果を見せられてきた。いうまでもなく、Brexit(英国のEU離脱)および米国の大統領選である。かつてのトランプ候補同様、ル・ペン氏も泡沫候補に過ぎなかったはずなのに、4月23日に実施された大統領選挙の第一回投票では堂々の2位だ。
その第一回投票は、すでにフランスにとって歴史的といえる結果となった。決戦投票に進んだマクロン氏もル・ペン氏も、いずれも既成政党の出身ではなく、これはフランス史上初めてのことなのだという。思えば、米国の大統領選挙で見せつけられたのも既存の伝統的な政党(共和党と民主党)の崩壊だ。特にトランプ氏を最終的に大統領候補に選ばざるをえなかった共和党に至っては、実質的に党の体をなしていなかった。民主党でも、『共産主義者』とまで疑われたサンダース候補の躍進ぶりは凄まじく、最後の最後まで善戦してヒラリー・クリントン候補を脅かした。
トランプ候補、サンダース候補共に、党こそ違えど、既存のエスタブリッシュメントによる『ワシントン政治』に反旗を翻し、それが多数の有権者の支持につながったわけだが、今のフランスも前回の大統領選挙当時の米国と非常に似通った構図になっている。

<SeaSkyWind: 注目すべきフランス大統領選挙/テクノロジーが導く民主主義の崩壊? – BLOGOS より一部引用>
http://blogos.com/article/221518/

アメリカでは今も反トランプのデモが各地で起きている。
フランスもしばらくは混乱が続くんじゃないか?

 

2017/05/07
5月1日はメーデーでした。アメリカ起源の労働者団結の日といわれますが、ヨーロッパ各地では夏が来たことを皆で喜ぶ日といっていいでしょう。
フランスはミュゲ(muguet)の日です。パリではフラワーショップに限らず、街の辻々に「ミュゲはいかが」と即席の花屋さんが現れて花を売り、愛する人や親しい人々がミュゲを贈り合います。

<フランス人が花を贈る目的は日本と全然違う 東洋経済オンライン より一部引用>
http://toyokeizai.net/articles/-/170407

そのご厚意をミュゲにはできまセン(きっぱり)

Renée Martel – Le temps du muguet(1969)

Dany Danielle – Le temps du muguet(1965)

Danielle Darrieux – Le temps du muguet(1959)
『モスクワ郊外の夕べ』は、フランスでは「すずらんの季節」ということになっている。

以下、「花」「植物」関連の投稿。

 

Les Chats Sauvages – Hey Pony(1961)
2度目の引用。

Mary Christine – Sur Ton Passé(1965)

Dany Jolls – Mon Toutou(1965)

Annie Girardot – Isalaide(1967)

Sophie Darel – Nuit De Noce(1967)

Javotte Martin – L’âge D’or(1967)

Sonia Laroze – Week End(1969)
2度目の引用。

Estella Blain – L’écureuil(1969)

Danielle Traglia – Demain je ne dirai plus rien(1970)

 

Michel Polnareff
ミッシェル・ポルナレフ
1944/07/03、フランス ロット=エ=ガロンヌ県ネラック生まれ。

Michel Polnareff – Love Me, Please Love Me(1966)

Michel Polnareff – La Poupée Qui Fait Non(1966)

Michel Polnareff – Una Bambolina Che Fa No, No, No(1966)

Michel Polnareff – Ame Caline(1967)

Michel Polnareff – Fat Madame(1967)

Michel Polnareff – Le Roi Des Fourmis(1967)

Michel Polnareff – Le Saule Pleureur(1967)

 

Bulle Ogier

Bulle Ogier – Ovaire Le Jour Et La Nuit(1973)

Bulle Ogier – Génération Spontanée(1973)

 

フランスのROCK/POPS(36)

2017/05/05
フランスの家飲みは、金曜日の夜や土曜日に行われることが多く、仕事が終わって着替えたりひと休みしたりしたあと、20時あたりから始まるのが一般的です。
日本に比べると、ちょっと遅めのスタートといった感覚でしょうか。しかし、これはフランスでは一般的なもので、レストランのディナータイムも19時30分からというところが結構あります。
ソワレでの食事はホストが用意しますが、招かれた人たちもたいていハムやソーセージなどのおつまみやチーズ、デザート、ワインなど、一品を持参することが多いです。

<日本とはかなり違うフランスの「家飲み」事情 GetNavi web 東洋経済オンライン より一部引用>
http://toyokeizai.net/articles/-/169286

フランス人て、普段はなに食ってんでしょうかね。
店で供されるような高級食材のコース料理のイメージしかないので、想像もつきません。

以下、「ワイン」「シャンパン」関連の投稿。

 

Orfino
前出 Les Pirates のメンバーの一人 Jean-Pierre Orfino。

Orfino – Les Crêpes(1965)
“I’m Not Crying Now”

Orfino – Aujourd’hui On Se Marie(1965)
“The Man With All The Toys”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Orfino – Les Rois De France(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Orfino – Pourquoi Ça M’arrive À Moi(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

Teddy Raye
フランス人ながら、スペインと南アフリカでブレイクしたようで、英ロンドンでも活動している。

Teddy Raye – The Dog

  ※(” target=”_blank”>追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye – T-Bird

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye – Ye-Ye(1965)

Teddy Raye – Do-Re-MI(1965)
2度目の引用。

Teddy Raye – Perdi El Por Que De Mi Vida

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye – Tête A l’Envers

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye et ses Teddy Boys – Crever d’amour
“All Shook Up”

Teddy Raye – Un Collier De Tes Bras

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye – Rock-a-Beatin’ Boogie
※音悪し。2度目の引用。

Teddy Raye – Jupon Bleu, Jupon Vert(1961)
タイトルはフランス語で「青い下着、緑の下着」の意。2度目の引用。

Teddy Raye – One, Two, Three, For Rock

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye – Go, Teddy Go

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye et ses Teddy Boys – Twist Stop

Teddy Raye – Perdi El Por Que De Mi Vida(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Raye – Run, Baby Run(1966)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました