あなたが踏むのは踏鞴(たたら)か、轍(てつ)か、地団駄か、二の足か、薄氷か、韻(いん)か、手順か、四股(しこ)か、虎の尾か、敷居か、畳の縁か、麦か、ステップか、犬のフンか、上履きの踵か、ブレーキと間違えてアクセルをか、はたまた地雷か

降って当然のNYCでも、3月の大雪はめずらしいんじゃないか?

以下、「Snow」「雪」を含む投稿。

本マイクロソフトは3月15日、2017年3月のセキュリティ更新プログラムを公開した。今回、18件のセキュリティ情報が新規で公開され、深刻度が「緊急」のものは9件、「重要」のものが9件となっており、139件(3件重複)の脆弱性が修正された。
同社はできるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用するよう呼びかけている。
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/15/298/

きょうの Windows10 と、昨日きょうと続くWordPressプラグインのアップデートで、合計1時間は取られている。24時間のうちの1時間、いや「8時間のうちの貴重な1時間を」である。

Twitterで見かけた『街角の張り紙』がなかなかの衝撃度
見た瞬間にちょっとした衝撃を受けそうな、張り紙やお知らせなどを集めてみました。 更新日: 2017年03月14日
https://matome.naver.jp/odai/2148941268010539901

半世紀以上生きてきて、衝撃を受けたのは、駆け込んだ病院が「本日休診」の看板を掲げていたこと。
久々に訪ねた店のシャッターに「閉店のお知らせ」が貼ってあるっテェのは、よくある話。

2017/03/08
対向車線を横切るのは、ドライバーによる毎日の運転でもかなり危険を伴う操作のひとつだ。トヨタの研究者は、自動車が危険な状況にあるとき、自動車内蔵の守護天使(ガーディアン・エンジェル)ソフトウェアが命を救えると考えている。
トヨタは、米国にある自社専用試験場で、人間が危険なミスを犯しているかを判断する「ガーディアン」と呼ばれるシステムの概念を実証するために、左折(米国で対向車線を横切る運転操作、日本いえば右折)等の危険シナリオから実証した。
車外に設置したレーダー等のセンサーが車両周辺の状況を監視し、車内のカメラはドライバーの頭の動きや視線を追跡する。ソフトウェアは、センサーのデータにより、人間にいつ危険な状況だと気付かせるか、回避させるか、あるいは放っておくのかを算出する。

<MIT Tech Review トヨタの自動運転「守護天使」の概念はどこが優れているのか?by Tom Simonite より一部引用>
https://www.technologyreview.jp/s/31426/toyota-tests-backseat-driver-software-that-could-take-control-in-dangerous-moments/

名前が良くないねぇ、守護天使だなんて、まるでキリスト教みたいだ。守護聖人とかってのもあるよね。日本じゃあまり聞かないけど。
マァ守護霊、背後霊よりマシか。

The Camerons – Guardian Angel(1962)

Anthony Teague – My Guardian Angel(1962)

Jimmy Breedlove – My Guardian Angel(1962)

Mitchell Torok – Guardian Angel(1960)

Van Dykes – Guardian Angel(1959)

以下、「天使」「悪魔」を含む投稿。

 警察の支援による暴力団離脱者が昨年、過去最多の131人にのぼった福岡県。県内のある建設会社に男性が突然現れたのは、昨年6月だった。「社長、明日から雇ってくれんか」。50代の暴力団組員だった。
 40代の社長は男性を地元のヤクザと知っていた。だが体はやせ細り、所持金はわずか10円。断っても翌日また来た。「もうヤクザじゃ食われん。何日も食べとらん」。20人ほどの従業員を抱える社長は「ヤクザ辞めんね。更生したら雇ったる」と伝えた。
http://www.asahi.com/articles/ASK1S7HTJK1STIPE01V.html

なぜ各国で暴力組織やカルト教団、破壊的セクトが壊滅しないのかといえば政治権力と深部でつながっているから。たぶん組織としてそれなりに税金だって納めてるはずだ。

この際、国家資格として士業化したらどうだろう。
恐喝士、洗脳師、土地転がし資格二級、、、とかね(笑)

中国政府が在韓米軍高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備に対して反対の声を高めている中、現地民間企業も韓国人に対する報復を率先している。
14日、あるオンライン・コミュニティには中国のあるホテルの入り口を撮影したという説明とともに写真2枚が掲載された。

写真にはホテルの入り口と見られる場所に太極旗が敷かれているが、旗には中国語で「韓国の奴らを踏み殺そう」と記されている。
写真で確認する限り、太極旗はホテル入り口全体に大きく敷かれているため、旗を踏まないことにはホテル内に入ることができない。
別の写真では、建物入り口の横に掲げてある「営業中」という案内とともに「犬と韓国人は無断出入を禁ず」という内容の案内も添えられていることが確認できる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl―a=20170315-00000014-cnippou-kr

見たまえ、この下衆で、陰険で、傲慢で、理性のカケラもない行為を。
感情までコントロールされちゃってる哀れなロボットぶり。
おれは肚の底からケーベツするね。
これと同じことをやった金満カルト集票団体があったっけ。

Hot Foot – Stompin’ At Decca(1987)

 ※(追記:この動画は削除されました

 

Bohannon featuring Caroline – Foot Stompin’ In The Summertime(1981)
2度目の引用。

 ※(追記:この動画は削除されました

 

Dave Abbott – Foot Stompin’ Music(1980)

 ※(追記:この動画は削除されました

 

Hamilton Bohannon – Foot Stompin Music(1975)

David Bowie – Foot Stompin’
from the Dick Cavett Show

Mickey Andrews – The Saga Of Stompin’ Tom’s Foot(Plywood & Shoe Leather In Concert)(1971)

 ※(追記:この動画は削除されました

 

The Parleys – Foot Stompin’(1964)

 ※(追記:この動画は削除されました

 

Underbeats – Foot Stompin’(1964)

The Buttons – Foot Stompin’ USA(1963)

The Dovells – Foot Stompin’(1962)

 ※(追記:この動画は削除されました

 

Teddy Randazzo – Foot Stompin’(1962)

The Corvells – Take My Love(1962)
豪快な足拍子。

The Ramrocks – Foot Stomping-Part 2(1961)

The Flares – Foot Stomping-Part 1(1961)
Chart Peaks: Music Vendor 23, Billboard 25, Cash Box 25

Jimmy Cavello And His House Rockers – Foot Stompin’(1957)

Rusty Bryant And The Carolyn Club Band – Foot Stompin’(1956)

Django Reinhardt, Stephane Grapelli & QHCF – Stompin’ At Decca
Recorded in London on January 31st, 1938

Clarence Williams Washboard Band – Cushion Foot Stomp(1927)

Fletcher Henderson – Sugar Foot Stomp(1925)

以下、「Foot Stompin」「Footsteps」「Footprint」「あしあと」「足跡」「Football」「フットボール」「Kick」「Pigfoot」「豚足」を含む投稿。

以下、「足音」「Footsteps」「ジェンカ」「Jenka」「手拍子」「ハンドクラッピング」「Hand Clappin’」を含む投稿。

以下、「走る」「Run」「歩く」「Walk」「ステップ」「Step」などを含む投稿。

楢葉町長
「町に居住なら昇進優先」 職員から不安の声
毎日新聞2017年3月6日 20時44分(最終更新 3月6日 21時11分)
松本幸英氏=乾達撮影
 東京電力福島第1原発事故の避難指示が一昨年9月に解除された福島県楢葉町の松本幸英町長が、避難先から町内に住居を戻した町職員を昇進で優先する趣旨の発言をしていたことが分かった。町民の帰還が進まない中、職員の率先垂範を意図したものだが、職員からは「乱暴すぎる」と不安の声も上がる。
 楢葉町に帰還した町民は、避難先で定住したり、生活インフラへの不安があったりすることから、町民の11・1%にあたる818人にとどまっている。
 昨年11月の早朝、福島県沖地震が起きた際、本庁舎勤務の町内居住者は職員約100人のうち13人。震度5弱を記録し、松本町長が庁舎に駆けつけたが、誰も登庁していなかった。このため12月から、職員10人が交代で町内に毎日宿泊。先月末時点で町内居住者は35人に増えた。
 6日の町議会一般質問で、松本町長は「公式な場で(職員に)伝わるよう話した」と答弁。「職員の不安も理解するが、行政には守るべき重い責任がある」とも述べ、今後も帰還を促す考えを示した。
 同県いわき市から通う男性職員は「戻れる環境をつくるのが我々の職務なので、町長の気持ちも分かる。でも家族も守らないといけない」と戸惑う。
 自治労県本部は「職務ではなく、住所での評価は、地方公務員法の平等な取り扱い原則に反する。被災自治体では退職する職員も多く、無理に帰還を進めることが意欲をそがないか心配だ」と指摘している。【乾達】
http://mainichi.jp/articles/20170307/k00/00m/040/034000c

<避難解除>帰町しない職員 昇格させない
 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が2015年9月に解除され、今春を「帰町目標」に掲げる福島県楢葉町の松本幸英町長が、町職員への対応で「帰町しない場合、昇格・昇給させないようにしたい」との趣旨の発言をしていたことが6日、分かった。
 町議会一般質問で松本清恵議員が「町民から(発言への)問い合わせがあった。職員も避難者。行き過ぎではないか」と指摘。松本町長は「オフィシャルな席で、ある意味、伝わるように話をした」と認めた。
 同議員によると、発言があったのは2月の町長の私的新年会。別の議員らによると、昨秋の庁議などでも同様の考えを示し、「辞めてもらっても構わない」とも話しているという。
 松本町長は答弁で(1)環境がある程度整い、帰町目標を掲げた(2)昨年11月の地震の際、職員がすぐに集まれなかった(3)町民から職員が戻っていないとの声がある―などと説明。「守るべき責任の重さがある。やり過ぎとの声はあろうと思うが、基本的考え方として行政執行に当たっている」と強調した。
 人事への影響について大和田賢司副町長は取材に「町に住まないと支障が出る職場もあり配置で考慮することもあり得るが、昇格も含め人事は適材適所で判断する」と説明した。
 町によると、本庁舎の職員約100人のうち帰町者は35人で、今月末には43人に増える見込み。町は職員が業務外扱いで、輪番で町内に宿泊している態勢を終えたい考えを示した。
 自治労県本部は「職員が町内に居住しないことが公共の福祉に反していると言えず、居住の自由は認められる。居住地を人事の評価対象にするのは問題がある」と指摘した。
2017年03月07日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170307_63020.html

楢葉町長 「避難先から帰還しない昇格・昇給なし」との趣旨の発言
2017年3月7日 15時54分
ざっくり言うと
原発事故による避難指示が解除された福島県楢葉町の松本幸英町長の発言
「帰還しない職員は昇格・昇給させないようにする」との趣旨の発言をした
庁議や新年会での発言であり、6日現在で4割程度の職員が帰還している
http://news.livedoor.com/article/detail/12764201/

こういう権柄づくには無性に腹が立つ。
楢葉町まで嫌いになりそうな自分を理性で抑えてる状態。

読売新聞によりますと、福島県のいわき支局の25歳の男性記者は、今月7日、福島第一原発の事故の避難指示解除をめぐり、楢葉町の町長が「避難先から帰還しない職員は昇格・昇給させないようにする」と発言したなどとする記事を他社の記事を参考にして取材をしないまま書いたほか、発言に対する町長の談話をねつ造していたということです。
記事は、今月7日の夕刊などに掲載されましたが、町からの指摘でねつ造などが発覚したということです。
この記者は、「締め切りが迫る中、取材しないまま安易に書いてしまった」と話しているということで、読売新聞は15日の朝刊に「重大な記者倫理違反と認識しており、関係者、読者のみなさまにおわび致します」とするおわびの記事を掲載しました。この記者を懲戒処分にするということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010911891000.html

後追いの場合、何かしらプラスアルファの新事実を付け加えるのがプロの常識。
時間的にそれができなかったんで、かかる仕儀とは相成った。
大新聞ならではのくだらん権威主義、エリート意識の裏返しだけどね。

ではお察しのとおりこの話を引用しときますか。

長崎県の地方紙『長崎民友新聞』は事故の翌日の紙面で「危うく助かった大辻司郎氏」という写真付きの記事を掲載。「漫談の材料が増えたよ――かえって張り切る大辻司郎氏」という見出しで大辻の談話を載せた。
これは、上記の「乗客全員無事」という「ニュース」を知った大辻の秘書が、同新聞に連絡する際に気を利かせすぎて捏造した話だったという(実際には前述の通り大辻だけでなく全員が死亡)。なお大辻は長崎民友新聞が開催する「長崎平和復興博覧会」の会場内の劇場で漫談を披露する予定だった。

<もく星号墜落事故 – Wikipedia>

【ワイド】我が世の春
(8)鞭打ち! 斬首刑! 親日「サウジ」に恐怖の「勧善懲悪委員会」

<週刊新潮 新潮社 より一部引用>
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

近代的知性がようやくたどり着いた人命尊重、人権意識というものが、イスラム教にはないし、そもそも親和性がない。
野蛮で無反省なその精神と私は、永遠に相容れない。倶に天を戴かずってアレだわ。

東京都営地下鉄と東京メトロは2017年3月14日、全車両に防犯カメラを設置することを発表した。都営地下鉄は17年8月に、東京メトロは18年度から実施する。車内でのいたずらや迷惑行為などが後を絶たないため、セキュリティー向上の一環で導入を決めた。
カメラは、都営地下鉄は車両天井部に、東京メトロは乗降ドアの上部に配置。作動中を知らせるステッカーも掲示する。
http://www.j-cast.com/2017/03/15293204.html

たぶん車内の掏摸や痴漢は電車が営業を始めた当初よりあったろう。
ビデオ映像は犯罪捜査や証拠物として使われるだろうし、当然抑止にもつながるに違いない。
おれとしてはむしろ「雪冤」に役立つことを願ってるよ。

追加記事

(2017年3月19日)

追加記事

(2017年11月15日)

ダンスは済んだ? (12)

2016/06/08
 池袋西口公園で7月16日・17日、振付師・ダンサーの近藤良平さんが主宰するダンスカンパニー「コンドルズ」が仕掛ける創作盆踊り大会「にゅ~盆踊り」が開催される。
 「にゅ~盆踊り」は、豊島区立舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」と池袋在住の近藤さんが、盆踊りを通して池袋を盛り上げるために企画。飛び入り参加可能で、通りすがりの人も巻き込んで行うという。
 池袋西口公園での8回目の開催となる今年は、初の2日間開催。コンドルズの妹分「プロジェクト大山」も参加予定で、新曲も用意するという。
 「スキー」「インベーダー」「ナツキマリ」などのユニークな振り付けや、「あふー」「しゃー」などの掛け声が特徴。近藤良平さん・コンドルズならではの仕掛けを満載しており、子どもから大人まで思わず笑ってしまう要素を多数用意しているという。
http://ikebukuro.keizai.biz/headline/1529/

青春時代のおれにとって池袋は映画とエロの街だった。
最近行ってないなー。いや、ここ30年くらい。

以下、「池袋」関連投稿。

2016/06/23
『ISETAN BONDANCE 2016』が、7月1日から東京・伊勢丹新宿店本館屋上で開催される。
3日間にわたって行なわれる同イベントでは、各日異なるプロデューサーやパフォーマーを迎え、独自の「夏祭り」を演出。盆踊りやDJプレイに加え、ビアガーデンとコラボレーションした限定メニューも提供される。なおドレスコードは「浴衣」となる。
初日の7月1日は山本寛斎がプロデュース。EXILE USAが監修する「TEAM 337」によるパフォーマンスや焱太鼓とのコラボレーションなど、山本が手掛けるイベント『日本元気プロジェクト2016 スーパーエネルギー!!』と連動した内容となる。
2日目は丸山敬太がプロデュースする『おしゃれ盆踊り vol.2』を開催。野宮真貴、横山剣(クレイジーケンバンド)、MEGUMI、DJ PELIが出演し、ライブやオリジナルの盆踊りなどを行なう。ピチカート・ファイヴの”東京は夜の七時””スウィート・ソウル・レビュー”を「盆踊り」アレンジした楽曲を野宮が歌う振付動画も公開されている。
http://www.cinra.net/news/20160623-isetanbondance

2016/06/28
 伊勢丹新宿店は6月29日~7月5日、山本寛斎とコラボレーションした企画「元氣祭り with Kansai Yamamoto」を開催する。”夏祭り”をテーマに、コラボレーション商品の販売をはじめ、盆踊りイベント、インスタレーション、企画展などを行う。
 本館1階=ザ・ステージでは、「カンサイ ヤマモト(KANSAI YAMAMOTO)」の一点モノのショーピースや「元氣祭り」のために制作されたクチュールライン、三越伊勢丹限定のカプセルコレクションを販売。1971年に山本デザイナーがロンドンでファッションショーを開催した当時の代表的な作品のリバイバル商品などがそろう。
https://www.wwdjapan.com/life/2016/06/28/00020868.html

元祖ハイテンションはこの人だろう。
本場でデザイナーとして成功し凱旋帰国した人だから、さもありなんという理解のされ方だったけど、

当時も今も、普通の日本人がハイテンションだと、ヘンな薬や宗教やってると思われるので、社会生活上、損をすることが多いことは確かだ。

『おしゃれ盆踊りvol.2』produced by KEITA MARUYAMA『スイート・ソウル・レヴュー~盆踊りversion~ティーザー編』
KEITA MARUYAMA
2016/06/20 に公開
ISETAN BONDANCE 2016

『おしゃれ盆踊りvol.2』produced by KEITA MARUYAMA 『東京は夜の七時~盆踊りversion~ティーザー編』
KEITA MARUYAMA
2016/06/20 に公開
ISETAN BONDANCE 2016

2016/06/22
 八王子織物工業組合(八王子市八幡町)で6月26日、多摩地区最大の山車(だし)まつり「八王子まつり」の開催を前に、ご当地ソング「太陽おどり」の踊り方をマスターする講習会が行われる。
 甲州街道(国道20号)をメーン会場に山車やみこし、パレードなどを繰り広げる同祭り。今年は甲州街道の横山町~追分町にかけて歩きながら踊る「民踊流し」を「Largest bon dance(世界最大の盆踊り)」と認めてもらうため、ギネス世界記録に挑戦。ご当地ソングの「太陽おどり」を3000人規模で踊ることを目標としている。
 現在の記録は、昨年8月に大阪・道頓堀で行われた「道頓堀盆おどりインターナショナル」での2025人。世界記録と認めてもらうためには、参加人数だけでなく全員が浴衣とぞうりを身に着けていること、全体の5%以上が踊りを間違えてはいけないことなど数多くのハードルがあることから、民踊流しを主管する八王子民踊協会(旭町)では、「太陽おどり」の踊り方を正しくレクチャーする場を設けることにした。
http://hachioji.keizai.biz/headline/2103/

生きてるうちに一度はこの目で「太陽おどり」を見てみたいと昔から思っていた。
今年2016年は8月5日(金)・6日(土)・7日(日)の3日間だそうだ。

以下、「八王子」を含む投稿。

2016/06/24
炭坑節 労働者の思いこもった数々、歌い語り継ぐ
炭坑節語り部、原田巌
 筑豊で炭坑節は古くから歌い継がれていた。起源とされるのが江戸・元禄期に田川で歌われた「番田河原唄」。それをはじめとして昭和初期に至るまで「ゴットン節」「石刀唄」「コリャコーリャ節」など、作詞作曲者の名が残らない歌が地中から湧くように生まれた。その数は記録されているだけで数百に及ぶ。
 「いやな人繰り邪険の勘場 情け知らずの納屋頭」(ゴットン節)といった労苦を歌ったもの。「ザリガニ取ってなんするの ゆうげのかゆのさいにする」(ザリガニのうた)と小さな鉱山で働く家の貧しさを表したもの。苦難だけが題材ではなく、男女の恋愛を小気味よく歌ったり、ひわいな歌もあったりする。
 炭鉱で生きた一人一人の暮らしぶりが時を超えて、歌に生き生きとよみがえるかのようだ。盆踊りで流れる炭坑節は明治から大正にできた幾つかの歌が混ざり合って、昭和前期にレコード吹き込みとラジオ放送がされて今のかたちになった。
 多くの歌が生まれたのはなぜだろう。私は父を思い出す。夜にヤマ(炭坑)に入るとき、父は同じ歌を口ずさんで出かけていった。明治の遊女ストライキを題材にした「東雲節」だった。ヤマに行くのは経験を重ねても嫌なもので、気分を切り替えるすべとして歌が欠かせないものだった。
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO03971970T20C16A6BC8000

「炭坑節」や「東京音頭」で盆踊りを踊る。昭和の定番だったけど、
今、現場はどうなってる?

以下、「炭坑節」を含む投稿。

2016/06/25
 8月14日、楢葉町のJR竜田駅前広場で盆踊りが復活する――。若い世代が中心の楢葉町民有志でつくる実行委員会「ほっつぁれDEいいんかいっ!?」が発足し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、町内で初めての盆踊りを開くことを決めた。盆踊りに合わせて音楽イベントも企画する。
 昨年9月に原発事故による避難指示が解除された楢葉町では、解除から9カ月余りが過ぎたが、町内に戻ったのは3日現在、536人と全町民の7%余りとなっている。特に若い世代が少ないのが現状だ。若者が積極的にまちづくりやにぎわい創出に関われる受け皿として、実行委員会を設立した。
 地元では、産卵を終えて体が傷つき、痩せたサケを「ほっつぁれざけ」と呼ぶ。復興の歩みを着実に進めているものの、震災前の元気なまちに戻ったとは言えない現状を「ほっつぁれ」な状態と表現。「このままでいいのか」「若い世代が中心となり、町に元気を取り戻そう」との意味を込め実行委員会の名前を決めた。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/06/post_13873.html

2016/06/28
 滋賀の伝統的な盆踊り「江州音頭」をVOCALOID曲にアレンジしたダンスイベント「江州盆ダンス」が、「びわ湖大津マザレ祭り」(7月29~30日、大津市)で開かれる。イベント実行委員会は現在、楽曲、歌い手、踊り手を公募している。
 ボカロ曲の歌い手やDJとして活躍している滋賀県出身ミュージシャン・kradnessさんを中心とした「盆ダンスユニット」が、公募した盆ミュージックを披露し、やぐらを囲む参加者たちと一緒に踊るというイベント。当日の様子はミュージックビデオ化し、YouTubeやニコニコ動画などで発信するという。
 現時点では、盆ダンスユニットのメンバーや楽曲は未定。歌い手と踊り手は、公開されている課題曲から「歌ってみた」「踊ってみた」動画を作成した人の中から審査する。
 公募曲の条件は、オリジナル曲であること、DTM/DAWとVOCALOIDを用いていること、江州音頭の囃子「そりゃよいとよいやまかどっこいさーのせー」と、イベント名にもなっている「MAZARE(マザレ)」のフレーズが必ず入っていること、近代的・近未来的な斬新で親しみやすい楽曲であること——など。応募期限は楽曲が7月11日まで、歌い手と踊り手は7月18日まで。
 伝統文化から徐々に離れつつある若者へ向けた取り組み。今回を皮切りに、今後も若者に向けた参加型ダンスイベントとして毎年開催を目指すという。
http://news.biglobe.ne.jp/it/0628/imn_160628_9819726855.html

いわゆる純邦楽の「節」「こぶし」の微妙な揺らぎを、まだ VOCALOID は再現できないと思う。仕上がりが想像できちゃうんだよ。

以下、「江州音頭」を含む投稿。

2016/07/01
このたび、7月1日(金)から、全国のローソン、ナチュラルローソンで、お会計時にdポイントカード・dカード・dカード GOLDをご提示いただくと、dポイントが通常の3倍たまる、キャンペーンを開始します。それに合わせ、中条あやみさんが、ポインコ兄弟たちと浴衣姿で音頭を踊る、新TVCM『dポイント「ポインコ音頭」』篇を、2016年7月1日(金)から、全国エリアにて放映いたします。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201606302117/

dポイント「ポインコ音頭」 篇
docomoOfficial
2016/06/30 に公開

  ※(追記:この動画は削除されました

 

2016/07/01
グッチ(GUCCI)が16-17AWアドバタイジングキャンペーンの広告ビジュアルを発表した。
16SSキャンペーンでドイツベルリンの快楽主義的奔放さを極めたグッチが、それに続く16-17AWキャンペーンでエキセントリックなサブカルチャーに満ちた東京にフォーカスすることは極めて自然なことだった。ベルリンが無骨さとロマンティックがぶつかり合う街であるのと対称に、伝統的なものとハイパーモダンが動的に集まるという大胆な個性を放つ街が東京だ。
グッチを身にまとったモデルたちが東京の混沌とした光と音の渦に身をまかせ、あてもなくネオン街からパチンコ店へと気ままにさまよう。伝統とモダン、静けさとカオスが入り混じって活気ある東京の街が五感にサイケデリックな刺激を与え、そんな中でグッチのクリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレのクリエイションは美しく共鳴している。
http://www.fashion-headline.com/article/2016/07/01/14882.html

Gucci Fall Winter 2016 campaign | Director’s Cut
GUCCI
2016/06/30 に公開

相変わらずのエキゾチック・ジャパン。

2016/07/03
 豊川市内のおもに18歳から20代の若者が活動している「豊川市青年団協議会」(酒井一樹会長)は30日、同市桜ヶ丘公園芝生広場で、5年ぶりとなる盆踊り大会を開催する。参加者を広く募っている。
 午後6時に始まる踊りは「豊川観光音頭」など地元ならではの曲から、「サザエさん」など楽しい曲までいろいろ。同7時には市内の店で使える商品券や特産品などの景品が当たるビンゴ大会を開く。また会場ではメンタルネットとよかわの美味しいジェラードも販売する。
 本番にさきがけて、16日午後6時から小坂井生涯学習会館集会室で、市文化協会舞踊部を講師に招いた練習を実施する。誰でも参加できる。
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=53826

6月ごろからいたるところで「盆踊り」が行われているようだ。
広告・宣伝・金儲けのためのものもあれば、本来の慰霊・鎮魂がテーマのものもある。
単純に村おこし・町おこしのイベントとして催される場合は全国レベルのマスメディアにはなかなか載りにくい。
地域共同体の崩壊が進む中、無宗教の盆踊りが増えるのは致し方あるまい。

以下、「盆踊り」「音頭」関連の投稿。

 

Rocky Burnette – Tired Of Toein’ The Line(1979)

Jackie Wilson – Baby Workout(1963)
orchestra and chorus conducted by Dick Jacobs

Little Eva – Let’s Turkey Trot(1963)
produced by Gerry Goffin

Titled after the popular early-20th century ragtime dance The Turkey Trot, this Carole King-Gerry Goffin song hit was inspired by the similarly-structured 1956 Cleftones tune “Little Girl Of Mine.”

<参考>
The Cleftones – Little Girl Of Mine(1956)

The Vocalaires – Dance Dance(1962)

Carole and Sherry – I Ain’t Ready Yet(1962)

Les Cooper and the Soul Rockers – Wiggle Wobble(1962)
produced by Bobby & Danny Robinson
Instrumental was pianist-arranger Cooper’s only Billboard-charted hit.

Bill Black’s Combo – Twist-Her(1961)

Fran Frey and his Orchestra – My Dancing Lady(1933)
vocal: Jerry Cooper
Ben Selvin as Fran Frey

One of a handful of Selvin’s 1933 Columbia releases with label credit assigned to singer Fran Frey “and his Orchestra.” This tune was performed on-screen by Art Jarrett in MGM’s backstage musical “Dancing Lady,” which starred Joan Crawford, Clark Gable, Franchot Tone, and 34 year-old Broadway star Fred Astaire in his film debut.

Casa Loma Orchestra – Casa Loma Stomp(1930)

The band’s first of several recorded versions over the years.

The Dynamics – Land of 1000 dances(2007)

Ted Nugent – Land Of A Thousand Dances(1981)

  ※(略)

 

Mr. Bloe – Land Of A Thousand Dances(1975)

Bill Haley And The Comets – Land Of A Thousand Dances(1970)

The Electric Indian – Land Of 1000 Dances(1969)

Gus And The Nomads – Land Of A Thousand Dances(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

ザ・スパイダース – ダンス天国(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Egyptians – Land Of A Thousand Dances(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Cannibal And The Headhunters – Land Of A Thousand Dances(1966 TV live)

Bishop And The Deacons – Land Of A Thousand Dances(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Soul Sisters – Land Of 1000 Dances(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Sprytes – Land Of A Thousand Dances(1966)

The Walker Brothers – Land Of A Thousand Dances(1966 TV live)ダンス天国

Wilson Pickett – Land Of 1000 Dances(1965/07/18)ダンス天国
2度目の引用。

The Rising Sons – The Land Of 1000 Dances(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Kris Peterson – Land Of 1000 Dances(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jimmy Curtiss – The Girl From The Land Of 1000 Dances

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Thee Midniters – Land Of A Thousand Dances Part 1(1965)

Ola And The Janglers – Land Of A Thousand Dances(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Round Robin – Land Of A Thousand Dances “The Na Na Song”(1965 TV live)
2度目の引用。

Sandy Nelson – Land Of A Thousand Dances(1965)

Cannibal and The Headhunters – Land Of 1000 Dances(1965/01/11)

recorded “Live” at The Rhythm Room
Produced by Eddie Davis
Billboard Pop Chart Peak: 30
This much-recorded dance tune was composed and introduced by Chris Kenner in 1963, made its first Top 40 appearance via this posted track by the Los Angeles group, and reached the Top 10 with Wilson Pickett in’66.

Chris Kenner – Land Of 1000 Dances(1962/10)

Sometimes shown with the title “Land Of A Thousand Dances,” this much-recorded dance number was further popularized in 1965 by Cannibal & the Headhunters (who were first to add that “naa na-na-na naa” hook) and in 1966 by Wilson Pickett. This is Kenner’s 45 single-edit version–minus the slow introduction from the original master tape included on some reissues–which reached #77 on Billboard’s Hot 100 in the summer of ’63.

“Land of a Thousand Dances” と聞くと、
豐葦原 千五百秋 瑞穗國(とよあしはらの ちいおあきの みずほのくに)
葦が豊かに生い茂る原、限りなく長い年月≒永遠に、瑞々しい稲穂の実る国
という言葉が思い浮かぶ。
黒人がいなかったらおそらくアメリカはそんなことにはならなかったろう。
真に以てアメリカは舞踊の幸ふさきわう国であるな。

Eydie Gorme – The Dance Is Over(1960)