チリのROCK/POPS(3)

1960年のチリ地震(チリじしん、西:Gran terremoto de Valdivia)は、同年5月、チリ中部のビオビオ州からアイセン州北部にかけての近海、長さ約1,000km・幅200kmの領域を震源域として発生した超巨大地震である。
地震後、日本を含めた環太平洋全域に津波が襲来し、大きな被害が発生した。バルディビア地震 (1960年)とも呼ばれている。

<チリ地震 (1960年) – Wikipedia>

 1960年5月23日4時11分(日本時間)、南米・チリ共和国でマグニチュード9.5という世界最大規模の地震が発生します。この地震直前にM7~7.5の前震と思われる地震が5~6回続き、その後本震が発生しています。
この地震により首都サンティアゴ・デ・チレ(Santiago de Chile)、をはじめ、チリ全土で死者1,743名、負傷者667名の大きな被害となります。震源地はチリ南西沖バルディビア近海で、震源の深さ約33Km。太平洋側のナスカプレートが南米プレートにもぐりこんでいる境界で発生したプレート境界型地震でした。断層の長さは約800Km、断層のずれは約20mといわれる巨大な海底変動により大津波が発生します。
地震発生15分後に約18mの津波がチリ沿岸部を襲い、約17時間後にはハワイ諸島を、22.5時間後に日本を襲いました。
ハワイ・ヒロ市では約10.7mの津波が押し寄せ、日本でも北海道から沖縄までの広い範囲で2~6mの津波に襲われ多くの犠牲者を出すことになります。

<1960年のチリ地震津波災害(50年目の現地調査・2010年2月)/山村武彦 より一部引用>
http://www.bo-sai.co.jp/chirijisintunami.html

Earthquake in Chile – 1960 | Today in History | 22 May 16

British Movietone
2016/05/21 に公開
On May 22, 1960, an earthquake of magnitude 9.5, the strongest ever measured, struck southern Chile, claiming some 1,655 lives.

チリは日本と同様に地震国で、昨年2015年にも巨大地震が起きてます。

2015年のチリ沖地震またはイヤペル地震(スペイン語: Terremoto de Illapel de 2015)は、9月16日午後7時54分(日本時間17日午前7時54分)、チリ中部イヤペル(イジャペル)西の沖合で発生したマグニチュード(M)8.3の地震である。
震源地付近では、本震の後2時間弱の間に、M4.9以上の余震が少なくとも12回発生した。
同国史上6番目の強さを記録し、太平洋沿岸地域には津波警報が出され100万人が避難した。コキンボ州に非常事態宣言が発令された。

<イヤペル地震 – Wikipedia>

2016/05/20
 東日本大震災から5年が過ぎたが、巨大地震が引き金となって、およそ5年以内に必ず起こるといわれている大噴火が危惧されている。たとえば、2010年2月の南米・チリで起きたマウレ地震(M8.8)では、翌2011年6月にプジェウエ・コルドン・カウジェ山が噴火した。その後は近隣の活火山が大きな噴煙を巻き起こして大噴火。1960年のチリ地震(M9.5)、1964年のアラスカ地震(M9.2)、2004年のスマトラ沖地震(M9.1)でも、発生から5年以内に周辺の火山が噴火している。そしてその兆候が、日本でもついに現われた。
 5月6日、新潟県と長野県の県境にそびえ立つ新潟焼山(やけやま)で水蒸気噴火による降灰が確認され、山頂から半径1キロメートル以内が立ち入り禁止区域に設定された。さらに、東日本大震災以降、北米プレートと太平洋プレートの境界が10メートル以上滑り、ズレた分だけ北米プレートが太平洋プレートに新たに乗っかる形になった。これは南北400キロにもわたり、その重量に耐えきれなくなった太平洋プレートが割れれば、アウターライズ地震を引き起こす可能性がある。
 この際注意しなければならないのは、地震によって発生する津波だ。
http://getnews.jp/archives/1463284

陸地では火山噴火、海ではアウターライズ地震。
前門の狼、後門の虎といった感じですね。
いよいよそれらが迫ってきた。
かくなる上は、用意おさおさ怠りなく、迎え撃つしかありません。

 

Los Twisters – Te Lo Digo Yo
“What’d I Say”
2度目の引用。

Los Twisters – Tiene Usted mi Teléfono

Los Twisters – Pildorita

Los Twisters – Atontado

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Los Twisters – El Murciélago

Los Twisters – El Twist

Los Twisters – Nena-Twist(1961)

Luis Dimas y Los Twister – Full Album – 41 Exitos – Nva. Ola Chilena.

Luis Dimas comenzó su carrera artística en el programa “Calducho”, de Radio Portales, que dirige Eduardo Grunnert. Luis sabía ya del nuevo ritmo que conmovía al mundo entero a través de revistas extranjeras…¡y se preparó para atacarlo!
Su primer disco fue “Bailemos otra vez”, título con que se tradujo el famoso “Let’s Twist Again” y se convirtió en la versión chilena de Chubby Cheker. El éxito de éste determinó la segunda grabación: “The Twist”, y, para entonces, el público chileno que lo escuchaba y veía en sus presentaciones en radios y en el Teatro Caupolicán, lo había bautizado como “Mr. Twist”.
Sus últimas grabaciones fueron “Summertime”, “Cuando los gatos vienen twisteando” y “Blue Moon”. Y para fines de año, el muchacho esperaba la salida de su primer LP: “Twisteando con Luis Dimas”.

01 Oh, Nena (No Te Compartiré)
02 Penas Juveniles
03 Me Recordarás
04 Caprichito
05 Sueña
06 Mi Chaqueta Blanca
07 Como Una Sombra
08 La Chica Más Linda Del Cole
09 Rosita
10 Leila
11 Roly Poly
12 Piensa
13 Señorita Desconocida
14 Mi Secreto
15 Aventura
16 Escándalo En La Familia
17 Limbo Twist
18 Skinny Minny
19 Llévame Volando A La Luna
20 Amiga Mía
21 Historia De Un Bohemio
22 Blueberry Hill
23 Cuando Murió El Poeta
24 Eres
25 Yo Sé
26 No Te Engañes
27 Twisteando
28 Mirando Las Estrellas
29 Ser
30 Show NavideñO
31 Peppermint Twist
32 Bailemos Otra Vez
33 Cuando El Sol Brille Otra Vez
34 Cuando Los Gatos Vienen Twisteando
35 Juntitos
36 Liszt Twist
37 MuñEquita
38 Confidencias
39 Juddy Disfrazada
40 Ese Cantante
41 Zapatos Rotos