液状化だったり流動化だったり

2013/03/27
安全への懸念があっても遺伝子組み替え作物の作付けを差し止められないとする「モンサント保護法」が成立したが、そうした米国のルールを日本に持ち込むのもTPP
カテゴリ:カテゴリ未分類
 アメリカで包括予算割当法案が成立、その中に遺伝子組み換えに関する重要な条項が潜り込ませてあると問題になっている。573ページという法案の78ページから79ページに書かれている第735条。人びとに知られると反対されるので、議会で議論されないまま、静かに書き加えられていた。バラク・オバマ大統領もこの条項を入れたまま、署名したようだ。
 この条項は「モンサント保護法」と皮肉られているもので、消費者の健康を害する懸念がある遺伝子組み換え作物の種子でも、法的に植え付けや販売を差し止めることができないと定めている。危険だと証明されない限り、モンサントなどの会社は遺伝子組み換え作物を生産し、売り続けることができるということになる。
 言うまでもなく、作物の安全性を調べるためには長い期間が必要。厳密に言うならば、何世代にも渡る調査が必要だ。その結果、危険だとわかっても、人びとが食べ、環境中にばらまかれていたならば、手遅れである。企業の経営者や投資家にしてみれば、その間に大儲けできるので問題ないのかもしれないが。

<安全への懸念があっても遺伝子組み替え作物の作付けを差し止められないとする「モンサント保護法」が成立したが、そうした米国のルールを日本に持ち込むのもTPP – 櫻井ジャーナル:フィルターに排除される情報は原子力のほかにも限りなく存在する – 楽天ブログ(Blog) より一部引用>
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201303270000/

2013/03/13
遺伝子組み換え種のリスク
そしていま、環境の専門家らが警鐘を鳴らすのが、遺伝子組み換えGMO(Genetically Modified Organism)植物のリスクだ。遺伝子組み換え植物が在来種を駆逐するようになれば、その影響はほかの生物種に及び、生物多様性がもたらす生態系サービスが著しく損なわれる可能性が高い。遺伝子組み換えで、病害虫の問題はなくなっても、将来草も生えない土地になってしまえば本末転倒だ。
すでに諸外国で起きている問題をみてみよう。
ブラジルの農家と米バイオテクノロジー企業大手モンサント(Monsanto)との法廷闘争がよく知られている。ブラジルでは、14年前に不法に持ち込まれた遺伝子組み換え大豆の栽培が急速に広がり、2012年時点で、大豆総生産量の85%(2500万ha)を占めるほどになっている。モンサントはブラジルの農家500万戸に対して、売上げの2%の特許使用料の支払いを要求。農家側の弁護団は、「種子を購入する際に代金を払っている」ことから支払う必要はないと主張。2012年4月には、ブラジル南部リオグランデドスル州裁判所が農家側の主張を認めた。モンサントはこれを不服とし、上訴するという泥仕合が続いているのだ。
また、カナダでは、種が風で飛んできて、自分の畑のほとんどが知らない間にGMO植物になってしまった、というケースがあるが、同様に、アメリカの特許保持者から支払いを命ぜられ法廷で戦っている。

<環境に配慮したTPP交渉はどこまで可能か #人間環境会議 AdverTimes(アドタイ) より一部引用>
http://www.advertimes.com/20130313/article104676/

遺伝子組み換え農作物の生産を止めることを禁じる通称「シード(種子)法」「モンサント法」が米議会で成立したという。
日本での報道が極めて薄かったのは、TPP交渉の農業部門におけるキモであったからか。薬品と同じで種苗販売は今やビッグビジネスで、その動向は先物相場に大きく影響を与えてもいる。

今般 米議会と大手の種苗販売会社がTPPに乗っかって強引に遺伝子組み換えの種子を日本に買わせようとしている。この場合、消費者が一番心配するのはその安全性だ。
これまで我々が経験した放射能被曝や公害被害の例から察するに、大企業・国家・裁判所は、おそらく重大な被害が生じても決して因果関係を認めず、自分たちの責任を回避して、訴えた側へ懲罰的行動を取るに違いない。
そして遺伝子組み換え農作物においても同様のことが繰り返されると想像されるのである。

しかしまぁ私はギャーギャー騒ぐつもりはない。何をいまさら川端柳である。
すでに人類はあと100年保(も)つかどうか分からん状況に立ち至っている。自滅するにはそれなりの理由があり、これもその一つでしかない。
すべては強欲のなせる業(わざ)なのである。

Craig Douglas – What Do You Want(1960)

 んで、iPhoneを出しているアップルにとって、有料アプリの売り上げは重要なのでアプリは安全で便利な状況にしておきたいという意向があります。なので、ブラウザでいつでも見られるようなサイトとかは、アプリ経由では「公序良俗に反するモノは見られない」ってことにすると思うのですね。そう考えると、アップルが2chブラウザのGraffitiPotをAppStore内で公開禁止にしたってことも、個人的には、至極当前の判断をしている気がするのですね。
 ちなみに世の中の動きは繰り返すことが多かったりします。iモードが「安全・便利・有料」でマーケットをつくった後、ユーザーが無料の勝手サイトに流れていったように、iPhoneもアプリで「安全・便利・有料」というスマートフォンのマーケットが作られた後に勝手サイトのユーザーが増えていって、Androidで無料の勝手サイトが普及し始めているのと同じようになるんじゃないかなぁと思ってますよと。
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20130328/zsp1303281401004-n1.htm

私はかねてより螺旋上昇説ということを申してまいりました。歴史は人間の心理を反映して同じようなことを繰り返すものですが、もちろん時間は不可逆であり、一応は文明は発達してきましたので、同じレベル、ステージ、フェーズを繰り返しているわけではありません。つまりゆるやかな螺旋階段を昇っているイメージ、ということになります。

Teresa Brewer – It’s The Same Old Jazz(Momma!!)(1957)
示唆に富む内容。ロックンロールに眉をひそめる親たちにローリング・トウェンティーズのジャズ・エイジと同じだよと言ってるわけですね。

Paul Revere & The Raiders – Like Charleston(1961)
Written by Paul Revere
Arranged by Gary “Alley Oop” Paxton

 「俳優の嶋大輔(48)が自民党本部に出入りしている。自民党大会の前日には、三原じゅん子・参院議員が彼を連れて会館内を案内していた。参院選出馬の布石か、と党内で噂されている」(自民党職員)
 出馬の噂が盛り上がるのは、嶋の“出自”に理由がある。嶋といえば、暴走族をしていた経験から、「ツッパリキャラ」として芸能界デビューした経歴の持ち主。『金八先生』のスケ番役で人気を博した三原とは、『Easy 悪 Rock’n Roll』(1985年)といういかにもな曲でデュエットした関係である。
 なぜこのことが出馬と関係するのか。実は三原氏や“ヤンキー先生”こと義家弘介・衆院議員など、最近の自民党は元ヤンキーキャラを候補者に立てるのがトレンドなのだ。
 「彼らは縦社会に厳しいから年功序列の自民党に馴染みやすく、地元愛が強いから選挙区回りも厭わない。それに昔ツッパっていたのに今は改心して良い大人になったというドラマがあるから、売り出しやすい」(政治評論家の有馬晴海氏)
 最近では精神科医の斎藤環氏が、朝日新聞のオピニオン欄で〈自民党はもはや保守政党ではなくヤンキー政党だ〉(2012年12月27日付)と指摘し話題を呼んだ。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130330/plt1303301111001-n1.htm

自民党は日本人の精神・国民性が最も色濃く投影された政党であるがゆえに、日本人の限界・欠点をも如実に示している。場当たり的で無原則、アンフェアで強権的、何よりも国民を、人間を軽んじる傾向が強い。その上、二大セクトに冒され国益を損じる動きもしばしば見せている。
まずはカルト集票団体と訣別しなければ、この政党にも日本にも 未来はなかろう。

三原じゅん子 & 嶋大輔 – Easy 悪 Rock’n Roll(1985)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

三原順子 – だって・フォーリンラブ・突然(1982)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

夜になって中島の所属事務所がマスコミ各社にファクスを送付。一部で「中島が事務所を退社する」と報じられたことについて、「退社の申し出はあったが、再考を促した」と発表した。
 一部で報じられた中島の事務所退社について、所属する松竹芸能は、専属契約を解除していないことをファクスで明かした。
 これまで中島の両親の意思を尊重し、入院治療や専門家のカウンセリング実施などサポートをしてきた、と強調。28日に中島側から契約解除の申し入れがあったことを認めた上で「肉体的及び精神的な健康状態が、芸能活動を行う上で、万全でないと見受けられたことから、弊社による継続的なサポートが必要であると判断」し、契約解除を考え直すよう促したという。
 しかし、中島は事務所に無断で一部の取材に応じた。松竹芸能は「事実と異なる発言が少なからず見受けられたことは極めて遺憾」「今後の対応については検討中」としている。
 一方、中島の相方・松嶋の個人事務所のマネジャーが、都内でスポーツ報知の取材に答えた。都内の自宅にうつむきがちに帰宅し、何も語らなかった松嶋に代わって対応したマネジャーは、中島の事務所退社について「特に報告は受けていない」と説明。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000217-sph-ent

復帰はナさそうな雰囲気。桜田淳子みたいな?

 著者は、戦時下でも「鬼畜米英」のプロパガンダは国民に浸透せず、戦前昭和を通じて形成された親米感情はとだえることなく日本社会の底流を流れ続けたと分析している。そして、東条内閣崩壊後の流れは「親米派」の復権の過程であり、戦後、親米派主導下に再アメリカ化が本格化したとする。著者は本書を、戦前挫折した格差是正の試みも、戦後改革と高度成長による格差縮小となって実現し、戦後昭和の社会は「アメリカ化」・「格差是正」・「大衆民主主義」という三者の均衡の下に発展したと結んでいる。
http://www.j-cast.com/mono/2013/03/28171410.html

私の母は戦時中小学校の代用教員をしていたくらいで、決して頭が悪いほうではない。その母が述懐するには、
「アメリカ映画のファンで戦前はよく見ていたけれども、鬼畜米英、鬼畜米英と云われているうち、ほんとうにその頭に角が生えているような憎らしいイメージを持つようになってしまった」
という。
マインドコントロールとはこのようなものなのだ。
理性・理屈で考えさせないように、せっせと悪宣伝をし、感情を都合よく方向づけする。怒りと憎しみを焚きつける。
その前提として国体カルトがあり国民儀礼があり殉国教育があり、不敬罪の取り締まりを行ない、隣組等の共同体の縛りを設けて、反発を抑え、疑問を抱かせないようにしていた。

このように現在のPMの発表や規制値は「いい加減な定義、測定、発表」ということで行われ、それを元にして「中国はケシカラン!」と非難している人がいるが、このようなことは「事実を曲げて相手を非難する」ということになるので、「南京事件で中国が事実に異なることを言っている」というのと同じレベルになってしまう。
(中略)
この例は「正しさ」を考える上での前提条件のような初歩的な例で、まずは事実を正確に整理しなければならないことを示している.「どれが正しいか」、つまり自分の意見を定めるためには、{事実→整理→意見}という順序が必要だ。決して{好き嫌い→意見→事実}にならないように注意しなければならない。

<「正しい」とはなにか?横糸編(1) 黄砂とPM(中部大学教授 武田邦彦)- ガジェット通信 より一部引用>
http://getnews.jp/archives/310161

カルトに引っかかる人には前提条件の説明を鵜呑みにする人が多い。都合のいい前提で話をすれば「そうとしか思いなくなる」のは無理からぬところ。
毎度言ってることだが、信じることは必ずしも美徳ではないし、疑うことは悪徳ではない。肝心なのは根拠とされることを徹底的に根問いすることだ。
出来れば科学的に証明された事実を重視すること。科学的証明ができない、または拒否される場合は、眉唾と考えていい。

 ブラザー工業は29日、同社が00年9月から05年11月まで生産した家庭用ファクスで、猫の尿が繰り返しかかることが原因で、焼損する事故が発生したと発表した。猫が製品に乗って繰り返し排尿することで、まれに発火に至ることがあるといい、対象商品の無償点検を実施する。該当商品を使用している期間中に猫を飼っているユーザーに対して、同社への連絡を呼びかけている。詳細は同社ホームページ( http://www.brother.co.jp/ )で。
http://mainichi.jp/select/news/m20130330mog00m040002000c.html

これはブラザーは何も悪くないじゃないか?
どんな電機製品でも水をかければ壊れるし発火もするだろうと思われ。

Smart cat pees and shits in the toilet and then drinks from the sink

特訓するねこ。

大きな箱とねこ。

箱×ネコ – Cat Box –

東京23区液状化 危ないエリアの重要・有名施設20
(日刊ゲンダイ2013/3/29)
(中略)
都のHPで公開されている予測図は、震度6弱の揺れを想定。液状化の危険性を「高い=赤」「ある=黄」「低い=緑」と3段階で色分けした。
危険地域は、荒川や隅田川が流れる東部や、臨海エリアに集中している。ワーストワンの足立区は区全体の4割が危険度が高い地域だ。
住所による検索もできるのであれこれ調べてみたら、意外な重要施設が“赤いエリア”に立っていた。むろん、建物自体はしっかりしているのだろうが、不安にもなる。
ランドマークの東京タワー(港区芝公園4)、六本木ヒルズ(港区六本木6)、都庁(新宿区西新宿2)、サンシャイン60(豊島区東池袋3)は「緑」だが、東京スカイツリー(墨田区押上1)だけは「黄」。
当然、皇居は「緑」だが、不思議なことに東京駅(千代田区丸の内1)は一部が「赤」だ。ちなみに、来月2日からこけら落とし公演が始まる歌舞伎座(中央区銀座4)は「黄」。
わざととしか思えないのが東京拘置所(葛飾区小菅1)。きっちり赤いエリアにある。

<東京23区液状化 危ないエリアの重要・有名施設20 「日々担々」資料ブログ より一部引用>
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8380.html

ベイエリアの高層マンションは電気系統が使えなくなり、しばらくは孤島化を免れ得ないと考えられます。津波があれば1階部分は波に洗われ使用不能となるでしょう。
また長期的には海面上昇で資産価値自体が限りなくゼロに近くなるので、そうなる前に頃合いを見計らって売り抜けることをお薦めいたします。

Franco-London Orchestra – Theme From Robinson Crusoe

 若い人の数は減る一方だし、しかも3K職場には行きたがらない。そこで政府は06年にこうした職種に外国人の参入を認めることにしました。フィリピンやインドネシアと経済連携協定(EPA)を結んだ際、人的交流の拡大の一環として介護福祉士や看護師としての来日にもビザ(査証)を発給することにしたのです。
 介護福祉士や看護師の団体は反発しました。職場を奪われかねない。低賃金の労働力の参入で日本人も低賃金を強いられる。そうした危機感からです。
 高齢者が多い患者からも「言葉が通じない人では不安だ」「東南アジアは日本よりも医療水準が低くないか。スキルが身に付いていないのではないか」などの声が噴出しました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK29031_Z20C13A3000000/

介護現場で働く人の中で腰痛が原因で仕事を休むケースが急増していることから、厚生労働省は、職場での腰痛予防のガイドラインを19年ぶりに見直し、お年寄りを介助する際にはリフトなどの福祉用具を積極的に活用するよう求めることになりました。
厚生労働省によりますと、介護施設では介護度の重いお年寄りが増え、入浴やおむつ交換などの際に職員が頻繁にお年寄りを抱え上げるなどして腰痛につながるケースが多く、おととし、介護現場で働く人が腰痛で4日以上休み労災と認められた件数は、およそ1000件と、10年前の2倍以上に増えています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130330/k10013560351000.html

私は父親の介護を2年弱でしたが経験しました。重度ではありませんでしたが なかなか大変でした。下の世話も致しました。
仕事として介護をやれと云われても私は断るでしょう。続ける体力も堪え性もありません。腰痛持ちでもあります。
それに信じられないような毒を吐く、薄ボケの老人に対して、耐性が低い。
自分がそのような状態にならぬように祈るばかりです。もしそうなったら私を殺してもらっても構いません。

 確かに、突然死んじゃうわけだから、家族に介護などの迷惑をかけることはない。でも、突然死ですよ! 2 日でも3 日でも危篤なり危ない状況が続けば、親類縁者も病床に集まるワケじゃない? そこで、最後のお別れ的な時間が作れるし、死に水をとってあげたりすることもできる。
 ところがピンコロじゃそれもできない!
「死ぬ前に、もう一度会いたかった!」そんな知り合いが、ピンコロでは必ず一人は出てくるのではないか?
 その一人にしてみれば、「なんでピンコロなんだ!?」と、突然死を恨むに違いない。それでもピンコロ死がいいというのだろうか?
http://www.news-postseven.com/archives/20130330_178733.html

「死ぬ前に、もう一度会いたかった」は債権者くらいですよ(笑)
それより突然倒れることによって、電車を止めたり、第三者に怪我をさせたり損害を与えたり、トラウマを感じさせたりするほうを心配すべきでしょう。

Freda Payne – Suddenly It’s Yesterday(1971)
2度目の引用。

La Quinta Visión – Suddenly(1971)
México

  ※(略)

 

Sudden Death – Leather Woman(1971)

  ※(略)

 

Tony Drake – Suddenly(1970)

  ※(略)

 

The Bee Gees – Suddenly(1969)

  ※(略)

 

すみれ裕子 – いきなり愛して(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Cherry People – And Suddenly(1968)

The Tremeloes – Suddenly You Love Me(1968)虹のたつ丘
例の♪ザイザイザイの歌です。日本版シングルでは当初『アズ・ユウ・アー』のB面でした。

  ※(略)

 

The Tremeloes – Suddenly Winter(1967)
2度目の引用。

Liz Christian – Suddenly You Find Love(1967)

The Kinetic – Suddenly Tomorrow(1967)

  ※(略)

 

The Warmest Spring – Suddenly(You Find Love)(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Tubby Hayes, Jimmy Deuchar – Suddenly Last Tuesday(1965)
2度目の引用。

Walter Jackson – Suddenly I’m All Alone(1965)

Maurice Leclerc et son ensemble – Par Un Beau Matin D’Ete(featuring whistle)(1964)
モーリス・ルクレール・アンサンブル – ある晴れた朝突然に

Michel Magne – Par Un Beau Matin D’Ete(1964)
英題:One Bright Summer Morning
ミシェル・マーニュ楽団 – ある晴れた朝突然に

Andy Williams – Suddenly There’s a Valley

  ※(略)

 

Brenda Holloway – Suddenly

Roger Douglass – But Suddenly(1961)

Mark Dinning – Suddenly(There’s Only You)(1961)
ロイ・オービソンを意識した?

Jimmy Giant – Suddenly(1960)

  ※(略)

 

Suddenly, Last Summer(1959)Trailer 去年の夏 突然に

Four Troys – Suddenly You Want To Dance(1959)

  ※(略)

 

Ray Peterson – Suddenly(1958)

Dorothy Collins – Suddenly There’s A Valley(1956)

  ※(略)

 

Petula Clark – Suddenly There’s a Valley(1955)

  ※(略)

 

Jo Stafford – Suddenly There’s a Valley(1955)

Gogi Grant – Suddenly There’s a Valley(1955)

The Mills Brothers – Suddenly There’s a Valley(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Edith Piaf – Soudain une vallée(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Don Bestor and his Orchestra – Like A Bolt From The Blue(1934)
タイトルは「寝耳に水」の意。
vocal: Joy Lynne

Savoy Hotel Orpheans – All Of A Sudden(1932)
vocal: Les Allen

Following the June 1932 departure of former co-leader Howard Jacobs, pianist Carroll Gibbons assumed sole leadership of the Savoy Hotel Orpheans. His name was added to the record label credits beginning with tracks recorded in late October.

Casa Loma Orchestra – All Of A Sudden(1932)
vocal: Kenny Sargent

Roy Fox and his Band(At the Monseigneur Restaurant, London) – All Of A Sudden(1932)
vocal: Al Bowlly

2013/03/28
Google が浪江町のストリートビュー画像を公開、町長の馬場氏「ありのままの姿を避難中の町民に知らせ、世界へ発信」
米国 Google は、東日本大震災に関する記憶を保存/公開/共有する活動「未来へのキオク」の一環として、福島第一原子力発電所の事故にともなう警戒区域/計画的避難区域にある福島県双葉郡浪江町のストリートビュー画像を地図サービス「Google マップ」で公開した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000002-inet-sci

リアルタイムの風景ではないが、とにかく「現場」を見れることで、この問題をより身近に考えることができる。
まだ何も解決してはおらず、事態は継続中だということを忘れてはならない。

福島県双葉郡浪江町
浪江町役場前 知命寺交差点

大きな地図で見る

The Shangri Las – Past, Present And Future(1966)
ベートーヴェン作曲 ピアノソナタ第14番嬰ハ短調「幻想曲風に」(Klaviersonate Nr. 14 cis-moll “Quasi una Fantasia”)作品27の2(1801年)(通称「月光ソナタ」)をフィーチャーした語り物。

The First Gear – Gotta Make Their Future Bright(1965)

追加記事

 2013年4月に政治家への転身を表明し、芸能界を引退していた元俳優の嶋大輔さん(51)が13日、フジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』(月~金曜 後1:55)に生出演。「このたび私、嶋大輔は恥ずかしながら芸能界に復帰させて頂くことになりました」と芸能活動再開を発表した。
 この日、午後3時過ぎに黒ぶち眼鏡にグレーのスーツで登場した嶋さん。「32年間やってきたのは、芸能界しかないんだと、恥ずかしながら戻ってきました」とあいさつし、2年前の政治家への転身と引退については「当時は、2足のわらじをはくことはできないと思ったし、自分はそんなに器用な人間ではない」との思いを明かした。
 この2年間は収入面も苦しく、自宅も売却。周りのサポートで半年間“ソーラーパネル”の営業をしてたといい「女房も何も言わずについてきてくれて」と感謝し、中学3年生の長女も「パパ頑張ってと応援してくれた」と語った。
http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/176711.html

写真を見る限りかなりのメタボで、食うに困っているふうには見えない。
芸能人が似合ってるよ、この人には。
(2015年7月13日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です