坂井モエ子を演じるなら誰?

160526_01コーヒーと恋愛
獅子文六 著
シリーズ:ちくま文庫
定価:本体880円+税
刊行日: 2013/04/10
判型:文庫判
ページ数:400

この本の内容
まだテレビが新しかった頃、お茶の間の人気女優 坂井モエ子43歳はコーヒーを淹れさせればピカイチ。そのコーヒーが縁で演劇に情熱を注ぐベンちゃんと仲睦まじい生活が続くはずが、突然”生活革命”を宣言し若い女優の元へ去ってしまう。悲嘆に暮れるモエ子はコーヒー愛好家の友人に相談…ドタバタ劇が始まる。人間味溢れる人々が織りなす軽妙な恋愛ユーモア小説。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480430496/

だいぶ前に買った ちくま文庫 獅子文六著『コーヒーと恋愛』をさきほどようやく読了。
ちくま文庫より春陽文庫にこそふさわしいような、ライトな「現代小説」。
調べたら、松竹で映画化されていた。
『てんやわんや』(1950)も松竹大船だったのでその縁だろうか?

「可否道」より なんじゃもんじゃ
劇場公開日 1963年10月17日
製作・配給:松竹
併映:大場秀雄監督『残菊物語』(市川猿之助、岡田茉莉子)

【スタッフ】
原作:獅子文六
脚本:白坂依志夫
監督:井上和男
音楽:山本直純

【キャスト】
森光子   坂井モエ子
川津祐介  塔之本勉
加賀まりこ 丹野アンナ
加東大介  菅会長
松村達雄  中村教授
宇佐美淳也 大久保画伯
柳家小さん(5代目) 春遊亭珍馬
長門裕之  飯島
清川虹子  アンナの伯母
中川弘子  篠万里江
穂積隆信  深井
沢村貞子  大木咲子
桜むつ子  柳ゆき枝
浜田寅彦  黒井
須賀不二男 テレビ・ドラマのモエ子の旦那役
津川雅彦  前衛写真家太田
青島幸男  テレビ作家赤島
三井弘次  食品会社専務矢頭
白坂依志夫 作家石川
桂小金治  竹中
柳家小三治 春遊亭頓馬
徳川夢声  春夏秋冬の名士たち
渡辺紳一郎 春夏秋冬の名士たち
奥野信太郎 春夏秋冬の名士たち
サトウ・ハチロー 春夏秋冬の名士たち
近藤日出造 春夏秋冬の名士たち
三上真一郎 鴨下
竹脇無我  高畑
河原崎次郎 アシスタント・ディレクター

そうそう、獅子文六、次は『箱根山』を読みたい。

サニーデイ・サービス – コーヒーと恋愛
アルバム『東京』(1996)より。

以下、「コーヒー」「Coffee」「喫茶店」「カフェ」を含む投稿。

東京・武蔵野市の動物園で飼育されていた国内最高齢のメスのゾウ「はな子」が26日午後、死にました。69歳でした。
(中略)
26日午前8時半ごろに飼育員が横になったまま起き上がらない「はな子」を見つけ、内臓を圧迫しないようロープなどを使って寝返りをさせようとしていましたが、午後3時すぎ、飼育員にみとられながら死んだということです。「はな子」は苦しんだり、暴れたりすることはなく、静かに息を引き取ったということです。
(中略)
戦後初めて日本に来たゾウの「はな子」。最初に飼育されたのは東京の上野動物園でした。上野動物園では戦時中、逃げ出すと危険だということですべてのゾウが処分され、「はな子」は平和の使者として人々から大歓迎を受けました。名前も処分された上野動物園のゾウ「花子」にちなんで名付けられました。
「はな子」は昭和29年に地元住民の呼びかけで東京・武蔵野市の井の頭自然文化園に移り、60年余り、たった1頭で過ごしてきました。
人が好きだったという「はな子」ですが、悲しい出来事もありました。深夜に酔っ払って飼育施設に侵入した男性や飼育員を踏んで死亡させてしまう事故が起き、施設の中で鎖につながれたまま過ごした時期があったのです。
その後、熱心な飼育員がつきっきりで世話をしたことから徐々に元気を取り戻し、再び来場者の人気を集めるようになったほか、この時の経緯はドラマや絵本にもなりました。
そしてことしの1月1日で69歳になり、国内で飼育されているゾウの長寿記録を更新していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160526/k10010536001000.html

太郎もスんだ。花子もスんだ。而て人はみなスぬのである。
このように、一々の例から一般的な法則を考えてゆくのを、帰納法と云うのであります。

「梅干し」でなく「うめ星」であるところがミソ。
たしかに日本的な色調ではある。

こうして見比べると、「阪急マルーン」はなるほど落ち着きと高級感があるなと改めて思う。

 

73歳でパソコン使いこなしてたなんて、たいしたジイサマだ。
団塊世代でも拒否反応を示す人は多いのに。
しかしまぁ、自分以外に見られちゃ困るデータは遺さないことです。
こうやって実の娘にネタにされるくらいだからね。

最近発表になったTwitterの改変は複雑で、内容を読み解くのが難しい。日本語と英語のブログで説明が微妙に異なり、さらにTwitter関連のアプリケーションを開発する技術者向けの文書でもまた別の記述がある。
返信に「@」で始まるユーザー名を表示しなくなるという報道は、どうやら技術者向けの文書が根拠になっているようだ。なるほど、読んでみると、ユーザー名は「隠れた領域」(hidden prefix region)に入れておき、本文とは分けるべきだと書いてあるようだ。
さて、これが実現するとなると、複数人を対象にした返信、いわゆる「巻き込みリプライ」にはどう対処したものだろうか。
誰かと誰かが巻き込みリプライを使って熱烈な議論を始めた際に、たまたまあてさきの1つとして加えられてしまうと、話題に興味がなくても延々とやりとりの通知が届き続ける。正直、非常にうっとうしい場合もある。
これまで対策としては「私はその話題に興味がないからあてさきから外してくれ」と申し出る方法があった。相手の物分かりがよければ、会話に加わりたくない人の「@」で始まるユーザー名を削除し、やりとりは続いてゆく。
しかしもし、巻き込みリプライのあてさきが、すべて「隠れた領域」に入ってしまうと、これまでと同じように削除はできるのだろうか。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2207846

Twitter を使ってるけれども、いまだにやり方がよく分からない(笑)
知らない誰かと丁々発止やりあう気なぞハナから無く、世の中の最新情報の収集とサイト更新等の情報発信のみを目的にしている。
140字云々は不便なときもあるが、昔の雑誌のはみ出し欄や、新聞の三行広告みたいで、面白いとは思う。

まじすか!?
その割にはウイルス付きメールがドカドカ届くんですけど。

2014/05/24
 シンガポール当局は24日、スイスのプライベートバンクBSIのシンガポール部門であるBSIバンクに閉鎖を命じた。マレーシア政府の投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)をめぐる世界的な調査で不正が判明し、スイスではBSIに対する刑事手続きが始まった。
(中略)
 シンガポールとスイス当局の行動は、1MDBのマネーロンダリングと横領の疑惑に対する世界的調査の一環。マレーシア議会の委員会は1MDBによる42億ドル(約4600億円)以上の不正取引を発見し、ナジブ首相が率いる諮問委員会の解体を勧告した。BSIのステファノ・コデュリ・グループ最高経営責任者(CEO)は辞任。スイス当局はBSIから資産9500万スイス・フラン(約104億8400万円)を接収するとともに、元行員2人に対する法執行手続きを開始することも発表した。
(中略)
 スイスのBSIへの刑事手続きは金融監督当局FINMAの調査も基になっている。FINMAのマーク・ブランソンCEOは24日に電話記者会見で、1MDBに関してBSI以外の銀行も調査し、数行に対して手続きを開始したと明らかにした。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-24/O7O0FX6TTDSA01

さすが外国の役人はちゃんと仕事をしている。
日本は「調べません」と宣言しちゃって、世界の笑いものだ。

 

同感だねぇ。
安倍首相がどう考えようが、異教の神を礼拝させるということは相手の宗教のみならずアイデンティティや人格までも否定する行為にほかならない。
そういうことで歴史上数えきれないほどの戦争や殺人やテロが起きている。まったく異なる世界観・宇宙観・人間観・生命観を平然と受け入れてるのは日本人くらいなものだ。
無神経にすぎるよ。

平成28年5月25日 インターネット上等での水素水に関する情報について
http://www.nihon-trim.co.jp/dl/ir/565c4f65f2f5e0ecf35e1f3ba74e4500.pdf

これもスタッフがいかにお調子者かという証拠。裏がありそうだね。
大昔、遊びに行った家でいきなり「紅茶キノコ」なる怪しげな液体を出されて往生したことが思い出される。
この分じゃ、ヒンドゥー教徒に牛肉を、ユダヤ教徒にウサギ・ラクダ・鯨・イルカの肉を、イスラム教徒に豚肉を食わせるような大失態をしかねない。
心配だなぁ、、、

以下、「水素水」を含む投稿。

通常、余った水はポットやガス台の上の鍋の中にそのままにしておいて、後でまた使います。別に何も問題ないですよね?いいえ、実際はかなり問題ありなのです。
水が沸騰すると何が生じるか、よく見てみましょう。気泡と湯気が出てきますが、化学物質のレベルでもあることが起こっています。同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し、潜在的な危険性を持つ物質が蓄積されていきます。この変化はお茶を淹れるとわかります。新しい水で淹れたお茶は、再利用された水で淹れたお茶よりもずっと美味しいはずです。
水を沸騰させるのはバクテリアを殺す良い方法ですが、水を何度も何度も沸騰させていると、化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性があります。フッ化物が神経と脳に与える悪影響については多くの研究で証明されています。
こうした過程を経ると、ただの水を飲んでいるというわけではなくなってきます。カルシウムのような体に良いミネラルも問題を生じ、腎臓結石の原因になる可能性があります。
<水を2回沸騰させてはいけないという理由がここに! ちえとく>
http://www.imishin.jp/water-boiling/

えっそうなの?!
何度も沸かして飲むけど、ありゃイカンのかなぁ・・・
まぁしかし、これからの季節は水出しの「ミネラル麦茶」だけどね(笑)
以下参照の事。

以下、「水」「Water」「Aqua」「Agua」を含む投稿。

 

「ネイティヴじゃないんだからブロークンな英語でいい」って外人は言うけど、おれにはとてもじゃないが堪えられん。
稚拙な英語を弄するくらいなら、カネ出して通訳雇ったほうがいいよ。

そもそも言語を習得するには、歴史や文化を識らなければならない。確かに言葉は道具でもあるけれど、実体はその土地・環境・風土に根ざした生活やコミュニケーションの記憶が長い時間をかけて「堆積」し、じっくりと「発酵」することで得られた、一種の上澄みのような物であろうと思う。なればこそ一筋縄ではいかぬ。

以下、「辞書」「事典」「Dictionary」「ピジン」「ジャーゴン」「訛り」関連の投稿。

製品評価技術基盤機構(NITE)は26日、除湿機や除湿機能などが付いた空気清浄機を巡る事故が2014年度までの約5年間で117件あったとして、使用する機会が増える梅雨入りを前に注意を呼び掛けた。
 5~8月に事故が多く、全体の6割超で火災を伴い、死亡事故は1件あった。リコール対象品の事故も目立った。NITEは「突然の停止や異常な音、臭い、発熱は事故の予兆なので、気付いたらすぐに使用をやめてほしい」としている。
 NITEによると、製品別の事故数は空気清浄機63件、除湿機54件という。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016052601001519.html

窓を開けて、風の入口・出口を作ると一気に空気が入れ替わっていいよ。
電気代かからんしネ。いやマジで。

消費者が買い物をした際にクレジットカードの磁気ストライプの情報が盗み取られ、本人が知らない間にカードが複製されて不正利用される被害が後を絶ちません。
日本は他の先進国に比べて磁気ストライプでの決済の比率が高いことから、経済産業省は、安全性を高めるために2020年までに国内のカードの読み取り端末をICチップに対応したものに替える目標を立ててきました。
しかし、普及が進まないことから、経済産業省は対策を強化する方針を固めました。
具体的には、クレジットカードを取り扱う全国の店舗に対して、ICチップに対応した読み取り端末の導入を義務づける法改正を行う方針です。そのうえで、早ければ再来年にも義務化を始める方向です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160526/k10010535221000.html

それは素晴らしい。
でもおれはカード申し込んでも拒否されるから、どーでもいいんだけどね。

「すごく良いお店なのにどうしてやめちゃうの?」
バー経営者として言わせていただきますと、お店を閉める理由はただひとつです。お店にお客さまが来なくなって、売り上げが少なくなって、経営に行き詰まったからです。もちろん「立ち退きで移転」や、「店主が高齢で引退」という場合もありますが、そういう場合はその理由をまず一番最初に説明します。そういった事情がなければ、お店が儲かっているのに閉める人はまずいません。お店を閉める理由は、これ以上続けても赤字だからです。
彼いわく、そのパーティで、「良いお店なのにどうしてやめちゃうんですか?」って言われるたびに、途中から「あなたがお店に来てくれなくなったからです」と言いたくなったということです。

<「予約の取れない店」が3年で閉店に追い込まれる理由(cakes)- Yahoo!ニュース より一部引用>
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160525-00001793-cakes-life

それなのに、客の姿を見かけない 暇そうな店が、いつまでも続いてることもありますよね。あれって何なんでしょう。
大きな会社のショールーム代わりの店なのか。経営者が他で儲けていて採算度外視なのか。
どんなたぐいの商売でも、ぎりぎりの資金では始めないほうがいいですね。3か月お客がゼロでも持ち堪えられるくらいの余裕はほしいところです。

マクドナルドの元CEOであるエド・レンシ氏は、テレビ番組でのインタビューに対して、「外食産業において、3万5000ドル(約380万円)のロボットアームを購入するほうが、時給15ドル(約1600円)で人間を雇うよりもはるかに安く済みます。信じられないかもしれませんが、人間が料理を作り続けていればインフレを誘発し、人間が職を失ってロボットに置き換えられるという未来は大いに起こり得ます」と語っています。
http://gigazine.net/news/20160526-mcdonalds-worker-robot/

ロボット店員にクレーム入れたら、瞬時にクレーマー・リストのデータベースに照合されるんだろうな。

以下、「ロボット」関連の投稿。

2016/05/25
「旨辛系タンメン『荒木屋』」との関係についてのお知らせ

日頃から「蒙古タンメン中本」に対し格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、東京都大田区西蒲田7-63-1において当社元社員の荒木雅晴氏が経営する「旨辛系タンメン『荒木屋』」(以下「荒木屋」といいます。)なるラーメン店が「蒙古タンメン中本」(以下「当社」といいます。)と何らかの関係があると世間に誤解を与えるような営業を行っており、当社ののれん・信用を傷つけるような事態が生じているだけではなく、お客様にも多大なご心配・ご迷惑をお掛けしております。
そこで、この度、この荒木屋の営業は、東京地方裁判所での荒木氏と当社との和解に違反する営業であること、また荒木屋は当社とは全く関係がないことを皆様に正しくお伝えしなければならないと考え、このお知らせを当社ホームページに掲載することとしたものです。
この件の経緯の詳細は以下に記載しますが、一言で申しますと、荒木氏の異常な行動・発言等により蒙古タンメン中本蒲田店を閉店せざるを得ず、その後、荒木氏は当社との和解や他の契約に違反して荒木屋での営業を開始したということです。
http://www.moukotanmen-nakamoto.com/oshirase

蒙古タンメン中本旨辛系タンメン「荒木屋」 が何やらトラブッてるご様子。

一般的には、技術やノウハウをキャッチアップしたら、さっさと独立して逆に攻めこむ というのが韓国や中国人にありがちな態度で、彼らとしてはまったく罪悪感がない。
日本の伝統としては「暖簾分け」という形が今以て活きている部分があって、そこには恩義で縛るという悪い面もある。
いづれにせよ昨日の投稿ではないが、契約書に退社後、あるいは関係清算後のことも記しておくのが、これからは必要ということになる。

以下、「蒙古」「モンゴル」を含む投稿。

日本舞踊の花柳流から除名された舞踊家の男性が処分は不当だと訴えた裁判で、東京地方裁判所は「処分の背景には家元の後継候補を排除する意図があったと推測される」と指摘し、処分を無効とする判決を言い渡しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160525/k10010534661000.html

そういえばパチンコ玉ならぬ爆竹を擲げつけた「アンチ家元制度」の闘士・花柳幻舟は、

2004年5月 自転車操業インターナショナル連合会(略称: 自操連)を創立し、自らが永世総裁となる。

<花柳幻舟 – Wikipedia>

以降、とんとお噂を聞かぬが、お元気でしょうかね。

【カラー映像】昭和44年の奈良ドリームランド NARA DREAMLAND 1969
2度目の引用。

十勝管内鹿追町の陸上自衛隊然別演習場で23日、北部方面後方支援隊(恵庭)が空包を撃ち合う想定の訓練中に実弾が発射され、隊員2人が軽傷を負った事故で、隊員には全て実弾が手渡されていたことが24日、北部方面総監部(札幌)への取材で分かった。総監部は9人が計79発を撃ち合っていたと明らかにし、実弾が渡された経緯などを調べている。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0273709.html

わざとであろう。
「ルールは破るためにある」「赤信号みんなで渡れば怖くない」「ショック療法」てやつやね。
違憲与党下での憲法無視も、この分じゃ時間の問題だ。

追加記事

2017/10/22
 阪急電鉄は22日、伝統の車体色「マルーン」が入ったプラスチック色鉛筆「クーピーペンシル12色セット」(税込み990円)を駅のコンビニなどで発売する。
 阪急の電車や駅名標を忠実に描けるよう、通常の12色セットのうち5色を変更。マルーンの再現には、製造元のサクラクレパスとともに半年をかけた。
 限定2760個。
http://www.asahi.com/articles/ASKBN571BKBNPTIL01L.html

(2017年10月22日)

追加記事

(2018年7月20日)

追加記事

(2018年7月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です