「麻薬中毒が、ヒロポンからコカインへ、アヘンから催眠薬へ、又ヒロポンへというように、相手はなんでもいゝから中毒すればよいという麻薬遍歴を起すと同じように、宗教の場合も大本教から人の道へジコー様へお光り様へというように宗教遍歴を起す。すべて同一系列の精神病者と思えばマチガイはない。」(坂口安吾)

1940年11月23日に南部仏印に侵攻し、タイ・フランス領インドシナ紛争を引き起こし、1941年5月8日に日本の仲介によって東京条約をヴィシー政権と締結して領土を拡大した。
太平洋戦争が勃発すると、日本軍はタイへ進駐し(タイ王国進駐)、タイは表面上日本と日泰攻守同盟を結び枢軸国として戦った。タイは東南アジア戦線では日本に積極的に協力しており、現地軍の速やかな進軍を助け、兵站、補給など重要な役割を担当している。一方で駐米大使セーニー・プラーモート、摂政プリーディー・パノムヨンらが「自由タイ運動」などの連合国と協力する勢力も存在し、連合国と連絡を取っていた。
こうした二重外交により、1945年、タイは1940年以降に獲得した領地を返還することでイギリスとアメリカとの間で講和することが出来、降伏や占領を免れた。こうした経緯もあって国際連合にも1946年12月16日という早い段階で加盟しており、いわゆる敵国条項の対象ともされていない。
大戦終結後、1946年6月9日に 国王ラーマ8世は王宮内で他殺体となって発見されたが、真相は究明されず、弟のラーマ9世が即位した。
(中略)
第二次世界大戦後の東西冷戦期は、ベトナムやカンボジア、ラオスのような近隣諸国の共産主義化に脅かされたものの、「共産主義の防波堤」としてアメリカの大々的な支援を受けたことも影響し、共産主義化は免れた。
(中略)
音楽
タタ・ヤンやパーミーなどの歌手は日本でもCDをリリースしオリコンの上位にランクされるなどヒットしている。

<タイ王国 – Wikipedia より一部引用>

ทาทา ยัง Tata Young – Sexy Naughty Bitchy [ Official Music Video ]
1,197,325 回視聴
Tata Young Music to Play
2012/06/13 に公開

ซ่อนกลิ่น – PALMY「Official MV」
83,837,874 回視聴
Genierock
2018/10/19 に公開

2019/02/14

とにかく中国人しかいないリゾートなの。昨年は、タイの会社がこのスキー場を買収して、追加の大規模開発を始めていて、今年は、そこらじゅうタイ語(と言っても中国人系だけど)でびっくり。それも、タイの人は、まだ、スキーは慣れていないのか、スキー用ゴンドラに普通の服の人が大量に乗ってるという、不思議な光景。。。ホテルは改造されて、スイートルームが大幅増設され、かつ、フトロントからレストランのスタッフまで、みんな英語のできるアジア人たち。全員日本人の我々家族も、常に英語で話している状況・・。

子供のスキースクールは、4時間で日本人講師3万円、外国人講師5万円、日本人講師は二人しかいないので、そもそも日本人客を相手に商売する気がない。
ここのホテルにも、日本人は泊まってない。食事なしで一泊10万円するからかもしれないけど。
中国人だけでなく、タイ人までもこんなにお金持ちになっているということを、日本人は気づいてないよね。。

<見えない所で起きてる日本の事実|Kumi Fujisawa|note より一部引用>
https://note.mu/kumifujisawa/n/n86bbbb616f06

中国経済が減速中なので、タイ人観光客は大歓迎。
せっかく来るんだから、楽しく気持よく過ごしてもらいたい。

今月3日に行われた別府大分毎日マラソン大会で通訳を務めた50代の女性ボランティアが、アフリカからの招待選手について自身のブログで「チンパンジー」などと表現していたことが分かり、大会事務局は極めて不適切だとして謝罪するコメントを出しました。
別府大分毎日マラソンの大会事務局によりますと、50代の女性ボランティアは、アフリカからの招待選手の通訳などを務めましたが、大会終了後の今月10日、自身のブログで、「原始人とコミュニケーションをしている感覚でした」とか「最初はシャイだったチンパンジー達も、だんだんと心を開いてくれました」などと記述していたということです。
また、選手と一緒に写っている画像には「かわいいチンパンジー達」という説明書きがあったということです。
外部からの指摘で問題が発覚し、ブログは現在閉鎖されています。

<アフリカ選手を「チンパンジー」呼ばわり 通訳がブログで – NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190215/k10011816071000.html

この人の中でチンパンジーが人間以上に可愛い存在だった?
通事の才があるにせよ、言語感覚が鈍感過ぎる。アマでも失格でしょ。

Les Musiciens – Un Singe à Bicyclette(1969)
タイトルはフランス語で「自転車の猿」の意。
2度目の引用。

“Un singe en hiver”(仏1962/05/11公開)冬の猿

原作:アントワーヌ・ブロンダン “A Monkey in Winter”
監督:アンリ・ヴェルヌイユ
音楽: ミシェル・マーニュ
出演:ジャン・ギャバン、ジャン=ポール・ベルモンド、シュザンヌ・フロン、ノエル・ロックヴェール、ガブリエル・ドルジア

以下、「猿」「Monkey」「チンパンジー」「ゴリラ」「Gorilla」「類人猿」「直立猿人」を含む投稿。

 外務省は今年1月、特定の国・地域や分野について高度な専門知識を持つ「専門官」の認定制度で、「外交アーキビスト」の区分を新設し、省内で志願者の募集を始めた。従来、史料の収集・管理や調査研究に重点を置いていた「外交史料」の区分の職務内容を広げ、名称を変更した。志願者の知識や能力を評価し、認定者を増やしていく方針だ。
 外交アーキビストに対しては、外交史料館(東京都港区)に所蔵する史料(幕末以降で約12万点)の調査研究だけでなく、外交交渉など実務経験を積ませる。喫緊の外交課題に関わる史料を正確に読み解き、効果的な助言をすることができる人材の育成を目指す。
 外交アーキビストを正式なポストに位置付けた背景には、近隣諸国との外交で「歴史戦」が繰り広げられているという事情がある。
(中略)
 北方4島などの領土問題や、韓国人元徴用工の訴訟など戦後賠償を巡る問題では、史実を踏まえた外交交渉が不可欠となる。元慰安婦を巡る問題などでは歴史認識も争点になっており、外務省は研究と実務をつなぐことができる人材を育てる必要があると判断した。
 欧米の主要国は外交当局に歴史家を抱えているとされる。外務省は実務に通じた外交アーキビストを育てることで、政策の立案能力や国際社会での日本の発信力を強化したい考えだ。

<外務省に歴史専門官…「領土」や「慰安婦」助言 – 読売新聞オンライン より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190214-OYT1T50152/

ディベートは避けられない。ならば専門家を。
ようやく日本も重い腰を上げた格好。
なにせ政治家が不勉強だから。

2016/12/01
Consumption of illicit drugs in North Korea is on the rise and is widespread among people of all ages, South Korea’s Database Center for North Korean Human Rights (NKDB) said on Thursday.
North Koreans have easy access to drugs and “the consumption of methamphetamine (designer drug) has become common and cultural” since 2010, Lee Kwan-hyung, a researcher in drug use in North Korea at the NKDB in Seoul, said based on in-depth interviews with 18 defectors.
Speaking at a seminar on the actual and current conditions and problems of drug use in the DPRK, Lee argued that drug consumption was especially widespread in the border regions after methamphetamine production – known locally as “bingdu” – had expanded since the mid-2000s.
Lee said the price of methamphetamine is around 30-40 USD per 0.8-1g in Pyongyang and 100 yuan ($14.5) in other regions, adding 100 yuan is a “fixed price” in the DPRK.

<Use of illegal drugs becoming more common in N.Korea, reports say _ NK News – North Korea News より一部引用>
https://www.nknews.org/2016/12/use-of-illegal-drugs-becoming-common-in-n-korea-says-reports/

2019/02/12
Methamphetamine was introduced to the Korean Peninsula during the Japanese colonial period, in the early 20th century,
(中略)
In the 1990s, the North’s cash-poor government began manufacturing meth for export, about two decades after it began sponsoring local opium cultivation and the production of opiates, according to a 2014 study by Sheena Chestnut Greitens, a University of Missouri political scientist. Finished meth was typically sent across the northern border into China, or handed off at sea to criminal organizations like Chinese triads or the Japanese yakuza.
But around the mid-2000s, meth production that was “clearly sponsored and controlled” by the government began to decline, the study said. That left a surplus of people with the skills to manufacture meth, many of whom created small-scale meth labs and began selling to the local market.
Amid a chronic lack of health care supplies and medical treatments in North Korea, many people take opiates and amphetamine-type stimulants as perceived medicinal alternatives, Ms. Greitens, the political scientist, said in an email. “Methamphetamine is highly addictive, so it’s easy for casual users to develop more dependence and addiction over relatively short amounts of time,” she said.
The drug’s popularity in North Korea as a Lunar New Year gift was first reported last week by Radio Free Asia, a United States government-funded news outlet. Radio Free Asia quoted several anonymous sources as saying that the custom was especially popular among the country’s young people.

<Crystal Meth Is North Korea’s Trendiest Lunar New Year’s Gift – The New York Times より一部引用>
https://www.nytimes.com/2019/02/12/world/asia/north-korea-crystal-meth-methamphetamine-drugs-.html

2019/02/14
 北朝鮮では旧正月など名節の贈り物として覚醒剤の一種「ヒロポン(塩酸メタンフェタミン)」が人気だという。米ニューヨーク・タイムズが12日付(現地時間)で報じた。
(中略)
 ニューヨーク・タイムズは「脱北者らの話によると、朝鮮人民軍は第2次世界大戦以降、数年にわたり兵士らにヒロポンを提供し、1970年代には北朝鮮外交官らが麻薬密輸などの容疑で海外で逮捕されるケースもあった」と報じた。北朝鮮当局は1990年代から外貨稼ぎ用の輸出目的でヒロポンの製造を始めた。米ミズーリ大学のシナ・グライテンス教授は2014年の研究で「北朝鮮産のヒロポンは中朝国境を通じて三合会(中国の犯罪組織)や日本のヤクザなどの手に渡っている」と指摘した。

<北朝鮮でヒロポンが贈り物として人気 – Chosun online 朝鮮日報 より一部引用>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/14/2019021480038.html

2016/05/18
歴史を振り返れば、太平洋戦争の敗戦直後から、芸能界に薬物汚染は広まっていた。当時よく使われたのは覚醒剤、いわゆる「ヒロポン」である。
漫才師で、のちに参議院議員に転身した下村泰は、1984年6月の国会質疑において、ヒロポン中毒に陥った歌手たちの奇行を、次のように赤裸々に証言している。
いわく、楠木繁夫は、ギャラの契約をせず、「ヒロポンを一升瓶で何本くれたら幾日間行く」といって仕事をしていた。
いわく、霧島昇は、ヒロポン中毒が進み、1曲歌っては「幕を閉める」といったり、アンコールまでいっているのに「アンコールまだだ」といったりして、司会の自分を困らせた。
いわく、樋口静雄は、幻覚症状に陥って、目が機械のように「チャっと」異様な動きをし、「天井の隅で今おれをねらっている刺客がいる」と妄想を語ったりした(第101回国会、社会労働委員会、第11号より)。
なぜ彼らは揃いも揃って、重度の覚醒剤中毒に陥ってしまったのだろうか。
その理由についても、下村は次のように証言している。
「昭和20年代(引用者註:1945~1954年)にはヒロポン中毒というのがありまして、これは旧軍が持っていたものを市中にばらまいたと言っても過言ではないと思うんです」
つまり、日本軍の保管していた覚醒剤が、敗戦後市中に出回り、「ヒロポン中毒」を引き起こしたというのである。
このように日本の薬物汚染は、戦争の歴史と無縁ではない。それどころか、アヘン、モルヒネ、ヘロインなどの薬物は、日本の植民地統治とも深く関係していた。

<知られざる「麻薬大国」ニッポンの裏面史~芸能界「薬物汚染」の源流はこんなところにあった!(辻田 真佐憲)- 現代ビジネス 講談社 より一部引用>
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48659

北朝鮮のヒロポン流行、かなり前からのようだ。
一般国民がやり取りするくらいだから取り締まりが緩いんだろうね。
これも最後は「日帝が悪い」とされて賠償金を請求されそうだ。

以下、「サイケデリック・ロック」「マリファナ」「ドラッグ」「薬物」「麻薬」「覚醒剤」関連の投稿。

2013/10/09
韓国で「日本が好きだ!」と公言する若者が続出している。
(中略)
韓国の若者たちは彼らを、「イルポン」と呼んでいる。
「日本(韓国語でイルボン)」と、覚せい剤を指す「ヒロポン」を組み合わせた言葉で、「日本中毒」とでも意訳できるか。他人への迷惑を顧みない盲目的な愛国的言動=「クッポン(国+ヒロポン)」から派生し、特にここ数ヶ月で盛んに使われるようになった。
その特徴の1つは、自国への極端な否定だ。たとえばある「イルポン」は、韓国では日本に比べ詐欺事件などの発生件数が圧倒的に多いと指摘、自国を「嘘つき社会」「精神が破綻している」「一流国家の資格なし」などとさんざんにこき下ろす。
そして、「それに比べて……」と日本を盛んに持ち上げるわけだ。

<本当か?「日本大好き!」韓国人たち 新世代「イルポン」知られざる実態 – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/8143628/

好きでも嫌いでも、極端が目立つ。
ただの隣人として普通に付き合えればいいのだろうが、難しそうだ。

 害虫対策にスプレーを常備しておきたいけれど、缶に描かれた虫のイラストがイヤで手に取れない――。そんな声に応え、アース製薬が既存の虫ケア用品(※)に「虫ゼロ缶」デザインを導入し、2月20日に発売します。虫の姿など一切なくて、色もかわいい。
(中略)
同様の取り組みは「KINCHO」ブランドの大日本除虫菊も2018年に行っており、虫が苦手な人にありがたい流れが続いています。

<虫が描かれてないから怖くない! アース製薬、デザインが簡素な「虫ゼロ缶」スプレーを導入 – ねとらぼ より一部引用>
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/15/news053.html

ボケ老人がヘア・スプレーと間違わないか、ちょっと心配。

それと、赤地に白い水玉模様から草間彌生が連想された。

YouTubeの検閲、AIでやってるのか?日々、そことの攻防…。
これまでの一覧でも「あれ?なんでひらがななの?」「スペルまちがってんじゃん?」
……そう、苦闘の結果です。ほんと、面白い。
たとえば「韓国レーダー照射」とかキーワードが入っただけで「広告制限」くらう。
あと、「破壊」「崩壊」「壊滅」とかのキーワードが入るだけでもくらう。
「皇室」もダメだな。
要するに、日本政府、安倍政権の意向が意外とはたらく。グーグルと協定でもしてんのかな?
まあ、大枠で「殺人」「犯罪行為」の助長や連想をさせるキーワードはアウトだね。
あと、グーグルのAIは画像、テロップや図やイメージも「認識」しているフシがある。アップロードすると自動的に映像の中からAIが「見栄えのいいシーン」を選んでくる。
自分もITエンジニアなんで「イメージ化された文字まで調べるのかな?」と思っていたら……やっているね。
でも、さっき、今治市や山本順三の汚職の告発動画、何本か流したら瞬時に「広告制限」かかったのに、すぐ「OK」になった(爆)
「QAnon」なんて完璧ダメにされる。
おいおい、こりゃ、CIAやグーグルの海の向こうからの「指令」「意志」モロだわ。
つまり、アメリカは安倍政権を「見捨てる」方向になっている。だから、これから、安倍政権の悪事の暴露や、汚職、犯罪行為の告発がいっぱい噴き出す感じだ。
そうすると、次の国政選挙で自民は負ける……カモね。
それも、CIAやアメリカの意志……。

<内海新聞(2019/2/14 No.1403) 社会●グーグルとの戦い より一部引用>
http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/

日本が経済的に従属しつつも軍事的に自立する方向に向かわせたいなら、トランプ政権は安倍政権を見捨てないのではなかろうか。
安倍首相は霞が関の官僚ほどではないにせよ確かに従米だし、軍備拡張は大好き。
ただし、アメリカにはもう中ロを抑える力がないと達観してるフシが窺える。
別の意図があって切るつもりなら、次の政権を当然準備するはず。
自民が負けるとしても親中の旧民主政権の再現では日本国民にとって意味がない。次は誰にするつもりなのか?

埼玉県戸田市のマンションでおととし1月、生後11か月の女の子の赤ちゃんが浴槽の中で意識を失っているのが見つかり、病院に運ばれましたが、脱水症状になるなどして死亡しました。
その後の警察の捜査で、33歳の父親と36歳の母親が女の子を入浴させる際、首に巻くタイプの浮き輪を着けて1時間半にわたって浴槽に放置していたことが分かったということで、警察は15日、この両親を重過失致死の疑いで書類送検しました。

<”ゲームのため赤ちゃん浴槽に放置” 乳児死亡 両親を書類送検 – NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190215/k10011816011000.html

バカ親のもとで、何も分からぬまま生まれ、何も分からぬまま死んでいった赤ん坊。
哀れに過ぎるだろ。

千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、両親が逮捕された事件を受けて、文部科学省と厚生労働省は、全国の小中学校や都道府県などに対し、今月1日以降、1度も登校していない児童・生徒などに面会して、安全を確認するよう求める文書を送りました。
この事件で、安倍総理大臣は、先週、関係閣僚会議で、虐待が疑われるすべてのケースについて、1か月以内に緊急の安全確認を行うよう指示しました。
これを受けて、文部科学省と厚生労働省は、14日夜、全国の小中学校や都道府県などに対し、今月1日以降、1度も登校していない児童・生徒や、児童相談所が虐待の疑いがあるとして在宅で対応しているケースを対象に、面会して、安全を確認するよう求める文書を送りました。
文書では、警察など関係機関と情報共有が行われているかなども調べるよう要請していて、来月8日までに点検を終えるよう求めています。

<今月1度も登校していない児童生徒 面会し安全確認を – NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190215/k10011815541000.html

児相や警察が忙しくなりそうな、、、

 

どうせ買うなら 車1台分ぐらいは支えられる、でっかいのだろう。
外国じゃいろんなタイプが売られてる。

Alligator forklift jack: best forklift jack on the market
Intella Liftparts
2015/01/22 に公開

8 Unique Ways to Jack up your Car
Freeze Lists
2017/12/19 に公開

◆    ◆    ◆

あゝ、面白いねぇ。こういうの欲しいなぁ。

以下、「時」「時間」「Time」「時計」「Watch」「Clock」などを含む投稿。

以下、「Moon」「月」を含む投稿。

以下、北朝鮮のICBM「火星」を除く「火星」「火星人」を含む投稿。

追加記事

2019/02/20
うつ病にかかっている35歳未満の人の中で、10代の時に大麻(マリファナ)を摂取してなければうつ病が防げたかもしれないケースが英国で6万件、米国では40万件に達する可能性があることがこのほど行われた調査で明らかになった。35歳未満のうつ病の14件に1件の割合になるという。英ガーディアン紙が報じた。
(中略)
報告書によると、米国では思春期の人の20・9%が大麻を毎月使用しており、12年生(高校の最終学年)の約7%が毎日またはほぼ毎日大麻を使用している。本調査におけるうつ病の人口寄与危険度は7・2%と推定され、米国の18~34歳の人口(約7000万人)とうつ病の発症率(8・1%)を使って計算すると、大麻が原因でうつ病になった可能性のある18~34歳の人の数は41万人以上に達するという。14人に1人が、大麻を使用しなければうつ病の発症を避けられたかもしれないことになる。

<思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件 – ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト より一部引用>
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/40-22.php

マリファナ解禁の流れで、今後、うつ病患者が増えるってことになるよね?
緩慢なる自殺だな こりゃ。

(2019年2月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です