本朝なおもて盛者必衰の理を顕す いかにいはむや泰西諸国をや

福島原発と原子力村の没落 ガンダーセン 2011/10/20(字幕)
Arnie Gundersen – Fairewinds Associates Chief Engineer

東京で高放射性粒子計測報告!米科学者。発癌率上昇! ガンダーセン 2011/10/31(字幕)

3・11よりこのかた、政府と原子力村の阿呆共のせいで我々は毎日低量ながら被曝をしています。低量の累積被曝がいかに危険であるか、知れば知るほど恐ろしく、絶望的にならざるをえません。
この壮大な人体実験のデータは731部隊の研究データと同じく宗主国アメリカ様に献納されると思われますが、
彼らのことですから、また戦争のために利用するんでしょうな。

福島第一原発から45kmにある二本松の「サンフィールド二本松ゴルフクラブ」が東電に放射性物質の除染を求めて仮処分を申し立てた。
事故後、ゴルフコースからは毎時2~3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出され「営業に支障が出ている」「責任者の東電が除染すべき」と
これに対して東電の主張は
「東電から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任を持たない」。東電は答弁書では「放射性物質を『もともと無主物であったと考えるのが実態に即している』としている」そうだ。
<京都・環境ウォッチ 2011年11月24日 プロメテウスの罠ー「無主物の責任」より一部引用>
http://blog.goo.ne.jp/y2sakaki-b/e/46fa9233a7c589f73fcbf86782a326a3

朝日新聞の新連載「プロメテウスの罠」に報じられた件に言及しているブログ記事。
東電の責任意識、そのホンネがよく表れている話だと感じました。
こういう手合いが国を牛耳ってるんですから、日本村の衰退も当然です。
まぁ世界も似たようなもんでして、前から言ってるように日本が世界に先駆けて亡んでいく、ということになりそうですよ。

Gnidrolog – Long Live Man Dead(1972)
UK

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Blues Dimension – b.d is dead, long live b.d.(1969)

Margaret Whiting – Nothing Lasts Forever(1966)

Dimples Jackson – Love Came Tumbling Down

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Patti’s Groove – It Won’t Last Long(1965)

石原裕次郎 – 粋な別れ(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Lemme B. Good – We Can’t Finish What We Started

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Gee’s – It’s All Over

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Sam Coslow – Here Lies Love(1932)
タイトルは墓石の言葉を模した「(我が)愛 ここに眠る」の意。

Songwriter, singer, and film producer Coslow croons the Robin & Rainger lament from Bing Crosby’s starring feature-length film debut “The Big Broadcast.”

大阪市長選で橋下氏、府知事選で松井氏が当確
 大阪府知事と大阪市長のダブル選は27日、投票が行われ、市長選で前府知事で地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹氏(42)(諸派)が、現職で自民党府連が支持し、民主党府連が支援した平松邦夫氏(63)(無所属)を破り、初当選を確実にした。
 知事経験者が政令市長に就くのは全国初となる。
 知事選では、維新の会幹事長で前府議の松井一郎氏(47)(諸派)が、自民党府連が支持し、民主党府連が支援した前同府池田市長の倉田薫氏(63)(諸派)ら新人6人を破り、初当選を確実にした。
(2011年11月27日20時00分 読売新聞)

27日(日)午後8時の記事。
平松氏は負けるべくして負けてしまったという印象です。
既得権益死守の支持勢力が大手メディアを動員し、ヒステリックに感情論でまくし立ててるさまは、哀れを通り越して、怒りさえ感じさせます。
ちゃんと政策批判をすれば少しは持ち直したかもしれませんが、公開討論から逃げちゃっちゃ話にならない。

民間業者ならいざしらず、公務員が自己目的化して利権を貪り保身を図るのは憲法違反です。
心得違いどころの話じゃない。自らの本分を忘れ、大義を知らない馬鹿者です。
市民は「お客さま」ではなく、雇い主ですよ。その雇い主に迷惑をかけちゃいけません。
不届きな職員は役所にいてもらっちゃ困りますから、自分から出て行かないなら叩き出すしかない。
そういうことです。

タイトルの『ハッピー フィート』とは、英語で『幸福の足』という意味である。
<ハッピー フィート – Wikipedia>

直訳すりゃそうですが、要するに軽やかで楽しげなダンスステップの形容ですね。

Paul Whiteman and his Orchestra – Happy Feet(1930)
vocal: Rhythm Boys
『上海リル』を彷彿とさせる部分がある。

This tune was among the highlights of the stylish 1930 two-strip Technicolor film “King Of Jazz,” produced by Universal and featuring the Paul Whiteman band along with various other musical and comedy performers. Bing Crosby, Al Rinker, and Harry Barris comprised Whiteman’s Rhythm Boys.

Cab Calloway And The Missourians – Happy Feet(1930)

Jack Jackson and his Orchestra at the Dorchester Hotel – Lonely Feet(1934)
with vocal refrain

Composed by Jerome Kern and Oscar Hammerstein II for their unsuccessful 1934 London musical “Three Sisters,” this song also appeared in the film “Sweet Adeline” later in the year, sung by Irene Dunne. Another better-known Kern tune from “Three Sisters” was “I Won’t Dance,” though the original Hammerstein-Harbach lyric was replaced by the familiar Dorothy Fields-Jimmy McHugh version when the song was re-introduced in the 1935 movie “Roberta.”

Bob Crane – Happy Feet(1966)

As he had done in radio, Bob Crane was able to incorporate his music and drumming talents into “Hogan’s Heroes,” and he can be seen playing drums in two episodes, “The Flight of the Valkyrie” and “Look at the Pretty Snowflakes.” He also recorded an album, “Bob Crane, His Drums, and Orchestra Play the Funny Side of TV,” which was produced by Stu Phillips and presents arrangements of theme songs from several television sitcoms (such as Get Smart, F-Troop, Thursday Night at the Movies, The Andy Griffith Show, and Candid Camera, among others). “Happy Feet” was not included on the final cut of the album, but instead, was recorded for a Columbia Pictures film, “Walk, Don’t Run.” The label also reads, “Guest whistler – Colonel Hogan.”

口笛が入ります。

ダンスの原型・ルーツは呪術的舞踊だけでなく、歩行という行為にも見いだせます。

Jimmy McCracklin – The Walk

軽やかな足取り、おぼつかない足取り、あるいは足を引きずってる姿。そういったものがアメリカ黒人の民俗文化の中でデフォルメされ、ダンスステップになっていった。
そういう事実があります。

Sil Austin – Slow Walk(1956/09/10)

Top-20 charting sax-and-combo instrumental was plainly designed to capitalize on the popularity of the recent similar-sounding Bill Doggett hit “Honky Tonk.”

Bill Doggett – Slow Walk(1956/11)

Pop Chart Peak: Billboard 26 – R&B Chart Peak: 4
Sounds a lot like Doggett’s previous hit “Honky Tonk,” but “Slow Walk” was written and first recorded by Sil Austin, whose own version peaked slightly higher than Doggett’s on both the pop and R&B charts.

Hank Ballard and The Midnighters – The Continental Walk(1961/03)

Pop Chart Peaks: Cash Box & Music Vendor 24, Billboard 33 – R&B Chart Peak: 12
One of seven Ballard sides to reach the top 40 of Billboard’s Hot 100 between summer 1960 and summer 1961,

Eddie Bo – Sissy Walk(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

stroll とは 逍遥、ぶらぶら歩きという意味です。

The Stroll dance origin – film + Patsy by The Diamonds

The late 1950s US dance fad was created by blacks and the Stroll hit record was by the Diamonds in 1958. Hank Ballard used to do the step in his stage performances.
This 1957 movie “Let’s Rock” with Julius Larosa showed this gem film of blacks doing the dance in a park.
There were other stroll recordings that weren’t big hits. This Diamonds song (@2:04) from 1958 was only released in Australia, and later on this Pop Hits LP. Jack Scott recorded it in 1960.

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Diamonds – The Stroll(1957/12/02)
orchestra conducted by David Carroll

#1 hit
Dave Somerville takes the lead on this memorable dance hit that reached the #1 spot on two of the three national music trade record charts.

The Mar-Keys – Pop-Eye Stroll

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Boots Brown – Let’s Go To Strollsville

strut は気どって歩くこと、(女性が)しゃなりしゃなりと歩くようすのことです。

Freddie Keppard’s Jazz Cardinals – Stock Yards Strut(1926)

Sonny Clark Quintet – Cool Struttin’(1958)
2度目の引用。

  ※(略)

 

John Phillip Soul And His Stone Marching Band – The Soul Strut(1968)

Young-Holt Unlimited – Soulful Strut(1968/10)
ザ・ヤング・ホルト・アンリミテッド – ソウルフル・ストラット
arranged by Sonny Sanders

Pop Chart Peaks: Record World 1, Billboard 3, Cash Box 4 – R&B Chart 3
The same backing track was used for Barbara Acklin’s vocal version titled “Am I The Same Girl,” with her voice in place of the piano lead heard here.

The Meters – Cissy Strut(1969)

The Meters – Chicken Strut(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Smithereens – The Stroll(1994)

<参考>
Bill P. Howell & The Jazz Warriors – Little Mama’s Walk

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Whitefield Brothers – Safari Strut(2009)

ウルフルズ – 大阪ストラット
大滝詠一『福生ストラット(パートII)』の替え歌カバー。

  ※(追記:この動画はアクセス制限になってます

 

Syl Johnson – Different Strokes(1967)

立てるようになったばかりの子どもがよちよち歩きする姿は、人間、動物にかかわりなく愛らしいものですね。

The Miniature Men – Baby Elephant Walk(1962)子象の行進
映画『ハタリ!(Hatari!)』より

Lawrence Welk and his Orchestra – Baby Elephant Walk (1962/05)

arranged by George Cates
Pop Chart Peaks: Music Vendor 39, Billboard 48, Cash Box 84
Familiar Henry Mancini movie music from his 1962 “Hatari” score

パリジャン・セクステット – 子象の行進

Donald Jenkins & The Delighters -(Nature Girl)Elephant Walk(1963)

Trio Esperanca – O Passo Do Elefantinho(Baby Elephant Walk)(1964)
Portugal

Reneé Lebas – Jimbo l’elephant

Pat Boone – Baby Elephant Walk(1965/02)
orchestra & chorus conducted by Milt Rogers
歌入りバージョン。

From the MusicProf78 playlist “And Then They Added Words” comes this jaunty tune from the 1962 Henry Mancini movie score for “Hatari.” Lawrence Welk recorded the most popular instrumental version that year, and it was Hal David who wrote the lyrics sung here by Pat Boone.

ラクダの歩く様子はダンスになってます、

Four Daddy’O’s – The Pink Camel Walk(1959)

Magic Sam – Do The Camel Walk(1961)

Pat Galo & The Hi-Lads – Arabian Camel Walk(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Saundra Mallett And The Vandellas – Camel Walk(1962)
出だしが『ロコ・モーション』っぽい。

The Ikettes – Camel Walk(Shindig! 1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Saxons – Camel Walk(1959)
ラクダっぽくないテンポ。

Rusty Bryant – Little Hawk’s Walk(1958)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Chuck Higgins – The Duck Walk(1958)
チャック・ベリーとは関係ありません。

The Playboys – Duck Walk(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Playboys – The Cat Walk(1965)

The Kingsmen – The Cat Walk(1958)
擬態というより、むしろ喉を鳴らしてる擬音?

The Pistoleros – Kangaroo Walk(2012)
ノルウェーのラウタランカ系バンド。

  ※動画なし。

 

The Cannons – Kangaroo Walk(1964)
ノルウェーのラウタランカ系バンド。

猿も一応二足歩行します。

The Flares – The Monkey Walk(1963)

The Victorians – Monkey Stroll(1964)
2度目の引用。

「人間は足から老いる」といいます。
歩けるうちは歩くのが宜しい。
健康な人が寝たきりになるとこれは大ごとですね。

The Cals – Get To Stepping

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Profiles – Take A Giant Step(Walk On)(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Essex, featuring Anita Humes – A Walkin’ Miracle(1963/08)幸せの足音

produced by Henry Glover
Follow-up single to the group’s #1 hit “Easier Said Than Done”

弘田三枝子 – 悲しみの足音

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Melanie – Stop! I Dont Wanna Here It Anymore(1970)悲しみの足音
コロムビア映画配給『R.P.M.』サントラ
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

そんなの当り前じゃんというニュアンスで「犬が西向きゃ尾は東」というフレーズを使う人って、今じゃ1年に100人くらいしかいなさそうです。
頭と足の向きといいますと、翻案落語『死神』。病人の寝てる向きを逆にして死神を追っ払うというエピソードがあります。

以下、「走る」「Run」「歩く」「Walk」「ステップ」「Step」などを含む投稿。

「北枕」はお釈迦さんが臨終のとき頭を北にして横たわっていた伝説に由来するそうで、本来は別段縁起の悪い話じゃないそうですね。
そんなことを気にするより、お世話になった人に「足を向けて寝られない」と感謝の気持ちを持つことのほうが大事でしょう。

英語にも頭と足の向きに関する表現があります。

feet first / feet foremost
足を先[前]にして;((おどけて))死んで
The only way you’ll get out of there is feet first.
そこからは死なない限り出られない.
▼死体は足から運び出すから.
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/32922/m0u/

へぇー、そうなんだ。
あちらは土葬文化ですからお棺が豪華。
日本は火葬でよかった。もし土葬だったらお棺へのこだわりが半端じゃなかったでしょう。ブランド物のお棺とか出来ちゃったりして・・・

 2011年11月16日に本サービスが始まったグーグル・ミュージックの目玉のひとつ「アーチスト・ハブ」では、25ドル(約1875円)を支払えば誰でも自分専用のページを開いて自作の曲をグーグルの「アンドロイド・マーケット」を通じて販売できる。値段設定も自由だ。現在は米国のみでサービスが提供されており、日本からは利用できない。
 知名度の低いミュージシャンにとっては、わずかな金額でネットでの楽曲販売が可能になる手軽さが魅力だ。例えば、アップルの「iTunes」で楽曲を売る場合、商品の流通コードや国際標準レコーディングコードの取得をはじめ、米国内の納税者識別番号を持っていることなど、細かい条件をクリアしなければならない。「iTunes」にファイルをアップするための技術的な知識も必要だ。そのため「アグリゲーター」と呼ばれる代行業者を利用するミュージシャンも少なくない。そのひとつ「モンスターfm」の場合、「iTunes」や米アマゾンなどの配信手数料が3150円で、1曲販売するごとに手数料として料金の25%を支払う。
 これに対してアーチスト・ハブでは、初期費用の25ドルに加えて1曲購入されるごとに料金の30%がグーグルにわたる。動画サイト「ユーチューブ」やSNS「グーグルプラス」とも連動しており、露出の機会は増大する。販売チャネルも、パソコンだけでなく「アンドロイド」を搭載したスマートフォンもある。個人で音楽活動している場合でも、「アーチスト・ハブ」であれば敷居が低いと言えそうだ。
http://www.j-cast.com/2011/11/27113976.html

面白い。ファイル形式はどうなんだろう?
アマチュア相手のCD制作業者はこれで多分消えるね。

Tommy Edwards – Mister Music Man(1958)

Danny Valentino – Music Man(1960)

Harry Nilsson – Please Mister Music Man(1962)

“Seventy-six Trombones” from the movie “The Music Man”(1962)finale

The film is based on the 1957 Broadway musical of the same name by Meredith Willson.

前年の61年、大映で木村恵吾が『女のつり橋』というオムニバス映画を撮っているんですが、全体のラストシーンで、ほかのストーリーに出ていた登場人物たちが同じ舞台を客として見ているという粋な演出がありまして、そのことを思い出しました。

Rowing Gamblers – Mister Music Man

This is an A-side single to “Be Free” and is written by Dieden, Palmers.
The 45 was released in 1968 by Olga Records and the catalog # is EU-826-S.
This group is from Sweden.

追加記事

 司会・小倉智昭の「今回の戦い方、結果については?」という問いに、生出演した橋下のブレーン、上山信一(慶応大総合政策学部教授)がこう答えた。
「3年間の府政の実績を有権者がよく見ていたことや争点が非常に分かりやすかったこと。このため、若い人が初めて政治に興味をもって選挙に行き、非常に盛り上がった。さらに、いちばん根っ子にあるのは大阪市役所がひどすぎた。年間10数人の逮捕者を出している。それも覚せい剤とか窃盗とか普通じゃないですね」
 その市役所の体質改善について、橋下は「公務員としての領分をわきまえず、政治に足を突っ込んだ職員は去ってもらう」とまくし立てた。
(中略)
夏野剛(慶応大特別招聘教授)がこんな感想を話す。
「日本の転機を大阪は先取りしている。いままで経済成長があったから、二重行政でムダなところがあってもカバーでき耐えられた。そういう時代から、今は縮小していく世の中になっている。ムダを排していかないと日本は維持できない環境下に置かれている。とくに大阪は状況がひどいので、先に枠組みを変えていこうということで動き始めたと思う」
http://www.j-cast.com/tv/2011/11/28114358.html

当然 不適切な給付にもメスが入れられるべきでしょう。
わざわざ生活保護をもらいに入国する外国人にまであげるのはヘンですよ。
セーフティネットは日本人のためのものでなければスジが通りません。
大阪は日本なんですから。
(2011年12月29日)

追加記事

 広島県警広島南署は9日、同じアパートに住む男性を包丁で刺したとして、広島市南区旭2、無職(69)を殺人未遂容疑で逮捕した。男性は搬送先の病院でまもなく死亡した。
(中略)
 捜査関係者によると、容疑者は部屋の下の階に住んでおり、「足音がうるさかった」などと供述しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000045-mai-soci

よっぽどボロいアパートだったんじゃないか?
(2012年6月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です