微妙な差を認識する能力

けさはちょっとだけ気温が上がったようだ。
せいぜい1、2度だろうが、その差がハッキリ感じられた。

穏やかに晴れている東京では、すでに気温が10℃を超えた。最高気温は、3月中旬並みの14℃まで上がる予想。日本列島は南の高気圧に覆われて、各地とも3月頃の暖かさになりそうだ。東北や北陸で10℃前後、西日本では15℃前後と、桜の花が咲く頃の陽気になる所もありそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180116-00000020-nnn-soci

3月頃の暖かさ? それほどじゃなかったなー。

逆からも読めるポスターが大きな話題となっている。このポスターには大きく「挑戦」と書かれているのだが、これを逆さまにすると「勝利」という文字に読めるのである。
(中略)
アナグラムに精通した人物、野村一晟さんが文字部分を制作したポスターで、彼によると、このような逆からも読める文字を「アンビグラム」というのだそうだ。
http://buzz-plus.com/article/2018/01/15/strongest-and-battlefield-ambigram/

「挑戦」「勝利」。
どちらも おれがもっとも嫌う、ダサくて、下品で、野暮で、空虚で、DQNなワードだ(笑)
(なのに好きな日本映画の第2位は「誇り高き挑戦』デス)

 

more register movement 菅佐原英二のウェブログ(パート2)です。
の累計表示回数が、
本日(2018/01/16 14:10:21)、22万回を超えた。
今回は6ヶ月と2日で1万回だった。
前回は4ヶ月と13日で1万回だったので、だいぶペースが落ちているが、なにせ「追記」部分以外は更新してないので、これでも早いくらいだ。

 

2018/01/14
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は14日配信した論評で、韓国の文在寅大統領が新年の記者会見で、米主導の制裁・圧力を評価し、北朝鮮の非核化に向けた対話の必要性に言及したことについて、「和解局面に冷や水を浴びせる妄言だ」と非難した。
 その上で「(平昌での)冬季五輪に参加するわが代表団を乗せた列車もバスも、まだ平壌にあることを知るべきだ」と警告した。
 韓国と北朝鮮は15日、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で、北朝鮮の芸術団の韓国派遣に関する実務協議を行う予定で、協議を前に五輪参加を取りやめる可能性をちらつかせ、韓国に圧力をかける狙いがあるとみられる。韓国統一省当局者は14日夜、「北朝鮮から実務協議の取り消しや延期を求める連絡は来ていない。予定通り開催する」と述べた。

五輪不参加示唆で圧力=実務協議控え北朝鮮-金正恩氏肝煎り楽団の訪韓焦点:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011400322

 「和解局面に冷や水を浴びせる妄言」「ふぬけた詭弁(きべん)」
 北朝鮮の国営メディアは14日、文氏が10日の年頭記者会見で、米国主導の圧力が南北会談を実現させたとの認識を示したことや、北朝鮮の非核化に言及したことに強く反発した。
 そのうえで、「五輪に参加するわが方の代表団を乗せた列車やバスが、まだ平壌(ピョンヤン)にあることを理解すべきだ」として、南北対話を核問題協議に発展させたい韓国を恫喝(どうかつ)した。

<韓国・文政権、北の五輪不参加”恫喝”に身震い 「外相会合」では孤立必至 – zakzak より一部引用>
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180116/soc1801160004-n1.html

厚意につけ込んで、後足(あとあし)で砂をかける いつものパターン。
人間はなかなか変われるもんじゃないし、人が動かしてる政府だって同じこと。
でも「絶対に」とは言いきれない。外交はムズカシイね。

2018/01/11
 平昌冬季五輪組織委員会は11日、先月末からオリンピックプラザ2~3階の観客席の間に防風幕を設置する工事を開始し、15日に終える予定だと明らかにした。暴風幕と合わせて各所に暖房用のヒーターを設置し、観客に防寒用品を配布するという。
 開会式・閉会式が行われるオリンピックプラザは屋根のない五角形の建物で、観客が真冬の冷風にそのままさらされる構造であることから、寒さ対策が急務となっていた。

<平昌五輪の開閉会式場 寒さに備え防風幕など設置│ワウコリア より一部引用>
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0111/10204858.html

とかく急拵え・弥縫策・やっつけ仕事は、良い結果に結びつかぬことが多い。
観客は要注意だな これは。

10日、統計庁が発表した”2017年12月及び年間雇用動向”によると、昨年の失業者数は102万8000人に1年前(101万2000人)より1万6000人増加した。
これは失業者統計が変わった2000年以降最も多く、2016年に続いて2年連続100万人を超えた。
(中略)
青年失業者数は43万5000人で、前年(43万5000人)と同一だった。
青年失業率は9・9%で2010年以降最も高かった2014年から、4年連続最高値を更新したわけだ。

<【韓国経済崩壊】昨年の失業者102万8000人で歴代最大!青年失業率も過去17年で最高! 韓国経済ニュース 世界の憂鬱 海外・韓国の反応 より一部引用>
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/51373325.html

良くいえば海外雄飛、悪くいえば祖国を見限って国外へ脱出する韓国人が多い。そのへんのフットワークの軽さ、go-getter(イケイケ)ぶりは農耕民気質の抜けない日本人が絶対敵わない部分だ。
ただ Anything goes(何でもあり)で品格やモラルに欠けた言動をし、トラブルになる事例も目立つ。例えば日本人を詐称すること。

2018/01/12
Three women were arrested in an undercover prostitution operation in Sherwood on Wednesday afternoon, police said.
Un Suk McKruit, 67, Kim Kyung Soon, age unavailable, and Ji Ryang Yu, 49, were each arrested. McKruit faces a charge of promoting prostitution in the second degree while the other two face a charge of prostitution.
All three women were arrested shortly before 2 p.m. at the Tokyo Oriental Spa in the 1100 block of East Kiehl Avenue, according to their arrest reports.
The Sherwood Police Department said investigators received multiple complaints about illicit activity occurring at the location.

<Police 3 women arrested at central Arkansas spa in undercover prostitution investigation – ArkansasOnline.com より一部引用>
http://www.arkansasonline.com/news/2018/jan/11/police-3-women-arrested-little-rock-vice-unit-unde/

2018/01/12
새해부터 전국에서 한인 윤락녀들이 무더기 검거되고 있다.
아칸소 지역에서 지난 10일 펼쳐진 급습작전으로 한인 여성 3명이 검거됐다.
올해 67살된 은숙 맥크루트씨와 김경순씨그리고 49살 유지량씨는 1100블락 이스트 키엘 애비뉴에위치한 ‘도쿄 오리엔탈 스파‘ 업소에서 암암리 성매매를 해온 것으로 드러났다.
이번 함정단속은 지역 주민들의 불만 신고가 쇄도하면서 실시된 것이라고 경찰은 설명했다.
이들 한인 여성 3명의 첫 재판은 오는 3월 13일에 열린다.
뉴욕에서도 최근 한인 여성 2명을 포함한 4명이 매춘혐의로 경찰에 체포됐다.

<새해부터 전국서 한인 윤락녀 무더기 검거 – 라디오코리아 より一部引用>
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=280006

海外で日本人を騙る韓国人売春婦がまたぞろ検挙されたってニュース。
整形前と整形後の大きな落差がうっすらと哀しい、、、

2018/01/12
 2018年1月12日、フィリピン・マニラ郊外の繁華街に、偽コンビニファミリマートが誕生していた。看板は、本物のファミリマートにかなり似ており、遠目からは、お馴染みのファミリマートにしか見えない。
 近くのレストランスタッフによると「昨年の工事中から周辺住民の間には、コンビニが開店して便利になるねなどと話していたんですが、開店してみるとコンビニではなく、韓国製品を売るための売店だったんです。がっかりです」と言う。ラーメンやチョコレート、生理用品など95%以上の商品は韓国から輸入されたもの。アイスクリーム用冷凍販売ケースの中には鰻の蒲焼も取り揃えられていた。
 周辺には、韓国系のホテルがオープンしたり、アメリカ系のバーの経営者が韓国人に変わったりと、韓国の勢力が増している地域。なにも日本のコンビニの看板を掲げなくても良さそうなものなのだが。日本人旅行者は「入ってビックリです。価格も割高ですし。商品の種類も少ないですし、日本の駅売店の方がはるかに充実していますね」と呆れているほか、駐在経験の長い日本人ビジネスマンは「「パクリ」とは、『朴』『李』と書くのかも知れませんね」と笑っていた。

<韓国人がオーナー「偽ファミリーマート」看板の完成度は高いが商品の充実度に難|グローバルニュースアジア -Global News Asia- より一部引用>
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4868&&country=1&&p=2

アメリカの日本食レストランのほとんどは韓国人が経営していると聞く。インチキな和食、不衛生な店舗で、日本の名誉を損ねているとの(日本人からの)批判も多い。メーワクな話である。

韓国の情報機関、国家情報院が李明博政権時に大統領府に裏金を上納した疑いが強まったとして、検察は16~17日、裏金を受け取った収賄容疑などで、当時大統領府で総務企画官などを務めた金伯駿容疑者と、民情秘書官を務めた金鎮模容疑者を逮捕した。2人は李氏の側近として知られる。

<李明博氏側近2人逮捕 情報機関から裏金か – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/326025778511316065?c=39550187727945729

お兄さんの李相得氏は2012年に逮捕されている。
李明博元大統領自身は若いころ反日的立場での学生運動で3か月服役して以来、政治家としては無傷だった。
しかしこの分だと「韓国の大統領は退任後逮捕される」というセオリーから逃れられそうにもないね。

中国の中学校で使われる代表的教科書「中国歴史」の改訂版で、大規模政治運動「文化大革命」(1966~76年)の項目が削除される見通しであることが13日までに分かった。社会を大混乱に陥れた文革の過ちを希薄化させる動きとして懸念や批判が拡大し、出版社が釈明する事態になっている。
 文革は、毛沢東が権力闘争のために大衆を動員して発動した政治運動で、死者は1千万人以上ともいわれる。
(中略)
共産党政権による最大の失政を極力伏せようとする習近平指導部の意向を反映しているとの見方がある。

<中国で「文化大革命」項目削除か 中学校教科書、失政隠しが狙い – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/324807750058001505?c=39546741839462401

歴史的事実の隠蔽・改竄は中共中国の得意分野。文革以前から専門の部局が担当していたし。まさに「1984年」だ。

 中国の湖北省や四川省、青海省などの産業がほとんどない過疎の貧しい村に住む若い女性が代理母となるケースが増えている。湖北省のとある村では100人もの女性が代理母となっており、高ければ80万元(約1400万円)、最低でも10万元(約175万円)の成功報酬が約束されている。
 また、代理出産の依頼は年々増えており、仲介業者は中国内ばかりでなく、米国にも代理母ビジネスを拡大させている。中国のニュース専用サイト「新聞網」が報じた。

<中国の貧困層女性が続々代理母に ケタ違いの報酬を獲得│NEWSポストセブン より一部引用>
http://www.news-postseven.com/archives/20180116_644093.html

農村が過疎で貧困、、、
中国の共産主義とは何だったのか。
共産主義革命のために、どれだけの人間が殺し、殺されたか。こんなんじゃすべて「無駄死に」ではないか。
いかな高邁な理想も人間の欲には勝てぬということかね?

長征3Bは1月11日に打ち上げられ、高分解能商業リモートセンシング衛星「高景1号」の3~4号基を軌道に送り込んだとされます。しかし、その4つのブースターのうちのひとつが山村付近の山中に落下し、轟音とともに大きな火柱をあげました。
(中略)
落下後に立ち上る煙の色からもわかるように、長征3号の燃料は発がん性のあるUDMH(非対称ジメチルヒドラジン)燃料を使用しており、うかつに近づくと皮膚がただれたりする危険性もあります。
(中略)
1996年には、やはり長征3Bが打ち上げに失敗して付近の町に落下、数十の家屋を破壊し、6人の死者、57人の負傷者を出す事故を起こしました。

<中国、長征3号ロケットの一部が山村に落下。大爆発の様子がSNSに投稿される – Engadget 日本版 より一部引用>
http://japanese.engadget.com/2018/01/15/3-sns/

中国共産党って人民をバッタの大群くらいにしか考えてないからね。
この映像 外に出しちゃった人、今ごろ捕まって牢屋に入れられてんじゃない?

Googleマップのサービス提供再開が明らかになったのは2018年1月15日のことで、Nikkei Asian Reviewが報じています。中国当局は、中国国内からGoogleマップを含むGoogleのサービスへの接続を2010年に遮断しており、今回の措置により約8年ぶりにGoogleマップが中国で使えるようになりました。
この背景には、世界トップクラスの市場の一つである中国でサービスを提供したいGoogleの思惑と、最新技術の獲得や対外開放のアピールを目指す中国の思惑が一致したことが背景にあるとみられています。特に、Googleと中国政府が共通に持つとみられている「AI(人工知能)分野の開発」という方向性が一致したものとみられています。Googleは2017年12月に、中国にAIの研究センターを設置することを発表しています。

<Googleマップが中国で8年ぶりに提供再開されたことが判明 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180116-google-map-china/

北朝鮮が五輪不参加をちらつかせて取引してるのと同じ。
あの人権蹂躙・人命軽視・情報操作・言論弾圧の国で「韓信の股くぐり」を強いられる Google の欲の皮の張り具合こそ哀れなりだ。

2015年、グーグルは大きな非難を受けた。グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。
ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。しかし、ゴリラやチンパンジー、それにヒト科に分類されるチンパンジー属の画像については、ラベル付けされていなかった。ワイアードがグーグルに確認したところ、それらの画像のタグは検閲して削除されていることがわかった。
その反面、たとえば、グーグルのクラウド・ビジョン(Cloud Vision)などの他のコンピューター・ビジョン・システムは、ゴリラの写真に正しくタグ付けしてユーザーに答えを提供できる。要するにグーグル・フォトでのタグの削除は、ばつが悪いPRなのだ。

<MIT Tech Review 波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず より一部引用>
https://www.technologyreview.jp/nl/google-photos-still-has-a-problem-with-gorillas/

黒人女性とゴリラの区別がまだつかない人工知能(AI)。
その程度であることにむしろホッとしている。

Владимир Трошин – Морзянка
タイトルはロシア語で「猿」の意。2度目の引用。

以下、「猿」「Monkey」「チンパンジー」「ゴリラ」「Gorilla」「類人猿」「直立猿人」を含む投稿。

2018/01/14
 スウェーデンの衣料品大手H&Mが黒人への差別的な広告を使用した問題で、南アフリカ国内にある同社の複数の店舗が13日に襲撃され、商品が盗まれるなどの被害が出た。黒人の権利擁護を訴える野党が、支持者に呼び掛けていた抗議行動が過激化した。南アのメディアが報じた。
 地元警察によると、最大都市ヨハネスブルクの店舗では、商品が略奪され警官隊がゴム弾で制圧。商品が床にまき散らされた店もあった。H&Mによると、客や店員にけがはなかった。
 「ジャングルで最もかっこいいサル」と記したパーカを黒人少年のモデルに着せた写真を、H&Mが広告に使っていたことが今月に判明。「人種差別だ」と批判が相次いでいた。

<「ジャングルで最もかっこいいサル」…黒人差別の広告に抗議、南アでH&M店が襲撃される – 産経ニュース より一部引用>
http://www.sankei.com/world/news/180114/wor1801140013-n1.html

“COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE” を白人の子が着たら問題視されなかったろう。
モデル撮影時のディレクターに悪意があったことは確かだ。

つのだ☆ひろ が1980年に結成したバンドで Jap’s Gap’s(ジャップス・ギャップス)というのがあった。あのころも今も “Jap” なる蔑称に日本人はまったくピンとこない。
“Dirty yellow monkey” でも「あゝこの人は日本人ということでおれに何か反感を懐いてるんだな」と解かる程度。
中国人に「小日本」と言われても「そりゃ大陸に比べりゃ遥かに小さいけど、中国人は国土が広いことがそんな自慢なのか?」と首を傾げてしまうし、半島人に「쪽발이(チョッパリ)」と罵られても「ゲタや足袋は日本の自慢の一つだからねぇ。半島出自じゃないよこれは」と笑ってしまう。
日本人が必ず怒り出す罵言は何かといえばたぶん 能力やセンスに関する不当な決めつけ だろうね。

2018/01/15
インドネシア・ジャカルタの証券取引所の建物内で大規模な崩落。内部にいた人に対して避難誘導が行われていると現地報道。
http://news.livedoor.com/article/detail/14160331/

ジャカルタ証券取引所ビル内部が崩落の瞬間
朝日新聞社
2018/01/15 に公開

インドネシアの首都ジャカルタで1月15日正午(日本時間同日午後2時)ごろ、ジャカルタ証券取引所ビルの中2階が崩落した。警察によると少なくとも75人が下敷きになるなどして重軽傷を負った。原因は不明。警察はテロの可能性を否定している。

手抜き建築か。
大怪我した学生たちが痛ましい。

サウジアラビア政府は非常に保守的で、イスラム教の戒律に基づき、これまで35年にわたってコンサートの上演や映画館での映画上映を禁止してきました。措置の解除は、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子による取り組みの一環で、この他にもサウジアラビアでは、サッカースタジアムで男女が一緒に試合を観戦することが許可されるなど、よりオープンな制度の導入が進められています。
超がつくほど保守的な政策を続けてきたサウジアラビアでは、国民の多くは娯楽を求めて隣国のバーレーンやアラブ首長国連邦などを訪れていたとのこと。しかし、将来的に石油の枯渇が危惧される中で危機感を募らせているムハンマド皇太子の「脱石油」政策の一環として、国内に娯楽を取り込んで経済に貢献させ、海外からの観光客や産業を呼び込むことを狙いとした措置が進められています。
そして2018年1月には実際に映画の公開が開始されているのですが、ここで選ばれた作品が話題を呼んでいます。今回選ばれた作品はいずれも子ども向けカートゥーン映画である「The Emoji Movie」と「Captain Underpants: The First Epic Movie」の2本なのですが、「The Emoji Movie」はあろうことか映画評価サイトや映画評論家からの評価で「史上最低」とされる作品。映画評論家のレビューをまとめてスコア付けを行う「Rotten Tomatoes」では、過去に類を見ない「肯定的なレビュー:ゼロ件」という記録を打ち立てていました。

<サウジで35年ぶりに映画館が解禁、なのに最初に選ばれたのは「史上最低」と評された絵文字映画「THE EMOJI MOVIE」 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180116-saudi-arabia-screen-the-emoji-movie/

サウジも他の王子を拘束したりして、そのうち必ず揺り戻しがあるよね。そんときゃ血を見るかも。
それにしても「教条主義」ってのは度し難いもんだねぇ。理屈が無いんだよ。まるでブラックボックス。

抗生物質に耐性を持つ細菌「スーパーバグ」が猛威を振るえば人類に大きな脅威になることが指摘されています。抗生物質の乱用がスーパーバグを生み出しているといわれる中で、家畜に投与される数倍もの量の抗生物質がチリの養殖サケに投与されており、スーパーバグを生み出す温床になりかねないと指摘されています。
サケの養殖はノルウェーが世界1位でチリは世界2位。価格の安いチリ産のサケは世界中で需要があり、日本のスーパーでもよく見かけます。しかし、2017年に出されたOceanaの調査報告によるとチリのサケ養殖場では、サケ1トンあたりに最大950グラムの抗生物質が投与されているとのこと。ノルウェーではサケ1トンあたりに投与される抗生物質の量はわずか0・17グラムであることから、チリの養殖サケに投与される抗生物質がどれほど多いのかがよくわかります。なお、抗生物質の大量投与によるスーパーバグ問題でしばしばやり玉に挙げられる養豚所でさえ、豚1トン当たりに投与される抗生物質の量は172グラムであることから、チリ産養殖サケが「抗生物質漬け」にあることがよくわかります。
抗生物質の量もさることながら、サケ養殖所の形態がスーパーバグの温床になりかねないという構造的な問題も指摘されています。チリのサケ養殖所では、円形の網で覆ったケージに大量のサケが飼育され、エサで大きく育てられます。このため、サケ同士が密集した養殖所では、サケ同士の接触が多く、ひとたびスーパーバグが発生した場合に、瞬く間に広がってしまうとのこと。スーパーバグ自体が異なる細菌同士の接触から新しい遺伝的変異が起こって発生すると考えられていることから、抗生物質入りのエサが与えられ、その他の消毒用の化学物質もまき散らされ、糞便まみれになるというケージ内の環境は、「スーパーバグを作り出すための最高のレシピ」だとOceanaは指摘しています。

<チリ産のサケは抗生物質まみれで超耐性菌「スーパーバグ」の温床になる危険性 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180116-chile-salmon-antibiotics/

薬漬けのサケを自分で買って食うのは自由。もしも子供に食わせるなら それは虐待だ。
厚労省は真面目にやれ。

以下、「食の安全」「有害物質」「有害化学物質」「加工肉」「結着肉」「油脂」「ショートニング」「リン酸」「トランス脂肪酸」「飽和脂肪酸」「アクリルアミド」「ホルムアルデヒド」「ダイオキシン」「ベンゼン」「六価クロム」を含む投稿。

追加記事

2018/01/18
 李明博(イ・ミョンバク)元大統領は17日、最近の検察による一連の捜査について声明を発表し「(検察の捜査は)政治工作であり、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の死に対する政治報復だ」と主張した。李元大統領は「最初から私を標的にしているのは明らか」とした上で「これ以上他の関係者を苦しめるようなことはせず、私の責任を追及せよ」とも述べた。これに先立ち検察は16-17日に国家情報院から特殊活動費を受け取った容疑で、李政権で大統領府総務企画官などを務めた金伯駿(キム・ペクチュン)容疑者と、民政秘書官を務めた金鎮模(キム・ジンモ)容疑者を逮捕した。李元大統領の言葉通り、今行われている捜査は誰が見ても政治報復だ。ところがこの報復のきっかけとなったのが、李政権で行われた盧元大統領に対する政治報復捜査にあることも明白だ。

<【社説】李明博政権への復讐劇は韓国政治「本来の姿」-Chosun online 朝鮮日報 より一部引用>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/18/2018011800747.html

(2018年1月18日)

追加記事

2018/02/01
今月開幕する平昌冬季五輪で、11万個のコンドームが配布されることが分かった。大会組織委員会が1日、明らかにした。冬季五輪史上最多の配布数だという。
 2月9日に開幕する平昌五輪の2週間超にわたる会期中、配布されるコンドームの数は2010年のバンクーバー冬季五輪、2014年のソチ冬季五輪より1万個多く、2925人の参加選手1人当たり37・6個となる。
 ただ、コンドームは選手以外の人でも手に入れることが可能だという。大会組織委員会によると、平昌と江陵の選手村で「コンドームの入った容器が、男子と女子両方のトイレに設置される」ほか、報道センターや医療センターでも配布される。

<平昌でもコンドーム配布へ、冬季五輪史上最多の11万個 国際ニュース:AFPBB News より一部引用>
http://www.afpbb.com/articles/-/3160873?act=all

2018/02/05
平昌では5日、気温が昼間でも氷点下11度で、夜間には氷点下20度まで下がる見込みだという。
 屋根のない屋外スタジアムで実施される開会式に対し、参加国の一つイタリアは、寒さによる悪影響を懸念して式の間、選手らにはいつも体を動かしておくようにと通達したほか、帯同する医師らが、心臓疾患や糖尿病を抱えたコーチやスタッフに体を温めつづけるよう命じた。
 また、ニュージーランド選手団のピーター・ウォーデル(Peter Wardell)団長は「開会式は少し不安だ」と明かし、「夜に行われる予定だし、こんな気温になるとしたら自分たちはどうやって体を冷やさないようにすればいいのか」と懸念を口にした。
 団長はさらに、そのような寒さの中で選手たちを屋外に少なくとも1時間半、座りっぱなしにさせるのは無理があると述べ、「式後すぐに競技に臨まなければならない選手を中心に、(ニュージーランド選手の)相当数が開会式の入場行進には参加しないとの決断を下す可能性がある」と語った。

<寒さに懸念高まる平昌五輪開会式、選手らに不参加の動きも (AFP=時事) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000040-jij_afp-spo

(2018年2月5日)

追加記事

(2019年1月2日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です