When Johnny Comes Marching Home

南北戦争のとき自分の楽隊とともに北軍第24マサチューセッツ歩兵連隊に徴用された指揮者パトリック・サースフィールド・ギルモア(Patrick Sarsfield Gilmore)は、
ルイジアナ州の楽隊を再編成するよう命じられた1863年、
1800年代前半からアイルランドで歌われていた(対イギリス戦争)反戦歌『Johnny I Hardly Knew Ye』のメロディにルイス・ランバート(Louis Lambert)名義で新たな詞をつけ(作曲もしたと主張)、楽譜をボストンのヘンリー・トールマン社から出版しました。
それが『When Johnny Comes Marching Home』(邦題=ジョニーが凱旋するとき/ジョニーが帰るとき)という曲です。
トラディショナル・ソング(伝承歌、民謡)に別の題名と詞をつけて著作権を主張する――ちょうどポール・サイモンがイングランド民謡『スカボロー・フェア』を自作とクレジットしたのと似てますね。
歌詞については伝承歌はバリエーションがあるのが普通ですから改作・新作大いに結構、それは許されると思うのですが、『ジョニーが凱旋するとき』のメロディは改作というよりアレンジの範疇に入る程度で、それを自分の作として出版するのは、今だったら「自分、モロ、パクリちゃうんか?」と云われそうです。
歌詞からすると、そのときギルモアは南軍と北軍の和解を意図していたのかもしれません。彼はのちにジョン・フィリップ・スーザとともにアメリカン・バンド(アメリカ軍楽隊)の父と呼ばれたそうですから、向こうじゃかなりの有名人だったようです。

『ジョニーが凱旋するとき』(When Johnny Comes Marching Home)は、アイルランド出身の作曲家パトリック・ギルモアによって作曲されたアメリカの民謡またはマーチ曲。『ジョニーが帰るとき』ともいわれる。19世紀後半に勃発した南北戦争の北軍の帰還兵を迎えるために、アイルランド出身の作曲家パトリックがアイルランドの古い反戦歌“Johnny I Hardly Knew Ye”からメロディーを用いて新たに詞をつけたものとされている。
ジョニーが凱旋するとき – Wikipedia

まずは元唄で聞いてみましょう。
最初のレコード化が誰なのか不明ですが、新しいところで(!)ボブ・ディランの録音が残ってます。
『スカボロー・フェア』の詞を『北国の少女』のネタ元にしてたディランですが、この歌はアメリカでは有名すぎるメロディなので、逆にルーツを珍重する態度に出た、ということでしょうか。

●Bob Dylan – Johnny I Hardly Knew You(1960)
Dylan Apartment Tape – September 1960
from 2×CD, Unofficial Release “Ten Million In A Week”(2007)Hollow Horn
●Bob Dylan – Johnny I Hardly Knew Ye(1960)
Dylan’s Apartment Fall 1960 “presented for the first time in correct sequence”
from 4×CD, Unofficial Release “From Minnesota To New York 1958 – 1961″(2009)Wonderland Records WLR-2120

今度はパトリック・ギルモアの採譜と歌詞による『ジョニーが凱旋するとき』。
基本的には進軍歌、マーチの体裁ではあります。
アイルランド民謡ならではのニュアンスや芯の強いアイリッシュ気質のムードが、篩(ふるい)に掛けられつつも辛うじて残っているのは、ギルモアの出自に因るところが大きいのかもしれません。

U.S. Military Academy Band – When Johnny Comes Marching Home

この歌は第二次世界大戦のときもグレン・ミラー楽団のスイング・バージョンで蘇りました。
「ジョニー」はこのときすでに南軍の少年兵ではなくアメリカの兵士全体の象徴となっていました。

Glenn Miller and his Orchestra – When Johnny Comes Marching Home
vocal: Tex Beneke, Marion Hutton, and The Modernaires
adapt: Conway-Dickinson-Finnegan
recorded in NYC February 18, 1942

アメリカ映画『第十七捕虜収容所(Stalag 17)』(1953)
When Johnny Comes Marching Home Again

テレビドラマ『コンバット!』のテーマ曲が『リリー・マルレーン』の変奏であることはよく知られておりますが、それだけでは片手落……もとい、正確ではありません。正しくは、民主主義のために闘うアメリカ兵を象徴するところの『ジョニーが凱旋するとき』およびそれを元にしたモートン・グールド作曲の『アメリカン・サリュート』と、ドイツ兵の人間性を象徴する『リリー・マルレーン』の、その双方をミックスした、和合させたのが『コンバット!』のあの曲であったというべきでしょう。

Lale Andersen – Lied eines Jungen Wachtpostens(Lili Marlen)(1939/11 original German version)

mit kleinem Ensemble
Vortragslied mit Orch.
Electrola Gesellschaft m. b. H., Berlin
Record Company: Electrola Gesellschaft m.b.H.
Conductor: Bruno Seidler-Winkler
Written-By: Hans Leip, Norbert Schultze
recorded August 2, 1939
The original 78rpm single was issued on (Germany) Electrola E. G. 6993
Popular with both the German and Allied WWII troops–and first issued under the title “Lied eines Jungen Wachtpostens” (Song Of A Young Sentry)–this original German-language recording by the German singer-songwriter became one of the more historically significant commercial music discs ever made.(she later also recorded an English-language version).
The fascinating and complex tale behind the song–and this version in particular– is interestingly related in the 2008 book “Lili Marlene: The Soldiers’ Song of World War II,” or you might just check the “Lili Marleen” entry in Wikipedia. See also the 1944 American-made recordings by both Hildegarde and Perry Como.

Hildegarde – Lili Marlene(1944)

orchestra and chorus conducted by Harry Sosnik
Previously recorded in Germany by Lale Andersen and in England by Anne Shelton, this famous German love song finally moved across the Atlantic and created some interest among the U.S. record companies in 1944. Both this fully-produced Hildegarde recording and the a cappella “recording ban” version by Perry Como registered on Billboard’s juke box charts.
The fascinating and complex tale behind this historically significant song is interestingly related in the 2008 book “Lili Marlene: The Soldiers’ Song of World War II,” or just check the “Lili Marlene” entry in Wikipedia.

Perry Como – Lili Marlene(1944)
A Cappella with Mixed Chorus

Marlene Dietrich – Lili Marlene(1945 English Version)

米Decca 23456
Directed By: Charles Magnante
recorded in 1944
“Lili Marleen” (also known as “Lili Marlene”, “Lily Marlene”, “Lili Marlène” and similar variants) is a German love song which became popular during World War II with soldiers of both sides.
Written as a poem in 1915, during World War I, it was published under the title “Das Lied eines jungen Soldaten auf der Wacht” (German for “The Song of a Young Soldier on Watch”) in 1937 and was first recorded by Lale Andersen in 1939 under the title “Das Mädchen unter der Laterne” (”The Girl under the Lantern”).
Following the Nazi invasion of Yugoslavia in 1941, Radio Belgrade became Soldatensender Belgrad and played the song frequently to entertain the German armed forces within its reach. It became popular throughout Europe and the Mediterranean among both Axis and Allied troops.
In 1944, the Morale Operations Branch of the U.S. Office of Strategic Services (OSS) initiated the Muzak Project, musical propaganda broadcasts designed to demoralize enemy soldiers. Marlene Dietrich, the only performer who was made aware that her recordings would be for OSS use, recorded a number of songs in German for the project, including Lili Marleen.

Marlene Dietrich – Lili Marlene(Deutsch Live)
from the album “Lili Marlene – Sung In German”(1959)Columbia CL 1275

Anita Lindblom – Lili Marlene
in Swedish
from the album “Anita”(1975)Marilla MALP-59

US Air Force Concert Band & Singing Sergeants – Morton Gould: American Salute
作曲:1942年

アメリカABCテレビドラマ『コンバット!(COMBAT)』Intro

手元に面白いレコードがあります。
フロリダの Viva Records からリリースされたザ・ソフィスティケイツ(The Sophisticates)というグループの『When Elvis Marches Home Again』(右)。
リリース年は知りませんが、エルビスの入隊・除隊に関連した便乗ソングの一つで、『ジョニーが凱旋するとき』の替え歌になってます。
ただ、ちょっとヒステリックで、ファンのスクリーミング(甲高い悲鳴、金切り声)を代弁してるかのような雰囲気。曲調も深刻ですから、只事じゃねーなーという感じです。
ソウル系ガールグループに同名の人たちがいますが、それとは無関係と考えられます。

<参考リンク ガールグループのザ・ソフィスティケイツ>

ピーター、ポール&マリーの『悲惨な戦争(The Cruel War)』(1962)で歌われる恋人の名はジョニーで、応召した彼が向かう戦場がどこかは詞に出てきません。
全体 恋人の後を追って行きたいという心情の吐露でして、映画『モロッコ』のラストシーンを連想させます。反戦歌というより、やはりこれはラブソングでしょうね。
同じく彼らの『虹と共に消えた恋(Gone The Rainbow)』(1963)では各コーラスの最後が “Johnny’s gone for a soldier.” となっています。

シャングリラスの1966年2月のヒット『涙の祈り』の冒頭と終り近くで、『ジョニーが凱旋するとき』が短く引用されています。この歌の時代に恋人たちを引き裂いていたのはベトナム戦争でした。

The Shangri-Las – Long Live Our Love(1966)涙の祈り

『ビートでジャンプ』『マッカーサー・パーク』『恋はフェニックス』『ウィチタ・ラインマン』等で有名なジミー・ウェッブ(Jim Webb)の手になるこちらの作品もベトナム戦争を背景としたもの。

Mary Kent – Lost Generation(1969)

Joe Tex -(When Johnny Comes Marching Home Again)I Can’t See You No More(1970)
タイトルを借用した例。

映画『ダイ・ハード3』(1995年)では悪党が大仕事をするところで『ジョニーが凱旋するとき』が使われます。この例では、軍事作戦をイメージさせる選曲意図が感じられます。

 

『ジョニーが凱旋するとき』の歌と直(じか)に結びつくものではありませんが、1971年、アメリカで『ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)』という映画が作られています。
これはドルトン・トランボ(今はダルトン・トランボの表記が多い)が1939年に発表した小説『ジョニーは銃をとった』を、自ら脚色し監督した作品で、第一次大戦のヨーロッパ戦線において両手、両足、耳、眼、口を失い、病院で秘密裏に『生かされている』若きアメリカ兵の、惨憺たる境遇、心の地獄を描いています。小説とはいえ、実在のモデルがいたといいますから、なんとも空恐ろしい話です。
日本初公開時に劇場で見ているせいか、ジョニーがどうしたとか聞くと、私はいつもこの映画のことが頭に浮かんできます。
設定が類似している江戸川乱歩の短編『芋虫』(発表時タイトルは『悪夢』)は1929(昭和4)年ですからトランボの小説より早いですね。

 

追加記事

力強い反戦映画と評価=若松監督『キャタピラー』-独紙
 【ベルリン時事】ベルリン国際映画祭で最高賞『金熊賞』を争うコンペティション部門に出品された若松孝二監督の『キャタピラー』について、ドイツ紙ボルケナー・ツァイトゥングは16日、『力強い反戦映画』と評価した。
 同紙は、これまで映画祭で上映された作品の中で『最も政治的な映画』と指摘。『監督があらゆる戦争を批判しているのは明確だ』と伝えた。(2010/02/16-21:42)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201002/2010021600844

四肢を失った主人公という設定は、映画化もされた『ジョニーは戦場へ行った』や江戸川乱歩の小説『芋虫』など、これまでにも登場してきたものだが、若松監督は「実は12日間で撮っているんですよ。『実録・連合赤軍あさま山荘への道程(みち)』でかかったお金がまだ穴埋めできていない。それでも、気持ちがさめないうちに作りたかった。戦争では、女性や子ども、普通の人々が一番の被害者だということを少ない予算で表すのに、こういう形になった」
http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=228095

乱歩『芋虫』の映画化じゃないようです。マジで反戦映画? 若松孝二が?
(2010年2月21日)

追加記事

The Clash – English Civil War(1979)
ザ・クラッシュ – イングリッシュ・シヴィル・ウォー(英国内乱)

(2012年3月3日)

追加記事

(2014年7月8日)

追加記事

スタンリー・キューブリック脚本・監督『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)(1964)
で使われている『ジョニーが凱旋するとき』。

The Bomb Run Sequence from Dr. Strangelove

Dr. Strangelove (7/8) Movie CLIP – Kong Rides the Bomb (1964) HD

(2015年3月21日)

追加記事

Paul Anka – My Baby’s Comin’ Home(1964/04)
RCAビクター移籍後の録音。作曲・作詞は Anka-Butler の表示。

(2015年4月12日)

追加記事

Ireland in the Revolutionary Period – A selection of Irish Footage in the British Pathé archive

British Pathé
This “selection of Irish Footage in the British Pathé archive” gives a taste of some of the finest contemporary reporting on the Irish Easter Rising (1916), War of Independence (1919-1921) and Civil War (1922-1923). The piece finishes with a brief look at the declaration of the Republic (1949). Filmed largely before the age of cinema sound, this footage is silent.

サイレントの映像「革命時代のアイルランド」
蜂起に至るまでの長い長い歴史、数々の出来事を知らないと、『ジョニーが凱旋するとき』を理解できないかも。
(2016年1月23日)

追加記事

The Ants Go Marching | Kids Songs | Super Simple Songs
Super Simple Songs – Kids Songs
2017/05/27 に公開

(2017年5月28日)

追加記事

似た邦題でこちらの歌も有名ですね。
日本では 故 石井好子さんが得意とされてました。

Yves Montand – Quand un soldat(1953)
イヴ・モンタン – 兵隊が戦争に行くとき

Francis Lemarque – Quand un soldat(1952)
フランシス・ルマルク – 兵隊が戦争に行くとき
オリジナル・レコーディング?

(2016年3月21日)

2 thoughts on “When Johnny Comes Marching Home

  1. 板倉弘志

    「ジョニーが凱旋するとき」ですが、よくギターインストで演奏されるゴーストライダーインザスカイにも似てると思います。
    やはり元ネタは同じか?

    The Ramrods – Ghost Riders in the Sky

    返信
  2. eiji 投稿作成者

    おっしゃるとおりパクリ度は高いといえそうです。
    「ジョニーが凱旋するとき」と「(ゴースト)ライダース・イン・ザ・スカイ」の関係については、
    (Ghost)Riders in the Sky: A Cowboy Legend – Wikipedia, the free encyclopedia
    にも、
    「歌詞は違うがメロディのほうは、19世紀のアイルランドの反戦歌 Johnny I Hardly Knew Ye に非常に似ている」との指摘があります。
    モーツァルト「春への憧れ」~「早春賦」~「知床旅情」みたいなもんでしょう。

    1948年、スタン・ジョーンズ(Stan Jones)が作った「(ゴースト)ライダース・イン・ザ・スカイ」。
    オリジナル・ヒットは1949年の
    Vaughn Monroe and his Orchestra – Riders In The Sky(A Cowboy Legend)
    ですね。

    Vaughn Monroe and his Orchestra – Riders In The Sky(1949)
    vocal: Vaughn Monroe and the Quartet

    初録音は1949年2月の Burl Ives だそうで。

    Burl Ives – Riders In The Sky(1949)
    recorded February 17, 1949

    このスタイルを踏襲して、リバイバル・ヒットさせたのが、フランキー・レイン、マーティ・ロビンスで、
    Frankie Laine – Ghost Riders In the Sky
    Marty Robbins – Ghost Riders In The Sky
    インスト・バンドも、最初はこの人たちのテイクを基にしたはずです。

    この二つの曲が似てしまっているのは、作者スタン・ジョーンズを含めアメリカ人(あるいは欧米人)の意識に染み付いてる音楽、ルーツ意識というものが強く影響したからではないか、と私は思います。
    スタン・ジョーンズはアリゾナ生まれで、ロサンゼルス育ち。
    身近にある音楽のひとつはスペイン系で、それはアメリカ人ならメキシコ音楽とダブるものでしょう。ギラつく太陽とか血(闘牛?)とか乾いた砂のイメージがある。ギターならディック・デイルの低音を強調した、フラメンコギターにも似た速弾きにつながる流れ。
    もうひとつはイギリスやアイルランドの民謡~ブリティッシュ・フォーク。いい曲がたくさんあるので欧米人には親しみが深いはずです。また、もはや歴史的といっていいほど長きにわたっているアイルランド紛争も知らない人はいないわけで。
    そういう素地がありますから、「ジョニーが凱旋するとき」と「ライダース・イン・ザ・スカイ」に共通する殺し合いや決闘、流血や死のイメージから、必然的に類似の曲調、雰囲気、アレンジに帰結したのではないか、と推測されますが、どうでしょうかね。
    中村 とうよう氏なら語りまくるでしょうねこういう話。

     <追記>
    「ライダース・インザ・スカイ」の歌詞ですが、
    歌いだしが、
    「An old cowpoke went ridin’ out one dark and windy day」
    cowpoke とは cowboy のこと。つまり「old cowpoke」は老カウボーイの意。
    「Yipie i oh Yipie i ay」
    の掛け声。
    曲調はまったく違うのですが、この二つから連想される有名曲があります。

    ビング・クロスビーの
    「おいらは老カウボーイ」(または「俺は老いぼれカウボーイ」「俺は老カウボーイ」、近年は「おれはカウボーイ」の表記が一般的) I’M AN OLD COWHAND(FROM THE RIO GRANDE)。作詞・作曲は名作詞家として米ポピュラー音楽史にその名を残すジョニー・マーサー。
    昔から好きな歌でして、ジャズのソニー・ロリンズ、グラント・グリーンでも有名です。
    やはり
    「Yippie yi yo kayah」
    というカウボーイが馬をせかす声が歌詞にあります。
    cowhand は cowpoke 同様、カウボーイのこと。
    ただしこちらは老カウボーイ気取りでフォードを運転しているドライバー、つまり現代人の歌なのですが、
    戦前の大ヒット(1936年)ですから、スタン・ジョーンズが「ライダース・インザ・スカイ」を作るとき、頭の中にこの曲があったことは間違いないでしょう。

    Bing Crosby – I’m An Old Cowhand (From The Rio Grande)(1936)
    with Jimmy Dorsey and his Orchestra

    〔以下、私的メモ〕
    Roy Rogers – I’m An Old Cowhand(From The Rio Grande)
    Gene Autry, Mary Lee – I’m An Old Cowhand
    Sammy Davis Jr., Andy Williams – I’m An Old Cowhand
    Cow Bop with Bruce Forman & Pinto Pammy – I’m An Old Cowhand
    Lisa Ono – I’m An Old Cowhand

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です