韓国のROCK/POPS」カテゴリーアーカイブ

紫外線と打つと市街戦が、敗者と打つと歯医者が真っ先に出る。何かの呪いか?(笑)

きのうに続き、奇想天外な家。

あきらかに日本の家屋だなというのがありますね。
あれ、外人から見るとギョーテン発想なんでしょう。

気象庁は、2012年7月31日に「2011年の紫外線の状況の調査解析結果」を発表しました。
それによると、2011年の紫外線量は、観測地点のいずれも〃観測開始以来最大〃となった月があったといいます。
観測地点は、札幌とつくばと那覇の3地点。観測開始は1991年です。
このうち、札幌では、冬の期間(1~2月、12月)に、その月として観測開始以来最大となりました。
(中略)
そこで、観測開始からの「紫外線年積算値の経年変化」をみてみると……。3地点のうち、札幌とつくばの紫外線量の増加率は、それぞれ10年あたり4・4%、4・5%。観測開始以降、紫外線が増加傾向にあることが明らかとなったんです。
(中略)
東京から富士山の山頂が見える日が、1990年代と比べて増えているという観測記録もあります。
環境にやさしい取り組みは、誰もが推進することです。しかし、空気がきれいになって、紫外線が空気中のちりやごみに吸収・散乱されることなく、ダイレクトに私たちに届くようになっているのかもしれません。
http://www.news-postseven.com/archives/20120805_135766.html

(1)地上へ到達する紫外線量は年々増えている。
(2)皮肉なことに、空気がキレイになったため、紫外線がよりストレートに届きやすくなっている。
とのことです。

紫外線量も限度を超えると視力障害や皮膚がんを誘発するし、終いには殺人光線と化します。
温室効果ガスは赤外線を吸収して熱を発生しますが、紫外線は透過するそうですから、人間にはどのみち都合が悪い。気温上昇と強い紫外線のWパンチで、人類の未来もかなり危うくなってます。

Ronnie Spector and The Ronettes – I Wish I Never Saw The Sunshine(1974/03)

John Denver – Sunshine On My Shoulder(1974)太陽を背に受けて

  ※(追記:この動画は削除されました

 

김정미(Kim Jung Mi)- 햇님 (1973싱글 초판) 신중현 작사 작곡
キム・ジョンミ(Kim Jung Mi)-おひさま(1973シングル初版)シン・ジュンヒョン作詞・作曲

Jim Nabors – You Are The Sunshine Of My Life サンシャイン
スティービー・ワンダーがアルバム『トーキング・ブック』(1972)で発表した楽曲。このスノッブな歌いぶりはナニ?!

The Supremes – Automatically Sunshine(1972/06/30)
鉄腕アトム「人工太陽球の巻」を連想した。

The Esso Trinidad Steel Band – Come to the Sunshine(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The New Seekers – Little Bit Of Sunshine(1971 Coca-Cola jingle)

Indian Summer – Black Sunshine(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Sunbirds – Sunshine(1971)

Mystic Siva – Sunshine Is Too Long(1970)

The Thyme – Sunshine In The Morning

This is a A-side single to “Let Us Be Friends” and is written by S. Domer.
The 45 was released in 1969 by Orange Records and the catalog # is missing.
This group is from Ohio.

Brenda Lee – Bring Me Sunshine(1969)
『マック・ザ・ナイフ』みたいな歌。

Herman’s Hermits – Sunshine Girl(1968/07/05)

The Sunshine Company – Look Here Comes The Sun(1968)

The Curtain Calls – Sock It To Me Sunshine(1968)
“Sock It To Me” は1968年ころ流行ったスラングで「やらせて」とか「いいわ、いいわ、その調子でやって」みたいな卑猥な意味で使われた。
もちろんこの歌では言葉どおりの表の意味だが。

James Hendricks – Sunshine Showers(1968)

Peppermint Trolley Company – Little Miss Sunshine(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Checkmates, Ltd. – Walk In The Sunlight(1967)

Harpers Bizarre – Come To The Sunshine(1967/05)

The Magic Ring – Little Mary Sunshine(1967)

The Parade – Sunshine Girl

This is an A-side single to “This Old Melody” and is written by Riopelle, Roberds, MacLeod.
The 45 was released in 1967 by A&M Records and the catalog # is AMS 701.
This group is from California.

Robby Snowden – Sunshine Rides On A Trolley

This is an A-side single to “Do You Want To Dance” and is written by Henny, Attell, Schnug.
The 45 was released in 1967 by Clarion Records and the catalog # is MCK-2006.
This group is from Australia.

Van Dyke Parks – Come to the Sunshine(1966/10)

The Collins Kids – Sunshine, Lollipops and Rainbows(Shindig! 1965)
オリジナルはレスリー・ゴーア『サンシャインとレインボー』

  ※(追記:この動画はアクセス制限になってます

 

Barry Allen – Hot Sunshine(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Gale Garnett – We’ll Sing In The Sunshine(1964/07)太陽に歌って
conducted by Sid Bass

Pop Chart Peaks: Cash Box 1, Billboard 4, Record World 4
Gale’s one major record hit won a Grammy as “Best Folk Recording” of 1964.

Hoyt Axton, with the Sherwood Singers – Sing In The Sunshine(1963)

produced by David Hubert
1st Recording Of “We’ll Sing In The Sunshine” As “Sing In The Sunshine”
Per The Originals Project website: Singer-songwriter “Axton was Gale Garnett’s boyfriend at the time and she wrote the song for him.” Garnett’s own 1964 version would became her only major record hit

Freddie Keil and the Kavaliers – Pretty Suzie Sunshine(1963)
NZ

The Blue Diamonds – My Sunny Sunshine(1963)

The Ivies – Sunshine(1958)

Sandy Stanton and Carolyn Waits – Sunshine Just Walked In Again(1958)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Elvis Presley – I Don’t Care If The Sun Don’t Shine(1954/07/19)

recorded September 10, 1954, with Scotty Moore (guitar) & Bill Black (bass), released on Sun single 210 on September 25, 1954. The song had first been a top-10 hit for Patti Page in 1950.
Links to all ten Elvis sides released 1954-55 on the Sun label

Patti Page – I Don’t Care If The Sun Don’t Shine(1950/05)
orchestra conducted by D’Artega

Many youthful Elvis Presley fans too young to remember 1950 undoubtedly associated this song only with “The King.” But Dean Martin, Tony Martin, Georgia Gibbs, Leroy Holmes and Jerry Gray all released 1950 records of the Mack David tune, as did Patti Page in this best-remembered version.

Tony Martin – I Don’t Care If The Sun Don’t Shine(1950)
orchestra conducted by Henri Rene
シングル “Valencia” のB面。”The Sun Ain’t Gonna Shine Anymore(太陽はもう輝かない)”とは対照的。

recorded December 2, 1949
Familiar to many via the 1954 Elvis version, the song’s debut on record was this posted track by Tony Martin. Though Patti Page recorded the song two months later, hers was the more successful 1950 release

Evelyn Knight and The Stardusters – Powder Your Face With Sunshine(Smile! Smile! Smile!)(1949)
2度目の引用。

Knight revisited Billboard’s #1 spot (jukebox chart) in this positive-thinking follow-up to her million-selling “A Little Bird Told Me.” See also Sammy Kaye’s version.

Swing and Sway with Sammy Kaye – Powder Your Face With Sunshine(Smile! Smile! Smile!)(1949)
vocal: The Three Kaydets
2度目の引用。

Don Cornell and the trio sing their top-15 version of the Evelyn Knight hit, released on the flipside of Kaye’s “Careless Hands” and one of five’Swing And Sway’ tracks in this 1949 collection.

Dean Martin – Powder Your Face With Sunshine(Smile! Smile! Smile!)(1949/01/17)
orchestra conducted by Paul Weston
2度目の引用。

(rec. Dec 1948) 1949 Billboard Chart Peaks: 10 (radio airplay), 27 (juke box)
Fans of the film “L.A. Confidential” may recall this being played on the jukebox while Kevin Spacey’s character sat at the bar developing a conscience. This was Dean’s first solo recording to make an appearance on Billboard’s weekly national charts. For the leading version of the song by Evelyn Knight,

Doris Day and Buddy Clark – Powder Your Face With Sunshine(Smile! Smile! Smile!)(1948)
orchestra conducted by George Siravo
3度目の引用。

recorded December 20, 1948
(Rec. Dec. 1948) 1949 Billboard Chart Peaks: 16 (radio airplay), 28 (juke box play)
For the #1 best-selling version of this song by Evelyn Knight

King’s Men with Billy Mills and his Orchestra – She’s The Sunshine In Virginia(1943)

One of ten selections from the pictured 16-inch 33 1/3 electrical transcription disc–aka “radio transcription” or “broadcast transcription”–containing music recordings created and licensed exclusively for radio station use (not issued for sale on commercial 78rpm discs).
The King’s Men vocal quartet–active on radio, on records, and in movies during the 1930s &’40s–consisted of award-winning composer, vocal arranger, lyricist, and conductor Ken Darby, plus Rad Robinson, Jon Dodson, and Bud Linn. Between 1940 and 1953 they were featured vocalists on the “Fibber McGee and Molly” radio program where they were accompanied (as here) by the show’s musical director Billy Mills.

Bing Crosby and Mary Martin – Wait Till The Sun Shines, Nellie(1942)
orchestra conducted by John Scott Trotter
2度目の引用。

recorded in Los Angeles March 13, 1942
Bing and Mary also performed this old 1905 tune in their 1941 movie “Birth Of The Blues.”

Billy Cotton and His Band – Sunshine And Roses(1932)
vocal: Cyril Grantham
recorded in London January 8, 1932

Ambrose and his Orchestra – Bathing In The Sunshine(1931)
vocal: Sam Browne
For the also-posted flip side “I’m Just Wearing Out My Heart For You,”

Snooks and the Memphis Ramblers – Dip Your Brush In The Sunshine(And Keep On Painting Away)(1931)
vocal: Wally Ashby
2度目の引用。

recorded in NYC May 21, 1931
Snooks was drummer-bandleader Herbert “Snooks” Friedman who recorded for (mostly) Victor between 1928 and 1932.

Ted Lewis and his Band – Dip Your Brush In The Sunshine(And Keep On Painting Away)(1931)
“incidental singing” by Ted Lewis
例によって詞を語るテッド・ルイス。
3度目の引用。

Teddy more-or-less shouts his way through one of the more commonly-reissued Lewis tracks, highlighted by solos from Goodman (Paint it blue, Benny!!) and Spanier (Paint it red, Muggsy!!).

The Gotham Troubadours – Sunshine(1928)
vocal: Scrappy Lambert
Sam Lanin as Gotham Troubadours

A much livelier treatment of the Irving Berlin tune than the more commonly-heard Paul Whiteman-Rhythm Boys release on Victor. Lanin also recorded a different arrangement of “Sunshine” for Columbia under the Ipana Troubadours name, once again with Scrappy on vocal.

Ted Lewis – Keep a Little Sunshine In Your Heart(1921)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 佐世保市のハウステンボス(HTB)美術館が開催中の「幻のゴッホ展」で、オランダの画家ゴッホ(1853~90)が嬉野茶箱のふたに描いた油絵「ヒヤシンスの球根」が展示中だ。絵の裏には、幕末の長崎で茶貿易に携わった実業家松尾儀助(1836~1902)が設立した貿易会社「起立工商會社」の名が残る。
(中略)
 ゴッホは嬉野茶箱のふたを使い「ヒヤシンスの球根」のほかにも「三冊の本」を描いている。約20年前、東京の美術展で「三冊の本」を鑑賞した田川さんの知人が、裏に残る「起立工商會社」の文字に気付いた。その後「ヒヤシンスの球根」にも同じ字があると分かった。
 儀助は佐賀藩の足軽の子。叔父で同藩御用達商人の野中元右衛門に育てられた。幕末の長崎で茶貿易に携わったほか、諫早で日本最初の紅茶栽培に取り組んだ。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20120803/03.shtml

ジャポニズムのブームも考えてみれば、鎖国による情報飢餓状態があったればこそ。
時期もそれなりに良かったのかもしれません。

The Mills Brothers – Nagasaki(1937)

Albert Ammons Rhythm Kings – Nagasaki(1936)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Django Reinhardt, Freddy Taylor – Nagasaki(1936)

“負け組”歯科医の残念な告白「儲かる時代は終わった…結婚を急いでしまった」
2012/07/07
コンビニの数より多い…
 「投資に失敗したなどの理由ではなく、本業の赤字で夜逃げする歯科医が現れました。多くの歯科医院が内部留保を取り崩すジリ貧の状態です」
 悲愴感を漂わせるのは、都内に歯科医院を開業したばかりの若手歯科医、山崎拓哉さん(仮名、33歳)だ。
 「2009年に参加したお寿司チェーン『すしざんまい』での歯科医師の親睦会で、同業者は口々に『保険診療だけなら、1日30人の患者を治療しないと赤字』と話していました。実際に、きちんと治療しようと思えば、一人の歯科医師では1日7~8人が限界です。このままでは経営が成り立ちません」
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120707/ecd1207070800001-n1.htm

確かに歯医者は多すぎ。
一度かかると、だらだらと半年以上も通わされてカナワン。
もう二度と行くかと思って一生懸命磨いてます。

日活は、1912年に横田商会、吉澤商店、福宝堂、エム・パテー商会の4社が合同で創立した日本活動写真に由来し、日本最古の映画会社として2012年9月10日に創立100周年を迎える。
100周年記念事業の一環として、11年10月に開催されたニューヨーク映画祭での「ベルベットの銃弾と鋼のキス 日活100周年を祝して」と題された回顧特集上映を皮切りに、日活を代表する作品群がフランスのナント三大陸映画祭、パリ、香港と世界を巡回しているが、その世界巡回上映の凱旋帰国特集として、創立月の9月に「日活映画 100年の青春」と題した特集上映を行う。日本映画の歴史と等しい年月を歩んできた日活の100年をなぞることのできる厳選された全43作品のタイトルが決定。9月8日からヒューマントラストシネマ有楽町で一挙上映する。
(中略)
詳細は公式サイト( http://www.nikkatsu.com/100th/seishun )へ。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw330152

日活という会社、特に戦後の日活はあまり褒められた会社ではない。
経営者は映画を愛してはいなかった。ワンパターンの企画に固執し、本業の映画以外に投資を続け、ついにはテレビに追いぬかれて会社を傾け、あろうことかポルノ映画・ポルノビデオの制作を命じ、有能な人材を散逸させ、その芽を摘んでしまった。
今さら100周年でございというのは滑稽の極みだ。
とはいえ、
初期文芸路線時代を支えたベテラン田坂具隆、久松静児、吉村廉、阿部豊、滝沢英輔、
映画作家と呼ぶにふさわしい川島雄三・今村昌平・浦山桐郎、中平康、鈴木清順、蔵原惟繕、熊井啓、
新東宝・東宝から移ってきた市川崑
らは、やはり日本映画黄金時代を語る上で欠かせない。
日活アクション? そんなのはWOWWOWで流してりゃいいよ。

今月内に短期国債発行 2千億円規模=韓国当局
2012-08-03 18:30
韓国の企画財政部は3日、3兆ウォン(約2100億円)規模の63日物短期国債を今月内に発行すると明らかにした。今年上半期(1~6月期)の財政早期執行のために調達した国債を段階的に返済しようとする措置。
 短期国債は通貨安定証券の入札機関と国庫金委託運用機関を対象に競争入札方式で発行される。短期国債が予定通りに発行されれば、8月末の発行残高は5兆4600億ウォンに達する。
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20120803003400882

日銀は外債購入検討を=民主・前原氏
 民主党の前原誠司政調会長は2日の記者会見で、デフレ脱却に向けた追加金融緩和として、日銀の外債購入を求める意見が上がっていることについて、「政府と日銀が連携し、アコード(政策協定)を結ぶことが望ましい。その中で外債購入を含めて書き込まれるべきだ」と述べ、前向きに検討すべきだとの考えを強調した。(2012/08/02-20:17)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012080201067

日本国民は二の次、三の次だネ。

남인수(南仁樹, Nam In Soo, ナム・インス)- 황성옛터(1959)
作詞:왕평(ワン・ピョン)、作曲:전수린(ジョン・スリン)
タイトルは「荒城の址」の意。同年発売されている三橋美智也『古城』に通じるところがあります。

남인수(南仁樹, Nam In Soo, ナム・インス)- 고향의 그림자(1954)
作詞:손로원(ソン・ロウォン)、作曲:박시춘(バク・シチュン)
タイトルは「故郷の影」の意。マドロスが故郷を懐かしむ内容。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

つい4年前に五輪が華々しく開催された北京のオリンピック競技会場はほとんど使われておらず、「いまや廃墟と化している」とネット上で話題になっている。
 2008年開催の北京五輪会場の惨状を白日の下にさらしたのは、ロイター通信社のカメラマン、ディビッド・グレー氏。鉄柵によって取り囲まれて、ほとんど使用されていないまま壁が崩れ落ちているバレーボール会場の体育館や、草ぼうぼうで、いまや野良犬の遊び場になってしまった野球会場、水がまったく乾いたままで報知(※ママ)されているカヤック会場、もはや塀すら取り壊されたままで残骸をさらしているカヌー競技場などの現状が明らかになったのだ。
http://www.news-postseven.com/archives/20120805_135528.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120805-00000006-pseven-int

中共指導者のレベルが如実に表れている話です。
日本の役人でもさすがにこういうことはしません。

Gordon Lightfoot – Race Among The Ruins(1977)

Connie Francis – Standing In The Ruins(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

追加記事

 政府は13日、これまでに韓国と合意した金融協力を変更せず、維持する方針を明らかにした。李明博大統領が島根県・竹島に上陸したことで日韓間の緊張が高まっているが、両国経済の相互依存が深まっていることを配慮し、国際的な合意を順守することが関係改善にも重要と判断した。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120813/fnc12081318150009-n1.htm

領土を侵略されていながら金を出すなど狂ってますな。

 超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(山谷えり子会長)が許可を求めていた尖閣諸島(沖縄県石垣市)魚釣島への上陸について、政府は13日、認められないと同議連側に伝えた。理由については「尖閣は平穏かつ安定的な維持管理に努めており、政府機関を除く上陸を認めていない」としている。
 同議連は、戦時中に遭難した疎開船の犠牲者の慰霊祭を19日に開催する目的で上陸許可を申請していた。今後、洋上で慰霊祭を行う予定。
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_493906

内外に「日本領土だ」とハッキリ言っている場所に議員を立ち入らせないとは、これも面妖(おか)しい。
(2012年8月13日)

펄 시스터즈(Pearl Sisters)

コリアン・アラカルト more register movement
で一度、動画を引用している Pearl Sisters。
今から振り返れば韓国GSなんて括りも出来るでしょうが、分かりやすく言うと、同時代の米サイケデリックロックのアレンジで歌う韓国のザ・ピーナッツ(ただし双子じゃない)みたいな感じでしょうか。
演歌系の声質・発声ならさらにソウルフルになってたかも。
この声だったらソフトロックのオシャレな曲調のほうが似合う気がします。
そういうのも歌ってたのかな?

펄 시스터즈 / 신중현 – 님아(1968)
韓国放送人物現代史 第16回 – パールシスターズ編 – 1968年

펄 시스터즈 – 님아

펄 시스터즈 – 커피한잔 (1968)
신중현(Shin Joong Hyun)
Shin Joong Hyun is a South Korean rock guitarist and singer-songwriter known as Korea’s “Godfather of Rock”
song is from 1968
펄시스터즈 1집 (Pearl Sister FIRST ALBUM) 커피한잔

펄 시스터즈 – 커피한잔

펄 시스터즈 – 하얀집

펄 시스터즈 – 떠나야 할 그 사람

펄 시스터즈 – 사랑의 교실

펄 시스터즈 – rain
“La pioggia” Korean cover

펄 시스터즈 – 나팔바지(1970)
신중현(Shin Joong Hyun)

펄 시스터즈 – Shadows of the Two

  ※(追記:この動画は削除されました

 

펄 시스터즈 – I’ll Wait

  ※(追記:この動画は削除されました

 

追加記事

(2017年3月14日)