世界各国のROCK/POPS」カテゴリーアーカイブ

ハンドルを右に切って、バックオーライ!

参院選を待たずに原発再稼働、TPP交渉参加、F35武器輸出三原則の例外扱い(マノレコー丸呑み追認)。
28日の施政方針演説でTPPへの言及が少なかったのは、まだ世論対策の段階だから?
となれば、みのもんた、テリー伊藤、デーブ・スペクターあたりが311直後の学者ゲストのような役割を担うと思われるがどうなるか。
当のアメリカは政府が軍事費を含む(!)全分野の一律的な歳出削減を開始。ますます中国・北朝鮮を勢いづかせている。
南半球は猛暑・旱魃。東北・北海道では記録的な降雪・暴風雪。
――3月は大荒れの予感がする。

環太平洋経済連携協定(TPP)参加に反対する有識者や団体などで構成する「TPPを考える国民会議」は1日、国会内で緊急集会を開いた。
 集会には野党の国会議員約10人が参加したが、自民、公明両党からは出席者はなかった。
 政権交代前は自公両党からも参加していたが、TPP交渉参加を目指す安倍首相を与党として支える狙いがあるとみられる。
 集会後、記者会見した副代表世話人の山田正彦前衆院議員は「自民党が中心になって(国民会議の運営を)やってくれないかとお願いしたが、理解が頂けなかった」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130301-OYT1T01305.htm

「出席者はなかった」
これがすべてを物語ってるね。
国会議員のほとんどはTPPが宗主国アメリカ様の強い要求であることを理解し、米企業に日本(人)市場を明け渡すつもり。
要は日本人の持ってるカネをぜんぶよこせってわけ。いわば戦後占領期の経済版だ。
これからはあらゆる分野で横文字の会社が席巻しそうだな。
遅ればせながら英会話でも勉強するか。

130303_0133 Creative Guerrilla Product Packaging Examples
December 27, 2011 by Ryan Lum
Consider breaking away from generic packaging labels and innovate by creatively utilizing the packaging to emphasize the use of your product. Not only will this resonate with your customer, but it will also have the opportunity to be shared through sites such as this one. Here are 33 creative examples that will help inspire you when creating product packaging.

<Creative Guerrilla Marketing>
http://www.creativeguerrillamarketing.com/guerrilla-marketing/21-creative-product-packaging-examples/

いろんな面白いパッケージ、容器の写真。
見ていて楽しいですね。
日本の、恐らくコンビニで売られたと思しきタイアップ商品(上記事の写真)も含まれてます。
日本の企業では大会社ほど、経営陣以下、大多数の人間が納得する、堅実な作例のデザインに落ち着くことが多く、結果大胆なパッケージは生まれにくい状況です。
その点、中国人、韓国人は欧米人の感覚に近く、品質はともかくとして、目を惹く商品が出来やすいということはあります。
小役人のように守り一辺倒の権威主義では世界の壁はなかなか乗り越えられません。失敗を恐れないチャレンジ精神、ダメだったら変えればいいというフットワークの良さ、そうした「軽ろみ」を許容する度量が、いま日本人に求められていると思いますね。

2013/03/01
 フジテレビ系「笑っていいとも!」内で、ひな人形を的にするという演出があったことについて1日、同局が番組内で謝罪した。番組終了直前に行われる「曜日内いいともCUP」コーナーでは今週の前半、ひな人形をかたどったパネルを的にするというミニゲームが行われており、インターネット上で非難が巻き起こっていた。
 1日の放送終了直前、金曜レギュラーを務める同局の生田竜聖アナウンサーは「今週の『いいともCUP』は、週の前半にひな人形の的を使用しました。皆様が大事にしているひな人形を的にするという演出は配慮に欠けておりました。誠に申し訳ございません」と謝罪した。
 本物ではないとはいえ、ひな人形をかたどった的を使用したことはインターネット上で「不適切」などと非難されており、28日の放送からは的を無地のパネルに変更していた。1日の放送でも、無地のパネルを使用した上でミニゲームは行われていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000023-flix-movi

フジテレビ謝罪「笑っていいとも!」ひな人形問題

  ※(追記:この動画は削除されました

 

雛人形が天皇・皇后とその周囲の人物を表していることは「お内裏さま」の名称からも、見た目からも明らかで、これは常識。
その人形を、球投げの的にするのですから、非難は当然ですね。
少なくとも日本人の感覚では出てこない発想で、特定勢力の同局への侵食ぶりが想像されます。

Brian Hyland – Paper Doll(1960)

2013/03/01
 一方は大阪市長、対する国会議員―。両者が角突き合わせ、あわや党分裂かという事態に至った。けさ1日(2013年3月)の特集で「国会のことに口出すな!」と、日本維新の会の内紛を取り上げた。
小沢鋭仁国対委員長「国会のことに口を出すな」
 司会の羽鳥慎一が経緯を説明する。「ことの始まりは、自民党が提示した新しい日銀総裁と副総裁人事でした。橋下徹共同代表(大阪市長)は副総裁候補に挙がっている岩田規久男学習院大学教授が総裁に適任といい、これに小沢鋭仁国対委員長が自民党案がベストに近いと反論したんですね。このとき、維新の会の国会議員の中から橋下さんは(国会のことに)口を出さないで欲しいという発言があったそうです。この発言がどういうわけか橋下さんの耳に入り、橋下さんが激怒し、どうぞお好きにと対立が表面化しました」
http://www.j-cast.com/tv/2013/03/01167621.html

 旧太陽系のある議員は、橋下についてこう言った。
「橋下さんには国民世論を味方につける発信力がある。参院選で勝つには、橋下さんの人気が絶対に必要です。しかし、国政のことは、やはり国会議員にしか分からない。裏で握ったり、阿吽(あうん)の呼吸で落としどころを探ったり、長年の間に培われてきた政治手法がある。政治というのは、一方的なメールで済ませられるようなものじゃないんだよ」
 つまり、参院選でそこそこ議席を取れたら、もう橋下は用済みということ。選挙には利用するが、橋下に政治の何が分かるのかと、完全に見下している。旧太陽が維新を完全に乗っ取り、参院選後には橋下を追い出す日が来そうだ。
http://gendai.net/articles/view/syakai/141234

庇を借りて母屋を乗っ取るやり方は中国や韓国、カルト教団と同じ行動パターンでして、実は本質は似ていた(!)ということになります。
そりゃそもかく、
こんなに脇が甘いんじゃ国政は任せられません。せいぜいタレントかサラ金の用心棒あたりが相応しいんじゃないですか?

2013/02/27
 岸田文雄外相は26日夜、ルーマニアのコルラツェアン外相と都内の飯倉公館で会談した。コルラツェアン氏は日本の政府開発援助(ODA)に謝意を表し、ODAを活用して首都ブカレスト中心部と郊外の国際空港間に新設される地下鉄駅名の一つを「トウキョウ」と命名することを伝えた。
 両外相は、北朝鮮の核実験とミサイル発射に対する「強い非難」を盛り込んだ共同声明を発表。コルラツェアン氏は日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを支持した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130227/plc13022701280002-n1.htm

駅名「トウキョウ」。本家東京より永く残るかもしれんね。
検索してみたがこの件についてのルーマニア発の記事は見当たらなかった。路線図にもまだ表記はされていない。
ただ、すでに使われている駅名を変えたケースが同国で去年あったようだ。

2013/03/02
 捜査当局によると、2人は以前からの知り合いで、事件前に吉祥寺のゲームセンターで合流した。少年は家出中で、所持金がなくなったことから犯行を計画。「犯行前日に国立市内のスーパーで手袋と包丁2本を買った」とされる。
 少年は、両親ともにルーマニア人で、同国で生まれ育った。両親の離婚後、母親が来日し、日本人男性と再婚。少年を呼び寄せた。
 事情通は「1990年代後半から、出稼ぎ目的で来日するルーマニア人が増えた。少年の母親もその1人。都内には、東欧系の外国人女性が働く飲食店が複数あり、日本人と結婚して永住権を取得する者もいる。現在、日本に2000人以上が暮らしている」という。
 少年の知人によると、少年は100メートルを12秒台前半で走る俊足で知られていたが、途中から非行行為が目立ち始めた。
 捜査関係者は「都内の高校を2年時に退学し、繁華街をうろつく毎日だった。事件が起こるまで、家族も連絡がつかない状態だった」と語る。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130302/dms1303021441006-n1.htm

ルーマニアから、まったく知識ゼロで来日するという、そこがわからない。
やっぱり女衒のようなブローカーがいるのだろうか。

Bucharest City Romania, Bucarest Bucuresti

Gica Petrescu – La margine de Bucuresti

Dan Spataru – Noapte buna, Bucuresti

Donnie and The Del Chords – Transylvania Mist(1963)

The Ghouls – Little Old Lady From Transylvania(1963)

  ※(略)

 

The Ghouls – Dracula’s Theme(1964)

Robbie The Werewolf – Streets Of Transylvania(1964)

以下、「ルーマニア」を含む投稿。

以下、「ドラキュラ」「Dracula」「吸血鬼」「Vampire」を含む投稿。

 飛鳥時代の大和(奈良)と河内(大阪)を結んだ日本最古の官道「大道(おおじ)」が整備されて、今年で1400年を迎える。国境の竹内峠を越えることから竹内(たけのうち)街道と呼ばれ、初期の「外交の道」から経済、信仰、観光の道へと役割を変化させた。その道筋には、いまも古今の旅人の歴史が詰まっている。
 日本書紀をひもとくと、推古天皇21(613)年に、「難波より京に至る大道を置く」という記述がある。海上交通の起点だった難波の港(大阪市)と飛鳥(奈良県明日香村)を結ぶいわば最初の「国道」だ。
 沿道の大阪府太子町には、聖徳太子や推古天皇が眠る「王陵の谷」や、西域のシルクロードを連想させる奈良時代の石窟寺院跡などの遺跡が残る。遣隋使や外国の使節は、巨大古墳や美しい寺院を眺めながら都に向かったのだろう。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130302/wlf13030215120019-n1.htm

自分ちの周囲の道がアスファルト舗装されたのは1965、6年ころだったと思う。
それより前は、雨が降れば水たまりができ風が吹けば埃の舞う、地面むき出しの道だった。
1400年前の街道もそんなもんだったろう。

The Diablos Featuring Nolan Strong – Route 16 / Hold Me Until Eternity(1955)

Elizeth Cardoso – Estrada Branca(1958)
タイトルは「白い道」の意。

Lúcio Alves – Estrada Do Sol(1959)

Giampiero Boneschi – Autostrada Del Sole(1962)
Autostrada=街道

Nana Mouskouri – Straße der hunderttausend Lichter(1965)
タイトルは「10万本の街灯輝く道」の意。

Mary Lou – Ich geh’ die große straße(1966)
「ハッ」「ホッ」はサム・クックの影響か。

Team 4 – Die Straße(1967)

Aldemaro Romero and His Onda Nueva – Carretera(1970)
carretera=道

The Exits – Under The Street Lamp

Aura – Autostrada(1980)
Poland

Lito Epumer & Armando Alonso – Autopista(2005)
autopista=街道

  ※(追記:この動画は削除されました

 

追加記事

■TPPについて
小沢
日本政府がアメリカに言われてTPP参加ありき、参加せざるを得ないという判断のもと、エキスキューズとしてアメリカに頼んでつくった。あれは当たり前のことで、参加のきっかけとはならない。マスコミも大きな成果といっているが…。
TPPでのアメリカの主張は、単なる自由貿易ではなく構造改革で、日本の社会構造をアメリカのルールに変えるというアメリカナイゼーションというのが彼らの意図。
要は交渉能力で、あんな文言があろうとなかろうと、交渉できれば問題ない。ただ、今の政権ではアメリカの言うなりになってしまう。
アメリカの狙いは農業ではなく保険、医療、知的所有権というでかいものを狙っている。下手をすると日本がいいところ全部とられちゃうことになりかねない。

<小沢一郎代表「TPPでのアメリカの狙いは農業ではなく保険、医療、知的所有権というデカいものを狙っている!」2012/03/02 – 日々坦々 - より一部引用>
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1884.html

【2013年2月27日・生活の党本部】小沢一郎代表・広野ただし副代表対談

小沢代表のこの認識は正しい。
正しい認識をしていても、今やどうすることも出来ない。

TPPがそもそも貿易協定でもなんでもなく、米国企業群による市場支配の要求であって、この新たな「ポツダム宣言」を受け容れなければ、日本はあらゆる手を使って干されることになる。
ジリ貧のアメリカは日本を食い潰してなお衰退していくが、現状TPPは彼らにとって絶対必要な延命策・カンフル剤であるので、総力を上げての「交渉」となることは間違いない。
しかし「交渉」とはいってもそれは「手順を踏んだ」というアリバイ作りであって、実態はショットガンをつきつけるようなもの。日本はお手上げである。

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは
公開日: 2013/02/26

(2013年3月3日)

追加記事

スイスで3日に実施された国民投票で、企業幹部の報酬を厳しく制限する提案が承認された。反対派は、多国籍企業にとってスイスの魅力が低下する可能性があると懸念を表明している。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MJ3ZVW6JTSEG01.html

実に賢明な措置。
日本もやるべきだが、アメリカの子分なので出来ない。
(2013年3月4日)

追加記事

(2017年4月27日)

素っ気ない/素気(すげ)ない/鰾膠(にべ)もない/愛想がない/取り付く島もない/木で鼻をこくったような

イタリア人は正気なのか──。ユーロ危機の再燃を招きかねないイタリア総選挙の結果を見て、金融市場やユーロ圏各国はこう思ったに違いない。イタリアの有権者の半数以上が、2人の「コメディアン」のどちらかに投票したからだ。
1人は本物のコメディアンであり、市民団体「五つ星運動」率いるベッペ・グリッロ氏。そしてもう1人は、イタリアを崖っぷちに追い詰めたベルルスコーニ元首相だ。両者は反ユーロを掲げるポピュリストでもある。
だが、この「喜劇」はあっさりと「悲劇」に転じてしまう可能性もある。今回の選挙結果は、幾分昨年のギリシャにも重なるところがある。政治が膠着(こうちゃく)し、経済が縮小し、債務が膨らんでいる。欧州委員会は先週、2013年のイタリアの国内総生産(GDP)が、昨年に続いてマイナス成長になると予測した。公的債務残高は年末までに対GDP比128%に達する見込みだという。
ユーロ危機は、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が昨夏、単一通貨のユーロを守るためなら「何でもやる」と発言したことをきっかけに鎮静化の方向へと進んでいた。しかし、この重要な時にイタリアが制御不能な状態になれば、ECBの安全網も役には立たないだろう。
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTYE91Q03J20130227

悪いが調子こいたエロオヤジと狂犬のように吠えるアジテーターとゲーハの堅物左翼にしか見えんのだ。
ローマはなぜ滅びたか。多くの人が指摘するように内から滅びた。つまりローマ人自身によって滅んだんだと。ならばイタリア人がイタリアを滅ぼすのは歴史的必然ではないのか。

Dean Martin – Mambo Italiano(1955)

Alma Cogan – Mambo Italiano(1955)

  ※(略)

 

Olavi Virta – Mambo Italiano(1955)

Rosemary Clooney – Mambo Italiano(1955)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Johnny Dorelly – Calypso Italiano(1956)
2度目の引用。

Ted Heath And His Music – Calypso Italiano(1957)
2度目の引用。

  ※(略)

 

Dalida – Calypso Italiano(1958)
2度目の引用。

2013/02/09
 大阪市は8日、入館者数が低迷し閉館が決まっていた海洋博物館「なにわの海の時空館」(住之江区)について、閉館日を3月10日に決めたと発表した。
 同館は港湾とともに発展した大阪の歴史を学べる施設として、総工費約176億円をかけて平成12年7月に開館。市は年間60万人の入館者を見込んでいたが、近年は毎年10万人程度にとどまり、赤字経営が続いていた。橋下徹市長が運営の見直しを指示し、民間業者が施設を再利用することが決まっており、現在、事業者を募集している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130209-00000524-san-soci

2013/02/27
3月10日に閉館する大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」(住之江区)の施設を再利用する民間業者の公募が応募者ゼロのまま打ち切られたことが26日、市港湾局への取材で分かった。施設撤去費用が少なくとも8億5千万円かかると試算されたことなどから、市は施設の再利用を模索していた。今後の方針について「現時点では白紙」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130227-00000000-san-l27

大阪市議会与党の腐敗ぶりを象徴していた施設の一つが、いよいよ行き倒れ状態に。
立地といい、構造といい、他に転用できないしょーもない建物で、血税176億円を「海」に捨てるようなもの。
あとは所有者のいないどこぞの大観音像のように、撤去も出来ず朽ち果てるに任せるか。

なにわの海の時空館

「彼の気持ちがわからない! シングルなのに、どうして彼女を作らないの?」「彼の態度がそっけない……私ってそんなに女として魅力がないの?」など、これらは最近の女性たちに増えている悩みです。
(中略)
彼の態度がそっけないのは、あなたに原因があるとは限らず、男性が持っている”3つの重要な人生観”が満たされないために、恋愛モードにならず、恋愛に気持ちが向かない、というのです。いったいどういうことなのでしょうか?
“3つの重要な人生観”とは、次の3つを指します。
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/menjoy/2013/01/3-132.html

3つの重要な人生観については記事のリンク先を覧ていただくとして、
素っ気ないといえば、情熱的に愛を謳いあげているのに題名が素っ気ない歌 というのがけっこうあります。「ティル」などというのもそうでしょうねえ。
すべての海が枯れるまで私はあなたを愛します、みたいに永遠という言葉の代わりにいろんな比喩を使って、永遠の愛を誓ってる歌です。
なのにタイトルは「ティル」、前置詞の till(until, ‘til, till; ~[時間]までの意)ですよ。
外来語として常用しない英単語は日本人にとっては意味のない記号と同じで何のイメージも湧きません。
しかも短すぎる。
邦題の表記は
 ティル(愛の誓い)
 愛の誓い(ティル)
 愛の誓い(Till)
などまちまち。
英語詞タイトルがあまりに短く 素っ気ないんで 内容に即して「愛の誓い」としたのまではよかったが、世界的に通りのいい原タイトルも捨てきれず、どっちつかずの状態。けっきょく両論併記みたいなことになちゃったという(笑)
でも名曲です。

Lucien Lupi – Le Monde Et Notre Amour(1956)
タイトルは「世界と私たちの愛」の意。

Percy Faith – Till(1957)

Roger Williams(piano)- Till(1957)

Mantovani & His Orchestra – Till ティル(愛の誓い)

Bert Kaempfert – Till 愛の誓い(Till)
オリジナル録音(1958)はモノラル。この録音はステレオ盤。

The Angels – Til(1961)愛の誓い(ティル)
produced by Hutch Davie

Linda Jansen was lead singer on this early hit by the group, best-remembered for their 1963 chart-topper “My Boyfriend’s Back.” This was the third and most popular of five different versions of “Till” (or “Til”) to appear on the Billboard pop charts between 1957 and 1971.

Shirley Bassey – Till(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jane Morgan – Till(1963)

Trío Los Panchos – Till(1964)

  ※動画なし。

 

The Lennon Sisters – Till ティル(愛の誓い)

Bobby Vinton – Till(1968)

  ※(略)

 

Earl Grant – Till(1968)

  ※(略)

 

The Vogues – Till(1969)

Dorothy Squires – Till(1969)

Tom Jones – Till(live, 1973)

◇    ◇    ◇

Billy Barnes – Until(1962)

英語では “Till” と同じ意味で “Until” という言い方もします。
イタリア産の曲ですが、そういう英題が付いてるヒット曲もありました。

Charles Magnante And His Orchestra – Anema e core(1957)
中村八大の映画音楽がちょうどこんな雰囲気でしたっけ。

Eddie Fisher – Anema E Core(With All My Heart And Soul)(1954)
with Hugo Winterhalter’s Orchestra

Label-credited to the musical revue “John Murray Anderson’s ALMANAC,” this love ballad is one of eight Fisher appearances in this 1954 collection and could be found by flipping over Eddie’s hit “A Girl, A Girl”.

Freddy Martin and his Orchestra – Until

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Frankie Carle – Until

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Dean Martin – Until You Love Someone

Dinah Shore – Until(1952)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Johnny Desmond – Until(Anema E Core)(1951)

Tito Schipa – Anema e core(1950 original Neapolitan version)