お名前異聞」カテゴリーアーカイブ

明けても お名前異聞

2013/03/21
「振り込め詐欺」と総称されてきた特殊詐欺について、警視庁は21日から新名称の公募を始めた。優秀作品は今後のキャンペーンなどで使用される。
 振り込め詐欺の呼称の由来は、現金自動預払機(ATM)から現金を振り込ませる手口。平成16年に警察庁が「オレオレ詐欺」から改名した。しかし、昨年の振り込め詐欺では、現金を直接手渡しさせる手口が7割を占めるなど実態にそぐわなくなっていた。
 新名称の要件は、振り込む以外の手口があることを示す▽被害者の不安を悪用する側面を示す▽高齢者も理解できる▽公序良俗に反しない―の4点。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130321/crm13032112580007-n1.htm

 警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターがこの募集を発表すると、直後からツイートでの応募が寄せられ始めた。
 「ビックリ詐欺 驚かして正しい判断ができないようにするから」「シナリオ詐欺 犯罪者集団は緻密なシナリオを練って犯行に及ぶから」「シンプルに『お金ちょうだい詐欺』で。悪い事を短く表現する必要はないし、『お金』という言葉を入れる事が、生々しくて良いと思う」といった真面目なものから、「サギノミクス 色んな悪知恵をMIXさせているところから」「お金くだ詐欺」「他人の親の脛囓り隊」などひねったもの、「込め込め倶楽部」「うっかり詐欺兵衛」「今すぐにお金が必要なんだ…いつ振り込むの?今でしょ!詐欺」「コント『バカ息子』」「ふりーこみゅこみゅ」など、「どう見てもネタ」という名称が大量に応募され、ハッシュタグは大盛り上がりだ。
http://www.j-cast.com/2013/03/22170743.html

電話を使って家族を詐称し判断力の低下している人(特に老人)を騙して不当にカネを受け取ろうとする詐欺を一言で表現するのはムリがあるなぁ。
けっきょく非公式な通称にしかならんわけで、それだったら騙されちゃいけないという啓発・啓蒙のキャンペーンに予算を投じたほうが有意義かもしれない。

2013/03/15
 まず日本政府だが、こちらは1942年の外交関係樹立以来、一貫して「法王」を採用している。たとえば2013年2月12日、安倍晋三首相は退位を発表したベネディクト16世にメッセージを送っているが、ここでは「ローマ法王ベネディクト16世台下」との表記だ。東京・千代田区にあるバチカンの大使館にも、「ローマ法王庁大使館」との表札がかかる。
 主要マスコミも、大半が法王派だ。新聞各紙を始め、NHK・在京キー局などはいずれも法王と呼んでいる。固有名詞を引用する際などには「教皇」と書く例もあるようだが、基本的には法王一色と言っていい。
 しかし、日本のカトリック教会を統括する宗教法人カトリック中央協議会は、強硬に「教皇」が正しいと主張する。協議会のウェブサイトには、わざわざそのことを説明するためのページが設けられている。
 これによれば協議会では1981年、ヨハネ・パウロ2世の来日にあわせ、これまで混乱していた表記を「教皇」に統一することに正式に決めた。
「『教える』という字のほうが、教皇の職務をよく表わすから」
というのがその理由だ。
 そこで、外務省にも呼び方を変えてもらうよう申し入れたのだが、「日本政府に登録した国名は、実際に政変が起きて国名が変わるなどしない限り、変更できない」という理由で断られてしまった。マスコミ各社にもたびたび教皇使用を依頼したが、こちらも実現しなかったという。
http://www.j-cast.com/2013/03/14169667.html

下部組織は相手にせずということ。要するに傲慢なんだよ。

2013/03/09
 歌手で俳優のピーターこと池畑慎之介(60)が「池畑慎之介☆」へ改名することが8日、分かった。改名の理由について「還暦の節目を過ぎて新しいスタートをしようと思って」と説明。改名後の初舞台は、東京・日生劇場「4月日生劇場ドラマティックステージ」(12~23日)で「越路吹雪トリビュート」と「ピーターズレヴュー」の2部構成になる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00000505-sanspo-ent

歌手のときは池畑慎之介ではなくピーターだったのではないか?
なぜピーター☆ではないのか?

Jim Croce – I Got a Name(1973)アイ・ガッタ・ネイム
from the movie “The Last American Hero”

正義カルトの常套句「正義を護るためなら法を破ってもよい」

老朽化したサーバは暴走状態で、もはや制御不能。
廃炉ならぬ廃サーバせざるべからざる状況である。
事ここにいたっては無条件降伏しかあるまい。

2013/03/18
 竹の子族を覚えているだろうか? 東京・代々木公園の歩行者天国にハーレムスーツと呼ばれる色とりどりのサテン地衣装に身を包み、ディスコ・ナンバーを大音響のラジカセで鳴らしながら輪になって踊っていた奇抜な集団。あの竹の子族が誕生してきょう18日でちょうど35周年を迎える。
 ブームの仕掛け人と言われた「ブティック竹の子」が原宿・竹下通りに開店したのが1978年3月18日。オーナーの大竹竹則さんによると、この独創的な衣装は「観音菩薩の天衣にインスパイアされて作った」という。最盛期には年間10万着を販売。故・沖田浩之さんや清水宏次朗といった芸能人も輩出し、社会現象にまでなったブームは、80年代前半に終息した。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130318/enn1303181537008-n1.htm

振り付けがチームごとに決まってて「アドリブ」はゼロじゃった。
あまり創造的な部分はなかったのぉ。
わしゃ戦後すぐの「踊る宗教」に似とると思うた。
確か音楽に合わせて ♬バリバリよー、全開よぉー♪ とかなんとか歌っておったかの。
おゝそうじゃ、その隣でローラー族とかいうリーゼントのあんちゃんたちがツイストを踊っておったわい。
これが昔の踊りとチト違うていてのぉ・・・やたらと爪立ちするような・・・コラ、聞いておるのか!?

 原点は19世紀に動物愛護への熱が高まった英国にある。その後、動物も人間と同様に生きる権利を持ち、勝手に侵害してはならないとする哲学や、悪弊を断ち切るために法を破ってもよいとする思想と結びついて発展した。穏健派はスペインの闘牛や原発反対などを訴えてデモ活動を行うが、過激派は、電気や家畜による大量食料生産を生み出した文明世界を全否定し、人間社会に刃を向ける。
 ワトソン容疑者は、虚偽と誇張を織り交ぜた狡猾(こうかつ)な宣伝戦略で勢力を広げ、一方でエコテロリストたちを養成してきた。暴力行使を、こう正当化したことがある。
 「漁師たちを死ぬほどおびえさせなくてはいけない。なぜなら正義は法律の上に立つのだから」

米英では反エコテロ法制定
 ALFやELFなどの過激セクトが跋扈(ばっこ)し、先に猛威が吹き荒れた米国と英国は政府が反エコテロ法を整備し、取り締まりを強化。次々に中心人物を捕まえ、嵐は収まった。しかし、エコテロ現象は次の段階に入り、活動家らはまだ法整備されていない周辺国での行動を激化させた。
 欧州では、動物実験を行う製薬会社の従業員らが狙われ、事件が多発した。事態を重く見た欧州刑事警察機構(ユーロポール)が対策に乗り出している。ロシアの現状は、次第に過激化していく活動家らの行動パターンを物語る。
 日本にも環境テロの足音がひたひたと忍び寄る。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130318/frn1303181130002-n1.htm

例えば革命(武力蜂起)は民主的な選挙制度が機能している状態では必要ない。
反韓デモをするにしても「ガス室へ送れ」などと叫ぶのは、却って反韓の論議を封殺するだけだ。
同じように環境保護や動物愛護を訴えるにしてもテロ行為を行なうようではその主張を貶め、逆効果となる。
「主張・目的」と「手段・行為」は 常に整合性を保つ必要がある。それが出来なければ、ただの悪質なカルト宗教である。

 18日、古巣の「めざましテレビ」に再起のコメントを寄せた大塚範一キャスター(64)。約1年3カ月ぶりに同番組で完全復帰をアピールしたのもつかの間、急性リンパ性白血病が再発。再び病魔に倒れてしまった。
(中略)
 来月1日スタートの昼の情報番組「アゲるテレビ」(フジ)で、本格復帰する予定だった。元日本テレビの西尾由佳理アナ(35)とのコンビが注目されたが、白紙にせざるを得ないだろう。
 この非常事態にキナ臭くなっているのがフジ社内。なんと、権力闘争がヒートアップしているという。
「前編成局長だった鈴木克明常務が、編成を束ねる大多亮常務の責任だと吠(ほ)えまくっているそうです。もともと鈴木氏は大多氏と折り合いが悪い。問題の新番組を俎上(そじょう)にあげ、“あのセンスがない番組名は何だ!”とイチャモンをつけていました。今回の一件で、批判もエスカレート。責任を取って役員を退けとばかりの勢いです」(フジ関係者)
http://gendai.net/articles/view/geino/141518

目糞鼻糞を笑う(嗤)
CXはもう日本に要らないんじゃないか?

 米カリフォルニア州北部のサンマテオ郡地裁は18日、妻に暴力を振るってけがをさせたなどとして、家庭内暴力と傷害などの罪に問われたサンフランシスコの日本総領事館の長屋嘉明副領事(33)に禁錮1年の実刑判決を言い渡した。
 判決によると長屋被告は2011年5月と12年1月、サンフランシスコ近郊の自宅などで日本人の妻の顔を殴ったり体を蹴ったりし、妻は歯が折れるなどのけがをした。
 長屋被告は繰り返し暴力を振るったとして17件の事件で訴追され、当初は全面的に無罪を主張。その後、2件の暴力行為については争わない司法取引が成立していた。
 長屋被告は総務省から赴任し、経済を担当している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130319/frn1303191058002-n1.htm

どこがよくてこんな男と結婚したかねぇ、、、女はワカラン。

Joe Jones – California Sun(1961/02)
この曲のオリジナル。一番良い出来。

Pop Chart Peaks: Music Vendor 67, Cash Box 81, Billboard 89
A top-5 hit in 1964 for The Rivieras, “California Sun” had made its initial limited splash in the spring of 1961 via this recording by the “You Talk Too Much” singer.

The Rivieras – California Sun(1963/12)

Pop Chart Peaks: Billboard 5, Cash Box 6, Music Vendor 6
Marty Fortson sings lead on the South Bend group’s only major national hit, a song first recorded in 1961 by Joe Jones

The Rivieras – Arizona Sun
Recorded 1964 for the Riviera label, but first published in 2000 by Norton Records.
歌詞が違うだけです(笑)

<参考>
Ike And Tina Turner – I Can’t Believe What You Say(For Seeing What You Do)(1964/10)
The Rivieras の “California Sun” は1963/12のリリース。つまりアイクがパクったってこと。

The Rivieras – California Sun ’65
テンポが違うだけです(笑)