呑む 打つ(会社を)買う? ホップ ステップ ジャンプ みたいな?

2017/05/07
人生100年時代。退職後少なくとも10年は働かなければよい老後は送れないと言われるが。その選択肢はあまりに少ない。ここで、大胆な提案をしてみたい。思い切って会社を買って、社長になってみませんか?

60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい 500万円で優良企業の社長になる方法【前編】(三戸政和) 現代ビジネス 講談社
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51636

2017/05/08
前回は「退職を前に会社を買う」ことが、いかに実利的な選択肢であり、また一方で会社を売りたいと思っている社長がどれだけ多いか、について解説しました。
では一体、どうやって会社を買えばよいのか。実は会社を買うのは、いたって簡単なのです。今回はその手順を教えましょう。

世の中には500万円で買える会社がこんなにあった! 500万円で優良企業の社長になる方法【後編】(三戸政和) 現代ビジネス 講談社
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51638

何だか凄い時代ですね。
「会社の経営」、やりたいですか?
私みたいに事業の中身にしか興味が湧かないやつにはムリだわ。

43人が犠牲となった長崎県の雲仙・普賢岳の大火砕流から3日で26年となり、地元の島原市では、朝から多くの市民が慰霊碑に花を手向けて犠牲者を追悼しています。
平成3年6月3日に起きた雲仙・普賢岳の大火砕流では、地元の消防団員や住民、それに報道関係者など43人が犠牲になりました。
大火砕流から3日で26年となり、噴火災害で自宅を失った人たちが移り住んだ島原市の仁田団地にある公園には、犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑の前に献花台が設けられ、朝早くから市民や市の関係者などが献花に訪れています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170603/k10011005341000.html

1991(平成3)年。
仕事が忙しくて、世間の出来事についちゃまったく憶えていない。当時のことを語れと言われても、何も出てこないのだ。
いま振り返ってもじつにつまらない、おれとしちゃ気に食わない時代だった。
そうそう、たぶん人生で一番痩せてたかもね。

 

ファッションショーの本場 フランスにこそふさわしい法律だ。
あっちのは服というよりアートだよね。
一般人には売る気がないという……(笑)

坂本九 – モデル・ガール(1961)
ダニー飯田とパラダイス・キング

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Johnny Mastro the voice of The Crests – Model Girl(1961/01)

Pop Chart Peaks: Billboard 20, Cash Box 36, Music Vendor 39
For a brief period prior to adopting the professional name Johnny Maestro, John Mastrangelo (lead singer of The Crests & The Brooklyn Bridge) was billed as ‘Johnny Mastro’…as he was on this, his most successful solo release.

以下、「Skinny Minnie」を含む投稿。

Googleは2017年5月30日、アメリカ国内で最も間違えられている単語を州ごとにまとめたマップ「America’s Most Misspelled Words」(アメリカで最もスペルミスされている単語)を公開しました。この統計は、2017年1月1日から4月30日までの期間に検索ワード「how to spell~」(~のつづり方)を入れて検索された単語の数を調べたもので、州ごとにその結果にバラつきが出るという興味深いものとなっています。

<「アメリカ人でもスペルを悩んでしまう英単語」をGoogleの元データから分析すると衝撃の結果が明らかに – GIGAZINE より一部引用>
http://gigazine.net/news/20170602-most-misspelled-word/

 

Linda Scott – I’ve Told Every Little Star(1961/01)星に語れば
3度目の引用。

Updating this venerable old Jerome Kern-Oscar Hammerstein II tune for the 1960s, 15 year-old Linda debuted on the record charts with a top-5 hit. Also in this 1961 collection are her two popular follow-ups “Don’t Bet Money, Honey” and “I Don’t Know Why(I Just Do).” If you’re curious, the Jack Denny Orchestra’s popular 1933 recording of “I’ve Told Every Little Star”.

Jack Denny and His Waldorf-Astoria Orchestra – I’ve Told Ev’ry Little Star(1932)
vocal: Paul Small
リンダ・スコット『星に語れば』(1961)のオリジナル。
2度目の引用。

recorded November 11, 1932
The Jerome Kern-Oscar Hammerstein II score for the musical “Music In The Air” produced this future standard (as well as “The Song Is You”. More recent generations are familiar with the bouncy Linda Scott hit of 1961

every を ev’ry を略表記する感覚。そこに口語としての発音のほかに「強調」の含みがあるのではないか。

書くのが苦手な人ほど正確な綴りを知らないであろうことは容易に想像される。
ワープロソフトがスペルミスを指摘し自動で直してくれるので、ますます英語読みのスペル知らずが増えてるんじゃなかろうか。
元から字面が “and” が “&”、”number” が “#”, “…ing” が “…in'” でも一向 気にしない大らかさだし、

‘d
‘cept
doncha
ev’ry
f’r
gonna
Intl.
lotta
o’
oughta
S’posin’
S’Wonderful
‘tain’t
‘twas
‘twixt
wanna
wontcha
won’t

みたいな非標準的綴り、簡略的表記・省略形・短縮形も好んで使うさばけたお国柄である。
Robt. は何かと思ったら名前の Robert(笑)
スペルが多少違っても通じりゃいいって感じじゃない?

The Beach Boys – Getcha Back
from the album “The Beach Boys”(ビーチ・ボーイズ’85)(1985)
getcha, getchya, gitcha=get you

The Stylistics Featuring Russell Thompkins Jr. – Betcha By Golly, Wow(1972/02)
betcha=bet you(賭けます、賭けてもいいが……だ)

Bobby Bare – Watcha Gonna Do Now
2度目の引用。

Probably recorded in late fifties by Fraternity Records, but first published 2001 by UK Ace Records.

Lloyd Price – Wont’cha Come Home(1959/10)
arranged and conducted by Sid Feller
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Music Vendor 15, Billboard 43, Cash Box 53
Flip side of Lloyd’s top-20 hit “Come Into My Heart”

Buddy Killen – Watcha Gonna Do Tomorrow?(1959)
エディー・コクラン風な曲調。
2度目の引用。

Elvis Presley with The Jordanaires – Doncha Think It’s Time(1958/04/01)チャンス到来
シングル “Wear My Ring Around Your Neck”(思ひ出の指環)のB面。
doncha = don’t you
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Billboard 15 (radio play) 21 (Top 100), Music Vendor 63
Flip of his top-5 hit “Wear My Ring Around Your Neck.”

Mickey & Sylvia – There Oughta Be A Law(1957/03)
oughta=ought to(するべきだ)
レーベル面のアーチスト表記が Mickey and Sylvia、Mickey & Sylvia とプレスによって違う。
途中、セリフの掛け合いがある。
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Music Vendor 13, Cash Box 41, Billboard 47 – R&B 15
Mickey Baker and Sylvia Vanderpool (Robinson) with their follow-up single to “Love Is Strange.”

Clyde McPhatter and The Drifters – What’Cha Gonna Do(1955/02)

Bing Crosby & Connie Boswell – Bob White(Watcha Gonna Swing Tonight?)(1937)
with John Scott Trotter And His Orchestra
2度目の引用。

Frank Auburn and his Orchestra – F’r Instance(1930)
タイトルは “for instance” のことで、「例えば」の意。
vocal: Bill Coty (as Robert Wood)

recorded in NYC June 25, 1930
and for the fllip side “Lonely,”

Jack Smith The Whispering Baritone – “Gimme” a Little Kiss (Will “Ya”? Huh?)(1926 78rpm version)
歌を語りだす部分あり。2度目の引用。

This was the 78-release version of one of Smith’s most popular hits. For their later LP issues of the title, RCA Victor substituted a different take from the same session.

Wendell Hall – It Ain’t Gonna Rain No Mo’(1923)
2度目の引用。

recorded in NYC October 12, 1923
This was one of Victor’s top-selling 78 discs of the mid-1920s, sung and ‘uked’ by vaudevillian and pioneer radio performer Hall….nicknamed “The Red-Headed Music Maker.”

Nora Bayes – How’Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm?(After They’ve Seen Paree)(1919)
orchestra conducted by Charles Prince
2度目の引用。

recorded in NYC December 20, 1918
Postwar song hit purportedly introduced to vaudeville by Sophie Tucker.

「’d」は should の短縮形、did の短縮形のほか、以下のように受動態としての過去分詞形の省略形の使用法があるよね。これは主に商品パッケージなど面積の狭いところでの表示に使われてる。

reg. = registrar(登録、登記). 用例:Reg. U.S. Pat Off
reg’d = registered(~で登録されている).

pat. = patent(特許、特許権、特許品、特許証)
pat’d = patented.(~で特許を得ている). 用例:Pat’d in U.S.A.

mfg. = manufacturing(製造、製作)
mfg’d = manufactured(~が製造した). 用例:Mfg’d by The … Co, Inc.
orig. = original(オリジナル). 用例:orig. cast

c/w = combined with, coupled with(…と組み合わせて)
b/w = backed with(…を裏につけて)

Corp. = Corporal, Corporation(株式会社、法人、社)
Prod. = Produced, Producer(制作、制作者)
Dist. = Distribution(配給、配布)
Acc. = Accompaniment(伴奏)
Feat. = Featuring(~を主とした)
Incl. = Including(~を含む)
c. = candle, carat, catcher, cent(s), center, centigrade, celsius, century, chapter, circa, city, cloudy, commander, cost, cubic, current, cape, catholic, celtic, curie, capacitance
“c. 1959” とあったら century か。

楽器の略号ででよく使うのは、
p. = ピアノ
b. = ベース
ds. = ドラムス
g. = ギター
vln. = バイオリン
vo. = ボーカル
tp. = トランペット
tb. = トロンボーン
fl. = フルート
as. = アルトサックス
ts. = テナーサックス
あたり。

口語の発音に綴りを寄せる例は多い。例えば、
kinda
kind o’
kinder
は、すべて kind of を意味する。流行歌のタイトルや詞に昔から使われている。

Ted Wallace and His Campus Boys – My Kinda Love(1929)
vocal: Smith Ballew

recorded in NYC March 27, 1929
Crosby fans may be aware that among the various early-1929 recordings of this tune, two of them were done by young Bing…one with the Dorsey Brothers Orchestra and the other backed by a three-piece combo.
‘Ted Wallace’ was one of the pseudonyms used on record by bandleader-vocalist-organizer Wallace T. “Ed” Kirkeby, remembered as manager of the California Ramblers and Fats Waller.

特に米語では古くから視覚方言(eye dialect)というものがあり、無教養から あるいは意図して、間違ったスペルにしたり、簡略化したりする例がある。

英語では、人称代名詞のバリエーションが少なく、また方言の使用が地方色よりも「無教養」というイメージに結びつきやすいなど、日本語に比べて役割語の使用は限られている。
英米文学で訛りや俗語らしさを表現する手法として、読むのに支障が出ない程度に綴りを意図的に崩す「視覚方言」(Eye dialect)がある。

<役割語 – Wikipedia>

視覚方言の事例。

boyz = boys
chillun = children
cuz = cousin
dange’ous = dangerous
enuff = enough
peepul = people
sez = says
threw = through
wuz = was
wimmin = women

Ella Fitzgerald – Can’t Help Lovin’ Dat Man
from the album “Ella Fitzgerald Sings The Jerome Kern Song Book”(1963)
ダメ男への情愛を歌うミュージカル『ショウ・ボート』(1927)のナンバー。dat は that の黒人訛り。

Marion Marlowe – Can’t Help Lovin’ dat Man(1959)

Lena Horne – Can’t Help Lovin’ Dat Man(1947/02)
2度目の引用。

Ella Fitzgerald and Her Fanous Orchestra – Can’t Help Lovin’ Dat Man(1941)

Teddy Wilson And His Orchestra – Can’t Help Lovin’ Dat Man(1941)
2度目の引用。

Bass: Walter Page
Clarinet: Prince Robinson
Drums: Swing Roo
Guitar: Allan Reuss
Piano, Leader: Teddy Wilson
Tenor Saxophone: Vido Musso
Trumpet: Buck Clayton
Vocals: Billie Holiday

Helen Morgan – Can’t Help Lovin’ Dat Man(1928 Victor version)
orchestra conducted by Victor Baravalli
2度目の引用。

recorded in NYC February 14, 1928
“Fish gotta swim, birds gotta fly.” This and the also-posted flip side “Bill” were songs performed by Morgan in the original 1927 Broadway production of “Show Boat,” with music by Jerome Kern and Oscar Hammerstein II. She reprised them in the 1932 Broadway revival, at which time she also recorded new versions for the Brunswick label (reissued over the years on Columbia), conducted by Victor Young.

Don Voorhees and his Orchestra – Can’t Help Lovin’ Dat Man(1928)
vocal: Vaughn De Leath
2度目の引用。

recorded in NYC January 7, 1928
This and the tomorrow-posted flip side “Ol’ Man River” are (of course) from the Jerome Kern-Oscar Hammerstein II song score for “Show Boat,” which premiered on Broadway December 27, 1927 (eleven days prior to the making of this recording). For comparison, here’s the version by Helen Morgan, who originally performed it on-stage

Nat Shilkret and The Victor Orchestra – Can’t Help Lovin’ Dat Man(1927)
vocal: Franklyn Baur
2度目の引用。

recorded in NYC December 15, 1927
Famously introduced on-stage by Helen Morgan in the original 1927 Broadway production of “Show Boat,” with music by Jerome Kern and Oscar Hammerstein II. For the popular Morgan recording, And for the Shilkret flip “Why Do I Love You,”

以下、「短縮形」「省略形」を含む投稿。

2017/05/30
1930年代から2010年代までの100本の映画の中で登場人物たち言っている数字1~100を集めて作成されたのがこちらの100秒のカウントダウン映像です。約100秒の映像なのですが、不意に登場する往年の名作映画や最新の映画の非常に濃い組み合わせに圧倒されてしまいます。

100本の映画リストはこちらです。

100. イングロリアス・バスターズ:Inglourious Basterds (2009)
99. パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト:Pirates of the Caribbean – Dead Man’s Chest (2006)
98. ロッキー・ホラー・ショー:The Rocky Horror Picture Show (1975)
97. 黄昏:On Golden Pond (1981)
96. スミス都へ行く:Mr. Smith Goes to Washington (1939)
95. コンタクト:Contact (1997)
94. プライベート・ライアン:Saving Private Ryan (1994)
93. 博士の異常な愛情:Dr. Strangelove, Or How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)
92. 待ちきれなくて…:Can’t Hardly Wait (1998)
91. 戦艦バウンティ:Mutiny on the Bounty (1962)

90. バック・トゥ・ザ・フューチャー:Back to the Future (1985)
89. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Guardians of the Galaxy (2014)
88. キル・ビル:Kill Bill – Vol. I (2003)
87. マーシャル・ロー:The Siege (1998)
86. スナッチ:Snatch (2000)
85. フォーリング・ダウン:Falling Down (1993)
84. グランド・ブダペスト・ホテル:The Grand Budapest Hotel (2014)
83. ザ・ロック:The Rock (1996)
82. オー・ブラザー!:O Brother Where Art Thou? (2000)
81. 大列車強盗:The Great Train Robbery (1978)

80. インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008)
79. ピッチブラック:Pitch Black (2000)
78. 大災難P.T.A.:Planes, Trains & Automobiles (1987)
77. ニューヨーク・ストーリー:New York Stories (1989)
76. 御冗談でショ:Horse Feathers (1932)
75. ロジャー・ラビット:Who Framed Roger Rabbit? (1988)
74. デモリションマン:Demolition Man (1993)
73. 断崖:Suspicion (1941)
72. スター・トレック イントゥ・ダークネス:Star Trek Into Darkness (2013)
71. 永遠に美しく…:Death Becomes Her (1992)

70. バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2:Back to the Future II (1989)
69. ビルとテッドの大冒険:Bill and Ted’s Excellent Adventure (1989)
68. ダークナイト:The Dark Knight (2008)
67. トロピック・サンダー/史上最低の作戦:Tropic Thunder (2008)
66. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐:Star Wars Episode III – Revenge of the Sith (2005)
65. 凸凹二等兵の巻:Buck Privates (1941)
64. 大逆転:Trading Places (1983)
63. さらば冬のかもめ:The Last Detail (1973)
62. ブルースが聞こえる:Biloxi Blues (1988)
61. テルマ&ルイーズ:Thelma and Louise (1991)

60. 市民ケーン:Citizen Kane (1941)
59. デイズ・オブ・サンダー:Days of Thunder (1990)
58. プロデューサーズ:The Producers (1968)
57. エイリアン2:Aliens (1986)
56. 1408号室:1408 (2007)
55. ムーンライズ・キングダム:Moonrise Kingdom (2012)
54. ヤング・フランケンシュタイン:Young Frankenstein (1974)
53. ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!:Hot Fuzz (2007)
52. パラダイス・アーミー:Stripes (1981)
51. サマースクール:Summer School (1987)

50. ニューヨーク1997:Escape from New York (1981)
49. ダイ・ハード3:Die Hard with a Vengeance (1995)
48. 48時間:48 Hours (1982)
47. チーチ&チョン/イエローパイレーツ:Yellowbeard (1983)
46. ドラキュラ都へ行く:Love at First Bite (1979)
45. 荒野の用心棒:A Fistful of Dollars (1964)
44. 未来は今:The Hudsucker Proxy (1994)
43. ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔:The Lord of the Rings – The Two Towers (2002)
42. メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦:The Twelve Chairs (1970)
41. アメリカン・プレジデント:The American President (1995)

40. 何かが道をやってくる:Something Wicked This Way Comes (1983)
39. ア・フュー・グッドメン:A Few Good Men (1992)
38. ミスター・マム:Mr. Mom (1983)
37. モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル:Monty Python and the Holy Grail (1975)
36. 椿姫:Camille (1936)
35. スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還:Star Wars Episode VI – Return of the Jedi (1983)
34. ライフ・アクアティック:The Life Aquatic with Steve Zissou (2004)
33. マン・オブ・スティール:Man of Steel (2013)
32. インターステラー:Interstellar (2014)
31. 未知との遭遇:Close Encounters of the Third Kind (1977)

30. ハムナプトラ/失われた砂漠の都:The Mummy (1999)
29. エイトメン・アウト:Eight Men Out (1988)
28. ドニー・ダーコ:Donnie Darko (2001)
27. 未来世紀ブラジル:Brazil (1985)
オースティン・パワーズ:デラックス:26. Austin Powers – The Spy who Shagged Me (1999)
25. ジョーズ:Jaws (1975)
24. ラスベガスをやっつけろ:Fear and Loathing in Las Vegas (1998)
23. だめんず・コップ :Super Troopers (2001)
22. ミラーズ・クロッシング:Miller’s Crossing (1990)
21. クイズ・ショウ:Quiz Show (1994)

20. レッド・オクトーバーを追え!:The Hunt for Red October (1990)
19. アパートの鍵貸します:The Apartment (1960)
18. タラデガ・ナイト オーバルの狼:Talladega Nights – The Ballad of Ricky Bobby (2006)
17. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望:Star Wars Episode IV – A New Hope (1977)
16. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー:Rogue One – A Star Wars Story (2016)
15. 十二人の怒れる男:12 Angry Men (1957)
14. トゥルー・グリット:True Grit (2010)
13. ラビリンス/魔王の迷宮:Labyrinth (1986)
12. スター・ウォーズ/フォースの覚醒:Star Wars Episode VII – The Force Awakens (2015)
11. 私を野球に連れてって:Take Me Out to the Ball Game (1949)

10. ライフ・オブ・ブライアン:Monty Python’s Life of Brian (1979)
9. フェリスはある朝突然に:Ferris Bueller’s Day Off (1986)
8. ビッグ・リボウスキ:The Big Lebowski (1998)
7. いとこのビニー:My Cousin Vinny (1992)
6. スタートレックII カーンの逆襲:Star Trek II – The Wrath of Khan (1982)
5. ウェインズ・ワールド:Wayne’s World (1992)
4. 3人のゴースト:Scrooged (1988)
3. サボテン・ブラザース:Three Amigos! (1986)
2. イエロー・サブマリン:Yellow Submarine (1968)
1. ディック・トレイシー:Dick Tracy (1990)

0. フィフス・エレメント:The Fifth Element (1997)

<映画100本の数字を言うシーンのみで製作した圧倒的スケールの100秒カウントダウン – DNA より一部引用>
http://dailynewsagency.com/2017/05/30/100movies-100numbers-100seconds-jaj/

100 Movies 100 Numbers 100 Seconds
ThorC1138
視聴回数 33,942 回
2017/05/27 に公開

I’ve always wanted to do one of these. Meant as a companion to two other specific videos I’ll link below, I deliberately avoided any specific duplicates to those 2 videos, and followed the same basic rules: 100 unique films, and no years (e.g., back in’43), only numbers used. I also wanted it quick and dirty, so only used the numbers.

Full list of films used below:

Intro: Boogie Nights/Return of the Jedi

100. Inglourious Basterds (2009)
99. Pirates of the Caribbean – Dead Man’s Chest (2006)
98. The Rocky Horror Picture Show (1975)
97. On Golden Pond (1981)
96. Mr. Smith Goes to Washington (1939)
95. Contact (1997)
94. Saving Private Ryan (1994)
93. Dr. Strangelove, Or How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)
92. Can’t Hardly Wait (1998)
91. Mutiny on the Bounty (1962)
90. Back to the Future (1985)
89. Guardians of the Galaxy (2014)
88. Kill Bill – Vol. I (2003)
87. The Siege (1998)
86. Snatch (2000)
85. Falling Down (1993)
84. The Grand Budapest Hotel (2014)
83. The Rock (1996)
82. O Brother Where Art Thou? (2000)
81. The Great Train Robbery (1978)
80. Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008)
79. Pitch Black (2000)
78. Planes, Trains & Automobiles (1987)
77. New York Stories (1989)
76. Horse Feathers (1932)
75. Who Framed Roger Rabbit? (1988)
74. Demolition Man (1993)
73. Suspicion (1941)
72. Star Trek Into Darkness (2013)
71. Death Becomes Her (1992)
70. Back to the Future II (1989)
69. Bill and Ted’s Excellent Adventure (1989)
68. The Dark Knight (2008)
67. Tropic Thunder (2008)
66. Star Wars Episode III – Revenge of the Sith (2005)
65. Buck Privates (1941)
64. Trading Places (1983)
63. The Last Detail (1973)
62. Biloxi Blues (1988)
61. Thelma and Louise (1991)
60. Citizen Kane (1941)
59. Days of Thunder (1990)
58. The Producers (1968)
57. Aliens (1986)
56. 1408 (2007)
55. Moonrise Kingdom (2012)
54. Young Frankenstein (1974)
53. Hot Fuzz (2007)
52. Stripes (1981)
51. Summer School (1987)
50. Escape from New York (1981)
49. Die Hard with a Vengeance (1995)
48. 48 Hours (1982)
47. Yellowbeard (1983)
46. Love at First Bite (1979)
45. A Fistful of Dollars (1964)
44. The Hudsucker Proxy (1994)
43. The Lord of the Rings – The Two Towers (2002)
42. The Twelve Chairs (1970)
41. The American President (1995)
40. Something Wicked This Way Comes (1983)
39. A Few Good Men (1992)
38. Mr. Mom (1983)
37. Monty Python and the Holy Grail (1975)
36. Camille (1936)
35. Star Wars Episode VI – Return of the Jedi (1983)
34. The Life Aquatic with Steve Zissou (2004)
33. Man of Steel (2013)
32. Interstellar (2014)
31. Close Encounters of the Third Kind (1977)
30. The Mummy (1999)
29. Eight Men Out (1988)
28. Donnie Darko (2001)
27. Brazil (1985)
26. Austin Powers – The Spy who Shagged Me (1999)
25. Jaws (1975)
24. Fear and Loathing in Las Vegas (1998)
23. Super Troopers (2001)
22. Miller’s Crossing (1990)
21. Quiz Show (1994)
20. The Hunt for Red October (1990)
19. The Apartment (1960)
18. Talladega Nights – The Ballad of Ricky Bobby (2006)
17. Star Wars Episode IV – A New Hope (1977)
16. Rogue One – A Star Wars Story (2016)
15. 12 Angry Men (1957)
14. True Grit (2010)
13. Labyrinth (1986)
12. Star Wars Episode VII – The Force Awakens (2015)
11. Take Me Out to the Ball Game (1949)
10. Monty Python’s Life of Brian (1979)
9. Ferris Bueller’s Day Off (1986)
8. The Big Lebowski (1998)
7. My Cousin Vinny (1992)
6. Star Trek II – The Wrath of Khan (1982)
5. Wayne’s World (1992)
4. Scrooged (1988)
3. Three Amigos! (1986)
2. Yellow Submarine (1968)
1. Dick Tracy (1990)

Bonus Round: 0. The Fifth Element (1997)

ゼロに近いほど、劇中のカウントダウンのシーンっぽい言い回しになってくる。

有名な作品『御冗談でショ』(1932)が一番古そうだ。
新しいのから探してって、そこまで行ったってことか?

以下、「Count Down」「カウントダウン」を含む投稿。

 午後2時半ごろ、武蔵野市の井の頭公園・三角広場を出た反天連が「天皇制いらない」「天皇制は差別の根源だ」などとシュプレヒコールを上げて姿を現すと、右派団体が「日本から出て行け」「反天連つぶせ」と隊列に怒声を浴びせた。
(中略)
 昨年11月にも反天連はJR吉祥寺駅周辺でデモを行ったが、このときは激高した右翼団体関係者らが反天連の街宣車のフロントガラスを壊すなどし、警視庁は関係者11人を器物損壊容疑で書類送検するなどしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170603/afr1706030016-n1.html

反天連が伴天連に見えた。かすみ目である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です