フロクシ ノーシ ナイヒリ パイリフィ ケーション

Mrs America Makes a Burger – 1954 | The Archivist Presents | #162

British Movietone
2018/08/28 に公開
If I see someone frying a hamburger, it immediately makes me want to eat a hamburger. Perhaps that’s what I’ll have for my dinner…
Mrs Wanda Jennings, “Mrs America 1954” was voted the most perfect housewife in the USA. When she came to inaugurate a cooking school in Hamburg, she proved that she could cook, too.
Mrs Jennings waving a spoon. Walking through an arc of ladles. Mrs America putting on an apron. Cooking hamburgers. CU of the frying pan and hamburgers. CU of Mrs Jennings eating.

1961(昭和36)年当時、子どもが好きなものは「巨人、大鵬、卵焼き」という話があった。
数年後、好きな食べ物を訊かれた子どもはたいていこう答えたはずだ。「ハンバーグとスパゲティとポテトチップス!」
高度成長期の家庭の食生活はそれほど激変した。
そのころは食品添加物も野放しで、たぶん相当ヤバいものを食わされてたはずだ。

上掲映像は1954(昭和29)年のミセス・アメリカ(そんなコンテストがあったのか)がハンバーグを作ってるところ。
当時は主婦業はハウス・キーピングと称され中流以上は専業主婦が普通で、良妻賢母が善しとされていた。
日本で主婦に「パートタイム」が広がるのは1960年代も終わりに近づいたころだった。

焼き肉の日(日本)
8月29日の「829」が「ヤキニク」と読めることから。事業協同組合全国焼肉協会が1993年に「ヤキニクの日」として制定。夏バテ気味の人に焼肉を食べてスタミナをつけてもらおうという日。

<8月29日 – Wikipedia>

CM
モランボン 焼肉のたれ「ジャン」(ジャンは生きている)、辛子明太子、キムチ(生き続ける味、朝鮮の味)、焼魚・魚刺身のタレ「ジャン」

<米倉斉加年 – Wikipedia>

コマーシャル
エバラ焼肉のたれ(エバラ食品工業)
※1970年から1986年までの約16年間の長きに渡り出演。「3日に一度は焼肉料理」のフレーズでエバラ食品工業(現在は東証1部上場)の知名度・業績拡大に大きく貢献した他、エバラの社員と共に日本各地の精肉店に営業に出向いたこともあった。

<橘家圓蔵(8代目)- Wikipedia>

韓国式の焼き肉が日本の家庭料理として普及した功労者はこの2人だね。

2018/08/28
 北海道根室市の花咲港がサンマの豊漁に沸いている。昨年の記録的な不漁から一転、千島列島沖で大群が見つかり、28日は水揚げを待つ船が沖合で順番待ちをするほどの活況となった。
 8年連続サンマ水揚げ日本一の同港には、28日未明から大量のサンマを積んだ棒受け網漁船が集結した。朝一番の午前7時の競りでは、1キロ・グラムの最高値が227円と、大型船の水揚げ初日となった24日から一気に3分の1に値を下げた。この日だけで1342トンが水揚げされ、5回に分けて競りにかけられる見込み。

<記録的不漁から一転、サンマ豊漁に沸く花咲港 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180828-OYT1T50041.html

 
今年は”豊漁の兆し” 無料で「振る舞いサンマ」も(18/08/28)
ANNnewsCH
2018/08/28 に公開

北海道でも宮城でも、今年は豊漁の兆しだ。 北海道根室市の鮮魚店では振る舞い酒ならぬ、振る舞いサンマ。規格外のものとはいえ、うれしい旬の味の詰め放題だ。特に去年は約50年ぶりの不漁となり、庶民の味とは言い難くなってしまったサンマだが・・・。今年は、豊漁の兆しあり。

  ※(追記:この動画は削除されました)

 

 

豊漁・大漁はメデタイが、漁師が驚く水揚げ量。
その理由には海水温や海流の変化があるのかも。

以下、「さんま」「秋刀魚の味」関連の投稿。

2018/08/28
 今年1月に閉館した千葉県銚子市の民間水族館「犬吠埼マリンパーク」で、イルカやペンギンなどの引き取り手が決まらない状態が続いている。同館の運営会社が餌やりなどは行っており、健康状態に問題はないというが、動物保護団体が事態の改善を訴えたのをきっかけに、市に対応を求めるメールや手紙が殺到。市側は「監督権限がなく、民間企業の問題に介入もできない」と困惑している。
 市などによると、同館は1954年、太平洋に臨む犬吠埼で市営水族館として開館し、63年に民間に売却された。現在の施設は74年に新築、93年に改修されたが、入館者の減少や老朽化のため閉館した。

<民間水族館が閉館、イルカなど引き取りないまま 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180828-OYT1T50049.html

吠埼マリンパーク最終日 その1
nagarami asahi
2018/01/30 に公開

犬吠崎マリンパーク イルカショー ver. 2013.8.18
MrTakearest
2013/08/18 に公開

展示用の魚だって、買えば高いはず。
タダでも持ってくとこがないのか?

ニューヨーク中心部のタイムズスクエアで28日、大量のハチが発生し、騒然となった。
マンハッタン中心部の観光客も多く訪れるタイムズスクエアに28日午後、突如、大量のハチが現れた。
(中略)
ハチはホットドッグなどを売る屋台の屋根に群がったため、警察官が掃除機を使って除去作業にあたった。
(中略)
ニューヨーク市警によるとケガ人はなく、除去されたハチは約2万5000匹で、湿度が高かったことなどから巣から逃げ出して来たのではないかとしているが、はっきりとした原因は分かっていない。

<ハチが大量発生 タイムズスクエア騒然|日テレNEWS24 より一部引用>
http://www.news24.jp/articles/2018/08/29/10402615.html

どひゃぁ~!

以下、「蜂」「ミツバチ」「蚊」「蝿」を含む投稿。

中国人の飲食店経営、●●●容疑者(59)ら2人は先月、台東区上野の路上で足が不自由な男性(80)に客引きをし、男性が断ると、腕をつかんで転ばせ軽いケガをさせた疑いがもたれている。
男性はコンビニに逃げ込んだが、章容疑者らは店内までつきまとい、再び男性の背中を押すなどの暴行を加えたという。
警視庁の調べに対し●容疑者らは「現場には行ったが転ばせたりはしていない」などと容疑を否認しているという。

<しつこい客引きで高齢男性ケガ 女2人逮捕|日テレNEWS24 より一部引用>
http://www.news24.jp/articles/2018/08/29/07402613.html

不良外国人にはお帰り願ったほうがいい。

カリフォルニア州にあるテレビの販売店に設置されたカメラの映像。客の男性が体を少し動かしたその瞬間。男性の足のあたりで、爆発が発生。激しく火花が飛び散る。
NBCテレビによると、爆発したのは男性がズボンのポケットに入れていた電子タバコ。驚いた男性は、その場を駆け出し、手当てをするためにトイレに駆け込んだが、右足に重いヤケドをしたという。

<電子タバコが突然爆発、足に重いヤケド 米|日テレNEWS24 より一部引用>
http://www.news24.jp/articles/2018/08/29/10402614.html

電子タバコは英語で E-cigarette って云うんだね。

スマホ、タブレット、果ては車まで。世界ではいろんなモノが爆発している。
そういや自爆テロの話を最近はあまり聞かなくなった。

 29日午前6時半ごろ、福岡市東区の志賀島に近い無人島「端島」で男性が手を振っているのを漁船が発見、連絡を受けた福岡海上保安部が約1時間後、会社員副島久昭さん(53)を救助した。27日夜に博多港と志賀島を結ぶ市営渡船から誤って転落、自力で泳ぎ着いて救助を待ち、2夜を過ごしていた。けがはない。
 市などから海保へ転落の通報はなかった。

<渡船から転落、自力で無人島に泳ぎ着き2夜…会社員救助、海保に転落の連絡なし 福岡 – 産経WEST より一部引用>
https://www.sankei.com/west/news/180829/wst1808290051-n1.html

ちょっと前にも類似の事件があった。

2018/08/20
地中海のクロアチアに面したアドリア海で、クルーズ船に乗っていた英国人女性乗客が船外に転落し、沿岸警備隊に救助される出来事があった。女性は海上で10時間近く立ち泳ぎしていたと話している。
救助されたのは46歳の英国人女性で、上陸後にクロアチアの報道機関HRTの取材に対し、クルーズ船「ノルウェージャン・スター」の船尾から転落したと説明。「10時間も海上にいたので、無事助けてもらえて本当に運が良かった」と話し、救助隊に促されて救急車に乗り込んだ。
ノルウェージャン・スターの運航会社は、19日午前、同船がイタリアのベネチアへ向かう途中で乗客1人が船外に転落したことを確認した。
同船から連絡を受けてクロアチア沿岸警備隊が捜索に乗り出し、乗客を無事発見。乗客はクロアチアに上陸して手当てを受けており、容体は安定しているという。

<CNN.co.jp 客船から転落の女性客を救助、「10時間立ち泳ぎ」 地中海 より一部引用>
https://www.cnn.co.jp/fringe/35124274.html

こちらもかなり過酷な状況。
「10時間立ち泳ぎ」できるかというと、おれはムリ。

「Yahoo!防災速報」は、豪雨予報や地震速報だけでなく、防犯情報や自治体からの緊急情報なども利用者に通知するスマホアプリです。
今回、大阪府と共同開発した「訓練モード」は、南海トラフ地震を想定した9月5日の「大阪880万人訓練」に向けて作られたもので、揺れや津波に対してとるべき基本的な行動が学べます。
地震発生時にどのような行動が最適かを教えてくれるほか、GPSの位置情報に基づいて近くの避難所を教えてくれる機能もあります。
このアプリは無料でダウンロードが可能で、訓練モードは9月10日まで使用できます。

<南海トラフ地震想定「大阪880万人訓練」のアプリを大阪府とヤフーが共同開発(関西テレビ) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-19533504-kantelev-l27

東京都が都民に配った『東京防災』ほどの情報量は望めないが、リアルタイムの情報発信には適している。
ただしスマホ、タブレット限定だけどね。

以下、「南海地震」「南海トラフ」を含む投稿。

トランプ米大統領は28日、米グーグルのニュースの検索結果が自身に不利になるよう「不正に操作」されていると主張し、同社を批判した。これを受けホワイトハウス高官は、政府がグーグルの規制を検討する可能性を示唆した。
(中略)
 トランプ氏は先週も、米国の大手ソーシャルメディア各社が保守派の声を「検閲」しているとする主張を、根拠を提示しないまま繰り返していた。
 グーグル側はトランプ氏の訴えを強く否定。

<トランプ氏が「不正操作」とGoogleを批判 政府が規制を検討か – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/15225492/

トランプと金正恩、甲乙つけがたいゲスぶり。
プロの殺人集団を外国にまで送り込んで裏切り者を消すプーチン、スターリンを手本に恐怖政治で人民を締め上げる習近平。どいつもこいつも「クソ」である。

2018/08/28
出版物輸送で経営が成り立っていない企業がほとんどで、約半分が2~3年以内に撤退を考えている――。東京都トラック協会の出版・印刷・製本・取次専門部会(滝澤賢司部会長)が行ったアンケートで、出版物輸送の”危機”があらためて浮き彫りになった。
雑誌の売上低迷により業量が大幅に減少する一方、コンビニエンスストア(CVS)の店舗増加や納品先の拡大により、「売上が減り、コストは増えている」状況。従来の重量運賃では採算ベースにもはや追い付かなくなっている。運賃値上げも、業量の減少と人手不足に伴うコスト増をカバーするに至らず、収支改善効果は限定的であることも分かった。

<出版物輸送、2~3年以内に撤退も – 物流の専門紙 カーゴニュース より一部引用>
http://cargo-news.co.jp/cargo-news-main/1127

ネット通販の輸送・配達へシフトするとかって考えはないのかな?

 JR駅構内の店舗「キヨスク」などへの雑誌の卸売りについて、これまで一手に担ってきた公益財団法人「鉄道弘済会」が10月にも同事業から撤退する。販売がピーク時の10分の1となり採算が悪化したのが主因だ。出版取次大手のトーハンが業務を引き継ぐことが決まり、東北から東海地方にかけての約1000店舗から雑誌が消える事態はひとまず回避された。ただ今後も販売低迷が続けばキヨスクから雑誌が消える可能性も残り、部…

<キヨスク雑誌消滅の危機 売上高9割減で卸が撤退:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34710470Y8A820C1000000/

サラリーマンが出費を抑えていること、
昔は新聞、雑誌、テレビ、ラジオが情報源だったが、今はネット、テレビであること、
雑誌を買うとしたらコンビニで買うこと、
などが売上減少の主な原因と思われる。

2018/08/28
 「福田康夫元首相が08年8月、北京五輪の選手団を『せいぜい頑張ってください』と激励し、その言い方が論議になりました。『せいぜい』は今は『たかだか』とか『できるだけ』といった否定的なニュアンスですが、福田さんの世代では『十分に』の意味で使われていました。意味の変化を知らないと誤解も生じかねません」
 「『総選挙』は本来、衆議院選挙を指しますが、09年にAKB48が使ってから人気投票の意味で広まりました。今や『ご当地キャラ総選挙』のように街中にあふれています。総選挙と聞くと、人気投票を第一に思い浮かべる人が増えているかもしれません」
(中略)
 「用例を常にチェックしています。新しい言葉や従来と違う使われ方はないか、テレビ、新聞、雑誌、SNSなどインターネット、街の看板、人々の会話などあらゆる材料から採集するのです」
(中略)
 「よく上を向いて街を歩きます。空を眺めるのではなく、看板が気になるからです。常にカメラを持ち歩き、電車の中の広告なんかも撮影します。看板に『立駐』『合説』とあれば、立体駐車場や合同説明会の略語がここまで定着したかと感心し、うどん屋に入れば注文も忘れ『メガ盛り』の表現を見つけて喜んでしまいます」

<日本語の正誤こだわる社会「辞書も加担」 飯間浩明さん:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL8P6295L8PUPQJ00B.html

純化、特に言語の純粋主義(誤用・俗用・外来語などを排除する態度)をピュアリズム(purism)と云うそうだ。
言葉だけなら「通じない」「伝わらない」「分からない」で住むが、これが宗教や部族主義・民族主義になるとかなり危険。
どの集団にもたいていそういう人たちがいて、世間やその常識と折り合いをつけようとする者と対立し先鋭化しカルト化する。
また、民族浄化の虐待・虐殺が正当化される例も少なからずある。

以下、「翻訳」「誤訳」を含む投稿。

以下、「事典」「辞書」「Dictionary」「ピジン」「ジャーゴン」関連の投稿。

以下、「アクセント」「Accent」「訛り」を含む投稿。

 

フロクシ ノーシ ナイヒリ パイリフィ ケーション
と読むのだそうな。
この単語と出会ったのはかれこれもう30年以上前のこと。
辞書には『(英戯言)(富などへの)蔑視、軽視』としか書いてなかったので、そのまま憶えていた。

以下、PANICSVILLEというグループの “Floccinaucinihilipilification” というアルバム。

以下、「長いタイトル」「長い題名」「短いタイトル」「短い題名」を含む投稿。

 

関西では名の知れたメーカーだそうだ。東京ではお目にかかれないが。

追加記事

2018/08/31
 一方で中多氏は、「今年に関しては喜ばしいが、例年の分布量には届いておらず、毎年減少傾向にあることは間違いない。未解明の部分も多いが、少しずつ漁場が北にずれていることを考えれば、温暖化の影響も考えられる」と指摘する。
 2000年から12年まで全国のサンマ漁獲量は20万トンを上回っていたが、13年に15万トンを切り、15年からは3年連続で減少。昨年は約47年ぶりの低水準で、店頭価格が高騰し、痩せたサンマが店頭に並ぶなど消費者に影響を与えた。
 水産庁は、今年の北太平洋のサンマ資源量を昨年の約2・4倍と予測しているが、10年前の半分以下にすぎない。
 不漁傾向について、海外の影響があるとの見方もある。北太平洋漁業委員会(NPFC)に参加する8カ国で、これまで日本のサンマ漁獲量は1位だったが、13年以降、台湾に抜かれ、中国も14年から漁獲量3位に急浮上している。前出の宮本氏は「各国がどこで、どのくらいの量を実質漁獲しているのか分からない」としており、実態の把握が難しい面もあるという。

<サンマ、大漁だけど喜べないワケ… 専門家「減少傾向は間違いない、未解明部分も多い」 – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180831/soc1808310008-n1.html

(2018年8月31日)

追加記事

2018/09/26
――良いサンマの選び方を教えてくれませんか。

ご主人:まず魚の目が澄んでいて、くちばしが黄色く、背中がちょっと曲がっていてお腹が固く張っているやつ。
それとサンマは大きければ大きいほどおいしいので大きいものを選ぶといい。発泡スチロールのケースに入っている場合には、そのケースに入っているサンマの本数が数字で書いてある。ふつうは25尾で4キロ箱なので、21とか19とか少ない数字が書いてあるほうがより大きいってことですよ。

<自宅でできる「サンマの完璧な焼き方」を炉端焼きのプロに教わってきた – メシ通 ホットペッパーグルメ より一部引用>
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/soryusizm/18-00358

(2018年9月26日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です