ミスター珍、ミスターちん、内藤陳、おてもやん、バーミヤン、マダム楊、ヤン・ヨーステン、ヤン・デンマン、梁石日(ヤン・ソギル)

※表題に特に意味はありません。気にしないでください。

 

夕刻、「中国ラーメン揚州商人(ようしゅうしょうにん)」にて打ち合わせを兼ね会食。
今日は日経平均の終値が22868円00銭とゼロのゾロ目だったと言ったら「珍しいんですか?」と訊くので「年に一度あるかないかだ」とテキトーに答えておいた。まぁそんなもんだろう。
「蕎麦に海苔をかけながらクリスマスソングを歌ったよ ♪もーみーのりー、もーみーのりー♪」と、これも思いつきで冗談言ったらウケたが、面白いかネ?
麻婆豆腐、濃厚塩ラーメン、炒飯を注文。相変わらずウマい。
店名の「揚州」はなんとはなしに「ヤンしゅう」と憶えていたが正しくは「ヨウしゅう」なのだった。

【揚州】
ようしゅう
中国,江蘇省の河港都市。長江下流の大運河の沿岸にある。唐代には外国貿易港として,明・清代には塩の大集散地として繁栄。ヤンチョウ。

<揚州とは – 三国志小事典 Weblio辞書>

ハウス食品の即席ラーメン『楊夫人(マダムヤン)』の「ヤン」は手偏ではなく木偏の「楊」だった。そういう人がもしホントにいるんなら、名前のとおり(?)止んごとなき婦人であろうと、当時漠然と感じたものだ。

「ヨウしゅう」を「ヤンしゅう」と思った理由は、たぶんこのラーメンの記憶があったから。
当時けっこう食ったんだよ。麺がそれまでの即席麺とまったく違うんで珍しかったということもある。
何か具を入れないと格好がつかないラーメンだったナァ、、、

マダムヤンCM

ハウス特製拉麺 楊夫人(マダムヤン)CM 1982年

【懐かCM】1983年 ハウス 楊夫人 マダムヤン ~Nostalgic CM of Japan~

ところで、北の漁師「やん衆」が登場する演歌に多用される、ダカダカダッダ、ダカダカダッダ、という力強いリズムのルーツは、伊藤久男の『イヨマンテの夜』(作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而 1949)あたりだろうか。

【やん衆】
やんしゅう
北海道で,ニシン漁などに雇われ働く男たち。やんしゅ。

<やん衆とは – Weblio辞書>

ヤン衆音頭

夏木ひとみ – ヤン衆海鳴り華太鼓

  ※(略)

 

夏木ひとみ – ヤン衆海峡

  ※(略)

 

世 陽夢 – ヤン衆哀歌
作詞・作曲・編曲:川口信雄

  ※(略)

 

愛 ちひろ – おんなヤン衆船
作詞:松井由利夫、作曲:四方章人、編曲:池多孝春

  ※(略)

 

大城麻衣 – ヤン衆おんな船

  ※(略)

 

真野敬望 – やん衆男船

  ※(略)

 

香田晋 – ヤン衆丸

  ※(略)

 

大泉逸郎 – ヤン衆港

  ※(略)

 

島津亜矢 – 女ヤン衆流れ唄

  ※(略)

 

西尾夕紀 – ヤン衆恋唄(1998/03/21)
作詞:斉藤夕紀、作曲:船村徹

  ※(略)

 

北島三郎 – やん衆挽歌(1995/02/22)
作詞:新條カオル、作曲 : 原 譲二、編曲 : 桜庭伸幸

  ※(略)

 

北島三郎 – やん衆酒場(1995/02/22)
作詞曲:原譲二、編曲 : 鈴木 操

  ※(略)

 

藤 この美 – 女ヤン衆船(1992/04/22)

  ※(略)

 

松村和子 – やん衆哀歌(1980/04/21)
シングル『帰ってこいよ』B面。
作詞:大橋哲郎、作曲:寺 賢昭、編曲:横山太郎

  ※(略)

 

桂 京子 – ヤン衆可愛いや
作詞:菊池靖男、作曲・編曲:袴田宗孝

ふたごっこ姉妹 – 娘やん衆渡り鳥(1967/07)
作詞:佐々木みつぐ、作曲:木村孤童、編曲:竹内一朗
2度目の引用。

<参考>
井沢八郎 – 北海の満月(1965)
作詞:松井由利夫、作曲:大澤浄二
歌詞に「やん衆」はないが「イヨマンテ」が出てくる。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

北島三郎 – やん衆かもめ(1964/05/15)
作詞:原 由記、作曲:小畑 実
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

北島三郎 – なみだ船(1962/06/05)
作詞:星野哲郎、作曲:船村 徹
歌詞に「ヤン衆かもめ」というフレーズがある。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

中国北西部にある蘭州で古くから食べられているという蘭州ラーメンは、あっさり味で麺はモチモチだという。中国では、蘭州ラーメンは庶民的な味として親しまれていた。
日本でも”新しいラーメン”として、徐々に人気が高まってきている。
http://www.news24.jp/articles/2017/12/19/07380924.html

蘭州拉麺(らんしゅうらあめん)とは牛肉のスープに、手打ちで伸ばして茹でた麺を入れた料理。

<蘭州拉麺 – Wikipedia>

来年あたり流行りそうだね。

以下、「そば」「うどん」「そうめん」「スパゲティ」「パスタ」「即席ラーメン」「カップ麺」を含む投稿。

 

政府の地震調査委員会は19日、四国の活断層の長期評価を初めて公表した。国内最大の「中央構造線断層帯」など5活断層が対象で、マグニチュード(M)6・8以上の地震が今後30年以内に発生する確率を9~15%と評価。中央構造線断層帯は大分県まで延びていると判断し、地震が起きた場合は最大でM8・0以上とした。
https://www.jiji.com/jc/article―k=2017121900526

 政府の地震調査委員会は19日、千島海溝沿いの地震の長期評価を公表した。東日本大震災のようなマグニチュード(M)9級の超巨大地震の発生確率を初めて示し、30年以内で7~40%とした。東北沖の日本海溝との連動も否定しておらず、北海道の太平洋岸各地にとどまらず本州まで被害が及ぶ可能性がある。
(中略)
 これまで、全国の各震源域で起こる最大級の地震の長期評価を2カ所で行っており、南海トラフ沿いはM8~9級が70%程度、相模トラフ沿いはM8級がほぼ0~5%としている。
https://mainichi.jp/articles/20171219/k00/00e/040/223000c

根室沖と南海トラフ。
沿岸の皆さん、「津波てんでんこ」ですよ。

Tranes are being brought to the site of an Amtrak train that derailed Monday morning as it barreled toward an Interstate 5 overpass near Olympia, spilling onto the freeway and killing several people, officials said.
The Washington State Patrol confirmed at least three people died in the crash, but The Associated Press reported at least six deaths, citing an unnamed U.S. official. Dozens of injured victims were taken to area hospitals, some in critical condition.
On the freeway, five vehicles and two semis were damaged by the falling train cars and debris, but no one was killed, officials said.
The cranes will be used to stabilize the wreckage, including one car that was dangling precariously from the overpass. The southbound lanes of I-5 were completely blocked and would remain closed at least through Tuesday morning.
It’s unclear how fast the train was traveling, but it was supposed to slow dramatically before entering the curve where the crash occurred. Aerial images show all 12 rail cars and one of two engines jumped the tracks.

<Cranes moved to site of deadly Amtrak derailment near Olympia The Seattle Times より一部引用>
https://www.seattletimes.com/seattle-news/train-derails-from-bridge-onto-interstate-5-near-olympia/

米西部ワシントン州タコマ近くで18日朝18日朝(日本時間19日未明)、シアトルからオレゴン州ポートランドに向かっていた全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車が脱線し、AP通信によると、少なくとも3人が死亡し、100人以上が負傷した。12人が重体だという。
(中略)
 列車には77人の乗客と7人の乗務員が乗っていた。事故は高架上の線路が高速道路をまたぐ場所で発生。脱線した車両が高速道路に落下して横転し、複数の車が事故に巻き込まれた。地元警察によると、運転者らに死者はいなかった。
 地元テレビなどによると、同路線の最高速度は時速127キロだが、列車は時速約130キロで走行していたという。
 同路線は、運行サービスを拡充するために同日運行を始めたばかりの新路線。
http://www.sankei.com/world/news/171219/wor1712190007-n1.html

クリスマスを前にしての大事故。
よりによって道路をまたぐ場所で脱線し、車両が転落。
これが平地だったら、スピードを落としていたら、死者・負傷者の数はもっと少なかったろう。
死んだ人の奥さんや子供が気の毒だな。

以下、「鉄道」「列車」関連の投稿。

彼の名は『ウラジーミル・コシュマール(Vladimir Cauchemar)』さん。謎の中毒性を秘めたMVは必見だ。
ウラジーミルさんは、ロシア出身のリコーダー奏者。公式Facebookによると、2017年12月4日にシングル『Aulos』をリリースし、Apple Music、Spotify、Amazon Musicなどの主な音楽チャンネルで配信中のようだ。

<【謎の中毒性】なんだこの動きは…ロシアのリコーダー奏者によるMVが完全に狂気 ロケットニュース24 より一部引用>
https://rocketnews24.com/2017/12/19/995510/

Vladimir Cauchemar – Aulos(Official Music Video)
Ed Banger Records
2017/12/04 に公開

やっぱり、若いころディーヴォ(Devo) とか、Y.M.O.とか、ユーロビートのもろもろとかに親しんだんだろうか。
単純なビートに乗せてキャッチーなフレーズを繰り返すというのは、今も一発大当たりするかも知らんけど、その先が聴きたいよね。

 食品の期限表示を油性ペンで改ざんしていたとして、さいたま市は19日、同市岩槻区の個人商店「細井商店」に、食品表示法に基づき、不適正な表示をしないよう命令した。高齢の女性店主は市の調査に「もったいない」と話している。
 市によると、数字の「3」を「8」にしたり、「0」を「8」にしたりして、チーズやパン、漬物は数日、缶詰やレトルト食品は数年、期限を書き換えていた。店主は「店の棚がスカスカになると見栄えが良くないのでやった」と説明した。
 今年2月の立ち入り調査で判明。市は5月までに2回、やめるように指導したが、今月になっても改ざんが確認された。
https://this.kiji.is/315808360144602209

「店の棚がスカスカになると見栄えが良くない」
値引きせず、定価で売りたい
要は欲得づくの日付書き換えなのだが、
「もったいない」の言い訳で、自己欺瞞していたことも事実。
こういう心理は宗教家や教祖(グル)なんかにも通じるところがある。

 

パロディ広告。どういう流れで掲載されたんだろうかね。漫画枠かな? それにしてもブラックだ。

 

「肢体美」の用例。ありそうでない。

追加記事

(2018年1月6日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です