菅佐原家の秋

昨日の話。

2016/09/23 08:31
先祖思い手を合わせ
彼岸の中日
 彼岸の中日の22日、県内の寺には多くの人が墓参りに訪れた。時折、雨がぱらつくあいにくの空模様だったが、仏花や線香を墓前に供え、故人をしのんだ…
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160923281168.html

「先祖崇拝」という信仰は私には要らないし、無いのだけれど、
歳を重ねるとともに、折りにふれ、私を産み育ててくれた父母の労苦を偲び、感謝することが多くなった。
ただ死後の個別性を科学的・論理的に確認できない上に、それを実感することもないので、なおのこと宗教儀式としての「追善供養」の実効性など信じられないのである。
したがって私にとっての「追悼・慰霊・鎮魂」とは「死後の平安を祈ること」でも「死者の霊を慰めること」でもなく、生きている間に良くしてあげられなかった自身の不甲斐なさを悔み、対象者不在のまま一方的謝罪を強行(!)することに他ならない。

――さりとても「石に布団は着せられず」。時間切れなのである。

宇多田ヒカル – タイム・リミット(2001)

  ※(略)

 

今年の9月は台風続きということもあり降雨量の記録を更新した地域が多かった。
5月に夏日、8月には猛暑日の記録が更新されたことが、まるでウソのような天候だった。
なにしろ洗濯物が乾かない。
せめても10月は一点の曇りなき、澄み渡った、爽やかな秋空となってほしいものだ。

小津安二郎映画音楽集 東京暮色 サセレシア 斎藤高順作曲
james maki
2013/09/10 に公開

東京暮色 サセレシア(昭和32年度松竹作品より)
「早春」で主人公(池部良)が病気の友人(増田順司)を見舞って慰めるシーンのために作られた曲ですが、このような深刻な場面に小津さんは「サセパリ」とか「バレンシア」のような曲を注文され、かえって病人の哀れさが浮き彫りになって大変成功しました。
曲名は小津さんがつけられたもので、「東京暮色」では全篇のテーマ音楽として、又「彼岸花」ではレコードから流れてくるような扱いで使われております。
このように気に入った曲をいろいろな作品で用いるということは小津監督の一面をよく表わしており、興味のあることといえましょう。
(解説:斎藤高順)

2度目の引用。

サイトウ・メモリアルアンサンブル – サセレシア
matsu jiro
2016/02/23 に公開
小津安二郎監督作品「東京暮色」「早春」「彼岸花」より

秋刀魚の味のポルカ 「LA POLKA DU PRINTEMPS (春のポルカ)」
matsu jiro
2016/08/08 に公開

小津安二郎監督作品『秋刀魚の味』の劇中で使われた「秋刀魚の味のポルカ」に、フランス語の歌詞が付きました。
パリの著名なシャンソン歌手兼俳優のフレデリック・ロンボア氏が、作詞と歌唱を担当しました。
「秋刀魚の味」のポルカは、「サセレシア」風のメロディにポルカ調のリズムを付けたもので、小津監督がお好きだった「ビア樽ポルカ」をヒントにして斎藤高順が作曲したものです。

以下、「彼岸花」関連の投稿。

2016/09/17
目黒のさんま祭は古典落語「目黒のさんま」にちなんで、毎年開かれています。東京・目黒区の公園では宮城県の気仙沼港で、17日、水揚げされたばかりの7000匹のさんまが炭火で焼かれ無料でふるまわれました。主催者によりますと、ことしは相次ぐ台風の影響などで例年に比べて水揚げ量が少なく大きさも小ぶりですが、脂はよく乗っているということで、会場では大勢の家族連れなどが長い列をつくり、焼きたてのさんまを受け取ると、早速秋の味覚を楽しんでいました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160918/k10010691601000.html

2016/09/23
本州トップの水揚げ量を誇る大船渡港のサンマをPRする「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」(実行委主催)は22日、東京都港区の東京タワー屋外特設会場で行われた。タワーの高さ333メートルにちなみ同港直送の3333匹を炭火焼きし無料で振る舞い。東日本大震災からの復興活動も兼ねた同まつりは、雨にもかかわらず大勢の人出でにぎわった。
(中略)
 会場では大船渡さんまバーガー、さんますり身汁、特産品などの販売、地元出身アーティストらのライブなど多彩なイベントが繰り広げられ、今年制度化した大船渡市さんま焼き師認定制度(7月試験、84人合格)もアピールした。
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160923_2

秋刀魚は細い骨が多く、ワタの部分が三分の一くらい占めていることもあって、美味しいけれども食べにくい魚というイメージだ。
あのワタを抜いた部分のちょっと苦い味は、焦げの苦さとは違うもので、子供のころは苦手だった。それが近ごろ妙に懐かしく思える。

小津安二郎映画音楽集 秋刀魚の味 斎藤高順作曲
james maki
2013/09/10 に公開

秋刀魚の味 主題歌・ポルカ・終曲(昭和37年度松竹作品より)
まず「主題曲」ですが、ハープの短い序奏のあと弦楽器によって奏される旋律は、父娘(笠智衆、岩下志麻)の淡々とした愛情や人生のわびしさを暗示させるものですが、ことに娘の花嫁姿を父が見送る感動的なシーンが想い出されます。
次の「ポルカ」は軽快なリズムの上に「サセレシア」風(「サセレシア」の解説を参照)のメロディーをのせたもので、いわば「小津調ポルカ」というべきものの代表作です。小津さんはこの曲が気に入って、自分で作詞しようといわれたほどでしたが、実現しないうちに世を去られました。画面では古い同窓生達(笠智衆、中村伸郎、北竜二)が恩師(東野英治郎)を囲んで人の世の無常を感じる場面のほか、全編にわたって使われております。「終曲」は娘を嫁にやって、一人ぼっちになった父の佗びしいシーンで、バイオリンが主題曲の旋律を奏し、もり上がって終ります。
(解説:斎藤高順)

サイトウ・メモリアルアンサンブル – 秋刀魚の味
matsu jiro
2016/02/23 に公開
小津安二郎監督作品「秋刀魚の味」より主題曲~ポルカ~エンディング

『青春放課後』テーマ音楽
作曲:斎藤高順

テレビドラマ『青春放課後』は、1963年(昭和38年)3月21日にNHK総合テレビで午後8時から9時30分までの90分枠で放映されました。
長い間、当時の映像は残存していないと思われていましたが、2013年(平成25年)NHKに保管されていたことが分かり、デジタル処理を行い同年10月14日にNHK BSプレミアムで、実に半世紀ぶりに放映されることとなりました。
この作品でも、音楽は斎藤高順が担当しました。

三國浩平、北村俊彦、横田和子 & 柏市立柏高等学校吹奏楽部 – 小津安二郎映画三部作より 東京物語、彼岸花、秋刀魚の味
作曲:斎藤高順
ロケットミュージック
2012/10/23 に公開

以下、「さんま」「秋刀魚の味」関連の投稿。

東京ガスは、格安スマホの事業に参入する方針を固めました。首都圏一円の営業網を活用してことし11月から販売に乗り出し、各社の競争は一段と激しさを増しそうです。
関係者によりますと東京ガスは、フリーテルのブランドで格安スマホ事業を手がけるプラスワンマーケティングと提携し、この分野に参入する方針を固めました。
(中略)
格安スマホ事業をめぐっては、イオンや楽天、LINEなど、異業種を含めて220社以上が参入し、すでに競争が激しくなっています。
また、ことし4月に始まった家庭向けの電力小売り自由化に続き、来年4月には都市ガスも小売りが自由化されます。
首都圏一円に販売網を持つ東京ガスが電気、ガス、携帯電話の顧客を一体的に取り込もうという戦略に乗り出すことで、業界の垣根を越えて競争はさらに激しくなりそうです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160923/k10010703961000.html

都が元々の用地所有者である東京ガスを相手に、土地の取得をめぐる協議を始めたとみられる1998(平成10)年からの文書27項目48ページ分を入手した。2010年5月に一級建築士の水谷和子さんが行った情報開示請求に対して都が開示したものだ。
ところが、その用地取得と土壌汚染処理の交渉の一部の協議・折衝をめぐる一連の記録は、ほぼ黒塗りされている。把握できるのは、会合が行われた日にちと都側の出席者ばかりだ。東京ガス側の出席者名や、やりとりについては一切把握できない。
160923_02
<豊洲購入の原点文書「真っ黒」 都が開示した東京ガスとの交渉記録(加藤順子) – 個人 – Yahoo!ニュース より一部引用>
http://bylines.news.yahoo.co.jp/katoyoriko/20160923-00061982/

フクイチ原発事故以降、国民の東電への不信感・嫌悪感・敵意は増し、相対的に東京ガスの好感度が上がった観があった。
ところが豊洲盛り土・地下空間問題で「土壌汚染」とその「改良工事」が改めて注目され、都と東京ガスの間で交わされた売買契約の「闇」が次々暴かれている。
この分では東京ガスの好感度も程なく雲散霧消しそうな気配なのだ。

以下、豊洲を含む投稿。

2016/09/23
当社および国内グループ会社の一部が国内で行った運用型をはじめとする広告主向けのデジタル広告サービスにおいて、複数の不適切業務が行われていた事実が判明いたしました。現時点で把握した不適切業務には、故意または人為的なミスに基づく広告掲載期間のずれ、未掲出、運用状況や実績に関する虚偽の報告が含まれており、加えて、実態とは異なる請求書が作成されて、過剰な請求が行われる結果となった事実も確認されております。
(以下略)
<日本国内のデジタル広告サービスにおける不適切業務の発生について – ニュースリリース一覧 – ニュース – 電通 より一部引用>
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0923-009050.html

 電通がインターネットでの企業広告で、実際には契約より少ない回数しか広告を表示しなかったのに契約通りの料金を広告主から受け取っていたことが23日、分かった。広告主への過大請求は数年間で数十件見つかっているという。
 今年7月に広告主からの指摘があり社内で調査を始め、不適切な取引が判明した。電通は広告主に対して個別に経緯を説明し、過大に請求した金額を返金する。
 不適切な取引があったのは、インターネット上に帯状に表示されるバナー広告と呼ばれるもので、これをクリックすると広告主のホームページにつながる仕組み。
http://this.kiji.is/151896137847735804?c=39550187727945729

当ブログにもバナー広告が貼ってある。これは私が用意したバナーで、どこからも広告代を得ていない。
統計を見ると、このバナーをクリックする人が1日あたり数人いる。商品の売上げにつながっているかどうかは判らぬが、少しでも貢献できたらと考えている。

 ウォール・ストリート・ジャーナルが確認した、広告枠買い付け代理店ピュブリシス・メディアが8月下旬に顧客に送付した書簡によると、同社はフェイスブックから、従来の測定方法では平均視聴時間を60~80%多く見積もっていた可能性が高いと告げられた。
 調査会社RECMAの試算によれば、ピュブリシスは2015年、世界各地のマーケティング担当者の代わりに約770億ドル相当の広告枠を買い付けた。
 別の関係者の話では、英広告大手WPP傘下の広告枠買い付け会社グループMも、この件について通知を受けた。
 フェイスブックは発表文で「先ごろ動画視聴時間の測定方法で誤りを見つけた。誤りはすでに修正されており、請求額への影響はない。当社は製品ダッシュボードと、販売先およびパブリッシャーの両方を通じてパートナーに通知した」と説明した。
 フェイスブックはここ数年、同社サイトでの動画視聴が急増していると大々的に宣伝していたため、今回の問題は痛手だ。

<フェイスブック、動画広告の視聴時間を過大に測定 – WSJ より一部引用>
http://jp.wsj.com/articles/SB10367111121010623688804582330932969800016

フェイスブックだからねぇ、そういうことやっても当然て気がする。
最近は、フェイスブックそのものよりフェイスブックを利用した婚活アプリ、出会い系アプリが流行ってるらしい。
フェイスブックだからサクラは存在しないってことになってるけど、偽名で使ってる人 知ってるし、とてもじゃないけど友人には勧められないね。

米ヤフーは22日、2014年に同社のネットワークから少なくとも5億人のユーザーの個人情報が盗まれたことが分かったと発表した。
発表資料によれば、「国家支援を受けた」何者かが攻撃を仕掛け、盗まれた情報には氏名や電子メールアドレス、電話番号、生年月日、暗号化されたパスワードのほか、一部のケースでは本人確認のための暗号化されていない質問・回答も含まれる可能性がある。これまでの調査では支払い機能付きカードのデータや銀行口座情報、保護されていないパスワードが流出したことを示すものはない。ヤフーは影響を受けたユーザーに通知し、アカウントを守る措置が取られていると説明。ヤフーのネットワークがなお侵入された状態であることを示す形跡もないという。
(中略)
今回の情報流出の開示は、ヤフーのマリッサ・ メイヤー最高経営責任者(CEO)にとって特に微妙な時期と重なった。同社は資産を米ベライゾン・コミュニケーションズに48億ドル(約4800億円)で売却することで 合意しており、この手続きは来年の早い時期に完了する見込み。
ヤフーによる調査に詳しい関係者1人が匿名を条件に語ったところによれば、数億人分のヤフーのログイン情報を入手したと主張するハッカーがこれを闇市場で販売しているとの報告を7月に受け、調査を始めたという。この主張を裏付ける証拠は見つからなかったものの、これとは別の一層踏み込んだ調査を実施した結果、より大きな侵入が行われていたことが分かり、ベライゾンには今週報告したという。
ヤフーの調査に詳しい別の関係者2人によると、国家による関与を示す決定的な証拠があるわけではないという。ヤフーは国家の関与を裏付ける証拠をまだ開示していない。
http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00400742

Yahoo! の発表がどこまで本当なのか。
あたかも同社の衰退を象徴してるかのような出来事。

世界遺産にも登録されている中国の史跡「万里の長城」で、700年の歴史を誇る一画が修復作業の結果コンクリートで真っ平らに塗り固められてしまったことが判明し、中国のソーシャルメディア・ユーザーの間で激しい非難が渦巻いている。
 問題となっているのは、中国東北部・遼寧省の小河口に8キロにわたり、大自然の中に手付かずのまま残った城壁が続く区画だ。明王朝下で1381年に建設され、「万里の長城」の中でも最も美しい場所として知られている。
 インターネットに最近投稿された写真を見ると、修復前には城壁の一部が崩れかけて草木が生え、でこぼこした歩道があったところに、今は白いコンクリートでふたをしたように平らな道が目の届く限り延々と続いている。
「小学校すら卒業していない連中がやった仕事みたいだ」「こんなことなら、いっそ爆破したほうがましだ」。中国の短文投稿サイト「新浪微博」には、こんな怒りの声が巻き起こっている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3101903

2016/09/22
 原标题:最美野长城被抹平 文物局局长:确实修得不好看
 被誉为”最美野长城”的辽宁绥中小河口长城,虽为国家级文物保护单位,但由于地处深山而鲜有人知。但近段时间,由于一组照片在网络上的出现,小河口长城被公众所知。
 照片中,城墙与地面被抹平,起伏的墙垛与野性风貌被硬化路面所取代。照片的拍摄者提到,这是文保部门对其进行修缮的结果,公众的关注与质疑随之而来。
 9月21日,辽宁省文化厅副厅长、文物局局长丁辉向重案组37号(微信号:zhonganzu37)证实,小河口长城的这段修缮,的确是两年前按照方案进行的,目的是为了抢修保护,但也承认”确实修得不好看。”
160923_01
<最美野长城 遭砂浆抹平 文物局局长:确实不好看 国内新闻 环球网 より一部引用>
http://china.huanqiu.com/article/2016-09/9471695.html

网传 “最美野长城”被砂浆抹平 辽宁省文化厅专人将介入调查
Bb Yang
2016/09/23 に公開

  ※(追記:この動画は削除されました

 

[中国禁闻_自毁长城 700年国宝被抹平变公路 ]
【清透世界】
2016/09/24 に公開

保険だけで虫歯治療すると、こんな感じにされます(笑)

2016/09/14
中国の有人宇宙プロジェクト弁公室の武平副主任は14日の記者会見で、2011年に打ち上げた宇宙実験室「天宮1号」について、17年後半に地球に落下する見通しを明らかにした。大部分は落下の過程で燃えるなどし「地上に危害が及ぶ可能性は低い」としている。国営新華社通信が伝えた。
 天宮1号は全長10.4メートル、重さ8.5トン。有人宇宙ステーションの建設をにらみ、13年にかけて無人・有人宇宙船とドッキング実験を繰り返した。
 現在は高度370キロの軌道上にあり、徐々に高度を下げている。武副主任は「必要な際には落下の予報を出し、国際社会に状況を知らせる」と話した。
http://www.afpbb.com/articles/-/3100963

中国は、2011年に打ち上げた宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」が制御不能になったことを正式に発表した。
本来、「天宮1号」は軌道上をいつまでも回り続け、機械に寿命が来た後は、地球からの遠隔操作によって無人の海洋に落下させるか、大気圏中で燃え尽きさせるはずだった。
ところが、制御不能となったため、軌道上にとどまることさえ出来なくなってしまった。
中国政府は、「来年の後半には天宮1号が地球に落下するだろう」と発表した。
制御不能となった天宮1号が、いつ落下し始めるか、そしてどこに落下するかは誰にも分からない。
http://news.livedoor.com/article/detail/12053784/

昔の中国なら落ちることを秘密にしてたろう。
危険な物質を積んでたら、今だってそのことを言わないはずだ。

 韓国ドラマの著書がある海外ドラマジャーナリストの村上淳子氏が指摘する。
「たとえば、『明日に向かってハイキック』(日本放送は2011年。以下同)というコメディでは、いつも義父に蔑まれるダメな婿・ボソクが、顔だけイケメンなので取引先の日本企業の女性たちから『ステキ~、ボ様!』とちやほやされる場面がある。日本の”ヨン様ブーム”を揶揄しているのです。
 財閥の御曹司が主人公の『パリの恋人』(2005年)では、提携する日本企業のサラリーマン2人が、韓国の女性と遊ぶのが目当てで出張してきた”おバカ”として描かれている。韓国特殊部隊を描いた『アイリス』(2010年)では、白竜演じる日本人テロリストが第1話から追跡され殺されますし、そのほか登場する日本人はほとんど愚鈍に描かれています」
 日本人は悪役として登場するのが定番で、典型的なのがヤクザだ。
『オールイン』(2004年)でヒロインに求婚するのが日本人ヤクザだし、『ミス・リプリー』(2014年)でヒロインを追い詰める元情夫も韓国人が演じる日本人ヤクザだ。
 悪役まではいかなくても、日本人はなぜか”嫌な奴”として描かれる。
「『プラハの恋人』(2007年)では、チェコ駐在の外交官として働くヒロインのライバル役として日本人女性が登場し、マラソン勝負を挑む場面がある。『韓国はコネで何でもできるんでしょ』と面と向かって言い、『走るのはコネで何とかならないですもんねえ』と皮肉たっぷりにヒロインを挑発する。なんとも嫌味な役どころです」
 青瓦台(韓国大統領府)の料理人たちを描いた『めっちゃ大好き!』(2006年)でも、韓国大統領の行事に招かれた日本人VIPが、韓国納豆を不潔だから片付けろと暴言を吐き、日本の納豆のほうが優れていると言って無理やり用意させるシーンがある。
「『日本人が公式行事でそんな失礼なことは言わないけど』と突っ込みたくなる。コメディタッチのドラマではあるが、気分は良くない」(前出の評論家)
 村上氏は「韓国には植民地支配を受けたことへの”恨”があるから、『日本に対してはこれくらいやっても許されるだろう』という感覚がある。同時に、自国より繁栄している日本への憧れと嫉妬もある。だからこそ日本や日本人を揶揄し、皮肉った表現をすることで溜飲を下げているのでは」と分析する。
 日本の植民地だった当時を描く時代物で反日的な描写が数多くあることはよく知られているが、恋愛やコメディ、サスペンスなどの現代劇にまで”反日シーン”を盛り込んでいるのだ。
http://www.news-postseven.com/archives/20160923_446037.html

カルトの特徴の一つとして、敵意の再生産・増幅がある。
要するに自分が受けたマインドコントロール、思考誘導を自ら進んで反復し強化してしまうのである。
記事の例などはその典型だ。

 ノーベル賞の自然科学3賞の受賞者が10月3日から順次、発表される。昨年は初日の生理学・医学賞と2日目の物理学賞で日本人研究者が受賞し、連日のニュースに国内はわいた。日本人研究者の3年連続の受賞はあるのだろうか。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO07530660T20C16A9000000/

 世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる今年のイグ・ノーベル賞の発表が22日、米ハーバード大であった。前かがみになって股の間から後ろ方向にものを見ると、実際より小さく見える「股のぞき効果」を実験で示した東山篤規(あつき)・立命館大教授(65)と足立浩平・大阪大教授(57)が「知覚賞」を受賞した。日本人の受賞は10年連続。
 ハーバード大の劇場で開かれた授賞式に臨んだ東山教授は、股のぞきを披露しながら「股のぞきをすると、小さく、縮む。覚えて帰ってください。小さく、縮む……」などと研究内容を紹介した。
http://www.asahi.com/articles/ASJ9P5K1CJ9PULBJ011.html

ノーベル賞の季節になると韓国がざわつく。
しかもイグ・ノーベル賞まで日本が常連とは!

股のぞきのポーズを見て、1996年ごろ女子高生に人気となったアーチスト「カオルコ」のパンツ丸見えイラストを連想した。

新井薫子 – イニシャルは夏(1982)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 日本最大の本の見本市「第23回東京国際ブックフェア」が23日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。出版社など約470団体が参加し、25日までの会期で約4万人の来場を見込んでいる。
 本離れが懸念される中、親しみやすいイベントを増やして「読者本位」を強調、長引く出版不況の打破を目指すという。
 今回の特色は、湊かなえさん、朝井リョウさんら人気作家、出版関係者の講演や、子ども向けワークショップなど。約100万冊をそろえ、多くの出版社が定価の2割引き程度で販売するなどして、幅広く本の魅力をアピールする。
http://this.kiji.is/151877013632139269

定価の2割引きって、自ら再販制度破るのかいっ(笑)

図書館て、ただで読めるわけだから、作家や出版社にとって利害が対立する存在だよね。

以下「本」「図書館」に関する投稿。

 ヒョウ柄の服を着ると、「やっぱり大阪人だね」だの「大阪の人ってヒョウ柄が好きよね~」だのと揶揄を込めて言われる。「大阪人=ヒョウ柄好き」のイメージが定着しているが、果たして…。大手通販のZOZOTOWNが「ヒョウ柄を一番買っている都道府県別」を調査した。
(中略)
 「1位・埼玉県、2位・大阪府、3位・岐阜県、4位・東京都、5位・福岡…という意外な結果に。さらに1位の埼玉県を分析すべく、同県在住の15~60歳の男女797人を調査したところ、8割超の人が洋服の購入時に重視するポイントは「デザイン・柄」と回答。また、6割以上が柄物アイテムを取り入れたコーディネートを好み、4人に1人がアニマル柄が「好き」と回答。約半数がヒョウ柄が好きという結果が出た。
http://www.sankei.com/west/news/160923/wst1609230009-n1.html

埼玉県、大阪府、福岡県には東アジア系住民が多いという共通点がある。が、それが売れてる理由かどうかは定かではない。
ファッションであるからやはりそれが象徴するもの、属性を体現したいという気持ちの表れではないだろうかね。ネイティブ・アメリカンや東アジアの民が狩りや戦闘の前に狼(=大神)を始めとする「動物霊」を憑依させるのと同じ理屈だろう。

adidas Originals | #zxflux leopard print
adidas Originals
2014/06/26 に公開

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Adidas Original ZX flux leopard
VideoAdcz
2014/09/10 に公開

 

The Leopards – Down That Line

  ※(略)

 

The Leopards – Back On The Track(1987)

The Leopards – I’m Drowning(1987)

The Leopards – If You Come Back To Me

Lazlo And The Leopards – I Can Be Your Friend(1984)
2度目の引用。

  ※(略)

 

Dennis Brown ‎– Wolf and Leopards(1979/06/22)
2度目の引用。

  ※(略)

 

The Leopards – I Wonder If I’ll Ever See You Again(1978)
3度目の引用。

The Leopards – It Must Be Love(1978)

The Leopards – They All Play Loud(1978)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Leopards – I’m Living In A Jungle(1978)
2度目の引用。

The Leopards – The Only Girl For Me(1977)

The Leopards – Don’t Go Away(1977)

Brigitte Bardot – Mon Léopard Et Moi(1970)

The Leopards – Mah Mah Chicken Pot Pie(1963)
2度目の引用。

The Leopards – Valerie(1963)

Lee And The Leopards – Come Into My Palace(1962/04/14)
2度目の引用。歌い出しが『悲しき雨音』っぽい。

Lee And The Leopards – Trying To Make It(1962/04/14)

Paul White – Little Leopards Become Big Leopards(1961)
Title: Jungle Doctor’s Fables
子供向けの「お話」レコード。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

2016/09/22
心理学者のジェニファー・デルガド氏によると、いくつかの遺伝子は、母から子に受け継がれたときにのみ機能するという。もし遺伝子の持ち主が父ならば、遺伝子は「オフに」なる。
研究結果によると、父親の遺伝子を持つ細胞が蓄積されるのは、気分や本能をつかさどり、飢え、攻撃性や性的衝動を制御する大脳辺縁系。母親の遺伝子を持つ細胞が蓄積されるのは、記憶、思考、音声そして知覚といった認知機能をつかさどる大脳皮質だ。
一方、脳の働きは完全に遺伝子によって規定されるわけではない。
http://jp.sputniknews.com/science/20160922/2802655.html

知は母から、情は父から受け継ぎ、意を成す、みたいな?
だからって「高学歴の才媛」とか、夫や子から見てどーよ?

Cain – Her Emotion

This is an A-side single to “Take Me Back One Time” and is written by Presley.
The 45 was released in 1968 by Hansa Records (of Germany) and the catalog # is 19 954 AT
This group hails from the UK.

Don Forbes with The Four Flips – My First Emotion

Billy Storm – Emotion(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Pedro Vargas – Emoción

Rosemary Clooney – Mixed Emotions(1951/04/23)
orchestra conducted by Percy Faith
Billboard chart peak: 22

Recorded back in February ’51 and initially released to no significant acclaim, this pretty ballad gained belated recognition when it was reissued shortly after Rosie broke through several months later with her first major hit “Come On-A My House.”

追加記事

――発表文などで「不適切」という言葉を使っているが、これは不正ではないか。

 「不適切という表現をしながら、実態は不正ではないかというご質問だが、たしかに、正しくないという意味で『不適切』という言葉をつかっているが、おっしゃる通り、これは不正というものだと思います。掲載されていないものを掲載されているかのごとく請求したというのが、最も重い罪だとしても、(広告掲載など)運用の成果について間違ったというか、虚偽報告をしたことも正しくないということで、不正と認識している。言葉の使い方ということでは、これは不適切という表現をしていますが、まあ、不正と読み替えていただいても結構です」
 「補足すると『不適切』のなかには現時点では『不正』と言えないものがあると思っている。まあ言葉の定義をはっきりさせなければいけないが、一切悪意のない『終始ミスであった』というものも含まれている。もう少し精査が必要。それ(悪意のあったもの)がどれくらいの割合かはもう少しお待ちいただきたい」

<電通「不適切と表現したが、まあ、不正です」:日経ビジネスオンライン より一部引用>
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/092300445/

(2016年9月24日)

追加記事

(2016年9月27日)

追加記事

(2016年9月30日)

追加記事

(2016年11月15日)

追加記事

2017/11/15
Residents of an apartment building in a quiet neighborhood of Nizhny Novgorod, central Russia, say they are filing a police complaint over their neighbor walking a leopard in a playground. It was secured with nothing but a simple pet leash.
The exotic pet’s owner, identified only as ‘Aleksandr’, was caught on CCTV coming down the stairs. The big cat’s stifled roars can be heard distinctly.

<Russian man walks leopard in kids’ playground, neighbors not thrilled (VIDEO) — RT World News より一部引用>
https://www.rt.com/news/409920-leopard-walking-playground-russia/

「おそロシア」と表現されるロシアではプーチン大統領がヒョウを手なずけたことが知られていますが、今度は住宅地のマンションで飼われているヒョウが犬のようにリードを付けられ、口輪なしで近隣の公園を散歩する様子が目撃されています。

<犬と同じノリで猛獣の「ヒョウ」を住宅地で散歩させている様子がロシアで目撃される – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20171121-russian-leopard/

Нижегородец выгуливает леопарда
視聴回数 92,060 回
newsnn.ru
2017/11/14 に公開

(2017年11月21日)

追加記事

(2018年1月5日)

追加記事

2018/03/26
運用を終えて「制御不能」の状況にある中国の宇宙ステーション「天宮1号」が地球へ落下する予測日が2018年3月30日から4月2日の間と絞り込まれ、いよいよ秒読み段階に入っています。
(中略)
機体の大半は、大気圏突入時の断熱圧縮による熱で燃え尽きてしまうことになりますが、大きな部品はそのまま地球に落下すると予測されています。たとえ小さく分解された部品でも、ものすごいスピードで地上に落下してくると大きな被害を生むことも考えられますが、具体的に落下するポイントは「南緯43度から北緯43度の間の地球のどこか」というほどのレベルでしか判明していない状況です。
(中略)
幸いなことに、落下が予測されるエリアは大部分が海洋に占められているため、陸地に残骸が降ってくる確率は極めて低いともみられています。その確率は3兆分の1とも算出されているので、自宅や職場、はたまた自分の頭の上に残骸が落ちてくる可能性はほぼなさそうですが、ひょっとしたら空き地や森に落下した部品を発見したり、ある日ふと海を見たら浜辺に残骸が漂着していないとも限りません。

<制御不能で宇宙から落ちてくる中国の宇宙ステーションの残骸を発見したらどうすればいいのか? – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180326-what-to-do-when-found-space-station/

(2018年3月26日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です