時代は変わるが人は変われない・・・だろう

名古屋市議会は27日、市議報酬(約1600万円)について、当面の間、年額800万円に半減する条例を全会一致で可決した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110427-00000931-yom-pol

これは素晴らしい。画期的。大拍手じゃないですか!?

名古屋は豪勢な挙式・披露宴で有名ですね。
冠婚葬祭では議員さんからは一銭も戴かないとこれはもうハッキリ決めちゃえばいいんです。
交際費がゼロで済めば、十分やってける報酬でしょう。

 大地震の直前に観測される現象が、東日本大震災では検出されていなかったことが26日、震災後初めて開かれた地震予知連絡会で報告された。この現象は東海地震の予知で重要な手段となっている。
(中略)
 巨大地震を予知できなかったことについて、島崎会長は「地震学の常識では、海溝付近のプレートがこれほど強く固着していると考えられていなかった。同じことは他の海溝型地震でも起こりうる。海底の地殻変動の監視を強化する必要がある」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000126-mai-soci

震災直前では、3月9日午前11時45分ごろ、三陸沖、牡鹿半島の東160km付近、深さ約10キロを震源とするM7・3の地震があり、宮城県北部の登米市、美里町で震度5弱。
そして11日、午後2時46分の本震は、三陸沖、牡鹿半島の東南東130km付近で、震源の深さは約10km。
これでは場所が近く、地震の規模が大きいというだけで、前震かどうかさえ判りません。
やはり現状、地震は予知・予想できないとの結論ですね。
ただしパターンがあって、近年続いたアジアのプレート型大地震では、きまって巨大地震が連続した。そのメカニズムはほぼ判明しているので、起きることは間違いない。その間隔は1カ月か3カ月か3年か。さすがにそこまでは誰も答えられません。

 チェルノブイリの高度汚染地域に生息するツバメの異常発生率が、かなり高いことがわかった。部分的な色素欠乏、クチバシの奇形、曲がった尾や左右不均等な尾などが発見されている。
(中略)
最近の統計結果では汚染地域の多様性が低下しており、鳥類の種は非汚染地域の約半分に減り、個体数は約40%まで減少し、脳のサイズも小さい。
「初めて調査に乗り込んだ2000年時点では、異常など見つかる訳はないと思っていたんだ。1986年の原発事故は鳥類に大きな影響を与えていないというのが当時の認識だったからね」とムソー氏は話す。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011042603&expand#title

放射線障害の恐ろしさは遅発性であることと遺伝子への影響。
原爆は論外として、被曝事故の例としては、即死や数週間で死ぬレベルの被害者は事故現場(放射線源から直接届く範囲)にいた人間であってその数は全体からいえば少なく、大多数は微弱な被曝。その影響が大人の場合20年くらいたってから発現する。
もちろんそれまでの間もあらゆる面で体調が悪くなるのですが中途半端なため「病気」と診断されないこともあるようです。
ですから、もし知らないで被曝していたら、医者も原因を特定できないかもしれない。
だからこそ言いますが、福島の人はできるだけ離れたところへ避難したほうがいいんじゃないか。
せめて将来ある子供たちだけでも疎開させるべきです。
なにしろまだ事故は進行中でまだ何も解決してないんですから。

 厚生労働省は27日、通常時は年間50ミリシーベルトと定めている原発作業員の被曝(ひばく)線量の上限を当面の間、撤廃する方針を固めた。5年間で100ミリシーベルトの基準は維持する。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110428/dst11042802000002-n1.htm

これじゃ原発特攻隊だ。大臣は一死を以て大罪を謝せ。

 ソニーのインターネット配信サービスから、会員の個人情報が大量に流出した問題は、ゲームや映画をネット経由で提供する「ハードとソフトの融合」戦略を掲げる同社に大きな打撃を与えそうだ。さらに、「発覚から発表までなぜ1週間かかったのか」との批判がインターネット上や海外メディア、米議会にまで拡大。
(中略)
 怒りの背景には、流出問題へのソニーの対応の遅さがある。ソニーによると、PSNがハッカー攻撃を受け、会員情報の改ざんが判明したのは19日。その後、PSNのサービスを停止し、外部の専門会社による調査も始めていた。
(中略)
米国でも民主党のブルメンソール上院議員が「なぜ、データ流出を利用客に知らせなかったのか」をただす書簡をソニーに送った。個人情報流出は、ソニーの評判のみならず、業績にも大きな影を落としそうだ。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110428k0000m020104000c.html

原発事故の対応と同じで、これもまた日本病の悪弊。
事なかれ主義、事大主義。
責任感・危機意識が希薄で、保身・責任回避を優先する。
経営を名誉職かなんかと勘違いしていて、「善きにはからえ」でリーダーシップを発揮しない。
そのため組織としての意思決定が遅く、事態をさらに悪化させてしまう。
日本ではよくても世界じゃ通用しません。

◆    ◆    ◆

最近かすみ目のせいか、読み間違えることが多くて困ります。
「株」という字が「妹」に見えたりする。
「花」が「死」に
「恐竜」が「恐喝」に
「生姜」が「生贄」に
「今一つ」が「うーっ」に
「うんちくコラム〈総集編〉」が「うんちコラム(総集編)」に見え、ギョッとして二度見したり(笑)

「ひつまぶし」と「ひまつぶし」
 「櫃まぶし」は、あつた蓬莱軒の登録商標で、
 「浅草ひつまぶし」は、浅草うな鐵の登録商標です。

瓜につめあり、爪につめなし
牛につのあり、午(うま)につのなし
Traduttore, traditore 「翻訳者(トラドゥットーレ)は裏切り者(トラディトーレ)」(伊のことわざ)
などといいますが、以下の文字もOCRソフト並に読み間違えてしまいます。

ーと一
T と 「
」 と J
7と了
5と6
8と9
rnとm
うとっ
しとレ
? と P
ちとろ
人と入
ととヒ
ヒと匕
オと才
三とミ
士と±
子とヱ
子とヂ
デとヂ
にと仁
ロと口
日と曰
白と臼
文と女
ぬとめ
冬とそ
古と占
EUと印
万と方
六と穴
久と々
中とヰ
中と巾
子と予
比と北
水とホ
山と出
石と五
出と田
田と円
凶と四
IBと旧
I日と旧
台と合
合と슴
主と圭
田と申
申と甲
甲と里
壮と牡
本と杢
杢と室
未と禾
永と氷
末と宋
可と司
囚と因
困と因
凩と困
合と含
母と毋
肝と肚
両と而
任と圧
戊と戌
戌と成
成と或
或と咸
咸と威
祝と呪
咋と昨
則と明
明と朋
貝と具
羊と年
住と性
宇と字
芋と学
芋と竿
若と苦
若と岩
苦と舌
門と凹
苗と笛
宮と官
至と로
牧と枚
星と呈
季と李
早と旱
辛と幸
柿と杮
幼と幻
杞と杷
仮と彼
保と俣
酒と洒
扱と抜
梲と税
秀と禿
更と吏
送と迭
老と者
苑と死
突と究
吾と苔
党と覚
急と魚
地と他
庭と底
串と軍
軍と車
車と事
郎と節
理と狸
神と陣
持と特
詞と訶
言と昌
雷と雪
宜と宣
咎と잠
皆と智
皆と砦
思と患
悪と恵
肩と屑
笥と筍
欽と飲
貧と貪
城と域
嶌と蔦
資と算
賛と替
皇と畠
集と築
春と舂
感と惑
昂と昴
届と痛
前と薊
惜と憎
侯と候
崇と祟
路と略
姿と婆
竜と電
願と題
拳と挙
情と惰
猫と箱
尊と導
輝と褌
美と羹
密と蜜
段と股
殿と毀
隈と猥
穀と殻
煚と焸
猷と獣
會と曾
禀と稟
鍋と縞
橋と橘
補と楠
輪と輸
邊と遑
壽と毒
薄と簿
欒と樂
椰と揶
楡と揄
藝と褻
疇と躊
聳と聲
謦と馨
櫟と轢
濃と遭
鷹と盧
櫓と穭
05とOS
0とDとリ
ISと19と18
エロとエコ
マジとマゾ
ヒタと七夕
もと右と石
そとモと毛
天と夭と夫
丰と手と毛
仏と払と私
四と匹と兀
向と何と伺
匂と勾と匁
狂と往と在
定と足と疋
迷と送と速
味と昧と妹
免と兔と兎
俍と佷と很
音と昔と盲
表と衷と喪
銀と狼と眼
制と創と割
要と妻と姜
栗と票と粟
梯と俤と佛
才女とオタ
才女とネタ
不毛とホモ
本分と水分
上司と下司
住人と狂人
投入と殺人
役人と殺人
無人と黒人
北大と牝犬
保谷と谷保
明日と明白
日米と白米
白面とB面
白身と自身
主将と王将
空白と空自
日常と日帝
発生と先生
本音と水着
良品と食品
進化と道化
予告と子宮
寿命と寿司
矢祭と失禁
発注と発狂
数千と歌手
親子と餃子
歌手と取手
無始と無給
階下と陛下
大銀と大根
斜行と銀行
朝方と親方
何部と阿部
学生と亭主
車用と専用
借用と信用
猩々と程々
星空と皇室
説教と釈放
患者と愚者
底辺と渡辺
謝ると譲る
道筋と蓮舫
運動と蓮舫
言葉と営業
途端と逮捕
春雨と春画
梅雨と版画
解説と解脱
地域と地獄
紙屋と紙屑
黒船と風船
青海と青梅
青森と青春
萩原と荻原
基地と墓地
完敗と宗教
新着と刺青
相模と相撲
屋内と膣内
華丸と睾丸
連休と遺体
関連と開運
適法と違法
除雪と除霊
属性と魔性
曖昧と嫌味
横網と横綱
躑躅と髑髏
ナレとプレと九
反EUと反日
EUとモリ
1日中と田中
UIよりとひばり
トレイとトイレ
クスリとリスク
スリルとフリル
モメるとメモる
下とドとトと上
つなぎとうなぎ
イナゴとイチゴ
スタバとパスタ
ミライとミイラ
ニキビとビキニ
ニと二とこと=
お通しとお通じ
薄切りと裏切り
SPAMとSMAP
白と自と日と目
民と良と艮と長
否と杏と정と香
杜と社と牡と祉
頁と貞と真と長
相と椙と柑と村
罵と驚と驀と鷺
黄と冀と糞と翼
瀬谷区と渋谷区
最新―と星新一
気遣いと気違い
全国一と金田一
同一性と性同一性
拍手と柏手と相手
天使と大便と大便
帽子と精子と種子
おなやみとおなじみ
しからばとしらかば
おりしもとおしりも
ダイバーとゲイバー
スライムとイスラム
ヒンギスとヒギンズ
ニチコンとニコチン
アナログとアナクロ
カンジダとカレンダ
ネット裏と裏ネット
舘ひろしと猫ひろし
文と又と々と久と匁
弱肉強食と焼肉定食
喫煙天国と嵯峨天皇
目標未達と自殺未遂
ラベンダーとベランダ
ロータリーとロリータ
マクワウリとマノクワリ
ピラティスとティラミス
バズワードとパスワード
ラとテと〒とチと千と予
臭と炅と昊と旻と杲と果
ネグリジェとジェネリック
カルツォーネとカンツォーネ
ブルーノートとブルーシート
メインクーンとメイクイーン
ライフラインとライフルマン
幕と冪と暮と墓と葛と募と慕
プルシェンコとコシノジュンコ
山田二郎と山田五郎と山田太郎
潮健児と漣健児と羅勳児(ナフナ)
本田美奈子と田中美奈子と奈美悦子
ジャネット・リンとジャネット・リノ
サンドクロックとサンドラ・ブロック
靄(もや)と海鞘(ほや)と小火(ぼや)
ナリタブライアンとアニタ・ブライアント
マーク・ザッカーバーグとマッカーサー・パーク
 

【烏焉魯魚】
うえんろぎょ
文字の書き誤り。文字の造形が似ていて書き誤ること。「烏」と「焉」、「魯」と「魚」がそれぞれ字形が似ていて、誤りやすいことからいう。
<烏焉魯魚の意味 – 四字熟語辞典 – goo辞書>

【魯魚亥豕】
ろぎょがいし
書き誤りやすい文字のこと。「魯」と「魚」、「亥」と「豕」などの字は、字形が似ているので書き間違いやすいことから。
<魯魚亥豕の意味 – 四字熟語辞典 – goo辞書>

下条正己
下条正巳
下條正已
の文字の区別がつかないから、誤植がチェックできなかったり。
は上に、 おのれ つちのと 下につき、すでのみ 中ほどにつく――このフレーズ自体からして覚えにくい。
文字ではなく図版や写真の例だと
ルーマニア国旗、チャド国旗、モルドバ国旗、信濃町国旗(笑)

悪くなってるのは目だけじゃなく、耳もそう。
いや、アタマもそうかもしれません。
視聴者と市庁舎、好景気と後継機、避暑地と非処置、気づくと築く、月当りと突き当り、腹痛いと払いたい、10日9時と倒閣時、こう書くのと広角の、考察したいと絞殺死体、汚職事件とお食事券 のように全く同じ「音(おん)」の場合、意味を勘違いすることがたまにあります。特にアクセントと音の上がり下がりが必ずしも一致しない、文脈的にも整然としていない、歌の文句ではよく起こります。
またそういうこととは別に、相手はちゃんと言ってるのに、こっちの脳が勝手に聞きまちがえてしまうことがある。これはその時の思考や関心事、先入観、直前の出来事、あるいは暗示などによってそう聞こえてしまうようです。

アスリートが「記録より記憶に残る試合をしたい」と言ったりしますね。記憶と記録、かなり似てるのに、ほとんど聞き間違えません。母音というのはそれだけ明瞭なのだと思われます。

靴と苦痛
遺書と嘘
ペンと便
不潔と不吉
地域と注記
貯金と除菌
欠航と結婚
武装と無精
遅刻と地獄
国道と極道
酒豪と集合
特殊と特集
縮小と畜生
事業と授業
持病と寿命
快眠と懐姙
表記と狂気
現地と元気
目測と憶測
百均とFuckin’
リモートと妹
整理とセール
行使とコーチ
主婦とシェフ
万力と万引き
短いと二次会
幸せと皺寄せ
夢と嫁と余命
掃除機と正直
運行とうんこ
ある日とALFEE
石窟とセックス
競馬とゲイバー
お笑いとお祓い
苦労人と素浪人
お勘定とお浣腸
勤務地とキムチ
家政科と活性化
銚子市と調布市
真ん中と漫画家
現実的と芸術的
水曜日と水様便
剥き身と不気味
京葉線と京王線
酪農家と落語家
お便所とお弁当
小惑星と小学生
備考欄と李香蘭
全世帯と全世界
汽水線と喫水線
百貨店と発火点
占有権と先入見
市庁舎と試聴者
非公然と飛行前
徒競走と都構想
美白剤と自白剤
錦糸町と禁酒中
歩合制と不愛想
採光性と再構成
製麺機と洗面器
沖ブリとゴキブリ
ジャグジーと蛇口
ビーフンとビーフ
マーシーとまわし
マケインと負け犬
食指とショック死
船賃とフニャチン
祝勝とチクショウ
割り下とバリスタ
涼しいと図々しい
立ち話と立場無し
県体育館と倦怠感
膣と地図とチーズ
信用と之繞と頻尿
期日と奇術(記述)
御詠歌と5エーカー
おざなりとなおざり
なりわいとなれあい
もしくはとモスクワ
トラベルとトラブル
ビロードとビードロ
セルビアとセビリア
あやかしとまやかし
白居易とはっけよい
後藤さんとお父さん
大場さんとおばさん
ハードルとガードル
発注ミスと八丁ミソ
寝たきりとネタ切れ
月明かりと突き当り
新丸子とちびまる子
ビンセントと便箋と
パンプキンと還付金
炭疽菌とタンス預金
野暮と野望とヤフー
京都ならと京都奈良
人間魚雷と人間嫌い
工藤静香と亀井静香
杉浦太陽と杉村太蔵
内田蘆庵と幸田露伴
長者番付と長寿番付
みなしごとみなごろし
みごろしとみなごろし
ブローカーとブロガー
バンガローと頑張ろう
又やろうと馬鹿ヤロー
Oh My God!とお前かッ
馬場署長とババシャツ
すっぴんとすっかんぴん
呼んでいると読んでいる
アルカリ化とアルカイダ
キャミソ-ルとかみそり
アン・ルイスと半ライス
排泄と猥褻とワイシャツ
お付き合いとド突き合い
ガブリエルとがぶり寄り
起訴されたとキスされた
選挙と戦況とセンキュー
先頭きってと戦闘機って
三蔵法師とタウン情報誌
活断層と核弾頭と角砂糖
ローコストとホロコースト
ゴルフセットとコルセット
メークインとメインクーン
ひったくりと知ったかぶり
ダイナ・ショアと台無しや
そう言えばとフォーエバー
温故知新とうんこちんちん
ガス・バッカスとガス爆発
サンノゼと三戸(さんのへ)
ピート・ローズとビートルズ
ブローニングとフローリング
いじめとイメージとダメージ
ホスティングとポスティング
アスペクト比とアスベスト死
イースター島といいスタート
その日暮らしとそのヒグラシ
数パーセントとスーパー銭湯
磐梯なめことバンダイナムコ
ボディラインとボブ・ディラン
聞き違いと行き違いと引き違い
ジャマイカと「じゃマァいっか」
パラグライダーとハングライダー
シンパサイザーとシンセサイザー
容疑者と夜汽車と(慶應)幼稚舎
白金(しろかね)と「城が無ぇ」
予々(かねがね)と「カネが無ぇ」
婚約と困惑と蒟蒻と「今夜食う?」
マンデラのお嬢さんと山寺の和尚さん
ハンディ(handy)とパンティ(Banti)
パート、アルバイトとハーブ・アルパート
一般人とチンパンジー(by 明石家さんま)
加茂茄子(かもなす)とカモナ・マイ・ハウス
キーパーソンとパーキンソンとパーキングメーター
ラミネートとノミネート、コリャとんでもねぇと(笑)
 

Mills Brothers – I Heard(1932)

やり投げと投げやり、こうじえん(広辞苑)と こうえんじ(高円寺)、ひゃくようそう(百葉箱)と ひゃくめんそう(百面相)。
コリャあんまり似てないネ。

うまい(うまし)と あまい(あまし)みたいに語源に関連があって似ている言葉、
「あらたむ(改む)」→「あらたし(新し)」→「あたらしい(新しい)」のように語形が音変化していったため似てるケース、
「しだらない」→「だらしない」みたいに音位が転換・転倒したらしい言葉もあります。

カカーとガガ。
カカー(Kaká)の本名はリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ。
レディー・ガガ(Lady Gaga)の本名はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ。

あゝ、ビートルズといえば、初めて『オール・マイ・ラヴィング』を聴いたとき、『明るい表通りで(オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート)』みたいだなと思いました。
曲はぜんぜん違うのに、全体的にどこかムードが似ている。
鼈甲色と琥珀色くらいは似てるんじゃないか。
そういうのって、けっこうありますよね。
『カリフォルニアの青い空』と『さらば恋人』とか。ゆずの曲聞いてて初期のモータウンを連想したりとか。

また、全体としてはあきらかに違うのに一部分だけがなぜか似ている みたいのも多い。
鼠先輩の♪ぽぽぽぽぽ…ぽーッぽッぽ!は、『ナオミの夢』のフンイキだと思った。
これなんか歌いだしのムードが似てます。

因幡晃 – わかって下さい(1976)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

五輪真弓 – 恋人よ(1980)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

最初は似ていても、それぞれ独自の展開となり、サビのメロディはまったく違います。
考えてみると、人間というのも そういうもんかもしれません。
そのうち だんだんと個性が出てくる。
最初っから強烈な個性を発揮してる人は、ずっとそのままだから、つまらない感じもする。
どう「変化」するのか、変わっていくのか、
それが面白いし、私もそれが見たい。

人の運命。これも判りません。
生々流転・有為転変というくらいで、先が読めません。
だからいいのであって、逆に 良くも悪くも「変化」のない人生じゃ 退屈で貼り合いがないでしょう。

頭脳警察 – 万物流転(1990)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

さだまさし – 生生流転(1981)

  ※(追記:この動画は削除されました

沢田研二 – 流転(1976)

  ※(追記:この動画は削除されました

上原 敏 – 流転(1937)
松竹加茂製作 同名映画 主題歌

  ※(追記:この動画は削除されました

 

20世紀で最も変化の激しい時代は1920年代と60年代だったとよく云われます。

流行音楽においては かたやジャズ、こなたロック。
ま、時代のお囃子みたいなもんで、これでみな浮かれていた。

現代もまた激しく動いておりますが、音楽の面では手法やテイストは出尽くして、目新しいものはありません。
他方、科学技術は20世紀の「原子力」「遺伝子操作」「試験管ベビー」以来、”神の領域”に近づいている感じがします。
それほどまでに高度なテクノロジーを開発しながら人間は地球環境を健全に保てないどころか、致命的なまでに破壊し続けております。
これは一言でいえば欲望のコントロールができなかったからということですね。信仰や道徳、法律や刑罰などは、あまり効果がなかった。

人間は欲望ゆえにかくも高度な文明を作り上げました。しかしいかな高度な文明であっても、滅ぶときにはあっさり滅んでいきます。
原因は、自然環境の変化であったり、強欲であったり、あるいは複合的なものであったり、いろいろでしょうけど、いまだかつて滅びなかった文明・国家はなかったし、消えなかった生物の種(しゅ)もありません。

私は「種」の寿命はあると思ってます。この調子でいけば人という種が途絶えるのはあと百年くらいかもしれない。
地球が生物の楽園になるとしたらそのときではないか、そんな気がしています。

Paul Whiteman and his Orchestra – Changes(take 3)(1927)
vocal: Bing Crosby, Al Rinker, Harry Barris, Jack Fulton, Charles Gaylord & Austin Young

This original 78-release version of “Changes” features brief solo turns from both Bing and Bix.

Isham Jones’ Orchestra – I Wouldn’t Change You For The World(1931)
vocal: Art Jarrett

Rudy Vallee and his Connecticut Yankees – I Guess I’ll Have To Change My Plan(The Blue Pajama Song)(1932)
vocal: Rudy Vallee

This Dietz & Schwartz tune had been introduced on-stage by Clifton Webb in the 1929 revue “The Little Show” and was later performed in the 1953 film “The Band Wagon.” For an understanding of the “blue pajama” subtitle, listen to the Ambrose version of the song with its more complete set of Howard Dietz lyrics.

Ambrose and his Orchestra – I Guess I’ll Have To Change My Plan(1932)
vocal: Sam Browne

Dietz & Schwartz song introduced on-stage by Clifton Webb in the 1929 revue “The Little Show” and later performed in the 1953 film “The Band Wagon.” This version includes the less-frequently-heard second verse which clarifies why the tune is sometimes subtitled “The Blue Pajama Song.”

Dick McDonough and his Orchestra – The Scene Changes(1936)
vocal: Chick Bullock

recorded in NYC June 4, 1936
Per label credit, this Billy Hill song was from the production “A Private Affair,” a title which matches a short-lived 1936 Broadway production. Among the musicians purported to have been present at this session were Bunny Berigan, Artie Shaw, Claude Thornhill, Toots Mondello, and Cozy Cole. For the McDonough flip side “On The Beach At Bali-Bali,”

Paul Handford – Why Have You Changed Your Mind(1960)
2度目の引用。

Johnny Kapp – Why Did It Have To Change(1963)

Dick Stewart – I’ll Change(1963)

Buckner Brothers – A Change Is Gonna Come

13th Power – I See A Change Is Gonna Come

This is an A-side single to “Captain Hassel” and is written by Paul Wibier, Dale Beckner.
The 45 was released in 1967 by Sidewalk Records and the catalog # is 927.
This group is from ” ? “

Reparata and The Delrons – You Can’t Change A Young Boy’s Mind(1968)

The Tams – There’s A Great Big Change In Me(1969/03)

Strawberry Alarm Clock – Changes(1969/09)

Tommy James And The Shondells – Changes
from the album “Cellophane Symphony”(1969)

Naked Lunch – Changes(1969)

Hickory Wind – Time And Changes(1969)

Dalida – Ils Ont Changé Ma Chanson, Ma(1971)傷ついた小鳥
仏語バージョン。英語と仏語の部分が予想どおり逆転している。

Serenity – Change With Freedom(1972)
New Zealand
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Medicine Head – Changin’ Man
from the album “Thru’ A Five”(1974)

The Beach Boys – Winds of Change
from the album “M.I.U. Album”(1977/09)

Anita Kerr Singers – Everything Must Change(1979)

◆    ◆    ◆

Dr. T. and The Undertakers – Times Have Changed

This is an A-side single to “Deceased (Undertakers Theme)” and is written by T. Asci.
The 45 was released in 1966 by Epitaph Records and the catalog is EP-0001.
This group is from Florida.

PPMフォロワーズ – -時代は変わる(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Beach Boys(1965) / The Hollies(1969) – The Times They Are a-Changin’

The Byrds – The Times They Are a-Changin’(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Odetta – The Times They Are a-Changin’(1965)

Peter Paul & Mary – The Times They Are a-Changin’(Tonight In Person, 1966)

Joan Baez – The Times They Are a-Changin’

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Simon and Garfunkel – The Times They Are a-Changin’(1964)時代は変る
from the album “Wednesday Morning, 3 A.M.”(1964)

Bob Dylan – The Times They Are a-Changin’(1964)時代は変る

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
こういう名乗りのグループがいました。

The Changin’ Times – Pied Piper(1965/09)

Composer: Artie Kornfeld-Steve Duboff
released September 1965
Pop Chart Peaks: Record World 66, Billboard 87, Cash Box 92
Lower-charting debut of the song that Crispian St. Peters would take into the Top 5 several months later

The Changin’ Times – Thank You Babe (1965)

The Changin’ Times – How Is The Air Up There(1965)

The Changin’ Times – Young And Innocent Girl(1965)
2度目の引用。

The Changin’ Times – I Should Have Brought Her Home(1966)

The Changin’ Times – How Is The Air Up There?(TV live)
on “Shivaree”

 

追加記事

(2012年5月26日)

追加記事

愛知県でフィリピン国籍の男が、「偽造有印公文書行使」と「詐欺未遂」の疑いで逮捕された。「偽造有印公文書行使」とは、おおまかにいうと偽造した公文書を実際に使用した罪である。
男はニセの仮免許証を使って携帯電話を契約しようとしたのだが、それを見ると日本人なら誰でもわかってしまうような痛恨のミスをしているのだ。これはバレる。

・偽造した仮免許証の間違い
誤: 愛知県賢察本部長
正: 愛知県警察本部長

http://rocketnews24.com/2013/10/16/379080/

これはド近眼で老眼の私でもすぐに分かる間違い。
外人には判別しにくいのかな?
(2013年10月17日)

追加記事

2014/2/19
 インターネット掲示板「2ちゃんねる」が2014年2月19日未明からダウンし、一時全サーバーが落ちた。
 2ちゃんねる創設者の西村博之氏がツイッターで「こうしてささやかに終わり、時代は変わっていくんですなぁ」と意味深な発言をしたことから、「2ch全サーバーダウンって…遂に閉鎖?」という噂も出た。
http://www.j-cast.com/2014/02/19197119.html

(2014年2月19日)

追加記事

【見た目(形)が似ているもの】

遮眼子木杓子(おたま)

(2015年1月5日)

追加記事

 行徳の場合も、川沿いの平らな自然堤防のナリ・トコ(「床」のトコは「高い」意)という地形地名に、類音の仏語「行徳」を借音したのかもしれない。

<楠原佑介著『日本の地名』P70 より一部引用>

成床(なりとこ)→行床(なりとこ)→行床(ぎょうとこ)→行徳(ぎょうとく)
類音である、床(とこ)と徳(とく)。
徳の文字を使うことで「とこ」が「とく」になったという説。
(2015年6月8日)

追加記事

聞き違えネタ。
(2015年7月11日)

追加記事

(2015年9月7日)

追加記事

空目(そらめ)とは、
1. そこに存在していないものを見たと認識してしまう事(幻視)
2. 実際には見ているものを見ていないふりをする事
3. 顔全体でなく瞳だけを上に向けて見る事
である。この内1と2には同様の事を耳でする「空耳」がある。
<空目 – Wikipedia>

これは造語であろうな。
「見間違え」「御見逸れ」「眼鏡違い」「端倪」「見做し」「錯視」とかじゃピッタリこないか。
(2015年10月5日)

追加記事

2015/11/12
 プロ野球の始球式でアイドルや有名人がマウンドに立つたび、ネットニュースや新聞紙面におどる「ノーバン」の見出し。なかには「ノーパン」と間違えてクリックし、「釣り見出しだ!」と憤る人もいます。
(中略)
 そもそもアイドルが始球式をノーバウンドでこなしたという情報に、わざわざ見出しにとるほどのニュース性はあるのでしょうか。たとえば、高齢の選手OBや過去に大病を患った人が始球式を務める場合には、「ノーバン」=「元気、健康の証」ということで、見出し化する必然性があると言えます。一方、主語が若い女性の場合、「ノーパン」との誤認を狙っているのではないか――といぶかる声が絶えないのも事実です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000004-withnews-ent

「ノーバン」と「ノーパン」。
「バ」と「パ」
白状すると、おれも「ノーパン」だと思った。
しかもだ、記事を読んでもまだ「ノーパン」だと思い込んでいた(笑)
(2015年11月12日)

追加記事

(2015年11月14日)

追加記事

2016/03/03
 大統領だった盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏の没後、名だたる高僧が揮毫(きごう)した「大統領盧武鉉」の文字を、そのまま墓の盤石(フタになる部分)に彫り込んだ。ところが、それは「盧武鉉」の「盧」の字が、部首とそれ以外が微妙に違う「廬」になっていた(=その後どうしたかは不明)。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160303/frn1603031140002-n1.htm

「盧」よりむずかしい「廬」とまちがえたの?
(2016年3月3日)

追加記事

見間違え・聞き間違えとはまったく別の次元の「誤読」。
その人の言語空間の常識からは外れた「読み」であることが多い。
(2016年8月11日)

追加記事

東京都の多摩地域北西部にある青梅(おうめ)

東京都江東区の青海(あおみ)

どちらが親(ちか)しいかといえば、私も青梅(おうめ)です。
(2016年10月3日)

追加記事

2016/10/31 ここ数年、AM民放ラジオは大きく変わった。ラジコの登場に、FM帯での放送で音質が格段によくなった。AMにつきものだった雑音がまったくない。加えて今回の「タイムフリー」。至れり尽くせりだ。
 「すぐにテレビに波及することはないでしょうけど」と前置きし、テレビ局プロデューサーが語る。「ラジコのタイムフリーをテレビに当てはめる時代が来るのではないでしょうか。視聴者が、いつでも自由に番組を取り出して、見る時代。ボブ・ディランの歌ではありませんが、『時代は変わる』ですからね」
 対岸の火事が飛び火しないという保証はない。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161031/enn1610311530008-n1.htm

(2016年10月31日)

追加記事

(2016年12月8日)

追加記事

(2018年1月13日)

追加記事

(2018年6月30日)

追加記事

(2018年7月27日)

追加記事

(2018年7月29日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です