「我々に情報はなかった」

 総務省は16日、2012年10月1日現在の推計人口を発表した。在日外国人を含む総人口は前年比28万4000人(0・22%)減の1億2751万5000人で、2年連続して過去最大の減少となった。65歳以上の高齢者の割合が、初めて全都道府県で0~14歳の年少者を上回り、少子高齢化の進展を裏付けた。
 出生児数が死亡者数を下回る「自然減」が20万5000人に達したほか、東日本大震災などの影響で外国人の出国者数が入国者数を5万6000人上回ったことが、人口減の要因となった。
 総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は0・8ポイント上昇の24・1%。うち75歳以上は0・4ポイント上昇の11・9%でいずれも過去最高を更新。年少者の割合は0・1ポイント低下し、過去最低の13・0%だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130416-00000089-jij-pol

人類の総人口は増えているのに日本人は減っている。
主たる原因は、何度も書いてるように、前回の自公政権が雇用制度をブッ壊し、生活や人生設計の展望ができなくなったから。
ほんとにバカヤローどもだね。
もっとバカなのはまたぞろ連中に投票した有権者だ。

米マサチューセッツ州ボストンで15日開催されたボストンマラソンのゴール付近で2回の爆発が起き、同州捜査当局によると8歳の少年を含む3人が死亡した。連邦当局は爆弾テロ事件とみて調べている。
地元の病院によると負傷者141人以上が手当てを受け、うち少なくとも17人が重体。負傷者の中には子どもが8人以上含まれている。捜査状況の説明を受けたテロ専門家は、少なくとも10人が手や脚を切断されたと述べた。
http://www.cnn.co.jp/usa/35030878.html

 警察当局によると、爆破は「強力な爆発物」で、FBIは「テロ攻撃」との見方を示している。米紙ニューヨーク・ポストは、警察当局がサウジアラビア国籍の20歳の男を病院で監視下に置いているとし、FOXテレビはこの男が重度のやけどを負っていると報道。警察当局は、犯人は複数でグループでの犯行とみて調べている。
 一方、現場から約6キロ離れたボストンのケネディ図書館で爆発事件直後に起きた爆発について、警察当局は火災関連で起きたことを明らかにした。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130416/frn1304161538007-n1.htm

イスラム原理主義過激派は否定しているらしい。
私は北朝鮮の犯行かアメリカの自作自演ではないかと疑っている。
アメリカはトンキン湾事件やケネディ暗殺のようなことを平然と行なう、謀略・謀殺好きな国家で、
もう一方の北朝鮮はズバリ、カルトなテロ国家。
どちらも、いかにも やりそうじゃないか。

YouTubeに自称日本人の「ボストン・テロ祝福動画」がアップ、”韓国人のなりすまし”と疑う声多数
2013年04月16日 18時06分
15日午後2時50分(日本時間16日午前3時50分)ごろ、米東部マサチューセッツ州ボストンで開催されていたボストン・マラソンのゴール付近で、2度の爆発が起きた。
現場付近でさらに二つの爆発物が見つかったが、捜査当局によって処理されており、現在米連邦捜査局(FBI)がテロ事件とみて捜査を開始している。
約2万3000人が参加しており、3人が死亡、百数十人の負傷者が出ていると報じられるなか、YouTubeに「I cerebrate the terror of Boston!」という動画があげられ、物議をかもしている。
動画は全部で17秒と短いもの。男性の口元から下が撮されており、「ボストンのテロを祝福します 在日米軍は不要です」と、笑みを浮かべながら英語で話しているものだ。
この動画をあげた人物は「takoyaki200812」と名乗り、プロフィール欄には「オレは日本人だ!オレの英語はイケてるぜ!」などと記したうえ、動画があげられた直後には「太極旗」のロゴが入っていたという(16日14時時点、削除されている)。
これについて、動画には

「なりすましに注意!!」
「こんなヘイトスピーチをする人間は絶対に許さない」

という日本語でのコメントのほか、

「He is not Japanese or? Chinese.He is Korean!!」
(彼は日本人でも中国人でもない、韓国人だ!)

「He must be Korean, pretending to be Japanese,
trying to damage Japan’s reputation.」
(彼は日本の評判にダメージを与えようとして、日本人のフリをした韓国人に違いない)

という英語での投稿も多数。いずれも投稿者が本当の日本人ではなく、”なりすまし”を疑っている声が多数だ。
http://news.aol.jp/2013/04/16/boston-terro/

井上香 | 2013年4月16日 23時55分 更新
ボストンマラソン爆発テロ、日本人を騙る悪意の動画に非難集中
takoyaki200812
日本人を騙る韓国人?による動画スクリーンショット(Youtubeより)

 15日午後(日本時間16日早朝)、米東部マサチューセッツ州ボストンで起きた爆発テロと見られる事件について、8歳の子どもを含む3人が死亡、負傷者は現在重傷者を含み現在173人と発表されている。この日は国内外から多くの参加者が集う「ボストンマラソン」の開催中であり、子どもまで犠牲になったことに胸を痛めている人は多いだろう。
 動画の中では、口元だけを映した男性が英語を使用、まず「ボストンのテロを祝福します」と述べ、その後「在日米軍は不要です」と続く。アカウント名とコメント内容からいかにも日本人のように見えるが、日本人を騙る韓国人だという指摘ばかりが多数寄せられている。
 なぜなら現在、このアカウント保持者によるネット上の発言が集められているが、その多くは日本を揶揄するもの。正しい日本語で綴られてはいるものの「日本は下品だから」「独島は韓国領」など、およそ日本人の発想とはいえないものが並ぶ。また、「韓日」と韓国を前にした表記は複数見受けられた。さらに、動画をアップロードするためのアイコンボタンが韓国特有の対極マークだったという指摘もあり、素性を疑われるのも無理はないだろう。
 これに対し、「早く削除して謝罪したほうがいい」「亡くなった罪の無い人を陵辱するのは許されない」などといった良識有る声をはじめ、英語、ハングル語などで続々とコメントが寄せられる事態に陥っている。
http://jp.ibtimes.com/articles/42976/20130416/893858.htm

I cerebrate the terror of Boston!
公開日: 2013/04/15

Thx for Google Transelate!
I am Japanese!
My English is Cool!
Ching Chong!

  ※(追記:この動画は削除されました)

 

I cerebrate the terror of Boston!
こちらは証拠保全のため第三者がまるごとコピーしアップしたもの。

バカだなぁこいつ。
今ごろアメリカの捜査機関に追い詰められてるはずだ。

Jimmy McGriff – Boston Bust Out(1966)

Dave Loggins – Please Come To Boston(1974)

 金日成主席の生誕記念日(15日)に合わせてソウルで開かれた集会で、韓国の保守団体が金正恩氏らの写真を付けた人形を燃やすパフォーマンスを行った。これに対し、北の首脳部は敏感に反応。朝鮮中央通信によると、北の朝鮮人民軍最高司令部は16日、韓国への「最後通牒」と題した文書を出してきた。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130416/frn1304161150001-n1.htm

これは怒るのは当り前。
韓国の反日デモでは 日の丸、天皇や首相のイラストを普通に切り刻んだり燃やしたりしてるが、日本政府が抗議したって話は寡聞にして知らぬ。

Johnny Hallyday – Je veux te graver dans ma vie
「私の人生であなたを燃やしたい」の意。
Got To Get You Into My Lifeの仏語カバー。

2013/03/20
イラク戦争10年 福田元首相「我々に情報はなかった」
イラク戦争と検証の動き
 イラク戦争開戦当時、官房長官だった福田康夫元首相が朝日新聞のインタビューに応じ、小泉純一郎首相の開戦支持表明の直前、英国からブレア首相の議会演説に先駆けて支持を打ち出してほしいと打診されていたことを明らかにした。「イラクに大量破壊兵器(WMD)がある前提」で支持した日本だが、判断材料を得ようにも「手も足もないという感じがした」と日本独自の情報入手ができなかったと率直に認めた。
http://www.asahi.com/politics/update/0320/TKY201303190570.html

この人は政治家にしては珍しく、正直な人のようだ。
「イラクに大量破壊兵器がある」と嘘の言いがかりをつけて戦争を始めたアメリカ。
当時の自公政権はアメリカが嘘をついてるかもしれないと知っていて、あえてそれに同調し「平和維持活動」の美名の下、海外派兵を行なった。
今回も自公政権はあらゆる事態・情報を利用して政治を壟断するだろう。今度のテーマは憲法改変だ。
すべての責任は愚かな有権者にある。
戦前は明治維新がスタートだったから仕方ない部分もあったが、戦後は全き民主主義を手にしたところからのスタートである。
それを使いこなせなかったのは誰のせいでもない、日本人自身が悪い。

 中国統計局が発表した今年1~3月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比7・7%増となり、予想外の減速となった。だが、中国経済の実態はもっと深刻かもしれない。GDPの算出についてデタラメぶりが暴露されたほか、貿易統計では輸出額の大幅な水増し疑惑も浮上、世界の投資家の不信感は募るばかりだ。
 8%台を回復するとの市場予想を下回った要因について、中国国家統計局の盛来運報道官は15日の記者会見で、先進国の金融緩和が人民元の対ドル相場上昇を招き、輸出に悪影響を与えたことなどを挙げた。日中関係の悪化で両国間の貿易や投資が低迷していることも影響したとみられる。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130416/frn1304161811010-n1.htm

中国政府の出す数字がデタラメなのは前から分かってたので、べつだん驚きもしない。
上から下までルールを守ろうという気持ちが微塵もないのだ。

Johnny Hawksworth – Jazz Rule(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Diamonettes – Rules Are Made To Be Broken(1970)

The Cornerstones – You Rule Me(1966)

The Hotenanny Singers – Baby Those Are The Rules(1966)

Josephine Sunday – Don’t Let Your Mind Rule Your Heart(1965)

Out of Los Angeles, this 1965 release is the fantastic flip to the galloping Spectoresque, ‘You Won’t Even Know Her Name’. ‘Don’t Let Your Mind Rule Your Heart’ is a finger-snapping number that has gained an audience over the years with the Northern Soul Crowd.

Dale & Grace – Rules Of Love(1965/02)
2度目の引用。

The Schoolboys – Schoolboys Rules(1963)

  ※(略)

 

The Beach Boys – Surfers Rule(1963)

Daimi – Too Many Rules(1962)

Connie Francis – Too Many Rules(1961/08)大人になりたい

以下、「ルール」「Rule」を含む投稿。

Billy Sherrill – Rules Of The Game(1960)

  ※(略)

 

Russ Conway – Rule Britannia!(1960)

  ※(略)

 

Jimmie Snow – Rules Of Love(1958)
2度目の引用。

しかし大昔の中国人は偉かったね。
 渇しても盗泉の水を飲まず
 李下に冠を正さず
などといっていた。
日本人はみな中国伝来の道徳を学んで、やっとここまで来たんだよ。

John Dankworth – Dances from the Chinese Elements(1969)

  ※(略)

 

Frank Sinatra – Oh! What It Seemed To Be(1946)
orchestra conducted by Axel Stordahl

Posting all four top-5 charted versions of the major ballad hit. Following closely behind the best-selling Carle disc was this leading radio airplay version by Sinatra (both artists recorded for Columbia), which reached #2 on the sales chart. Other Frank Sinatra hits included in the 1946 collection: “Five Minutes More” “Day By Day” “The Coffee Song” “They Say It’s Wonderful” “The Girl That I Marry” and “The Things We Did Last Summer.”

Dick Haymes and Helen Forrest – Oh! What It Seemed To Be(1946)
orchestra conducted by Earle Hagen

The popular Haymes-Forrest radio team peaked at #4 on the sales chart with their recording…and another Haymes-Forrest offering “I’m Always Chasing Rainbows”.

Charlie Spivak and his Orchestra – Oh! What It Seemed To Be(1946)
vocal: Jimmy Saunders

Trumpeter Spivak recording peaked at #5 on the weekly best-sellers rankings.

Frankie Carle and his Orchestra – Oh! What It Seemed To Be(1946)
vocal: Marjorie Hughes

Posting all four top-5 charted versions of this major ballad hit. This post by the song’s co-writer Carle was the really big one…spending 11 weeks atop the juke box rankings and 6 at #1 in record sales. Vocalist Marjorie Hughes (Carle’s daughter) would also be featured later that year on another blockbuster hit for the band, “Rumors Are Flying.”

以下、「ルール」「Rule」を含む投稿。

以下、「大人になる」「子供ぢゃないの」「子ども」「こどもの日」を含む投稿。

 東京都営地下鉄・バスの24時間運行へ向けて動き出した。政府の産業競争力会議の民間議員が三大都市圏などを対象にまとめた新たな特区制度の具体案に盛り込まれたものだが、サラリーマンにとっては便利になるか、それとも労働強化になるのか。
 新たな特区は「アベノミクス戦略特区」と名付ける。17日の会合で検討を始め、6月に策定する成長戦略の柱に位置付ける。東京都では都営交通の24時間運行のほか、都営地下鉄と東京メトロの一元化、外国の医師免許を持つ人に一定の医療行為を認めることや、救急医療の外国語対応などを実施する。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130416/dms1304161543012-n1.htm

おいおい、人間、夜は寝るもんだ。
いくら自分がやるわけじゃないからって、現場の意見を聞かずに先に言い出す奴があるかい。
夜中に働く者の身にもなってみろっての。

Sonny Dae and His Knights -(We’re Gonna)Rock Around The Clock(1954/03)
2度目の引用。

Composer: Jimmy De Knight, Max C. Freedman
Producer:
The original single was issued on Arcade AR-123 -(We’re Gonna)Rock Around The Clock (Jimmy DeKnight-Max Freedman) by Sonny Dae And His Knights, recorded March 20, 1954
The story goes that this was written for Bill Haley, but he was unable to wax his own iconic version until 23 days after this first recording of the song by Dae. Haley’s then lay largely dormant until the following year when it caught fire after being heard during the opening titles of the 1955 film “Blackboard Jungle.”

Bill Haley and his Comets – (We’re Gonna)Rock Around the Clock(1954)

Blackboard Jungle(1955)暴力教室 Trailer

追加記事

ボストン・マラソン連続爆破テロ事件で、捜査当局は19日未明(日本時間同日午後)、ボストンから西約16キロのウォータータウンで容疑者の男1人を銃撃戦の末に拘束した。男は搬送先の病院で死亡が確認された。残る1人の容疑者の男は逃走している。捜査当局は19日、逃走中の容疑者を、ボストン北方に隣接するマサチューセッツ州ケンブリッジ在住のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)と特定し、18日に続いて顔写真を公表。事件は15日の発生から3日で急展開し、今後は逃げる容疑者の身柄確保と動機の解明が急がれる。
 米NBCテレビなどは、容疑者2人が26歳と19歳の兄弟で、ロシア南部などに住むチェチェン人と伝えた。銃撃戦で死亡したのは兄で、タメルラン・ツァルナエフ容疑者と見られる。逃走しているのは弟で、米国内に数年滞在しており、マサチューセッツ州発行の運転免許証を所持しているという。2人は共に軍事活動の経験があるとみられるという。
http://mainichi.jp/select/news/20130420k0000m030091000c.html

Surveillance Video Related to Boston Bombings
公開日: 2013/04/18
More at: http://www.fbi.gov/bostonbombings
Submit tips to: https://bostonmarathontips.fbi.gov

事実なら私の予想は大ハズレだったということ。

(2013年4月19日)

追加記事

2013年4月20日(日本時間、以下同)、米ボストン警察はボストンマラソンで起きた爆弾テロ事件の容疑者を拘束したと発表した。逃走していた容疑者との激しい銃撃戦の末だった。
 発表の直後、ボストン警察は公式ツイッターで「確保!!!追跡は終わった。捜査は完了した。恐怖は去った。そして正義は勝った。容疑者を拘束した」と高らかに勝利宣言を書き込んだ。
http://www.j-cast.com/2013/04/20173571.html

(2013年4月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です