Where were you in ’62 ?

Rocky FellersLong – Long Tall Sally
perform on “Jack Benny Show” Nov 27th, 1962.

Billboard Hot 100, 1962

相手役を得た 美空ひばりさん

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Where were you in ’62 ?
1962年、あなたはどこにいたか?
あたしゃ東京都下、昭和30年まで北多摩郡と呼ばれた地域に住んでました。

沢たまき – その時あなたは何をしていた?
作詞・作曲:藤本卓也、編曲:小谷 充

What were you doing in ’62?
1962年、あなたは何をしていたか?
幼稚園に入る1年前のことなど、憶えてません。

「1962」をキーワードにYouTubeを検索してみると、、、こんなん出ましたけどォ

 

本家アメリカ以外の、イタリア、フランスを中心としたツイスト・ソング集(再生リスト)。
動画が多いのがうれしい。
リストでは全49曲となってますが、著作権抵触のため、いくつか削除されてます。

 

Twist Around the Clock(1961)狂熱のツイスト

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Twist All Night(1961)

Twist Craze(1962)

Лившиц и Левенбук- твист, голубой огонек 1966

Твист из к╲ф Белый рояль 1968, Вокализ ВК “Аккорд”

東欧圏では1966年、遅れてツイストブームが起きたのかしらん? この映画の輸入・公開がきっかけか?

◆    ◆    ◆

オリジナルと”革ジャン” ビートルズ版の聴き比べ。

Arthur Alexander – Anna(Go To Him)(1962)
piano by Floyd Cramer

Pop Chart Peaks: Cash Box 67, Billboard 68, Music Vendor 72 Billboard R&B: 10
Only a moderate success in this original recording, “Anna” became more widely-known via its 1963 album version by The Beatles (released in the U.S. in 1964).

Warren Lee – Anna(Stay With Me)(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Warren Lee – Oh Anna(We’re Gonna Get Married)(1963)
ハッピーエンドのアンサーソングはよくあるパターン。

The Beatles – Anna(Go To Him)(1963)

Les Silhouette – Anna(1964)
Canada

The Fiestas – Anna(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Martin – Anna(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
大津美子 – 東京アンナ(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
◆    ◆    ◆

もう一丁、聴き比べ。今度は別の曲。
シカゴのスターレッツがフィラデルフィアで録音し、ブルーベルズ(パティ・ラベル、ノナ・ヘンドリックスが在籍)名義で発売されて1962年にヒットした『アイ・ソールド・マイ・ハート・トゥ・ザ・ジャンクマン』。
のちに’60ミュージカルショー『ビーハイブ(Beehive)』でも取り上げられているこの曲は、ベイズン・ストリート・ボーイズ、エッタ・ジョーンズ、ダイナ・ワシントン、シルエッツらが歌ったバラードをアップテンポにアレンジしたもので、ディー・ディー・シャープもレコーディングしてます。

The Basin Street Boys – I Sold My Heart To The Junkman(1946)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Four Tunes – I Sold My Heart To The Junkman(1955)

The Silhouettes – I Sold My Heart To The Junkman(1958)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Blue-Belles – I Sold My Heart To The Junkman(1962)ハートはカラッポ
arranged & conducted by Bobby Martin

Though label-credited to Patti LaBelle’s group The Blue-Belles, the actual artists were a different girl group called The Starlets.

Dee Dee Sharp – I Sold My Heart To The Junkman(1962)

 

Ruth Brown – Sold My Heart To The Junkman(1997)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Isham Jones and his Orchestra – Junk Man(1934)
vocal: Eddie Stone

 

比較対象は、ボビー・ヴィーのナンバーでは一番好きな『A Letter From Betty』(1963)。
歌いだし、似てませんか?

Bobby Vee – A Letter From Betty(1963/05/24)

ボビー・ヴィーより こっち(  ↓  )のほうが先だったようです。

Iain Gregory – Mister Love Bug(1962/04)
イアイン・グレゴリー – ミスター・ラヴ・バッグ
“Mr. Lovebug”との表記もある。
UK Pye Records

これ(  ↓  )はどうでしょう?

Wayne Rooks – Where Does The Clown Go?(1962)悲しきピエロ

Brian Weske – Where Does The Clown Go(1962)
UK

Rick Randell – Dining And Dancing(1962)ダイニング・アンド・ダンシング
Terry Day “Be A Soldier”(1963)ソルジャー にも似てます。

ヴァリエーションということでいえば以下に挙げる楽曲も含まれるでしょう。

 

Bryan Davies – Without A Shoulder To Cry On(1962)
出だしがその雰囲気。ボビー・ヴィー経由の「しゃっくり唱法」もあり。

Skeeter Davis – What Does It Take(To Keep A Man Like You Satisfied)(1967)

Charted at #5 on Billboard Country chart in July 1967, and bubbled under the Billboard Hot 100 at #121.

Gianni Morandi – E’ colpa mia(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Gianni Morandi – E’ colpa mia
本人が撮って、上げてます。
Clip pubblicata sulla pagina facebook ufficiale il 22 luglio 2014

Donna Lynn – There Goes The Boy I Love With Mary(1964)

Billy Boyle – I’m Comimg Home(1963)。

Kit Fleming – All By Myself Alone(1962)許しておくれ

The Premiers – Pigtails Eyes Are Blue(1960)
Aメロがこの系統。

 

The Webtones – Short Time Love Affair
aka The Danleers

◆    ◆    ◆

さて話は戻って、ふたたび1962年。

P. Ramlee – Jangan Tinggal Daku(1962)

美黛 – 意難忘(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

湯蘭花 – 母子淚(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

崔萍 – 意難忘

  ※(追記:この動画は削除されました

 

張惠妹 – 意難忘(歌聲妹影 – Live in HK)

山口淑子 – 東京夜曲(セレナーデ)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

洪鐘 – 幾度花落時

  ※(追記:この動画は削除されました

 

『Jangan Tinggal Daku』というのはマレーシアの歌らしい。まるで日本の歌謡曲みたい。
台湾歌手・美黛(メイ・ダイ)の『意難忘』は1949(昭和24)年の山口淑子『東京夜曲(セレナーデ)』のカバー。西田佐知子の『東京ブルース』がこの曲にかなり似てます。
『幾度花落時』は高峰三枝子『南の花嫁さん』。でもちょっとメロディ変えてるか。録音は1970~72年くらいの感じです。

◆    ◆    ◆

社長洋行記(1962)予告篇

Varan the Unbelievable(1962)
『大怪獣バラン』をアメリカが海外向けに改作した『Varan the Unbelievable』。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Seattle World’s Fair – Century 21 Calling – 1962
『Seattle Worlds Fair』はシアトル万博のPR映画。

 

追加記事

Class Reunion Song Hit Montage – 1961-62 School Year

Class Reunion Song Hit Montage #2 – 1962-63 School Year

(2016年4月30日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です