スペインのROCK/POPS(6)

2015/05/28
スペイン統計局が28日発表した同国の第1・四半期の国内総生産(GDP)確報値は前期比0.9%増で、速報値と同じだった。昨年第4・四半期の0.7%増から加速した。年率換算のGDP成長率は2.7%となり、速報値の2.6%からわずかに上方修正された。
消費支出の回復に支えられ、第1・四半期の経済成長率は四半期ベースで約7年ぶりの高水準を記録した。
スペインは今年、欧州の中で最も成長率が高い国の一つとなった。域内の多くの国々と同様に、原油安やユーロ圏の景気刺激策、輸出を後押しするユーロ安が追い風となった。
消費者マインドの改善も大きく寄与した。これまでは長引く景気後退で家計支出が大きく落ち込んでいた。
http://blogos.com/article/113424/

なんとスペイン経済が復活しております。よかったね。

 

Frank Miller y Sus Hispana Soul – Sicodelico(1969)

Adriangela – Buenos Dias(1969)

Jackie – Johnny(1970)

Diana – Cuando Te Veo Por Las Mañanas En La Playa(1970)

Los Ochenta Centavos – El Vino De Mi Pueblo(1970)

La Nueva Banda De Santisteban – Nuestro Ayer(1970)

Ethel y Los Drakers – Siempre Brilla El Sol(1971)

Caña Brava – Bla, Bla, Bli Bli(1971)

Ethel y Los Drakers – Río Sin Fin(1971)
“River Deep Mountain High”

 

Aurora

Aurora – Creo Y No Creo(1966)

Aurora – Tan Solo Tu Y Yo(1968)

 

Soledad

Soledad – Concierto En Fa(1968)

Soledad – Quiero Saberlo Todo(1968)

 

スペインのROCK/POPS(5)

2014/06/02
スペインのラホイ首相は2日、国王フアン・カルロス1世(76)が退位し、フェリペ皇太子(46)に譲位すると発表した。突然の発表で、スペインや欧州各国では驚きが広がっている。スペインには王位を移譲する法的制度がなく、首相は緊急に手続きを取る考えを示した。
 国王は1975年、独裁体制を敷いたフランコ総統の死去に伴って即位。民主化を推進した立役者として絶大な支持を受けていた。
 ただ、近年の健康不安に加え、2012年には債務危機で国民生活が影響を受ける中、アフリカ・ボツワナで「ゾウ狩り」をしていたことが発覚。王族のスキャンダルも続き、国民の支持も低下していた。
 フェリペ皇太子は五輪の元ヨット代表選手で、20年夏季五輪の招致活動に尽力したことでも知られ、国民の人気も高い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl-a=20140602-00000546-san-eurp

「スペインには王位を移譲する法的制度がなく」
日本もたしか同じで天皇は終身の身分となってるんじゃなかったっけ?

 

Sylvia Nelson – Es Tu Error(1967)
“You’re Wrong There Baby”

Rudy Hernandez – Soy Como Quieres Tu(1967)

Piedad – En Tus Brazos(1967)

Isa Zaro – Ya Veras Este Verano, Amor(1967)

Marisel – Caprichosa(1968)

Luisa – Nuestro Recuerdo(1968)
スペインの作曲家・ギタリストのフランシスコ・タレガによるギター独奏曲『アルハンブラの思い出(Recuerdos de la Alhambra)』

Elia Fleta – Mentirillas(1968)

Mari Trini – No Sé Qué Pasará(1968)

Los Magos De Oz – La Flor(1968)

Maria Del Valle – Todo Es Maravilloso(1969)