032 長崎の夜はむらさき/033 京都慕情

わたしをつくった101枚

京都祇園祭の最初のハイライト宵山・山鉾巡行のころから、同じく京都 五山送り火までのひと月あまり(7月14日~8月16日)は、亡き人の事どもが何くれとなく思い出される、そんな時期です。
その前に日本では、アジア・太平洋戦争末期のいわゆる沖縄戦において、日本軍の組織的な戦闘が終わった日(1945年6月23日)を記念し、二度と戦争の惨禍をくりかえさせない決意をこめ沖縄県が制定したところの 沖縄「慰霊の日」があり、
次いで、2度の原爆忌、それぞれに広島平和記念式典(8月6日)、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典(8月9日)が執り行われ、
まるで火事場泥棒のようなソ連の対日参戦(1945年8月9日)に抗議する公の行事はなぜか無いのですが、
12日、日航ジャンボ墜落事故 被害者家族らの「御巣鷹の尾根」慰霊登山が、
15日の終戦記念日には政府主催の「全国戦没者追悼式」が行なわれるという、そういう期間でもあり、なおのこと、死んでいった者たちのあの頃の無念が ひしひしと胸に迫ってくる気がいたします。
そしてまた、過去というものに、いろいろと思いを馳せる機会が増える、ということもあります。
私にとって、そうした季節感を象徴している二つの歌をご紹介しましょう。これまでも何度か採り上げていますので、もはや新たに語ることもないのですが、”私を作った歌”としてはいつか出さないわけにはいかないので、頃合いのこの時機に載せることにしました。

(左)『長崎の夜はむらさき』作詞:古木花江、作編曲:新井利昌、歌:瀬川映子(現:瀬川瑛子) 発売:クラウン、1970年3月。

1970年の4月か5月ごろ、実家最寄り駅のひとつ隣の駅、これがちょっとだけ大きいんですがその南口広場で、クラウンレコードの姿憲子と斉藤浩子が、70年2月新譜の『姿三四郎』と『おへそ』を歌うのを見た憶えがあります。私は瀬川瑛子の登場を期待したのですが、すでに歌の人気に火がついて忙しくなっていたらしく、けっきょくその日は来ませんでした。

シングル「函館の雨はリラ色」c/w「みんな消えても」瀬川映子(現:瀬川瑛子) クラウン 1970年11月『長崎の夜はむらさき』(1970年3月1日発売)はデビュー後7枚目のシングルだったそうで、続編のような『函館の雨はリラ色』(1970年11月25日発売=右)との間に『星は濡れている』というシングルが出されています。そのB面が清水みのる・利根一郎の『星の流れに』でして、発売日が1970年8月25日だったというのは時季的なものを狙ったのかとも思えますが、日本人は終戦の日を過ぎるととたんに健忘症になってしまいますので、そのせいもあってか話題にはならなかったように記憶しています。

あの頃の瀬川瑛子はようやくブレイクしたものの売れてない芸能人ならではパッとしないルックスで、『命くれない』以来の、あの明るく華やかな雰囲気からは想像もできないくらいでした。小林幸子もビクター移籍後の低迷期はやはりそんな感じでしたね。ちょうど同じ時期です。売れてきて、なおかつ私生活も充実してると、みなさん顔つきまで変わってくるんですよね。オーラも出てきて……。

この歌は「未練」と「追憶」の歌ですね。それが歴史ある街、変化に富んだ地勢の街、長崎のイメージとうまく重なっています。折しも電通による国鉄の旅行客増加キャンペーン『DISCOVER JAPAN 美しい日本と私』が始まり、空前の国内旅行ブームが若い女性を中心に沸き起こりつつありました。ファッションと旅行が日本で初めて結びついたのもこのときです。この歌のヒットの背景にはそうしたこともありました。

長崎の歌、いろいろありますが私のベストは春日八郎『長崎のひと』(1963)。イントロからしていいですね。
『長崎の夜はむらさき』のイントロもなかなかよろしい。印象的なギターの音(スチール弦?)、パパパヤの女声コーラス。チェンバロ、鉄琴も入ってますかね。
モダンフォーク、フォーク・ロックの流行のせいか、アコギを使ったイントロの曲が数多く生まれました。チェンバロの音色(ねいろ)もいかにも当時風です。ただほんとのチェンバロをスタジオに入れて録ったのか、違う楽器でチェンバロ風の音に作ったのかは私は分かりません。てっきりその音がマンドリンや大正琴だとばかり思ってたら、違う楽器だったということもこれまでけっこうありましたしね。
ブレッド&バター『傷だらけの軽井沢』、じゅん&ネネの『プリーズ・プリーズ・プリーズ』、そして次に採り上げる『京都慕情』。それぞれのイントロで使われてる楽器は似たような音ですが、私は全部違うんじゃないかと疑(うたぐ)ってます。
『八月の濡れた砂』、あの弦の音は何でしょう。管弦楽でもたまにしか使われないような楽器でしょうか。

上掲のシングル盤ジャケットがイニシャル(初回プレス)生産時のものかどうか分かりません。ヒットしたのでジャケットを派手なものに差し替えるということはよくあります。当時クラウンレコードはふつうはペラ一枚でしたから、6枚ヒット無しが続いて、次に見開きで というのはなにか事情があってのことだったのかもしれません。

 


 (左)『京都慕情』作詞:林 春生、作曲:The Ventures、編曲:川口真、歌:渚ゆう子 発売:東芝音工、1970年12月。

渚ゆう子はいちおうハワイアン出身ということになってます。どうも、芸能界デビューに際しての行きがかりで その方面の人たちのバックアップを受けた、という感じではないでしょうかね。女性ハワイアン歌手では、エセル・中田、南かおる、浜れい子、日野てる子、衛藤かをり、影山ひろ子などが有名ですが、そうした方々のスタンスとは少々異なる印象があります。

京都の恋
「京都の恋」(きょうとのこい)は、ザ・ベンチャーズが日本で発売したシングル。渚ゆう子がカバーし、シングルとして発売した。

ザ・ベンチャーズ盤
ザ・ベンチャーズが日本で発売したシングル。1970年2月25日発売。オリジナルシングル(LIBERTY LR-2445)のジャケットには「万博記念盤」と表記されている。
ザ・ベンチャーズのインストゥルメンタル曲で同1970年開催の日本万国博覧会を記念して製作された。日本での英語題は”Kyoto Doll”、米題は”EXPO’70″。オリジナルレコーディングに於いては主旋律の演奏にエレキ・シタール(彼らのコンサートも同様)が使われている。
<京都の恋 – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E6%81%8B

ほう、エレキ・シタールですか。

シングル「白鳥の湖ロック」c/w「パレスの夜」ベンチャーズ 東芝音工(Liberty) 1970年4月『京都慕情』。大ヒットした前作『京都の恋』同様、ベンチャーズの曲ではあるのですが、京都をイメージして作曲されたのかどうかは、これも前作同様に不明です。元々は『パレスの夜(Reflections in a Palace Lake)』という題名で、渚ゆう子盤『京都慕情』よりも前に日本でシングル(右)発売されていました。
(右)シングル『白鳥の湖ロック(Swan Lake)』c/w『パレスの夜(Reflections in a Palace Lake)』ベンチャーズ 東芝音工(Liberty) 1970年4月。

1970年2月に日本で発売されたベンチャーズのLP『ベンチャーズ ゴールデン・ポップス』(東芝音工 LP8879)の曲目

Side A
京都の恋/真夜中のギター/夜明けのスキャット/禁じられた恋/いいじゃないの幸せならば/この道を歩こう
Side B
何故に二人はここに/時には母のない子のように/さすらいの心/或る日突然/別れた人と/パレスの夜

はオリジナルと日本の歌謡曲のインストで構成されていて、ベンチャーズ盤の『京都の恋』および『京都慕情』のシングルA・B面、計4曲はいちおうこのアルバムからのシングル・カットという形でした。
おそらく東芝では初めから日本人歌手による日本語の歌入りバージョンを同時発売する予定で『京都の恋』を企画したものと考えられます。『パレスの夜』もそのオファーの中での一作だったのではないかと想像されます。

シングル「京都慕情」c/w「別れた人と」ベンチャーズ 東芝音工(Liberty) 1970年11月(左)シングル『京都慕情(Reflections in a Palace Lake)』c/w『別れた人と(walareta-Hito-To)』ベンチャーズ 東芝音工(Liberty) 1970年11月。

『京都の恋』の日本語詞、は傷心の女性が京都を訪れてつらい恋を忘れようとする内容になっています。まさに『DISCOVER JAPAN』に便乗した格好です。
『京都慕情』も似たようなシチュエーションですが、少し時間が経っている感じになってます。その点では「未練」と「追憶」の歌『長崎の夜はむらさき』と非常によく似ています。そしてこちらもまたドロドロしたところがなく、歌好きの人々が自ら歌いたくなるタイプ、つまり感情移入しやすい仕上がりとなっています。

そういえばチェリッシュのヒット曲に『なのにあなたは京都へゆくの』(1971年9月発売)、『だからわたしは北国へ』(1972年1月発売。作詞:林春生)というのがありました。まだデュオになる前の5人メンバーの時代で”松崎クン”が趣味の悪いサングラスをしていた頃です。
京都の次は「北国」だったのでしょうか。渚ゆう子も夜汽車で最果ての湖を訪ねる『さいはて慕情』(1971年3月発売)を『京都慕情』に続いて出しています。
ちなみに藤圭子の場合は逆で、『みちのく小唄』(1971年6月発売)の翌年に『京都から博多まで』(1972年1月25日発売)を出してますね。朱里エイコの『北国行きで』は1972年1月でした。
あれらも今にして思えば『DISCOVER JAPAN』に始まるan・non族の旅行ブームと関連していたのかもしれません。

 

あの人の言葉 想い出す
遠い日は二度と帰らない
……
猛暑の熱気の中で、帰らぬ人と遠く過ぎ去った日々を想い出す
今年ももうすぐ8月15日がやってきます。

 

追加記事

(2017年8月16日)

031 フランス人のように

 (左)『フランス人のように』作詞:橋本淳、作編曲:筒美京平、歌:佐川満男 発売:1969年7月25日、日本コロムビア LL-10100J。

佐川満男は兵庫県出身の人ですね。昭和14年といいますから太平洋戦争(大東亜戦争)開戦前の生まれということになります。

1960年、『二人の並木道』でビクターレコードから佐川ミツオとして歌手デビュー。リバイバルブームに乗った「無情の夢」、「ゴンドラの唄」がヒット。低迷期を経て1968年、『今は幸せかい』が大ヒット。NHK紅白歌合戦にも4回出場した。1976年に引退し、クラブ経営者となるが、1977年12月に歌手として復帰。その後再び芸能界を離れるも1986年に復帰。現在は関西を中心に活動をしており、関東での仕事は滅多な事がない限りしていない。
俳優としても、映画、テレビドラマなどに出演。

<佐川満男 – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E5%B7%9D%E6%BA%80%E7%94%B7

『二人の並木径』は佐川と同じ年に生まれたニール・セダカ作曲の名作『Walk With Me』(1960年)の日本語バージョンで、アメリカでは1962年のシングル『King of Clowns(悲しきクラウン)』のB面曲でした。なぜ佐川が2年も早くレコード化できたのかというと、59年に佐川をスカウトした堀威夫が直接ニール・セダカへデモテープを送り、ニールがその声を気に入って佐川に渡した楽曲だったからなんですね。

10吋LP「佐川ミツオ ヒット曲集」1961年(右)10吋LP『佐川ミツオ ヒット曲集』ビクター 1961年

1968年のヒット『今は倖せかい』は佐川をカンバックさせただけでなく、元ロカビリー歌手(美川鯛二)だった中村泰士が作詞・作曲家として名を成すキッカケともなりました。1977年のヒットで同じく中村泰士の手になる『かんにんしてや』は関西弁ながら元々佐川に当てて書かれたものではなく、中村自身のリサイタル用の曲だったそうです。当時引退し自分の店を経営していた佐川がこのデュエット曲に惚れ込み、無理やりもらってヒットに結びつけ、芸能界復帰を果たしました。
どうも佐川さんという人は、画家志望だっただけあってマイペースで何度も引退したり休養したりするんですが、気に入った作品に出会うと俄然張り切りモノにしてしまうという、気まぐれな不死鳥みたいな、そういう不思議な星を持った人のようです。


今回ご紹介する歌はそんな佐川のいわば第2期黄金時代のヒット曲でして、私はこれを初めて聞いたとき、変わった歌だなぁと思ったものです。

曲の構成を歌詞でみますと、

 (イントロ)

 1・2行目――――A
 3行目――――――B
 4・5行目――――A
 6行目――――――B

 7・8行目――――C
 9・10行目―――A
 11行目―――――B

 (間奏――――――A)

 12・13行目――C
 14・15行目――A
 16行目―――――B
 17行目―――――Bの後半を1回リフレイン

 (アウトロ ほぼイントロと同じ――フェードアウト)

Aのメロディの尻は次のメロディ展開へバトンタッチする感じなんですが、そこへ短いBという尻がダメ押しのように付け加えられる。つまり一山登って降りて、次の山に登ろうとしたら、そこからまた降りて、みたいな。
これがけっこうユニークで、一癖ありそうなフランス人の小粋さといえば、そうかもしれない気がしてきますが、60年代は洋楽でも『恋のフェニックス』や『星のカリフォルニア・ナイト』のように風変わりな構成の意欲作がヒットしておりまして、これなどはその日本の成功例といえると思われます。

冒頭、♪パッパー パパパパーのスキャット風女性コーラスと、ブラシのドラム、アコーディオンののどかな音。あるいはカバサのシャッシャッという音も使われてるかもしれません。
ドラムは上のA・B・Cの最後で 小気味よくブレイクします。
包み込む感じのストリングス、鉄琴みたいなのもチラリと入ってるような。
アウトロがイントロとほぼ同じで、そのまま最初から繰り返してもちゃんとつながるようになっています。
テテン、テテンと繰り返されるベースは控えめなミキシングのせいか、リズム楽器のように聞こえます。
総体、フランスといえばミシェル・ルグランやフランシス・レイのような華麗なムードで行きそうなものを、あくまで歌謡曲としてのオシャレ感覚で織り成してるところに、筒美京平の「外さない」自制心とプロ意識が断然感じられるのであります。

タイトルにもある「フランス人のように」。
日本人が憧れるカッコ良さというのは それまでたいがいアメリカン・テイストでして、アイビールックも若大将もベンチャーズもそうでした。その次がイギリスで007やビートルズということになりますが、これはその前のイタリアのカンツォーネのブームと同じで若向けの映画や音楽が中心でした。
そして60年代の末、ファッションブランドJUNがヨーロピアン・スタイルを打ち出すころ、示し合わせたかのようにこの歌が登場します。最初のJUNのブームが70年代の前半であったことからすれば、時代感覚をかなり先取りしていたと云えるでしょう。

「おれたちは、もしかして豊かになった?」「日本ってもう先進国なのかナ?」という疑い(笑)が、そろそろ薄っぺらな確信に変わろうとしていたのがちょうどこの時分でして、中産階級の適齢期の男女がフランスのムッシュとマダムを気取ってみるという、さもありなむ、日本もとうとうそこまで来たかッてなもんですね。

柔らかい日差しに満ちた散歩道を優雅に歩く男と女。その悠揚迫らざる姿からは満ち足りた生活レベルと身についた上品さが伝わってきます。まるでジョルジュ・スーラ描く『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を見るようです。髭男爵じゃありませんヨ。「今日だけは」というこの日、男性はプロポーズをしたのかもしれません。
しかし思わず「てれる」ところがシャイな日本人でして、歌詞に出てくる女性は「みんな夢だ」と言います。さすが女性のカンは鋭いですなぁ。
このあと、
ドルショック(1971年8月15日)、変動相場制移行(1971年8月28日)、固定相場制再開・円切り上げ(1971年12月19日)、ドル10%切下げ(1973年4月18日)、変動相場制再移行(1973年4月19日)と続く為替相場の混乱、
はたまた、
石油ショック(1973年10月~)によるエネルギー危機、狂乱物価(1974年)、と、すったもんだが重畳起伏します。
それらは輸出で儲けていた日本に冷や水を浴びせることとなり、以降、この国は複雑怪奇な国際社会の荒波に翻弄されながら、ひょっこりひょうたん島のように漂流し続けることとなります。

高度経済成長で築いた「豊かさ」が不確かなものであると気づいたことは気づいたんですがね、いったん贅沢をしちゃうとモウその気分が抜けないんですなぁ。今の中国ほどじゃないにせよ銭ゲバ的な拝金主義、金持ち志向がどんどん強くなって、ついには80年代後半のバブル景気へ突入する……。その間、役人は税金のムダ使いを続け、国と地方の借金は雪だるま式に膨らんでいきました。
そして迎えた1990年2月のバブル崩壊。2月26日には日経平均1569円安を記録しました。「みんな夢だ」ったと思い知るまでに20年ちょいかかってるわけですねぇ。

何よりもこういう時代の担い手がほかならぬ団塊世代・ベビーブーマーだったわけで、世の中をさんざん掻き回しておきながら、老後の年金生活はぎりぎり勝ち抜けた点では、同じく後続世代に多大な迷惑をかけた彼らの父親や祖父の世代と、その迷惑度においてほとんど差がないと言っていい(笑)

そんな団塊世代が(当時で云う)いわゆる結婚適齢期を迎えたのが60年代末~70年代で、この歌にも3番の歌詞で、チャペルでの結婚を連想・予感させる詞が出てきます。
彼ら世代が実人生で恋愛・結婚しようという、その気分が反映された歌謡曲としましては、
デューク・エイセスの『フェニックス・ハネムーン』は1967年のヒット。これはしかし67年に宮崎まで新婚旅行に行くんですから世代的には戦前生まれということになります。

団塊世代のアイコン的人物のひとり 加藤和彦(1947年生)が福井ミカ(1949年生)と結婚したのが1970年、
はしだのりひこ(1945年1月生)とクライマックスの『花嫁』、森山良子(1948年生)の『恋人』は1971年、
朝日放送『新婚さんいらっしゃい!』の放送開始、あおい輝彦(1948年生)『二人の世界』は1971年、
よしだたくろうの『結婚しようよ』、小柳ルミ子『瀬戸の花嫁』は1972年、
沢田研二『危険なふたり』『あなたへの愛』は1973年、
小坂明子『あなた』は1974年。
まぁ他にもいくらでもあるでしょうが、歌謡曲のほとんどは恋愛ソングなんで挙げてもキリがないですな。

一般の日本人がハワイやグァムで式を挙げるようになるのは70年代後半から80年代にかけてで、団塊世代でも末っ子あたりでしょう。むかしは兄弟が何人もいましたからねぇ。

1974年10月から1975年3月にかけて日テレ系で放送されたドラマ『水もれ甲介』の主題歌(作詞:白井章生、作編曲:大野雄二、歌:シンガーズ・スリー)は、『フランス人のように』や前回採り上げた『人生はそんなくり返し』(1970年)の気分を、短くまとめて再提示しておりました。
蛇足ながら私自身のことをいえば、1974年12月21日『アメリカン・グラフィティ』が待望の日本公開となり、それがある意味トドメとなったのですが、71年ころより感じていた「あゝオレの時代も終わったなぁ…」との念(おも)いが愈々以て深く意識され、遂には「オレはおそらく1972年ころ死んだのだな」と解(さと)ったのが1974年のことでした。

追加記事

150815_01佐川ミツオ ゴールデン☆ベスト
CD E6612 VICL-70185
2015年8月5日発売
佐川ミツオが昭和三十年代にビクターで収録した貴重な音源の数々! 初のCDベストアルバム!

【収録曲】
1 二人の並木径(ブライト・リズム・ボーイズ/スィング・ウェスト)
2 恋をしようよ(ブライト・リズム・ボーイズ/スィング・ウェスト)
3 無情の夢
4 煙草屋の娘(渡辺マリ)
5 ピンと来たんだ
6 さくら音頭(ブラック・キャッツ)
7 ゴンドラの唄
8 東京小僧
9 申し訳ないぶし(水谷良重)
10 背広姿の渡り鳥
11 アイアイアイ(清原タケシ)
12 逢いたいなァママ
13 あの娘はどこへ行っちゃった
14 淋しい夜は
15 好きでござる
16 恋しいユリコ
17 若者よ恋をしよう
18 サヨナラの口笛
19 エデンの東
20 鈴懸の径(和田宏とマヒナスターズ/北村英史とクィンテット)

制作:ビクターエンタテインメント
歌詞カードつき

(2015年8月15日)