ウルグアイのROCK/POPS(2)

国が小さく、多くのミュージシャンはプロとして生きるためにラ・プラタ川を越えてブエノスアイレスで活動することを余儀なくされた。1960年代ではラテンアメリカで一番ロックが盛んな国であり、ウルグアイ・インベイジョンが起こったこともあった。ブラジルからの影響を受けてボサノヴァが盛んだった時期もある。

<ウルグアイの音楽 – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A4%E9%9F%B3%E6%A5%BD

History
The Beatles were wildly popular across the world, and many Uruguayan youths began to form their own rock bands. In the mid-1960s, as the British Invasion was peaking in the United States, Canada, Australia and elsewhere, a group of Uruguayan bands like Los Shakers, Los Iracundos, Kano y Los Bulldogs, Los Mockers and Los Malditos broke into the mainstream in Uruguay’s larger neighbor, Argentina. This was called the Uruguayan Invasion, and it continued for several years, as record labels began signing Uruguayan bands to promote in Argentina.

60s and 70s
With the Uruguayan Invasion of Argentina dying down, a new wave of rock musicians arose, including El Kinto, Totem (banda), Psiglo, Génesis[disambiguation needed], Opus Alfa, Eduardo Mateo, Jesus Figueroa and Días de Blues, promoted by radio and television shows like Constelacion and Discodromo Show. In 1973, however, a military dictatorship came to rule Uruguay, and the rock boom ended. In 1975, popular music was canto popular, a genre that was against and openly dismissed electric instrumentations and foreign rhythm and styles.

<Uruguayan rock – Wikipedia, the free encyclopedia>
http://en.wikipedia.org/wiki/Uruguayan_rock

The Uruguayan Invasionといわれるほど、人気を得、影響力を発揮したとの記述。
実際聴いてみるとかなりレベルが高い。

Opa – Montevideo(1977)
アメリカで活動したウルグアイ人バンド

Totem – Gongueiro(1973)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Días De Blues – Completo(1972)

The Killers – Good Bye(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Eduardo Mateo – Mateo Solo Bien Se Lame(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Los Delfines – Amigo Sigue Igual(1971)

LimoNada – Barrio De Casas Bajas(1970)

ウルグアイのROCK/POPS(1)

 南米ウルグアイの上院は10日、青少年の犯罪抑制を目的に、大麻の栽培や購入を合法化する法案を可決した。一般市民に栽培などが認められるのは世界で初めて。法案は下院を既に通過しており、ムヒカ大統領の署名や準備期間を経て、来年中に施行される見通し。
 元左翼ゲリラで人権派のムヒカ氏は先進的な政策を推進。影響力の強いカトリック教会の反発を抑えながら人工妊娠中絶を合法化し同性婚も認めた。政府は、大麻合法化で密売をなくせば麻薬組織壊滅につながり、粗悪な非合法麻薬の乱用による青少年犯罪を抑制できると主張している。
 事前登録した18歳以上の国民に限って認められ購入は1人当たり1カ月40グラム、栽培は年6本(約480グラム)まで。政府は「吸引目的の外国人客を誘致する意図はない」としているが、販売を厳密に管理できるか疑問視する声も強い。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131211/amr13121111160007-n1.htm

今後、パスポートにウルグアイ入国の記録がある者はマークされそう。

ウルグアイはチリに続いてラテンアメリカで二番目に生活水準が安定している国であり、政治、労働の状態においては大陸で最高度の自由を保つ。

<ウルグアイ – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A4

麻薬組織の撲滅につながるかどうか。
つながっても四六時中 麻薬でラリってるような人間が増えれば、ろくなことにはならんと思うのだがね。

タンゴ(ウルグアイ・タンゴ)やミロンガ、ブラジルのバツカーダに似た黒人音楽カンドンベや、ムルガといった音楽の本場であり、チャマメやパジャドールなど幾つかのフォルクローレはアルゼンチンと共通している。フォルクローレにおいて、特に有名な人物としてはアルフレド・シタロッサの名が挙げられる。タンゴにおいては、古典となっている「ラ・クンパルシータ」(1917)を作曲したのはウルグアイ出身のヘラルド・マトス・ロドリゲスである。
多くのミュージシャンは市場規模の違いからブエノスアイレスやスペインに渡って活動する傾向があるため、古くはフランシスコ・カナロ、フリオ・ソーサ、ドナート・ラシアッティ、ルベン・ラダ、エドゥアルド・マテオから、ハイメ・ロース、スペイン語で初めてアカデミー賞を取った、ホルヘ・ドレクスレルに至るまで、アルゼンチンやスペインの音楽界で活躍するのが実はウルグアイ人だったという事例には事欠かない。また、ロックが盛んでウルグアイのロックはブエノスアイレスの音楽シーンで人気を博したことを皮切りに、1960年代半ばまでの南米市場を席巻した。この現象はアメリカではウルグアヤン・インベイジョンとも呼ばれる。

<ウルグアイ – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A4#.E9.9F.B3.E6.A5.BD

<参考>
L.S.D. (Lee S. Davis) – Intoxication(1966)
French
“La Cumparsita”

 

Los Shakers
このシェイカーズはビートルズのフォロワーから始まっったようですが、当初よりかなり質が高く、私は一聴すぐに気に入りました。
現在もグループとして活動をしているようです。

Lorella y Los Shakers – Sandy

Los Shakers – My Bonnie(1965)
2度目の引用。

Los Shakers – Girl
Beatles Cover

Los Shakers – Michelle
Beatles Cover

Los Shakers – Break It All(1965)

Los Shakers – Break It All

Los Shakers – The Longest Night(1965)

Los Shakers – Baby Yeah Yeah(1965)

Los Shakers – What a Love

Los Shakers – Paff Bum(1966)

Los Shakers – Never Never(1966)

Los Shakers – Nunca Nunca / Never Never(1966)

Los Shakers – El Niño Y Yo / The Child And Me(1966)

Los Shakers – Escucha Mis Palabras / Hear My Words(1966)

Los Shakers – Buscando Dificultades / Picking Up Troubles(1966)

Los Shakers – Demasiado Tarde / Too Late(1966)

Los Shakers – Dejame Decirte / Let Me Tell You(1966)

Los Shakers – Tienes Algun Dinero / Got Any Money(1966)

Los Shakers – Encontraras Otra Chica / You’ll Find Another Girl(1966)

Los Shakers – Sonrie Otra Vez / Smile Again(1966)

Los Shakers – Vuelve Mi Amor / Reviens Ma Cherie(1966)

Los Shakers – Siempre Te Esperare / Waiting(1966)

Los Shakers – Espero Que Les Guste 042 / I Hope You’ll Like It 042(1966)

Los Shakers – Don’t Ask Me Love

Los Shakers – Always You (Siempre Tu)

Los Shakers – Siempre Tu
Sacado de la película “Escala Musical”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Los Shakers – Lovely Lola(1967)

Los Shakers -Red Rubber Ball(1967)

Los Shakers Anos 60 L

Los Shakers TV Clip 1966 Argentina – Rara edicion de epoca

Los Shakers – Candombe(1968)

Los Shakers – El Pino Y LA Rosa / Señor Carretera, El Encantado / Más Largo Que El Ciruela(1968)

Los Shakers – Si Lo Supiera Mama

Los Shakers – My Bonnie(1977)