ベーテーベーテーハラベーテー

2016-02-29
■「お世話になっております。」って何なの!?

別にお世話してないし!

むしろ初対面だし!

お前誰だよって話だし!

<はてな匿名ダイアリー より引用>
http://anond.hatelabo.jp/20160229151241

「お世話になっております」って、
ビジネスメールで、つい使っちゃうよね。


(左)シングル『お世話になりました』c/w『街はずれの家』井上順之 1971年 フィリップス 日本フォノグラム

井上順之 – お世話になりました(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

解散後は、芸名を「井上順之(じゅんじ)」と改める。しかし、痔になったため、「『じ』は良くない」と、1973年に芸名を「順」に戻した。

<井上順 – Wikipedia より一部引用>

160229_01Nippon Girls 2: Japanese Pop 1965-70
Artist:Various Artists
Released at:2014/11/04
Label:Big Beat
Catalogue No:CDWIKD 321

1 バザズ No.1 / 伊集加代子
2 フリフリ5 / 山本リンダ
3 サイケな街 / 万里れい子
4 ダニエル・モナムール / 辺見マリ
5 真っ赤な太陽 / 美空ひばり
6 ミニ・ミニ・ガール / 金井克子
7 ボーイ・アンド・ガール / 和田アキ子
8 傷だらけの太陽 / ベイ・ビーツ
9 太陽に恋をして / 中村晃子
10 ワイルド・パーティー / 真理アンヌ・西川一也
11 涙のゴーゴー(You Don’t Know Baby)/ エミー・ジャクソン
12 誘惑的な午後 / いしだあゆみ
13 愛がほしいの / 黛ジュン
14 恋狂い / 奥村チヨ
15 見知らぬ世界 / 伊東 きよ子
16 笑って許して / 和田アキ子
17 私がケメ子よ / 松平ケメ子
18 オレと彼女 / ピンキーとキラーズ
19 涙の森の物語 / 中村晃子
20 東京の女 / ザ・ピーナッツ
21 悪いくせ / 安井かずみ
22 恋の奴隷 / 奥村チヨ
23 涙のハート(Don’t Break My Heart)/ エミー・ジャクソン
24 京都の恋/ 渚ゆう子

Amazon.co.jp Various Artists Nippon Girls 2 – 音楽

これを買った外人さんがその中から何曲かYouTubeに上げていたので、とりあえず貼っておきます。

エミー・ジャクソンとスマッシュメン – 涙のハート(1965)
Don’t Break My Heart

真理アンヌ、西川一也 – ワイルド・パーティー(1966)

エミー・ジャクソン – 涙のゴーゴー(1966)
You Don’t Know Baby

金井克子 – ミニ・ミニ・ガール(1967)
2度目の引用。

山本リンダ – フリフリ5(1968)

ピンキーとキラーズ – オレと彼女(1968)

伊東きよ子 – 見知らぬ世界(1968)

辺見マリ – ダニエル・モナムール(1969)

こうして年を追って聴いてみると、いずみたくのセンスの良さが際立ってます。
職業作家たちがポップスやロックをようやく自家薬籠中の物としたのが1968年ごろ。村井邦彦や川口真らが歌謡曲の新時代を切り開いていく、そういう時代ですね。

一瞬「エロ用語」に見間違える単語ランキング

1位 おフェロ女子
2位 生乳
3位 ノーバン始球式
4位 ちんすこう
5位 AV機器
6位 玉吸い
(以下略)
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/999/ZAQqf5MCjSNE/

やっぱりエロいこと考えてると、錯覚でそう見えちゃうんだね(笑)

また選考グダグダ…東京マラソン日本勢惨敗でリオ男子代表1枠放棄も
東京マラソン(2月28日 東京都庁前~東京ビッグサイト)
(中略)
 有力選手が集った東京が、大会史上最悪の結果に終わった。日本人トップの高宮ですら、2時間10分57秒。優勝選手と日本人トップとの4分1秒差は過去最大だ。日本陸連の酒井勝充・強化副委員長(55)が「ちょっと物足りない」と話すように、リオ有力とは程遠い低評価。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/02/29/kiji/K20160229012125410.html

タイムで上から順番に決めればいいだけ。
オリンピックは参加することに意義がある。国民も「メダル、メダル」と言い過ぎだ。
要はベストをつくす姿が美しいってこと。それ以上でも以下でもない。
それがアマチュアスポーツってもんだよ。原点を忘れちゃいけない。

ウォルト・ディズニー・カンパニーは1928年に発表されたミッキーマウスの著作権を延長させるためロビー活動を行ったことでも有名であり、その結果制定された著作権延長法は「ミッキーマウス保護法」という別名がついているほど。法律や政治を変える大きな影響力を持つディズニーですが、ディズニーの会長兼CEOボブ・アイガー氏が従業員に向けてディズニーの政治行動委員会である「DisneyPAC」に献金するようメールを送っていたことがわかりました。

Disney CEO asks employees to chip in to pay copyright lobbyists | Ars Technica
http://arstechnica.com/tech-policy/2016/02/disney-ceo-asks-employees-to-chip-in-to-pay-copyright-lobbyists/

ニュースサイトのArs Technicaは当該メールの内容をウォルト・ディズニー・カンパニーの従業員から入手。アイガー氏はメールの中でデジタル著作権法やTPP、地上波で放送されたテレビ番組をインターネット経由で有料配信してテレビ局から訴えられていたAereoの敗訴など、近年ディズニーに起こった政治的・法的な出来事について触れたあと、現在のディズニーが法人税率の引き下げに積極的な姿勢を見せていることを述べました。
(中略)
アイガー氏によれば、DisneyPACは従業員の給与から寄付金を差し引く形で実行されるとのこと。
http://gigazine.net/news/20160229-disney-copyright-lobbyists/

政治は誰のものか。
アメリカに限らず世界中の大企業が政治にコミットしている。日本ではアメリカ同様大きな組合が政策に影響を与えているし、宗教法人が国家権力に介入して堂々と憲法違反をしてさえいる。むかし第三世界と云われた国々や貧乏国じゃ今も軍が政治力を発揮してるところが多いね。

政治家は「地位・身分」に恋々とし「保身」を先とするのが習い性だ。政治資金や組織票を提供する企業・団体に顔を向けその利益のために汗をかくようになるのは当然で、気まぐれな有権者個人などもとより眼中にない。
しかしそうした現実は建て前と大きく乖離するので、政治家はいきおい虚言症となり、ごまかしのテクニックに腐心するようになる。
集金能力が高い者、集票団体をバックにする者が有力政治家となり、派閥の領袖となって政治を動かしているのが、残念ながら議会制民主主義を謳っている世界の民主国家の実態なんだよね。

ではよりマシな民主国家はどこだろうと考えると、私はフランスじゃないかと思う。政治家も有権者も「意識高い系」で、政治的テーマについて真摯に向き合い、努力しているように感じられるんだ。

 ヘイデン元米中央情報局(CIA)長官が28日までに、米大統領選の共和党指名争いをリードする実業家、ドナルド・トランプ氏が軍最高司令官でもある大統領に就任した場合「米軍は命令に従わないだろう」と発言し、米メディアで話題になっている。
 トランプ氏は序盤戦で3連勝し、指名獲得に自信を見せている。ヘイデン氏は26日放送のテレビ番組で、トランプ氏が「水責め」などテロ容疑者に対する拷問を支持する発言をしたことを取り上げ「”トランプ大統領”による統治を非常に懸念している」と指摘。さらにトランプ氏が、テロリストの家族の殺害も必要との持論を展開していることに関しては「あり得ない。彼がそのような指示を出したら、米軍は行動することを拒むだろう」と述べた。トランプ氏は支援者との集会で「拷問は効果的だ」などと話していた。
 オバマ米大統領は2014年12月、CIAがテロ容疑者に行っていた過酷な尋問に対する国際的な批判を受けて「こうした手法を用いることは二度とない」と表明した。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160229/frn1602291530007-n1.htm

さんざん拷問してきたCIAがなにカッコつけてんだか。ふざけろってか?!

人々は豊かになり、医療も進歩したのに、アメリカは他の国より平均余命が短い。そして「平均」余命は最近になって上昇しているが、その恩恵は平等に行き渡っていない。アメリカ人は金持ちが長生きし、貧しい者は長生きできないのだ。
低学歴の白人のうち、中年男性は特にこの傾向が強いと、最近の複数の調査結果が示している。他の年代や、人種、民族の集団は以前よりも長生きできるようになったが、白人で低学歴で中年男性という特定の層は寿命が短い。
ある調査結果によると、この層で死亡率が上昇しているのは、糖尿病や心臓疾患といった、多くのアメリカ人を死に至らしめている疾患が理由ではない。むしろ、自殺の急増、アルコール依存症による肝疾患、そしてヘロインの過剰摂取や麻薬の処方が原因だ。
「戦争も大災害もなくなったことが、この層の死亡率を高めたのです。特定の世代に怒り、絶望、不満を残した政策の影響で、彼らは自らを傷つける行動に走っているのです」
これがトランプ氏の人気の背景だと、チョムスキー氏は主張する。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/28/donald-trump-noam-chomsky-white-mortality_n_9343538.html

よくも悪くもアメリカ社会を今のようにしたのは戦後第一世代、いわゆるベビーブーマーなんだよ。その彼らが自分たちの作ってきた社会に手痛いしっぺ返しを受けてるのは、なんだか皮肉な話。
それにしてもトランプ氏のような人物が大統領候補として高い支持率を得てる事実はどーよ?
いかにも末期的で、いよいよ「米帝」崩壊の段階へ立ち至ったかって感じじゃないか。

では、「花の3月マーチましょ」ってことで、アメリカの有名なマーチをど~ぞ。

Joiner, Arkansas Junior High School Band – National City(1960)
Edwin Eugene Bagley “National Emblem”
composed in 1902 and published in 1906.

The artist name is a put-on….actually a studio group headed by Ernie Freeman with a fun arrangement of the famous “National Emblem” march.
Chart Peaks: Billboard 53, Cash Box 54, Music Vendor 63

以下。「National Emblem」「国民の象徴」を含む投稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です