Newport Jazz Festival の 創始者ジョージ・ウェイン

2016/02/25
 25日午後7時50分ごろ、千葉市美浜区新港のコンビニエンスストア「ファミリーマート美浜ニューポート店」の入り口近くにワゴン車が衝突して停車。ガラスが割れるなど、店舗の一部が破損した。店内には従業員や買い物客など数人がいたが、けが人はいなかった。
http://www.sankei.com/affairs/news/160225/afr1602250053-n1.html

ニューポートという地名は世界に幾つかあるが、ジャズフェスで有名なニューポートはアメリカのロードアイランド州にある港町。

Newport, Rhode Island

えっ? ロードアイランド州なんて州、アメリカにあったっけ、なんて人もいるのでは?

世界三大ジャズフェスティバルと云われてるのは、

ニューポート・ジャズ・フェスティバル
モントレー・ジャズ・フェスティバル
モントルー・ジャズ・フェスティバル

そのうちの筆頭であるニューポート・ジャズ・フェスティバルを始めたのがジョージ・ウェインというジャズ・プレイヤー(ピアニスト)だった。
その成功で味をしめたウェインは次々音楽祭を立ち上げ、音楽イベントのプロモーターとして歴史に名を残すことになった。

George Wein’s Newport All-Stars – Wrap Your Troubles in Dreams
Recorded Live: 8/10/2008 – Newport Jazz Festival – Newport, RI

George Wein
本名:George Wein

プロフィール:
b. October 3, 1925 – Boston, Massachusetts
George Wein is an American jazz promoter and producer most notable for founding the Newport Jazz Festival. He also plays piano.

https://www.discogs.com/ja/artist/272501-George-Wein

ジョージ・ウェイン(George Wein、1925年10月3日 – )は、アメリカのジャズプロモーター、プロデューサーである。”最も有名な興行監督”、”ジャズの歴史で最も重要な演奏家ではない人物”などと呼ばれる。
彼は、アメリカで1番に知名度が高いジャズ・フェスティバルであろう”ニューポート・ジャズ・フェスティバル”の創設者である。このフェスティバルは、毎夏ロードアイランド州のニューポートで催されている。

<ジョージ・ウェイン – Wikipedia>

自身の演奏スタイルは古いが、プロデューサーとして秋吉敏子のアルバム制作も手がけている。2016/02/29現在、ご健在である。

 

160229_03George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – The Magic Horn
レーベル: RCA Victor – LPM-1332
フォーマット: Vinyl, LP, Album, Mono
国・地域: US
リリース: 1956
ジャンル: Jazz, Stage & Screen
スタイル: Dixieland

収録曲
A1 The Magic Horn
A2 Sugar
A3 Struttin’ With Some Barbecue
A4 Ain’t Gonna Give Nobody None Of My Jellyroll
B1 A Monday Date
B2 Squeeze Me
B3 On The Sunny Side Of The Street
B4 Loveless Love
B5 Dippermouth Blues

クレジット:
Banjo – Danny Barker
Baritone Saxophone – Ernie Caceres
Bass – Milt Hinton
Clarinet – Bill Stegmeyer, Peanuts Hucko
Drums – Buzzy Drootin
Piano, Creative Director [Musical Director] – George Wein
Trombone – Vic Dickenson
Trumpet – Jimmy McPartland, Ruby Braff

https://www.discogs.com/ja/George-Weins-Dixie-Victors-Featuring-Ruby-Braff-The-Magic-Horn/release/5477460

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – The Magic Horn(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – Sugar(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – Struttin’ With Some Barbecue(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – Ain’t Gonna Give Nobody None Of My Jellyroll(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – A Monday Date(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – Squeeze Me(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – On The Sunny Side Of The Street(1956)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – Loveless Love(1956)

George Wein’s Dixie-Victors Featuring Ruby Braff – Dippermouth Blues(1956)

 

160229_04George Wein – Wein, Women & Song
レーベル: Atlantic – 1221
フォーマット: Vinyl, LP, Album, Mono
国・地域: US
リリース: 1955
ジャンル: Jazz
スタイル:

収録曲
A1 You Ought To Be In The Pictures
A2 All Too Soon
A3 Back In Your Own Backyard
A4 Pennies From Heaven
A5 I’m Through With Love
A6 Did I Remember
B1 I’m Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
B2 Why Try To Change Now
B3 You’re Lucky To Me
B4 I Married An Angel
B5 Once In A While
B6 Please
B7 Who Cares

クレジット
Bass – Bill Pemberton (tracks: A4, A5, B2, B4), Stan Wheeler (tracks: A1 to A3, A6, B1, B3, B5 to B7)
Cover – Robert Guidi
Drums – Jo Jones (tracks: A4, A5, B2, B4), Marquis Foster (tracks: A1 to A3, A6, B1, B3, B5 to B7)
Engineer – Johnny Cue (tracks: A1 to A3, A6, B1, B3, B5 to B7), Tony Janack (tracks: A4, A5, B2, B4)
Liner Notes – George Frazier
Photography By – Lee Friedlander
Piano, Vocals – George Wein
Supervised By – Nesuhi Ertegun
Tenor Saxophone – Sammy Margolis* (tracks: A1 to A3, A6, B1, B3, B5 to B7)
Trumpet – Ruby Braff (tracks: A1 to A3, A6, B1, B3, B5 to B7), Wally Wales (tracks: A4, A5, B2, B4)

Tracks A1 to A3, A6, B1, B3, B5 to B7 were recorded in New York in April 1955.
Tracks A4, A5, B2, B4 were recorded in New York in June 1955.

https://www.discogs.com/ja/George-Wein-Wein-Women-Song/release/6630298

George Wein – You Ought To Be In The Pictures(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein – All Too Soon(1955)

George Wein – Back In Your Own Backyard(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein – Pennies From Heaven(1955)

George Wein – I’m Through With Love(1955)

George Wein – Did I Remember(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein – I’m Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter(1955)

George Wein – Why Try To Change Me Now(1955)

George Wein – You’re Lucky To Me(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein – I Married An Angel(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein – Once In A While(1955)

George Wein – Please(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

George Wein – Who Cares(1955)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です