「いい正月になる」と知事

売りに出されたディカプリオの夏別荘。

日本で難しいのは豪邸の獲得ではなく、その相続・維持だ。

ヘンな建物(写真45枚)

Bobby Martin – It’s Not Unusual

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Impressions – It’s Not Unusual(1965)

Tom Jones – It’s Not Unusual(1965/01/22)よくあることさ
conducted by Les Reed, produced by Peter Sullivan
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Record World 8, Billboard & Cash Box 10 – UK Chart: 1
This was Jones’ exciting debut hit in both England and the U.S.

<参考>
Ray Noble and his Orchestra – It’s A Most Unusual Day(1947)
vocal: Anita Gordon & the Noblemen

This song was performed onscreen by Jane Powell and the cast of the 1948 MGM film “A Date With Judy.”

<参考>
Jane Powell & Ensemble perform “It’s A Most Unusual Day (Finale)” in the 1948 musical “A Date With Judy”.

 安倍晋三首相は25日午後の仲井真弘多(ひろかず)・沖縄県知事との会談後、首相官邸で記者団に「政府としてできることはすべて行っていく。日米地位協定は1度も改定が行われていない。改定交渉すら行われなかったが、交渉することで合意できた。しっかり結果を出していきたいと決意している」と述べ、沖縄の基地負担軽減に取り組む考えを改めて示した。
 仲井真氏も記者団の取材に応じ、首相による基地負担軽減と沖縄振興予算確保の説明について、「有史以来の予算だ。長年の基地に絡む性格の違う内容のものの解決をお願いしたら、早く取りかかっていただいて前に進み始めた実感がある。いい正月になるというのが実感だ」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000026-asahi-pol

あるやくざ上がりの老人が私に対して「あいつらさんざんゴネてるけど、しょせんコレ(ゼニ)が欲しいだけだ」と言い捨てた。
そのとき私はかなり嫌な気分になった。
しかし金額を提示され「いい正月になる」などと臆面もなく言い放つ知事を見てると、「そうかもしれんなァ」と思うのだ。

政府は沖縄県に対して、一貫して”アメとムチ”を用い、脅したり宥めすかしたりしてきた。
現状では尖閣諸島のみならず沖縄までも自国領と言って憚らない中国が領海・領空侵犯を繰り返しており、米軍がいなければとっくの昔に占領されていた可能性が高い。
親中のオバマ政権と米軍の世界戦略との間に懸隔もあるだろう。

中共中国が今後どうなるかも分からない。
ともかくも沖縄県民は困難な状況をなんとかやり過ごして、持ち堪えねばならないだろう。
そのために国税が使われるのなら大賛成だ。
沖縄が再び戦火に包まれることは絶対にあってはならないから。

「道徳教育の充実に関する懇談会」の鳥居泰彦座長(慶応義塾学事顧問)は26日、下村博文・文部科学相に、道徳を「特別の教科」とし、将来的に検定教科書を導入する内容の報告書を提出した。当面は現行の「教科外活動」のまま改定版教材の活用で内容を充実させる。今後、中央教育審議会で議論し、学習指導要領の改定や教科書検定基準の作成を進め、早ければ2018年度の教科化を目指す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000097-mai-life

まずは利権漁りと保身に腐心する、節操も志もない高級官僚、政治家どもへ公僕としてのモラルを教育せよ(笑)

gifs_16
Source: AcidCow.com – Acid Gifdump, December 26, 2013 (25 gifs)

イタリア上院は23日、「グーグル税」と呼ばれる課税を盛り込んだ2014年予算案を、下院に続き賛成多数で可決した。グーグル税の導入を決めたのは、欧州連合(EU)では同国が初めて。
 グーグル税は、グーグルやアマゾン、アップルといったインターネット広告ビジネスを展開している多国籍企業が対象。イタリアで広告を出す場合、同国企業を通じた取引を義務付けることで、税収を確保するのが狙いだ。税収は年間1億~1億5000万ユーロ(約140億~210億円)と見積もられている。
 多国籍企業の一部は、欧州の事業拠点を税率が低いルクセンブルクやアイルランドなどに置いている。景気低迷が続くイタリアは税収不足が深刻化しており、与党が「イタリアで商売するならイタリアに税金を払え」と、課税逃れ防止のために法制化を政府に迫っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000016-jij-eurp

アメリカに逆らえない日本の官僚と政治家はこういうことができない。
フランスは普通にフランス文化を大事にするので、国際語の英語を普通に排除している。
かたや愛国を掲げる自民党は日本語教育をおざなりにし英語導入に熱心。
これは自己矛盾で、どちらがより愛国的かは言うまでもない。

2013年12月27日
 免れない菅官房長官、外務省、公明党の責任
(中略)
 見ているがいい。どんなに取りつくろってみてもこれが致命傷となって来年には安倍政権は終る。 
 しかしここで私が言いたいのはそのことではない。
 菅官房長官、外務省、公明党の責任についてである。
 報道によれば今度の安倍首相の靖国参拝は安倍首相が、菅官房長官や安倍外外務省や公明党の反対を押し切って行なったという。
 それはそうだろう。
 安倍政権を長持ちさせることに腐心している女房役の菅官房長官だ。反対しないほうがおかしい。
 米国の手先のような外務省だ。米国の意向に反するような安倍首相の靖国参拝に反対しないほうがおかしい。
 中国との関係を重視し、平和の党を掲げる公明党だ。反対しないほうがおかしい。
 しかし彼らは安倍首相の訪問を止めることはできなかった。
 なぜか。
 それは彼らが本気で安倍首相の靖国参拝を止めようとしなかったからだ。
(以下略)
<[2013.12.27]  免れない菅官房長官、外務省、公明党の責任 Blog(ブログ) [公式] 天木直人のブログ より一部引用>
http://www.amakiblog.com/archives/2013/12/27/#002814

韓国政府のある関係者は、FNNの取材に、首相が靖国に参拝したら、日韓関係は終わりだと語った。
韓国では、特に日本に批判的なマスコミを中心に、南スーダンのPKO(国連平和維持活動)で、自衛隊が弾薬を提供した件をめぐって、安倍政権の軍事拡大に向けたアピールだとの批判が起きている真っ最中。
26日朝、国防省の会見では、経緯について、日韓で食い違う部分を厳しく追及された報道官が、「助けたことは忘れろという言葉があるでしょう」とまで述べて、日本批判を展開したほど。
このため、今回の参拝で、もともと右翼的とみられていた安倍政権への反発が、いっそう強まるのは必至で、日韓関係が、さらにこじれるのは間違いない。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260355.html

ものごとには良い面と悪い面がある。
良い面はマノレコーが何事においても自民のブレーキにはならない事実が世界中に知れたこと、これから経済破綻し半島有事を迎える韓国と疎遠になれること。
悪い面は国体カルト=戦前型ファッショ国家にまた一歩近づいたこと。

和歌山県串本町沖で座礁した、韓国船籍の2隻の船から重油の流出が続いていて、串本海上保安署が回収作業を続けています。
今月10日、千葉県から韓国に向かっていた海底の地盤を整備をする大型船と、それを曳航していたタグボートが、串本町沖で強風にあおられ相次いで座礁しました。
タグボートからは重油が流出。
さらに19日の強風で、転覆した大型船からも重油の流出が始まりました。
これまでおよそ9,000リットルの重油が流出したと見られていて、串本海上保安署は、海面に海水をまいて重油を分散処理したり、海岸に流れ着いた重油を布に吸着させて除去する作業を進めています。
2隻はともに韓国船籍で、船を移動させる業者探しが難航していて、撤去のめどは立っていないということです。
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000003358.shtml

彼らは今も日本海をゴミと糞尿で汚染しているが、今度は太平洋。
はなはだメーワクである。

 大阪市東淀川区の路上で男性が刺され重傷を負った事件で、大阪府警捜査1課は26日、殺人未遂の疑いで住所不定、無職(25)を逮捕した。事件の約15分後、容疑者と同名の人物がツイッターに「車にクラクションを鳴らされて、すごんできたからナイフでめった刺しにしたった」と書き込み、逮捕につながったという。
(中略)
 事件後のツイッターには「ナイフ取り出すの少し手間取ったんだけど、アイツ怖い顔した」との書き込みもあったほか、事件を報じる記事のURLも添付されていた。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131226/waf13122620000016-n1.htm

25歳で住所不定、無職。親兄弟はいないのか。
怒りの感情は欲望よりも抑えがたいかもしれないな。

Herb Alpert and the Tijuana Brass – Tijuana Taxi(1965)
The single version of “Tijuana Taxi” had more of the bicycle-horn sound effects than the album version did.

  ※(略)

 

Mila – Mi Cacharrito(1965)

田端義夫 – ノークラクション(1958)
「クラクション」という日本語名は、フランスの自動車部品メーカー・クラクソン(en:Klaxon)の製品が有名だったために語源となったといわれる。

  ※動画なし。

 

The Playmates – Beep Beep(1958 single release version)
with Hugo Peretti & his Orchestra
2度目の引用。

 タモリさんが登場したのは2013年12月25日発売の「週刊文春」だ。タレントの阿川佐和子さんが同誌で連載している対談コーナーの1000回目のゲストとして招かれた。6ページにわたり、デビュー当時のことや、「いいとも!」の思い出話、今後の過ごし方などについて語る中で、「テレフォンショッキング」に触れた。現在ではタモリさんが翌日のゲストを紹介するシンプルな形式をとっているが、2012年4月ごろまでは、一貫してその日のゲストによる友人紹介だった。生電話での出演依頼がおなじみで、「明日来てくれるかな?」「いいとも!」の掛け合いは、番組のハイライトでもあった。
 ところが対談の中で、阿川さんは自身の出演経験から「あれって最初の頃は本当にいきなり友達に電話してたんですか?」と、「建前」と矛盾するいささか大胆な質問を投げた。すると、タモリさんは「さすがにそう、うまくはいきません(笑)」と返し、生電話が演出にすぎないことを自ら明かした。さらに阿川さんは、出演した際には次につなげる友人を2、30人挙げるよう頼まれ、必死で絞り出したと振り返る。つまり「友人紹介」は、ゲストと何らかのつながりがある著名人を、スタッフが本人の意見を参考に声をかけ、予定の合う人物にアポ取りを済ましていたというわけだ。
 ただし、このアポ取りも大変で、タモリさんは「ずっと長年、スケジュール調整を担当しているスタッフがいるんだけど、候補が20人いても30人いても全部だめということが再三あったみたいですね」と、スタッフ陣の苦労を語った。なお、出演の連絡から出演当日までは「1週間弱」程度しかなかったそうで、「明日」ではなかったものの、「友人紹介」はスタッフの奔走なしでは短時間で実現し得なかったことが分かる。
http://www.j-cast.com/2013/12/26193088.html

ドキュメンタリーでさえ演出が為されるわけで、基本的にテレビは一から十までヤラセ、演出である。秒単位で視聴率が争われるので、面白くなる確率が極めて低い「偶然」に頼ることはありえないのだ。
スタッフは何が何でも視聴率を上げようと昼夜を分かたず命を削って働いており、モラルとか信義とかがそこへ入り込む余地はない。
誰もがクレイジーになる世界であり、それだけの大金が動く世界なのである。

2013/12/27(金)
 年末年始を海外で過ごす人たちの出国ラッシュが27日、関西国際空港で始まった。最大9連休が可能となる日並びの良さから、出足は好調。この日だけで1万8500人が関空から出国する予定で、ピークの28日には2万3400人が海外へ飛び立つ。
http://mainichi.jp/select/news/20131227k0000e040154000c.html

Len Snider & The Jokers – I’ll Be Coming Home Tonight

帰心矢の如し。帰去来。帰りなんいざ。

帰る旅、帰らぬ旅、人さまざまである。
いかなる旅においても、その足取りは軽くあってほしい。

連吟 安宅
アップロード日: 2011/05/02
「旅の衣は篠懸の。旅の衣は。篠懸の露けき袖やしをるらん……」

Bemibem – Podróż bez dziewczyny(1974)
ポーランド語で「ガールフレンド無しで旅をする」の意。

Jürgen Drews – Eine Reise ins Nirwana(TV live, 1973)
ドイツ語で「ニルヴァーナへの旅」

川辺妙子 – いつも女はひとり旅(1972)

Mason – Travelin’(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Hana Hegerová – Cesta(1968)
チェコ語で「旅」

Ron-De-Vous – Trip So Wild
ドラッグのトリップ?

This is an A-side single to “Run, Run, Run” and is written by M. Baker.
The 45 was released in 1967 by Mastertone Records and the catalog # is MST-4023.
This group hails from North Carolina.

橋幸夫 – 旅に行こうよ(1966/09)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Irwin Goodman – Katkera matka(1966)
フィンランド語で「苦い旅」

Herbie Hancock – Maiden Voyage(1965)処女航海
Herbie Hancock — piano
Freddie Hubbard — trumpet
George Coleman — tenor saxophone
Ron Carter — bass
Tony Williams — drums

Col James – Gonna Settle Down
どこかに定住したいという歌。
「トラベリン・マン」のアンサーソングか?

北原謙二 – 遠い旅(1962/12)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Janice Harper – Bon Voyage(1957/07)
Chart peaks: Music Vendor 13, Cash Box 28, Billboard 46

Gordon Jenkins and his Orchestra and The Weavers – Lonesome Traveler(1950)
2度目の引用。

Flip side of the folk group’s top-5 hit “So Long (It’s Been Good To Know Yuh)”

追加記事

プロデューサーは数字のためならなんでもやる。
「日テレの『天才! 志村どうぶつ園』。チンパンジーのパン君が、まるで人の言葉が分かっているんじゃないかというほどの演技力で大人気となりましたが、実際はそんなに賢いわけじゃない。カメラに映っていないところで調教師がバンバン殴って教えていたんです。見物人が『動物虐待だ』と騒ぎ、局にも苦情がきていました。専門家からも、『チンパンジーの擬人化はよせ』という警告があった。でもプロデューサーは『面白けりゃいいんだよ』とまったく気にしていませんでしたね」(日テレ社員)
そうして、「視聴率男」になってしまえば、業界では天下をとったも同然。やり手のプロデューサーに対しては、さまざまな企業が媚びを売ってくる。

<特別読み物ザ・テレビ局プロデューサーを1日やると、一生やめられません  賢者の知恵 現代ビジネス [講談社] より一部引用>
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37774

王手広告代理店とTVキー局社員はモラルハザードの代表選手だよ。
(2014年1月11日)

追加記事

2014/06/17
 石原伸晃環境相は17日の閣議後記者会見で、福島第1原発事故の除染で出た汚染土などの中間貯蔵施設を巡る被災地との交渉に関し「最後は金目でしょ」と発言したことについて、「誤解を招いたことを心からおわびしたい」と陳謝した。
 石原環境相は「最後は用地補償額や生活再建策、地域振興策の金額を示すことが重要な課題になるという趣旨だった」と改めて釈明し、「品を欠く発言で不快な思いをされた方々には心からおわびしたい」と述べた。一方、発言の撤回は「正式な会見で話したことではない」と否定した。
 石原環境相は16日、首相官邸で菅義偉官房長官に中間貯蔵施設の今後の予定などを報告した後、記者団に「最後は金目でしょ」と語った。交付金など金銭で最終解決できるとの発言とも取れ、佐藤雄平福島県知事をはじめ地元が反発。来年1月の搬入開始を目指す施設整備のスケジュールにも影響する恐れが出ている。
http://mainichi.jp/feature/news/20140617k0000e040198000c.html

カネで済むうちにとっとと承諾しろ、後がどうなっても知らんぞ、月夜ばかりじゃないぞ
という含みが感じられる。
(2014年6月17日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です