「すべての赤べこは会津の民芸品である」

元セゾングループ代表で、詩人・小説家の堤清二(筆名辻井喬)さんが死去した。
2013/11/28 12:29
http://www.47news.jp/FN/201311/FN2013112801001152.html

堤清二
1964年、康次郎が死去。周囲からは清二が継承すると思われていた西武グループ総帥の座は、異母弟の堤義明が継ぐことになる。このような変動の下で、処女小説『彷徨の季節の中で』(1969年)は書き上げられた。
康次郎死去後の清二は当時阪急百貨店会長・清水雅の宝塚市にある自邸に行き、清水より経営手法などを学ぶ。スーパーマーケットである西友を急展開し、業績を拡大。また西武百貨店を渋谷に進出させた。1969年、池袋西武の隣にあった百貨店「東京丸物」(まるぶつ)を、買収したばかりの小佐野賢治からさらに買収する形で経営を引き受け、府立十中の同級生だった増田通二を使いパルコを展開。デベロッパーである西洋環境開発を通じ、ホテル経営、リゾート開発へも乗り出すなどセゾングループを形成(これには、父の不動産事業を継いだ義明への対抗心もあったと言われている)。マスコミも彼に注目し、財界の若きプリンスともてはやすようになる。
一方で、脱大衆文化と称して、DCブランドの展開や、無印良品などの事業も始める。田中一光、山本耀司らとの交流の中から、無印良品のヒントを得たといわれる。糸井重里による「不思議、大好き。」「おいしい生活。」などのキャッチコピーは西武百貨店を80年代文化の担い手として印象付け、さらに、セゾン美術館などメセナのさきがけといわれる活動も始める。1983年、自伝的小説『いつもと同じ春』で平林たい子文学賞受賞。
しかしバブル崩壊により、金融機関からの借り入れに依存して事業の急拡大を進めていたセゾングループの経営は破綻を迎え、1991年に堤は同グループ代表を辞任。2000年には西洋環境開発(同年清算)を含むグループの清算のため、保有株の処分益等100億円を出捐し、セゾングループは解体された。

<堤清二 – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%A4%E6%B8%85%E4%BA%8C

25日午前2時5分、肝不全のため東京都内の病院で死去。86歳。

バブル崩壊を乗り切ってたら、どういう展開になってたんでしょう。
良くも悪くも、世の中、カネだなぁとつくづく思います。

パルコ
国内外でファッションビル「PARCO」を19店舗展開している。他に、PARCO劇場、CLUB QUATTRO、TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ、radio drive plusなどの劇場やライブハウス、ラジオ番組など、文化・ソフト事業も幅広く手がけている。
かつて堤清二が率いた西武百貨店を中核としたセゾングループの一角を成したが、パルコについては直接関与せず、全面的に増田通二に託し自由を与えた経緯から、独特の個性が出来上がった。セゾン系本流とは別にパルコ独自の劇場や出版社を持ち、広告手法も異なった。パルコは若年層、西武百貨店は中高年層を主な顧客ターゲットにして棲み分けがなされているが、西武百貨店がない地域にある一部のパルコでは、ターゲット層をやや上の年齢層まで広げている。
近年はパルコとは別業態の「ZERO GATE」(ゼロゲート)という中低層商業ビルの出店を進めている。

沿革
池袋ステーションビルからパルコへ
旧国鉄・池袋駅の駅ビル開発を目的に設立された「池袋ステーションビル」が前身。当初はホテルを核テナントとする予定だったが、途中で方針を転換。京都の百貨店丸物(後の近鉄百貨店)から出資を受け入れ、1957年(昭和32年)「東京丸物」の店名でオープンした。
1969年(昭和44年)、業績低迷を理由に丸物が撤退し、小佐野賢治の仲介で西武百貨店の資本参加を仰ぐことになった。同年、池袋の東京丸物の跡地にファッションビルパルコ1号店が開店した。
なお、丸物傘下から西武百貨店の傘下になった百貨店として豊橋丸物(西武百貨店の傘下に入ったのち豊橋西武。豊橋市にあった。)があり、2003年(平成15年)まで営業していた。現在は建て替えられココラフロントとなっている。

セゾングループ解体後
セゾングループの解体後は森トラストグループが筆頭株主となり、旧セゾングループではクレディセゾンが主要株主となった。また同社は子会社で、洋楽に強く文化人らに定評があったCDショップ運営会社のWAVEをタワーレコードに売却(その後ノジマ→メディア・マーケティング・システム傘下となり2011年に破産)、洋書や思想書に定評があり、文化戦略の一翼を担った個性派書店チェーンのLIBROを日本出版販売株式会社に売却し、各事業から撤退している。森トラスト資本参加後はリニューアルを強化、売り場のテーマ性を明確にし、収益性は高まりつつある。

<パルコ – Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B3

パルコに代表されるイメージ戦略は今も広告宣伝業界の語り草ですね。
70年代、80年代のポップ・カルチャー、若者文化、時代の気分をリードした観がありました。今の渋谷のイメージを作ったのもパルコでした。
そうした部分には堤清二さんは直接関与しなかったそうですが、やはりその本体を準備したという部分で堤さんの世界と言うべきでしょう。

ガロ – 公園通り(1974)
渋谷PARCO公園通りキャンペーンソング
作詞:山上路夫、作曲:村井邦彦、編曲:深町純

  ※(追記:この動画は削除されました

 

西武CF「おいしい生活。」(1982~1983)
コピーライター:糸井重里

 現時点で続投に意欲を示す猪瀬氏だが、外堀は埋まりつつある。
 都議会共産党はすでに、地方自治法に基づく調査特別委員会「百条委員会」の設置を各党に提案している。与党・自民党は「個人の金の話は百条委員会になじまないのでは」と表向き慎重姿勢だが、実は「百条委員会に反対したら『自民党も猪瀬氏と同じだ』と思われてしまう」(党関係者)と、党内では賛成論が根強い。
 民主党都議の1人も「これから所信表明と代表質問がある。それが終わったら百条委員会設置の流れになるのでは」と話すなど、29日開会の都議会は「猪瀬疑惑追及」一色に染められそうだ。
 それにしても、昨年12月の都知事選で433万8936票を獲得した猪瀬氏が、どうして与党からも冷たくされるのか。
 「弱さを隠すためか、とにかく威張る。言葉遣いもぞんざい。猪瀬さんに接すると、みんな不愉快になる」
 自民党都議の1人は、猪瀬氏の人柄についてこう証言した。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131128/plt1311281534003-n1.htm

そういや西武と堤家を調べあげたのがこの人だったね。
「こいつとはもう二度と一緒に仕事するものか」と、みな思うんだってさ。
威張るやつァサイテーだ。

自宅マンションで覚醒剤を所持していたとして、千葉県警松戸署は28日、俳優の若山騎一郎(本名・藤原敏章)容疑者(48)=東京都港区南麻布2=を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。同署によると、「約1年間にわたって所持していた」と容疑を認めている。若山容疑者は1992年に亡くなった俳優の若山富三郎さんの長男で、97年に亡くなった俳優の勝新太郎さんは叔父にあたる。
 同署によると、若山容疑者が覚醒剤を所持しているとの情報を得て自宅を捜索したところ、部屋にあったガラスパイプから微量が検出された。
http://mainichi.jp/select/news/20131129k0000m040013000c.html

 自宅マンションで覚醒剤を使用していたとして、千葉県警松戸署は29日、女優の仁美凌(ひとみ・りょう、本名・藤原芽英子<めえこ>)容疑者(33)=東京都港区南麻布2=を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。仁美容疑者は前日の28日に同法違反(所持)容疑で逮捕された夫で俳優の若山騎一郎(本名・藤原敏章)容疑者(48)=同=と「一緒に使った」と容疑を認めているという。
http://mainichi.jp/select/news/20131129k0000e040162000c.html

ガラスパイプから検出? パンツの間違いではないか?

Jellyroll – Quick Trip(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 米国のB―52爆撃機2機が中国が設定した防空識別圏内を飛行したことに続き、自衛隊機も中国へ通告せずに同空域を飛行したことが28日分かった。中国軍機によるスクランブルなどはなかったという。中国国際放送局が報じた。
 小野寺五典防衛相は27日、B―52爆撃機2機が中国が設定した防空識別圏内を飛行したことに言及し、自衛隊も米軍と同じ体制を取る考えを示した。さらに小野寺防衛相は、「中国の防空識別圏は一方的な措置であり、一刻も早く撤回してもらいたい」と述べた。
 さらに小野寺防衛相は、中国が自衛隊機に対して事前通告を求めていることについて、「当然必要ない。従来どおり通常の警戒監視の態勢をとる」と明言した。
 自衛隊機が中国へ通告せずに防空識別圏内を飛行したことに、中国側が強く藩閥ママするのは必至とみられる。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1128&f=politics_1128_004.shtml

「米国の軍用機の通過を許し、日本からもフライトプランの提出を拒絶されている。もはや防空識別圏は『張り子の虎(紙老虎)』と思われているのでは」
 海外記者からの質問に、中国外務省の秦剛報道官は不快の色を隠さなかった。毛沢東の「名言」として知られる「すべての反動派は張り子の虎である」を、よりにもよってこんな形で持ち出されたからだ。秦報道官は、硬い口調でこう返すばかりだった。
「強調したいのは、中国政府には国家の主権と安全を守る決意と能力があるということだ。防空識別圏もまた、有効に『コントロール』されている」
 張り子の虎――そんな屈辱的質問を、すっぱり否定できないのが中国の現状だ。この前日の2013年11月26日(日本時間)、米国の爆撃機B52は、中国が設定した防空識別圏を悠々と通過していた。事前通告なしに侵入すればスクランブル(緊急発進)をかける、とあれほど予告していた中国だが、実際にはスクランブルどころか接触もなし。
 米国だけならともかく、28日には日本の自衛隊機も、この空域でこれまでどおりの警戒飛行を続けていることが明らかになった。航空会社に対し求めてきたフライトプランも、いったんはJALやANAなどから提出を取り付けたものの、現在は拒否されている。それでも、中国が直接行動に出る動きは見られない。元々専門家からは、「中国には航空機侵入をキャッチできる能力はない」と指摘されていたが、それを裏付けた格好だ。
http://www.j-cast.com/2013/11/28190332.html

すべての反動派はハリコの虎である。反動派は、見たところ、おそろしそうでも、実際には、なにもたいした力はもっていない。ながい目で見れば、ほんとうに強大な力をもっているのは、反動派ではなくて、人民である。
『毛沢東選集』第4巻『アメリカの記者アンナ・ルイズ・ストロングとの談話』(1946年8月)

なぜ世界から尊敬されるような国を目指さないのか?
やはり大陸部は民度が低いのか。

Roy Budd and featuring the Ray Conniff singers – Theme from “Paper Tiger”(1975)

Dr. Lonnie Smith with David “Fathead” Newman – Paper Tiger
from the album “Boogaloo to Beck”(2003/05/20)

Arranged By, Guitar: Doug Munro
Drums: Lafrae Sci
Organ: Dr. Lonnie Smith
Tenor Saxophone: David “Fat Head” Newman

Barbara Gibson – Paper Tiger(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Sue Thompson – Paper Tiger(1964/11/02)
曲としては3度目の引用。

Pop Chart Peaks: Cash Box 18, Record World 21, Billboard 23
Sue’s final national pop hit was composed by prolific Nashville-based songwriter John D. Loudermilk, who had also written her previous best-sellers “Sad Movies” “Norman” and “James (Hold The Ladder Steady).”

家電量販店のラオックスは2013年11月28日、東京・銀座に大型免税店「銀座本店」を開店した。商業ビルの1~3階に店舗を構え、家電製品だけでなく宝石や高級時計、日本の伝統工芸品も扱う。15か国の言語に対応する販売員を置き、アジアや欧州からの観光客獲得を目指す。
ラオックスは2009年、中国・蘇寧雲商集団の傘下に入った。
http://www.j-cast.com/2013/11/28190294.html

大型免税店ということは中国からの観光客がお得意様になる?

博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)は27日の総会で、2020年の万国博覧会をアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開くことを決定した。
 中東での万博開催は初めてとなる。万博開催に向け、ドバイのほか、ロシアのエカテリンブルク、トルコのイズミル、ブラジルのサンパウロの3都市が立候補していた。ドバイは決選投票でエカテリンブルクと競い、116票対47票で圧勝した。BIEによると、ドバイ万博は20年10月~21年4月に開催される。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131128-OYT1T01378.htm

世界有数のお金持ち国家。さぞや豪勢なものになるでしょう。

#وثائقي | هياكل عملاقة: مول دبي

 昨年9月に発見されたアイソン彗星(すいせい)が29日午前4時9分、太陽に最接近する。今月に入って急に明るくなったり暗くなったりし、破片も分離したため太陽の熱と重力で分裂したとの見方もあったが、欧米の太陽観測衛星「SOHO」の27日の観測では明るく見えた。無事通過すれば、日本では来週半ばから夜明け前に、ほぼ東の地平線近くで見え始める見込み。
(中略)
 太陽系の遠い外れから飛来したアイソン彗星の核は、太陽系が約46億年前に形成されたころの氷やちりでできている。太陽最接近時に核内部の物質が放出されて光れば、原始太陽系の様子を探る手掛かりになるため、SOHOのほか米国の太陽観測衛星「ステレオ」「SDO」、日本の「ひので」で観測される。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013112800667

氷と塵の塊じゃ、太陽の熱でイチコロでしょ。
「東の地平線近くで」って、都心じゃ地平線なんか見えんもんね。

Aarons and Ackley – Let It Shine(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

楠木繁夫 – 緑の地平線(1935)

ツナ缶ランプは「警視庁警備部災害対策課」によって発表され思いのほか反響を呼んでおりました。どうやらツナ缶に含まれる油が燃えて「ロウ」の役割を担うといいます。しかも2時間ぐらいもつので明かりや団をとるには最適なのかもしれません。さらに、中身ももちろん食べることもできるし油が抜けたツナ缶は実にヘルシーで一石二鳥。
http://www.yukawanet.com/archives/4581115.html#more

Tuna Can Oil Lamp
アップロード日: 2010/06/04

さっき関東地方で地震があった。震度3だって。
ツナ缶買い置きしたほうがいいかな?

Hot Tuna – Death Don’t Have No Mercy(1970)

追加記事

「世紀の天体ショー」が楽しめるとして期待されていたアイソン彗星が、太陽に接近したときに分解・蒸発したことが明らかになった。各地の天文台で予定されていた観測会も続々と中止が決まり、天文ファンからも落胆の声が広がっている。
 なかでも大弱りなのが 日本航空(JAL)と全日空(ANA)系のツアー会社だ。チャーター便を用意してかなり高額のツアーを売り出し、良い席はあっという間に売れてしまった矢先の事態。中止にするかどうかは検討中だが、「想定外」と頭を抱えている。
http://www.j-cast.com/2013/11/29190467.html

やっぱり蒸発しちゃったって。
(2013年11月29日)

追加記事

 兵庫県尼崎市につくられた大型プロジェクト「つかしん」(塚口新町店)のコンセプトを決める会議のシーンだ。幹部が「新しいショッピングセンター」のコンセプトを説明すると、堤氏は「全然違う。俺がつくりたいのは店なんかじゃない。街をだ。計画を白紙に戻せ」と怒る。理解できない幹部社員がキョトンとしていると、「街には飲み屋や交番や銭湯がなきゃおかしいだろ」と畳み掛けるが、それじゃあ、どうするかという具体策は言わない。ショッピングセンターをつくるものと思い込んでいた幹部社員は右往左往――。
「最後は『街に大きな建物があると威圧するから、ショッピングセンターは半分にしろ』と言い出したんです。でも、建物を半分にしたら売り場面積も半分になって、売り上げが減って経営が成り立たない。セゾン劇場もそうで、もともと、キャパが小さくて満席になっても採算が取れないのに、堤さんは『これをやろう』『あれをやろう』と言い出す。思いつくまではいいが、それをどうやってビジネスにするかになると、途端に興味を失ってしまうのです。彼は真の経営者ではありませんでした」(立石泰則氏)

 もうひとつ、大きな「影」は、西武ピサが発火点になった「イトマン・住銀事件」だ。堤氏は東京プリンスホテルの地階に高級美術品・宝飾品販売店「ピサ」をつくった。そこに美術担当の嘱託社員として働いていたのが黒川園子さん。住友銀行頭取、磯田一郎氏(故人)の長女である。イトマン社長の河村良彦氏らに「ロートレックなどの高級絵画の買い手はいないか」と持ちかけ、許永中ら闇の紳士が登場、これに西武百貨店も出てくるのだ。
 イトマンはピサから118億円もの絵画を購入する。その過程で、西武百貨店の外商課長が偽造の「鑑定評価書」を作成したことが発覚したり、西武百貨店の取締役が許永中とたびたび会って、食事をしていたことなどが明るみに出た。
「イトマンからピサに流れた金はどこに消えたのか。それは今も謎のままなのです。当時、絵画は壁にかかる不動産といわれ、裏金やリベートに便利な存在だった。普通に考えて、これだけの取引ですから、百貨店の上層部が知らなかったとは思えませんが、堤氏はこの部分だけは何も語らず、逝ってしまった」(経済ジャーナリスト・有森隆氏)
http://gendai.net/articles/view/news/146352

信濃町のルノワール「三段腹の女」事件とどっちが先だ?
(2013年12月1日)

追加記事

 歌手・加山雄三(76)が1日、大阪城ホールで行われた年末恒例コンサート「1万人の第九」にゲスト出演し、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された異母妹、仁美凌容疑者(33)について問われた。
 加山の父親は俳優の故上原謙さん。11月29日に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された仁美容疑者の父親も上原さんであることから、加山と仁美容疑者は異母兄妹という関係。
 加山は公演終演後に会見。その後、報道陣が仁美容疑者について「事件の感想は?」と尋ねると、いらだった表情を浮かべ「何もない」と一言。「最近会ったか?」との質問には首を横に振った。主催者側がガードする中、「残念という気持ちはありますか?」と問われると「あはは」とあきれたような乾いた笑い声をあげた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131201-00000062-dal-ent

加山雄三 – ぼくの妹に
作詩:岩谷時子、作曲:弾厚作

  ※(追記:この動画は削除されました

 

(2013年12月1日)

追加記事

2014/02/19
 夫婦で覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた、故若山富三郎さんの長男で俳優の若山騎一郎(本名・藤原敏章)被告(49)に、千葉地裁松戸支部は19日、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。
 妻で故上原謙さんの次女の元女優、仁美凌(本名・藤原芽英子)被告(33)には13日に懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡している。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140219/enn1402191555022-n1.htm

問題はこれからだな。克服できるのかどうか。
(2014年2月19日)

追加記事

吉永小百合 – 首ふり赤ベコ(1972/02/25)
作詞:清水みのる、作編曲:飯田信夫
アルバム『ふるさとのおもちゃの唄』(1969/03/25)所収。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

(2017年3月16日)

追加記事

(2018年8月11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です