KEY COFFEE はキーコーヒー、キーボーは現在ソロシンガー

 中国が4日公示の参院選(21日投開票)に照準を合わせるように、安倍晋三政権を挑発してきた。中国海軍のミサイル駆逐艦など7隻が3日、長崎県沖の対馬海峡を通過したのに加え、東京都・沖ノ鳥島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)にも、中国の海洋調査船が連日侵入したのだ。参院選で自民党が勝利し、安倍首相が「強い日本」を目指すのに怯えて、日本の有権者を揺さぶるつもりなのか。
 防衛省統合幕僚監部によると、中国海軍艦艇7隻は3日午前2時~3時ごろにかけ、対馬海峡の東水道(対馬-壱岐間)を、東シナ海から日本海側へ北東に通過した。中国艦艇が対馬海峡を通過したのは一昨年8月以来。
 中国の挑発はこれにとどまらない。海上保安庁によると、日本最南端・沖ノ鳥島周辺のEEZでも3日午後0時半ごろ、中国科学院所属の海洋調査船が航行していた。船はワイヤのようなものをえい航しながら、南に時速約7キロで航行していたという。沖ノ鳥島沖での活動は約9年ぶり。
 同日、沖縄県・尖閣諸島周辺のEEZでも、中国の石油会社所属のパナマ船籍の調査船が4日連続で活動しているのが確認されている。
 中国が尖閣強奪を虎視眈々と狙っているのは周知の事実だが、沖ノ鳥島についても「沖ノ鳥島は『岩』にすぎず、日本のEEZ設定は不当」などと主張している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130704/frn1307041146001-n1.htm

中韓ロが挑発すればするほど自民大勝の確度が増す。
つまり中韓ロは軍拡・戦前回帰路線の安倍自民党を応援してるってこと。
しかし日本が軍事的に強国になることは実はアメリカはあまり望んではいない。
てことは、やはり 中韓ロv.s.米 の構図はあるってことか。

今回の選挙から、病気や障害などで判断力が十分でない人に代わって財産を管理する「成年後見制度」で後見人がいる、およそ13万6000人も投票できるようになります。
投票にあたっては、不正投票を防ぐため、投票用紙に記入できない人が代筆で投票する「代理投票」の補助者には、投票所の事務担当者を充てることが義務づけられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130704/k10015809251000.html

2013/05/28
 成年後見人が付いた人に選挙権を認める改正公職選挙法は27日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。夏の参院選から成年後見人が付いた全国の約13万6400人に投票の道が開かれることになった。
 改正法は、成年後見人が付いた人は選挙権を失うとした公選法11条の規定を削除し、成年被後見人に一律に選挙権を認めた。一方、不正投票防止のため、文字が書けない人に代わって候補者名を記入できる補助者を、投票所にいる市区町村職員らに限定することを義務づけた。また、病院などで行われる不在者投票の際には、市区町村選管が選定した立会人を付けることなど、公正確保のための努力規定も盛り込んだ。
 憲法改正のための国民投票についても同様に投票権を認めるため、国民投票法の規定を見直すことも明記された。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=78426

「自分で判断できない」人がどうして投票先を決められようか。
結局、後見人が「この人、この政党がいいですよ」とか言って、本人がどう言おうと代理人が投票してしまうのだから、制度として成り立っていない。
そうまでして票がほしいとは浅ましい限り。
「人権」を理由にしながら却ってその「人権」を蔑ろにするのだから、かなりタチが悪い。

「きょうも福島の、南相馬の方とお話をしました。頭2つある子、生まれてますよ。あとは無脳症の子どもも生まれてます。これは完全にチェルノブイリの再来なんですね」
「西郷村というところでは、昨年夏以降からも奇形の子が生まれています。どうですかみなさん、これがTVでやならい真実」

  ※(追記:この動画は削除されました

 

事実なら大問題じゃないか。マスコミは直ちにデマかホントか確認して、報道せよ。
それをマスコミが挙って確認しないとなれば、ホントかって話になるよ。

真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って

どうか子供たちの未来を奪わないでほしい。
これを見てるあなたに言ってるんですよ。

Junior’s Eyes – Freak In(1969)
UK

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 俳優の千葉真一が4日、都内で行われた映画『ベルリンファイル』の公開直前イベントに俳優・谷隼人とともに出席した。二人はアクションドラマの名作『キーハンター』で共演。千葉は同作でボス役だった、故・丹波哲郎さんが亡くなる一年前に、映画版の続編を持ちかけられたことを明かし「実は半分、脚本ができている」と告白。報道陣を驚かせていた。
 当時、丹波さんから「脚本はお前がやれ」と言われたという千葉は、「実はもう半分できてあがっています。“ニューキーハンター”」と自らが執筆していることを報告。内容については「旧キーハンターが昔閉じ込めた犯人の子どもたちが復讐してくる話」と構想を明かしていた。
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2026291/full/

キイハンター。東映、第二東映(ニュー東映)の荒唐無稽なアクション現代劇のエッセンスが凝縮されていた感じで、かなり面白かったですね。

キイハンター 千葉真一 アクションシーンベスト5

キイハンター オープニングテーマTVバージョン

  ※(追記:この動画は削除されました

 

野際陽子 – 非情のライセンス

  ※(追記:この動画は削除されました

 

大爆笑だな

http://chibarei.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

http://www.nikaidou.com/archives/38244

何が大爆笑なのか覗いてみたら、どうやら本人でない第三者がイメージダウンのため作ったらしいブログだった。
あまり笑えんナァ

Sister-group singer Bernie Nolan dies at 52
LONDON (AP) — Bernadette Nolan, a member of singing sister act The Nolans, has died of cancer aged 52.
The singer’s management agency, Urban Associates, said in a statement that Nolan died Thursday surrounded by her family.
Universally known as Bernie, Nolan was raised in Blackpool, northwestern England, and began performing with her family when she was a child.
The Nolans had a worldwide hit in 1979 with “I’m In the Mood For Dancing” and gained large followings from Britain to Japan.
Nolan left in 1994 to focus on an acting career that included a role on soap opera “Brookside” and parts in stage musicals including “Blood Brothers” and “Chicago.”
In 2010 she was diagnosed with breast cancer, which later spread.
Nolan is survived by her husband, Steve Doneathy, and their daughter, Erin.
http://mainichi.jp/english/english/features/news/20130705p2g00m0et027000c.html

 楽曲「アイム・イン・ザ・ムード・フォー・ダンシング」(邦題「ダンシング・シスター」)などの大ヒットを飛ばした姉妹ポップグループ、ザ・ノーランズのリードボーカル、バーニー・ノーランさんが乳がんのため亡くなった。52歳だった。
 乳がんと診断されたバーニーさんは乳腺切除手術と化学療法を受け、2012年にはがんを克服したが、再発。ホスピスに入院していた彼女は、亡くなる直前に家族と一緒に時間を過ごすため家に戻り、自宅で息を引き取ったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000008-flix-movi

4日になくなったそうです。俺より年下なのにね、、、

The Nolans – I’m In the Mood for Dancing(1979)ダンシング・シスター

 マンマシンインタフェースの先駆者として知られる米国の発明家、ダグ(ダグラス)・エンゲルバート氏が7月2日(現地時間)、88歳で亡くなった。同氏の娘、クリスティーナ・エンゲルバート氏がインターネット技術の標準化団体、IETF内のメーリングリストで3日に明らかにした。
 同氏によると、エンゲルバート氏は週末に体調が悪化し、2日夜に自宅で就眠中に静かに亡くなったという。
 エンゲルバート氏は1950年代、スタンフォード研究所(現SRI International)にARC(Augmentation Research Center)を設立し、コンピュータの入力装置であるマウスや、ハイパーテキストという概念、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)などの開発に従事した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000026-zdn_n-sci

キーボードだけではパソコンはここまで普及しなかったろう。
今この瞬間もマウスを使ってるわけで、こりゃかなりの大発明だ。

話変わって、
フランスではコンピュータ用語も ほぼすべて フランス語に置き換えられている。
マウスはsouris(スーリ)、マウスボタンはbouton de souris(ブトンデスーリ)といった具合。フランス語の素養がなければもうお手上げだ。

Minute Moumoute – La ronde de la souris et de l’éléphant(1973)

Michel Jasmin – Souris, tu m’inquiètes(1971)

  ※(略)

 

Sacha Distel – La souris et le rat(1970)

  ※(略)

 

Françoise Hardy – Dame souris trotte(1970)

  ※(略)

 

Les Souris – Les Garçon-Papillons(1969)

François de Roubaix – Le Chat et La Souris La Goélette(1967)
作曲:フランソワ・ド・ルーベ
日本未公開Tv作品『TEVA:Operation Gauguin』より

Annie Cordy – As-tu vu la souris ?(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Les Petites Souris – Ce N’est Pas Triste(1965)

La souris verte

Thomas Fersen – Une chauve souris(1963)

  ※(略)

 

米国務省が交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)の同省公式ページの「いいね!」ボタンのクリック数を増やそうと、2年間で63万ドル(約6300万円)を投じていたことが判明した。歳出削減を求められているさなかとあって、同省には3日、批判が殺到した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000022-jij_afp-int

日本では参院選までの間、平均株価値上がり=景気浮揚を演出するためか、厚労省傘下の「年金積立金管理運用独立行政法人」が大引けまえに大量の買いを入れているそうだ。他人(ひと)のカネだと思って、やりたい放題だな。

Jackie DeShannon – It’s So Nice(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

問題として挙がっていたのは昨年2012年3月に「ペプシコーラ」のカラメル色素内に発がん性物質が含まれているという報道だった。
発がん性物質は4-メチルイミダゾール(以下4-MI)と呼ばれペプシコーラ1缶当たり(おおよそ355ミリリットル)に100マイクログラム以上含まれている。これにより米カリフォルニア州の法律で化学物質4-MIの1日当たりの摂取量を29マイクログラムと定めた。
http://www.yukawanet.com/archives/4489187.html#more

日本人ほどアメリカ人は気にしないんだろうね。
美味けりゃいいじゃない、みたいな?

Pepsi-Cola “C’est dans la tête qu’on est beau”(1975)

Pepsi Commercial 1960’s

おなじみヤンマー株式会社(旧・ヤンマーディーゼル)のキャラクターヤン坊とマー坊。夕方のニュースの時間枠で放送される気象予報番組で、この二人が画面狭しと動きまわる愛らしい姿に魅せられた視聴者は少なくないのではないでしょうか?そんな、ヤン坊とマー坊の天気予報サイトが2013年6月30日を持って閉鎖されました。
http://www.yukawanet.com/archives/4486924.html#more

まだ日本のインターネットが黎明期だった頃、ひときわ異彩を放っていた病院のホームページ「愛生会病院」。独特の色遣いと、病院らしからぬぎらぎらとしたGIFアニメは当時多くのネットユーザに衝撃と感動を与え、同時に「イカれたホームページ」の基本形ともいえるべき形をここで完成させ、後の「愛のぷりんてぃん」など様々なホームページに影響を与えてきた。そんなサイトがついに閉鎖された。
(中略)
サーバの更新日等の影響もあってか本日7月1日に何事もなく閉鎖されていた。
http://www.yukawanet.com/archives/4487536.html

始まりあれば終わりあり。老兵はただ消え去るのみ。

Gerard Palaprat – Pour la fin du monde(1971)

追加記事

2013/07/16
 震災後に、福島県内で奇形児が次々に生まれているというのは本当なのか。
 厚労省の保健社会統計課によると、先天奇形や変形、染色体異常から死亡した乳児は11年に福島県で6人いた。

福島県「そんな話は聞いていない」
 このうち、頭が2つある2頭体や無脳症は、報告例がなかった。全国では、2011年の死亡乳児に2頭体はいなかったが、無脳症は9人いた。どちらも数は少ないものの、存在しているらしい。
 12年は、福島県の死亡乳児は概数で5人で、2頭体も含まれる「その他の先天奇形及び変形」や、無脳症も含まれる「神経系の先天奇形」は、ともにいなかった。死亡数についても、震災前の10年が12人だったのに比べて、むしろ減ってきている。
 南相馬市の保健センターなどに取材すると、2頭体や無脳症について、「そのような情報は入ってきていません」と首をひねった。また、西郷村の健康推進課でも、12年夏以降の奇形児について、「うちでは情報がない」として、今後確認していきたいと取材に答えた。村のある保健師は、「奇形の話はここ数年聞かない」とし、「こんな話が流れれば、女性はお嫁に行けなくなると不安になってしまう」と漏らした。
 福島県の児童家庭課でも、「そんな話は聞いていない」とし、「奇形児はありえないわけではありませんが、因果関係ははっきりしていないはず。原発と絡めて言っているのなら、おかしいと思います」と言っている。
http://www.j-cast.com/2013/07/16179508.html

「聞いてない」「報告されてない」は、そのような事例はゼロということではないので、よけいに不安を煽る、
デリカシーが無いからか、それが分からないらしい。

厚生労働省における東日本大震災の対応状況
患者調査 ➢宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない旨
決定し、当該県へ連絡済み。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001ru9f-att/2r9852000001rur6.pdf

調査しなけりゃ、実態も闇から闇だ。

(2013年7月16日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です