二つの柳ヶ瀬

2012/07/23
 16日夜から17日午前にかけて行われた陸上自衛隊第1師団(東京都練馬区)の連絡要員の自衛隊員が23区に徒歩で出向き、被害状況や出動要請の有無などを確認する統合防災演習で、自衛隊側が23区に「隊員を区役所庁舎内に立ち入らせてほしい」と要請していたにもかかわらず、11区が拒否していたことが22日までの産経新聞の調べで分かった。区職員の立ち会いも要請していたが、7区の防災担当者は立ち会わなかった。要請を拒否した区には「区民に迷彩服を見せたくなかった」と明かした担当者もいた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072301070002-n1.htm

 陸上幕僚監部の広報室の説明によると、事前に各区役所に対して(1)駐車スペースを使わせて欲しい(2)庁舎内のスペースを仮眠所として使用させてほしい(3)防災担当職員に立ち会って欲しい、と事前に口頭で要請したものの、(2)について、11の区から
「16日は祝日なので、宿直しかおらず対応できない」
などとして協力を断られたという。
(中略)
 だが、協力を拒んだとして記事で名指しされた千代田区は「記事は誤り」として怒り心頭だ。環境安全部防災・危機管理課の説明によると、(1)については事前に文書で要請があり、受け入れたが、(2)(3)については、訓練当日も要請はなかったという。具体的には、自衛隊員が数人区役所を訪問したが、あいさつをした程度で、特段「仮眠所として使わせてほしい」といった話もなく、20分程度で引き上げていったという。
 同課では、
「災害対応要員が24時間詰めており、対応しようと思えばできた。3・11の時には、迷彩服姿の自衛隊員が区役所に来ており、情報共有した実績もある。自衛隊からの依頼があれば、全面的に協力する立場だ」
と話しており、産経新聞社に抗議文を出すことも検討している。
http://www.j-cast.com/2012/07/23140353.html

隠すより現る。
迷彩服(Camouflage Suit)は野外での対ゲリラ戦を想定した戦闘服です。首都直下型地震を想定しているなら通常の軍服でいいはずなのに、わざわざそれを着たというのはいかなる意図からか。
都心には茶色・緑色がカモフラージュとなる場所は逆に少ないんですけどね、気は心というか、軍としての自衛隊の自己アピールというか、そんな感じでしょう。
もちろん兵隊は上官の命令に従うだけ。軍装だって命令次第です。彼らに迷彩服を着せたがったのは普段は背広を着てるような防衛省の幹部だったんじゃないかな?
「見せたくなかった」どころか、こうした現状を分からせるため、「迷彩服」の自衛隊員が役所に出入りするところをしっかり区民に見せるべきでしたね。
「これからは軍人さんの出番なんだよ」そんな声がどこからか聞こえてくるような気がしました。

The Temptations – Camoflauge(recorded 1967)
from The Temptations LP “Lost & Found” Previously unreleased material from !962-1968

  ※(追記:この動画は削除されました

 

2012/07/09
 「わたしきれい?」と言いながら近づく妖怪女の都市伝説にちなんだお化け屋敷が、伝説発祥の地とされる岐阜市の柳ヶ瀬商店街に13日、オープンする。
 柳ヶ瀬はかつて、東海地方でも有数の繁華街として知られたが、市の主力産業だった繊維産業の衰退とともに活気を失い、シャッターを下ろしたままの店も目立つようになった。企画した地元の経営者らは「お化け屋敷を活性化の目玉に」と張り切っている。
 オープンを控えた7日、関係者にお化け屋敷の一部が公開された。暗闇から妖怪女が登場する仕掛けで、体験したボランティアの女性スタッフは、不気味な女の姿に悲鳴をあげていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120708-OYT1T00293.htm

 来場者は「口裂け女」に連れ去られ、昭和時代の柳ケ瀬商店街にタイムスリップした少年を追い掛ける設定で屋敷内を回る。飲食店の看板など、内装は当時の街をイメージした。
 主催するまちづくり団体「やながもん」実行委員長の吉村輝昭さん(47)によると、「口裂け女」は77~78年ごろ、岐阜の子どもたちの間で話題になった。マスク姿の女が「わたしきれい?」と尋ねた後、マスクを外すと耳元まで裂けた口があらわになり、鎌を手に襲って来ると言われた。「口裂け女に襲われた」という警察への通報も複数あったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000033-jij-soci

柳ヶ瀬という地名が二ヶ所あることを、いままで知りませんでした。

柳ケ瀬(やながせ)は、
・岐阜県岐阜市の歓楽街、柳ヶ瀬(岐阜市)。 美川憲一のヒット曲『柳ヶ瀬ブルース』に唄われる街として有名。
・滋賀県長浜市(旧:伊香郡余呉町)にある地域名、余呉町柳ヶ瀬。 近畿地方では豪雪地帯として有名。
<柳ヶ瀬 – Wikipedia>

シングル「柳ヶ瀬ブルース」美川憲一シングル「柳ヶ瀬ブルース」美川憲一
 

美川憲一 – 柳ヶ瀬ブルース(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

中尾ミエ – 柳ヶ瀬ブルース

  ※(追記:この動画は削除されました

 

柳ヶ瀬ブルース 歌のない歌謡曲

鳴茜 – 誰伴我一生(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

余天 – 淡水河邊

久美悦子 – 柳ヶ瀬小唄(1966)
作詞・作曲:寺沢一馬

  ※(追記:この動画は削除されました

 

カサノヴァ7(セッテ) – 夜の柳ヶ瀬(1969)

リッキー&960ポンド – 夜の柳ケ瀬(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

田端義夫 – 夜の柳ヶ瀬(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

近藤久美子 – 柳ヶ瀬ルンバ

坂井千春 – 柳ケ瀬恋物語(live)
2007年発売『冬海峡』のカップリング曲。

【岐阜県岐阜市の柳ヶ瀬】

【滋賀県長浜市余呉町(よごちょう)の柳ヶ瀬】
鉄ちゃん、廃墟マニア、歴史好きは、こちらということになります。

追加記事

 東京都は31日、大規模災害や事故の際、指揮命令に当たる危機管理監(局長級)に、8月1日付で陸上自衛隊第10師団(司令部・名古屋市)前師団長の宮崎泰樹氏(57)を起用すると発表した。2003年に新設された危機管理監に外部の人材を起用するのは初めて。
 都人事部は「東日本大震災を受けて防災計画の見直しを進めており、危機管理を高めるため経験豊富な人材を起用した」としている。
http://kumanichi.com/news/kyodo/main/201207/20120731008.shtml

天皇家疎開・皇居移転は、震災後ということか。
(2012年7月31日)

追加記事

 一部報道によると、原因は金銭問題。美川は事務所の唯一の所属タレントで、美川のギャラ、社員への給料の遅延、取引先への未払いがあったという。このことで事務所社長のA氏との関係が悪化。最近になって独立を決断した美川が7月31日付で退社した社員6人とともに独立し、新事務所を設立するという。
 美川は現在、海外へ渡航中。そこで渦中のA氏に質問をぶつけてみた。
(中略)
「昨年12月から美川が“社員らと事務所を辞めようと思っている”と周囲に相談していると聞いたんです。そんな辞めるつもりの人たちに高い給与を払うのもヘンですから。確かにその頃、給料の遅配があった月もありましたが、遅れてもきちんと支払っていました」
 紅白出場がストップしてから、美川の仕事が減っているともっぱら。資金繰りがうまくいかなくなったのか。
「営業の仕事は今年4月で1本、5月は2本。いい時でさえ月3~4本程度。ここ2年ぐらいそんな状況でした。テレビですか? それは別。テレビはお金になりません」
 19年連続出場していた紅白に出なくなったのは2年前の10年だが。
「仕事の激減と紅白はまったく無関係。世の中ずっと不景気で、3・11もありましたから。銀行もシブい対応で、そういう流れがあって……」
 紅白出場が止まったことで、美川と社長の間に不協和音が流れ始めたという話もあるが。
「確かに向こうは『社長であるおまえの責任だ』という気持ちでしょうね。でも、20年以上ヒット曲がなかったわけですから……。私はよくやったと自分自身を褒めてあげたいくらいです」
http://gendai.net/articles/view/geino/138166

美川クラスがこれじゃ演歌勢はほぼ全滅じゃないでしょうかね。
しかし、レコード店の店先でみかん箱の上に立って歌い、シングル盤を手売りして全国を廻った、、、それこそが演歌の原点じゃないですか?
いや、演歌だけじゃない、どんなジャンルの歌手だって基本は同じでしょう。
原点に戻ればいいんですよ。
(2012年8月13日)

追加記事

映画『プレデター』を連想しました。
(2012年8月18日)

追加記事

鏡を使ったカモフラージュなんですが、すぐに鏡の表面が汚れそうです。
(2012年10月6日)

追加記事

(2017年11月4日)

追加記事

(2018年3月18日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です