Marching Through Georgia; It’s A Long Way To Tipperary

「東京節」
アメリカ南北戦争(Civil War)の時の歌「Marching Through Georgia」が、日本では「東京節」として大正時代の後半に流行しました。
この歌の場合 作者がはっきりしてますが、アメリカの初期の歌はルーツをたどるとヨーロッパの古謡や讃美歌にまでさかのぼることが結構あるようです。
「東京節」としてのノスタルジックでコミカルな味わいもさることながら、「ジョージア・マーチ(ジョージアを越えて)」の決然奮起を促す本来の調子も心を撲(う)つものがあります。例えば廃娼を訴えて遊郭を行進する救世軍の如き侠気、向こう見ずの一途さが私なぞには強く感じられるのです。

大正時代を代表するコミックソングの作品で、東京という土地に愛着を示しながらもそれを可笑しく表現した特徴的な歌である。1919年にリリース。元々のメロディーはヘンリ・クレイ・ワークによって作曲されたアメリカ南北戦争時のシャーマン将軍の海への進軍の様子を描いた『ジョージア・マーチ』(または『マーチング・スルー・ジョージア』 Marching Through Georgia)であり、それに添田が歌詞をつけたもの(資料によっては作曲者が添田知道(添田さつき)や神長瞭月とされていることがある。
パイノパイノパイ – Wikipedia

“Marching Through Georgia” (sometimes called Marching Thru’ Georgia) is a marching song written by Henry Clay Work at the end of the American Civil War in 1865. It refers to U.S. Maj. Gen. William Tecumseh Sherman’s heroic March to the Sea late in the previous year.
Marching Through Georgia – Wikipedia, the free encyclopedia

 

土取利行 – 平和節
『平和節』としての流行も『東京節』と同じく大正8年。日本語詞も同じ添田さつき。
第一次大戦の戦後処理のためベルサイユ宮殿で開かれた会議に出席した各国代表の名を織り込んでいる。

鈴川小梅(伊藤かな恵)- パイノパイノパイ(東京節)(2009)
テレビアニメ「大正野球娘。」より

  ※(追記:この動画は削除されました

 

「乞食」の歌詞が「喧嘩」になってます。
当時の日本で『三文オペラ』に描かれたような「組織」があったかどうかは知りませんが、窮民を救おうとした人々は確かにおりました。

大工哲弘 – 東京節(1994)

桜井敏雄・なぎら健壱 – 東京節(パイノパイノパイ)(1992)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

ザ・ドリフターズ – ドリフのバイのバイのバイ(1976)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

榎本健一 – 東京節

  ※(追記:この動画は削除されました

 

森山加代子 – パイのパイのパイ(1961)
作詞:渡舟人、作曲:神長瞭月、編曲:中村八大
東宝『アワモリ君売出す』劇中歌

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Ella Fitzgerald – Flying Home(1947)
SP盤 “Oh, Lady Be Good!” のB面。
スキャット中心。途中、”Marching Through Georgia” を引用。

春日八郎 – パイノパイノパイ

貴美子 – パイノパイノパイ(平和節 ジョーヂァソング)

塩原秩峰 – 平和節 ジョーヂァソング

後藤紫雲 – 東京節(平和節)(上)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

James F. Harrison and Chorus – Marching Through Georgia(1913)

Charles Ives – Symphony n.4 – II. Comedy: Allegretto (first part)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

アメリカの作曲家チャールズ・アイヴズ(1874-1954)の、交響曲第4番 第2楽章 Comedy. Allegretto。
他曲に混じってMarching Through Georgiaが引用されてます。
ほとんどカオス状態ですね。

 

Band of HM Grenadier Guards Captain George Miller – Marching Through Georgia

Tennessee Ernie Ford – While we are marching through Georgia

Ernest Stoneman – Marching through Georgia

Jay Ungar – Marching Through Georgia

97th regimental string band – Marching through Georgia

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Marching Through Georgia March

H.C.Work Music Box MIRA18″「大きな古時計」で有名なH.C.ワークが作曲した行進曲「ジョージア­を越えて」です。
アメリカ南北戦争時代の軍歌楽曲で今でも米国では愛国歌の中の一つになっています。
日本ではエノケンの「東京節」という俗曲で世間に広まって、耳にした方も多いと思いま­す。

<参考>
Civil War Music
time: 07:43

◆    ◆    ◆

San Francisco Bay Blues more register movement
でも、触れましたが、戦争とは関係ない歌詞なのに第一次大戦でイギリス兵の愛唱歌となった「It’s a Long Way to Tipperary」などもなかなかよろしい。大学の応援歌みたいで元気が出ます。
「Marching Through Georgia」から約半世紀後の曲で、メロディもぐっとスマートになってます。
日本では1917(大正6)年、浅草オペラ『女軍出征』の中で「ティペラリー」の題名で「ダブリンベー(I’m On My Way to Dublin Bay)」などとともに歌われ、知られるようになりました。
『大いなる幻影(La Grande Illusion)』をはじめ数多くの映画で使われているのですが、一番印象的なのは『暁の出撃(Darling Lili)』の冒頭、ジュリー・アンドリュースが劇場の舞台で士気高揚のために歌うシーンでしょう。

Albert Farrington – A Long Way To Tipperary

John McCormack with Male Chorus – It’s A Long, Long Way To Tipperary(1915)
recorded in NYC November 23, 1914

Originally titled “It’s A Long, Long Way To Tipperary,” the 1912 British music hall song didn’t achieve wide popularity until the War, with this recorded version by the famed Irish tenor among the top-selling versions. He’s accompanied here by Reinald Werrenrath, Harry Macdonough, and William F. Hooley.

Gli anni spezzati [Gallipoli] – It’s a Long Way to Tipperary

Muggsy Spanier And His dixieland band – It’s a long way to tipperary

Jimmy Dorsey And His Original Dorseyland Jazz Band – It’s A Long Way To Tipperary

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Robert Mandell Conducting The Romantic String And Voices ‎- Medley : It’s A Long Way To Tipperary, Pack Up Your Troubles In Your Old Kit Bag
from the album “Memories 1910 – 1919″(1966)
UK

It’s A Long Way To Tipperary
Michael Sabo
My quartet performed this song for our “Irish” themed show this year.

High Time Rollers – It’s A Long Way To Tipperary

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Ti-Gus – T’es ben grosse toé(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Princess Patricia’s Canadian Light Infantry March
called,’Has Anyone Seen the Colonel/Tipperary/Mademoiselle from Armentières’.

◆    ◆    ◆

“It’s a Long Way to Tipperary” と趣旨は違えども、その存在を踏まえて作られたと思われる古いヒット曲がある。

Frank Crumit – Show Me The Way To Go Home(1926)
piano accompaniment by Jack Shilkret,

recorded in NYC January 14, 1926
“Jaws” fans may remember this vintage lament being sung by the tipsy shark-hunting trio of Shaw Scheider & Dreyfuss. But going back nearly a half century earlier, we hear “comedian with ukulele and piano” Frank Crumit having some tuneful fun on this Victor bat-wing electrical. If you prefer a larger, more fully-produced arrangement of the song, check out this Nat Shilkret/Revelers version

Vincent Lopez and His Hotel Pennsylvania Orchestra – Show Me The Way To Go Home(1925)
recorded in NYC c. November 19, 1925

Joel Whitburn “Pop Memories”-charted track, not elsewhere on YouTube as of this posting. “Jaws” fans may remember this lament being sung by the tipsy shark-hunting trio of Shaw Scheider & Dreyfuss. Vintage recordings of the song by Frank Crumit and Nat Shilkret.

International Novelty Orchestra – Show Me the Way to Go Home(1925)
Composer: “Irving King,” pseudonym for songwriting duo Reginald Connelly & Jimmy Campbell
conducted by Nat Shilkret
vocal: The Revelers
recorded in NYC September 23, 1925
冒頭、フォスターの『ケンタッキーの我が家(My Old Kentucky Home)』の雰囲気。途中 “For He’s A Jolly Good Fellow”という俗謡が引用されている。

“Jaws” fans may remember this vintage lament being sung by the tipsy shark-hunting trio of Shaw Scheider & Dreyfuss. The song was (by then) nearly a half-century old, and this exhuberant Shilkret performance was but one of several recordings available for purchase in late 1925 and 1926. See also the posted Frank Crumit version
Heard here is the original Revelers quintet: Franklyn Baur, Lewis James, Elliott Shaw, Ed Smalle, Wilfred Glenn.

 

追加記事

(2011年4月9日)

追加記事

ロッテ『パイの実』CMで、出演者 桜庭ななみが『東京節』の替え歌を歌っているのを見ました。

(2011年7月12日)

追加記事

虎姫一座 – 東京節(パイのパイ節)
ファミリーマートプレゼンツ 復活!昭和歌謡♪ 「エノケン、笠置のヒットソングレヴュー」

(2011年2月13日)

追加記事

(2013年8月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です