Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive

日本の調査捕鯨船が米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」から過激な抗議活動を受けた問題で、G20対話(気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する閣僚級対話)出席のため来日しているオーストラリアのファーガソン資源・エネルギー・観光相は15日、千葉市内の会場で鴨下環境相と会談し、「起訴も辞さない考えで、どのような行為がなされたのか政府として調査している」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080315-OYT1T00583.htm

欧米人が捕鯨に反対するのは、
旧約聖書ヨナ書や新約聖書マタイ伝に、
ヨナJonahが神の遣わした巨きな魚(ダーグ・ガードール。欽定訳ではクジラ)に呑み込まれ、三日三晩過ごすうち不信心を反省して吐き出される、
という話があり、それをキリスト復活の予型として理解しているから、
なんてことをよく耳にします。

しかもそのエピソードはギリシア・ローマのパライモーン神話に起源があって、そこでは巨大な魚(クジラ?)でなくてイルカだったそうです。
イルカに乗った少年といやァ、すぐ『島の女』か『城みちる』かってことにもなりますが、

<参考>
The Limeliters – Jonah(1961/11)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

3月15日深夜、テレビで『タイムトラベラー きのうから来た恋人』Blast from the Pastという映画をやってまして、冒頭いきなりペリー・コモ盤の『Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ)』がガツンとかかったんで、クジラに呑み込まれたヨナの話を思い出した次第。
『Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive』は『Hooray for Hollywood』『I’m An Old Cowhand(俺は老いぼれカウボーイ)』と同じくらい好きな歌です。楽天的なヤンキー気質をまんま表現したような歌で、歌詞にヨナのことが出てきます。
典型的な白人好みのスイングでありながら、
Jonah in the whale, Noah in the ark(クジラの中のヨナ、方舟の中のノア)
のくだりでは、当時の黒人ゴスペルのムードが瞬間的に感じられたりします。
歌自体は時節柄、日米戦争に勝ち抜こうぜというメッセージだったんですけどね。
ちなみにヨナは物事を台無しにする不吉な人物の代名詞ともなっておりますが、『かもめのジョナサン』で有名な男性名ジョナサンJonathanはこのヨナ(英語読みではジョゥナと発音)とは語源的に関係はありません。

さて、この『Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive』、今でもアメリカ人に好まれているエバーグリーンというか懐メロというかスタンダードナンバーでして、映画やテレビでよく使われてます。
『ブリンクス』The Brink’s Jobではビング・クロスビー、アンドリュー・スシスターズ盤が、
『L.A.コンフィデンシャル』L.A. Confidentialでは、作詞者ジョニー・マーサーが歌った盤が使用され、
『真夜中のサヴァナ』Midnight In The Garden Of Goodand Evilでは監督であるクリント・イーストウッド自身が歌ってます。
レコード化してる歌手・演奏家も多い。
以下羅列しますと、

Johnny Mercer with The Pied Pipers and Paul Weston’s orchestra
Bing Crosby with The Andrews Sisters
Artie Shaw Orchestra

Perry Como

Alex Riel
Al Jarreau
Belmonts
Bill Black Combo
Charlie Spivak
Clint Eastwood
Connie Evingson
David Gurland
Dick Haymes
Dr. John
Duke Ellington
Ella Fitzgerald
Ella Mae Morse
Gary Johns
Jane Russell
Jay Leonhart
Jennifer Heaney
Jive Aces
Johnny Green
Jon Rauhouse
Maureen Mcgovern
Maxine Sullivan
Monica Mancini
Nancy Lamott
New Stanton Band
NRBQ
Oscar Peterson
Rhodes Spedale
Rosenshontz
Sam Cooke
Sam Harris
Susannah Mccorkle
Sylvia Syms
Thomas Quasthoff
Tom Gaebel
Vikki Carr
Willie Nelson

ベルモンツやビル・ブラックス・コンボは「やっちまったなー」という出来。
エラおばさんとはさすがにいいですねー。
サム・クック盤、思いのほかつまらんです。
ロックにはならない楽曲ですけど、ドクター・ジョンがガンボッってます、もといガンバッてます。

YouTube で、『Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive』をチェックしてみましょう。

Bing Crosby and Sonny Tufts – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive
from the movie “Here Come The Waves“(1944/12)

Johnny Mercer and The Pied Pipers with Paul Weston and his Orchestra – Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive(1945)

recorded October 4, 1944.
Movie: “Here Come The Waves” (Paramount), starring Bing Crosby, Betty Hutton, Sonny Tufts, and Ann Doran.
Bing performed the song on-screen (with Sonny Tufts) and also released a popular recording of it with the Andrews Sisters, though it was this Mercer version that topped the Billboard best-sellers chart.

Bing Crosby and The Andrews Sisters – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive
Lyrics by Johnny Mercer
Music by Harold Arlen
recorded Los Angeles, December 8, 1944
with Vic Schocn and his Orchcstra
from Paramount Picture “Here Come The Waves”
origillally Decca 23379.

Bing Crosby & The Charioteers – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive

<参考>
Bing Crosby entertains the troops
Time: 9:56

Bing Crosby sings accompanied by a Navy band. Sings High Hopes(accentuate the positive) and Don’t Fence With Mr. In Between (Or Don’t Fence Me In) – also does comedy routine. circa 1945

Perry Como – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1958)

The Singing Detective – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive
Bing Crosby with The Andrews Sisters盤を使用

 

Kay Kyser & his Orchestra – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1944)
vocal: Dolly Mitchell

Artie Shaw and his Orchestra – Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive(1945)
vocal: Imogene Lynn

The Four King Sisters – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1945)

Dick Haymes – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1945)
from February 28, 1945 Mail Call

Marilyn Maxwell – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1945)
from March 22, 1945 Command Performance

Mark Warnow and his Orchestra – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive
for the Paramount film “Here Come The Waves”

The Danny Kaye Radio Show – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive

This song was made an instantaneous hit in 1944 by Johnny Mercer, and then Bing Crosby. Here, on Danny Kaye’s CBS radio show it is presented in a somewhat extended but very hip version all ending in … right, Danny’s favorite tongue-twister style.

Ella Mae Morse with The Billy May Orchestra – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive

Peggy Lee – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive
recorded Ca. September 16, 1952

Buddy Rich – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive

Gary Crosby and Sammy Davis, Jr. – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1955/11)

The Four Lads – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1956)

Connie Haines – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1957)

Ella Fitzgerald – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1961)

Enoch Light and the Light Brigade – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1961)

Aretha Franklin – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1962)

Pearl Bailey – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive

Vikki Carr – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1963)
From the “Color Her Great” album. Arranged & conducted by Bob Florence. Also known as “Accentuate The Positive”.

The Oscar Peterson Trio – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1967)

The Lawrence Welk Show: Anacani & Tanya – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive(1973)

Bette Midler & Bing Crosby – Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive
from the “Bing Crosby Special”(March 20, 1977)

単語をハイフンで分割するタイトルの例では、こんなのもありました。

Eileen Barton – En-thuz-e-uz-e-as-m(1952)
enthuzeuzeasm=熱意、情熱、意気込み、熱心、熱中、熱気

追加記事

(2014年7月25日)

追加記事

(2016年11月27日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です