「公園内で立ち止まったり座り込んだりしてはいけません」とお役人

 東京電力は2011年4月30日、福島第1原発事故の復旧に当たった作業員2人が、3月末時点で200ミリシーベルトを超える被曝をしていたと発表した。もっとも高かった1人は、国が引き上げた被曝放射線量限度(年間250ミリシーベルト)に迫る240・8ミリシーベルトの放射線を浴びていたという。
http://www.j-cast.com/2011/04/30094622.html

小沢氏「政治決断で決死隊投入を」 原発対応を批判
2011/4/30 23:26
 民主党の小沢一郎元代表は30日夜、自身に近い衆参国会議員約20人と都内で懇談した。出席者によると、福島第1原発事故に関し「根本的な対策を取らなければ大変なことになる。決死隊を送り込んで抑え込まなければならない。政治が決断することだ」と指摘した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819697E1E2E2E2948DE1E2E2E6E0E2E3E38297EAE2E2E2;at=ALL

いかにも小沢さんらしい発言。
残念ながらというか、現在は決死隊が作業に取りかかる前に仆れてしまう放射線量なんですよ。
ああ、S島先生と直弟子のみなさま、お待たせしました。出番です。日本の未来のためにお願いします。

霧島昇、波平暁男 – 雷撃隊出動の歌(1944)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

霧島昇、近江敏郎 – 男散るなら(1944)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

高倉 敏・近江俊郎・男声合唱団 – かくて神風は吹く(1945)
大映京都同名映画主題歌

  ※(追記:この動画は削除されました

 

特攻隊を命じた軍中枢は戦略に劣れども機を観るに敏、戦後すぐ宗旨替えしてアメちゃん詣で。それかあらぬか社会的に高い地位に迎えられ、兵隊より高い恩給を貰い、指導的立場であり続けました。
彼らが作り上げた社会が今ようやく壊れつつあります。敵は外部ではなく、自分たちが造ったバケモノ。そして執拗に襲いかかる自然災害。誰のせいでもありゃしない。
ローマ帝国を亡ぼしたのはローマ人。日本を亡ぼすのもまた日本人自身でしょう。

The Knickerbockers – Nobody’s Fault But Your Own(1929)
vocal: Eddie Walters

Issued on the 78 flip side of Leo Reisman’s popular “The Wedding Of The Painted Doll”

2011/03/03
 「部長刑事」「銭形平次」「水戸黄門」などのドラマや舞台出演で名脇役として知られる俳優・入川保則(71)が、がんを患い、余命半年を宣告されていることが2日、明らかになった。入川がデイリースポーツの取材に応えたもの。現在、がんは全身に転移しているが、抗がん剤などの延命治療は拒否。すでに葬儀の手配も自身で済ませており、「理想通り(の死)」と覚悟を決めている。また、妻で元女優のホーン・ユキ(60)と2004年に離婚していたことも明かした。
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/03/0003840096.shtml

2011/04/30
 3月にがんで余命半年であることを公表した俳優の入川保則(71)が30日、都内で朗読会を行った。
 11月までの命と告知されているが、延命治療を受けず今日に至っている。
 「朝、3時間かからないと体が動かない。血流が悪いので。舌がもつれるのも血流が悪いから」と病状を報告。3月の会見では「もう1回結婚したかった」と話していたが、この日も「結婚?それはしたいですよ。あと3カ月でもあなたといたいわ、という方が現れたら、死んでもいい。なくても死ぬんですけどね」とひょうひょうと語った。
 仕事に向かう気力は、まったく衰えない。
(中略)
「秋風の立つころに、ススキを見て冷酒を口にしながら、あの世に旅立ちたい」と静かに語った。
http://news24.jp/entertainment/news/1617167.html

入川保則。昭和40~50年代に、テレビドラマでずいぶんとお見かけしました。
個性的ないい役者ですねぇ。もう71歳ですか。
ザ・シュークリームのホーン・ユキさんとの結婚は印象深かった。風貌さながら悪役に見えた(笑)
ザ・シュークリームといえば亡くなった清水クーコさん(享年38)。いちおうリーダー格でした。あの方などはお亡くなりになってからもう20年ですよ。
行雲流水、行く人来る人。人生の廻り舞台でそれぞれに花を咲かせて、あるときスッといなくなる。
美学ですね。私も斯くありたいものです。

ザ・シュークリーム – ホット・パンツのお嬢さん(1971/06)
A面扱いの『恋の五ヶ条』には「めくらめっぽう」という歌詞があり、現在は放送されません。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

スポーツ用品メーカー「ナイキジャパン」の命名権問題をめぐり、反対派が一時占拠するなどした東京都渋谷区立宮下公園が、2011年4月30日、「みやした こうえん(miyashita park)」としてリニューアルオープンした。反対派の抗議活動が行われ一時騒然となる場面もあったが、新しくなった公園を楽しむ人々でにぎわった。
園内にはいずれも有料のスケート場、クライミングウオールが新設された。開園時間は8時30分から22時30分までだが、節電のため当面は18時30分で閉園する。
http://www.j-cast.com/2011/04/30094627.html

また歌枕が増えましたかな。
あそこに仮寓していた住所不定者はどこへ移動したのでしょうかね。
締め出すより仕事を与えて税金を取ったほうがより現実的・建設的だと思うのですが。

公園の歌。いろいろあります。
ベンチでささやいていたらお巡りさんに「もしもし」と声をかけられたお二人さんの歌、あれなんかも公園の歌ですね。
リチャード・ハリスの『マッカーサー・パーク』。尺がありすぎて何度も聴く気になれません。
『公園の手品師』は秋の歌、『サタデイ・イン・ザ・パーク』はアメリカ独立記念日(7月4日)の公園の出来事をうたった歌でした。

公園の手品師/フランク永井
公園の手品師/長谷川きよし(カバ-)
公園に来て/小椋佳
夕焼けの三角公園で/小椋佳
公園通り/ガロ
公園通り/ラムジ
PARK Ave.1981/EPO
公園の昼下がり/あべ静江
長い長い五時の公園/長澤知之
夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている/森山直太朗
公園/BLANKEY JET CITY
公園/岡平健治
公園/サンタラ
公園/ヤマジカズヒデ
200X年・・・公園/JAYWALK
山内公園/ORANGE RANGE
小鳥公園/aiko
ロケット公園/D-51
うしろまえ公園/空気公団
グルーチョマルクス公園/SHAKALABBITS
a little crime (little live at 駒沢公園)/岡北有由 ※歌詞に公園は出てきません。
ダイアモンド クレバス~展望公園にて/ランカ・リー(中島愛)、シェリル・ノーム starring May’n
情熱の若竹公園/B-DASH
小さな公園/後藤沙緒里
小さな公園~都市計画の歌/博士(中山千夏) 「ひょっこりひょうたん島」(NHK)
公園ララバイ/heidi.
公園にいきましょう/坂田おさむ 「おかあさんといっしょ」(NHK)
公園にいきましょう/速水けんたろう、茂森あゆみ   〃
公園にいきましょう/今井ゆうぞう、はいだしょうこ   〃
公園まで/GRAPEVINE
公園へあと少し/THE MAD CAPSULE MARKETS
公園にて/MORI JUNTA
公園のさんぽ/シータθ
粉雪舞い降る公園で/富田麻帆
公園の裏の黒い蝉/lostage
eye catch/公園の仔猫ちゃん/クレイジーケンバンド

Saturday In The Park/CHICAGO
MacArthur Park/ Richard Harris
MacArthur Park/小柳ゆき(カバー)
Murder In Mairyland Park/Sarah Brightman
park amsterdam (the whole story)/坂本真綾
Magical Love with Jazzin’park/arvin homa aya
都会のサファリ・パーク/麗美
ローラースケート・パーク/小沢健二
モンキーパーク/Bargains
透明パークにて/茅原実里
park/シド
P-A-R-K/THE MAD CAPSULE MARKETS
The Park/ロマンポルシェ。
CITY PARK/Mi
In The Park/NiNa
Walk In The Park/TRICERATOPS
a walk in the park/安室奈美恵
PEACE IN THE PARK/福山雅治
Bikeに乗って ~Fessey Park Rd.~/山口由子
Holiday in the Park/八反安未果
Sunday park/YEN TOWN BAND
Autumn Park/松任谷由実
十二月のセントラルパークブルース/Mr.Children

 

Ted Weems and his Orchestra – Lonely Park(1933)
vocal: Andrea Marsh

Hal Kemp and his Orchestra – Pettin’ In The Park(1933)
vocal: Skinny Ennis

The classic Mervyn LeRoy-Busby Berkeley film musical “Gold Diggers Of 1933” from Warner Brothers starred Joan Blondell, Warren William, Dick Powell & Ruby Keeler. The Harry Warren-Al Dubin songs included “Shadow Waltz,” “The Gold Diggers’ Song (We’re In The Money,” “Pettin’ In The Park,” “Remember My Forgotten Man” and “I’ve Got To Sing A Torch Song,”

Art Kahn’s Orchestra – Pettin’ In The Park(1933)
vocal: Chick Bullock
Gene Kardos as Art Kahn
from the movie “Gold Diggers of 1933” ゴールド・ディガーズ
公園でペッティング(ふれあい)という歌。

Harry Wilson and his Orchestra – Pettin’ In The Park(1933)
vocal: Dick Robertson

On this May’33 record date, the Kardos band cut two very similar tracks of both this tune and the also-posted flip side “The Gold Diggers’ Song (We’re In The Money),” two Dubin & Warren songs from “Gold Diggers of 1933.” This 78 with the Dick Robertson vocals was the export version, issued on the Edison Bell Winner and Panachord labels. The same arrangements but with Chick Bullock singing were released in the U.S. on the ARC labels under the “Art Kahn” pseudonym.

Muddy Waters – Walking Thru the Park(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Billy Stewart – Sitting In The Park(1965/06)

arranged by Phil Wright
Pop Chart Peaks: Record World 19, Cash Box 21, Billboard 24 – R&B Chart Peak: 4
The R&B singer nicknamed “Fat Boy” would release his most memorable hit of “Summertime” one year later.

Georgie Fame – Sitting In The Park(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Brenton Wood – Sitting In The Park

Small Faces – Itchycoo Park(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Nirvana – Girl In The Park(1967)

Claudine Longet – Walk in the Park(1968)

The Zombies – Beechwood Park(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

追加記事

 俳優・入川保則さんが24日午後3時20分、直腸がんのため、神奈川県内の病院で死去した。72歳だった。
 23日に容体が急変し、最期は長男・正則さんが見取った。22日に正則さんが「帰るよ」と声をかけ、「ありがとう」と応じたのが最後の言葉だったという。
 通夜と告別式は自主葬で、家族と事務所関係者のみで執り行われる。
 入川さんは3月、末期がんであることを公表。医師に余命は半年と告げられていた。その後、精力的に映画出演などをこなし、遺作として映画「ビターコーヒーライフ」が来年5月12日に公開される予定になっている。
 39年、神戸市生まれ。現代劇や時代劇のバイプレーヤーとして存在感を示し、「必殺」シリーズや「桃太郎侍」「水戸黄門」など数多くのドラマや映画に出演した。
 私生活では3度の離婚歴があり、5人の子供がいる。最後は神奈川県のアパートを引き払い、病院で最後の年末を送る腹積もりでいた。6月には、遺言をまとめた「その時は、笑ってさよなら 俳優・入川保則 余命半年の生き方」(ワニブックス)を出版した。
 来年公開の映画について「(来年)5月の封切りまで何とか頑張りたいけど」と語っていたがかなわず、クリスマスイブに静かに息を引き取った。
http://news24.jp/nnn/news89027621.html

いい役者でしたね。ご冥福をお祈りいたします。
(2011年12月24日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です