直立不動で斉唱? ユーたちフィンガースナップでハモッちゃえば?

ユーロ圏の債務問題が、ユーロ未導入の東欧諸国にも波及する恐れが増大している。経済面で関わりの深いユーロ圏の景気減速の影響で、東欧各国の通貨はここ数カ月で下落。ハンガリーでは国債利回りも上昇し、国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)への支援要請に追い込まれた。
 ハンガリーの通貨フォリントは先週、対ユーロでの最安値を記録。チェコやポーランドの通貨も、夏場以降大きく値を下げている。
 ユーロ圏は債務危機の影響で7~9月期の域内総生産(GDP)伸び率が前期比0.2%にとどまり、景気後退の恐れも浮上。同圏を主要輸出先とする東欧への影響が懸念され、外国為替市場での関連通貨売りにつながったとみられる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000018-jij-int

ハンガリー、IMFとEUに金融支援を要請 地元メディア「融資額は約40億ユーロに」
11月22日(火)6時38分
ハンガリー政府は21日までに、IMF(国際通貨基金)とEU(ヨーロッパ連合)に対して、金融支援を要請した。
ヨーロッパの債務危機が、ユーロ圏以外の東ヨーロッパにも波及した形となる。
EU加盟国のハンガリーは、自国通貨フォリントが下落し、11日には格付け会社「スタンダード・アンド・プアーズ」が、ハンガリー国債を投資不適格に格下げすると表明するなど、信用不安が拡大している。
ハンガリー政府は、不安解消のために支援を要請したとみられ、地元メディアは、融資額はおよそ40億ユーロになると伝えている。
最終更新:11月22日(火)6時42分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111122-00000036-fnn-int

以下、「ハンガリー」を含む投稿。

米議会の超党派特別委員会は21日夕(日本時間22日朝)、10年間で最低1・2兆ドル(約92兆円)の財政赤字削減策をまとめる協議が決裂したと発表した。
 来年11月の米大統領選をにらんだ与野党対立が激しく、財政健全化の取り組みが進まない状況が浮き彫りになった。決裂を受け、国防費など1・2兆ドルを強制的に削減するトリガー(引き金)条項が発動される方向だ。
 与野党は3か月近くにわたって協議したが、採決期限の23日を待たず、決裂した。歳出削減とともに富裕層向けの増税も行うべきだとする民主党と、小さな政府を掲げて大幅な増税に反対する野党共和党の溝が埋まらなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000432-yom-bus_all

「いまの欧州危機の回避はドイツ次第という言い方もできるが、とにかく各国が協力して、一つにまとまれるかがカギ。その姿勢がなければ、短期的にはドイツを除く欧州すべてがターゲットにされて、金利上昇が起こる可能性がある」という。
http://www.j-cast.com/2011/11/21113849.html?p=2

2009年の政権交代で暴露されたギリシャ財政の粉飾決算。翌2010年は欧州ソブリン危機などと云われましたが、今年に入って解決の方向へ向かうどころかいよいよ欧州通貨ユーロそれ自体がヤバくなってきてます。
来年もしもユーロが消えれば、ドルもどさくさにまぎれてアメロに化けちゃうかも(笑)

Duo Dinámico – Con Sabor Europeo(1963)
タイトルはスペイン語で「ヨーロッパ風の」の意。

Santana – Europa(Earth’s Cry Heaven’s Smile)(1976)哀愁のヨーロッパ
from the album “Amigos”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Blondie – Europa(1980)
from the album “Autoamerican”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

実をいうと、僕の本の中のマドフ事件の事実関係の記載は、『バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容』を参考にして書いたのだが、僕はこの本を僕の本の参考文献には記載しなかった。その多くを引用したにもかかわらず。これは作家として明確なマナー違反だし、ましてや、僕は元研究者として、普通の作家よりはるかにていねいに参考資料のリストを作っている。その基準からしたら、この本は確実に載せるべきだった。それでもなぜ載せなかったのか。 無視したのか。まるでそんなを本がこの世に存在しないかのような態度を取ったのか。それはこの本の翻訳・監修が副島隆彦氏だったからだ。
この本自体は、バーナード・マドフの人間関係を詳細に追った秀逸なノン・フィクションなのだが、副島隆彦氏による解説文が常軌を逸していた。ユダヤ人差別の中でも、出身地の違いによるユダヤ人によるユダヤ人の差別があるらしく、副島隆彦氏によればこの事件はすべて、そうやって差別されたユダヤ人のマドフが、マドフを差別したエリートのユダヤ人に対する、最初から入念に計画された復讐(ふくしゅう)劇だとされた。そんな、馬鹿な! 実際に本書を読み進んでも、そういった記述は全くなく、副島隆彦氏の荒唐無稽なストーリーがどこから湧き出してきたのか、僕には皆目見当もつかなかった。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw150066

世の中のいろいろな事象を解説、絵解きしてくれる人々がいます。
それは大学教授であったり、評論家であったり、アナリストであったり、NHK解説委員であったり、テレビのドキュメンタリーであったり、池上彰であったりします(笑)
証明不可能な、眼に見えないことなら占い師や宗教家、歴史的人物については講釈師に訊くといろいろ教えてくれますが、たいていお金を取られます。
語り口や文体というのも魅力の一つで、現代ではカリスマ性よりもそっちのほうが人気を左右する決め手になるようです。
いづれにしても、その人たちの言うことを鵜呑みにしないことですね。

 「男なら男らしくしろ」「女房、子どもを泣かすのか」。東京のある教師は、卒業式の「君が代」斉唱時に立てと強いる校長から、何度も脅されました▼胸中をかけ巡る怒り、無力感。ついに起き上がれなくなって入院しますが、医師にも迫られます。起立するか。辞めるか。相談にかけこんだ先が、精神科医の野田正彰さんです。野田さんのもとに、同様の相談が相次ぎました▼「君が代」の伴奏を強いられた音楽教師は、ストレスのあまり胃から出血し緊急入院。動脈の8カ所で止血を施すほどの重症でした。良心の自由と強制の間で苦しむ心の危機を、「君が代症候群」とよぶ野田さん。大阪の教育基本条例案に反対するアピールの、よびかけ人でもあります
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-20/2011112001_06_0.html

私は日本の国歌が『君が代』でなくても全然構わないという人間ですが、『君が代』でない日本国歌ならこの人たちはちゃんと起立して斉唱するんでしょうかね。

 中日本高速道路は、開通前の新東名高速道路を歩くイベント「開通さきどりウォーキング」を12月10日に実施する。参加費は無料。普段、経験できない開通前の高速道路を歩き、事業への理解を深めてもらうのが狙い。
 場所は、清水インターチェンジ(IC)から名古屋方面に向かう新興津川橋までの片道約5キロ(途中折り返し可能)。集合場所は、国道52号線沿いの新清水IC(静岡市清水区宍原)。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111120/szk11112002070004-n1.htm

橋の渡り初めなら景色が楽しめますが、高速となると、、、どうでしょ

徳山 璉 – 歩くうた(1941/05)
作詞:高村光太郎、作編曲:飯田信夫

昭和16年の駅弁『いかめし』のラベルには「一億一列一歩調」と印刷されていた。
まさにファシズムそのものって感じのスローガンだ。むろん『いかめし』に罪はない(笑)

どうしようもない私が歩いている
種田山頭火
たはむれに母を背負ひて そのあまり軽きに泣きて 三歩あゆまず
石川啄木
 

The Knickerbockers – I’m Walking Between The Raindrops(1928)
vocal: The Three Melodians
Ben Selvin

Milt Shaw & his Orchestra – Walking With Susie(1929)
vocal: Johnny Morris

Both this and the tomorrow-posted flip side “Breakaway” were songs performed in the now-lost film musical “Fox Movietone Follies of 1929.”

Anson Weeks & his Hotel Mark Hopkins Orchestra – Ploddin’ Along(1929)
vocal: Warren Luce

Ben Selvin and his Orchestra – Would You Like To Take A Walk(1931)
vocal: Helen Rowland

The Goodman clarinet can be heard on this popular tune from the Billy Rose-produced musical revue “Sweet And Low.” Harry Warren and Mort Dixon collaborated on writing the song with Rose possibly providing little or no lyrical input but receiving co-composer credit, as he sometimes did in exchange for his not-insignificant promotional influence. See also this channel’s posted versions of the song by Rudy Vallee and Lou Gold.

Rudy Vallee and his Connecticut Yankees – Would You Like To Take A Walk?(1931)

Popular tune from the Billy Rose-produced musical revue “Sweet And Low.” Harry Warren and Mort Dixon collaborated on writing the song with Rose possibly providing little or no lyrical input but receiving co-composer credit, as he sometimes did in exchange for his not-insignificant promotional influence.

Lou Gold and his Orchestra – Would You Like To Take A Walk(1931)
vocal: Merry Makers

Eddy Duchin and his Orchestra – You Walk By(1941)
vocal: Johnny Drake

Una Mae Carlisle – Walkin’By The River(1941)

Dinah Shore – I Don’t Want To Walk Without You(1941)
orchestra conducted by Leonard Joy

Introduced by Johnnie Johnston and also performed by Betty Rhodes in the film “Sweater Girl,” this major hit by Frank Loesser and Jule Styne is the one that Irving Berlin labelled as the greatest song he wished that he had written. For the top-selling version by Harry James & Helen Forrest,

Harry James and his Orchestra – I Don’t Want To Walk Without You(1942)
vocal: Helen Forrest

Introduced by Johnnie Johnston and also performed by Betty Rhodes in the film “Sweater Girl,” this major hit by Frank Loesser and Jule Styne is the one that Irving Berlin labelled as the greatest song he wished that he had written. Harry’s version spent five weeks peaked at #2 on Billboard’s best-sellers chart (behind Glenn Miller’s “Moonlight Cocktail”). See also the Bing Crosby version.

Dinah Shore with Mixed Chorus – I’ll Walk Alone(1944)

(a cappella)
released June 1944.
Movie: “Follow The Boys” (Universal), with an all-star cast: G Raft, M Dietrich, D O’Connor, D Shore, O Welles, Andrews Sisters, W.C. Fields, etc.
The poignant wartime lament was performed on-screen by Dinah, and her recording spent four weeks at #1 on the best-sellers.
Due to the 1942-44 strike against the record industry (aka “The Recording Ban”) by the American Federation of Musicians, no musical instruments could be utilized in the production of new commercial recordings by those companies which had not yet settled with the union, which included Victor at the time of this recording. Thus, only a vocal group is heard accompanying Dinah.

Mary Martin – I’ll Walk Alone(1944)

Martha Tilton – I’ll Walk Alone(1944)

Frank Sinatra – You’ll Never Walk Alone(1945)
with the Ken Lane Singers
orchestra conducted by Axel Stordahl
recorded May 1, 1945
Among the most-performed of all Rogers & Hammerstein songs, “You’ll Never Walk Alone” was introduced by Christine Johnson in the 1945 Broadway musical “Carousel.” The song later provided singer Roy Hamilton with his debut hit…atop the Billboard R&B best-seller chart for eight weeks in 1954

Hank The Cowhand – Let’s Take A Little Walk In The Moonlight(1951)
2度目の引用。

Fluffy Hunter – The Walkin’ Blues(1951)

Art Tatum Trio – Would You Like To Take A Walk(1953)

Roy Hamilton – You’ll Never Walk Alone(Single:1954/01/04)

from the 10″ LP album “You’ll Never Walk Alone”(1954)Epic LG 1023
Among the most-performed of all Rogers & Hammerstein songs, “You’ll Never Walk Alone” was introduced in the musical “Carousel” in 1945 and was recorded by various artists at the time. In 1954, this Roy Hamilton version (the first important hit record on the new Epic label) reached #1 on the R&B charts while also crossing over to the pop side.
This recording was said to have influenced various future performers of the song. Elvis was among the many who waxed the tune in later years; and it’s suspected that he owned the Epic single, as he included Hamilton’s flipside “I’m Gonna Sit Right Down And Cry Over You” in his landmark 1956 debut LP.

Andy Williams – Walk Hand In Hand(1956/04 45single version)
2度目の引用。

Billboard Chart Peak: 54
Slightly different from the alternate take included on at least one CD compilation, this single was Andy’s first Billboard chart entry as a solo artist (though he and his brothers had backed up Bing Crosby on the 1944 million-seller “Swinging On A Star”). For the top-selling Tony Martin version of “Walk Hand In Hand,”

Tony Martin – Walk Hand In Hand(1956/05)
orchestra and chorus conducted by Hugo Winterhalter
2度目の引用。

The popular vocal star of the 1940s and early’50s achieved his final top-10 hit with this inspirational piece.

Lynn Howard with The Accents – Walkin’ After Midnight(1956/08)
シングル “Red Thunderbird” のB面。

1st Recording Of “Walkin’ After Midnight”
Originally offered to Kay Starr (but rejected by her label), the ballad was eventually recorded by Lynn Howard and–some months later–by Patsy Cline for her famous breakout hit

The Vibraharps Featuring Charles Hargro – Walk Beside Me(1956)

Patsy Cline – Walkin’ After Midnight(1957/02)

his was Patsy’s original version of her debut hit, while her different “Nashville Sound” stereo version of the song that is also commonly heard was a 1960s re-make.

T

Ray Price – My Shoes Keep Walking Back To You(1957/06/17)
2度目の引用。

Billboard Country Chart Peaks: 1 (radio play), 3 (sales)
37 weeks on Billlboard for a song that would return in 1960 as the final nationally-charted pop single for Guy Mitchell.

<参考>
The Captivators -(Step By Step – Mile By Mile)I’m Marching Home To You(1929)
vocal: Scrappy Lambert
行進というより、一歩一歩力強く踏みしめてる雰囲気か。

direction of Red Nichols
recorded in NYC March 20, 1929
There was Glenn Miller, but no Goodman, Teagarden, or Dorseys playing at this particular session of ‘The Captivators’ (a band name shown on a number of Nichols recordings between 1929 and 1931). For the flip side “I Used To Love Her In The Moonlight,”

Miles Davis All Stars – Walkin’(1957 album version)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Fats Domino – I’m Walkin’(1957)

Ricky Nelson – I’m Walkin’(1957)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Billy Myles – I’m Gonna Walk

Sonny Clark Quintet – Cool Struttin’(1958)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Lee Allen and his Band – Walkin’ With Mr. Lee(1958)

Lou Donaldson – Blues Walk(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Valiants – Walkin’ Girl(1959)

Donnie Boyd – I Love The Ground You Walk On(1959)

Jack Scott – The Way I Walk(1959)
with The Chantones
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Cash Box 25, Billboard 35, Music Vendor 35
This was Scott’s final top 40 hit of The Fifites, but he would soon welcome the new decade with his million-seller ballad “What In The World’s Come Over You.”

Joe Reisman Orchestra And Chorus – Memphis Night Walk(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Cynthia Gooding – Caminante
タイトルはスペイン語で「歩行者」「歩く人」「Walker」。

Bobby Valenti – Walkin’(1960)

Fats Domino – Walking To New Orleans(1960)

  ※(略)

 

Paul Evans – I’m Walkin’(1960)

Jack Barlow – Walk With Me Baby(1960)

Joe Torres – Night Walk

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The 5 Chavis Brothers – Walk With Me Baby(1961)

Gary Lane – Start Walking Boy(1961)
イントロでラ・バンバ、ツイスト&シャウトを連想した。

Dee Clark – Don’t Walk Away From Me(1961)

The Bookends – Let Me Walk With You(1961)

Alan Roberts – Walkin’ With Love(1961)

Bobby Vee – Walkin’ With My Angel(1961)
with The Johnny Mann Singers

The flipside of Bobby’s ballad hit “Run To Him” was one of the early compositions by Carol(e) King and Gerry Goffin.
Chart Peaks: Billboard 53, Music Vendor 72, Cash Box 89

バディー・ホリーそっくりに「ウォアッホゥ」が入ります。

Clayborne – Walking After You

Sandy Selsie – Walk With Me My Angel(1962)
セリフ入りというか、語りになる部分がある

Jimmy Dean – Walk On, Boy(1962)
「フィーバー」タイプ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Neil Sedaka – Walk With Me(1962)二人の並木径
Originally recorded in 1960, but not released until 1962, as the B-side of “King of Clowns”.

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Little Tommy And The Elgins – I Walk On(1962)

Johnny O’Keefe – Keep A Walkin’(1962)

Roek Williams and His Fighting Cats – You Walked Away(1963/11/15)
Netherlands

Al Apollo – I’m Walkin’(1963)

Original Blind Boys Of Alabama – You’ll Never Walk Alone(1963)

Geoff Goddard – Walk With Me My Angel(1963)

Dickey Lee – She’s Walking Away(1964/10)

This is an A-side single to “Big Brother.” and is written by Lee, Reynolds. The 45 was released in 1964 by W & G and the catalog # is WG-S-2331. This group hails from Tennessee.

Bobbie Smith – Walk On Into My Heart(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Matt Monro – Walk Away(Warum Nur Warum)(1964)
orchestra conducted by Johnnie Spence

Pop Chart Peaks: Billboard 23, Cash Box 24, Record World 24 – UK 4
Sad but beautifully-arranged ballad was one of Monro’s most successful single releases in both the U.S. and UK.

Larry Landon – Walk Softly Away(1964)

Jimmy Witherspoon – Come On And Walk With Me(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jimmy Jones – Walkin’(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

King Floyd – Walkin’ And Thinkin’(1965)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Righteous Brothers – You’ll Never Walk Alone(1965)

Ronnie Dio & The Prophets – Walking Alone(1966)
夜独りで歩いているとそれだけで職質を受けることがあります。

Five Bucks – I’ll Walk Alone

This is an A-side single to “So Wrong” and is written by Kerr, Hearn, Rose.
The 45 was released in 1966 by Omnibus Records and the catalog # is 1001.
This group is from ” ? “

Joe Junior – Walk hand in hand(1967)
2度目の引用。

ザ・クーガーズ – テクテク天国(1967/10/01)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Roy Orbison – Walk On(1968)

Petula Clark – Walk Through The World(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

A.B. Skhy – I’m Walkin’(1970)

Earthen Vessel – I’ve Been Walking(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

高山ナツキ – 振り向かないで歩こう(1970)
作詞:氏平裕美、作曲:井石守昭、編曲:小谷 充

中村晃子 – 裸足のブルース(1971)
作詞:木下龍太郎、作編曲:高田弘
「青山」「赤坂」「新宿」の地名が出てくる。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Daniel Boone – Daddy Don’t You Walk So Fast(UK:1971/06/25, US:1971/09/09)
2度目の引用。

English vocalist Boone (born Peter Green) is remembered for his 1972 international record hit “Beautiful Sunday” and his original version of this tear-jerking ballad peaked at #17 on the British charts. In the U.S. it was Wayne Newton who took it all the way to #1 on both the national Cash Box and Record World rankings in 1972

Wayne Newton – Daddy Don’t You Walk So Fast(1972/04)
2度目の引用。

Ray Bryant – Cool Struttin’(1974)

Duck Corporation – Caminando Por Sunset(1974)
タイトルはスペイン語で「日暮れ時の散歩」の意。2度目の引用。

Blues Traveler – I’m Walkin’(1994)

 来日中の米ソウル歌手ベン・E・キング(73)が20日、大阪市内でスポニチ本紙の取材に応じ、東日本大震災を機に制作した最新アルバム「Dear Japan’上を向いて歩こう」について語った。
 「スタンド・バイ・ミー」のヒットで知られる大御所は、15回目の来日。「日本はわが家のように居心地がいい。人も食も素晴らしい」と、大の親日家だ。震災のニュースは「妻と一緒に見た。9・11に劣らぬ衝撃だった」と振り返った。
 「大好きな日本に恩返ししたい。歌で励ましたい」と、「スタンド・バイ・ミー」の日本語バージョンを制作。♪暗い夜でも嵐の日でも明ける朝をきっと信じてる、♪歩いて行こう あなたと共に…と優しく歌う。また、大事な人を失った被災者の心を歌う新曲「アイ・ミス・ユー」の収益金の一部を日本赤十字社を通じて被災者に寄付する。21日、ビルボードライブ大阪(大阪市北区)で公演する。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/11/21/kiji/K20111121002074480.html

ドリフターズはその後プラターズのように分裂して、幾つか出来たそうです。
イギリスに渡った連中は70年代も活躍してましたよ。
かつての仲間たちとは付き合いはあるんですかね?

Ben E. King – Stand By Me(1961/04)
orchestra conducted by Stan Applebaum

Following King’s debut solo hit “Spanish Harlem” (also posted), this second release was a substantial top-5 success at the time; but it didn’t really become a multi-generational ‘standard’ until after its five-month return to the Hot 100 in 1986 following the success of Rob Reiner’s popular “Stand By Me” theatrical film.

追加記事

(2012年10月1日)

追加記事

 元東京都知事で衆議院議員の石原慎太郎氏(81)が、雑誌インタビューで、「君が代は歌詞を変えて歌う」という内容の発言をした。都知事時代に教員に国歌斉唱を義務付けただけに、発言は波紋を呼んでいる。
 発言が出たのは、「文學界」2014年3月号で、聞き手でアイドル評論家の中森明夫さんから、皇室について考えを尋ねられたときだった。インタビューは、「芥川賞と私のパラドクシカルな関係」というテーマで行われた。
 石原慎太郎氏は、「いや、皇室にはあまり興味ないね」と答えると、次のように続けた。
「僕、国歌歌わないもん。国歌を歌うときはね、僕は自分の文句で歌うんです。『わがひのもとは』って歌うの」
 そして、こう歌うと、周りの人たちが驚いて振り返るのだと明かした。
 さらに、皇室については、小学生のときに皇居の前で父親に「頭下げろ」と小突かれ、「姿も見えないのに遠くからみんなお辞儀する。バカじゃないか、と思ったね」とも述べた。こうした考え方について、石原氏は、「僕そんな右じゃない。真ん中よりちょっと左ですよ」と説明している。
(中略)
 君が代については、毎日新聞の1999年3月13日付インタビュー記事で、石原氏が都知事選候補予定者として、その立場を明かしている。「日の丸、君が代を学校の行事に強制しますか」と聞かれ、こう答えたのだ。
「日の丸は好きだけれど、君が代って歌は嫌いなんだ、個人的には。歌詞だってあれは一種の滅私奉公みたいな内容だ。新しい国歌を作ったらいいじゃないか。好きな方、歌やあいいんだよ」
http://www.j-cast.com/2014/03/04198326.html

理ではなく情の人なのかも。
そういうタイプは得てして言動に一貫性がなく、辻褄が合わないものだ。
(2014年3月5日)

追加記事

The Things That Move Us – Transport Month on British Pathé
British Pathé
2015/05/28 に公開

文明の進歩によって歩かなくなったのか、歩きたくないから文明が進歩したのか。
(2015年5月29日)

追加記事

8 Amazing Vehicles That No Longer Exist
消え去った8つの驚くべき乗り物
British Pathé
2015/06/02 に公開

最初のタイヤの中央部分に乗るやつで『W3』を思い出した。
(2015年6月4日)

追加記事

2016/06/01
 卒業式での君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に停職処分を受けた東京都の公立学校の元教員2人が、都に処分取り消しなどを求めた訴訟で、2人の処分を取り消し、都に計20万円を支払うよう命じた二審東京高裁判決が確定した。最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)が、5月31日付で都側の上告を退ける決定をした。
 訴えていたのは、元養護学校教員の女性(66)と、元中学校教員の女性(65)。2人は2007年3月、それぞれ停職3カ月と6カ月の懲戒処分を受けた。
 二審は、不起立を繰り返した教員に対し、処分を機械的に重くする都教育委員会の運用は「自らの思想信条か教職員の身分かの二者択一を迫るもので、憲法が保障する思想・良心の自由の侵害につながる」と批判。停職3カ月の処分だけを取り消した一審東京地裁判決を変更した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060100709&g=soc

(2016年6月1日)

追加記事

(2016年6月30日)

追加記事

(2017年2月6日)

追加記事

2017/11/27
 スポーツ庁などが来年3月から官民連携で本格的に実施する「歩く」ことの推奨プロジェクトで、歩数に応じて飲食店やコンビニエンスストア、スポーツ衣料品店などのクーポンがもらえるスマートフォンの専用アプリが開発される見通しとなった。27日に開かれた国のスポーツ審議会の健康スポーツ部会で報告された。
 プロジェクトにはスポーツ実施率が低い20~40代の働く世代に運動する習慣を定着させる狙いがある。スポーツ庁は「国民運動」として定着させたいとしており、1日8千歩を目標に、スニーカーでの通勤も奨励する。
https://this.kiji.is/307782692786504801

また「歩け歩け運動」か。
(2017年11月27日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です