逃げろや逃げろ逸散に

東京電力福島第一原子力発電所の事故に絡み、経済産業省原子力安全・保安院の検査官が事故発生後に約1週間、同原発を離れていたことが分かった。
 西山英彦審議官は22日の記者会見で、一時撤退した理由について「安全性に問題があり、人間が暮らすには不便が多かった」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00078.htm?from=main7

東電が総員撤退の許可を官邸に求めたのが14日の夜。
菅首相が東電本社で「撤退などありえない」と言い放ったのが15日の朝。
でもお役人はしっかり「撤退」してた(笑)
だいたい彼らが仕事に一命を賭すなんて、てんで「らしくない」よ。
それに14日の状況からすれば、政府が全員退避を命じるほうが順当だもん。

Judy Garland – The Man That Got Away(1954)
from the original movie soundtrack with orchestra conducted by Ray Heindorf

Losing the’Best Original Song’ Oscar to the popular favorite “Three Coins In The Fountain,” this expertly-crafted number by Harold Arlen and Ira Gershwin is still thought by many to have been the more deserving choice (likewise Judy Garland over Grace Kelly for Best Actress…..but that’s another story).
The film, of course, was the 1954 remake of “A Star Is Born,” with James Mason and Judy updating the 1937 roles of Fredric March and Janet Gaynor. Third time in 1976 would pair Streisand & Kristofferson in a rock music setting.

Frank Sinatra – The Gal That Got Away(1954)
aka “The Man That Got Away”
Sinatra-Riddle treatment of the Ira Gershwin-Harold Arlen song from “A Star Is Born,” Warner Bros. 1954 film remake starring Judy Garland and James Mason.

Tommy Dorsey And Orchestra Featuring Jimmy Dorsey – The Man That Got Away(1954)
vocal: Lynn Roberts

Slim Saunders – Get Away(1954)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Tab Hunter – I’m A Runaway(1958)
from the movie “Gunman’s Walk”

Bobby Kriss – Runaway Heart(1960)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Del Shannon – Runaway(1961)悲しき街角
featuring Max Crook on the Musitron

One of the great record hits of its era, enshrined in both the Grammy and R&R Halls of Fame, “Runaway” spent four weeks atop the Billboard singles chart.

Dion – Runaway Girl(1961)ランナウェイ・ガール

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Belairs – Runaway(1962)

Ric Castle – Get Away(1962)

The Cannon Sisters – I’m Sorry I Went(1962)お先に失礼
Claudine Clark “Party Lights”(1962)のアンサーソング

Carole and Sherry – Like I Gotta Get Away(1962)

Dore Alpert – Fallout Shelter(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Marty Wilde – Don’t Run Away(1962)

Sammy Davis Jr. – The Shelter Of Your Arms(1963/10)
orchestra and chorus conducted by Perry Botkin Jr.

(Debuted late ’63) 1964 Pop Chart Peaks: Billboard 17, Cash Box 19, Music Vendor 25
This was the second of three top-20 singles for Sammy during the 1960s (”What Kind Of Fool Am I” and “I’ve Gotta Be Me” were the two others).

Michael Troy and The Pharoahs – Why Did My Lover Run Away

This is a B-side single to “Even Though It’s Wrong” and is written by Hobby, Smith.
The 45 was released in ” ? ” by Totem Records and the catalog # is V-21040.
This group is from ” ? “

The Beach Boys – We’ll Run Away(1964)

Johnny Rivers – I Just Got To Get Away(1964)

James Carr – Only Fools Run Away(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jim Smith – Get Away

Billy Butler & The Enchanters – Gotta Get Away(1965)

Bruce & Terry – Don’t Run Away(1966)

Billy & The Bloodknots – Gotta Get Away(1967)
シカゴソウル。
グループ名の Bloodknot は、釣り糸の結び方の一種。

Norris The Troubadour – Run Away Heart(1968/05)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

New York Public Library – Got To Get Away

This is an A-side single to “Time Wastin'” and is written by Morris.
The 45 was released in 1968 by Decca American Series Records and the catalog # is DL 80 026.
This group is from the UK.

Fairport Convention – The Deserter(1969)
deserterは脱走兵の意。戦場である場合は敵前逃亡で重罪に問われるのが通例。

Spring Fever – Gimme Shelter(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Tami Lynn – I’m Gonna Run Away From You(1971)

Petula Clark – Shelter(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Soul Children – Got To Get Away From It All(1971)

Millie Jackson – I Gotta Get Away(From My Own Self)(1972/07)

Jimmy Ruffin – I Will Never Let You Get Away(1974)

Bob Dylan – Shelter From the Storm(1975)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Chicago – Hard To Say I’m Sorry / Get Away 素直になれなくて/ゲッタウェイ
Time: 5:08
from the album “Chicago 16″(1982/06/07)

The Rolling Stones – Gimme Shelter(1990 live in Tokyo)
曲としては2度目の引用。

Bobby Emmons And The Crosstones – My Little Runaway

Fairport Convention – The Deserter – XXXV Version(2002)

The XX – Shelter(2009)

◆    ◆    ◆

“The Fugitive” Final Episode Epilogue(1967)

The John Schroeder Orchestra – The Fugitive Theme(1965)
from the T.V. serial, “The Fugitive”
ジョン・シュレーダー楽団 – 逃亡者のテーマ

The Crimson Shades – Don’t Chase Me Away(1964)
タイトルは「私を追わないで」の意。

This is an A-side single to “I Wrote My Love A Letter” and is written by G. Dupuis, E. Fodor. The 45 was released in 1964 by Cinemasound Records and the catalog # is CS-8134. This group hails from Ohio.

 関東周辺の医療機関から、「コンピュータX線撮影(CR)の画像に黒い点が認められる」という報告が相次いでいる。黒点は、東京電力福島第一原子力発電所から放出された微量の放射性物質の影響を受けたものとみられ、CR装置を販売する各社は対応に乗り出している。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/hotnews/int/201103/519055.html

放射線恐るべし。

 最初に行方不明になった2名。報道にも「福島第一原発の技術者2名が行方不明」と最初出ていたので覚えている人もいるだろう。
 あの2名は東電傘下のプラントエンジニア。この2名、なんと、
(以下略)
2011-3-20- 18:57
http://www.nikaidou.com/archives/category/hey_guys

12日に発表された「所在不明」の2人のことでしょうか。
これはいわゆるガセネタだと思われます。

福島第二原発で作業員1人死亡 第一では2人が不明
2011年3月12日8時0分
 東京電力は12日未明、地震の発生直後に福島県の福島第二原発で協力会社の作業員が死亡し、第一原発で社員2人が行方不明になっている、と発表した。
 死亡したのは
(中略)
 行方不明の2人は、いずれも第一原発第一運転管理部の社員で○○○○○さん(24)と○○○○さん(21)。第一原発4号機から蒸気を受けて電気をおこすタービン(羽根車)の建屋にいたらしい。
http://www.asahi.com/national/update/0312/TKY201103120197.html

東電、協力会社社員3人死亡 2人不明 福島と茨城
2011.3.12 09:00
 東京電力によると、12日午前8時現在、東北大震災の発生後に東電の協力会社社員3人が死亡し、2人が意識不明となっている。
 死亡したのは
(中略)
 一方、福島第1原発では東電社員で当直勤務に当たっていた○○○○○さん(24)と○○○○さん(21)が地震発生直後から行方不明になっている。
 このほか、同日朝までに東電関連施設で5人が重傷、7人が軽いけがをした。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110312/fks11031209070025-n1.htm

記事では実名です。
日給9000円の非正規雇用でなく正社員のようですから、機器を操作する権限があったのかも。

14日公表の行方不明者7人はその後見つかったと発表されてますね。
原発関連では地震時に亡くなった方がいらっしゃいましたが被曝死は報告・公表されていません。

 松本外相は23日の衆院外務委員会で、東日本巨大地震の影響で一時閉鎖している外国の在京大使館について、「現在把握しているところでは、25か国が一時閉鎖を行っている」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110323-OYT1T00837.htm

 危機回避に向けた綱渡りの対応が続く福島第一原発事故により、外資系企業の東京脱出が本格化し、関西方面などに本拠を移す動きが続いている。
http://www.j-cast.com/2011/03/23091029.html

ジンガイさんのリスクヘッジは合理的です。
日本政府・当局が事実を隠蔽したり嘘をついたりする確率も軍事用スパコンで逐一計算してんじゃないかな(笑)

Ferrante And Teicher – Exodus(1960/01)栄光への脱出

arranged and produced by Don Costa
Pop Chart Peaks: Cash Box & Music Vendor 1, Billboard 2
The piano duo’s biggest bit reached #1 on two of the three national music trade charts. This familiar movie theme was composed as part of the Oscar-winning musical score by Ernest Gold (father of Andrew Gold with then-wife Marni Nixon).

英語で外人というと、foreigner, foreign people, alien, stranger などが使われます。
この中でエイリアンについては例の映画以来「危険な侵入者」のイメージがすっかり定着しちゃいました。
フランス語の étranger となりますと、私の場合はディック・ミネ『夜霧のブルース』が思い浮かびます。

Edith Piaf – L’Étranger(1934)異国人/異国の人

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bill Kenny Of The Ink Spots And Gordon Jenkins And His Orchestra And Chorus – Stranger In The City(1950)

◆    ◆    ◆

Jimmy Foster – Strangers In Paradise(1961) ストレンジャー・イン・パラダイス
ロバート・ライトとジョージ・フォレストの共作によるミュージカル『キスメット』(1953)のナンバー。アン・ブレイス、ハワード・キール主演で映画化された。原曲はロシアの作曲家ボロディンの歌劇『イーゴリ公』(1888)の劇中歌「ポロヴェッツの乙女たちの踊り(=ダッタン人の踊り)」。1953年末にトニー・ベネット盤、年が明けてフォエ・エイセスのレコードがヒット、ともにミリオン・セラーを記録した。

Roger Calkins – Stranger In Paradise(1960)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Tony Bennett – Stranger In Paradise(1954)

With words added to a melody by Borodin from the Polovtsian Dances sequence of his opera “Prince Igor,” “Stranger In Paradise” was the most popular tune to emerge from the 1953 Broadway musical “Kismet.” The song itself spent six weeks atop “Your Hit Parade” with three different top-10 vocal versions sharing the bulk of record sales.
This million-selling Tony Bennett recording, enhanced by a beautiful Percy Faith arrangement, performed best of the three, reaching #3 on the best-seller chart, followed by The Four Aces and Tony Martin

Four Aces – Stranger In Paradise(1954)

Gloria Lasso – Etrangère au Paradis(1955)

Artie Shaw and his Orchestra – My Fantasy(1940)
vocal: Pauline Byrne

recorded in Hollywood, March 3, 1940
Or is it “Take my hand, I’m a stranger in Paradise”? Both songs were lyrical adaptations of a melody by Borodin from the Polovtsian Dances sequence of his opera “Prince Igor.” This title was recorded at Shaw’s first session of tracks issued on the Victor label, another of which was his famous “Frenesi.”

<参考>
Overture – Kismet(Original Broadway Cast 1953)

George Forrest (Lyrics), Robert Wright (Lyrics)
Louis Adrian (Conductor), Ziegfeld Theatre Orchestra, Ziegfeld Theatre Chorus

◆    ◆    ◆

Sarah Vaughan & Billy Eckstine – Passing Strangers(1957/05/07)
orchestra conducted by Hal Mooney

Pop Chart Peaks: Cash Box 36, Music Vendor 49, Billboard 82 – UK Pop Chart: 22 (1957), 20 (1969)
Though not any kind of major hit in the U.S., “Passing Strangers” spent 17 weeks on the UK singles chart over two appearances separated by twelve years.

Perry Ford – She Came As A Stranger(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mike Clifford – Stranger(1960)

The Everly Brothers – Like Strangers(1960/10)

Pop Chart Peaks: Music Vendor 21, Billboard 22, Cash Box 25
The duo’s final hit of 1960 was also their last top 40 entry released on the Cadence label, which had continued to issue new singles throughout the year even though Don and Phil had switched over to Warner Brothers many months before.

Vince Callaher – Beautiful Stranger(1960)

The Del Counts – Lone Stranger(1960)

Mr. Acker Bilk with The Leon Young String Chorale – Stranger on the Shore(1961/11)白い渚のブルース
Theme From The B.B.C. T.V. Series
1961年11月リリースの英コロムビア盤(オリジナル)では Mr. Acker Bilk With The Leon Young String Chorale のクレジット(62年1月日本発売シングル、62年2月米Atocoシングルも同じ)。63年3月カナダAtocoシングルでは Mr. Acker Bilk and his Paramount Jazz Band 名義だが、テイクは同じ。

This lovely piece by English clarinetist-composer Bernard Stanley Bilk was one of three instrumentals to hit #1 on the Billboard Hot 100 during 1962 (see also “The Stripper” and “Telstar”).

Trade Martin – That Stranger Used To Be My Girl(1962/09)
ディオン調ながらカスケーズの「レット・ミー・ビー」を連想しました。

Pop Chart Peaks: Billboard 28, Cash Box 39, Music Vendor 49
The only record hit as a performer for producer-arranger-songwriter Martin.

Jimmy Thomas – I’m a Stranger(1962)

Jerry Modine – A Stranger To Me(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Barbara Lewis – Hello Stranger(1963/03)
with backup group The Dells
conducted by Riley Hampton.
Barbara’s first national hit reached #1 R&B and #3 ‘pop.’

Barbara Lewis – Hello Stranger(1963/03 stereo version)

Philly Dawgs – Hello Stranger

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Vianey Valdez – Hola Extrano(Hello Stranger)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bobby Vee – Stranger In Your Arms(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Houston Wells & The Marksmen – Strangers(1964)
UK

Bobby Rydell – Stranger In The World(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Del Shannon – Stranger In Town(1965/02/27)さすらいの街角
2度目の引用。

produced by Harry Balk
Pop Chart Peaks: Billboard 30, Record World 32, Cash Box 33
Similar-sounding follow-up single to Del’s Top 10 hit “Keep Searchin’ (We’ll Follow The Sun).”

Arthur Conley – I’m A Lonely Stranger(1965)

Chuck Corby & The Entrees – City Of Strangers(1966)

Frank Sinatra – Strangers In The Night(1966/04)夜のストレンジャー

arranged by Ernie Freeman
produced by Jimmy Bowen
from The Universal-International Film “A Man Could Get Killed”
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
Sinatra’s highest-charting solo hit of the decade was this 1966 ‘Record of the Year’ Grammy winner, a lyrical version of a Bert Kaempfert tune from the James Garner comedy-thriller film “A Man Could Get Killed.”

<参考>
Bert Kaempfert – Beddy Bye

recorded March 8, 1966
1st Recording Of “Strangers In The Night” As “Beddy Bye”
from the album “A Man Could Get Killed: Original Motion Picture Score”(1966)Decca DL 4750
Everyone knows the Frank Sinatra hit, but you may never have heard this particular version, originally titled “Beddy Bye.” It is not the commonly-reissued Kaempfert recording with his identifiable trademark sound, but an earlier track released on the movie soundtrack LP for the film “A Man Could Get Killed,” for which Bert composed the score.

Betty Mars – Monsieur L’Etranger(1971)

Paul Mauriat - Un Etranger Sur La Terre(1972)見知らぬ人

 福島第一原発の事故で、文部科学省が行った放射性物質の拡散予測の結果が公表されていないことに、専門家から批判が上がっている。
 今回のような事故を想定して開発されたシステムだが、「生データを公表すれば誤解を招く」として明らかにされていない。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110322-OYT1T01065.htm

政府の原子力安全委員会(委員長=班目(まだらめ)春樹・元東京大学教授)は23日夜、放射性物質の拡散を予測した模擬計算「SPEEDI(スピーディ)」の結果を発表した。
(中略)
 計算は、事故後の12日から24日までずっと屋外にいたと想定。最も影響を受けやすい1歳児が、大気中に漂う放射性ヨウ素を体内に取り込んだ場合の被曝(ひばく)量を予測した。その結果、現在避難や屋内退避の指示が出ている同原発から30キロの範囲外でも、一部の地域で被曝量が安定ヨウ素剤の予防投与の対象になる100ミリ・シーベルトを超える危険性があることが分かった。
(中略)
 安全委は、放出量を特定しない計算も行っていたが、結果を公表せず、専門家の批判を受けていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00001046-yom-sci

 国の原子力安全委員会(班目春樹委員長)は23日夜に記者会見し、原子力発電所の事故発生時に放射性物質が広がる範囲の予測結果を地震後、初めて公表した。放射性ヨウ素による一定期間の積算放射線量が、屋内退避圏内の30キロメートルを超えて100ミリシーベルトになるという。100ミリシーベルトは原子力安全委が、健康被害を防ぐために予防薬の安定ヨウ素剤の服用が必要となる目安とした線量。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E0E1E2E0E18DE0E1E2E1E0E2E3E39793E3E2E2E2

原発推進に当って想定したくないことは想定しないことが明らかとなった原子力「不安」委員会が少々反省したのか、体面を繕ってか、拡散予測を初公表しました。
初めチョロチョロ中パッパ、これからどういう風に数値が変わっていくのか、大注目です。

前にも書いたように人間が放射線によって障害を受ける最低の放射線量は200ミリシーベルト/毎時付近。これが「上限」。逃げ出す基準は10ミリシーベルト/毎時
「予測」ではなく「実際の計測」で10ミリシーベルト/毎時が出たら、次の瞬間はどうあれ、とりあえず原発とは反対方向、しかも風下でない方向で、出来るだけ遠くへ逃げる。20時間の余裕はパニック時にはギリギリと考えるべきでしょう。
今回発表された数値はあくまで「予測」であり、14日間屋外にいた場合、などとわざと(?)理解しにくい前提となってますので、結果としては「いじわる」な発表といえるでしょう。

追加記事

 枝野幸男官房長官は25日午前の記者会見で、福島第1原子力発電所から半径20~30キロ圏内の屋内退避対象地域について「商業・物流に停滞が生じていて、屋内退避している人の生活を長期にわたり維持するのは困難な状況にある。こうした社会的要請から自主的に退避(避難)していただくことが望ましい」と述べ、圏内の住民に自主的な避難を呼び掛けた。また「放射線量が増大し、避難指示を出す可能性も否定できない」との見方を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000075-jij-pol

私はこれは欺瞞・韜晦であると思う。
自主避難にすれば残った者はますます生活が困難になる。
それなのに「あくまで逃げるかどうかは自己責任だ」というのは卑怯です。
30キロ圏内、国の責任において全員退避をさせるべきですよ。

Tammy Lynn – Where Can I Go?(1963)

 福島第一原発から半径20~30キロ・メートル圏内の自治体に対し、政府が住民の自主避難を促すよう求めた背景には、原子力安全委員会が23日に公表した放射性物質の拡散予測結果がある。
 「SPEEDI(スピーディ)」と呼ばれる予測システムはずっと屋外にいた場合を想定。同じ福島第一原発の30キロ・メートル圏内でも、地域によって被曝(ひばく)量が大きく異なり、30キロ・メートル圏外でも非常に高い地域があることを示した。放射性物質の広がりは地形や風向きに大きく左右される。安全委の班目(まだらめ)春樹委員長は23日の記者会見で、「スピーディの予測結果から、ある程度、放射性物質の拡散の傾向が見て取れる。同心円状に避難範囲を決めているが、そろそろきめ細かく設定し直す時期に来ている」と語った。
(中略)
広瀬教授は「政府は予測結果をもっと早く公表し、避難区域の設定に生かすべきだった。避難の範囲を同心円で設定し、徐々に広げていったのは科学的な根拠に乏しい」と語る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00001048-yom-sci

なぜA級戦犯がいまだにトップに居座っていて、偉そうに采配を振ってるのか、私には理解できませんね。
遅きに失した「SPEEDI(スピーディ)」予測の発表。新語法(ニュースピーク)かなんかですか?
(2011年3月25日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です