我関せず焉「ミザリー、イワザリー、キカザリー」だッ

憲法改正は、露骨な領土拡張欲を見せる中国を牽制するために、わが国の防衛力自体を強化し、同盟国・米国との連携を進めるにあたって障害となる9条などを改正しようというものだ。
 これに対して、中国側は、海軍が「第1列島線」を突破するためには「平和憲法」の維持が必要と分析している(中国戦略文化促進会『2012年日本の軍事力評価報告』12年5月)。
 第1列島線とは、九州を起点に沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ島に至るラインのことで、その内側の南シナ海・東シナ海・日本海への米海軍・空軍の侵入を阻止することが中国海軍の目的だ。2015年の突破が目標とされる。
 要するに、日本の憲法改正がなされなければ、中国海軍の海洋進出は可能だが、憲法改正によって日本の防衛力が強化されれば、突破は危うくなるということだ。中国としては、そのためには何としても日本の憲法改正を阻止しなければならない。
 朝日の論調など日本国内で展開されている安倍政権批判は、このような中国の動きと通底しているように見える。安倍政権による日米連携強化の動きを抑制したい中国の動向が、「憲法改正阻止・護憲」として日本国内で展開されているという見方もある。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131223/plt1312230730000-n1.htm

何度も書いたが、日本を右傾化させたのは中国・韓国である。彼らの国際法違反、領土的野心に対応せざるを得ないため、日本は戦争の出来る体制に漸次近づきつつある。
作用あれば反作用ありだ。
これを戦前ファッショ復活を希う安倍晋三らが利用しているのが今の政治状況で、国民としては迷惑千万。寝た子を起こすバカチャイナ・アホコリアと繰り言の一つの言いたくなるのだ。

福島事故直後に、日本政府が作成していないと発表していた議事録を、米国政府が作成していたことが判明しました。アメリカ連邦情報公開法に基づく開示決定で、本紙編集長の江藤貴紀などに公開しました。
さらに、米国NRCは、別の文書も情報公開。近藤駿介氏の1535本の燃料棒が溶融するとされる最悪シナリオよりも多い2000本以上の燃料棒が96時間以内に溶ける事態を想定していたことも判明。加えて、同心円上ではなく風向きまで考慮したより危険な内容となっています。
http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-criss-proceedings

秘密保護法など定めなくとも日本では黒塗り公開が普通だし、真顔で「無い」とウソをつく体質。今回またしてもそのウソが宗主国様によって暴かれたようですな。

南スーダンで、軍の部隊どうしの衝突が続くなか、政府は、現地でPKOに参加している韓国軍からの要請を受けて、陸上自衛隊の銃弾、およそ1万発をPKO協力法に基づき、国連を通じて、提供する方針を固めました。
防衛省によりますとPKO協力法に基づいて、国連に武器が提供されるのは初めてです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131223/t10014044031000.html

当然、国内法を盾に断ることも出来るのだが、武器輸出へのハードルを下げたい政府としては渡りに船の申し出。しかも国連の平和活動ということで言い訳もできる。

The Turbans - A Farewell To Arms(1957)
2度目の引用。

Paul Whiteman and his Orchestra – Farewell To Arms(1933)
vocal: Jack Fulton

Title suggested by the popular 1932 Gary Cooper-Helen Hayes film “A Farewell To Arms,” which was based upon the 1929 Ernest Hemingway novel.

A Farewell to Arms(1932)
音楽の出だしがビクター・ヤングのレコード版『80日間世界一周』のそれに似てるね。

 22日付の米紙ワシントン・ポストは、南米コロンビア政府による左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)の掃討作戦を2000年代初頭以降、米中央情報局(CIA)が秘密裏に支援し、少なくとも20人以上のFARC幹部の殺害と組織の弱体化につながったと報じた。米、コロンビア両国の、複数の当局者らの話としている。
 FARCはかつて麻薬密売にも関わっており、米国の脅威だった。中南米最大の左翼ゲリラとして02年のピーク時に2万人以上の勢力があったが、掃討作戦で弱体化し、昨年10月からコロンビア政府との和平交渉に入っている。
 CIAによるコロンビア支援はブッシュ前大統領が許可し、オバマ政権下でも続けられた。同紙は01年の中枢同時テロ以降、米国が手掛けた「数少ない対外秘密工作の一つ」と位置付けた。国家安全保障局(NSA)も相当量の通信傍受で関与。数十億ドル(数千億円)規模の秘密予算が組まれたという。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131223/frn1312231055003-n1.htm

何を今さらだ。
実のところ日本への政治介入も大差ないのだよ。

麻薬密売遮断を介入の理由に挙げているが、親米政権には麻薬ビジネスを準備してやるというダブルスタンダードで、アメリカの裏庭「南米」を支配するためにはアメリカ国民がヤク中になろうと構わないという悪質さ。見下げ果てた連中である。

La CIA habría participado en los golpes a las FARC

23日午前5時40分ごろ、東京・中央区銀座の歩道を歩いていた23歳の女性が、後ろから来た男に突然、鉄パイプで殴られ、右足の太ももにけがをしました。男はその後、現場から300メートルほど離れた場所で、別の26歳の女性を鉄パイプで殴って足にけがを負わせ、通報で駆けつけた警察官に殺人未遂の疑いで、その場で逮捕されました。逮捕されたのは住所不定で無職の57歳の男で、これまでの調べで、ほかにも男性1人を殴ったとみられています。
調べに対し男は3人を殴ったことを認めていますが、「自分が殺される前に殺そうと思った」などと意味の分からないことも話しているということで、警視庁は刑事責任が問えるかどうか慎重に調べています。
http://bbs68.meiwasuisan.com/news/1387784099/l50

ナチュラルかヤク中か。たぶん後者。

Amsterdam – Indian Pipe(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

2013/12/20
論文を発表したのは米ジョンズ・ホプキンス大の教授ら。新たに発表された3つの研究結果をまとめたもので、心臓血管疾患やガン、認知症や言語記憶、心筋梗塞、いずれに対してもビタミンやミネラルなどのサプリメントは効果がなかったとし、過去の研究から、ベータカロチンが肺がんリスクを高める可能性や、ビタミンEや高容量のビタミンAの摂取が死亡率を高める可能性などが明らかになっているため、安易な摂取は避けるべきとしています。唯一ビタミンDに関してはさらなる調査が必要としていますが、サプリメントの健康効果に関する議論は終わったと結論付けています。
著者の一人であるミラー医師は、CBSニュースに「健康になりたいのなら、効果のないサプリメントに浪費するのはやめ、果物や野菜、ナッツ類、豆類、低脂肪の乳製品などの食品を食べて運動すべき」と語っています。
http://blogos.com/article/76369/

医薬部外品の「効能」などオマジナイ程度だろ。
いや、それどころか世の中 害になるもので溢れ返っている。
わざわざカネを払ってビョーキになるんだから、今の人はどうかしてるよ。

Salvation – Handles Of Care(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

2013/12/16
 聯合ニュースは16日、韓国最大手の国民銀行の東京支店で不正融資の見返りにリベートを受け取る裏金づくりが行われていた事件で、日本の金融庁が韓国金融監督院と協力し、同日から東京支店への追加検査に乗り出したと報じた。
 聯合ニュースによると、金融庁はこれまで、同支店で1700億ウォン(約165億円)に上る不正融資があったとみて韓国当局に協力してきたが、総額は数千億ウォン(数百億円)に達する可能性もあるとみられている。
http://mainichi.jp/select/news/20131216k0000e040213000c.html

2013/12/17
裏金づくり疑惑が出ている韓国の銀行大手、国民銀行の東京支店で日本人の行員が自殺したようだ。
 現地関係者によると、東京支店の日本人行員は16日午後、書庫で自殺。現地警察が捜査に乗り出したという。
 疑惑との関連は確認されていない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/17/2013121701139.html

日本人か日本国籍を取得した者かは知らぬが、痛ましい限り。
ブラック企業に勤めると、逆らうことも告発することも出来ず、結果このように身を滅ぼすことになる。
で、ホントに自殺なの?

2013年12月20日、中国・山東省のテレビ局・山東電視台の報道番組「早安山東」は、同省東営市で20日前に発生した毒物死亡事件を取り上げた。斉魯網が伝えた。
東営市広饒県に住む主婦・焦(ジャオ)さんは、娘さんのためにネットショップで子供靴を購入。商品は宅配便ですぐに届いた。受け取った焦さんの夫は「変なにおいがするから、靴をベランダに置いたよ」と話した。焦さんは、「新しい靴は特有のにおいがするもの」と思い、不審には思わなかった。
夫によると、靴の入っていた箱は黒い液体が浸み込んでいて、靴本体にも少し付着していたという。夫は古紙でそれをふき取っていた。しばらくすると、夫は「気分が悪い」と病院へ。だが、すぐに危篤状態になり、さらに大きな病院に搬送されたが、そのまま帰らぬ人となった。その後の調べで、原因は箱に染み込んでいた猛毒の化学物質・トリフルオロ酢酸であることが判明。宅配便会社大手の園通快逓灘坊支店の倉庫に保存されていたもので、漏れ出したトリフルオロ酢酸で同支店の従業員4人が中毒を起こしていた事実も明らかになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131222-00000018-rcdc-cn

劇薬を宅配で送り、しかも業者が倉庫に保存していたって、むちゃくちゃ杜撰な話。
鄧小平以降の中国は、生意気盛りのガキにスポーツカーを買い与えたような按配で、様々な場面で事故が多発している。
ルールを守らないどころか、我先に火中へ飛び込んでいる観がある。しかも失敗から何も学んでいない。

Captain Beefheart – Big Black Baby Shoes

 事件の始まりは、上智大学で硫化水素入りの容器などが見つかる数時間前の昨年10月12日午後1時半ごろ、千葉県浦安市内のインターネットカフェで、ネット掲示板「2ちゃんねる」に書き込まれた「俺は藤巻に全てを奪われた。恨むのなら藤巻を恨め!」との犯行声明だった。
 だが、藤巻さん本人に実質的な被害がないため、捜査関係者の間では、世間を騒がせて注目を集めることが目的なのではないかという見方が広がっていた。
 17日に東京地検に送検されるため、麹町署から出てきた●●容疑者。待ち構えたカメラマンから無数のフラッシュを浴び、白い歯をのぞかせながら警察車両に乗り込んだ。その様子を見た捜査関係者は、皮肉混じりにこうつぶやいた。
 「最後に願いがかなってよかったじゃないか」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131222/dms1312222115011-n3.htm

おれ自身、一度も口を利いたこともない女性が「あの人、ダイッキライ」と私の名を挙げていたのを人づてに聞いたことがある。おれが何をした!? おれの何を知ってるというのだ? それとも見た目が嫌いなのか?(笑)

時アリサ – 女のときめき(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

一般人でもこのように謂れのない誤解を受け、憎まれたり嫌われたりする。ましてや有名人ともなると、良くも悪くも実像とはかけ離れた評価を受けることが多い。芸能人の場合は意図的に過大・誇大に宣伝するのが普通だが、けなされる場面では目も当てられないほどケチョンケチョンに叩かれることが多い。

そしてまた美空ひばりや島倉千代子の例を挙げるまでもなく、熱狂的ファンの異常心理の標的となる可能性がある。今回の黒子のバスケ脅迫事件の容疑者も最初はファンの一人であったのだろう。

このテの異常心理(ストーカー的心理)を扱った映画では、
スティーヴン・キング原作の『ミザリー(Misery)』(1990)、クリント・イーストウッドがメガホンを執った『恐怖のメロディ(Play Misty for Me)』(1971)などが連想される。

さらに警察や特定の刑事との「ゲーム」を仕掛けてくるものでは、『セブン(Seven)』(1995)、ジェフリー・ディーヴァー原作の『ボーンコレクター(The Bone Collector)』(1999)、トマス・ハリス原作のハンニバル・レクター3部作の1作目『刑事グラハム/凍りついた欲望(Manhunter)』(1986)、

ほか、病的心理や精神異常を描いた作品では、
ダフネ・デュ・モーリア原作、ヒッチコック渡米第一作『レベッカ(Rebecca)』(1940)、正面切って異常心理を描いた『サイコ(Psycho)』(1960)、
ウィリアム・ヒョーツバーグ原作『エンゼル・ハート(Angel Heart)』(1987)、
イタリア映画『シャドー (Tenebrae) 』(1982)、マイケル・クーニー脚本の『アイデンティティー(Identity)』(2003)、
実在した連続殺人犯を描いた『モンスター』(2003)、
スタンフォード監獄実験を元にしたマリオ・ジョルダーノの小説『Black Box』を原作としたドイツ映画『es[エス](Das Experiment)』 (2001)、
これも人間心理の恐ろしさを描いたニコール・キッドマン主演デンマーク作品『ドッグヴィル(Dogville)』(2003)、
主人公が記憶障害になる『メメント(Memento)』(2000)、
主人公が心理学者の『レイジング・ケイン(Raising Cain)』(1992)、
コワい警官『不法侵入(Unlawful Entry)』(1992)、
コワい同居人『ルームメイト(Single White Female)』(1992)、
案外ありえるかもしれない話の加米合作『コード(Cord)』(2000)、

サイキック・スリラー『ザ・セル(The Cell)』(2000)、『ギフト(The Gift)』(2000)、

カナダの優れたホラーSF作品『キューブ(Cube)』(1997)、
トム・クルーズが製作総指揮で加わった米西仏合作の上質なスリラー『アザーズ(The Others)』(2001)、

スティーヴン・キング『ペット・セマタリー』を原作としたサイコというより怪奇映画に近い『ペット・セメタリー(Pet Sematary)』(1989)、

逆恨み系では『ゆりかごを揺らす手(The Hand That Rocks the Cradle)』(1992)、『恐怖の岬』(1962)のリメイク『ケープ・フィアー(Cape Fear)』、

韓国や中国の反日教育を連想させる、後味の悪さNo.1の日本映画『この子の七つのお祝いに』(1982)、

追い詰め系のサスペンスでは『悪魔のような女(Les Diaboliques)』(1955)、リチャード・マシスンの短編小説が原作のテレビ映画『激突!(Duel)』、いかにもB級『悪魔の追跡(Race with the Devil)』(1975)、知らない人を乗せてはいけないという教訓(!)『ヒッチャー(The Hitcher)』(1986)、

等々が思い浮かぶ。

Orang-Utan – I Can see Inside Your Head(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

富沢氏はこう厳しく指摘する。
「もはや時代が紅白を必要としていない。昔の紅白は視聴率が80%を超えることもありました。もちろん、当時と今ではテレビを見る環境なども変わってきていますが、当時はその年を代表する歌手が出場し、その年の代表曲で1年の締めくくりとなってきました。だからそれだけ注目を集め、国民的番組といわれたわけです。今では、その年の代表曲がない歌手も出場し、過去のヒット曲を歌う歌手も珍しくなくなった。本来の紅白の主旨とは変わってきています。紅白というブランドの中でやっているだけで、もはや紅白とは言えないのです。賞味期限の切れた紅白はとっくの昔に死んでいるということです」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131223-00000002-pseven-ent

ダサい番組の代表だね。
年寄りたちがAKBを見たがるわけもなし。
もはや語る意味すらないだろう。

Petula Clark And Bruce Forsyth – It’s a Musical World
Broadcast on ITV, 9th December 1978. Bruce Forsyth’s Big Night Out. Pet and Bruce duet on this Anthony Newley/Leslie Bricusse composition.
Originally from the 1972 musical “The Good Old Bad Old Days.

Petula Clark – It’s A Musical World(1972)

  ※(略)

 

この口座「00140-2-XXXXXX」でぐぐると…

(中略)

おわかりいただけたでしょうか

http://newsg.qlip.jp/to/2771/

病院前でも斎場前でも学校前でも皇族の住まいの前でも大音量でがなりまくる在日エセ右翼は問題外として、
右翼も左翼もカルト教団も「平和」「自由」「人権」「人道支援」「環境保護」「反原発」といった尤もらしい看板を掲げてますが、やくざの「仁義」と同じで自己矛盾であり、隠れ蓑にすぎません。
その本質は独善と権力独占、すなわちファシズムです。天皇も人民も崇高な理想さえも彼らにとっては道具でしかない。
偽善・欺瞞を鋭く見抜いていかないと、人生棒に振ることになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です