どこまでも日本国民をバカにしきってる首相

「これまで鑑定してきた偽造品の中で最高峰のもの」。高級ブランドの鑑定士も思わず唸(うな)ったという。高級腕時計の偽物を販売していたとして、大阪府警が大阪市東淀川区大道南の貴金属販売業(38)=公判中=を逮捕した商標法違反事件。
被告が販売していた偽高級時計の数々は見た目は本物と寸分違わず、外見だけでは真贋(しんがん)鑑定が極めて困難で、業界で「スーパーコピー」と呼ばれる精巧な偽造品だった。
中国で仕入れた偽物を「一見さんお断り」の店で販売し、客には「偽物だから質屋には入れないで」と念押ししていた被告。その腕には、新品なら200万円はするという本物の高級時計が光っていた。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120830/dms1208301231015-n1.htm

明治の日本人なら「よしッ、この一流品を超える素晴らしい品質の日本製の時計を作ってやろう」と一念発起したことだろう。実際日本はそうした地道な努力をコツコツと積み重ねて、世界に冠たるジャパンブランドを築きあげてきた。
ニセモノを売りさばいて手っ取り早く儲けようなどという、志のない低劣なドロボー根性とは雲泥の差である。
これは狩猟民族と農耕民族の違い以上のものがある。

中国人は、直ちに中共の悪質な情報操作・歴史改竄・マインドコントロールを打破し、戦前の日本人の世間知らずな傲慢さと大差ない中華思想を改め、一大文明を創出した太古の偉大な中国民族、すなわち日本人が尊敬する本来の「中国」に立ち帰るべきである。

Arktis – Is It Real(1973)
Germany

Malo – I’m For Real(1972)

Tear Gas – That’s What’s Real(1971)
UK

コカ コーラ CM – The Real Life – 雪編(1971)

The Sunshine Trolley – It’s Gotta Be Real
タイトルは「それはホントになるよ」の意。

This is a B-side single to “Cover Me Babe” and is written by L. Ramos.
The 45 was released in 1970 by Trump Records and the catalog # is PRO-5096.
Where this group is from is unknown.

The Monkees – I Didn’t Know You Had It In You Sally, Your A Real Ball Of Fire(1969)

Wings – That’s Not Real(1968)

Art – Love Is Real(1967)

Matthew Barnett – If Your Love Is Real

The Showcases – This Love Was Real(1961)

中国広東省の民間企業幹部が24日、中国版ツイッター「微博」で「1949年から71年まで中国政府は釣魚島(尖閣諸島)を日本の領土と認めていた」と異例の発言をした。日本領有を示す53年1月の中国共産党機関紙、人民日報の記事や、複数の公式地図など根拠を挙げている。微博では中国国内からの感情的な反論に加え、「知識のない大衆が中国共産党に踊らされたことが分かった」などと賛同する見方も広がっている。
 発言をしたのは同省広州の電子サービス企業、広東捷盈電子科技の取締役会副主席との肩書を持つ女性の林凡氏。林氏は微博の運営会社、新浪微博から「実名」の認証を受けており、10万人以上の読者をもつ。
 林氏の資料によると、人民日報は53年1月8日付の紙面に掲載した記事で「琉球群島(沖縄)は台湾の東北に点在し、尖閣諸島や先島諸島、沖縄諸島など7組の島嶼からなる」と表記していた。中国当局が監修した53年、58年、60年、67年に発行した地図の画像も示したが、その多くが「尖閣群島」「魚釣島」などと表記。日中境界線も明らかに日本領土を示している。
 林氏は冷静に証拠を積み重ねた上で「中国政府はこれでも釣魚島はわれわれの領土だといえるのか」と疑問を投げかけた。中国国内からの反応には、「資料をみて(尖閣諸島が)日本領だったことが明白に分かった」「(当局に)タダで使われて反日デモを行う連中には困る」などと、林氏支持の発言が出ている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120825/chn12082501150000-n1.htm

かつて国粋思想・国体カルトに狂った日本人は中国人を「烏合の衆」と見下し、侵略を正当化した。
今、同じことが中国で起きている。
中国人が日本人以上か以下か、まさに今、試されようとしているのだ。
中共のインチキ情報に踊らされて暴れるようじゃ、かつての日本人と同じ愚か者である。
そうであるなら今後 中国は、混乱と分裂の中 ゆっくり沈んでいくことになるだろう。

 ネットにとどまらず、現地メディアも反日感情に傾いている。尖閣諸島の問題が連日大きく報道され、大手サイトの騰訊網は、太平洋上に浮かぶ日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)まで取り上げ、「島ではなく岩であり、日本は排他的経済水域は設定できない」との中国政府の主張を伝えた。
 こうした動きを受けて、現地で工場や店舗を構える日系企業の間にも動揺が広がる。中国企業との合弁で全土に8つの生産工場を持ち、864の店舗を有するトヨタ自動車は、不測の事態に備えて警戒態勢を敷いた。
 成都市などの4都市で「三越百貨店」を営業する三越伊勢丹ホールディングスは「今後の事態を注視していく」構えでいる。
 その成都市では2010年に大規模な反日デモが発生し、イトーヨーカドーが襲撃された。中国全土で同店を13店舗展開するセブン&アイ・ホールディングスは「コメントできない」とピリピリムード。ある流通関係者は「現在は大きな影響はないにしても、いつ何がきっかけで拡大するかわからない。反日勢力を刺激しないよう皆、神経をとがらせている」と明かす。
 今後、事態はどう推移していくのか。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120830/dms1208301132011-n1.htm

中国の反日デモはジョージ・オーウェルの小説『1984年』に描かれる「二分間憎悪」と同じで、中共に動員された学生や労働者は恭順を試される踏み絵でもあるので拒否できない。
問題は すっかりノセられてその気になっている人間がどれくらいいるか ということだ。

 法務省の「東日本入国管理センター」(茨城県牛久市久野町)で、難民認定を求めるなどして収容されている外国人の一部が、提供される給食を食べるのを拒否していることが29日、わかった。
 同センターによると、28日現在、約400人の収容者のうち約60人が給食をとっていないという。
 外国人労働者や難民の支援団体「BOND」(高根淳代表)によると、難民認定手続きが長引くなどの理由で同センターに長期間留め置かれているスリランカ、ガーナなど約20か国の120人が20日からハンガーストライキを始めた。入所者は、面会した同団体メンバーに「長期収容をやめてほしい」と訴えたという。長期収容者の多くは半年以上留め置かれ、2年以上収容されている人もいるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000226-yom-soci

戦後の日本の場合、与えられたせいか憲法の精神が血肉となっておらず、国家の理想・理念もこれといってなく、ご都合主義の無思想に近いので、難民などという面倒な人たちは出来れば追っ払いたいと考えている。
今後、中国や朝鮮半島から大量に難民が押し寄せてきた時どうするつもりなのか、政府は未だ国民に説明していない。

2012/08/28
日本と韓国の両政府は、1台のトラックに両国のナンバープレートを取り付け、公道を相互に乗り入れできるようにすることで合意した。
 11月から実証実験を始める。第1弾は、日産自動車九州(福岡県)と、提携先の韓国・ルノーサムスン自動車(釜山プサン)の両工場を往復する貨物便で、集荷した自動車部品を相手国に運ぶ計画だ。
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20120828-OYT8T00297.htm?from=yoltop

2012/08/29
 民主党は29日、法務部門会議(座長・小川敏夫前法相)を開き、人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を了承した。今後、党政策調査会で了承され、今国会中にも閣議決定される見通しだが、与野党の多数派が衆参両院で異なる「ねじれ国会」のため成立する可能性は極めて低い。

 同法案をめぐっては「人権侵害の拡大解釈で憲法21条の表現の自由が侵される恐れがある」といった反対論が党内でも根強く、今国会での閣議決定は見送られてきた。だが、野田佳彦首相は8月23日の衆院予算委員会で今国会での法案提出に向け「必要な作業を進めていきたい」と答弁し、立法化を促していた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120829/stt12082911250005-n1.htm

消費税の時はしなかった記者会見で「わが国の主権を侵す事案が発生し、遺憾の極みであり看過できない。毅然とした態度で、かつ冷静沈着に不退転の覚悟で臨む」などと大見得を切った野田首相。
具体的なことは一切言わないので違和感を抱いた人も多かったでしょうが、韓国・在日、官僚・財界のための政治をしてる民主党ですから、もちろん口先だけ。実効性のある経済制裁など端からやるつもりはありません。
むしろ逆にイケイケドンドン。どこまでも韓国一辺倒、イエ 一直線のようです。

Cannon’s Jug Stompers – Walk Right In(1929)

recorded October 1, 1929
1st Recording Of “Walk Right In”
Here is blues musician Gustavus “Gus” Cannon with his jug band recording of the song which would become a #1 best-seller in 1963 for The Rooftop Singers (a version influential in the emergence of the 12-string-guitar sound during those early/mid 1960s ‘hootenanny’ years).

“Walk Right In” Gus Cannon Documentary Cannon’s Jug Stompers
A short documentary about Gus Cannon with about 10 seconds of him playing “Walk Right In” at age 100.

The Rooftop Singers – Walk Right In(1962/12)

#1 best-seller of a song first recorded in 1929 by Gus Cannon’s Jug Stompers

The Moments – Walk Right In(1963)

The Ventures – Walk Right In(1963)行け!行け!ドンドン

ダニー飯田とパラダイス キング – ポッカリ歩こう(ウォーク・ライト・イン)(1963/05)

Dr. Hook – Walk Right In(1977)

<参考>
Fluffy Hunter – Walk Right In, Walk Right Out

<参考>
The Everly Brothers – Walk Right Back(1961)

<参考>
Dinah Washington – Love Walked In(1960/10)
conducted by Nat Goodman, arranged by Belford Hendricks

Pop Chart Peaks: Cash Box 18, Music Vendor 22, Billboard 30 – R&B Chart 16
This George & Ira Gershwin standard had been introduced by singer Kenny Baker in the 1938 film “The Goldwyn Follies.”

<参考>
Claude Hopkins & his Orchestra – How’m I Doin’?(1932)
vocal: Ovie Alston
“Walk Right In” にも似てるし、アメリカ民謡 “Old MacDonald Had a Farm” の雰囲気も。

recorded in NYC May 24, 1932
Solos by Hopkins (piano) and Edmond Hall (clarinet) highlight this track from the first documented commercial recording session credited to the Claude Hopkins band.

以下、「走る」「Run」「歩く」「Walk」「ステップ」「Step」などを含む投稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です