独活(うど)の煮え太り、味無い物の煮え太り、酒太り、焼け太り、水太り、脂肥り

スターバックスコーヒージャパンが2014年度に非正規雇用の契約社員およそ800人全てを、正社員として雇用することがテレビ東京の取材で明らかになりました。
スターバックスは今年4月1日から契約社員制度を廃止し、これまで全国の店舗などで働いてきた契約社員の全てを正社員として雇用します。これにより新たに800人程度が正社員となり、正社員の数は現在の1,800人から一挙に2,600人程度に増加します。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_60548/

で、ギャラは上がるの? ボーナスや退職金も出るのかな。

ドン・キホーテは3月18日より、ドン・キホーテグループ独自の電子マネー「majica(マジカ)」を導入する。「majica」は「Miracle Amusement Jonetsu(情熱)Intelligent Card」の略。買い物のワクワク・ドキドキを表現する言葉として命名された。
 「majica」は全国のドン・キホーテ、MEGA ドン・キホーテ、長崎屋、ドイトなどで利用可能。チャージ時のポイント付与や家電およびブランド品の会員価格での提供などのサービスを受けることができる。これに伴い、これまでの会員向け「家電御贔屓(かでんごひいき)カード」、「ブランドメンバーズカード」、「ドイトクラブカード」は「majica」に統合される。
http://news.ameba.jp/20140210-278/

Miracle Amusement Jonetsu Intelligent Card
ミラクル・アミューズメント・情熱・インテリジェント・カード!?
あまりインテリジェンスが感じられないナァ。
ドンキュホーテ、、、いや DQNホーテか

中国人妻が大金を持ち逃げ… 日本農家の嫁不足狙う“愛なし結婚”
(中略)
 斡旋業者を介して迎えた中国人妻が、永住権を取得後、乳飲み子とともに姿をくらました。しかも、その女は勝手に一家所有の土地の名義変更をして売却し、大金を持ち逃げした。財産をすべてだまし取られた老夫婦と後取り息子は、アパート暮らしになってしまった(涙)。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140221/frn1402210729000-n1.htm

 虚偽の婚姻届を提出し偽装結婚したとして、警視庁は20日までに、公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、大相撲の元関脇琴富士で焼き肉店店長●●●●容疑者(49)=千葉市花見川区=と、韓国籍の飲食店従業員李●●容疑者(29)=東京都墨田区=を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年2月6日、李容疑者の在留資格を取得させる目的で、東京都台東区役所に小林容疑者を夫とする虚偽の婚姻届を提出した疑い。
 警視庁によると、小林容疑者は「本当の結婚で、いずれ一緒に暮らすつもりだった」と容疑を否認。李容疑者は「永住者の資格を取るためだった」と認めている。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/20/kiji/K20140220007628071.html

永住権がほしい、そう思わせるだけの魅力がまだこの国にはあるのだろう。

日本人女性であっても、もはや「手鍋下げても」という根性のある女性はいないな。「成田離婚」は1990年代後半の流行語だったそうだ。結婚の条件に「三高」が当然のように掲げられたのが90年代末、今はとにかく収入と安定度だろう。
男もドライ(これは1956年ごろの流行語)で「糟糠の妻は堂より下さず(どうよりくださず)」という人間愛はとうの昔に喪失してるのだ。

Les Brown and his Orchestra – Doctor, Lawyer, Indian Chief(1946)
vocal: Butch Stone

If you liked the song but couldn’t handle Betty Hutton’s act, you might have opted for this Butch Stone vocal, the second most popular recording of the movie hit from “The Stork Club,” peaking at #6 on Billboard’s sales charts. The other 1946 Les Brown hits included in this collection are all Doris Day vocals: “You Won’t Be Satisfied” “The Whole World Is Singing My Song” and “I Got The Sun In The Morning.”

Betty Hutton – Doctor, Lawyer, Indian Chief
from the 1945 Paramount movie “The Stork Club”.

Most musical fans point to Julie Andrews or Judy Garland as their favorite actresses. But I’m all about the underseen, underappreciated genius of Betty Hutton. This clip of her eye-popping (and eye-stretching) performance in a B-musical comedy serves as a light introduction to her style.
Hutton’s most notable film role was the part of Annie Oakley in the 1950 musical of “Annie Get Your Gun.” One of her best known songs (Blow a Fuse, later renamed It’s Oh So Quiet) was covered by Icelandic artist, Bjork ( Björk ).

Betty Hutton – Doctor, Lawyer, Indian Chief(1946)
orchestra and vocal quartet conducted by Paul Weston

Hutton’s hyper-styled delivery was a good fit for this Hoagy Carmichael-Paul Francis Webster tune, introduced by her in Paramount’s “The Stork Club” and providing her with the biggest record hit of her career. See also the Les Brown version.

練馬区では、「アンネの日記」などのほか、一部の図書館では、ナチスによるユダヤ人大量虐殺「ホロコースト」の関連図書も被害に遭った。これを受けて、各図書館は7日、器物損壊の被害届を警視庁に出した。犯人の意図について、光が丘図書館の館長は、「なぜか分からないので、コメントしようがありません」と話す。過去にこんなことはなかったという。
 新宿区立中央図書館によると、区内の10館中3館で「アンネの日記」関連図書の被害が見つかった。ただ、ホロコースト関連に被害はなかった。すでに警視庁には被害届を出している。新宿区でも、過去にこんなことはなかったそうで、聞いたこともないとしている。
 ネット上では、図書館関係者がツイッターで2014年2月18日、都内の図書館で大量に切り取られる事件が起きているとの伝聞情報を報告して、波紋が広がっていた。この関係者は、「ネット検索をすると、『ホロコーストはなかった&『アンネの日記』はフィクション』というような主張がみられる。関係があるのか」とツイートしているが、今のところそれに結びつく情報はないようだ。
http://www.j-cast.com/2014/02/20197314.html

都内の図書館で『アンネの日記』とホロコースト関連図書の毀損事件が発生したという。「ホロコーストはなかった」と信じている者の犯行と考えられるが分らない。
歴史的事実は科学で認識すべきで、疑いがあるなら何度でも検証作業をすればいいのだ。

韓国外務省当局者は21日、菅義偉官房長官が、従軍慰安婦問題での旧日本軍などの関与を認めて謝罪した河野洋平官房長官談話を学術的に検討する考えを示したことについて「これまで日韓関係の基礎となっていた正しい歴史認識の根幹を崩すことに等しい」と反発し、中止を求めた。
 当局者は「河野談話を否定し、歴史の時計の針を逆戻りさせようとする試みとみるしかない」と指摘。「(河野談話作成)当時、被害者が言葉に表せない羞恥心にもかかわらず証言した経緯を考慮し、日本政府が被害者に耐え難い苦痛と傷を再び与える分別のない行動に出ないよう強く求める」と強調した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014022100302

 菅義偉官房長官が、従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍の関与と強制性を認めた「河野談話」の根拠となった元慰安婦の証言を検証する可能性に言及したことに対し、中国外務省の華春瑩副報道局長は21日の記者会見で「侵略の歴史を直視し深く反省するよう日本側に求める」と批判した。
 華氏は、「侵略の歴史を翻すいかなる動きも、被害国の人民と国際社会の強烈な反対に遭うだろう」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140221/chn14022120030005-n1.htm

「学術的検討」すらさせないとは、お笑い草。隠すより現るだね。

 元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が末期の肝硬変を患っていることが分かった。女性誌「婦人公論」(22日発売)のインタビューで告白した。21日放送のテレビ番組にも出演し、「いつ死んでも悔いはない」など現在の心境を吐露。激やせし、顔は土気色、病状の悪化で下腹はパンパン…。やつれ果てた姿が衝撃的だ。
 体調に異変を感じたのは8年程前で、父親が残した借金を背負って自己破産し、酒の飲み過ぎなど食事が偏って肝炎が悪化したという。
 林葉は、21日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(午前9時50分~)に取材に応じる形でVTRで出演。土気色でほおはこけ、目の下には深いくま。かつての美人棋士の面影はなく、周囲も驚く激やせぶりだった。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140221/enn1402211153012-n1.htm

肝臓がブッ壊れるまで酒が飲めるというのは、元々は頑丈なカラダであったこと、酒代程度は収入があるということ、摂生するという自律的精神が欠けていること等が考えられる。
かつて精神的に不安定なムードを感じさせてはいたが、それとて親の遺伝子、家庭環境、教育、恋愛トラブル、……いろいろあったのだろう。あの子ばかりのせいぢゃない。

太ることを気にして、砂糖の代わりに甘味料が使用されている「カロリーオフの炭酸飲料」を意識的に飲んでいる人はいないだろうか? そんな人は要注意かもしれない! 体に良かれと思って飲んでいたカロリーオフの炭酸飲料が、実は死に直結する恐ろしい病気を引き起こすという、恐ろしい研究結果が発表されたのだ。
研究を発表したのはアメリカ疾病予防管理センターだ。同センターは、WHO(世界保健機関)が発表している「人々が甘味料で摂取してよいカロリー量のガイドライン」よりも多くの甘味料を摂取している人の死亡率と死亡要因の調査を行った。ちなみに、「人々が甘味料で摂取してよいカロリー量」は、1日の摂取カロリーの10%以下が望ましいとのこと。
調査の結果、甘味料による摂取カロリーが25%を超えている人は、ガイドラインを超えていない人の2倍も心臓疾患で死亡していたことが判明した。また、死に至らなくても、心臓疾患が起きるリスクが38%も高くなっていたという。なんと恐ろしい!!
ガイドラインを超えてしまう多くの人は、甘味料が含まれているカロリーオフの炭酸飲料を日常的に飲んでいたようだ。そして、そういったカロリーオフの炭酸飲料は1日1本飲むだけで、心血管疾患による死亡率が3倍にもなってしまうという。
http://rocketnews24.com/2014/02/21/413737/

おれは元々太りやすいタチなのだ。今は貧乏で痩せてるけど(笑)

The Red Mitchell-Harold Land Quintet – Triplin’ Awhile(1962)

痩せるんでも太るんでも、自然のものを自然に食べることがいちばんだろうナ。
人工のサプリとか甘味料は以ての外だ。それこそビョーキになるよ。

Mighty Sparrow – Fatman(1976)

Little Feat – Fat Man In The Bathtub(1975)

Dick Walter – That Fat Man(1975)

Syd Dale – The Fat Man(1975)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Hamilton Bohannon – The Fat Man(1974)

Jethro Tull – Fat Man(1969)

Fats Domino – The Fat Man(1964)
from the album “Fats On Fire”(ABC Paramount, 1964)

Derrick Morgan – Fat Man(1960)

Hugo Strasser Und Sein Tanzorchester – Fat-Man-Rock(1958)
Germany

Lloyd “Fatman” – Miss Mushmouth(1957)
ジョー・ターナー風

菅義偉官房長官は21日の衆院内閣委員会で、2012年12月の第2次安倍政権発足から現時点までの約1年2カ月間で、国庫から支出した内閣官房報償費(機密費)は約16億9千万円に上ったと明らかにした。このうち官房長官が取り扱った機密費は約14億3千万円と説明した。共産党の赤嶺政賢氏への答弁。
 菅氏は、具体的な使途は明らかにしなかった。
http://www.daily.co.jp/society/politics/2014/02/21/0006726080.shtml

ほとんどマスコミへの裏金として使われたと私は思う。何の根拠もないけどね。

追加記事

2014/02/24
ロイター通信は23日、中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席の3月の欧州訪問に向け、中国政府がドイツ政府に対し、ドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)関連施設の訪問を打診したと伝えた。中国は安倍晋三首相の歴史認識を巡る対応への批判を続けており、習主席はドイツ訪問時に、戦後処理などを巡る問題で日本とドイツとの対応の違いを引き合いにして、改めて日本をけん制する可能性がある。
http://mainichi.jp/select/news/20140225k0000m030074000c.html

2014/02/26
中国政府が来月下旬に習近平国家主席のドイツ訪問を予定し、第2次世界大戦中に虐殺されたユダヤ人の犠牲者の追悼施設を視察したいとドイツ側に伝えていたことが分かりました。
中国としては、ドイツは過去の歴史を反省しているとして日本を批判するねらいがあったものとみられますが、ドイツ政府はこの申し出を断ったということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140226/k10015536441000.html

アンネの日記破却事件と何か関連があるのではないか?
(2014年2月26日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です