吾つひにマッキントッシュに触れざりき

スティーブ・ジョブズ―ひとつの時代が終わった
2011年8月25日
彼の半生のおおよそのことはわれわれ誰もが良く知っている。
大学院に通う女子学生とシリア系ボーイフレンドの間に男の子が生まれた。彼女は赤ん坊を養子に出すことにした。赤ん坊はポール・ジョブズとクララ・ジョブズ夫妻に引き取られた。ポールはサンタクララ生まれの機械工だった。赤ん坊はサンタクララで育った。そこは平屋の家が延々と立ち並ぶ真平らな土地である。一部の地区を除いて住民はだいたいにおいて中流か中流の上の階層の人々だ。品のよい地区もあれば、そうでない地区もある。彼は裕福な子供時代を送ったわけではなかった。しかし彼の生みの母は養父母に「子供を大学に通わせること」と約束させていた。彼は小学校4年生のときにすばらしい先生に出会った。
養父母は乏しい家計をやりくりして彼をリード大学に上げた。
しかし彼はすぐに大学をドロップアウトした。しかしその後も自分が興味を持った授業―カリグラフィー(西洋書道)には出席した。当時彼は空き瓶を拾って金を稼ぎ、時折ハレ・クリシュナ教団で無料の食事にありついていた。20歳で彼は仲間と会社を始めた。

彼はかんしゃくもちの仏教徒だ。彼はライバルを蹴倒して彼のユニークなビジョンの下に4000人の社員を抱える会社を作った。しかし彼は自分の会社から追放された。追放期間中にさらに2つほど会社を作った。そして彼はカムバックした。彼にはある種のヒッピー的なところがあり、ボブ・ディランとビートルズ、そして音楽全体をこよなく愛している。
彼は現役を去るところだ。潮に蝕まれる木の桟橋のように、彼の健康は長く蝕まれていた。
この後、Appleはどうなるのだろう? そしてわれわれに対する影響は?
http://jp.techcrunch.com/archives/20110824steve-jobs-the-end-of-an-era/

 人気製品を次々と発売し、米アップルを躍進させる原動力となってきたスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が24日退任を発表し、アップルは今後、革新的な製品開発力をどこまで維持できるかが焦点となる。米グーグルなどが追い上げを図っており、ジョブズ氏退任が世界のIT(情報技術)業界の勢力図に影響を及ぼす可能性もある。
http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20110826k0000m020107000c.html

今もってマック(Macintosh)をいじったことがない。
未だにマックの人から拡張子のないファイルをもらって面食らっている。
Windowsマシンを使い続けてきたのはただ単にビンボーだからで、有り余るカネを持っていたらマックもLinuxもWindowsも全部使ってみたいという気はあるのだ。

デスクトップミュージックをやる人や印刷所に出稿するデザイナーが必要にかられて高価(たか)いマックを使っていた時代があり、そういう人たちはたいてい強烈なマック信者だったこともあって、何やら会員制クラブのようなイメージだった。

一社で完結しているマックはマックであって、文字どおりのパーソナルコンピュータでありながらPC(PC/AT互換機)ではないのだということを知って、独裁国家と自由主義国家、芸術家と会社員のアナロジーを感じ、徐々にマックに対して距離を感じるようになった。
さらにはマックを使ってる人々の奇妙なエリート意識、高みから見下ろすような不遜な物腰をそれとなく感じ、もしかしたらマックは一生手にしないかも……なんて思ったりもした。

とにかくマックは斬新で先進的で遊び心に溢れている。これはMicroSoftやGoogleの到底及ばぬところであって、事実、後追いというかパクりっぽいことをするのだがどれも不発で、却って不評を買ったりしている。
それでもマックにしか出来なかったことがいつのまにかWindowsマシンでも可能になり、人気が逆転する。
このパターンが、タブレットやスマホでも繰り返されつつある。

きっと私はiPadもiPhoneも択ばないだろうと思う。それはただ単にビンボーだからで……

Apple Evolution: 1976 – iPad

Apple History 1976-2010

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 冥王星が公式に準惑星へ格下げされてから5年が経過した。しかし、「惑星」の定義に関する議論はいまだ収まることがない。
 アメリカ、メリーランド州にあるNASAゴダード宇宙飛行センターの惑星科学者マーク・クチナー(Marc Kuchner)氏は、「言葉の意味をめぐる議論にすぎないのかもしれないが、細心の注意を払う必要がある。これは惑星の定義が変更されたときの教訓だ」と話す。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110825003&expand#title

それよりアメリカの国家としての格付けがおかしいだろ。
とっくに財政破綻しておる。
しかも借金を踏み倒そうとしてるゾ。

The Man from Planet X(1951)- Trailer 遊星Xから来た男

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Forbidden Planet(1956)禁断の惑星

David Rose & His Orchestra – Forbidden Planet(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Brain From Planet Arous(1957)
(ラストシーンです。ネタバレ注意!)

The Angry Red Planet(1959)- Trailer 巨大アメーバの惑星

Journey To The Seventh Planet(1961)- Trailer SF第七惑星の謎

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Otto Brandenburg – Journey To The Seventh Planet(1961)Theme Song

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Monster from a Prehistoric Planet(1967)- Trailer

The J.J. Band – Requiem For A Lost Planet(1971)

 20日までに馬淵澄夫・前国土交通相や海江田万里・経産相、小沢鋭仁・元環境相が小沢一郎・元民主党代表と会談し、支援要請をしていた。
 石破氏の脳裏には、小沢氏が当時自民党最大派閥の竹下派の会長代行だった1991年、総裁選にあたって候補者の宮沢喜一、渡辺美智雄、三塚博の3氏を事務所に呼びつけて「面接」した事例があったようだ。
 もっとも、何もこの1991年の例に限らず、自民党時代は「密室政治」や「数合わせの政治」が続き、野党はことあるごとに批判してきた。石破氏の苦言は、「民主党は批判していたけど、結局自民党時代と同じことをやっているじゃないか」という少なからぬ国民の不満を代弁した形だ。
 前原前外相が小沢元代表と会談し支援要請をしたのは、石破氏が苦言を呈した後の2011年8月24日だ。例えば日刊スポーツは「前原さんあなたもか…最後は『小沢詣で』」と報じた。
http://www.j-cast.com/2011/08/25105377.html

中国の漁業監視船2隻が尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した問題をめぐり、その狙いについて様々な憶測が広がっている。
そのうちのひとつが、「対中強硬派」として知られている前原誠司前外相が民主党の次期代表選に臨むにあたっての「ゆざぶり」ではないかという説だ。
http://www.j-cast.com/2011/08/25105391.html


(右)『ゆさぶりどっこの唄』作詞:星野哲郎、作曲:北原じゅん、歌:水前寺清子 発売:クラウンレコード、1965年11月。


Patty & The Emblems – Mixed-Up, Shook-Up, Girl(1964/05)
conducted by Leroy Lovett

Pop Chart Peaks: Cash Box 28, Billboard 37, Record World 37
The only national chart hit for Patty Russell and her Camden NJ group.

Jimmey “Soul” Clark – Shook Up Over You(1962)

The Strikes – If You Can’t Rock Me(1956, Alternate Take)

Chick Webb and his Orchestra -(If You Can’t Sing It)You’ll Have To Swing It(1936)
vocal: Ella Fitzgerald

In the 1936 Bing Crosby-Frances Farmer western comedy “Rhythm On The Range,” this song was performed by Martha Raye, accompanied by Bob Burns, Louis Prima, and The Sons Of The Pioneers. An alternate take of the Webb track is also in circulation, though this post is the one issued on the 1936 Decca 78 single.

Benny Carter and his Orchestra – Swing It(1933)

Sid Catlett drives the rhythm on this Carter track which did not receive a regular U.S. release by Columbia at the time.

追加記事

2018/11/20
 大阪府吹田市の自宅で生後1か月の次男の頭を揺さぶるなどして死亡させた罪に問われた父親の裁判員裁判で、大阪地裁は「必ずしも揺さぶりが原因とはいえない」として、無罪判決を言い渡しました。

乳児“揺さぶり死”父親に無罪判決「必ずしも原因とはいえない」 大阪・吹田市 – MBS NEWS
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20181120/GE000000000000025377.shtml

(2018年11月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です