神風式

米ホワイトハウスは25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘で猛毒の神経ガス・サリンを使用したとの指摘について「ある程度の確信」を得たとする米情報機関の分析結果を明らかにした。米政府がアサド政権の化学兵器使用を認めたのは初めて。オバマ大統領は化学兵器の使用を「レッドライン(越えてはならない一線)」と明言しており、英仏や中東の同盟国などと対応の検討に入った。
 米政府はこれまでシリア反体制派への人道支援に集中していたが、大統領は化学・生物兵器の使用に関しては、軍事介入の可能性を示唆してきた。ただ、オバマ政権は米主導の軍事介入に極めて慎重で、反体制派への軍事支援や北大西洋条約機構(NATO)主導の間接的な介入にとどまる可能性もある。
http://mainichi.jp/select/news/20130426k0000e030172000c.html

事実なら許すべからざる仕儀。
いくら自分の政権に敵対してるからって自国民に化学兵器を使うなど考えられん。権力亡者の狂犬である。
ただちに国際社会が一丸となって介入し、アサドとその一党を排除すべきだ。
ただし あくまで事実ならば、の話。
なにしろアメリカは戦争をするため「大量破壊兵器を所持してる」とか、平気で嘘の言いがかりをつける国だから。
おそらく兵器としてのサリンも隠し持ってるだろうし、ベトナムで枯葉剤を撒いて自国兵士にさえ重大な被害を与えたことは記憶に新しい(!)
イスラエルはユダヤ教を唯一絶対、ユダヤ教徒を選民とし、その教義と伝説を根拠として他国の領土に勝手に国家を作り、武力で拡大してきた国。それによく暗殺するよね。
私にはどちらも シリアと同じく 信用できない。

兄弟はチェチェン人である。チェチェン人はイスラム教徒で、ロシアからの分離独立を求める武装独立運動を続けてきた。サウジアラビア王室が金を出し、アルカイダの関係者が独立運動を支援してきた。米国にとってアルカイダは「敵」だが、もともとアルカイダを育てたのはCIAなど米当局で、80年代にアフガニスタンを占領したソ連を疲弊させるためだった。
(中略)
 爆破の当日、マラソン会場で、FBIやCIAなどがテロ対策の訓練をしていた。タメルランはFBIのエージェントとして、その訓練に参加していた可能性が高い。

<田中宇の国際ニュース解説 無料版 2013年4月26日 ボストンテロの自作自演性 より一部引用>
http://tanakanews.com/

今回のボストンの爆破テロ事件には腑に落ちない点、奇怪な点が多いが、911同様「やはり…」のようだ。

2013/04/24
 新華社は23日付で、フィリピンが1月、南シナ海の島についても領有権を巡り、国連海洋法条約にもとづき仲裁裁判所に中国を提訴した件について、「中国はこの種の問題で国際的仲裁の拘束を受けない権利がある」と紹介する記事を発表した。
 中国は提訴に応じないため、フィリピンは国際海洋法裁判所に対して中国に代わり仲裁人5人をを指名するよう要請した。国際海洋法裁判所側もフィリピンの求めに応じたため、仲裁人は早ければ4月28日にも決まると見られている。
(中略)
フィリピンの提訴には「領土の帰属」、「海洋における境界線」、「歴史的な所有権」、「軍事利益など海洋における争いの問題」が含まれている。これらの内容について中国は2006年に国連海洋法条約第298特別規定にもとづき、国連事務総長宛に「強制的仲裁の制約を受けない」との声明を提出した。
 したがって中国は、フィリピンの提訴した問題について仲介裁判所が示した判断に拘束されない権利があるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000024-scn-int

2013/04/25
 中国海軍のフリゲート艦が今年1月、海上自衛隊の護衛艦に射撃管制用レーダーを照射した問題で、中国の海軍内部で、照射は「艦船同士は3キロ以内には近づかないという国際法に日本側が抵触したため」との説明がなされていることが24日、分かった。中国側の主張は事実無根で、照射を日本政府に公表されたため、内部へ示しをつけようと後から理由付けした可能性がある。
 中国海軍関係者が日本の政府関係者に行った説明によると、レーダー照射は日本の護衛艦が3キロまで近付いたことに危険を感じた艦長の独自判断で、その距離が「国際法違反」にあたると正当化したという。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130425/frn1304251751008-n1.htm

俺がルールブック(二出川延明)というならまだ筋が通る。
中共にとって「法」とは何なのか?

北朝鮮が25日、人民軍創建81周年を記念して平壌(ピョンヤン)の錦繻山(クムスサン)太陽宮殿広場で開かれた略式閲兵式行事で核攻撃に関する威嚇発言をした。
韓国空軍に該当する航空および反抗空軍の李炳鉄(リ・ビョンチョル)司令官は「出撃命令さえ下りれば核爆弾を乗せて神風式に敵陣を攻撃してすべて焦土化してやる」と威嚇した。
キム・ミョンシク海軍司令官も「南海(ナムヘ)をやつらの最後の滅亡の墓場にする」と強い口調で話した。
http://japanese.joins.com/article/954/170954.html

元寇(蒙古襲来)で、のちに「神風」に喩えられる暴風雨が沈めたのは、「元」とその属国「高麗」の兵士が乗っている軍船だった。
大東亜戦争(太平洋戦争)ではついに神風が吹かなかったばかりか、原爆を2発も落とされ、鬼畜米英を始めとする連合軍に完敗(無条件降伏)した。
その歴史的事実を踏まえての「神風」発言か?

 高校無償化適用から除外された朝鮮学校の生徒の母親らが、国際条約違反だとして、スイス・ジュネーブで国連に対してアピールを行うことになった。
 朝鮮学校は2月、高校授業料無償化の適用から除外された。25日に会見を行った朝鮮学校に通う生徒の母親の代表らは、30日にジュネーブで開かれる国連社会権規約委員会で日本における人権や社会権の状況が審査されることにあわせて、現地に入ると発表した。
 現地では、無償化適用の除外は、日本政府が批准している「国際人権規約」などに反した民族差別だとして、国連に対するアピールを行うという。
http://news24.jp/articles/2013/04/26/07227486.html

 裵副議長談話は機関紙「朝鮮新報」3月27日付ハングル面に全文掲載された。「全同胞」に呼びかけ、しかも「全在日同胞の名で祖国統一聖戦への決起」を表明したものだ。一人でも多くの同胞に速やかにその旨を伝え、積極的な呼応を得るために、日本語面での同時全文掲載があって当然だった。
 だが日本語面では、いまだに掲載されず、発表したとの記事すらない。南副議長談話や中央常任委員会声明も同様だ。同胞を含む日本語面読者に隠し続けている。

<総連中央の愚行いつまで…北韓の挑発支持〝聖戦決起〟促す | 民団>
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=17341

面白いねぇ。
世界から馬鹿にされ冷笑されるため、わざわざ大金かけて出かけて行くとは。
日本を核攻撃する、火の海にすると宣言している北朝鮮、
日本人を誘拐してこき使ってる北朝鮮、
幹部が贅沢し、国民を餓死させている北朝鮮、
そういう国に忠誠を誓ってる連中に、あげる税金は無いんだよ。

2013/04/25
ギリシャ、第2次大戦の賠償をドイツに要求へ
 【アテネ】ギリシャのアブラモプロス外務相は24日、第2次世界大戦の賠償をドイツに求める考えを明らかにした。現実になれば、ギリシャ救済策への拠出額が最も多いドイツとギリシャの関係が試されることになる。
 アブラモプロス外務相は議会で、ギリシャはドイツから戦争賠償を受けることをあきらめたことはないとし、今後はどのように請求するかを決定すると語った。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324289404578443270547100506.html

 「対馬は韓国領、返還運動を繰り広げるべき」という主張の一般化が試みられている。
 大韓民国海洋連盟と釜慶大学対馬島研究センターは今月30日午後2時、釜山市南区大淵洞にある釜慶大学環境・海洋大学大会議室で、対馬返還論の一般化を目的として「東北アジア海洋領土問題の平和的解決のための共同シンポジウム-対馬は誰の領土か」を開催する。呉巨敦(オ・ゴドン)大韓民国海洋連盟総裁(元海洋水産部〈省に相当〉長官)は「日本が独島(日本名:竹島)の領有権を主張し続けることへの対応として、このシンポジウムを開くことにした」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/26/2013042600519.html

民度の低い国の「たかり」「泥棒」根性、「大声で言った方が勝ち」「嘘も百遍」の妄執と自己の欲望の際限なき肯定。
――そういうものが中国・韓国・ロシア・北朝鮮の人間の言動からハッキリ感じられる。
彼らに与し、彼らの利益のために動く浅ましい日本人がけっこういる。
なんとも残念なことだ。

 警察の調べに対し、●●容疑者は「風呂の水に頭を無理やりつけたら、あいりちゃんは苦しがって泣いていた」「あいりちゃんが水が嫌いだから水につけた」などと供述していることがわかった。また、●●容疑者はその後も、あいりちゃんを「殴ったり蹴飛ばしたりした。○○容疑者も水をかけたりしていた」などと、供述しているという。
 意識を失い、リビングに寝かされたあいりちゃんのそばに○○容疑者が付き添い、●●容疑者も寝たところ、翌朝起きると、あいりちゃんは息をしていなかったという。警察は、あいりちゃんが暴行を受けた際に脳内で出血し、死亡した可能性があるとみて調べている。
 一方、○○容疑者は「●●容疑者があいりちゃんを殴ったら死んじゃった」などと供述しているという。また、2人の関係について、○○容疑者は日頃から●●容疑者に暴力を振るわれていて逆らえなかったと話している。
http://news24.jp/articles/2013/04/25/07227460.html

いつのころからか、こういう事件が珍しくなくなった。
かつては避妊ができず出産し、貧困ゆえにこっそり間引く例があった。つまりは嬰児殺しである。
現代においてもこうした事件の起きる要因に金銭的理由があることは確かだろうが、昔に比べれば相談先もあり、生活保護制度もあって、環境は天地ほど違う。
昔だって、ぽこぽこ殺してたわけじゃなく、子は子宝として尊び、養子に出す・貰うということも多かった。
江戸・明治・大正時代あたりまでは、庶民の間で「貰いっ子」というのは究極の互助、大人の智慧として成り立っていたのだ。
だからこそ「母もの映画」とか作られて産みの母と育ての母の相克などが描かれたりもした。
今の人には他人の子を我が子として立派に育て上げる度量はないだろう。
昔の日本人のほうがそういう面では情に篤かったといえる。

Billy Yoakum – Dip Dip

2013/04/19
米国株式市場で約2年8カ月ぶりに「ヒンデンブルグ・オーメン(Hindenburg Omen)」が点灯した。テクニカル的な株価暴落の前兆とされることから、先行きに不安が強まっている。米株は過去最高値を更新し続けた後、薄商いで乱高下を繰り返す不安定な商状ママだ。
(中略)
ヒンデンブルグ・オーメンは、1937年5月6日にアメリカで発生したドイツの飛行船「ヒンデンブルク号」の爆発・炎上事故に由来する。発生条件は諸説あるが、直近では以下の4つの条件が同じ日に起こったときとの見方が多い。
1)ニューヨーク証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数がともにその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.8%以上、
2)NYSEインデックスの値が50営業日前を上回っている、
3)短期的な騰勢を示すマクラレン・オシレーターの値がマイナス、
4)52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の2倍を超えない
──の4条件だ。一度発生すれば向こう30営業日は有効だが、マクラレン・オシレーターがプラスとなれば無効となる。
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE93I04X20130419

(日刊ゲンダイ2013/4/22)
4つの要素が出そろったとき、30日以内に株価がズドンと落ちるといわれている。
ま、市場の迷信みたいなもので、必ず急落するわけではないらしい。ただ、1985年以降は暴落前に必ず発生したという。77%の確率で株価が5%以上落ちるとか、パニック売りの可能性は41%でクラッシュは24%だとか、それらしい数字も伝えられている。
オーメンが出たのは15日。もし米国で騒ぎが起きれば、日本だって無傷ではいられない。ゴールデンウイーク前後に暴落も考えられるような状況だ。

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8589.html

オーメン(omen)とは悪い運命を暗示するきざし、縁起の悪いこと。すなわち凶兆。

Seve Lawrence & Eydie Gorme – This Could Be The Start Of Something Big(1960)

Steve Allen’s best-remembered songwriting effort was introduced in this recording, which was also included in the duo’s LP “We Got Us.”

2013/04/12
 持ち家という「人生最大の買い物」につきまとう住宅ローン金利は、少しの上昇でも庶民の肩にずしりとのしかかる。にもかかわらず、この3月末の“金融モラトリアム法”期限切れによって、3兆6000億円もの「日本版サブプライム問題」が燻り、毎月の返済だけで青息吐息の庶民に金利上昇パニックが襲いかかろうとしている。
(中略)
 住宅ローンの返済が滞ると、次のような手順で処理が進む。
 まず滞納が3か月を超えると金融機関から「督促状」が届く。多くの場合、その時点で保証会社が債務を肩代わりして金融機関に支払うことになるが、それでも滞納が続くと、やがて保証会社は金融機関に支払った分の残債を一括請求してくる。もちろん、その段階で全額返せるはずもないので、住宅を売却して一括返済させるための競売開始が決定する。
 ただし、競売による落札価格は一般的な取引価格の6~7割程度になってしまうため、家を手放してもローンがまだ残るというケースは少なくない。その返済もままならなければ自己破産も現実味を帯びてくる。
http://www.news-postseven.com/archives/20130412_181491.html

共働きしても家一軒我が物にできないとは、日本は貧しいねぇ、、、。
肥え太るのは自民党のタニマチの大企業ばかり。ナサケナイ。

 米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が、日本の顧客から預かった1300億円超を実際には運用せず、大半を消失した疑いがあることが26日、関係者への取材で分かった。金融庁は同日中にも金融商品取引法に基づき、業務停止命令などの行政処分を科す方針だ。
 一方、証券取引等監視委員会は26日にも金商法違反の疑いで、同社日本事務所(東京都千代田区)や関係先を強制調査する方針。今後、検察当局への刑事告発を視野に実態解明を進める。監視委のこれまでの調査では資金の多くが確認できない状態で、大半が消失している可能性が高い。
(中略)
 ネバダ州に本社を置いているが、実際は日本事務所が国内だけで資金を集めていた。全国紙や経済誌、インターネットに広告を頻繁に出し、会報には人気歌舞伎俳優や主演映画が多数ある人気女優、有名登山家らのインタビュー記事を掲載。富裕層を対象に「投資期間中にその利率が変動することはなく、将来のライフプランも立てやすくなる」などと宣伝していた。顧客の大半が日本人だった。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130426/dms1304261212016-n1.htm

平成25年4月26日
各位
MRIインターナショナル インク
金融庁による行政処分について
本日、金融庁から当社に対し、第二種金融商品取引業の登録取消処分等がなされました。また、証券取引等監視委員会による調査が開始しました。当社としましては、証券取引等監視委員会の調査に協力してまいります。
お客様にご心配をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。
 お客様には、今後のお手続につきまして、個別にレターにてご案内させていただく予定です。

<MRIインターナショナル インク>
http://www.mars-toushi.com/index.html

AIJ投資顧問に続き、今度はMRIインターナショナル。
顧客から預かったカネを約束した「MARS投資」運用には回さず、他の投資家への配当金の支払いに流用していたらしい。
博打の負けの穴埋めに注ぎ込んでいたとなると、「ハイリスク・ハイリターン」とか「元本保証なし」とかいう話ではなく、そもそも投資でさえない。
単なる悪質な詐欺だ。

なんだか「似てるなぁ~」と思う映画が、たびたびある。正確には違う映画だが、世界観やストーリー、ポスターのデザインまで「似てるなぁ~」と思ってしまう映画である。しかも上映タイミングは、ほぼ同時!
そんな、ほぼ同タイミングで上映された「よく似た映画」を海外サイトが28組も掲載しているのでご紹介したい。
http://rocketnews24.com/2013/04/24/321039/

瓜二つの容姿、似たもの同士、生き写しのような面影、再来かと思うような言動、そっくりなメロディ、似たり寄ったりのストーリー、、、
近似・相似・酷似。似てるもんて、多いよね。「類似品にご注意」ですか?

130427_01

聖書 傳道の書 第一章に曰く
There is nothing new under the Sun.(日の下には新しき者あらざるなり)

かといって
女房と畳は新しい方がよい
古い奴こそ新しいものを欲しがるものでございます
欲しがり屋さんだねぇ!

似我者生 象我者死(我に似せる者は生き、我を象る者は死す)
継承かパクリか
学びは真似びだ、という。まずは模倣から入るか?

 

追加記事

旭日旗は中国古来の暦「通勝」のパクリだった
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/199.html
投稿者 飯岡助五郎 日時 2013 年 5 月 19 日 00:28:45: VssSC.kx7zq3c

130520_02
中国古来の暦に「通勝(黄暦)」がある。
 ※通勝(黄暦)
 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%8E%86
そしてその暦の吉祥図に「春牛圖」があり、その図の中には決まって旭日が描かれている。
 ※春牛圖
 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%89%9B%E5%9C%96

今でも「通勝」に描かれている旭日。
http://www.fushantang.com/1009/itt/qin03.gif
http://www.36172417.com/wp-content/uploads/2010/12/%E6%98%A5%E7%89%9B%E5%9B%BE-1.jpg
http://static.apple.nextmedia.com/images/apple-photos/apple_sub/20130204/large/ft1p.jpg
http://www.my510.com/forumimg/20081231/a1529501.jpg

GHQ仕込の日本の情報統制は、中国の情報統制といい勝負だろう。
江戸時代の文人画家の間では、憧れの南宋画の吉祥図の代表作に「春牛圖」があることは、周知のこと。
そういう文人画家は、旭日旗が軍旗として採用された明治時代まで大勢生きていたわけだ。

わたしたち日本人は、どういう理由で旭日旗のデザインを「通勝」からぱくったのかを調べなければ、日中関係の実相はコーンパイプの煙の中だろう。

これは知らなかった。
日本がパクっていたのか・・・
(2013年5月21日)

追加記事

(2015年2月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です