20年後 世界で2番目に貧しい国はどこ?

2012/10/05
 ギリシャのサマラス首相は、国際社会から次回の融資を受けられなければ11月以降は持ちこたえられないとした上で、欧州中央銀行(ECB)が保有するギリシャ債に関する条件緩和などを通じてギリシャを支援できる、との考えを示した。5日付の独ハンデルスブラット紙とのインタビューで語った。
 サマラス首相は「カギを握るのは流動性だ。次回の融資がわれわれにとって非常に重要なのはそのためだ」と述べた。
 追加融資なしでいつまで持ちこたえられるかとの質問には「11月末までだ。それ以降は国庫が空になる」と回答。
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK821363220121005

2012/11/09
 ギリシャのスタイコウラス副財務相は9日、ギリシャの現金準備が急速に減少しており、現在ぎりぎりの状態になっていると述べた。
同財務相は記者会見で、「政府の現金準備はぎりぎりの状態にある」とし、「これにより、経済は窒息状態になっている」と述べた。
ギリシャは総額1300億ユーロの支援の下での315億ユーロの次回融資の実施を待っているが、財務省高官はこの日、融資実施が遅延するとの公算が大きくなっていることから、政府は来週償還を迎える50億ユーロを超える財務省証券のロールオーバを検討していることを明らかにしている。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE8A800N20121109

ギリシャ議会は12日未明、2013年度予算案を賛成多数で可決した。この予算案には、国際債権団が求めた90億ユーロを超える歳出削減が含まれる。
http://jp.wsj.com/Economy/Global-Economy/node_546238

ギリシャが間もなくデフォルト(国家債務不履行=国家破産)の時を迎える。
そうなってもギリシャ人はどこ吹く風の態で一向意に介さず、ゾルバのごとく悠然と構えていそうな雰囲気だ。
人類文明の源であるギリシャ。
どん底に落ちて、そこからまた何がが生まれてくるのだろうか。

The Bouzoukis – The Athenians

Marsyas – Marsyas a Apollón

Frankie Vaughan – Hercules

Santana – Hermes

King Crimson – In the Wake of Poseidon

  ※(追記:この動画は削除されました

 

ocha – Aphrodite
NHK特集『海のシルクロード』より

以下、「ギリシャ」を含む投稿。

年末までに対策が講じられなければ、10年間で7兆ドルにも上る歳出削減と増税が自動的に発動されるため、米国経済を景気後退につき落としかねないと専門家は警告している。
「財政の崖」問題については、真の脅威ではなく、連邦予算をめぐる2011年夏の瀬戸際の攻防と同様の一種の「チキンゲーム」が議会で再び繰り広げられているためだとの指摘もある。11年には米国は、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の最上級格付「AAA」を失っている。
国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は先月のIMF年次総会で、今回は何とか切り抜けられると思われているが、それだけは不十分だなどと懸念を表明。
短期的な問題の解決についても大きな不透明感があるが、世界は連邦政府債務や財政赤字などの解決についての中期的な米国の戦略も知りたがっているとの見方を示した。
http://www.cnn.co.jp/usa/35024301.html

それは起きるか起きないかではなく、いつのタイミングか、である。
前々から云われていたのは今年の秋だった。もう冬になるぞ。
アメリカは粛々と「やる」と思っていたが、どうやら当事者たちに想定外の混乱が生じているらしい。
イスラエルと米ユダヤロビー、米軍産複合体はロムニー勝利を確信していたそうだ。つまりオバマ再選は彼らの影響力低下の結果だという。
それかあらぬか最終段階にいたっても なお逡巡し姑息な一寸延ばしをする。いちばん悪いパターンじゃないのか?

The Captivators -(Step By Step – Mile By Mile)I’m Marching Home To You(1929)
vocal: Scrappy Lambert
3度目の引用。

direction of Red Nichols
recorded in NYC March 20, 1929
There was Glenn Miller, but no Goodman, Teagarden, or Dorseys playing at this particular session of ‘The Captivators’ (a band name shown on a number of Nichols recordings between 1929 and 1931). For the flip side “I Used To Love Her In The Moonlight,”

Bernie Cummins and his Biltmore Orchestra – Little By Little(1929)
vocal: Bernie Cummins

Micki Marlo – Little By Little(1956/10)
orchestra & chorus conducted by Don Costa

Pop Chart Peak: Billboard 55
One of two mid-chart recordings of this 1957 tune. For the Nappy Brown version

Nappy Brown – Little By Little(1956/11)
with the Zippers Quartet

Pop Chart Peak: Billboard 57
One of two mid-chart recordings of this 1957 tune. For the Micki Marlo version

Brenda Lee – One Step At A Time(1957/01)
orchestra & chorus conducted by Jack Pleis

Pop Chart Peaks: Music Vendor 42, Billboard 43
This was the third single release by 12-year-old “Little Miss Dynamite.”

Teddy Phillips Quintet – 31 Steps(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Crests – Step By Step(1960)

Steve Perry – Step By Step(1960)

The Safaris – 4 Steps To Love(1960)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Clyde McPhatter – Take A Step(1961)

Anita Bryant – Step By Step, Little By Little(1962)

  ※(略)

 

Johnny Mathis – Every Step Of The Way(1963/05/07)
orchestra conducted by Glenn Osser
2度目の引用。

produced by Mitch Miller
Pop Chart Peaks: Billboard 30, Music Vendor 31, Cash Box 40
This followup to “What Will Mary Say” was Johnny’s last appearance in Billboard’s Top 40 for fifteen long years! The drought was broken in 1978 when his Deniece Williams duet “Too Much, Too Little, Too Late” made it all the way to #1.

Deanie Parker – Each Step I Take(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Dean & Mark – Just One Step Away

Prince Buster’s All Stars – Linger On(1965)
Jamaica
Linger On=ぐずぐずする

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Madeline Bell – One Step At A Time(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Monitors – Step By Step(Hand In Hand)(1968/08/22)
ライブ風録音。2度目の引用。

Teardrops – Every Step ITake(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jerry Butler – High Stepper(1974)

Anita Baker – Watch Your Step(1986/07)

以下、「Step」を含む投稿。

「20年後、中国は世界で、最も貧しい国になる」と米国ヒラリー・クリントン国務長官が7月にハーバード大学で行った演説が、本当になりそうである。
 この演説は、新唐人日本が7月5日付ニュースでネット配信したことから、拡散された。クリントン国務長官は、「20年後、中国は世界で、最も貧しい国になる」という根拠について、以下のように示していた。

「1.移民申請の状況から見て、中国9割の官僚家族と8割の富豪がすでに移民申請を出した。またはその意向がある。一国家の指導層と既得権益階級がなぜ自国に自信をなくすのか理解しがたい。
2.中国人は社会の個体として、国家と社会に対して負うべき、責任と義務がわかっていない。国際社会に対して負うべき責任はなおさら分かっていない。受けた教育或いはメディアの宣伝はほとんどが憎しみと他人または他国を歪曲した内容で、人々の理性と公正な判断力を失わせる。
3.中国は世界で数少ない信仰のない恐ろしい国で、全国民が崇拝するのは権力と金銭のみだ。利己的で愛心のない、同情心を失った国家が国際社会の尊重と信頼を得られると思うか?
4.中国政府の所謂政治は人民を騙し人間性に背く以外の何物でもない。人民大衆は過去の権力の奴隷から今は金銭の奴隷に変わった。このような政権がいかに人民の尊重と信頼を得られるか。
5.大多数の中国人は「面目が立ち」、「尊厳のある生活」とは何か全くわかっていない。民衆にとっては権力と金銭の獲得が生活の全てで、成功なのだ。全民腐敗、堕落といった現象は人類の歴史上でも空前絶後だ。
6.憚ることのない環境破壊と資源の略奪、贅沢と浪費の生活方式は何個の地球だと供給できるのだろか? 他国が危惧するのも当たり前だ。中国政府はいつも民衆の注意力を他国にそらし、敵を造り、自分の圧力を外部に転嫁させようとするが、時代の流れと人類文明の趨勢に従い、自ら変革を起こし、民生に関心を払い、民主を重視し、無責任な抑圧をやめるべきだ。でないと、中国はますます不安定になり、将来大きい社会動乱と人道災難が出現し、20年後 中国は世界で最も貧しい国になるだろう。これは全人類と災難であり、米国の災難でもある」

 蓄財した中国富裕層や共産党高級幹部、北京政府高級官僚らが、こぞって海外逃亡していけば、残るのは貧乏人ばかりというのは、十分あり得る。
http://blogos.com/article/49951/

何が悪かって人をモノ扱いしているところが許しがたい。元から強かったそうした民族性を、唯物思想の共産主義がダメ押しした観がある。
結局は元の木阿弥、共産中国以前に戻ることになるのだろう。

米中がこぞって衰微すれば、日本の優秀さがまた輝きを取り戻す可能性だって無きにしも非ずだな。

George Olsen and His Music – A Precious Little Thing Called Love(1928)
Ethel Shutta

Best-selling version of the popular tune introduced on-screen by Nancy Carroll in the late-1928 Paramount film “The Shopworn Angel,” which co-starred Gary Cooper.

Jesse Stafford and his Orchestra – A Precious Little Thing Called Love(1929)
vocal: Craig Leitch

The trombone-playing bandleader gives us the popular tune introduced on-screen by Nancy Carroll in the late-1928 Paramount film “The Shopworn Angel,” which co-starred Gary Cooper.

Hal Kemp and his Orchestra – The Things That Were Made For Love(1929)
vocal: Skinny Ennis

Nat Shilkret and the Victor Orchestra – The Things That Were Made For Love(1929)

Posting a fine two-sided Shilkret. This bouncy tune was recorded as a vocal by a handful of other artists that included Paul Specht, Carl Fenton, and Sammy Fain.

Gus Arnheim and his Cocoanut Grove Orchestra – The Little Things In Life(1930)
vocal: Bing Crosby

This was one of Bing’s early post-Whiteman tracks, composed by Irving Berlin and issued on the 78 flip side of the Arnheim-Rhythm Boys recording of “Them There Eyes”

The Ipana Troubadours – Sing(A Happy Little Thing)(1930)
vocal: The Mariners
directed by Sam Lanin

The 78 flip side of this UK Columbia release is the also-posted “Three Little Words,” while the original U.S. issue was paired with the song “Promises.”

Paul Whiteman and his Orchestra – I Like To Do Things For You(1930)
vocal: The Rhythm Boys

Both this and the also-posted flip side “Ragamuffin Romeo” were among the songs performed in Whiteman’s “King Of Jazz” motion picture. Bing Crosby, Al Rinker, and Harry Barris are heard on this commercial release of the tune, though a different ensemble sang and danced to it in the movie.

Chick Bullock and his Levee Loungers – Swingy Little Thingy(1933)

Actually this is a recording by Joseph Robechaux and His New Orleans Rhythm Boys. Singer Bullock was not a bandleader but was sometimes label-billed as such on recordings in which he was accompanied by various jazz groups.

Johnny Green and his Orchestra – The Little Things You Used To Do(1935)
vocal: Marjory Logan

Richard Himber and his Ritz-Carlton Orchestra – Just One Of Those Things(1935)
vocal: Stuart Allen
from the musical comedy “Jubilee”
2度目の引用。

Mal Hallett and his Orchestra – It’s The Little Things That Count(1938)
vocal: Jerry Perkins
2度目の引用。

Jimmy Dorsey and his Orchestra – The Things I Love(1941)
vocal: Bob Eberly

#3 charted song on “Your Hit Parade” was most successfully recorded this year by the Jimmy Dorsey band and would reappear in 1958 as a doo-wop hit for The Fidelitys.

Phil Harris – The Thing(1950)
orchestra conducted by Walter Scharf

It was RCA Victor record exec. Charles Randolph Grean who created these new lyrics for the old bawdy song “The Tailor’s Son.” The result: the most successful single record hit of Phil Harris’ career, though “That’s What I Like About The South” would always remain his signature tune.
Busy with his weekly radio appearances on both the Jack Benny and Phil Harris & Alice Faye shows, Harris no longer led a band of his own. So he is accompanied here by his regular music director, long-time friend (and neighbor) Walter Scharf. In addition to “The Thing,” which spent a full month at #1, Phil had several other charted singles during 1950, including his version of “The Old Master Painter”.

Peggy Lee – Just One Of Those Things(1952/07/28)
orchestra conducted by Gordon Jenkins

Pop Chart Peaks: Billboard 14 (radio airplay), Cash Box 22
A familiar pop standard from “Jubilee,” the 1935 Cole Porter-Moss Hart musical that also introduced “Begin The Beguine.” And like Peggy’s million-seller hit “Lover” from earlier in ’52, this recording shows off a very ‘busy’ orchestral arrangement by Gordon Jenkins. She also performed both “Lover” and “Just One Of Those Things” on-screen in the late-1952 WB film remake of “The Jazz Singer,” starring Danny Thomas.

Guitar Slim – The Things That I Used to Do(1953)

The Fidelity’s – The Things I Love(1958/02)
conducted by Teacho Wiltshire

Pop Chart Peaks: Billboard 60, Music Vendor 80
The Albany NY group with lead singer Emmett Smith revived a 1941 song hit, popularized that year by (among others) the Jimmy Dorsey orchestra

Johnny Cash and The Tennessee Two – Guess Things Happen That Way(1958/04/09)
Guy Mitchell “Singing The Blues”(ブルースを唄おう)(1956)のパクリ?

#1 C&W for 8 weeks
One of Johnny’s most successful Sun label singles reached #11 on the pop charts and spent 8 weeks at #1 on the country music listings.

Dion and the Belmonts – Every Little Thing I Do(1959/08)

Pop Chart Peaks: Music Vendor 39, Billboard & Cash Box 48
This mid-charting effort was released in-between the group’s top-10 hits “A Teenager In Love” and “Where Or When.”

Fabian – About This Thing Called Love(1960/01)

orchestra & chorus conducted by Peter De Angelis
Pop Chart Peaks: Billboard & Music Vendor 31, Cash Box 32
Along with the flip side “String Along”, this single marked Fabian’s final appearance on the national top-40 charts…little over one year since he first emerged as a new teen idol.

The Solitaires – Pretty Thing(1960)
「トラベリン・マン」タイプ。こちらの方が1年早い。

The Shirelles – What A Sweet Thing That Was(1961/06)
Pop Chart Peaks: Cash Box 30, Music Vendor 31, Billboard 54
2度目の引用。

The Shirelles – A Thing Of The Past(1961/06)
“What A Sweet Thing That Was” のB面。
Pop Chart Peaks: Cash Box 22, Music Vendor 27, Billboard 41 – R&B Chart Peak: 26

Bobby Darin – Things(1962)
Bobby’s most popular hit of’62 climbed to #3 on Billboard.

Mike Redway – Things(1962)
UK

Joe Mondo And His Combo – Doin’ The Thing(1963)

Gary Arthur – The Little Things(1963)

The Beatles – Things We Said Today(1964/07/10)今日の誓い
2度目の引用。

Janice Christian with Johnny & The Charmers – Just A Bad Thing(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Matt Monro – I Love The Little Things(1964/02)
Eurovision 1964 United Kingdom

Bobby Goldsboro – Little Things(1965)
conducted by Bill Justis

produced by Jack Gold
Pop Chart Peaks: Record World 9, Cash Box 12, Billboard 13
Driving rhythm number was Bobby’s biggest hit between “See The Funny Little Clown”(1964)and “Honey” (1968).

Tommy Boyce – Pretty Thing(1965)
ディランを強く意識した曲調と歌い方。

Suzy Wallis – Little Things Like That(1965)
2度目の引用。

The Moppets – The Little Things(1966)

Nancy Sinatra & Dean Martin – Things(1967/12)初恋の並木道
Composer: Bobby Darin
Producer: Lee Hazlewood
Arranger: Billy Strange

Artie Schroeck – The Lovin’ Things(1967/01/16)
いかにもあの時代らしいメロディラインだ。
シングル “Coconut Grove” のB面。

produced by Charlie Calello
released January 1967
1st Recording Of “Lovin’ Things”
A top-10 UK hit by The Marmalade in 1968, and a mid-charting U.S. single for The Grass Roots in 1969, this was co-written and first sung by award-winning composer-arranger-musician Schroeck. Here’s his Wikipedia entry: https://en.wikipedia.org/wiki/Artie_Schroeck

Denise La Salle – One Little Thing(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Chris Bartley – The Sweetest Thing This Side Of Heaven(1967)
2度目の引用。

The Marmalade – Lovin’ Things(UK:1968/04/26, US:1968/05/24)

New Colony Six – Things I’d Like To Say(1968)

The Grass Roots – Lovin’ Things
from the album “Lovin’ Things”(1969)

Spiral Starecase – Sweet Little Thing(1969)

2度目の引用。

Yes – Every Little Thing(1969)
2度目の引用。

Prudence – Small Things In Life(1971)
Norway

Billy Bob Bowman – Little Things(1974/04)

Jet Black – This Little Thing(1995)

Eva Eastwood & The Major Keys – Swing Is The Thing

以下、「Thing」を含む投稿。

以下、「That Thing」を含む投稿。

 そもそも水谷に憧れて芸能界に入ったという寺脇。1991年放送の『刑事貴族2』(日本テレビ系)で水谷と初共演を果たし、2000年スタートの『相棒』で亀山薫役に抜擢されると、毎回、リハーサル前から水谷やスタッフと念入りな打ち合わせをしながらドラマ作りに励んだ。
 だが、シリーズを重ねるにつれて、ふたりの距離は徐々に開いていった。寺脇には、『相棒』を人気シリーズにしたのには、自分も少なからず貢献しているという自負があり、撮影現場で、意見することも多くなったという。水谷が考えた演出プランと違うプランを出すこともあったようだ。
「寺脇さんではなく、水谷さんが目立ってこその『相棒』です。寺脇さんの意見は、水谷さんやプロデューサーと違うことも多く、周囲から“主役を立てないで自分が目立とうとしている”とささやかれるようになってしまったんです。最初はスタッフと気まずかっただけなんですが、次第に水谷さんともぎくしゃくするようになっていきましたね」(テレビ局関係者)
 やがて、恒例だったリハーサル前の打ち合わせも行われなくなり、寺脇が意見を言っても、撮影に取り入れられないことが増えていった。
http://www.news-postseven.com/archives/20121108_153852.html

Jimmy Crain – Shig-A-Shag(1957)

船頭多くして船山に登るという。共同作業は役割分担を明確にしておかないといけない。
俳優が演出プランに口をだすことは現場の雰囲気が悪くするだけだ。
水谷も寺脇も演技者に徹するべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です